« 快楽亭にゴチになる! | トップページ | 眠くて仕事進まず »

2014年12月 3日 (水曜日)

仕事して、新国で「ドン・カルロ」

 7時ごろ起床。

 晴れ。

 洗濯機を2回廻して大量に洗濯して干す。

 朝のモロモロを済ませる。

 相方から角川・最終章のメモが届いたが、先に「黒い報告書」を書いてしまう。

 

 途中でメシ。ダブルソフトのトーストにハムエッグ。

 仕事再開。

 あと少しのところで、ちょっと煮詰まったので、休憩がてら、外出。

 足立税務署に行って必要な書類を貰い、駅前の「富士そば」でカレーライスを食って帰宅。

 仕事再開。

 15時ごろに一応出来たので、相方に送信。まだ甘いところもあるが、相方が手を入れる余地を残しておこう。

 風呂に入って身支度。

 今夜は新国立劇場に行ってヴェルディの「ドン・カルロ」を観る。

 新国は暖房が効いているので、けっこう暑かったりするので、調節できる服装でなければ。

 ソファに寝転んで夕方のニュースを見ていると、寝てしまった。

 いかんいかんと飛び起きて、外出。

 初台に着き、成城石井でおやつ(スウェーデン製のガレットや缶コーヒー)を買って、新国立劇場へ。

 ロビーで出先から来た相方と合流。

 B席。右サイドの階段状になった座席で、なかなかいい。

Doncarlo


 このオペラは実に陰鬱。

 16世紀スペインのカルロ王子は自分の恋人が自分の父親の後妻になって苦しむ一方、当時の領地フランドルを父親が弾圧して民が苦しんでいると親友のロドリーゴ侯爵に聞かされ、フランドルの民のために立ち上がろうとするが、父親と激しく対立。

 で、ロドリーゴ伯爵がカッコイイので、もしかしてオテロのイアーゴみたいに裏切ったりするのかな?とか思ったら、最後までカッコイイ。しかし主役のカルロ王子はスッキリしないんだよなあ。

 しかし、歌手はみんな巧いし、オケ(東フィル)もいい。かなりレベルの高い公演だったと思う。

 とは言え、宗教が政治を支配して君臨するのは、よくない。人類の歴史は、宗教の権力を如何に抑え、かつ、信仰心を保つ(宗教の力を借りないと国がバラバラになる)という難しいバランスに腐心してきたんじゃないかと思う。日本なんか、つい最近まで「現人神」が統治していたんだし。

 かつてはヨーロッパも今の(一部の)イスラム諸国みたいに宗教が支配して暗黒な世界だったんだよねえ。

 幕間に、ガレットを食べる。なかなか美味いが、このがレットは「湖池屋のスコーン」みたいに、本当のガレットとは似ても似つかぬビスケット。

 終演後、やっぱり腹が減ったので、近所のマクドナルドに行って、ビッグマックを食う。

 相方といろいろ喋って、都営新宿線~半蔵門線と乗り継いで、23時過ぎに帰宅。

 くーたんにご飯を出したが、なんだか怒ってるぞ。帰りが遅かったので怒ってるんだな。ネコは無表情と言われるが、ウチのくーたんは表情豊か。というか微妙な変化がよく判る。

 0時過ぎに就寝。

今朝の体重:89.90キロ

本日の摂取カロリー:1941kcal

本日の消費カロリー:日常生活+84kcal/2051歩+105kcal(自転車)

« 快楽亭にゴチになる! | トップページ | 眠くて仕事進まず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60757736

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事して、新国で「ドン・カルロ」:

« 快楽亭にゴチになる! | トップページ | 眠くて仕事進まず »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト