« 2014年5月4日 - 2014年5月10日 | トップページ | 2014年5月18日 - 2014年5月24日 »

2014年5月11日 - 2014年5月17日

2014年5月17日 (土曜日)

十柱戯(ボウリング)大会前に地獄を見た(*「木枯らし紋次郎」風に)

 8時過ぎ起床。

 晴れ。

 本日、夜は「第1回聖杯ボウリング大会」なので、それまで頑張って仕事をせねば。

 朝のモロモロもそこそこに、トーストにコーンフレーク、ゆで玉子にハム&マヨネーズのアサメシを食べて、仕事開始。

 順調に仕事を進める。

 

 が、好事魔多し。ちなみに英語では『カップを口に持っていく間にもうかつな失敗はたくさん生じる』とか『幸運は平手打ちに出くわす』と表現するらしい。

 MacOSXのアップデータが出たので、書きかけのファイルを保存して、アップデートする。いつものことだし、何の支障もなかった。

 再起動をかけてMacが立ち上がると、「iTunes」のアップデータも出ていた事が判明。これは再起動をかけなくてもいいので、仕事をしながらアップデートする。

 しかし、いつまでたっても終わらない。これは異常だ。これまでの経験では、アップデートの進行上、何かトラブったに違いない。

 ここで、何を考えたのか、書きかけのファイルを保存終了させないで、Macを強制終了させてしまった。いや、おれが愛用している「LightWayText」はファイルの自動保存機能があって、1分ごとに5つのバックアップファイルを生成するようにしてあるので、これまで何の問題も生じなかった。

 が。

 今回は、大変なことになってしまった。

 強制終了させて、電源を落とし、数秒経って電源を再投入。

 iTunesは正常にアップデートされていた。CDからリップした音楽データも、iTunesStoreで買った音楽データも消えていない。それでも一応、ディスクの検証やアクセス権の修復を施して、アップデート時の異常を確認・修復した。

 なのに。

 肝心の原稿データが飛んでしまった。

 最後に書いた数行なら仕方がない。

 しかし今回は、頭から完全に真っ白の、 88KBあったファイルが、ファイルだけは残っているが内容は2KBで、中身は完全に消えてしまった。

 しかしバックアップファイルがある。1つ前のものを見ると、これも真っ白。次のファイルを見ても真っ白……。

 どういうこと?バックアップまで真っ白なんて、これまでなかったことだぞ。元のファイルが全削除状態になって、それを1分おきに保存したから5つのバックアップファイルも真っ白状態になってしまったのか?

 この段階で、背筋に冷たいものが走って、足元が冷えた。

 明らかに異常事態。

 こうなったら、Macの自動バックアップ機能「TimeMachine」に頼るしかない。

 落ち着け、と自分に言い聞かせる。しかし、こういう時って、往々にして「たまたまバックアップが上手く作動していなかった」「バックアップのHDDが不調だった」とか最悪の事態が起きてしまう。マーフィーの法則ってこういう時に限って当たる。

 案の定、「TimeMachine」は正常に作動しない。過去1時間おきに保存されているはずのバックアップデータを遡って読み出せない。

 何故だ!

 ソフトがフリーズしてしまう。

 深呼吸して、Macを再起動させる。

 最悪の場合、どうなるか。相方や光文社T氏に送ってあるのは「第1章」のみ。書きかけの「第2章」はおれの手元にしかない。これが全部飛んでしまったら、ヤバい。またイチから書き直すのは心が折れる。なんとか途中まで、せめて、昨日書いたところまでレスキューできないものか。

 「TimeMachine」自体はやっぱり正常にうごかない。しかし、バックアップ専用のHDDは開くことが出来る。

 開けてみると、13時過ぎのバックアップデータは保存されていた。

 当該データを探して開いてみると……。ありました。お昼ごろまで書いた段階のものが。

 しかし今日はその後もかなり進んだんだよなあ……。

 とはいえ、そんなゼイタクは言っていられない。

 その次に保存されたデータを見ると、「真っ白」状態になっている。

 なので、真っ白状態の1つ前のデータを取り出すしかない。

 結局、1ページ分を失ってしまった。ここはあれこれ考えて書いた、難しい部分だったんだよなあ……。

 しかし、とにかく、記憶を頼りに、失った部分を書き直す。まあ大筋ではこういう事を書いた、という形には復元出来た。

 これをやっておかないと、ボウリング大会には行けない。何を書いたか忘れてしまうし、だいいち、気分として遊べない。

 なんとか復元して、他に異常はないことを確認して、万が一の事を考えて、この最新状態をバックアップすると同時に、呼びにしているHDDにファイルをコピー。こうして2重のバックアップを取っておけば、たぶん、大丈夫だろう。


 思い起こせば、これまで大きなデータ消失は3度くらいあった。うち2回は快楽亭の高座録音。保存したはずのデータが消えてしまった(その時は浅草・大黒屋での「天丼付き毒演会」で、美味しい天丼を戴いた後だったので本当に申し訳なかった。それと、DVD収録の際の音声を担当して、この時は保存しようとした時にファイル名がおかしい状態で保存しようとして失敗。消えてしまった。この時はビデオカメラの音声を使って貰うことにして、なんとかなった)。あと1つは、徳間の旧「問題小説」用の短編、〆切ギリギリ状態で、横浜で行われた「SF大会」に参加して、飲み会のあとホテルの部屋に戻って持参したPowerBookで仕事をして、これも保存の時にファイル名が不正だったので、その夜書いた分が消えてしまった。なので〆切を待って貰うお願いをしたが、担当編集氏には信じて貰えなかった。まあ実にベタな理由だもんなあ。

 その他にも何度か小規模の事故はあったが、今回みたいにファイルが全部消えてしまった、という異常事態になったことはなかった。

 今回の原因は、書きかけの原稿ファイルを開いたまま他のソフトをアップデートしたこと。いやこれはトラブルの原因ではない。きちんとエディターを保存終了させないでMacを強制終了させてしまったこと。これはおれが明白に、無茶なことをした。常軌を逸していたとも言える。どうしてきちんと保存終了させなかったのか。今までこんな凡ミスやったことなかったのに。

 エディターが生成するバックアップ・ファイルを過信していたのだな……。

 ともかく、今回の「ファイル消失」には全身の血が凍り付いた。筒井さんも原稿を消してしまって「胃というモノは瞬時に穴が開く」というような表現で、そのショックを日記に書いていたと思う。「残像に口紅を」の時だったか。

 とにかく、今回のトラブルは、おれが完全に悪い。

 魔が差したとしか思えない。

 いかんいかん。いかんぞう。


 ちょうど時間となりました。

 くーたんに留守を頼んで、外出。

 駅で相方と合流。

 で、水道橋を降りて、予定より早く後楽園というか東京ドームというかの、「黄色いビル」に到着。すでに練習をしていたhana師匠とFumikaさんがいた。

 三々五々、他のメンバーも集まって、試合開始。

 3グループに分かれたが、その実力はハッキリと「松竹梅」というか「上中下」というか「甲乙丙」。

 聖さん・染宮さん・セイノさんが集まった第1グループがダントツ。特に染宮さんはパワーでストライクとスペアを連発。圧倒的。セイノさんはこつこつとストライクを並べていく。

 第2グループはhanaさんがダントツで、意外にも出口学くんが巧い。いや、若いんだから意外と言ってはいけないか。KKベストセラーズのスモーキーさんも淡々とスコアを上げていく。

 で、我らの第3グループは、今回の幹事のFumikaさんが、アレレという感じ。などと人のことは言えないおれ。なんせ第1ゲームではガターの連発で40点しか取れないという無茶苦茶な出来。まあ、それは予想していたことで、おれはハナからガター要員のつもりだった。

 しかしそのFumikaさんも尻上がりに好調になっていく。

 相方は超スローボールだがコントロールが正確でスコアを取っていく。

 早見さんはだんだん本気を出してきて、ストライクやスペアを連発。

 で、おれは、今日のさんざんな出来を「おれはレーンがブランズウィックじゃないとダメなんだ」(ここはAMFだった)とか「来る前に原稿を消してしまったショックが尾を引いていて」と言い訳ばかり考えていたが……投球の時、手首が回ってしまうからボールがガターするのだと判って、まっすぐ投げることを心がけると……ア~ラ不思議。ストライクが取れるようになり、スペアも取れるようになって、人並みに近づいてきた。第3ゲームではFumikaさんに勝ったぞ!

 その後、近くの居酒屋に移動して、表彰式&飲み会。立ち上がって少し離れたところにあった刺身をとったら聖さんに怒られてしまった。不作法で申し訳ありません。

 染宮氏には会うたびに「痩せようよ」と言われるが、アンタに言われたくないと思いつつ、たしかにそうなんだよな、とは思っている。最近、体重が多少減っても腹のデカさは増すばかりなのでイカンと思っているのだ。つーか、そんな姑息なことを言わず体重を落とせよと言うことだけど。

 大いに飲み食いして、その次はカラオケ。

 捕まった飛鳥涼って、いい曲書いてるのになあ。いやだから、クスリに手を出したくなったのかなあ。ヒットメーカーは辛いなあ。

 あっという間に23時になって、お開き。我々はFumikaさんと神保町の駅に向かったが、他の面々は解散する雰囲気ではなかったな~。

 0時を回って、帰宅。

 シャワーを浴びて、くーたんの機嫌を取りつつ、再度バックアップを確認するが、やっぱり消えてしまったモノは消えてしまった。

 まあ、記憶を頼りに書き直している時にアイディアが浮かんで、元のよりいい展開になったので、不幸中の幸いというか、災い転じて福となす、と思うことにしよう。とは言え、最初に書いた文章はけっこうウマいこと書けたと思ったので、失ってしまったのはやっぱり残念至極。

 「美味しんぼ」は今回の『騒動』がなくても休載することが決まっていた、という報道があるが、だったらどうして後出しにするんだろう?「連載も物凄く長期になりましたし、ちょっとお休みして立て直すのもいいかもしれませんね」というような話は出ていたのかもしれないが……なんか不明瞭。最近のマスコミは首相官邸に弱いらしいから、思った以上に閣僚や官邸が強い反応を示したのに小学館がビビった?まあこのマンガ自体を読んでいないから、これ以上言う資格はない。


 堺正章とヒロミの件も、「ネットのデマ」と言うならどうしてもっと早くに「うそだよ〜ん」と言っておかなかったんだろう?「やっぱりなにかあったんだ」と思われてしまうだけじゃないかと思うんだけど。

 なんだかんだで2時過ぎ、就寝。

今朝の体重:90.70キロ

本日の摂取カロリー:2091kcal

本日の消費カロリー:日常生活+226kcal+182kcal/4725歩+55kcal(自転車)

2014年5月16日 (金曜日)

何故か深夜に仕事のスイッチが入る

 8時前起床。

 晴れ。

 洗濯物を干し、ついでに夏用の掛け布団も干す。もう夏用とは言え掛布団では暑くなってきたので毛布に切り替える。7月になったらタオルケットだなあ。

 

 朝のモロモロを済ませるが、台所のラックの裏にジップロックの袋を落としてしまったので、回収作戦を。

 猫の毛が物凄く溜まっていたので、掃除機で吸い取る。

 ついでに換気扇のフィルターもかなり汚れていたので、交換。

 なんだかんだしていると、すぐにお昼近くなってしまった。

 

 アサメシというかブランチは、ご飯に海苔に目玉焼きに残り物の大根サラダにネギ味噌などにインスタント味噌汁。

 で、仕事開始。昨日はスイッチが入りかけた状態で寝たので、今日はすんなり開始出来た。しかし……調べ物をしないと書き出せないので、あれこれ調べているとリズムが狂ってしまった。って、おれは文豪か!こんな程度で調子が狂うなどとゲージツ家みたいなことを言ってはイカン!

 なんとか進み出す。この調子でこのブロックを突破できれば。

 夕方、予約してあったカイロへ。

 先月末で若い先生が辞めたので、院長先生のみ。しかし受付に美女が座っていたのでビックリ。院長先生が全部やってると大変だもんね。

 帰路、ATMに寄ってカードローンをまとめて返済して、スーパーで夕食のおかずを買って、帰宅。

 ミクシィに「すき家」を経営するゼンショーの社長の発言を報じた朝日の記事について「誤報ではない。社長の意識が低いのだ」というような書き込み(昨日の日記に書いたようなこと)をして、いつもは読める人は友人限定にしてあるけど、誰でも読めるようにしたら、物凄い数の「イイネ!」を貰った。

 「すき家」のワンマンオペレーションは合理的経営を推し進めた結果らしいが、日によって深夜でも客が押し寄せることもあるし防犯の問題もある。同じような仕事をするなら吉野家とか松屋に行くよなあ。

 会社としてはああいう風に報じられたら一言言わないとカッコが付かないだろうけど。

 「5時に夢中!」を見る。ふかわりょうは絶好調ですな。

 その後の「MXニュース」で、浅草の三社祭を報じていたアナウンサーなのかリポーターなのかが、浅草寺(せんそうじ)を「アサクサジ」と発音したぞ!さすがMXテレビ。

 で、夕食。結局、ヒルメシは食べなかった。コロッケに白身魚のフライ、ご飯、シジミ汁、キャベツの千切りにマカロニサラダ、ほうれん草の胡麻あえ。

 テレビをぼんやり眺める。

 NHK-BSで「新選組!!」(大河「新選組!」の続篇)の続篇をやっていたので見る。これ、最初の放送の時に録画して、そのまんま見てないのよね。

 おれは新選組は好きではないが、この大河で描かれた新選組の面々は好きになってしまった。特に、山南さん!そして、テーマ曲を聴くと涙ぐんでしまう。今度の大河は三谷さんの「真田丸」。期待しよう。

 で、仕事再開。なでしこジャパンの中継は見ないで「タモリ倶楽部」までやる。

 「タモリ倶楽部」は、銀座の高級クラブで出すオツマミを食べようという企画。実にこの番組らしい捻り方。しかし400円くらいのスナック菓子が3000円くらいになってしまうんだねえ。まあ、銀座のクラブって一生縁はないけど……一度だけ北山先生に有名な文壇バーに連れて行って戴いて、モーレツに緊張しまくったことはあるけれど……。すっかりご馳走になって、もう一生分の「銀座のクラブ」活動は体験しました、という感じになった。

 というか、そもそもおれは「女性のいる店」は場末のスナックでもフィリピン・バーでもなんでも、モーレツに苦手なのだ。

 自意識過剰だと自分でも思うが、沈黙が怖くて話のネタを必死に捜してウケを取ろうとしてしまう。ヘンだと思うけど、そういう性分なんだから仕方がない。だから日本語が殆ど通じないフィリピン・クラブとかに連れて行かれる(助監督時代のハナシ)と、20年分の英会話を必死でやる羽目になってしまう。

 故渡辺淳一は編集者や子分を引き連れて銀座で飲むという「文壇の大物」だったようだが、最近は村上春樹のように、そういうことをしない作家の方が多いんじゃないか?

 一度くらいは「君たち、席を外してくれないか」と言ってホステスを排除して、「密談に耽る」「謀議を凝らす」「策略を巡らす」ってやってみたいけど、そんな財前五郎みたいな人生は送ってないからなあ。

 しかし思い起こせば、映画版「白い巨塔」では、北新地のクラブに通い慣れてる大物教授と、場慣れしていない小物の教授をさらっと描き分けていたなあ。講師や助手はカウンターで小さくなって飲んでいたし。

 思えば、東宝サラリーマン喜劇にも「銀座のクラブ」「銀座のキャバレー」は頻繁に登場したよなあ。日本におけるクラブとキャバレーとサパークラブの違いが、未だに判らない。

 で。

 その後、スイッチが入って、もりもりと書き進んだ。生活パターンが基本的に朝型なのに、深夜にスイッチが入るのは困るのだ。

 いっそ、夜型に切り替えるかなあ。だけど、昼頃まで寝ていると、くーたんが起こしに来るから、結局は寝てられなくて、寝不足になるんだよなあ。

 2時就寝。

今朝の体重:90.80キロ

本日の摂取カロリー:1847kcal

本日の消費カロリー:日常生活+22kcal/568歩+107kcal(自転車)

2014年5月15日 (木曜日)

頑張った翌日は息切れ状態

 7時過ぎに目が覚めてしまったので、起床。

 雨。

 今日は雨だから集中して仕事に励もう!

 と思ったのだが……なんだか疲れてしまって、集中力が出ない。責任回数投げたらしばらくお休みの先発投手じゃなくて毎日登板するリリーフみたいに仕事しなきゃいかん。

 まあ、新しいブロックに入って、どう場面転換させるか思案のしどころだったのだが。

 昨日分の日記を書くのに、マスカーニやレオンカバッロ、そしてオペラ「道化師」について調べる。

 比較的短命だったレオンカヴァッロに対して長生きしたマスカーニはオペラ作曲家としては指揮者としても成功したが、スカラ座の音楽監督の地位を求めてファシスト党に接近したので戦後は財産を没収されて悲惨な末路を辿った、と。無理に地位を求めるとこういう事になってしまうのね……。

 「道化師」のCDを持っていなかったので、デル・モナコの伝説の名盤を注文する。「カヴァレリア・ルスティカーナ」とのカップリングで1200円(中古)だぜ!

 アサメシは、昨日買ったスコーン(というには小さなおむすびみたいな形だが)を温めてオレンジ・マーマレードを付けて。これがなかなか美味かった。それとミルクティ。

 Macの前に座って、書いては消し。

 午後になって雨も完全に上がったので、ちょっと外出。

 博多ラーメン「まるなが」で味玉ラーメン+替え玉を食べ、北千住駅のみどりの窓口に行って来月の盛岡→上野の「はやぶさ」のキップを取る。日本最高時速を体験したいので。

 帰路、スーパーで今夜のメシの材料を買う。

 帰宅したら、かえって疲れが増してしまった。いかんのう。

 溜まっている新聞に目を通し、古い号の「ねこのきもち」を整理。この雑誌は創刊から定期購読しているが、記事は繰返しが多い。猫の病気、ストレス解消法、しつけ、仲良くなる方法。これが4本柱。なので古い号を順次捨てるのだが、載っている写真が愛くるしいモノばかりで、捨てがたい。だったら古い「マックピープル」の方を捨てようかと思うが、こっちもかなり捨てている。ネコの写真はどれも可愛いモノばかりだから、ここはもう割り切って、古い号を処分。

 なんだかんだで「5時に夢中!」の時間になる。今日は中瀬ゆかりはお休みで、代打に井森美幸。この人、基本的に美形なのにバラドルになってしまって中途半端になってしまった感じ。というか、仕事を選んでいるのかな?

 中瀬ゆかりがいないと、岩井志麻子はやりにくそう。

 軍歌の特集をやっていたが、「隣組」って軍歌なの?戦時歌謡じゃないの?

 調べたら、やっぱり軍歌じゃなかった。ええ加減やのう!

 番組終わって、メシの支度。牛肉とキャベツのオイル焼きをまた作る。キャベツ半分を食い、大根おろしも大量に食った。

 美味い。簡単に出来て美味い。

 アベ首相の記者会見。憲法、時の内閣の意志で解釈の変更が出来るというのはヤバいと思うぞ。それも、戦後ずっと制限してきた問題を変えるんだから。

 こういう時、反対勢力がキチッと存在すれば、政権交代して「解釈変更はナシ」に出来るのに。民主党は瓦解して、維新の会はワケが判らないし、新興政党はぐちゃぐちゃ。共産党や社民党はいつもの定番フレーズを繰り返すだけでアピール力がない。

 二大政党制で、片方がボロボロになってしまったら、こんなヤバい事になるのか、という思い。自民党の中にもアベの方向性に賛同しない人たちがいるし、民主党は安倍の方向性の賛同する前原みたいなのが混じっている。じゃあこの問題で政党を再編成すればスッキリするかと言えば、TPPや福祉問題ではまた別の色分けになるし……。

 困ったもんですな。

 仕事を再開。

 なんとか進み出す。良かった。

 仕事のメールのやり取り。連作短編のお話を戴く。とても有り難いのだが、スケジュール的にやれるだろうか?今年は既に過去やったことがないほどのキツキツ状態だぞ。

 ここは踏ん張りどころだ、とは思う。

 22時になって、「続・最後から二遍目の恋」。

 先週、おれは『 最低最悪のプロットしかないけど「これでやるしかない!」と千秋が決断して、二人でシナリオを書いたらマアマアの出来で、映像化したらなかなか良くて、何故か視聴率も取ってしまって千秋さんよかったね、という展開になるんじゃないのかなあ?』と予測したが、ヤワだった。岡田惠和はもっと辛辣だった。「全くダメな脚本だったよね?自分で読み返して判った。もう、これまで、だよね?」と彼は自分で悟って、去って行く。その前の場面で、アラフォー3人が「この歳になったらさー、自分では出来ないけど、他人の才能があるかどうか判るじゃん?だから『頑張ればなんとかなるよ』とか言えなくなるよね」という辛辣だが真実を喋らせているから、余計に響く。

 いや~この場面は見ていて怖かったよ。自分には才能があるんじゃないかと思って40くらいまで頑張ってきたけど、やっぱり才能は無くて、このままだと人生完全に棒に振ってしまうから、なんとか転身すべきだと思うけど、やっぱりしがみつきたい自分……。

「やっぱり千秋の口からキッパリ言って欲しい」

という彼のセリフは、響くな~……ホント。

 で、次の場面では、新たな脚本家が立っている。このシビアさ!前シリーズで振り回された若ママ脚本家が再登場。

 この絡みで、尾野真千子がゲスト出演したが、やたら不機嫌でガラの悪い女優が擦れ違って、というだけ。2カット。え~これで終わり?どうせならもうちょっと絡んでよ!

 いやしかし、加瀬亮の役の「彼」はどうなるんだろう?加瀬亮をキャスティングしたって事は、このままじゃ終わらないと思うんだけど。

 TBSの「ニュース23」に自民党の石破幹事長が出てきて、「実際に自衛隊を動かすには関係法令などを変えなければならず、それは国会の審議が必要なのだから、内閣が国民の意向を無視してなにかやるということではない。そして自民党はこの件について選挙の公約としてハッキリ示してきて選挙に勝ったのだから、国民の声を無視するものではない」と言っていたが……。

 しかし、こんな大きな「解釈改憲」をするなら、きちっと憲法改正を発議すべきではないのか?

 それが難しいことが判っているから、「解釈改憲」をやろうとしてるのだ。

 ズルズルいきそうで、凄く気持ち悪いのだが。

 それとは別に、気になるニュースが2つ。

 7年も認知症の妻が行方不明になっていて、先日のNHKの番組で所在が判った件で、7年間の介護費用を市が配偶者に請求するかもと言う件。これ、群馬県警が名前を間違えて登録したので配偶者は探せなかったのだ。つまり、県警のミス。その結果起きたことなんだから、請求は県警にすべき。それを配偶者にするって、おかしいだろ!

 認知症の夫が、少し目を離した隙に線路に入って撥ねられて、JRはその妻に損害賠償を請求して裁判でも妻は負けてしまった件も同じ。認知症の徘徊老人は24時間監視して座しきろうにでも入れておけというに等しい。列車事故が起きるのは困ったモノだが、老老介護には限度がある。

 それと、「すき家」のバイトが集まらなくなって、かなりの店を閉じざるを得ない状況になっている事について、ゼンショーの社長が「今の若者は3K仕事をやりたがらない」と他人事のように発言した件。ゼンショーはこれはあくまで一般論として、この発言を報じた朝日の誤報のようにコメントを出しているが、何度読み返しても、社長はたしかに一般論として言っているが、自社がブラック状態になっているから嫌われて、人が集まらないことを認識していない。ワンマンオペレーションを止めてバイト代も他社より払って、待遇を改善すれば、人は集まるだろ。待遇の悪いところに人は来ないのは当然。こんな事が判らないの?

 

 風呂に入る。

 出てから、「アメトーク」とか他の番組をザッピング。

 もう寝ようと思ったら、くーたんが「遊ばんかい!」と猛烈アピールするので、見たばかりの「続・最後から二番目の恋」を見直しながら、くーたんと遊ぶ。

 1時過ぎ、就寝。

今朝の体重:90.60キロ

本日の摂取カロリー:2347kcal

本日の消費カロリー:日常生活+161kcal/3819歩

2014年5月14日 (水曜日)

仕事進んで新国でオペラ二本立鑑賞

 6時に目が覚めて、洗濯物を干しに行く。

 薄曇り。

 で、眠いので再びベッドへ。

 8時前に起床。

 朝のモロモロを済ませると、もうお昼前。

 ブランチは、ご飯に目玉焼き、海苔、漬け物、昨日の残り物。

 で、仕事開始。

 昨日の夜、ようやくスイッチが入った勢いのまま、今日は進んだぞー!

 3時間で15ページ書けた。昨日まで、殆ど進まなかったのがウソのよう。まあ、難しい場面ではあったし、相方のメモをどう生かすか思案した事もあったのだが。

 快調に進むと、本当に気分がいい。我が師・市川崑は難航した「炎上」がようやく完成した時「長年の便秘が解消した気分」とエッセイに書いたが、まさにそんな感じ。

 本日は、新国立劇場の「カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師」を見に行く。そのついでに東京駅に寄って、来月の盛岡行きのための「JR東日本株主優待券」を買うことにする。

 比較検討したところ、JRに関しては、東京駅八重洲口の「ライフインテリジェンス」が一番安いように思える。

 で、首尾良く購入。

 しかし、八重洲地下街にある別のチケットショップの方がもっと安かった。まあ差額は2~30円だけど。

 初台まで行って夕食を食べようと思ったが、我慢できなくなって、八重洲地下街にある「アルプス」でハンバーグカレーを食う。

 中央線~京王新線で初台へ。新宿の乗り換えで、美味そうな店が並んでいるので、どうしてもう少し我慢できなかったのかと悔やむ。カレーとかそばとかスパゲティは新宿の勝ちですな。

 で、初台。今日は相方とは劇場で落ち会う事になっている。

 成城石井でガレットとかスコーンとかアラレとかコーヒーを買って新国立劇場へ。

 入り口で相方とバッタリ。

 今回はA席を取ったが、Lのなかなか良い席だった。

 「カヴァレリア・ルスティカーナ」は、登場人物がみんなDQNで、どうにも救いようがない。主人公のトゥリッドゥとローラは揃って下半身が緩いし、サントゥッツァはウザイ。トゥリッドゥの母親は鈍いし……。アルフィオが一番まともに見えるから、決闘で勝って当然。

 音楽は美しいが、なんともトホホな話だなあと思う。前回はそれほど感じなかったが、今回はしみじみと「アホな話だなあ」と思った。演出がそれを際立たせていたのかもしれない。

 歌手はみんな良かったし、レナート・パルンボ指揮の東フィルも良かったが。

 休憩を挟んで、「道化師」。

Ph_intro_01


 口上で、「道化を演じる我々役者もまた血肉をもち、愛憎を重ねる人間であり、それを想った作曲者は涙してこの曲を作ったのだ、云々」とトニオが述べるが、今となってはこれは不要というか、邪魔というか、くどい。新作として発表された当時は、新機軸だったのかもしれないが。

 レオンカヴァレロは、自分が優秀だと慢心しているところが見受けられる。それはその生涯を見ても(プッチーニとの絡みとか)そうだし、作品を観てもそう感じる。

 村人が座長のカニオを揶揄うと、カニオは「そんなことを言ってはいけない」とマジで説教する。旅回りの役者なら笑って流せよ~と思ってしまう。

 そういう青臭いところが「レオンカヴァレロだな~」と思うが、作品としては素晴らしいので、そういうことは忘れてしまう。

 醜いトニオのネッダへの横恋慕と嫉妬。力で支配するカニオの老いへの焦り。若さを持て余して、もっと違う人生があるはずと思うネッダ。そのネッダを一途に恋するシルヴィオ。

 その愛憎渦巻く激情の衝突は、芝居の中で爆発する。

 この作劇は巧いし、音楽も素晴らしい。「衣裳を着けろ」の絶唱(グスターヴォ・ポルタ)はかなり凄い。

 時間経過を示すデリケートな照明。セリフでは「23時から芝居が始まるよ!」と言っているが、『当時の南イタリアでは日没(の祈り)を1日の終わりとする習慣があったため、その1時間前をさしており、劇中の時期からいって午後7時頃になる』(Wikipedia)らしい。なるほど。

 中央の電飾が、「笑えて楽しいよ!」と村人を呼んでいて、それが余計に悲劇を協調する。このセットは秀逸。

 ネッダはなんとか本来の芝居に戻そうと懸命に歌うが、激情に駆られたカニオは無視。芝居とシンクロして、「もうおれはパリアッチョじゃない!」と叫んで舞台上で本気でネッダを殺してしまい、浮気相手のシルヴィオまでも手にかけてしまう。それを横でほくそ笑んでみているトニオ。

 ヴェリズモ2本立てで上演されるけど、「カヴァレリア・ルスティカーナ」の馬鹿と阿呆の化かし合いみたいなモノとはまるで違った、切れば血が出る迫真のドラマ。

 う~ん凄い。

 前回は、予定された歌手が降板して、代演が、まさかのジャコミーニで、「もう引退してるだろ、大丈夫か?」という声が多かったのに、これまた素晴らしい名演で、口の悪い2ちゃんねるでも大絶賛の嵐だった。おれも幸運にも観劇することが出来て、この素晴らしい公演に接することが出来た。その時とはまた違った感動があった。

 キャストは主要3役も素晴らしかったが、日本人が歌ったペッペ(吉田浩之)とシルヴィオ(与那城敬)も素晴らしかった。

 記憶に残る公演だった。

 終演後、寄り道せずに真っ直ぐに北千住。

 しかし、腹が減ったので、「富士そば」でもりそばを食ってしまった。天ぷらそばにしなかったところに自制の跡が見える。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、風呂に入って、くーたんの機嫌を取りつつ「ナカイの窓」を見て、1時過ぎに就寝。

今朝の体重:90.85キロ

本日の摂取カロリー:2055kcal

本日の消費カロリー:日常生活+336kcal/8774歩

2014年5月13日 (火曜日)

仕事上の便秘、やっと解消に向かう

 7時過ぎ起床。

 雨。

 日記を書いていると、どん、と下から突き上げた。ちょっと間があってS波。この感じだと震源は近い。遂に来たか。iPhoneが地震警報を何度も鳴らす。

 しかし、有り難いことに、すぐに落ち着いた。こういう時はNHK。最大震度4で、東京23区は3だった模様。耐震突っ張り棒は威力絶大で、文庫本の本棚はビクともしなかった。しかし、6とかになったらどうなることか。

 アサメシは、ご飯を炊いて、卵かけご飯に海苔ぶっかけメシにインスタント味噌汁に漬け物など。

 電話で相方と打ち合わせをして、仕事にかかる。

 が……。

 原因不明の「仕事便秘」。進まない原因が判らない。「クーンツの法則」で、『詰まる原因は既に書いた部分に無理な展開があるから』、と言うのは極めて正しい。しかしそれに当てはまらないこともある。今回はそれ。こういう場合は、もう一つピリッとしない展開なので「もっといい案はないか」と思う場合が多い。

 読売の発言小町を熟読してしまう。なんとも馬鹿なヤツがいて極めて腹立たしい書き込みが数件。もちろん袋だたき状態なので「トピ主」はなかなか出て来られない。それがまた腹立たしい、という悪循環。しかしここはいろいろとヒントになる。愚かしい人間がどう考えて愚かしい行動をしてしまうのか学べるのよね。

 6月に所用で盛岡に弾丸ツアー(所用を済ませてトンボ返り)をしようかと思って、安く行く方法をあれこれ調べていると、JR東日本の「早割」(正式名称は違うかも)というのがあって、特定の便を13日前までに予約すると35%引きで買える。これは格安チケットショップで買うよりも安い。14000円くらいするものがわずか9110円で買えるのだ。

 これだこれだと空席状態を調べたら……さすがに見逃しませんね。殆どすべての割引が効く便は満席。ま、そうだろうねえ。

 午後になって、雨も上がって晴れてきた。くーたんのキャットフードがなくなったので、買いに出る。

 風がなんとも心地いい。最高の季節。

 キャットフードを買って、その帰路、おれのおかずも買う。北千住で有名な安いお総菜店で、コロッケとアジフライとサラダ2種類を買って、なんと300円!他の店なら500円はするところ。

 何だか嬉しくなって、気分よく自転車を走らせて、意味もなく裏通りをクネクネ走ったりする。

 ここでようやく、日常が帰ってきた感じ。旅は大好きだが、帰ってきたからと言ってすぐに日常に復帰できない。それが、北千住の町を走り回ると、やっといつもの感じが戻ってきた。

 これで仕事も捗るぞ!

 だが、そう簡単には便秘は治らない。あとちょっとでスイッチが入りそうなんだが……実にもどかしい。でも、こういう時はMacの前に座って書いては消しをやっていると、スイッチが入るのだ。

 と思いつつ、「5時に夢中!」を見る。ふかわりょうが岡本夏生に「まだ懲りないんですか」と言っていたが……これは、香里奈の「不適切写真流出」について岡本夏生がハッキリしたことを言って芸能界のドンを激怒させて番組打切りの危機!とネットニュースが報じていることを受けてのことか?

 しかし、そんな芸能界のドンの無茶苦茶なことがまかり通ったら、テレビは終わりだ。MXまでもがドンの言いなりなんだとすると、もうテレビなんか見たくもない。

 で、政府の諮問機関かなんかか「人口1億人を死守」という方針を打ち出したとかなんとかというニュースに北斗晶が噛みついた。だったら保育所がもっと増えて充実するようにしないと駄目だろ!と。

 まったく同感。女は仕事しないで育児に専念しろとか、偉いクソババアが放言していたが、金のためだけに仕事をする時代ではないのに。もちろん共稼ぎじゃないと食っていけない世帯もあるだろうしシングルマザーもいる。時代錯誤のババアは引っ込んでろと言いたいが、政府の諮問機関には時代錯誤なジジババが集まっているのか?預かった子供を殺すベビーシッターが潜んでいるような現状で、人口が増えると思ってるの?

 同じクソババアだったか別のクソババアだったかが、介護は家族でやれとか言っていたが、老老介護とか、介護のために子供が仕事を辞めなきゃいけなくて食っていけなくなって共倒れというケースをどう考えるの?

 とにかく、現状が判っていない裕福なジジババが政治に口を出す現状では、子供も安心して産めないし、安心してトシも取れない。その意味では日本って幸せな国なのか?と思わざるを得ない。

 憲法だって、歴代の内閣が明確に否定してきた「集団的自衛権」を合憲とする解釈変更には無理があるだろ。だったら憲法改正しようという風潮を作り出したい、と言う本音があるのかもしれない。

 おれは、憲法は改正してもいいと思う。自衛隊はどう考えても軍隊だし、それをきちんと遇することは必要だと思う。9条関係以外でも、現状に合わせた改正が必要になっている箇所は何時靴もあると思うし。

 ただ……それを今の政権がやるのは極めて危険だと思う。アベ政権は今までの政権とハッキリ違う。これほど右翼的体質を剥き出しにした政権は戦後なかったんじゃないか?

 歯止めも効かない感じだし、この政権が憲法を改正するのは本能的に恐怖を感じるんだが。

 

 ついでに言えば、「美味しんぼ」の件。双葉町の前町長が「被爆して鼻血が出る」と言っていて、それをマンガで取り上げたのに、批判の矛先は「美味しんぼ」に集中して、双葉町の前町長には向かわないのはとても不思議。前町長を批判するのはタブーだから、批判しやすい「美味しんぼ」を攻撃しているとしか思えない。とは言え、「美味しんぼ」の当該作品を読んでいないので、これ以上は控える。

 夕食は、コロッケとアジフライを温めて、キャベツを千切りして、サラダとともに。

 その後はテレビも見ないでMacに向かう。

 書いては消しを繰り返して、ようやく……本当にようやく、重い重い扉が少しずつ開いてきた。天岩戸か。

 本格的に進み出して、手応えを感じたのは、0時を回ってから。

 便秘がなんとか解消して安心したが、このまま続けると徹夜になりそう。それだと翌日が使い物にならなくなる。

 それでも2時前までやって、ベッドへ。

 届いていた「日本一の大大名と将軍様」(山本博文)を読み出したら面白くて、どんどん読んでしまうが、2時30分になったので、寝る。

今朝の体重:91.65キロ

本日の消費カロリー:1502kcal

本日の摂取カロリー:日常生活+4kcal/137歩+72kcal(自転車)

2014年5月12日 (月曜日)

仕事して、気功

 7時ごろ起床。

 晴れ。

 NHK-FM「きらクラ!」再放送を聞きながら、朝のモロモロ。

 ながらだと日記を書くのにも時間がかかる。昔、深夜放送を聞きながら勉強してたけど、あれは絶対に、頭に入ってなかったな。

 アサメシは、ご飯に目玉焼きに、「ぶっかけ海苔」に「山形のだし」。この「だし」って美味いなあ。

 加賀前田藩が百万石のまま別格扱いのまま幕末を迎えたことがやっぱり疑問なので本を捜したら、とっておきの本「日本一の大大名と将軍さま」が見つかったので、早速注文。

 伊達や島津といった大大名は他にもあったが、前田だけ別格扱いで譜代親藩に準じた扱いだった謎が知りたい。

 で、仕事。

 相方のメモがようやく頭に入ってイメージが広がってきたので、取りかかる。本当は先週のうちに「第2章」が終わればいいなあと思っていたが、まるまる1週遅れだな……。

 頑張らねば。

 午後、加ト吉……今は「テーブルマーク」というのか、ここの冷凍うどんを解凍して、たぬきうどんにする。

 と……モーレツに眠くなったので、ソファに寝転がると、すぐに、くーたんがやって来て、おれとソファの間に入り込んで寝始めた。

 こうなったら動けない。くーたんは安心しきって寝ているから、この幸せそうな顔を見ると……。おれも、なんとも言えない幸福感に包まれて、しばし寝る。このままずっと寝ていたい甘美な眠り。

 ネコと一緒に昼寝するのは、本当に気持ちがいいのだ。犬だとこうはいかないだろう。

 が、そうもしていられない。16時を過ぎて起き上がり、気功に行く支度をして、外出。

 

 水天宮前に少し早く着いたので、ピーコックのパン屋で「ベーコンポテトパン」を買い、外のベンチで食う。

 風がキツい!

 本日の気功は4人。他の面々は仕事が忙しいようだ。

 

 相方も旅行帰りの翌日でハードスケジュールなので、気功が終わったら帰り、3人+hana師匠でサイゼリアへ。

 ここは安いねえ。いろいろ飲み食いしても2000円だもの。

 

 外に出たら、雨。日が変わってから降り出すんじゃなかったの?

 しかし、さほど濡れずに駅へ。

 車中でいろいろ考える。

 土曜にNHKがやっていた「ロング・グッドバイ」は評価が高いようだし、日曜にやっていた「探偵はBARにいる2」も評判はいい。少し見たけど……。

 どうも日本では、「アメリカ風私立探偵のハードボイルド」は、何度考えても馴染みにくいと思う。

 アメリカ映画なら、役者がどれだけカッコつけていても自然に見られる(しかし老マーロウを演じたロバート・ミッチャムや「チャイナタウン」のジャック・ニコルソンは全然カッコつけてはいなかったが)。しかし、日本人がハードボイルド探偵を気取ってスカしていると、どうも馴染めない。もっと言えば、滑稽だ。「探偵はBARにいる」の大泉洋は、そのキャラを生かして滑るところは滑らせて愛嬌を振りまいているが、それでもやっぱり、カッコつけてる。

 日本の私立探偵は要するに調査員で、アメリカのように拳銃を持てないし当然ながら逮捕権もない。となると、本格もので推理力で勝負するしかないのだが、ハードボイルドだと犯人と直接対峙してアクション場面を展開しなければならない。

 ギャグというかパロディでしか、「カッコつけたキザなハードボイルド探偵」は日本では成立しないと思う。だから、探偵役にルポライターとか家政婦とかタクシー運転手とかの異業種のヒトが登場するのだが。

 おれも「涼次」シリーズで探偵さんモドキを主人公にしたが、モロに探偵さんにせず、「壊し屋」にしたところがミソだった。

 とにかく、浅野忠信がいかにカッコよく演じようと、大泉洋が頑張ろうと、ハードボイルドを気取った探偵さんは、日本だと浮いてしまうなあと思う。じゃあどうするか。

 帰宅したら、くーたんはなんだか不満そう。

 すぐご飯を出して風呂に入ると、ドアの外ですごく鳴く。

 風呂から出て、くーたんを遊ばせながらテレビを観る。

 NHKの「地方初ドキュメンタリー」を偶然見ると、とても考えさせられる優れた作品だった。

 増え続けるエゾシカ。木を食べて、他の動物のエサや住処を奪ってしまう。人間のソバに出現してしまう。

 やむなく、増えすぎた分を処分する。森に返しても、頭数が増えているのだから、また町に出てきてしまう。

 陸上自衛隊の力を借りて駆除しなければならないほど、事態は深刻になっているのだ。

 エゾシカを、減らすしかない。

 高校の校庭に現れた雄のエゾシカを捕らえるのに、旭山動物園に協力要請が来た。

 動物園の園長は、麻酔の吹き矢を使ってエゾシカを眠らせて捕らえることが出来たが、安楽死させた。これがニュースで報じられると、「信じられない」「どうして殺したのか」「鹿を殺すな」「動物を守るのが動物園なのに動物を殺すのか」とか、たくさんの抗議が来た。

 園長は「捕らえたエゾシカを山に返して、ひょこひょこ森の中に入っていく姿を撮れば、みんな満足だったんでしょうけどね。それじゃ問題解決にならないわけです。結局は、他人事なんです。だから簡単に『殺すな』と言える」と。

 この切実な問題をしっかり考えて貰おうと、園長はハンターの資格を取って、エゾシカ駆除に参加することにした。その2年間を追った。

 都会に住む者は、どうしてもモノゴトを表面的に捕らえて、「エゾシカが可哀想」「殺さずに森に返せばいいじゃないか」「人間のエゴをエゾシカに押しつけるのか」と単純に考えてしまう。しかし現実問題として、森が荒らされて、人間の生活に危険が迫っている。都会の者は、エゾシカに人間が襲われて何人か死なない限り、エゾシカ駆除を認めたくないのだ。いや、現実問題から目を反らしたければ簡単に外らせられる。しかし現地の人は、エゾシカから逃げる術がない。

 しかし園長は、なかなか引き金を引けない。取材されているから。鹿を撃ち殺すところを撮られて放送されたら、またどんな無理解な抗議に晒されるだろう。そんな意味のない事でストレスが増えるのは溜まらない。

 そう思ったのだろう。

 動物との共存を考える子供たちと話し合いの場を持った園長は、実は……とカメラのいない時に鹿を仕留めたことを打ち明けた。好きでやっているのではない。今でも葛藤はある。

「スコープの中に見える鹿は、穏やかな顔なんです。彼らに罪はない。そんな鹿を殺すのか?だけど、頭数を減らさないと、他森に住む動物が生きていけなくなる……」

 話を聞いた子供たちは、「共存」について、深く考えるようになって……。

 とても重い。

 とても考えさせられるドキュメンタリーだった。

 これを見て、1時30分就寝。

今朝の体重:91.55キロ

本日の摂取カロリー:2119kcal

本日の消費カロリー:日常生活+503kcal+172kcal/4479歩+31kcal(自転車)

2014年5月11日 (日曜日)

何もしない一日

 7時前起床。

 トイレに行って寝直そうと思ったが、そのまま起きる。

 昨夜洗っておいた洗濯物を干しに行く。先手必勝で先に干して、他のヤツには絶対に使わせないのだ。

 まあ、なんと小さな争いなんだろう。

 晴れ。

 金沢で買った柏餅を2つ食べ、アサメシの代わりにする。

 朝のモロモロを済ませて、片山津・金沢旅行分の日記を書く。その過程で、北陸新幹線や加賀藩について調べたりしたので、 かなり時間がかかってしまった。

 しかし、調べれば調べるほど、徳川幕府が前田家を「別扱い」した理由がよく判らない。姻戚関係が強かったのは他の藩にもあっただろうし……伊達と並んで「もしものこと」を恐れていたから?ヤバそうな島津は遠いし毛利は力を削いだし。加賀藩が幕府にいろいろ気を遣っていたというのは知られているが、それにしても……。

 旅した町は、だいたい好きになる。旅行に行って嫌いになった街は、世界中どこにもない。あ……バンコクとチェンマイは、当時、空気が凄く悪くて街中にパクチーの臭いが充満していてそれがとてもイヤだった。

 松江もしっとりとした良い街だと思うが、やはり、仙台と金沢は文化の香りが高いし、町に気品を感じた。ぜひまた行きたいので、いろいろと調べてしまった。

 金沢が生んだ三大文豪といえば、一般には徳田秋聲、泉鏡花、室生犀星とされるが、これに是非、千草忠夫を付け加えていただきたい。思えば、千草先生の作風には金沢の空気が色濃く反映されていると思う。日本的な淫靡さと色気は、金沢が生んだものだと思うなあ。

 昼は、ご飯を炊いて、卵かけご飯。お代わりして、地海苔をぶっ掛けて。あと、インスタント味噌汁など。

 午後はぼんやり。

 録画した「タモリ倶楽部」を見る。写真家が撮ったとは思えない「駄目動画」をみんなで貶す。ゲストをここまで腐してもええんかいと思えるほど。

 途中、なんどか眠りに落ちてしまった。

 その後もぼんやりして、何をしたのか覚えていない。たぶん、何にもしていなかったのだろう。洗濯物を取り込む以外は。

 仕事をしようと、ファイルを開けたが、結局、1行も書けず。

 その代わり、読売の「発言小町」をたくさん読んだ。

 ここの特徴は、駄目な人の駄目な書き込みをみんなが寄ってたかって叩きまくること。最近はこの風潮がより強化されている。以前はもう少し遠慮気味というか、トピ主の(駄目なりな)気持ちに寄り添った書き込みもあったのに。攻撃する喜びを知ってしまったのだろうなあ。

 ちなみにおれは、ツイッターはまったくやらないし、以前取ってあったアカウントも消してしまった。2ちゃんねるも、B級グルメとクラシック音楽と旅行関係しか見ないし。

 もしもおれを装ったような人物が書き込んでいるとしたら、それはニセモノです。

 6月にある大イベントのスケジュールが発表されたので、それに合わせてスケジュールをいろいろと考えてみる。〆切もあるが、このイベントはとても大切にしているのだ。

 買い物に出るが、旅の無事をお願いしたお稲荷さんへのお礼がまだだったと思い出して、お酒をお供えしに行く。

 その後、スーパーで買い物。漬け物など。

 夜になって、メシの支度。牛肉とキャベツのオイル焼きを作る。大根おろしを大量にすって、ポン酢と七味を入れて、フライパンで焼いただけの牛コマとキャベツを食べる。まるで味付けしていないが、肉とキャベツの旨味が出て、美味しいのよね。

 「ダーウィンが来た」を見る。母の日なので、動物の母子を追う。どれも感動的で、母親の有り難さをしみじみ感じるが、特にぐっときたのが、群れからはぐれてしまった母子ライオンの苦難。見ていて涙が出た。余所者の雄ライオンが群れに乱入して、その群れは散り散りになってしまって、母ライオンは一頭だけで狩りをしなければならないのに、子供ライオンが余計なことをするので獲物が逃げてしまう。

 こういうの、だいたいは獲物にされる側から描くので、「逃げて!逃げて!」と思ってしまうのだが、今回は、飢えで死にそうな母子ライオンを描いているので、完全にライオンに感情移入している。試練を経て、子供ライオンも狩りを覚えて、狩りが巧くなっていく。これにも感動。

 いや~食うか食われるかの野生動物に産まれなくて良かった、としみじみ思う。

 「軍師官兵衛」を見る。いや~しかし、戦国時代って、野生動物の生き残りと同じだなあと思う。で、官兵衛が囚われたところで、金沢から帰ってきた相方から電話。

 車中で書いたメモを渡したいと。出かける支度を仕掛けたが、よく考えたら、ファックスを使えば済むんじゃないの?最近まるで使ってないので、ファックスの存在を忘れていたが……せっかくある文明の利器を使おうぜ。

 ということで、無事ファックスでメモを入手。

 その後、「NHKスペシャル」を見ようと思ったが、老いを直視したくないので止めて、ネットでニュースをいろいろ読んで、なんとなく「有吉反省会」を見る。太川陽介が無類の「卵かけご飯」好きで、どんなご馳走より好きなのが「看板タレントとして格好が付かない」とサンミュージックの相澤社長に零されて、罰として超高級卵を1ダース買わされて、みんなに食われてしまった。まあこれはご愛敬。

 その後風呂に入り、くーたんと遊んで、0時過ぎ就寝。

 明日から仕事に戻ろう!

今朝の体重:91.65キロ

本日の摂取カロリー:1972kcal

本日の消費カロリー:日常生活+28kcal/699歩+56kcal(自転車)

« 2014年5月4日 - 2014年5月10日 | トップページ | 2014年5月18日 - 2014年5月24日 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト