« 2014年5月25日 - 2014年5月31日 | トップページ | 2014年6月8日 - 2014年6月14日 »

2014年6月1日 - 2014年6月7日

2014年6月 7日 (土曜日)

ミッション達成して帰京。そして爆睡

 5時前に盛岡駅西口に到着。

 もう、寝たのか寝てないのか判らない状態。

 一つだけ確かなことが判った。もう夜行バスは、無理。夜行バスはダメだとは言わないが、若い人向き。55歳のおじさんには無理。

 JRが夜行寝台車をすべて廃止する方向で動いているが、寂しい限り。豪華クルーズトレインより、夜行寝台車を走らせて欲しいよ。カーテンで仕切るだけのB寝台でも、夜行バスより居住性はいいもの。まあ値段はバスの方が圧倒的に安いんだけど。

 本能に導かれるように歩いて、盛岡駅本体というか本館というかに繋がるブリッジを通り、トイレを発見したので、入る。

 駅はまだ開いていない。

 健康的には最悪のバス旅だった。寝冷えしたようなしてないような、寝てないような、実に気分が悪くてフワフワした感じ。


 そのままコンコースを通過して東口に出て、タクシーに乗る。

 正確な番地というか目印が判らないので、本を見せて「青龍水のところまで」と。午前5時に青龍水にいくなんて珍しい客だろうなあ。

 運転手さんと少し話す。もうじき「チャグチャグ馬こ」が始まるんですよ、と。その時は町中観光客で溢れ返るそうだ。

 で、「青龍水」。おばさんが大量に水を汲んでいたけど、近所の方なのだろう。維持費をカンパする箱にお金を入れて、お水を戴く。この水は本当に名水だ。美味しい。

Img_1550_2

 ペットボトルに入れて、次に来たおばさんに挨拶して、近くの盛岡八幡宮へ。

 10分ほど歩く。この道も、もう3度目か。 

Img_1551 

 早朝の広大な境内には数人しかいない。清々しい。

 ここの手水処には「霊水」と書いてあって自然水が流れているが、お水取りの人は誰もいない。もう済ませたのかもしれないが。

 お参りしておみくじを引く。「中吉」だった。

 しかし、歩いていると、なんだか嫌な汗が出てきたので、ひとっ風呂浴びたい。


 ミッションを達成したので、盛岡八幡宮の入り口でタクシーを呼ぼうとしたが、何故かiPhoneの「全国タクシー配車」が機能しない。まあ待ってれば流しのタクシーも通るだろう。まだ5時55分だし。

 少し待っていたらタクシーが来た。

 駅に近い「開運の湯」に行くことにしたが、ここは6時30分開場。外でしばらく待つハメになるのはイヤだ。

 なので、「喜盛の湯」にする。ここは6時から開いているので。

 

 車は6時頃に到着したが、開くのを待ち兼ねた客がすでに入浴中。早いね!

 露天に直行して、ツボ湯に入る。

 う~いい気分。

 しばらく浸かって、中で身体を洗い頭を洗い、内湯に浸かり、外の「シルク湯(電気で細かい泡を作り出している)」に入り、普通の露天風呂に入るが、一人だと、どうしたって30分が限度。

 温泉が大好きな快樂亭は、放っておくと1時間でも2時間でも入っているが、おれは30分が限度。暇なんだもん。同じ理由で釣りも出来ないだろうな。

 あがって、ゆっくりと荷物整理をしても、まだ7時。

 お食事処は11時からなので、することがない。

 帰りの新幹線は8時50分発。

 することがない。

 じゃあ、まあ、タクシーは止めて、近くの仙北駅まで歩いてJRで盛岡まで行く(1駅)か。いや、すぐ近くに路線バスの停留所があるので、バスにしよう。

 ということで、バスに乗って、盛岡駅。まだ7時20分。

 駅でもっと早い新幹線にしようと指定席の変更をやろうとしたが、「はやぶさ」はほぼ満席で3列の真ん中しか空いていない。「はやぶさ」より遅い新幹線なら乗れるが……今回は「はやぶさ」に乗りたかったので、予約のままにして、盛岡駅直結の「ホテル・メトロポリタン盛岡」で朝食ブッフェを利用することにする。ここ、以前にも来たことがあるはず。


 1620円。他のホテルほどいろいろ並んでいるわけではないので、ちょっと高いかなあと思う。朝食ブッフェだと、「ホテル東日本」の方が評判がいいんだが、ちょっと駅から離れているので、まあいいか。

 ベーコンとご飯をたくさん食べる。クリーミーなスクランブル・エッグも。あと、味噌汁に漬け物、海苔。地元の美味しい牛乳。中華粥とか中華スープ、シュウマイとかもあった(朝食会場は中華レストランなので)、食べず。

 コーヒーを飲み、薬を飲み、iPadを見て、8時20分まで優雅に粘る。松屋で1時間は粘れないもんね。

 で、駅に向かって、11番線に行く。

 待つことしばし。

 「はやぶさ」が到着。長い鼻がいっそう長くなった。秋田から来る「こまち」と繋がるので盛岡で10分停車。(↓の写真は盛岡駅のモノではありません。他の方が撮影したモノを無断で借用しています。申し訳ありません)

F0236270_2024395

 車内はほぼ満席。おれは窓側だったが、通路側にはおじさん(おれもおじさんだけど、おれより年上の)が座っていて、肘掛けを占領している。まあいいか。

 しかし、「はやぶさ」は速い。モーレツに速い。盛岡→上野が2時間、最高時速320キロだもんね!

 新青森ー盛岡間は整備新幹線として建設されたので最高時速が260キロしか出せないらしい。しかし、設備としては320キロ出せるものだ。法律の制約で本来の性能が出せないなんてナンセンス極まりないではないか!北海道新幹線が出来たら、是非とも最高性能を発揮できるようにして欲しい。

 まあ、そのせいで、在来線の夜行列車が廃止されてしまうんだけどね……。

 iPhoneがバッテリーを使い切って、死んでしまった。

 東北新幹線車内では無線LANは装備されていない。

 iPadに入れてきた「第4章メモ」などを読むが、全然頭に入らない。

 太田裕美を聴いていると涙が出てきて困った。今や太田裕美の歌は青春惜別ソングだなあ。弾厚作(加山雄三)のピアノ協奏曲第1番も久しぶりに聞く。この曲は第1楽章はかなりいいと思う。ラフマニノフ調でまとまっているし、憂いを帯びたメイン・テーマがいい。しかし第2楽章第3楽章はいろんな作曲家のパクリというか趣味が混濁してぐちゃぐちゃ。書き直せばコンサートでも演奏出来るモノになると思うのになあ。惜しいなあ。

 とかなんとか思っていると、上野に到着。

 腹も減っていないので、さっさと常磐線に乗り換えて、北千住。

 北千住からタクシーに乗ろうかと思ったが、雨もそんなに降っていないし元気もあるので、歩いて帰る。

 途中、弁当屋で御昼用に「他人丼」を買う。

 お昼前に帰宅。

 くーたんの機嫌を取る。まあ、昨日の20時前に家を出て、12時前に帰ってきたんだから早いもんだろ?

 今回のトンボ返り旅は大変だったし、夜行バスはもう乗れないとハッキリ判ったが、3度目の盛岡にはますます親近感を持った。日本をあちこち旅するのもいいなあ。近年は、とんと海外旅行したいという強い欲望が薄れて、その代わりに日本のあちこちを旅したくなってきた。トシですかのう。

 iPhoneの充電を開始。殆ど死んでいても、少し充電したら生き返るのは感動的。

 くーたんのトイレを掃除してご飯を出し、相方に電話して、自分も他人丼を食べて薬を飲む。

 

 録画した「タモリ倶楽部」を見る。携帯電波を束にして帯域を確保する「新テレビ中継システム」を使っての「中継テスト」。例によってグダグダの中継で笑える。

 見終わって、ちょっと眠くなってきたので、ベッドに寝転ぶと、くーたんがやって来たので、一緒に寝る。昼間だとくーたんは一緒に寝てくれる。

 15時くらいに横になって、何度か目を覚ましても外は明るいので寝ていたら……。

 相方の電話で起きる。と、20時だった!

 しかしもう、今日は何もする気にもならず、夜になると咳がひどくなってきたので、薬を飲むためにうどんを茹でて「きつねうどん」にして食い、薬を飲み、テレビをぼんやり観て、「アド街ック天国」の羽生を見て、「情報7デイズ」を途中まで見て、23時過ぎに再びベッドへ。


 尾上松也への芸能レポーターの質問に激怒した串田和美が会見を中止した件、この程度で怒ることもないんじゃないの?と思うが、怒らないとケジメがつかなくなって馬鹿な芸能レポーターが下らない質問ばかりするようになるのは目に見えているから、頑とやった串田和美はよくやった、と思ったり。どっちかというと後者の方か。何でもかんでも芸能ネタにしたがる芸能マスコミは、もうちょっと利口になれよ、と思う。今回のコクーン歌舞伎についてキッチリ質問したあとでなら、という気持ちは串田和美にもあっただろうに。

 というか、串田さんにこんこんと叱られていたあの女レポーターが泣き出した涙声で謝罪すれば面白かったんだけどなあ。あの商売は厚顔無恥じゃないとできないから、なかなか泣けないだろうけど。仕事としてレポーターのスイッチが入っているときには。


 夜になると、というか、横になると咳がひどくなる。気管が圧迫されるから?

 それでも、昨日の分の睡眠時間を取り返すように、寝る。

今朝の体重:計れず(風呂屋に体重計はあったはずだが)

本日の摂取カロリー:2202kcal

本日の消費カロリー:331kcal/8502歩

2014年6月 6日 (金曜日)

原稿直しつつ、弾丸ツアーに出発

 7時ごろ起床。

 雨。

 朝のモロモロを済ませて、朝飯を食おうとしたら相方から電話。打ち合わせをいろいろ。

 で、トースト2枚にたまごサラダの朝飯を食って、仕事開始。

 昨日の夜に届いた相方のメモを参考にしつつ、「第2章」「第3章」を直して行く。

 気分転換に、今夜出発の盛岡弾丸ツアーの旅支度。と言っても、着替えを詰め込むだけ。

 年1回の大吉方の1回目。おれの星は東北でお水を戴く。その時間が午前5時~7時なので、前泊しようかと思ったが、経費節減と時間節約のために、WILLERの夜行バスに乗る。午前5時に盛岡に着くので、なんとかなるだろう。

 しかし咳がまだ出るので、それが心配。予約したとき、こんな風邪を引くなんて思ってなかったもんなあ。これだったら前泊して安い旅館でゆっくりした方がよかったけど、もう当日だし変更できないから決行するしかない

 ヒルメシは、スパゲティを茹でてペペロンチーノの素を混ぜる。なかなか美味い。

 仕事再開。

 大半は直したが、相方から追加ファイルが届くはずの部分と、「第3章」の最後の部分の書き足しが残る。後者はちょっと考えないと書けないので、ペンディング。

 近所でおにぎりを買ってきて、食う。シャケとたらこ。

 「5時に夢中!」を見る。ミッツ・マングローブ、ピーター、中尾ミエという顔ぶれはなかなか壮観で、みんな仲がいいので、ふかわりょうだけが仲間はずれ。

 相方からまだファイルが届かないので、直しを終えて旅に出ようと思ったが、それは無理と判断。というか、別にそんなキリの良さを追及することもないか。

 予定より早めに家を出る。

 外は雨。結構降っている。

 北千住の松屋で牛丼を食って薬を飲み、喉を湿らせるマスクとペットボトルのお茶を買い、上野御徒町経由で大江戸線で都庁前。

 ここは新宿住友ビルに繋がっていて、住友ビル1Fには「格安長距離バス」の発着場が出来ている。と言っても待合室と出発案内の人がいるだけ、と言ってもいい簡素なモノ。

 おれは、夜行バスって、学生時代にJRのドリーム号(当時は東京ー大阪)に乗ったっきりだから、不安。たぶん眠れないだろうと覚悟はしているが。あの頃のドリーム号はとてもショボイ夜行バスで、何故か高速道路を降りて浜松辺りの寂しーいドライブインで休憩になって、その景色が凄く侘しかったんだよなあ。今は昔。

 で、雨は強くなってきて、バスが無事に走るんだろうか不安になるほど。

 予定より早くバスに案内された。

 おれの席は「01A」。一番前ってこと?もしも事故ったら一番危ない座席だなあ……。

 乗ってみると、このバスは前半分が3列シートで後ろ半分が4列。3列の方が隣への気遣いがなくて済む。しかも「01B」は空席で、「01C」は運転手の休憩席だった。

 これは有り難いが、シート自体がそんなに広くない。バスだから入れ物全体が狭いし、やっぱり夜行は鉄道には敵わないなあ。

 しかも、走り出したら「お客様の安眠のため」に、窓は全部暗幕で塞がれてしまう。運転席との間も暗幕で仕切られてしまうので、もしもの場合、何がなんだか判らない状態で……。

 車窓を眺めていたらウトウトするだろうと思ったのに、外も見られないって……一瞬、アウシュヴィッツ行きのユダヤ人輸送列車を思い出してしまった。もちろんコンセプトもテーマもまったく違うんだけど。

 だけど、外は見たいなあ。雨に煙る夜の高速道路を眺めたかったなあ。

 バスは順調に走り出し、走行音と雨の音しか聞こえない。

 乗客はみんな物凄くマジメというかストイックというか、オヤジがビールを飲んで柿の種をポリポリ食っている雰囲気ではない。シンとして物音一つ立てない。他の乗客を気遣って、音を立てまいとしているのだ。

 静かだけど……異様な緊張感がある、とも言える。大阪方面行きのバスも同じなんだろうか?

 

 で、おれは、定期的にお茶で喉を潤したり、トローチを舐めたりしていたが、やっぱり、咳は出る。が、毛布をクチに当ててゴホゴホやると、かなり音は吸収されるようだ。

 恐らく、このバスで唯一、騒音を発生するダメな客は、おれ。

 それでも、咳を我慢すると、なんか蓄積されていく「何か悪いもの」がある感じ。

 佐野SAで休憩。降りてトイレに行って、思いっきり咳をする。

 まだ雨が降っていた。

 その後2箇所で休憩があった。次のSAでもバスを降りて、売店で大福を買って食ったが、その次の休憩では、さすがに眠くなって寝ていた。

 21時45分に発車して、1時くらいまでは眠れなかったが、その後は断続的にうとうとしたようだ。

 暑くて汗をかいたので薄いパーカーを脱いだが、今度は寒くなってきたので着る。この繰り返し。

 しかし東北方面に向かう人たちは、怖ろしく行儀がいいなあ。凄く緊張して恐れ入ってしまうほど。

 

 車内ではスマホを見るのは「他のお客様の迷惑」になるので禁止。ということは、iPadもダメ。まあ、バスの中で小さな字を読んでいると酔ってしまうのだが。

 安眠ポジションが発見できないまま、それでも、1時を過ぎると意識を失ったようだ。

今朝の体重:89.05キロ

本日の摂取カロリー:2532kcal

本日の消費カロリー:日常生活+132kcal/3394歩

2014年6月 5日 (木曜日)

安静にしてるのに咳は止まらず

 8時ごろ起床。

 曇り。

 一応、4日遅れだとは言え、「第3章」を終えたので、今日はゆっくり直し&構想を練る日にしよう。

 気分的にゆったりすれば、風邪も治りが早いだろう……。

 と思ったが、咳はなかなか治らない。昨日よりは幾分ラクにはなってきているが、インフルエンザが治る時みたいに「劇的に熱が下がった」「咳がピタリと止まった」ようにはいかない。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはトースト2枚にゆで玉子、牛乳。

 相方と電話で打ち合わせをするが、「第2章」から「第3章」にまたがる直しの箇所が多くて、覚えきれないので、メモにして送ってくれるよう頼む。お昼過ぎには、と言うことだったので、それまでおれも大きな直し・書き足し部分を考える。

 が、原稿最優先で後回しにしてきた税金関係の書類整理をして、必要書類をプリントアウトなどして、まとめる。これで気分的にはスッキリ。

 お昼になり、NHKのニュースを見て「サラメシ」再放送を見る。この番組は毎回いい話を集めて上手いことまとめるよなあ。テレビマンユニオンって凄いなあと思う。

 この会社はテレビの独立系製作会社第一号で、ずっと真面目な番組ばかり作っていて、賞は取るけどあんまり見たいモノはなかった(「オーケストラがやって来た」は別)けど、年を経るごとに真面目なテーマを面白く見せるテクニックを開発して、今やこのジャンルでは独壇場だろう。この必勝テクニックを開発するまで、おれの感覚では10年以上掛かっていると思うが、最初の大成功が「アメリカ横断ウルトラクイズ」だろう。あの真面目なテレビマンユニオンが、こんな超大作で超馬鹿馬鹿しい企画を大当たりさせたのは画期的だったと思う。こういう企画が大好きな日本テレビならではのモノとは言え。

(*きちんと調べたら、「ウルトラクイズ」の企画は日テレが立てたもので海外ロケのノウハウがあるテレビマンユニオンはその経験を買われて参加した形だったのね)

 お昼は、ベーコンをじっくり焼いて、「ベーコンごはん」。簡単で美味い。

 その後も、簡単な部分の直しをしようかなと思ったが、だったらまとめてやればいいじゃん、とダラダラ。

 まあ今日は休養だということにしよう。

 雨が止んだ隙を狙って外出。

 郵便物を出し、セブンイレブンで弁当を買う。出前を取るよりずいぶん安く済むもんね。

 「5時に夢中!」を見る。岩井志麻子は時々、とてもいい話・考えさせられる話を繰り出してくるが、下ネタですべてを消し去るという荒技を使うもんなあ。

 番組を見ながら弁当を食べる。

 早々と風呂に入る。ゆっくり浸かって汗を出す。

 風呂から上がって、ダラダラとテレビを観る。「ケンミンSHOW」で沖縄のコンビーフハッシュが出てきたが、これ、東京で売ってたらおれは常備したいねえ。

 「天才凡才ランキング」って、他の番組のパクりをまとめたような番組だが、俳句についてはナルホドと思いつつ見る。

 とんねるずの番組は、出演者のおふざけで終始してる感じ。

 で、「続・最後から二番目の恋」を見る。

 ラストに向けてのブリッジみたいな感じの回だったなあ。このドラマは毎日15分でも永久に放送して欲しいみたいな感じになる。

 そういや、一昔前だと「田舎暮らし」は地元からうさん臭がられていたのに、今は過疎に悩む地方都市が積極的に誘致しているらしい。その第一位が長野の佐久。いろんな意味で移住者に手厚いらしいが、ここは雪が降るし冬は寒そう。

 館山あたりは、そういう事はしないのかなあ。古民家の斡旋とか……。

 メールをチェックすると、相方から書き直し・書き加えチェック・メモが届いたが、明日やる事にして、23時30分就寝。

 今日は涼しそうなのでエアコンを切って寝たら、暑くて目が覚めて、エアコンのタイマーを入れる。

 咳がひどい。

 こんな状態だと、夜行バスに乗るのは迷惑になって無理かも。しかし今からキャンセルすると大損するしなあ……。

 朝方になって暑さ寒さがいい案配になると、咳も止まって、物凄く安堵。

今朝の体重:89.35キロ

本日の摂取カロリー:2206kcal

本日の消費カロリー:日常生活+14kcal/195歩+16kcal(自転車) 

2014年6月 4日 (水曜日)

咳と闘いつつなんとか「第3章」終える

 8時前起床。

 ゴミ出しをする。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、電話で相方と打ち合わせをして、仕事開始。

 なんとか今日中に「第3章」を終わらせたい!昨日、思ったほど書けなかったのが痛い。

 途中、アサメシ。トースト、ゆで玉子、牛乳。

 済んだら即仕事再開。

 モリモリ進むが、これはもうケツに火がついているから。

 普段なら一日一関門突破というペースだが、今日は3つくらい関門を突破した感じ。

 喉は抗生物質が効いて、ツバを飲み込むのさえ痛かったのがかなり緩和された。それでも喉の奥がイガイガして、そのために出る咳が止まらない。昼間は起きているからそうでもないが、横になるとイガイガが刺激されるのか、咳が出まくるのよね~。

 咳をするたびに、くーたんがにゃ~んと鳴く。心配しているのかうるさいと言ってるのか。ま、心配してくれていると思っておこう。

 咳が止まらない以上、他の人に感染すのはイヤだし自分だって悪化するかもしれないから、今日のテニスは休むことにして連絡する。

 仕事を進める。

 ヒルメシはベーコンごはんにしようと思ったが、それじゃ重くて食後、睡魔に襲われそうだったので、きつねうどんにする。

 以前はうどんがヒルメシじゃ決定的に足りなかったのに、最近はちょうどいい分量になった。だから体重は減っているのね。

 ちょっと休憩。

 「ミヤネ屋」は旧今市市のあの事件について。しかしまだ未解決で時効を迎えてしまった連続事件の方は、栃木県警はもう捜査する気はないのか?「殺人犯はそこにいる」が日本推理作家協会賞を取った今、マスコミもガンガン報道すべきだ。じゃないと犠牲になった子供たちが浮かばれない。

 仕事再開。

 結構疲れてきて、昨日までなら「もう打ち止め」と思ったところだが、頑張る。

 「5時に夢中!」を見る。いつもは17時30分までしか見られないが、今日は最後まで見たぞ。って、特にいい事もないけど。

 しかし美保純ってトシを感じないなあ。何時までも若いのは驚異的だなあ。高校生の頃、大学生に成り済まして「ピンクのカーテン」を見に行ったもんなあ。しかも美保純はロマンポルノ女優だったことをまったく隠さないのがいい。

 咳が収まっていたら相方と夕食を食べる約束をしていたが、この調子では相方に感染しそうなのが心配なので、会わないことにする。

 18時になって、夕食は弁当を注文することにして、「トリカラ焼肉弁当」にする。

 雨は降っていないのだから食べに出ればいいし、コロッケとか買ってくればいいようなものだが、ここで外に出ると調子が狂ってしまうので。

 18時30分に弁当到着。早速食べる。

 食後少し休憩。日テレ「笑ってコラえて」を見る。この番組、面白いと思うんだけどなあ。もう長寿番組で、最初の頃の視聴率は取れなくなってきて、打切りが囁かれるようになったのは寂しい限り。

 番組を聴きながら、仕事再開。

 21時前に、なんとか出来て、相方に送る。

 もう、へとへと。

 風呂に入り、「報道ステーション」を見る。

 小保方さん、「ネイチャー」誌に載った論文の撤回に同意。しかしそれは理研で行われる検証実験に参加して、STAP細胞が実在することを立証するため、らしい。

 おれとしては、「完全に無理」と立証されるまで、小保方さんを応援するぞ。別にファンではないが、これまで「とんでもない発見」をした学者は攻撃されるのが常だった歴史があるのだから、小保方さんも、そんな「迫害される天才」の一人じゃないかという気持ちが消えないのだ。

 「マツコ&有吉の怒り新党」を見てから寝ようと思ったが、途中から起きていられないほど眠くなったので、0時過ぎに就寝。


 ミクシィでマイミクさんが週刊新潮「黒い報告書」を読んでくれて褒めてくれたのに感激。この原稿はとても苦労したし、書きたかった部分が伝わったようで、それがとても嬉しかった。

 夜中に何度か起きて、トイレに行ったり。

 明け方、タイマーで切れたエアコンを付けたり。

 朝まで爆睡とはいかず、何度も起きたし、咳が出る。

今朝の体重:89.35キロ

本日の摂取カロリー:2364kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2014年6月 3日 (火曜日)

やっぱり医者に行った

 7時過ぎ起床。

 ベッドパッドを夏仕様に切り替えて、今まで使っていたモノを洗濯。今日は薄曇りなのでベッドパッドを乾かすには最適だろう。

 そんな朝のモロモロを済ませるが、どうも喉の調子が昨日より悪い。ツバを飲み込むのさえ痛いし、声も違うぞ。

 昨日よりマシになっていれば、と思ったが、悪くなっているので、これは医者だと決定。

 10時過ぎにいつもの病院へ。

 待合室には患者はチラホラとしかいなかったので、こりゃ待たずに診てもらえるわいと思ったが、どこからか患者が現れて、先に名前を呼ばれて診察室に入っていく。

 看護婦さんに「順番ずいぶん飛ばされてるようなんですけど、予約の方ですか?」と訊いたら、処置室に先に行っていた患者さんだとか。なるほど。だったら順番を待たなきゃね。

 体温を測ったら、37.3度。いわゆる微熱。特に熱があるような感じではなかったのだが、微熱があると知った瞬間、なんだか急にカラダがグッタリして重病感に襲われてしまった。逆プラセボー効果。おれはたぶん、癌ですと誤診されたら本当に癌になってしまいそうな体質だなあ。

 待つ間に、相方からメッセージが来ていたが、返事を打っているときに呼ばれるかもしれないので、後回し。

 結局、1時間ほど待って、診察。

 抗生物質などを処方して貰う。

 薬局で薬を買うが、昨日買ったトローチには薬の成分が入っているので併用して大丈夫かと訊いたら1日の摂取量を超えるので服用しないでくださいと言われた。この薬局はきちんと調べてくれるので信頼出来るなあ。

 どこかでランチを食って帰ろうかと思ったが、薬をたくさん飲まなきゃいけないので、家で弁当を食うことにして、カキフライ弁当を買って帰る。

 帰宅して、食事して薬を飲む。

 図書館から本の返却期限が過ぎているというメールが来た。

 え?この本、読んだ記憶が無いぞ……と思って部屋の中を捜したら、本の中に埋もれていた。

 ざっと見たら資料として今後も活用できそうなので、他の本と合わせてアマゾンに注文し、図書館の本は返却。

 そのために外出。

 少し暑いが、すっかり夏の風で、とても気持ちがいい。しかし今は暑いだけ。早く直さないと。

 本を返して、郵便局に寄って下田の民宿に予約金を送って、帰宅。

 仕事をしなければ。

 「第3章」で残っているのは、濡れ場の仕上げと、その後の部分。

 なんとか進めるが、薬が効いてきて、全身がカッカして、眠い。うー。

 「ミヤネ屋」を見ていると、栃木で起きた幼女殺人事件で犯人を逮捕というニュース速報が出るが、舞妓さんの取材ビデオが流れていて中断できないので、それが終わってから、ニュースに切り替わる。

 しかしこれは、冤罪となった足利事件の真犯人ではなく、ちょっと時期が外れて手口も違う事件のほうだった。別件で捕まえた犯人がこの事件もやりましたと自供していて、慎重にウラを取っていたのだと。

 栃木県警は、連続幼女殺人事件の真犯人をまだ挙げていない。「殺人犯はそこにいる」(日本推理作家協会賞受賞おめでとうございます!)が指摘した「真犯人」はまだ野放しなのだ(尾行とか付けている可能性はあるが)。

 しかしこの犯人は、鬼畜だね、本当に。子供の対する犯罪は、無条件で激怒する。動物に対しても同じだが。

 仕事に戻る。

 ちょっと頑張れば終わるのに、そのパワーが出ない。いや、ちょっと頑張れば終わるんだったら明日にしてもいいじゃん、と思ってしまう……。

 「5時に夢中!」を見る。今日の岡本夏生も「いい女」風メイク。

 18時になって、メシの支度。サッポロ一番味噌ラーメンにキャベツとソーセージとゆで玉子を入れて食い、残ったスープにゆで玉子を追加してご飯半膳分を入れて簡易おじやにして食う。この食い方が美味いのは「サッポロ一番味噌ラーメン」だけ。他の味噌ラーメンでも美味いと思うけど、塩ラーメンや醬油ラーメンや豚骨ラーメンではダメ出し、マルちゃん正麺シリーズでもエースコックのワンタンメンでもダメ。

 食後、薬を飲んで、休憩。

 ニュースを見ていると、今日はもうダメ、という感じになってきた。仕事を進めるより早く直そう。

 とは言え、明日の仕事が進みやすくなるよう、メモを書く。

 風呂に入り、22時30分に就寝。

 薬のせいか、暑い暑い。エアコンを切ったら暑くて目を覚ますだろうと思ったので、凄く弱く設定して回したまま。

 寝入ったところに電話。相手は快楽亭だった。松竹歌舞伎の地方巡業、澤瀉屋の「一本刀土俵入」を越谷まで見に行って、市川中車が悪くなかったので励ましてやろうと思ったけど、「澤瀉屋」ではみんな澤瀉屋だから区別がつかなくなるので「九代目!」と声をかけることにしてタイミングを狙っていて、ここだと思ったら、どこかの馬鹿が「ヨンダイメ!」と声をかけたと。

「四代目は猿之助であって、中車は九代目。それに四代目はヨダイメであってヨンダイメとは言わないのに。黙れこのバカとか言ってやりたかったけどそれじゃあ芝居を壊してしまうので我慢して、次のタイミングで『九代目!』とかけたら、その馬鹿がアタシのが間違いだと言わんばかりにまた『ヨンダイメ!』って。お前は猿之助と中車の区別もつかねえのかって、あんまり腹が立ったから越谷で一人飲んでました」

 という面白い電話だった。

 寝直す。

 が、2時過ぎにお腹が痛くなって起きて、2度ほどトイレへ。ヘンなモノ食った記憶は無いんだけどな。

 明け方にも起きてトイレへ行ったが、思い切り寝てやろうと思っていたので、寝直す。

今朝の体重:89.45キロ

本日の摂取カロリー:1821kcal

本日の消費カロリー:日常生活+17kcal/487歩+125kcal(自転車)

2014年6月 2日 (月曜日)

喉は痛いが仕事は進んだ

 6時起床。

 1時間寝不足だが、目が覚めてしまったんだから仕方がない。

 なんかの番組で、50~60台の適切な睡眠時間は6時間30分とか言ってたけど、個人差が大きすぎるよねえ。とは言え「寝るのにも体力が要る」というのは本当だと思うけど。

 早速洗濯物を干しに行く。

 その勢いで朝のモロモロを済ませてしまい、8時過ぎには仕事開始。おれのジンクスだと、今日は仕事が進むぞ~!進まなきゃ困るんだけど。

 9時過ぎに相方から電話が入って打ち合わせ。ちょうど書いていた濡れ場の位置について、書いていてしっくりこないが他に移すところもない……と相談すると、相方が名案を出したので、スッキリ収まった。その分書き直さなければならないが、結果がよければそれでよし。

 トースト1枚に牛乳の超シンプル朝ご飯を食べて、仕事。メシより仕事というアタマになっているのは、完全に仕事モード。

 どんどん書く。

 午後になって最近開店したセブンイレブンに行き、高菜明太子ごはんとカップヌードルミニを買ってきて、ヒルメシ。

 ウチの近所は以前からミニストップがあるが、ここは狭くて、なんか楽しくない。しかしセブンイレブンはそのへんをよく考えてありますな。まあこっちは新築だから設計も自由にやれたんだろうし。

 仕事。

 夕方に、病院の午後の診察を受けに行こうかと思っていたが、咳が出て喉が痛い以外は別状ないし、病院に行ってリズムが狂うのがイヤなので、市販薬で治そうと決意。

 一区切ついたので外出して、喉スプレーやトローチなどを買って帰宅。

 外は暑い。ちょっと外出しただけで汗が噴き出す。こりゃ完全な夏ですな。地球の上に夏が来る~。

 「5時に夢中!」を見る。今日もマツコはふかわの進行を無視して勝手に喋っているが、ふかわもMCの強権を発動してぐいぐい進行。その「ヘゲモニー争い」がギャグになっている……かな?

 いつも止めた方がいいと思っている「やっつけ晩ご飯」、今回はリンゴジュースを使った豚肉の生姜焼き。これは美味そうじゃん。

 で、夕食。ソーセージとベーコンを炒めて、キャベツの千切りやポテトサラダと。ベーコンは醬油を付けてご飯に巻く。美味いねえ。メシが美味しく感じられるうちは大丈夫。

 しばらく休憩。日テレ「有吉ゼミ」をちょっと見る。坂上忍に別荘を買わせようという企画。いいなあと思ったら8800万円!

 仕事に戻ったりテレビを観たり。

 

 大阪の准看護師の事件、犯人の疑いが濃厚な日系ブラジル人の女は、同居していた中国人留学生が本国に帰ることになって居場所がなくなるので、新たな寄生先を捜して目を付けられたのが被害者だったのか。

 帰宅したらこの前10年ぶりに会った中学時代の同級生がいて、居座られるというのは、実に嫌な展開だ。一度部屋に入れてしまうと、物理的にも放り出すわけにも行かないし。

 被害者が「身体が震えるほどの怒り」というのは、ずっと同居させてくれ生活の面倒を見てくれと言われたのか……。

 被害者の名義でパスポートを取ったのは、言い争いか何かになって被害者を殺めてしまってのち、どうしようもなくなって中国の彼女のところに行くしかないと思い定めたのではないか?

 どっちにしろ、被害者にとってこの女は疫病神であり悪魔だったわけで……こういう展開は我々の身辺にないとは言えないところが怖ろしい。中高年になったかつての同級生が突然やって来て、昔話に花を咲かせていたら、しばらく置いてくれと言われて……と言う展開はないとは言えない。

 風呂に入り、明日書く分に回した濡れ場の直しや、その後のメモを作って、本日の営業は終了。

 さっさと寝ようと思っていたら、日テレの「月曜から夜ふかし」を見てしまった。この番組は面白い。

 だいたい今は(いや、もう10年以上前から)、ゴールデンタイムにやってる番組より深夜枠の方が面白い。

 1時就寝。

今朝の体重:89.95キロ

本日の摂取カロリー:1727kcal

本日の消費カロリー:日常生活+64kcal/1466歩+99kcal(自転車) 

2014年6月 1日 (日曜日)

自宅謹慎したが風邪は治らず喉が痛い

 お~。今日から6月。

 8時過ぎ起床。

 晴れ。

 睡眠をたっぷり取って気分はいいが、喉は痛い。風邪と言うより喉が腫れて咳が出る。って、風邪か。

 朝のモロモロを済ませて、元気があるウチになんとか仕事を進めようと、仕事開始。

 長いトンネルをやっと抜けて、次のブロックは快調に進む。時間を掛けて書いた部分も、あとから読んだらどうしてそんなに時間がかかったのか意味不明だろう。

 

 仕事が快調に進むと、不思議なもので、症状も軽くなってきたように感じる。仕事が進まないと風邪も重く感じて寝込んでしまいたくなるが、どんどん書けると、このまま喉の痛みも消えてしまうんじゃないかと思えるほど。消えないけど。

 アサメシは、トースト、コーンフレーク、ゆで玉子。

 快調に飛ばすが、このブロックには濡れ場がある。そういう雰囲気に持っていくのに工夫が必要。

 慎重になったところで、14時。NHK-FMで「きらクラ!」が始まる。

 先週のふかわは安全運転だったが、今日(と言っても先週の金曜に録音したもの)はけっこう飛ばしている。

 冷凍うどんを解凍して、たぬきうどんにして食べながら聞く。

 この番組はフランス音楽を多く流す傾向にあるせいか、おれもその影響を受けて、フランス音楽が以前より増して好きになった。フランセを教えてくれたのはこの番組。それだけでも大いに価値がある。

 そして、既知の名曲も、いい演奏で流してくれる。先週放送の「シェラザード」はアンセルメの演奏で持っているが、ゲルギエフの録音があまりに素晴らしいのでCDを買ってしまったり。

 聞きながら気持ちよくなって、ウトウトしかけたので、ソファで寝ながら聞こうかと思ったら、16時になってしまった。名残惜しいのう。

 ご飯が炊けるまで仕事。

 今日はこれまでの遅れを取り戻す意味でも、今書いているブロックを終わらせてあわよくば次のブロックも、と思ったが、それは無理。なんとか濡れ場の骨格だけでも作れれば。

 ご飯が炊けて、蒸らす間に、ロールキャベツをホワイトソースで煮込む。昨日は2つだったが小ぶりなので今日は4つ。

 「鉄腕DASH」を見ながら食べる。今日は「最高に美味いラーメンを作る」プロジェクトは放送しないのね。

 それにしても、あれだけ手塩にかけて育ててきたDASH村を、原発事故で放棄せざるを得なくなった事実。これは地元に住む多くの人を襲った不条理と同じ。

 それを思うと、ほんと、涙が出て来る。

 その地域に核廃棄物の中間貯蔵施設を作ろうとしている。どこかに作らなければ困る施設だが、当然ながら地元は大反対。

 この問題は、とても難しい。それはよく判る。電気を使ってるのは東京なんだから東京に施設を作れという言い分も判る。「どこかに作らなければ仕方ないんだし、福島のことを思えば誰かが犠牲にならなければ」という意見には本当に申し訳ないと思う。

 この問題は難しいが……早急になんとかしなければならないことも事実なので……。

 「軍師官兵衛」、やっと官兵衛が救出されるが、半兵衛は死去。荒木村重の不可解に見える行動にも「死んだら負け」という強い意志が一貫しているのだ、と言う解釈に、なるほど、と思う。

 この大河、おれはとても面白いと思うんだがなあ。

 少し仕事を進めて、風呂。

 ゴミ出しをして、少し仕事。

 しかしMacの隣で、くーたんが「遊べ!」と鳴き続ける。ネコの言いなりにならない方がいい、という教えに従って無視していると、くーたんは諦めてキッチンの方に行くが、それはそれで可哀想。結局、おれが負けて、猫じゃらしを出して、しばし遊ぶ。

 やっぱり遊んでいるときの猫は、その表情といい動きといい、一番生き生きしている。遊んでやらないとなあ。

 厚木で起きた、5歳児餓死事件。幼児をネグレクトして餓死させた事件はこれまでにもあったが、この件が一番残酷な気がする。いやもちろん、こういう事件に一番も二番もないのだが……。

 5歳と言えば、物心がつくころ。なのに部屋に閉じ込められて週に1,2度しか帰らない愛情のない父親を待ち、その時だけ弁当を食べて、衰弱していく……。

 この父親の立場になって考えることも出来るし、家を出ていった母親の立場になって考えることも出来るが……餓死して白骨になってしまった彼の絶望は如何ばかりだったろうか。

 0時過ぎ就寝。

今朝の体重:90.05キロ

本日の摂取カロリー:1749kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 2014年5月25日 - 2014年5月31日 | トップページ | 2014年6月8日 - 2014年6月14日 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト