« 2014年3月9日 - 2014年3月15日 | トップページ | 2014年3月23日 - 2014年3月29日 »

2014年3月16日 - 2014年3月22日

2014年3月22日 (土曜日)

張り切った翌日はへたる

 7時頃目が覚めたが、8時ごろまでベッドの中でゴロゴロ。

 晴れ。洗濯日和。

 なので、洗濯したり、朝のモロモロ。

 25日からの快楽亭ご招待の奥飛騨旅行について、25日の集合時間などが決まっていないので快楽亭に電話したら、電話の向こうから「携帯電話は外で使ってください」とうるさく注意する声が。

「今図書館にいますもんで、かけ直します」

 って。快楽亭は凄く小さな声で話してたのに、あんなにキツく注意する必要があるのか?呼び出し音がデカかったのかな?

 折り返しすぐに電話が入って、集合場所と時間が決まる。

 で……。

 アサメシのご飯+目玉焼き+インスタント味噌汁+ウルメイワシを食べて、あれこれやっていたら、すぐに昼。

 13時にカイロの予約をしているので、行く。

 両脚が張っているが、何故か左足の方が張っていると。あと、右腕が筋肉痛。これは完全にテニスのせい。

 施術して貰ったら物凄く楽になった。

 帰路、くーたんのご飯などを買って、「珍来」でチャーハンと餃子。ここの炒飯は量が多いなあ。もちろん残さないけど。この味、好きだし。

 一度帰宅。

 5月に片山津温泉への旅行を計画している。で、今回はいろいろと変則なので、パックツアーは使えないので、宿と新幹線はバラバラで予約することになる。宿は予約したが、アシをどうするか。

 いろいろ調べて、東京駅の格安チケットショップで金沢までの新幹線&特急券を買うのが安いと判った。もっと安い店もあるのだが、「只今品切れ」。消費税が上がる前にどうのこうの、という買い物は一切しないが、まあチケットは値段がある前に確保しておこう。

 ということで、東京駅まで出向くことにする。が、どうせ行くなら夕食時にしたい。

 で、しばしソファに寝転がって……録画した「タモリ倶楽部」を見る。書泉グランデの鉄道本売り場。が、途中で何度も寝てしまい、その都度戻して見直すが、同じようなところでまた寝てしまう。

 「タモリ倶楽部」が終わったまま放置して、眠り込んでしまった。よく寝たはずだが、眠い。

 このまま寝ていたかったが、16時を回ったところで、起きて支度。

 17時ごろ、東京駅。

 すんなり買えた。東京都区内~金沢が片道10640円。パックツアーで片山津温泉に泊まると3万円くらいだから、この格安チケットはかなりいい線いっていると思う。

 で、八重洲地下街に降りて歩いていると、ここにも格安チケット店が。こっちの方が安いかったら嫌だなと思いつつ覗いていると、こちらは10650円。おお、おれは10円安く買ったぞ!

 地下街にあるカレー屋で野菜カレーを食う。けっこう甘い味でハヤシライスみたいなカレーだった。

 他の用事もないが……このまま帰るのもナニだなあ……と、用もないのに中距離電車に乗ろうかとも思ったが、それもナニだから、素直に帰宅。

 日暮里駅ナカのパン屋で美味そうなクロワッサンやクロワッサンにソーセージを突っ込んだヤツとかドイツのパンみたいな丸いパンにチーズを載せて焼いたヤツとかを買う。クロワッサンは明日の朝用。

 帰宅して、光文社新作のために資料本を読もうと思うが、なんだかその元気もなく、ウトウトしながらテレビを眺める。

 21時からテレ東「アド街ック天国」。今夜は田端。

 北区ってまとまったイメージがない。テッチャンにとっては馴染みの深い場所だけど……田端と王子を混同してしまう。しかし北区ってかなりセンスのいい住宅が並んでいるし、昔はお金持ちが住んでいてその豪邸が公園になっているし、文豪も住んでいたし、昔は今より遥かにステータスは高かった。そのせいで、歩いてみると、足立区なんかとは格の違いを感じるんだよなあ。

 しかし、見ながら寝てしまう。目が覚めたら番組は終わっていた。

 

 その後、TBS「リーダーズ」を途中から見る。どうせならトヨタとか三井銀行とか住友銀行とか実名を出してやればよかったのに。戦後のドッヂ・ラインの財政緊縮で倒産の危機に陥った時、救いの手を差し伸べたのは三井銀行。しかし住友と三菱は貸し剥がしをして逃げた。特に住友は悪辣で、トヨタはずーっと住友のことを「仇」と思っていたそうだし、名古屋では住友はずっと劣勢だったそうだ。ま、そのへんもモロに描いたから、銀行名を実名で出すのは差し障りがあったのね。それだけ、吹越満演じる支店長は嫌らしくて嫌なヤツだ。

 ドラマとしては「半沢直樹」のラインで、善悪色分けがハッキリしていて極めて判りやすい。自動車への情熱に燃えて従業員を家族と思って大切にする主人公は善玉。彼の周辺で苦労をともにするトヨタの社員や従業員(組合トップの吉田栄作が好演)も善玉。しかし彼らに立ち塞がる日銀総裁(中村橋之助がヌメヌメと好演)やその右腕(またしても香川照之!)、住友銀行の名古屋支店長や本店融資担当常務たちは、悪玉。NHKの経済ドラマなら、彼らの事情も描き込むだろうが、今のTBSはそんな重層的な描き方はしない。紙芝居のように善悪を一刀両断。

 「半沢直樹」の時は、それが新鮮だったが、同じようにやられると、「またか」と思ってしまうなあ。

 でも明日の後編も見るけど。

 ソーセージの入ったクロワッサンとかチーズと焼いたパンとかを食べてしまった。

 「新チューボーですよ!」は見ない。どうしてこういう形に変えたのかね?すみれがやたらと英語を喋るのは、イヤミでしかないのが判らないのだろうか?オシャレにしたい?どうしてこの番組にオシャレさが必要なのだ?

 TBSの女子アナが堺巨匠にボケをカマしつつまったりと進行してゲストになにか芸をさせるのがこの番組の長年のパターンだし面白いところだったのに。

 すみれにまるで芸がない(喋れない、機転が効かない、ボケない)ので存在価値がない。まあ、これは彼女が悪いのではない。彼女をこういう風に使おうとしたスタッフが悪いのだ。

 風呂に入って1時ごろ就寝。

 明日は勉強の日にしよう。テニスの振替に行こうかと思ったが、疲れ切ってしまうし、やめておこう。

 旧日本軍が戦時中に物凄い悪事を働いた具体的な証拠を発見したのに、それが何故か紛失して……という陰謀映画のような夢を見た。何がどうだったのかは目が覚めた瞬間に忘れてしまったが。

今朝の体重:90.30キロ

本日の摂取カロリー:2232kcal

本日の消費カロリー:日常生活+197kcal/4927歩+100kcal(自転車)

2014年3月21日 (金曜日)

房総路に蒲公英を見た

 「木枯らし紋次郎」風に。

 6時過ぎ起床。

 本日は天気がいいはずなので、君津方面にウォーキングに行く。

 洗濯物も溜まっているが、干しっぱなしで留守にするのは不安なので、そのまま。

 くーたんにご飯を出したり、朝のモロモロを済ませて、駅へ。

 マクドナルドでソーセージエッグマフィンのセットを食べ、相方と合流。

 京成線で千葉まで行って、内房線に乗り換え。接続している電車は座れないので一本遅らせて、首尾よく席をゲット。

 ロングシートの端に、眠りこけたままの女性がいる。折り返し電車に乗ったまま爆睡していて降りない。しかも口を開けて微動だにしないので……もしかして死んでるんではないか?と時々観察。ただ寝ているだけだったら起こすのは悪いかもしれないし余計なお世話かもしれないし、本当に死んでいたら、通報しなきゃいけなくなるし、それはそれで面倒な事になるし……と心千々に乱れながら見ていると、その女性はやっとカラダを動かして姿勢を変えた!死んでなかった!

 ま、それだけなんですけどね。その女性は内房線を何往復するんだろう?

 11時4分、君津着。ここには何度も来ていて、駅前にある魚屋が経営する美味しい定食屋がお気に入り。ここのマグロの刺身定食が美味しい……のだが、居酒屋になってしまった。しかしこの店のサイトはまだネットに残ってるぞ。しかし道理で「食べログ」や「ぐるなび」を検索しても出て来ないはずだ。

 タクシーで「ドリーム・ゴルフ・ガーデン」まで行き、そこから駅に戻る格好で、小川沿いに歩く。

 この小川も、昔は田畑を縫って流れる小川だったんだろうけど、今はコンクリート護岸でガチガチ状態。監視所が何ヵ所もあるから、この川は穏やかなように見えて雨が降ると暴れ川になるのだろうなあ。

Img_1371

Img_1372

Img_1373

Img_1374

Img_1375

Img_1376

Img_1377


 今日は風がキツいので、体感温度は寒い、と予報が言っていたので、冬の格好をしてきたのだが、歩いていると、暑い。おひさまはぽかぽかで風なんかないぞ。

 途中でどんどん服を脱いでいく。トックリのセーターを脱いでTシャツになり、冬のジャケットのインナーというの?ライナーというの?要するに中身を取って外見だけに。君津が温かいのか、予報が失敗したのか。

 梅が咲いている。早咲きの桜も咲いている。春の花もいろいろ咲いている。おれは花の名前がほとんど判らないので、菜の花とタンポポ以外、判らないのよね。

 この道は特に整備されていないので、踏み込むとズブズブ脚が沈んでしまうところがある。昨日雨が降ったし。しかしアスファルトの道を嫌ってか、ジョガーのカップルが走って行く。擦れ違う時「こんにちわ」と声をかけてくれたので、挨拶を返す。

 相方が疲れたので、しばし休憩。

 と川沿いの畑に来たのか墓地に来たのか、地元のおじさん(おれもおじさんだけど、もっとおじさん)が、「こんちわ」と声をかけてきたのでちょっと話す。おじさんは、今摘んだばかりの大根の花を花束にして、くれた。黄色い、なかなか可愛い花だ。これ、写真に撮っておけばよかった!

 で、おじさんは「今日は寒いと言ってたのに、暑いねえ!」と。ほらやっぱり予報が外れたんじゃないか!

 いいお天気だったのに、雲も増えてきたぞ。

 iPhoneが「北千住で雨」とアラーム。レーダー画像を見ると、たしかに東京に雨雲がある。洗濯物を干してこなくてよかった。

 しかし、大根の花の花束を東京まで持って帰るのもなあ。途中で萎れてしまいそうだし。

 歩いていると、大きなお寺が。

 境内には塀がなくて明るくてとてもオープンなお寺。

 お墓参りの人たちが来ている。

 相方が、「どこかのお墓にお供えしよう」と言うが、まったく知らない人のお墓に、花とは言えお供えするのは……妙な家庭争議の原因になったりするかも。

 無縁仏のお墓があったので、そこのお供えの花に追加する感じで大根の花を生け、手を合わせる。 

 君津駅も近くなってきた。お目当ての店がなくなっていたので、ランチをどうするか。「食べログ」で調べると、駅前にイタリアンとかあるが……。

 けっこう疲れてきたし空腹感も増してきた。

 公園のベンチで休憩すると、このすぐ近くにお寿司屋さんがあると。「食べログ」ではけっこう高い料金が表示されている。そりゃあ、本当のお寿司屋さんだったら昼とは言えそれなりの金額はするだろう。

 ダメモトでそのお寿司屋さん「まこと鮨」に行ってみると、お寿司以外にも定食も出すようで、金額はそこそこ。

 じゃあ、ということで、ここに入る。

 小上がりには宴会の後が。そういや今日はお彼岸か。お墓参りしてから食事して帰ったんだろう。

 日替りの「重役弁当」というのがあって、200円足せば魚の煮付けを肉料理に変えてくれるというので、煮付けが苦手なおれは、肉(ヒレカツ)に変えて貰い、相方はトリカラの定食。しかしここは寿司屋なんだから、寿司か刺身を食べたい、と思って、刺身盛り合わせも頼む。

 と……。ここは漁港から魚を直送しているらしい。そのせいか、あまり聞き慣れない魚ばかりが出てきたが、どれも、美味しい!新鮮で身がプリプリしていて、素晴らしい。

 ランチに「刺身定食」もあったのだが、今日はシケでランチでは出せない、と言われたので止めたのだが、一品料理でなら出せる(要するに高くなる)と言われたんだなあ。

 しかしこの店は美味しかった。ご飯が足りなくなったのでご飯だけ半ライスで頼んだら大盛りのご飯が出てきたし……相方のトリカラも巨大な唐揚げがたくさん並んでいて、まるで学生街の定食屋みたいな迫力で、しかも、そのトリカラが美味い。おれのヒレカツも美味かったし。

 ほとんど成り行きで入った店だったが、大当たりだった。

 君津駅から歩いて10分くらいの「まこと鮨」。

 君津で食事することがあったら、また来よう。

 美味しかったし満腹したしで、ちょっと感動した。

 が。

 レーダーを見ると雨雲がモクモクと湧いてきて、君津は大雨圏内。どうしよう。傘なんか持ってきてないし。

 タクシーを呼んで貰おうかと思ったが、外に出てみると、ぽつぽつ降っているだけ。これならなんとか大丈夫。

 レーダー画像も当てにならないのね。

 14時22分の快速大船行きに乗れた。

 お腹いっぱいで、睡魔に襲われ、車中で爆睡。

 津田沼で降りる。新刊「闇猫・冴子」が某書店チェーンから大量追加注文が来たというので、そのチェーンのどこかのお店に挨拶に行こうということで、ちょうど千葉の帰り道にある津田沼店を選んだ次第。

 津田沼は、JR、新京成、京成と駅が分散している。その書店は新京成の新津田沼に隣接しているので、街を歩く。

 津田沼はなかなか面白い街だなあ。ゆっくり歩きたい。

 で、書店さんにご挨拶してから、相方がバッグを見たりして、新津田沼から電車に乗って1駅目の京成津田沼。ここから京成本線に乗り換えて、帰ってくる。

 この後、相方がウチに来て、録画したまま溜まっている映画を観ることに。

 ドキュメンタリーの「インサイド・ジョブ」を見る。

 リーマン・ブラザーズの破綻が引き金を引いた世界金融危機はどうして起こったのかを、関係者へのインタビューを通して解いていく。これは、「悪いヤツは誰だ!」という戦犯捜しでもある。あの金融危機で被害を被った人なら、「どいつが悪いんだ!」と悪の張本人を捜したくなるのは当然だ。戦争でも戦争犯罪人を断罪して死刑にするんだから、世界を巻き込んだ金融危機を起こしたヤツだって社会的に抹殺されて当然だ。

 だが、現代の金融は複雑怪奇。かなり専門的な言葉が飛び交い、夥しい「関係者」が登場して、彼らは一様に「私は当然の正当な仕事をしただけだ」と言い張る。インタビュアーの鋭い突っ込みに言葉を失ったり、感情的に「失敬だな!」と怒り出したりするが、誰ひとり「悪かった」と言う者はいない。

 このドキュメンタリーに登場して怒りを見せても、登場するだけ誠実なのかもしれない。

 本当の戦犯たちは、みんな取材を拒否して登場すらしないのだ。その戦犯とは、グリーンスパンにルービンにバーナンキに、彼らを支えた経済学者。そもそも「金融工学」というもの事態がいかがわしいシロモノだが、ノーベル賞を貰てしまって、アカデミズムも「賭でソンするリスクで儲けてしまうという詐欺」を画期的だとお墨付を与えてしまった。

 まあ、製造業が衰退したアメリカは、以前から情報と金融で食っているイギリスに学んだというか同じ道をよりパワフルに爆走することにした。しかしそれだけではない。自分に有利なように、金融のルールをどんどん変えてしまった。「グローバル・スタンダード」って言うのは要するに、アメリカがやり易い基準ってこと。

 旧来のルールの中でアメリカが「金融立国」するのなら、すでにそうなっていたイギリスのような存在であるはずだった……いや、違うな。イギリスとアメリカでは経済規模が桁外れに違うから、大型ダンプが通れるように道路を整備しなければいけなくなる。大型ダンプが通りやすいように。

 だから、アメリカが金融立国するなら、アメリカに合わせてルールも変わるのだ。イギリスはその方が商売しやすくなるんだから反対しない。

 このアングロ連合に反対するのはフランスだけ。しかしそのフランスだって、アメリカが作ってしまったルールに乗って商売するしかないのだ。

 で、IMF専務理事だったフランス出身のストロスカーンと後任のラガルドはスキャンダルの嫌疑をかけられて、ストロスカーンは失脚し、ラガルドも捜査の対象になってしまった。これもアメリカに楯突いたからだ、と思うのは勘ぐりすぎなのか?

 映画は、金融腐敗を攻撃して大統領に当選したオバマも駄目だと言い切る。何故なら、オバマ政権の財政・経済閣僚は、上記の戦犯とその仲間だからだ。規制緩和を推進して、インチキ野郎のインチキ商売を合法化して、自分たちの懐も潤してきた連中だからだ。

 日本も原発行政はじゃぶじゃぶの「原発マネー」で腐りきっているが、世界経済の総本山たるアメリカも腐りきっている。そのスケールで言えば、アメリカの方が壮大に腐っている。なんせアメリカは「ルールを変える力」を持っているのだから。

 しかし、アメリカが凄いのは、こういう優れたドキュメンタリーを作って劇場公開し、アカデミー賞をはじめ多くの賞を与えて広く知らしめるところだ。

 もちろん作品が優れているからではあるが、日本の場合、マスコミが弱いから、反原発のドキュメンタリーを作っても日本アカデミー賞を取ることはないだろう。その作品の出来がトビキリ良くても。単館公開されて消えていく。

 この作品の日本語字幕作成に関った経済学者のブログ(←リンク)がこの作品の理解の一助になる。

 しかし……頭のイイ奴が「絶対捕まらない詐欺」を考えついたら、とても怖い。1929年の大恐慌の後、アメリカは堅実な金融システムを作り上げて、1980年代までそれを守り続けていたのに。

 銀行屋や株屋がボロ儲けして年収数億、なんて社会は、やっぱり、狂っているのだ。

 物凄く重いドキュメンタリーを見たあと、相方が買ってきたトウモロコシを食べ、アイスを食べて、レスリー・ニールセンの「フライング・コップ」の第一話を見る。30年前に見たっきりだったが、やっぱりバカバカしい事極まりない。安っぽいし……。おれは大好きなんだけど。

 相方帰り、くーたんご飯を出し、風呂に入る。

 ニュースを見る。

 そういや、今日の「笑っていいとも」にアベが現役総理大臣として初めてテレビのバラエティ番組に出演したのね。

 テレビは首相官邸の支配を受けているらしい。NHKのニュースは、野党議員とアベの国会でのやり取りを編集して「アベが論戦に勝った!」ように見せていると共産党の議員が怒っているし、とにかく官邸を怒らせないように腐心しているらしい。

 最低だね!それはコイズミの時だって同じだったと思うが、弱い政権には徹底してイジリを入れるくせに、強い政権だとヘコヘコ。「インサイド・ジョブ」のスタッフのど根性を少しは見習え!

 テレ朝の番組で、ボーリングがまるでダメだったはいだしょうこがみるみる上達する姿や音痴の大桃美代子のカラオケがみるみる上手くなるのを見て、もう沈没。「タモリ倶楽部」は録画して、0時過ぎに就寝。

 夜中にくーたんがバタバタしていたが、無視。

 何故か4時ごろに目が覚めたが、すぐに寝直す。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2314kcal

本日の消費カロリー:528kcal/9527歩+58kcal(自転車)

2014年3月20日 (木曜日)

雨の日は仕事

 8時ごろ起床。

 雨。

 ああ、19年前の今日は、地下鉄サリン事件だったんだね。あれからいろんな事がありすぎて、記憶が薄れがちになってしまう。北千住発着の地下鉄で起きたので、物凄く身近な事件で、怒りに震えたのだが。

 19年前は阪神大震災があったし、サリン事件があったし、どうなってしまうんだろうと思ったなあ……。

 

 3週間ぶりにテニスをやったら、全身がガキガキ。フォームが悪くて右腕が痛い。ヴァンテリンをスプレーすると、その時はとても効くが……。

 アリナミンEXを飲むと、疲れはさほどでもない。恐るべし、アリナミン。

 トーストとゆで玉子のアサメシを食べて、仕事開始。昨日終わらなかった「黒い報告書」の後半。

 しかし午前中は、なかなかスイッチが入らない。

 ウダウダしつつ、Macに向かっていると、なんとか進みだし、13時過ぎに書き上がる。今回は泣かせるものに仕上げたい。

 読み返して確認して、相方に送る。

 で。

 お茶漬けでお昼を済ませ、次に控える光文社文庫新作に頭を切り換える。が……。

 簡単にスイッチ出来れば苦労はない。

 快楽亭との奥飛騨旅行の最中に再校が出る予定になってしまった。全部貰うのではなく、チェックの入ったところだけPDFファイルで送って貰うことにしたので、旅行先でなんとか処理出来るだろう。が、iPadでPDFファイルにメモを記入しやすいアプリを探して3つほどインストールする。いろいろ弄ってみて、一番使いやすいもので作業しようっと。

 「ミヤネ屋」とかを観たり「相棒」の再放送を見たりしつつ、昼寝。

 16時にカイロの予約をしてあって、全身ガキガキだから診て貰いたかったのだが、雨。

 最近、なんだか猫みたいに、とにかく雨が嫌いになった。仕事以外で雨の日に外に出たくない。傘を差しても足元が濡れるのが嫌。まったく猫みたいだなあ。

 なので、予約を変更。土曜のお昼に変えて貰った。

 「5時に夢中!」は岩井志麻子と中瀬ゆかりの黄金コンビ。今日も大いに笑った。

 晩飯は、レトルトのハンバーグ。ミックスベジタブルや冷凍インゲンを解凍しつつフライドポテトを少量の油で炒め揚げしてハンバーグをレンジで加熱したのだが、その順番をミスってワヤになりつつあるところに、レンジにIHヒーターにお湯を沸かしたりを同時にやったので、ブレーカーが落ちてしまった。

 で、なんとか夕食。この手のハンバーグは、ハインツ以外は美味しくない事を再確認。

 食後、デスク周りに溜まった書類やプリントアウトを整理。どっとゴミにする。

 風呂に入り、涼みがてらゴミ出し。

 ニュースをいろいろ見て、「アメトーク」。「絶対怒らない芸人」は人間が出来てるなあと思ったが、ネタとして面白いのは「怒りっぽい芸人」の方。特に小籔は独走状態だなあ。

 0時過ぎに就寝。

 遊び足りないくーたんは、消灯してもしばらくバタバタ走り回っていた。

 猫って音を立てずに走れるくせに、どうしてバタバタ走るんだろう。いや、おれにアピールしているのは判るんだけど。

 生まれて間もない子猫を引き取ることになって24時間態勢で面倒を見る夢を見た。

 手に載るほど小さい子猫は本当に可愛いけど、今からあの状態で一から世話するのは疲れるなあ、と夢の中でも実感。くーたんの時でさえ、かなり疲れたもの。

今朝の体重:90.20キロ

本日の摂取カロリー:1836kcal

本日の消費カロリー:日常生活程度

2014年3月19日 (水曜日)

アリナミンEXの驚異的キキメと「永遠の0」に瞬間的にも勝った日

 7時過ぎ起床。

 晴れ。

 昨夜飲んでみたアリナミンEXが効いた!

 昨日までの倦怠感と疲労感が消えて、Macに向かうと仕事が進むじゃないの!

 おお、驚異的。プラセボー効果かもしれないし、CMではアリナミンAを飲めとか言ってるから、本当に作用しているのかどうかも判らないのだが、とにかく、昨日までの沈滞がウソのよう。

 バリバリ進む。

 アサメシはベーコンエッグにバタートースト&マーマレードのトーストにコーヒー。

 ヒルメシはご飯を炊いて……炊きたてご飯なら、玉子かけご飯でしょう!それにウルメイワシを焼いて、ヒジキの煮物や白菜の漬け物とともに。

 食後すぐ仕事再開。

 が。

 快調に書いてきた「黒い報告書」だが、視点の問題で迷いが生じる。男と女の事件だが、女視点で書き直した方が面白いんじゃないか?と思い始めた。

 

 風呂に入って考える。視点を女にしてしまうと、男の部分が弱くなるなあ……とかいろいろ熟考。

 考えた末に、両方の視点でほぼ同量書くことにする。

 その線で書き直していると、時間。

 今日は久々にテニスに行く。ずいぶん休んだからなあ。3週間休んでしまった。

 「5時に夢中!」を見ながら支度をする。水曜日はあんまり見られないのだが、美保純と中村うさぎのコンビもあけすけで面白い。

 で、さあ出かけよう!と思ったら、部屋の鍵がない。え?

 いつもの上着のポケットには入っていないし、バッグにも紛れ込んでいないし、キッチンのテーブルにもないし……。

 けっこう青くなって捜しまくる。

 どこにもないので、こりゃ駄目だ……と諦めかけた時、閃いた。

 今朝、牛乳を取り込んだ時(うちは千葉の牧場直送の実に美味い牛乳を宅配して貰っている)に着ていたフリースだ!

 と思ったら、そうだった。いつも部屋の鍵は決まった場所に置いておくのに、今朝に限ってフリースのポケットに入れたままだったのだ。あ~ボケてきたんだねえ。

 テニスはまあまあ。というか、ボレーでギリギリの球を追えない。しかし逆にクサいところに狙い撃ちして大成功したり。しかしまあ全体としてはあんまり宜しくない出来。

 

 風呂に入って、帰路、「喜多方ラーメン坂内小坊師」に寄る。軽く食べようと思ったが、テニスで激しく動いたので、その分腹が減った。喜多方ラーメンに味玉、餃子3つとご飯という「満足Aセット」にしてしまった。玉子が付いてきたから、今日4つめ!多いだろ!しかしまあ、ロッキーだって生卵を6つ飲んでたしなあ……。

 帰宅したらもうヘロヘロ。

 ネットを見たら、週刊文春と週刊新潮という二大イヤミオヤジ週刊誌がモロに小保方さんを個人攻撃していると。STAP細胞の研究が虚偽だったのかどうかまだ結果が判らないのに、こんな個人攻撃していいのか?研究態度を批判するならともかく、個人攻撃してもいいのか?日刊ゲンダイは「インチキ論文」とまで言ってしまってるが。

 今後、STAP細胞自体は間違っていない事が立証されたら、文春も新潮も日刊ゲンダイも、きちっと小保方さんに謝罪するんだろうね?小さな訂正記事を出すんじゃなくて、見開きで「我々はイヤミな記事を書いてしまいました。イヤミな記事は我々の持ち味ではありますが個人攻撃はフェアではありませんでした」ときちんと謝るんだろうね?どうせ知らん顔して逃げるんだろうが。

 だから週刊誌なんて……と思ってしまうんだよなあ。「黒い報告書」を書いているのに、とは思うけど。

 で。

 夜になって、徳間Y氏から嬉しい知らせが。

 都内某店での文庫週間売り上げが第4位になって、あの超弩級不沈空母みたいな「永遠の0」の上になったぞ!その「証拠画像」を送って戴いた。

Bx

 ま、瞬間最大風速ではあろうけど、嬉しい。

 「マツコ&有吉の怒り新党」を見て、寝る直前に牛乳をごくごく飲むという犯罪を犯し、0時過ぎに就寝。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2717kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+126kcal/3341歩+32kcal(自転車)

2014年3月18日 (火曜日)

重度の花粉症?

 8時ごろ起床。

 晴れ。

 朝から温くて洗濯日和のような気もするが、今日は春一番が吹くらしい。

 予報は的中。風が凄い。

 そのせいか、朝から目がショボショボしてくしゃみも出る。

 医者に処方して貰った花粉症の薬は飲んでいて、おれの場合、この薬が特効薬となってこの季節をほぼ快適に過ごせるのだが……どうも今年は様子が違う。

 倦怠感、眠い、集中力が出ない、という肝機能障害に似た症状は、なまけ病みたいでもあるが、どうもこれは花粉症の重い症状らしい。そう思うと、「どうりで」と腑に落ちるんだが……。


 アサイチで宅急便が。アマゾンに注文していた、早見俊さんのハードカバー「常世の勇者・信長の十一日間」(中央公論新社)が届いた。ハードカバーで本を出すのは、小説家の夢だ。謹んで勉強させていただきます。

 仕事のスイッチが入らないが、腹は減る。

 朝食は、スクランブル・エッグにベーコン、バタートーストにマーマレードの薄切りトースト、ミルクティ。どうも「イングリッシュ・ブレックファスト」という紅茶のブレンドは味が薄い。ディンブラの濃厚なコクとはほど遠い。濃いめに淹れてもそうだから、このブレンドはおれには合わないのだろう。

 「黒い報告書」なかなか書き始められない。数行書いてみるが、元ネタの事件と違ったりして、どうしようかと思うウチに時間だけが経つ。

 午後も夕方近くなって、どうしても担々麺が食べたくなって、外出。「鶴亀飯店」に行く。ライスもサービスしてますと言われるが、担々麺だけに自制。

 美味い。

 食後、スーパーに行ってあじのタタキなど買って帰宅。

 しかし風が凄い。暴風。立って歩けないほど。

 しかし帰路、「黒い報告書」の書き出しが浮かんだ。

 帰ってきて、書く。

 なんとか進み始めたが、今度は凄く眠くなってきた。

 ソファに寝転んで、村上春樹のエッセイ「意味がなければスイングはない」を読む。これで村上春樹の膨大な数のエッセイはコンプリートしたかも。

 すべてのジャンルの音楽に関するエッセイだが、クラシックを先に読む。ルドルフ・ゼルキンとアルトゥール・ルービンシュタインについての文章がとても面白い。まったく対照的なこの二人だが、その背後にある「豊かなユダヤ人が貧しいが才能ある若者を援助する文化的豊穣」がヒトラーのホロコーストで短期間で消滅してしまったことを短く記している。この部分は簡潔な表現だから、余計に衝撃的な印象を与える。実際、衝撃的な事実だが、それが如何にヨーロッパ文化ひいては人類文化にとって取り返しのつかない事だったのかを、ぐさりと描く。名文とはこの事か。

 日曜の朝に聞くプーランクの魅力を述べる、これまた魅力的な文章も。これらの音楽を心から愛していることが快活な文章から伝わってくる。それを読む喜び!

 おれは村上春樹のエッセイを心から愛する。それと同じくらいに小説も愛したいのだが、こちらはどうもおれが拒絶されている感じがあるのだなあ。

 快楽亭から電話。奥飛騨温泉ご招待の件、帰路、名古屋に寄って美味しい夕食も、という話で、帰りの新幹線代だけは自腹でという事だったので、格安チケット屋で買っておこうかと思ったが、いやいやハナシがどう変わるか判らないから待とうという判断が正解だった。名古屋の「とっておきの店」が閉店してしまったので、予定が変更になって、行きと同じルートで東京に戻ることになったと。

 慎重な判断をしてよかった。

 「5時に夢中!」を見る。マルタ共和国はいくつかの島で構成されているが、その中の1つが「猫の島」として一部では有名らしい。岡本夏生が行って、そのルポ。エエトコですなあ。こういうところに長逗留して小説を書いたら村上春樹みたいな気分になれるだろうか。気分だけはなれるだろうが、書くモノが違うからなあ。おれたちの場合は浮き世離れしてしまうとマズいだろう。

 例によって、途中ウトウトしてしまう。

 担々麺が腹に残っているので、ニュースを見る。

 ベビーシッターの事件をもっと知りたい。いろんな事がウラにあるはず。しかし被疑者の供述はあんまり報道されないし……そのうちに忘れられてしまいそう。しかしこの事件はしっかり調査報道すべきだぞ。

 しかしニュースはクリミア情勢に目が向いてしまった。

 アベ首相はロシアと友好を保って、領土問題にエネルギー問題もなんとかしようという腹だったのだろうが、こうなってしまうと、アメリカとの関係を重視しなければならないから、これまでの積み重ねがフイになってしまうかもしれない。

 佐村河内は、強力な弁護士を雇ったので急に強気になったようだ。まあ、今後予想される巨額の損害賠償請求に対処するために印税を確保しておかなければならないだろうし。だけど新垣さんを批判するのは得策じゃないぞ。この辺、強力な弁護士はきちんと助言しなきゃ。

 

 メシにする。あじのタタキ。「梅醬油」というものがついてきたので、それで食べるが、ダメ。マズい。やっぱりあじのタタキは生姜醤油に限る!

 夜になって、倦怠感はどんどん強くなり、睡魔も強力になってきた。

 とにかく、グッタリ。てっきり疲れが抜けないのだと思っていたが、そうじゃないのね。花粉症なのね。

 「福家警部補の挨拶」の檀れいは、今更だけど、美しいですな。メガネとファッションがとてもよく似合う。こういう部下がいると面倒だろうけど、このキャラクターはいいなあ。是非シリーズ化して欲しい。今回出てきた少女も可愛い。とはいえ、つまみ食い状態でしか見ていないが。

 可愛いと言えば、レオタードを大量に盗んでネットで売っていた「自称タレント」もかなり可愛かった。まともにタレントになれば、そこそこ売れたんじゃないのかなあと思ったのだが。

 夜になって、徳間Y氏から、某チェーンから「闇猫・冴子」の大量注文が入った、と。この勢いで増刷になればいいんだけどなあ。

 21時のNHKのニュースを見て、「報道ステーション」になだれ込み、23時から他局のニュースを見て、欧州情勢におののく。

 ウクライナが火種になって……という展開はちょっと考えられない。とは思うが、第一次大戦の時も第二次大戦の時も、大きな戦争にならないよう、後から考えたら失策だったとは言え、その時点では努力してはいたんだよねえ。それを思うと、実に気味が悪い。

 0時に、沈没。

 明日は頑張らないと。

今朝の体重:90.25キロ

本日の摂取カロリー:2250kcal

本日の消費カロリー:日常生活+25kcal/604歩+13kcal(自転車)

2014年3月17日 (月曜日)

初校ゲラ終えて虚脱感

 7時過ぎ起床。

 睡眠不足だが、気になって目が覚めてしまった。

 晴れ。

 寝る前に祥伝社M氏に、アサイチでバイク便の手配をお願いしておいたのだが、朝の時間帯はバイク便が混むのか道が混むのか、時間がかかるらしい。

 ゲラを持参しようかと思ったが、やることもあるし、外出するだけで疲れてしまうので、バイク便にして貰った。

 日記を書いたりしていると、予定より早く10時前にバイク便到着。

 ゲラを渡して、朝のモロモロも済ませると、何だかグッタリ。

 「黒い報告書」を書かなければならないのだが、仕事をする元気が出ない。昨日自分としてはネジを巻いて集中してゲラをやったので……最近は、1日頑張ったら翌日はお休みというサイクルになってしまった。

 映画でも見に行くいいタイミングだが、今何をやっているのか調べる気力も出ない。いや~参ったね。

 朝飯は、目玉焼き2つにご飯にインスタント味噌汁に明太子にしらすに福神漬け。

 まあ、ごろごろグダグダな日も必要だろう。

 二見書房の重役が遠縁の親戚で、年賀状と新刊は送っていたのだが、新刊が戻ってきたと。で、二見・マドンナ時代の元担当F氏に問い合わせたら、編集長のY氏からメールを戴いて、その遠縁の親戚は病を得て退職したと知った。自宅で倒れていたのを出社しないので訪ねて行った二見の人が発見して、それ以降、会社がいろいろと手厚く面倒を見てくれたらしい。

 この親戚は「第三次世界大戦」を出して日本で架空戦記ブームを起こした人だ。おれは学生時代というか受験で上京した時に凄くお世話になったのだが、学生生活が忙しくなると年賀状を出すだけになってしまった。

 官能小説を書き始めて二見のマドンナでも書けることになったのだが、なんだか気恥ずかしくて同じ社なのに挨拶に行かなかった。

 こういうところがおれのダメなところで、気恥ずかしさが先に立ってしまって、礼を失するというか付き合いを消してしまうところがある。師匠・市川崑さんにしても、大人ならば折々に挨拶に行ったりするのが礼儀であるはずなのに、なんとなくフェードアウトしたままで、「元弟子」と言うにはおこがましい不始末ぶりだ。

 なので、今度こそ、きちんとしようと誓った。とりあえず、手紙を書こう。

 祥伝社M氏がゲラを印刷所に入れるまでは自宅で待機している方がいいと思って部屋にいたが、腹が減ってきたので、ちょっと外出。

 マルイのフードコートで長崎チャンポンでも食べようと思ったら、新しい店が出来ていて、ついつい「炒飯と餃子のセット」を食べてしまった。味はまあまあ。

 漬け物などを買って帰宅。

 M氏からは問い合わせなどはなかったので、特に問題もなかったのだろう。オセオセで時間もないので、再校は問題のあるページだけPDFにして送って貰うことにした。それで大丈夫だと思うが……。

 ちょっと昼寝。

 「5時に夢中!」を見る。STAP細胞の件でマツコがいいことを言った。

「科学の事判んないんだけどさ、そんなに急いで白黒付けなきゃいけないことなの?重大な大発見なんだったら検証とかに時間がかかるじゃないの?今はもう小保方さんがクロなのを前提にすべてが進んでるじゃん。これっておかしくないの?」

 まさに、卓見。こういう事を言うから、多少のワガママがあってもマツコは凄いと思うのだ。

 しかしおれが一番続報を知りたいのは、ベビーシッターが預かった子供を殺してしまったんじゃないかという事件について。

 ベビーシッターに何の規制も無いと言うことを初めて知ったし、ネットで「マッチング」してくれるサービスまであることを知った。

 マスコミの論調は「名前をも知らない相手に子供を預けるのか!」という母親を責めたい気持ち満々な感じでもあるが、母親にだっていろいろと事情があるだろう。それにこの母親は、返して貰う日になっても連絡が無いのですぐに警察に行ったのだ。無責任な母親だとは思えない。

 警察の動きも速くて、素速く20代のベビーシッターを割り出し、行動を追い、埼玉県の居所を突き止めて捜査員が部屋に入った。

 この件、続報を知りたい!

 夜は、相方を誘ってルミネで食事。チキンソテーなど。グラスビールを飲む。

 おれはまったくやらないが、相方はツイッターを再開していて、ある人物の書き込みが誤報に基づくものだと教えてあげたら逆ギレされて名誉毀損だなんだと騒がれていると。

 おれは、ツイッターを廃止した。

 自分の性分として、のどかなことばかり書いているのはかったるいから、あれこれ自分の意見も書く、すると戦闘的なヤツが飛んできて攻撃してくる。おれはそういうのをスルー出来ないのでやり返す……。こういう消耗戦が続くのはまったくのナンセンスだと思ったのだ。エネルギーを使うだけでまったく得るところもない。

 再開する気はまったくない。

 このブログと、今や「レガシイ」なメディアになってしまったらしいミクシィで限られた人(おれが信用出来る人)だけにツイッターもどきな雑事を書くだけで充分だし、ケンカしたければ2ちゃんねるでやる。ここは日が変わればIDも変わるので、ケンカが長引くこともない。ま、ケンカと行ってもたわいない事でしかやらないし、おれが間違っていたら素直に謝ることにしているから面倒な事にはならない。

 ツイッターは相手を折伏してやろうというヤツやただ単にケンカしたいヤツが多い、と思っている。そんなところでやりあっても消耗するだけ。最近は特にバッテリーの容量が減っていることを自覚しているので、限られたリソースは仕事に向けたい。

 だからツイッターはやらない。そう決めたら興味も起きない。

 しかし相方は、異なった意見を持つ相手と判りあいたい気持ちを持っているし、ブログなどでは流れてこないディープな情報を知ることも出来ると。

 その目的意識は尊いとは思うけど、ツイッターにはキチガイみたいなのやバカがウジャウジャいるし、時間を持て余した妙なヤツに粘着されると、キリがないわけで……。

 フェイスブックも似たようなものらしい。こっちはペンネームと本名でアカウントだけは持っているが、ちょっと本格的に活用しようかなと思ったりしているのだが……。

 22時になったので会計して店を出るが、請求額より少ないお金を出したのに何故かお釣りが来た。デザートを追加注文したので、この分の扱いで妙な事になったのだろう。260円分払い足りなかったので正直に払う。

 帰宅して風呂に入り、ニュースを見る。例のベビーシッターは「死体遺棄で逮捕の方向」らしい。なんだかモヤモヤ。

 モヤモヤと言えば、マレーシア航空機。

 レーダーにかからないほどの低空飛行していたのなら、住民が見ていたはず。「物凄い低空を旅客機が飛んでいたぞ!」という目撃情報は寄せられていないのか?あの辺の住民はそういうことにはまるで無関心なのか?

 「ストライクTV」は爆笑問題の田中の欠点をあげつらう特集。温厚な常識人として太田と対照的だと思っていた田中も、相当な変人だったのね。

 で、0時過ぎ就寝。

 明日は仕事しよう!

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2391kcal

本日の消費カロリー:日常生活+265kcal/6509歩+36kcal(自転車)

2014年3月16日 (日曜日)

一日中ゲラ。途中「きらクラ!」と「軍師官兵衛」と「NHKスペシャル」

 8時前起床。

 晴れ。

 もう起きたと相方に連絡すると、ゲラを取りに来ていいよとの返事。支度をして出発。

 8時30分過ぎに相方と落ち合って、ゲラを受け取る。

 おれはそのまま、ココスの朝食バイキングへ。以前は何度か利用してみたことがあるが、並んでいるモノがショボくてまるで魅力を感じなかった。それからずいぶん間が開いたから、多少は変化してるかな?と。

 結果は、相変わらずだった。500円なら行ってもいいけどという内容。まあ、ビジホの朝食バイキングも外部の客だと1000円取るんだから、800円ならこんなモノかもしれないけどなあ……。

 コンビニで今日の食料を買い込んで、帰宅。

 昨日の日記を書いたり、くーたんにご飯を出したりと朝のモロモロを済ませて、ゲラ拝開始。

 全く関係ないが、現代でも「俳人」というのは職業として成立するんだろうか?プロの俳人。俳句で生計を立てているヒト。

 小林信彦の「唐獅子株式会社」に、

「僕はハイジンです」

「若いのに気の毒なことよのう」(廃人だと思った)

 というギャグがあった。

 で、ずっとゲラ拝。相方が先に見てくれているので、おれはその確認プラス、相方が保留にしている部分をやる。

 書く段階で架空のはずだった警察署の名前が、調べ直したら実在したので、すべて架空の「ありそうな名称の警察署」に書き換えたり、事件の現場の所在地を変更したり。

 12時過ぎからNHK-FMを聞く。「松尾堂」のゲストが書斎の本を出している方なのに刺激されて、アマゾンで書斎の本を数冊注文。おれの書斎というか仕事コーナーはもう完成してしまったが、他の先生方はどんな環境で仕事しているのか、その興味で。

 いっとき、金回りがいい時に、広いマンションに越して広い仕事部屋を持って、巨大なデスクを据えたのだが、あんまりよくなかった。同じ事をかのスティーブン・キングも書いている。

 仕事をする部屋は、狭い方がいい。その方が集中出来る。今はリビングの一隅が仕事場というか、リビングが仕事場の兼用。

 独立した仕事部屋にすると、そこに住み込むか寄りつかなくなるかのどっちかでは無いかと思うので、おれには現状が一番しっくりくる。

 続いて「きらクラ!」。ふかわりょうが「しっくりくる」という言葉に拘っていた。言われてみればこの「しっくりくる」という表現は実に不思議だ。「しっくり」って、ナニ?

 ふかわりょうの名前を「不可は良」と読んだ投稿に遠藤真理が笑い転げていた。

 カップヌードル・ミニとおにぎりを食いながら聞く。

 ゲラ、上手く行けば夕方には終わって、翌日10時に届くスピード便で出せるんじゃ無いかと思ったが、やっぱりそうもいかず。もしくは夜には上がって夕食を外で食えるんじゃないかと思ったが、それもそうもいかず。

 昨日、北千住駅コンコースで売っていた、懐かしの「オリエンタル・マースカレー」のレトルトを温めて食う。

 ハヤシもあるでヨ!で一世を風靡して、あの頃はマースカレーばかり食ってたんだけどなあ。東京じゃほとんど売ってないしなあ。ハウスとグリコが強すぎる。

 カレーだけじゃ足りなかったので、小茶碗にご飯。明太子のっけ。美味い。

 

 食後休憩で「軍師官兵衛」を見る。この大河、面白いけどなあ。視聴率が悪いらしいが、面白いんだけどなあ。

 最近の大河は、篤姫みたいな少女マンガチックなモノしか受けないのだろうか?でもそれじゃ「大河」じゃなくなるよなあ。

 今回は、激怒した信長がどうして秀吉を許したのか、何となく判るけどよく判らない。信長と秀吉の関係って、談志と快楽亭の師弟関係みたいに見えるんだけど……。

 続いてNHKスペシャルの「メルトダウン4」も見る。思えば東電は、メルトダウンの事実をえんえんと認めなかったよなあ。2号機が水素爆発しなかったのは、ずぶずぶと漏れ続けたからってこと?

 想定外のところから炉心の水蒸気が漏れていたと。福島第一原発の事故は想定外のことばかり。

 原発の事故って、想定外の事が起きるから事故になるんだろう。ということは、この事故のきちんとした検証が終わっていないのに再稼働すると、また別の「想定外」な原因で事故を起こすんだろう。

 その要因が自然災害であっても、原発は絶対に事故を起こしては行けない存在なのだ。だから今まで、「安全神話」を作り上げて、「原発は事故を起こさない」ことにするしかなかった。そうしないと建設出来なかったんだから。

 だが、事故を起こすと未曾有の大災害になるようなものを、こんな自然災害が多くて、しかも狭い日本に作っていいのか?

 いいわけがない。外国ならいいかもしれないが、日本には絶対に向かない。ゆえに、日本では原発を稼働してはならない。

 そう思う。これは自然な帰結だ。

 少し譲歩しても、福島第一と同じタイプの初期の原発は構造的にも問題が多いのだから、絶対に稼働して欲しくない。

 原発事故で、人類史上初めて、地球上から消えてしまう最初の国に日本がなるのは、絶対に阻止しなければ。

 まあ、おれなんかはもう先が見えてるが、若い世代が気の毒だ。

 だけど、若い連中ほど「反反原発」が多いらしい。反原発のムーブメントに反感があるらしいのだが……若い連中は自分の上の世代に反撥するのは「本能」みたいなモノだとは思うが、味噌もクソも一緒にして反撥するのはバカの所業だとしか思えない。

 自分の首を締めて自分の将来に幕を下ろすものを支持するって、どういう了見なのかまるで理解出来ない。若い連中って、バカなの?彼らこそ、反原発派を揶揄するのに使う「放射脳」になっていて、マトモな思考が出来なくなってるんじゃないの?

 見終わってグッタリ。

 このまま寝てしまいたい誘惑に駆られるが、いかんいかんとコーヒーを飲んで仕事再開。

 書き足しというか差し替え部分を2箇所やったら頭が冴えてきたので、その勢いで頭から再確認し、各章副題をまとめ、参考文献リストも作り直してプリントし、午前2時、終了。

 再校もあるが、脱稿。

 疲れた。

 寝る。

今朝の体重:90.50キロ

本日の摂取カロリー:2729kcal

本日の消費カロリー:日常生活+72kcal(自転車)

« 2014年3月9日 - 2014年3月15日 | トップページ | 2014年3月23日 - 2014年3月29日 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト