« 一大決心のもと、OSをYosemiteにした! | トップページ | 気功して忘年会 »

2014年12月21日 (日曜日)

雑用というか、Yosemite使いこなしの1日

 8時前起床。

 晴れ~曇り。

 朝のモロモロを済ませて、今日は久々にアサメシを外で食べようかと思っていたが……iMacの外付けHDDのメンテを始めたらなかなか終わらず、モーニングの時間は過ぎてしまった。

 で、11時過ぎに外出。

 クロネコさんでゲラを送り、東急ハンズに行って万年筆のインクと、補修テープを買う。

 仕事机、同じようなデザインで凄く高いのと安いのがあって、当然安い方を買ったのだが、机の板が違った。安い方は合板で、断面には木目テープが貼ってあった。このテープが椅子にあたって剥げてきて、ちょうどお腹の部分に刺さるようになったので。

 ハンズになら良いテープがあるだろう。普通のビニールテープとかだと、時間が経つと糊が出てきてベタベタしてしまう。

 万年筆のインクは、最近全然使わなくなった万年筆を久々に使おうと思ったら、詰まってしまって全然使えない。で、3日3晩ぬるま湯につけ、メガネ洗浄用の、例の振動するヤツにかけたらどうにか直ったようなので。インクも古いヤツは棄てて新しいのにする。

 

 まず先に、ルミネの中の「サニーダイナー」でハンバーガーを食う。北千住はハンバーガーの名店が集まっている。以前は4店が競っていたが、今は3店。うち1店は夜だけの営業なので昼間は2店。

 ちょうど昼時で店内は混んでいたが、空席はあって、「ベーコンチーズエッグバーガー」を食う。以前はかなり塩味過多だったが直ったみたい。で、ここの飲み物は巨大サイズ。アメリカンだねえ。

 食事を済ませてから、隣のマルイへ。

 上記のものを買う。店内はクリスマス一色。伴天連ではないワシには無関係。

 上の階の「ノジマ」に行ってみると、売り場は改装されて配置が全然変わっていた。電気ストーブ関係を見ると、安いのはいろいろあった。が、買わない。

 スーパーに寄ってお風呂洗い関係の洗剤を買って帰宅。

 まず、机の補修。これは難なく終了。

 万年筆も復活。

 そうこうしていると、NHK-FM「きらクラ!」の時間。

 ソフトの「宛名名人」の最新版をインストールしながら聞くが、ながらだと「空耳コーナー」が全然判らない。空耳に聞こえない。今回は「トゥーランドット」から、だったが、曲を聴いてしまってふかわと真理ちゃんは大ウケしているが、判らない。しかしこの「トゥーランドット」は異様な緊張感が冒頭の1音からずーっと漂う異様なオペラだよねえ。ゲンダイオンガクの手法をプッチーニ的に消化して取り入れた成果。

 このオペラを聴くと、第1次世界大戦がそれまでのヨーロッパを完全には関してしまったんだなとしみじみと思う。そして第2次世界大戦は、第1世界大戦の第2部であるということもよく判る。日本人にとって第1次世界大戦は遠い存在だが。

 昨日インストールした新しいOS、Yosemiteの新機能をいろいろと試す。

 一番の売り物は「Handoff」機能。Macで書きかけの原稿をそのままiPadやiPhoneで続きを書ける。今まではファイルをメールで送ったりEvernoteに入れたりという一手間が必要だったが、この機能によって、自動的に引き継がれる。まさにシームレス。

 しかしそれを使うには、MacとiPadなどが同じネットになければならない。

 うちの場合はMacは有線、それ以外は無線。これだと同じネットワークではない。

 有線の方が速いんだけどなあと思いつつ、無線に切り替えてみると、「Handoff」機能は実に簡単に使えた。おお、これは便利なものですな。これを使うためだけでも、Yosemiteにした甲斐があったというもの。

 で、もっと凄い発見だったのは、有線LANは無線LANより速くはない、ということが判ったこと。何度か計測してみたが、速度は似たり寄ったり。ありゃりゃの結果。いろんな利便性を考えたら、この際無線LANにしてしまうか。

 などなど、いろいろやりつつ、夕食。

 徳島の美味しい卵で、玉子焼。それと魚肉ソーセージ炒めに千切りキャベツ、買ってきたサラダ、インスタント味噌汁にご飯。

 1日のカロリー内に納まった(はず)。

 NHKのニュース、「ダーウィンが来た」のあと、「軍師官兵衛」最終回。

 関ヶ原とその後を1回で描いてしまうのは駆け足な感じがする。その前哨戦を前回やっているとは言え……。

 関ヶ原をじっくりやると金がかかるという事情もあるのだろうが、ここは長政の活躍をキッチリ描き、九州でまったく独自の動きをしている如水の思惑と読みをもう一度念押ししておくべきではなかったか?

 この回を含めて3回分の構成をもう少し考えた方が……と思ったが、それは考えた末の結果なんだろう。まあ、見ている側は、家康・三成・長政、そして如水の思惑は判っているんだから、ということは、この構成でいいと言うことか?

 イヤしかしやっぱり、徳川の世になって、「やっと乱世が完全に終わって平和な世になりましたねえ」と光が言うと、如水は詰まらなそう……という場面があってもよかったのでは、とか思ってしまう。乱世の収束を強く願っていたけれど、しかしカラダには戦国武将の血が流れているのだから、戦のない世は退屈だったんじゃないか、と思うだがなあ。

 この大河は、実に面白かった。やっぱり、女が主人公だと、いろいろ無理が出る。無理してあり得ない展開を作らなければならなかったりするし。

 と言いつつ、来年の主人公は女性ですか。しかも幕末。

 幕末は面白いんだけど、視聴率は上がらないんだよねえ。まあおれが視聴率の心配をすることはないんだけど。

 NHKスペシャル「メルトダウンFile.5 知られざる大量放出」を見る。

 現場の判断通りに電源を復旧させてポンプを動かしておけば、事故から4日間に放出された以上の放射性物質を大幅に減らせたはずだ、という結論は物凄く重い。それを阻んだのはアメリカの強い意向だった。

 でもなあ、あの時、電源が復旧しても配管とかポンプが無事だという保証はなかったんじゃなかったっけ?それに4号機の燃料プールがメルトダウンを起こさないという根拠も薄弱だったわけで、アメリカ(の原子力規制庁)の判断は結果として間違っていたが、あの時の判断としては間違っていたとは言い難い。仮にアメリカの予測が的中していたら、東日本全体がどうなっていたか。

 つまり、原子力発電というのは、極めて危険な物質を扱って、なんとかコントロールすることで、かろうじて安全を保っているシステムなのだ、と言うことを改めて認識するしかないのだ。

 なにか想定外のことが起こったら、そのシステムは崩れて、広範囲に取り返しのつかない事態をもたらす。

 こんな危険なもので電気を作るのって、本末転倒であると、やっぱり思う。新型の原子炉は格段に安全だと言われても、結局は、水で冷やしてメルトダウンを防ぐという根本が変わっていない限り、原子力発電の安全システムというのは根本的に脆弱だと思うしかない。

 風呂に入り、ゴミ出しをして、再びMacをいじる。OSを新しくするのは、新製品を買ったのに等しい。同じ機械に新機能が加わるのだから。

 見た目はまだ違和感があるが、不便になったところは今のところ、ない。むしろ、新機能にワクワクしている。

 ベッドに入って「MacFan」を読む。この手の雑誌を読む熱意が著しく下がっていて、じゃあ定期購読する必要ないか、と思いかけていたが、熟読すると面白い記事満載。もうなくなってしまった「「MacPeople」より「MacFan」のほうが中身は濃くて特集記事も実用的でまとまっていた。しかしおれは、同人誌みたいな遊び心のある「MacPeople」をヒイキにしていたのだ。でもこの雑誌、末期は本当に迷走したよねえ。迷走し始めると終わりは近い。自戒せねば。

 で、1時過ぎ就寝。

今朝の体重:88.70キロ

本日の摂取カロリー:1699kcal

本日の消費カロリー:日常生活+200kcal/5167歩

« 一大決心のもと、OSをYosemiteにした! | トップページ | 気功して忘年会 »

コメント

おお! 安定期(^-^)v 今日はよろしくお願いいたします。

今日、太らないように気をつけたいと思います。
本日、宜しくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60847702

この記事へのトラックバック一覧です: 雑用というか、Yosemite使いこなしの1日:

« 一大決心のもと、OSをYosemiteにした! | トップページ | 気功して忘年会 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト