« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年4月27日 - 2014年5月3日 »

2014年4月20日 - 2014年4月26日

2014年4月26日 (土曜日)

なんとか回復して仕事

 8時ごろ起床。

 晴れ。

 さわやかな目覚め。肝臓はなんとか回復したようだ。よかった~。しかし日本酒は飲み慣れていないせいか、ダメージがきつかった。まあ、同じ量のウィスキーを飲んでも同じ事になったかも。なんせ普段はビールくらいしか飲まないからなあ。

 洗濯して干しに行ったら、おれの物干し竿には誰かの布団が堂々と干されていた。

 躊躇なく、退ける。他の空いている物干し竿にきちんとかけてあげる。こうやって相手が判るまで無言のアピールを続けよう。管理会社にもそう言ってあるし。

 思い立って、仕舞ってあった夏布団を出して、干す。今夜から冬布団を終了して夏布団にしよう。

 で、冬布団をクリーニングに出す。その申し込みをする。

 いつも使っている岩手の布団丸洗い会社は、とてもいい仕事をしてくれるので気に入っている。クリーニングから戻ってきた布団はとてもいい香りがしてフカフカで、気持ちがいいのだ。しかし、料金がかなり値上がりしてしまった。いつも晩秋まで保管して貰うのだが、以前はただだった保管料が、今は1000円かかる。まあ、押し入れが狭いから、保管してくれると助かるし、7ヵ月も保管してくれて1000円は安いと思うべきだろうなあ。

 トースト2枚とコーヒーで朝食。

 午前中は、「黒い報告書」を書き直す。ダメを出された原稿の登場人物に、おれはなんだか感情移入してしまって、書き直して人物像を変えてしまったことが、なんだかその人物を殺してしまった感じがして、妙に悲しかった。こういう気分になることは殆どないんだけど……。

 しかし、長編書き下ろしの場合は、かなり自分の意見を主張するけれど、雑誌の仕事では編集者の方針が第一なので、OKが出るまで何度でも書き直す。求めるものを明確に持っているのは他の誰でもない、担当編集者なのだし、それが書けると思って我々に発注してくれたわけだから。

 

 ダメ人間って、周囲にいると腹立たしいし、なんとか出来ないのかと説教したくもなるが、心の奥底では「自分も墜ちてしまうかもしれない、なにかの拍子にやる気を無くしたり歯車が狂ってしまうかもしれない」という恐怖があるのだろう、シンパシーを感じてしまうのだ。だからと言って犯罪を犯す者を許す気にはならない(事件によっては同情はする)が。

 この件は、機会があれば、何か違う形で書き直そうかと思う。

 午後を過ぎて直し終えたので、相方に送る。

 餃子が食いたくなったので、千住大橋の「ポルテポンタ」に出かける。土曜日だからめちゃくちゃ混んでいるかもしれないが、ディズニーランドみたいに、いや、エッグスンシングスみたいに席に着くまで1時間なんて事はないだろう。

 空き地を利用した臨時駐輪場は満杯。凄いね~。

 自転車で行ける距離にこういうショッピングセンターができるのは、何だか妙な気分。今までは電車で行ってたからなあ。まあ、南千住にもあるし、北千住のルミネやマルイもあるんだけど、郊外型SCというのはなんだか、ワクワクしますな。

 これで駅ソバの今までの商店街はほぼ壊滅状態になってしまったんだけど……でも、残った店も、もっと考えれば、一体化した商売が出来ると思うし、京成もそう考えて欲しいねえ。シャッター商店街になったまま放置する気じゃないだろうし。

 で、「餃子の王将」の前には行列が出来ていたが、10分ほど待って入れた。

 「黄金炒飯の餃子セット」を頼む。普通の炒飯とどう違うのかよく判らないけど。餃子が6つにトリカラが2つ。カロリーは合わせて1000kcalを越える!

 食べ終わって、SCの中をぶらぶら。ヤマダ電機に入って、シャワートイレを見ると、物凄く格安のものがあった。東芝の14000円!工事費を聞いたら6000円だって。その値段だったら付けられる。

 買います買いますと工事日の段取りを決めかけたが……。

 ウチは賃貸。シャワートイレにしていいかどうか管理人に確認しなければ。以前聞いた時は「いいですよ」と言われたのだが、その後管理人が交代したし管理会社の方針も変わったかもしれない。退去の時に原状回復をすればいいんだろうが……。

 管理会社に確認しますと言って、帰ってくる。この値段は5月2日まで有効だ。

 で、帰宅する間にあれこれ考えて、シャワートイレにするのは止めた。あれば便利だけどなくて困るものでもない。どうしてもお尻を洗いたければ風呂場でシャワーを使えばいいじゃないの。

 とは言え、今のご時世だから、ハンディタイプの簡易型とかあるに違いない。そう思ってネットで調べてみたら……。

312sygvuw8l_sl500_aa300__2

 ありました。シャワートイレの総本家・TOTOとパナソニックの製品が。比べてみると、パナの方は水タンクに普通のペットボトルも使える。こっちの方が使い方に選択肢が増える。値段も同じだし。

 ということで、電池式の「携帯用おしり洗浄器」(そのまんまの名称やなあ)を5000円チョイで購入。この値段なら、仮に失敗しても諦めも付く。

 で。

 光文社新作に戻る。

 が、新たに登場する人物のイメージがまだ固まりきっていないので、資料映像を見る。

 DVDを2枚。

 見ているうちに午後の風が気持ちよくて、つい、ウトウト。

 その都度元に戻して見直す。

 夕食用にご飯を炊く。

 炊きあがるまで、少しでも仕事を進めようとMacに向かうが……。

 何やら胸騒ぎ。

 今日は土曜日。そろそろテレ東の「土曜スペシャル」で、例の「ローカル路線バスの旅」をやるんじゃないか?

 と思ってテレビをつけたら、やってました!

 今回は、山口から高知の室戸岬まで。しまなみ海道を経由する。おれが見たのは、しまなみ海道に入ったところから。

 この番組のルールは、ローカル路線バスにしか乗れないこと。走ってなければ歩くしかない。

 で、しまなみ海道には高速バスは走っているけど、路線バスで橋を渡れない(高速道路を走る扱いになってしまうため)。バスが使えるのは島内のみ。

 なかなか過酷。1日30キロ近くも歩く羽目になって、今回のマドンナ・宮地真緒は「限界って絶対に言いたくなかったんですけど……限界です」と泣いちゃったよ。おれも見ていて貰い泣き。

 蛭子さんは意外にタフ。

 四国に入ってからは意外にバスの接続がよくて、最終日のお昼過ぎに、余裕で室戸岬到達!

 いやあ、よかったねえ!この番組の大ファンとして、嬉しい。

 以前から、しまなみ海道は行ってみたいと思っているので、改めて調べる。

 自転車で走破したいけど、かなりの高低差があってなかなかハード。それに最近は、傍若無人なサイクリストが多くなって、島民に嫌われていると。そりゃそうだろうねえ、我が物顔でぶっ飛ばす余所者なんか迷惑だし危険だし、お金も落とさないんだから、厄介者でしかない。

 電動自転車は乗り捨て出来ない、となると、バスかレンタカー。しかしバスは番組で見た通り、高速バスが走り抜けるだけで、途中下車してぶらぶら出来ない。

 

 しかし、瀬戸内海は美しい。

 穏やかで美しい海を眺めながら長逗留したい気分になるなあ。

 以前行った、瀬戸大橋(しまなみ海道ではない、児島・坂出ルート)を日没時に電車で渡った時に見た、水墨画のような見事な風景をまた見たいけど、ああいう条件はなかなか揃わないだろうから、もう一度というのは無理だろうな……。

 しまなみ海道をのんびり移動して、何泊かする旅をするなら、レンタカーか自転車を使うしかないのね。しかしレンタカーも広島で借りて愛媛で返すと乗り捨て料金が凄いことになる。だったら岡山で借りて瀬戸内海を一周するようにぐるっと回って岡山で返す、というのが一番か。

 まあしかし、この番組はいいなあ。年数回しかやらないというのがいい。それぞれ2時間以上ある番組だけど、全部見てコンプリートしたいなあ!この番組は、3人と一緒に旅しているような気分にさせてくれるのがいいのよね。おれはもうファンというよりこのシリーズを愛しているのだ。

 見ながらメシを食う。炊きたてご飯で玉子かけご飯。お代わりで磯海苔。またお代わりしてちりめん山椒や肉味噌で。全部小さなお茶碗で。

 「アド街ック天国」は春日部なので、見る。

 「情報7デイズ・ニュースキャスター」も見る。今回の日米首脳会談、「スシ外交」は外国のメディアは殆ど黙殺と報じられていたが、この番組では世界中のマスコミがこぞって報じたように扱っていたし、TPP交渉も「ほとんど合意していた」と報じていたが、ほんと?この番組以外は交渉についてはどこも悲観的な報道ばかりなんだけど。

 それに、この番組は「バラク・シンゾウ」とファーストネームで呼び合う関係になったかのように報じたが、これも他のマスコミでは「アベ首相はバラクと何度も呼びかけたがオバマ大統領は1回だけ声も小さくシンゾウと言っただけ。それを察したアベ首相は、大統領と呼ぶようになった」ということになっているが。

 どうもこの番組、偏向してるな。しかも、あからさまに。

 ジュースを買いに出て、郵便受けを見ると、郵便物が。

 新潮文庫「黒い報告書 エクスタシー」の見本だった。安達のもの(「『裏掲示板』で同好の士を募った『肉の饗宴』」)も収録されているので、是非ご一読を。

Photo


 ネットでいろいろと調べ物をしているウチに、仕事のスイッチが入ったので、書き進める。

 2時近くになったので、中断して就寝。

 お日様に干した布団は、とてもいい香りがするなあ。だから天日干しは止められないんだよなあ。


 が……。

 物凄く暑くて、布団を被るどころか、布団を蹴飛ばしても暑い。仕方がないので窓を開けて換気扇を回す。と、部屋が冷えてきて、ようやく寝付けた。気候の変化が激しいなあ。

 

今朝の体重:91.25キロ

本日の摂取カロリー:2720kcal(餃子の王将が~!)

本日の消費カロリー:日常生活+69kcal/1716歩+43kcal(自転車)

2014年4月25日 (金曜日)

肝臓イカれて、へろへろな1日

 7時過ぎにぱっちりと目が覚めた。

 爆睡して気分爽快!かと思ったら、起きたばかりなのに、どんより。こういうふうに目が覚めると二度寝出来ない体質なので、眠いくせに眠れない。

 いや、今日は眠れたかもしれないけど。

 頭痛はなく吐き気もないので、二日酔いではないと思うが、どんよりぼんやりで強い倦怠感。

 これは間違いなく、肝臓だな。

 しかし外は春爛漫の快晴。とても快適。

 これじゃあ頭は働かない。

 朝のモロモロを済ませて、ツキイチの病院へ行く。

 その途中にあるマクドナルドでモーニングを食べる。二度目。今回はゆっくり食べたので、美味しい。

 その後、病院へ。

 薬を出して貰って、帰宅。

 何か食べた直後は元気になるが、消化が進むとどんより感が戻る。

 TPP交渉は非常に難しいようだ。下手に妥協すると日本国内の農畜産業が壊滅、とはいかないまでも、深刻な打撃を被るのは必至だろうし、食料安全保障の観点からも、アメリカに食料を頼ってしまうと、文字通り生殺与奪の権をアメリカに渡してしまうことになるし、アメリカが不作になった時、日本も飢えるわけで。

 それに、自動車の排気ガス規制をアメリカの基準にしろとか言ってきてると。ここはヨーロッパと組んで、アメリカの緩い規制は絶対に飲まないで欲しい。かつてアメリカは、世界で一番厳しい排ガス基準「マスキー法」を制定して、全世界のメーカーがアメリカに基準を合わせたことがあるのに。

 保険とかについても、アメリカが商売しやすいように国内基準を変えろと言ってくるのが本当になってきた感じがある。

 国内でしか通じない論理で反論せず、ヨーロッパを巻き込んだ、「グローバル」な論理で、なんとか折り合いを付けて欲しい。

 この交渉に失敗したら政権は危なくなるのが判っているからアベさんも必死なのはよく判るけど。

 昨日録画した「続・最後から二番目の恋」を見る。ニースとか余計なものがない分スッキリして面白かった。しかし、鎌倉はいいなあ。

 相方から電話が入り、ランチ。北千住飲み屋街でランチしたいとの希望だが、ランチをやってる店が少ない上に、14時で終了する店ばかり。

 結局、14時過ぎに、以前から何度も入っている「あさり食堂」へ。煮込みハンバーグとコロッケのランチを食べる。

 眠い。しんどい。

 でも、天気がいいので、相方に付いて千住の外れにある中央図書館へ。

 相方は国会図書館所蔵の論文を借り出そうとしている。その間おれは資料を探すが、めぼしいものはない。それでも幾つかを借り出し、幾つかを予約する。

 最上階のレストランでジュースを飲んで、解散。

 帰宅。

 もうダレダレ。

 「5時に夢中!」を見るが、寝てしまった。

 今日はきっちり寝た方がよかったのかも。

 夜になって、磯のりをご飯にまぶしたものと、インスタント味噌汁、漬け物という肝臓に優しいんじゃないかと思われるものを食べる。

 週刊新潮N氏からメールで、渡しておいた「黒い報告書」の原稿に再度のダメが出た。もう一回書き直しにチャレンジするが、それでもダメだったら、素材選びが間違ったのだろうからボツにしよう。

 その旨、相方に連絡する。

 その後、参考として「亡国のイージス」を見る。恥ずかしながら、今まできちんと見ていなかった。

 今書いている作品の参考にはならなかった(描いているものがまったく違うので当然だけど)が、よく作ったなあ!と素直に感嘆。この内容でよくまあ自衛隊が全面協力したものだと思う。調べれば、当時の防衛庁長官(まだ「省」になっていなかった)の石破サンが原作の愛読者で、撮影協力を指示したらしい。

 実物ロケの威力もさることながら、精緻に再現したセットが見事。この手のセットは今までチャチになりがちだったが、この映画はイージス艦が主役だから、セットがチャチだと台無しだもんね。メインのセットは日活?東宝?

 「ダイハード」的で、ブルース・ウィリスの役回りを真田広之がやるわけだが、この映画には一片のユーモアもない。原作はハリウッド映画調のユーモアが盛り込まれているらしい。かなり硬派な脚色なのだろう。事件の展開を追うだけで時間を食ってしまうから、この脚色は仕方がないのかもしれない。

 セットと並んで、キャストが物凄く豪華。必要な顔がすべて揃っている感じ。

 こういうラインのものが映画でも小説でも大好きなんだけど、硬派な態度で作ると、けっこうキツいと言うこともよく判った。

 夜も更けてくると、元気が回復してきた感じ。時間が必要だったのね。

 その後、「死神くん」を見る。これ、面白い!大野智がいいねえ!「大野は人間ではない役が似合う」とどこかに書かれていたが、ほんとにそうかも。

 その後、「タモリ倶楽部」。サイゼリアのキッズメニューの「間違い探し」に挑戦。

 その後、ゴミ出ししたりして、1時過ぎに就寝。

今朝の体重:91.75キロ(おおお!)

本日の摂取カロリー:1915kcal

本日の消費カロリー:128kcal/3174歩+180kcal(自転車)

2014年4月24日 (木曜日)

仕事して気学教室行って日本酒飲んでベロンベロン

 8時過ぎ起床。

 晴れ。

 洗濯をして干しに行ったら、昨日心配していた通り、他所の人がおれの物干し竿を使っていた。

 迷うことなく他所に移して、おれは自分の物干し竿に干す。

 他人が設置した物干し竿を勝手に使うってのは、いったいどういう了見なのかね?

 なんだかんだで午前中は雑用に費やす。

 ブランチは、トースト2枚にゆで玉子、ハムにマヨネーズ、牛乳。

 戴いた手紙に、返礼を書く。長文はキーボードを使わないと書けなくなっているのだが、返礼だから、たまにはペンを使って書こう。丁寧に書いていると、何を書きたいのか忘れてしまったりするので、結局、いつもの下手な字になってしまった。

 で、仕事を開始する。

 脇役のダメ刑事を書いていると、これが書くうちに異彩を放ってきて、どんどん動き出した。こりゃいけるぞ!

 今回はハナからイメージキャストを想定して、「アテ書き」みたいなことをしている。このダメ刑事、最初は六角精治のイメージだったのだが、佐藤二朗のほうがお似合いだろうと思い直して書いていると、あの声、あの顔が頭に浮かんで、かなり勝手に動き始めた。それに釣られて、まだ充分なイメージができていなかった準主役も動き出した。この分だと、勉強しつつでも第1章は今月中に書き終わるだろう。

 いいぞいいぞ。

 午後、冷凍うどんを食う。天かすを入れて関東で言うタヌキに。それに磯のりをパラパラと。これが美味い。

 出かけるまで仕事。

 どんどんノッて来て、中断するのが惜しい。

 しかし、時間が来たので、外出。今日は月1の「気学教室」。

 駅で相方と待ち合わせて、半蔵門線で水天宮前へ。

 みんながおやつを買ってきて、それがどれも甘味。芦川さんが買ってきてくれた大塚の名店の小さなモナカが抑えた甘さで美味しかったし、みーやさんのラスクも美味かった。おれが買った人形焼きの重盛で売っていた「ジャムサンド」もなんだか懐かしい味。

 教室は、前回までの復習が中心。で、門外不出の秘術のサワリも教わったが、まるで理解出来なかった。

 教室終了後、前回行ってノックアウトされた日本酒の名店へ。

 前回の驚愕よ再び!

 と思ったのだが、あの衝撃の再現はなかった。不思議だなあ。いろんなコンディションが関係するのだろうか?それとも、一度体験してしまうと駄目なのだろうか?

 それでも、「聖」は美味しかったし「三百年の掟破り」は原酒じゃない方がきりりとして美味しかった。やっぱり日本酒はキリッとした方が美味しいのか?まあおれはキリッとした方が美味しかった。

 

 他にもいろいろと飲み食い。食べれば食べるほど腹が減ってきたのには参った。

 で、日本酒が美味しくて、しかも口当たりが抜群で、クイクイ行けるので、ついつい飲んでしまって、べろべろになってしまった。それでもまあ、記憶を失うまでは行かなかったので、他の人たちの狼籍はきっちり覚えてまっせ!

 歩くのに苦心するほど。ここまで酔ったのはいつ以来だろう?

 酔って苦しくなるのが嫌なので、ほどほどにしているのだが、美味しさに負けてしまった。しかし、酔って苦しいと言うほどでもない。

 きちんと電車に乗って、駅からはきちんと自転車に乗って、無事帰宅。

 しかし、ソファにへたばってしまった。くーたんのご飯を用意ができない。

 「アメトーク」をボンヤリ眺めて、その後の番組も見て、ようやく立ち上がって、くーたんのご飯を出す。

 で、遊んでやるのはナシ。くーたんは足音高くドタドタと走り回って不満を表現していたが、おれはもうダメ。

 1時過ぎにベッドに入るが、暑苦しくて布団を跳ね飛ばしたりして、かなり寝相悪く、寝る。

 学生時代から海上自衛隊の映画を撮り続けて、プロになっても撮り続けて、その分野ではイッパシになっている夢を見た。しかしその分犠牲も払って、「これでよかったのだろうか」という内容。う~ん。気持ちよく酔っ払ったのに、どうしてこんな夢を見たんだろう?

今朝の体重:90.20キロ

本日の摂取カロリー:2515kcal

本日の消費カロリー:日常生活+102kcal/2652歩+57kcal(自転車)

2014年4月23日 (水曜日)

仕事して、テニス

 7時過ぎ起床。

 なんとか朝型というか早朝型に戻したい。夜明け前に起床して、午前中にがーっと仕事して、午後は資料読んだりゲラやったり(そんなに常にゲラはないけど)新作の構想を練ったり、というパターンが理想なんだけど、なかなか実現出来ないまま。というか、このパターンだと毎日コンスタントに20枚とか書ければ実現可能だけど、実際は無理だもんね。で、午後も夜もなんとか書き進もうと頑張ってしまう……。

 夜の方が進んだりするし。

 晴れ。

 生活は完全に夏パターンになった。洗濯物に長袖がなくなったので、まとめ洗い出来るから、洗濯の回数が激減。と、なると、屋上の物干しが空いているから誰かに使われている公算が高くなるんだよなあ。

 物干し場の占有は管理人としては認めないと言われてしまったから文句は言えないけど、自分が干しに行ったら他人に使われていると気分が悪いしこっちが困る。この物干し竿はおれが買っておれがメンテしてるんだからね。

 凄くいい場所にあるから、空いてればつい使いたくなる気持ちも判るんだけどね。

 寝ている間に、iPhoneが異常にバッテリーを消費していて、ほとんど死んでいた。

 驚いて充電しても、しばらくは生き返らなかったので焦る。

 しかし、充電が効いてくると生き返ったので、ホッとした。

 原因は、iOSがバージョンアップされたのを自動で受信して、ずーっとインストール待ちの状態で待機していたから、らしい。

 資料はだいたい揃ったので、未読のものをチェック。まだまだ暗中模索状態。

 ブランチは、ご飯、目玉焼き、ちりめんじゃこ、磯海苔。これをご飯にまぶして食べると、シート状の普通の海苔が食べられなくなる。磯の香りと海の塩気がまるで違うのよね。

 

 仕事。

 が、午後のぽかぽか陽気に包まれると、眠気に襲われて、ウトウト。

 こういう時は資料映像を見る方が時間の有効活用になるんだけど、少しでも先に進めたいという貧乏根性が出てしまって、結局虻蜂取らずになってしまうんだよなあ。

 午後、くーたんのご飯を買いにちょっと外出。

 歩いていると、自転車のチリンチリンに道を退かされた。

 耄碌したジジババかと思ったら、まだ若い20台後半〜30台前半の女だった。

 だいたい、チリンチリンで人を退かせるというのが無礼千万。危ないと思ったらブレーキをかけて減速するかハンドルを切ればいい。なのに先行する人を退かして自分は直進するというのは、なんたる無礼か。

 なので、できるだけチリンチリンは無視して退かないようにしているが、時にはつい、退いてしまう。そう言う時は実に悔しい。

 今後は絶対に退いてやらないぞ!


 帰宅してトースト1枚食べる。

 なんとか、仕事を進めるが、まだ自信がない分野の登場人物が存在感を発揮する場面になったので、筆が止まってしまう。とにかく書いちゃうべきなのよね。

 夕方、刑事ドラマの再放送をついつい見てしまう。テレビドラマも手を変え品を変え、いろいろ考えるよねえ。

 しかし驚くのは東映が作るテレビドラマのクオリティが驚異的に向上したこと。「相棒」が出現する以前は、かなり荒っぽくて絵作りも雑だし、勢いだけで突っ走ってなんとか見せてしまう東映カラーというものを感じたが、今はまったく違う。逆に他社が作るものの方が雑だし「作り物だと割り切ったウソが見えてしまう」感じ。セットが上質になり、撮影が丁寧になったので画面の中の雰囲気が落ち着き、それが中身の質の向上を呼んだのか?それともその逆?

 2時間ドラマは見ないから判らないが、連続ものの刑事ドラマにおける東映作品は、素晴らしい。

 ということで、ついつい見入ってしまうのよね。

 「5時に夢中!」、中村うさぎの顔がむくんでいる時は薬が効いていてろれつが怪しい。しかし言うことはキツい。

 見ていると、くーたんがやって来て、おれの足を枕にしてゴロゴロ言いながら寝てしまった。

 もう、こうなると可愛くて動けなくなるし、番組も面白い。

 ずっと見ていたかったが、時間。支度をしてテニスへ。

 今日の出来映えは、後衛の時、飛んできた弾がアウトになるだろうと「華麗に見送った」ら、ギリギリでインだった、という事が立て続けに起きて、爆笑。まあウケたからいいか。いや、そんな問題じゃない。コーチから「立ち位置の問題である」と指摘を受けてナルホドと納得。もっと深い位置で守っていればボールのコースがよく見えると。

 風呂に入って、夕食をどうするか考える。

 散々迷って、結局、喜多方ラーメン坂内小坊師に行って、「炙り焼き豚ご飯セット」(ハーフ炙り焼き豚ご飯に喜多方ラーメン、味付けゆで玉子)に餃子を頼む。割引券があったので、ついついこの店で最高カロリーのものを選んでしまった。

 満腹して、帰宅。

 くーたんのご飯を用意して、「報道ステーション」を見る。オバマが国賓として来日。寿司で非公式の夕食会。

 ま、なんだかんだ言っても、日本は米英と協調していると上手く行くのは明治以降の歴史が証明しているから。

 だけど、鳩山政権の時よりアベの方がずっと「アメリカ離れ外交」を推し進めていたよなあ。あれほどオバマよりプーチンと仲よくした政権はこれまでなかったんだし。でも産経も読売も騒がない。

 二度の政権交代を経て、マスコミが如何に自民党べったり&自民党に弱いのかよく判って(アカヒと揶揄される朝日だって同じ事)、おれのマスコミ不信は固まったし、政治に対してシラケた。だったらイギリスの新聞みたいに不偏不党なんてお題目を捨てて支持政党をハッキリ掲げればいいのに。まあ、産経は事実上ハッキリしてるけど。

 で、夜は資料映像を見ようと思っていたのだが、疲れてしまって、眠い。この状態じゃ資料映像を見ても頭に入らないだろう。

 ということで、「マツコ&有吉の怒り新党」を見る。

 おれは格闘技は好きじゃないので、特にプロレス系にはまるで興味がない。でも、今夜取り上げた神取忍のガチ勝負3本は凄かった。ここまでやるのか。流血の凄惨な試合に完全に引いている夏目三久に完全に女子プロレス・ファンのマツコが「これは普段の女子プロじゃないのよ。全然違うの」と言っていたが、ここまでやった神取忍と対戦相手には敬意を表したい。これ、両方に相当の覚悟がいるぞ。

 0時過ぎに就寝。

今朝の体重:90.60キロ

本日の摂取カロリー:2491kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+214kcal/5963歩+28kcal(自転車)

2014年4月22日 (火曜日)

光文社T氏と打ち合わせ

 8時過ぎ起床。まあ、6時間は寝た。

 晴れ。

 例によって朝のアレコレを済ませる。

 アサメシは、小茶碗のご飯に生卵、インスタント味噌汁。各種お漬け物。ご飯をお代わりして、磯海苔をまぜまぜ。美味い!

 昨日は原稿が快進撃(枚数はさほどでもないが、書き始めとしては多い8ページ)したのだが、今日は、朝から宅配便が続々届いて(アマゾンのユーズドでMOOKとか専門誌をバラバラに注文したので)、その読み込みに追われる。

 で、調べれば調べるほど判らないことが増えてきて、調べ物に没頭。

 どうも、いろいろな特殊事情というかなんというか、きちんと発表されていない(関係者には自明の理なことかもしれないが)事柄がいろいろあるのが判ってくる。

 そういうのを学ぶのに時間がかかる。しかし、これは前後関係で「きっとそういうことなんだろう」という理解なので、もしかすると、とんでもなく間違っている可能性もある。それが不安。

 昨日書いた分に加筆したりしながら、少し進む。

 買ったけど読めていない本もたくさんあって、焦る。特に、先行する似たテーマの小説は読んでおかないといけないのだが(似てしまわないようにしたい)、そこまで手が回らない。

 考えを整理する意味もあって、風呂。寝る前に風呂に入ると、髪の毛がモジャモジャになってしまって直らない。今夜は打ち合わせなので、多少はスッキリしたいし。

 なんだかんだであっという間に時間が経って、夕方。

 何はともあれ、「5時に夢中!」を見る。

 今日の岡本夏生はバリ島風の作り。北斗晶が「私は7のつく年に変化がある。57になったら何が起きるんだろう」と言って、真面目ムードになった瞬間、岡本夏生が「死んでるでしょうね」と言い放つ。いやもう凄すぎ。

 18時になって各局のニュースをザッピング。韓国のフェリー事故、過積載に船の増築、急な梶切りに未熟な操船、避難指示まるでナシ、救難体制の不備といった、日本では考えられない最悪の要因が重なったようだ。

 なかなか協力を求めてこないのは向こうの都合だから、日本としては仕方がない。

 で、19時になったので、資料やiPadを持って外出。今夜は光文社担当T氏と打ち合わせ。場所は最近の定番、北千住の「じとっこ組合」。

 ほどなく相方も来て、おれだけビールで二人はソフトドリンクで乾杯。先に渡してある章割りは概ねOK。

 で、お願いしてあった資料のコピーを戴いたり、調べて判った結果の変更を伝えたり。

 T氏は資料を探してくれたり集めてくれたり、先日の取材ツアーのお金を出してくれたりと、とてもこまめに面倒を見てくれる。

 それにつけ込んでと言うのではないのだが、なんとか専門家に考証を頼めないか、お願いをする。原稿チェックと言うよりも執筆中に2度ほど質疑させてもらえば有り難いんだけど。どうしても資料本やネットで得た知識だけでは細かなところが判らない。おんぶに抱っこをするつもりはないけど、「こういう理解で間違いないでしょうか?」という確認をしたい。

 三文小説家が個人で協力者を捜すより、光文社の名前があったほうが有利だろうと思うので。というか、我々にはこの方面の専門家のツテがまったく無いので。

 仕事の話を済ませて、あとは楽しく飲み食い。

 〆は「炊餃子」にラーメン。やっぱり美味い。

 19時30分から始めて、時計を見たら22時30分。3時間も飲み食いして話し込んで、解散。

 外は雨。

 帰宅して、くーたんにご飯を用意するが、急激に酔いが回ってきて、23時のニュースを見ていると気持ちよく寝てしまった。それをくーたんが不安そうに見ている。

 0時を過ぎて、ベッドへ。

 映画のシナリオを書き上げたのだが、ギャラの話がまったく出ないので「もしかして相手は払う気がないのか?」と恐れたところで目が覚めた。もちろん、これは悪夢だ。

 製作会社からのきちんとした依頼だと最初にギャラの話をして契約書を交わせるが、個人的にプロデューサーなり監督から「書いてよ」というところから始まると、ギャラの話ができないまま進行してしまう。相手のポケットマネーから出すのが判っているからカネの話がしにくいという最悪のパターンに陥る。

 いや、もしも仮に今、そういうハナシが来たら、最初に「で、ギャラは?」と確認して「企画が通って撮影開始出来たら(企画がボツったらノーギャラ)」と言われたら、「きちんとお金が貰えないのならこっちも生活があるから出来ないよ」とキッパリ断れるくらいに成長したが、昔はお金の話が出来なかったんだよね~。仕事の話がある事自体がチャンスだった、という側面もあるし、相手はそういうこっちの足元を見ていたし。

 映画の世界はこういうことが多いので、嫌いだ。出版業界だと、その出版社が倒産でもしない限り、約束通りの期日に約束通りの金額の印税なり原稿料が貰える。「今回は泣いてよ」「次で埋め合わせするから」みたいないい加減なことはない。その意味でも、小説で食えるようになってよかったと、しみじみ思う。

 映画は好きだし、映画の仕事も楽しいけれど、約束があってないようなもの、というドンブリ勘定があるのがイヤなのだ。少なくとも20年前はそうだった。今はどうなんだろう?

今朝の体重:90.30キロ

本日の摂取カロリー:1790kcal

本日の消費カロリー:日常生活+76kcal/1741歩

2014年4月21日 (月曜日)

執筆のスイッチ入って、夜は新ショッピングセンター見物

 8時前起床。

 雨。

 朝のモロモロをやって、朝飯。トースト2枚にゆで玉子、ミルクティ。

 光文社新作にかかる。

 昨日はあれこれ考えすぎてしまったが、なんとか進み出した。

 自分が経験したことがないことは、完全には判らないのは仕方がない。自分が経験したことだって、自分の目で見たことの範囲でしか理解していないわけで、例えば、映画の現場だって完全に知っているとは言えない。巨匠の予算たっぷりの贅沢な現場とド貧乏な自主映画モドキの両極端な現場を経験したけど……。東宝と東映じゃまるで流儀も違うだろうし、東京と京都では気質も違うだろう。

 だったら、開き直るしかない。勉強や取材は極力しなければならないのは当然だけど。

 午後、再び雨が降ってくる前に北千住東口まで行って、くーたんのキャットフードを買う。

 ついでに、魚料理を出す居酒屋のランチを食べる。釜揚げしらすと明太子ご飯。低カロリーでなかなか美味い。

 帰宅して、仕事再開。

 

 「5時に夢中!」を見る。この番組でマツコがイヤなのは、本番中にもかかわらず勝手に喋るところ。ふかわの進行を茶化すのはいいが、進行妨害するのはどうなの?

 とは言え、ふかわがさっさと進めてしまった話題を蒸し返して話を深めるところはさすがだと思う。まあそれだけマツコは強烈だと言うことだなあ。火曜も水曜も木曜も強烈で、この番組は今のテレビで最強の布陣を敷いてるんじゃないか?しかもほとんど放し飼い状態だし。

 マツコは隣の若林をアバズレと連呼するし。若林は味方から蜂の巣にされてボロボロだったのが面白かったが。

 18時のニュースを見て、相方と待ち合わせの、千住大橋にできたばかりのショッピングセンター「ポンテポルタ千住大橋」に行く。雨が降っているので、歩きで。

 相方は千住大橋の改札に既にいて、「ポンテポルタ」へ。どうせなら駅から濡れずに行けるようにアーケードとか屋根のある連絡通路を作ればいいのに。というか、京成の千住大橋の駅は大改造だな。この駅は昔から陰気で、どうもいけねえ。少しマシになったとは言え……。

A6eca95da574f1dfd0f4e93abeeab0a9052

 昨今は大型ショッピングセンターが大流行だが、ここはそうではない。5階建てだが店が入るのは3階まで。小ぶりだ。千住大橋という場所を考えれば、身の丈に合っているとも言える。でも、どうせならシネコンも作って欲しかったなあ。北千住にないのは映画館なのだ。名前だけの「芸術センター」もいつの間にか名画の上映を止めてしまったし。

 ぶらぶら見て歩いて、2階の大戸屋で夕食。おれはいつものチキンの柚胡椒焼き。これが最強だと信じている。実際、美味いし。

 食事しながら相方に、間違えて2冊買ってしまった参考資料を渡す。なかなかコンパクトにまとまったいい資料だ。

 設定を話していると、いっそうイメージ固まる。口に出してイメージを言葉にするのはとてもいいことだ。

 窓から見える千住大橋駅は高架なので、なんだか大都会みたいに見える。ここは千住の外れでずーっとショボイところだったのに。大きな工場が移転して、広大な跡地にマンションが建ち始めている。全部揃ったら、この地区も変わるだろう。北千住の東口も電機大が来て大きく変わったし、このくすんでいた千住大橋も、やっと明るくなるか?

 食後、ヤマダ電機を回ってみる。売り場の半分を占めているヤマダ電機に客はまばら。土日は混むんだろうけど。プリント用紙や生ディスクが充実しているし並べ方がゆったりしているのでマルイの中のノジマより買いやすそうだ。

 家電売り場を見ると、炊飯ジャーって高いのは10万円近いのがあるのね!驚き。業務用の巨大なものではなく、家庭用の5合炊きなのに。いろんな機能がついている分、高いんだろう。

 今使っているものも20年選手で、ど貧乏時代に安いのを探して買ったものなので、買い換えようかと思ったが……。別に問題なくご飯は炊けるし、しかも美味しいから、別に買い換える必要もないか。5合炊いて冷凍しておけば手間が減ると思ったけど、炊きたてを食べる機会がそれだけ減ってしまうわけだし……。

 スーパーのライフを見てみる。いつも行くダイエー系の「トポス」よりお総菜が豊富で、魚も安いぞ。オープンセールだから?カツオのタタキの量はトポスの倍あったし。

 距離を測ったら、ウチからは等距離。う~む。

 解散して、歩いて帰宅。

 普段なら眠くなってしまうところなのに、仕事のスイッチが再び入って、仕事再開。

 調べ物をかなり丹念にして、本文も書き進める。

 くーたんが遊べとうるさいほどアピールするので、猫じゃらしで遊ばせながら、仕事。

 気がついたら2時近く。

 風呂は省略。

 これ以上やったら、明日が使い物にならなくなるので、終了して、2時20分、就寝。

今朝の体重:90.95キロ

本日の摂取カロリー:1875kcal

本日の消費カロリー:日常生活+212kcal/5392歩+66kcal(自転車)

2014年4月20日 (日曜日)

新作、始動!しかし……

 8時ごろ起床。

 曇り。

 例によって、猫トイレを掃除してくーたんの朝ご飯を用意して、前日の日記を書く。

 ブランチは小さな茶碗にご飯1膳と目玉焼き、ちりめんじゃこにインスタント味噌汁。

 さあ、なんとかイメージもまとまってきたので、今日から書き出そうとするが……。

 新分野で自分の知らない(書いた事がないというべきか)世界が舞台なのだが、その世界の住人がどんな風に喋ってどんな風な立ち振る舞いをするのか、よく判らないのに書き出すのがヒジョーに不安になった。後から直すにしても、「何が判らないのか」判ってきたのだから、知る努力をすべき。

 日本人に成り済ましたスパイとか宇宙人なら、想像力を駆使して書ける。ヤクザや刑事なら、過去の豊富な小説や映画などの「二次資料」もあるし、ある種のステレオタイプに則れば、それっぽく書くことは出来る。しかし、実在しているがさほど身近ではない人たちを想像だけでは描けないし、不勉強なまま書くと「リアリティがない」と叱られるだろう。万全とはいかないだろうが、出来うる限り勉強をして、本当のことを踏まえた上でウソをつきたい。

 ということで、急遽、資料を漁って注文する。

 12時を過ぎて、NHK-FM「松尾堂」を聞く。今回のゲストはヤマザキ・マリと古典エッセイストの女性。面白くて聞いてしまうが、仕事にならないので、切る。なんせ14時から「きらクラ!」を聞くのだ。

 取りあえず、既知の知識だけで書ける部分から着手。それだって、映画のファーストカットなんだから、どこから入るか、大いに迷う。

 毎回思うのだが、島崎藤村の「夜明け前」の書き出しのような、直裁にして映像が浮かぶ書き出しが書ければ最高だろうなあ。

『木曽路はすべて山の中である』

 う~ん素晴らしい。川端康成の「雪国」と甲乙付けがたい書き出しだ。

 冒頭で物語の設定をずばっと書いてしまう「源氏物語」の書き出しもいい。

 こういう「書き出し問答」は小林信彦が「大統領の晩餐」の冒頭でやっていたなあ。古今東西の名作の書き出しを並べて、「むむ。できるではないか!」と感嘆する。まさにそんな気分。

 この後、小林信彦は、『凡庸な作家ほど、出だしに凝るものだそうである』と続けている。まさに、ギャフンな心境。

 拙作でいえば、「悪漢刑事」第1作の冒頭は、なかなかいい感じで始まっているのではないかと思う。フランス映画のフィルム・ノワールの1カットが頭に浮かんで、重く垂れ込める雲に人気の無い寒々とした港、というイメージが映像として浮かんだのよね。F.I.すると画面の半分が重くて暗い空でロングショットで岸壁に立つ二人の小さな人影。白黒のように色彩がないが、白黒ではない、寒々とした画面。アラン・ドロンの「サムライ」に出てきそうな画が浮かんだのだ。「サムライ」には港は出て来ないが。

 唸っていても進まないし、書き出せばイメージが広がってくるはず。その時に書き直せばいいや。

 と、書き出す。

 14時になって「きらクラ!」。

 この番組の影響だろうが、おれもフランセ(CDを買った)とかスクリャービンが好きになってきた。もともと好きだったフランス音楽も、もっと好きになった。ドビュッシーやラヴェル、最高!プーランク(ピアノ曲集のCDを買った)もいいぞ!

 冷凍ドライカレーをフライパンで炒めて、食う。多少香ばしさは増したけど、レンジで解凍したのとあんまり変わらなかった。

 16時に番組が終わり、夕食に食べるサラダを買いに出ようかと思ったが、急激に面倒くさくなって、止める。

 出だしの数行を書いて、その先が書けなくて、中断。

 メシにする。

 今夜はステーキ。USビーフ。おれは赤身派で、すき焼きやしゃぶしゃぶはともかく、ステーキは断固、赤身が美味いと信じている。

 付け合わせのポテトをオーブントースターで焼き、ミックスベジタブルをレンジで温め、肉を焼く。が、フライパンに油を入れすぎた。これじゃステーキじゃなくてソテーだ。

 裏返して弱火でじっくり焼く。火加減はうまくいった。魚を焼くのは苦手だが肉なら自信があるぞ。

 実際、美味い。

 野菜はお総菜で買ってあった「夏野菜のマリネ」。

 食べ終わって片付けていると、宅配便到着。お昼ごろに注文を出した資料本がもう届いた。こんなに早くなくてもいいのに。

 早速目を通す。

 19時のニュースを見て、「ダーウィンが来た」を見て、「軍師官兵衛」。

 1年間の監禁を経るまでの官兵衛は「軍略オタク」ではあったが実戦経験が少なくて読みが浅かったのね。

 播磨の田舎侍の右往左往は「仁義なき戦い」の小さな組の親分たちが転びまくるサマを見ているようで、けっこう面白いんだけどなあ。

 「NHKスペシャル」を見ていたら、途中で寝てしまった。この時間が眠さのピーク。

 ネットでニュースをチェック。産経新聞のサイトによると、沈没した韓国のフェリーは操舵に故障があって、修理申請の書類が発見されたと。修理されたのかどうかは不明だが、もし修理されていなかったとしたら、舵の故障があのような不自然な操船となって事故を起こした……のかもしれない。操舵手も、家事が来るくるーっと回ってしまった」と言っているそうだし……。

 悪い時に悪い事が重なるから、大惨事が起きるのだと改めて思う。

 風呂に入ってゴミ出しをして、くーたんをじゃらしながら資料本を読み、ネットで「その世界の専門用語」を検索し、だいたい、なんとなく判ってきたなあと思ったら、1時を回っていた。

 慌てて寝る。

今朝の体重:91.25キロ(センベイを食ったからだろう)

本日の摂取カロリー:1914kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年4月27日 - 2014年5月3日 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト