« 仕事のみ | トップページ | くーたんの予防接種&「世襲」について考えた »

2014年12月12日 (金曜日)

筑波山・心配事・Remember My Forgotten Man

 6時30分起床。

 曇り。

 今日は必要があって筑波山へ行く。

 朝のモロモロも早々に、支度して外出。

 予定より1本早いつくばエクスプレスの快速に乗って、8時20分につくば駅。

 駅のスタバでカフェラテとハムチーズクロワッサンを食べる。温めますかと聞かれて、そのままでと答えたが、おれの前の人が凄く手間のかかる飲み物を頼んでかなり待たされたので、温めて貰った方がよかったと後悔。

 ちょっと足りなかったのでコンビニでシーチキンのおにぎりを買い、9時発の筑波山行きシャトルバスに乗る。

 車内でおにぎりを食う。

 9時40分ごろ、筑波山神社入口で下車。歩いて筑波山神社へ。

 いつも思うのだが、シャトルバスなんだから、もっと先の神社下まで行って引き返せばいいと思うのだが、バスがデカいと方向転換しにくいのか?

 

 神社に着いて、まずはお参り。

 おみくじを引くと、久々の大吉!ずーっと小吉とか末吉が続いていたのだ。たかがおみくじ、されどおみくじ。

 大吉は嬉しい。

 出世稲荷にもお参り。

 その後、ケーブルカーに乗って男体山ふもと(御幸ヶ原)まで行く。

 しかしこのケーブルカーの「宮脇駅」までがかなり急な階段で、上がるとヒーヒー言っちゃう。

Img_1740

 10時20分のケーブルカーに乗って、8分後に山頂駅着。しかしここは山頂ではなく、御幸ヶ原。

 閑散としている。そりゃそうだ。天気は良くないしまだ10時すぎだし。

Img_1741

 ここにある「コマ展望台」の食堂に入って、名物の地鶏を使った親子丼を食べる。

 霞ヶ浦が広がる絶景。反対側には日光連山が見える。

 食後、せっかくだから男体山に登ろうかと思ったが、やめた。

 女体山までの道は「比較的穏やか」と案内には書いてあったのに、かなり険しくて難儀した。男体山頂上までは「険しい」と書いてあるから。物凄く険しいのだろう。

 それと、相方の愛猫の調子が悪いとの知らせが入って、凄く心配になって早く東京に帰りたい。

 予定より早いケーブルカーで山を下りる。

 しかし、シャトルバスは12時10分までない。

 バス停近くのレストハウスでお茶でも飲むかと思ったが、また何か食べてしまいそうだったので、筑波山ビジターセンターに寄った。

 これが正解だった。

 筑波山に住んでいる動物について、詳しい説明をしてくれた。こっちが質問すると、もっと詳しく教えてくれる。

 テンが可愛いが、獰猛らしい。昔は神の使者として大事にされたらしい。

 渡り鳥もたくさんいる。フクロウによく似た鳥は、遠くニュージーランドから飛んで来るらしい。

 渡り鳥やウナギがどうしてはるばる日本まで来るのか。昔太平洋にあった大陸に通っていた性質がそのまま残って、大陸が消えて日本列島に変化しても続いてるんじゃないか、とビジターセンターの人は言っていたが……。

 バスの時間になったので、礼を言って辞去。

 バスでつくば駅。乗客はおれだけ。

 区間快速で北千住。

 13時を過ぎて、腹が減ったので、博多ラーメンを食う。替え玉もする。これでもうカロリー的にはオーバーしてしまった。外食すると高カロリーだねえ。

 帰宅。

 筑波山でアレコレ考えたことを原稿にしようと、仕事開始。

 その合間に、ここんとこ、ずっと気になっていた、バズビー・バークレーについて調べる。

 トーキー初期から活躍した振付師・映画監督。特に1930年代の作品が、自在で大胆なカメラ・ワークにマスゲームのように一糸乱れぬ幾何学模様のような群舞で、大評判になった。

 しかし、それだけではない。ミュージカル場面で、かなり社会派なテーマも扱って、ドキリとさせる。

 以前見た「バズビー・バークレー・ディスク」というアンソロジーに収録されていた「Remember my forgotten men」というナンバーに圧倒された記憶があって、もう一度見たいと思っていたが、このナンバーの入った「ゴールドディガーズ1933」は国内盤がない。アメリカ版はリージョン制限があって再生が面倒……と思っていたら、YouTubeにあった(←リンク)

 

 大不況の時代に作られた映画。

 このナンバーは、第一次世界大戦に駆り出されて戦って傷ついた英雄たちなのに、不況に飲み込まれて食事の配給を受けてホームレスと化している……いつもひどい目に遭うのは普通の人たちだ!と圧倒的映像と、恨みの籠った歌で描き出す。

 いやもう、これはプロレタリアートなミュージカルですよ。

 見ていて、泣けてくる。試写で見たジャック・L・ワーナーとダリル・F・ザナック(当時はワーナーの製作部長だった)がその出来映えに驚嘆して、映画のクライマックスに移動させたという、ミュージカル史に残る大傑作!

 是非、リンクから見て戴きたい。ちょっと画と音がズレているが、字幕があるモノを優先した。

 ステージのはずなのに、進行していくと空間的に自由になってしまう、と言うのは東宝の社長シリーズや無責任シリーズの宴会場面などにもあるが、その元祖。雨に濡れながら行軍する兵隊のショットは凄い。

 今の時代、このナンバーを広く見て欲しいと思う。

 妙に勇ましい政治家たちは、一般庶民の幸福なんか、考えてないぞ!大企業が儲かれば、そのオコボレが回ってくるという考えは、言語道断だ!

 しかし、そんな与党が大勝利するらしい。

 アホらしいこと極まりない。まあ、野党がひどいこともあるんだけど……。

 夕方、カイロの予約の時間になったので、外出。

 テニスのせいで慢性的に痛くなってしまった右腕を中心に診て貰う。施術して貰うと、嘘のようにチカラが入るようになって痛みも消えた。

 次回は年明け。

 帰宅して相方に連絡すると、愛猫は水を飲んで静かにしていると。もう高齢猫だし……でも、今まで元気だったのに。ネコは急に病変する。ウチの二匹は急でもなかったが。

 仕事を進める。

 夜。

 相方の愛猫のことが心配(飼い猫を失った経験があれば、この気持ち、ご理解戴けるだろう)で、テレビなどを観る気にならない。仕事のみ。

 それでも……腹は減る。すでに本日のカロリーは突破しているが……。

 戴き物の生ハムをマスタードを塗ったパンに挟んで食う。美味い。夕食はこれだけ。

 仕事を続ける。遡って書き足したりして、もっとやらねばならないのだが……。

 IKEAで買った大きなネズミのオモチャを投げてやると、くーたんは嬉々として取りに行って、咥えてくる。それをまた投げてやる。この大きなネズミはあまり好んでいなかったはずだが……元気なうちに一緒に遊んでやらなきゃ、ね。

 ニュースなども見る気にならず、静かに夜を過ごす。

 が、「タモリ倶楽部」はオンエアで見る。来年版の手帳のアレコレ。歴史手帳と鉄道手帳は欲しいなあ。でも、手帳って使わないんだよねえ。予定の管理とかは全部MacとiPhoneで済ませちゃうし。

 1時過ぎ、就寝。

今朝の体重:89.25キロ

本日の摂取カロリー:2664kcal(まあ、たまには)

本日の消費カロリー:日常生活+299kcal/6812歩+97kcal(自転車)

« 仕事のみ | トップページ | くーたんの予防接種&「世襲」について考えた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60802068

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山・心配事・Remember My Forgotten Man:

« 仕事のみ | トップページ | くーたんの予防接種&「世襲」について考えた »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト