« 2014年6月22日 - 2014年6月28日 | トップページ | 2014年7月6日 - 2014年7月12日 »

2014年6月29日 - 2014年7月5日

2014年7月 5日 (土曜日)

仕事もメシもバリバリと

 6時前起床。

 例によって、トイレに行ったら二度寝出来なくなったので、起きる。

 雨は上がったが路面は濡れている。

 朝のモロモロを早々に済ませて……日記を書いていると、地震。遠くで大きな地震。

 テレビをつけると、岩手北部が震源で最大震度5弱。

 被害がなくてよかった。

 

 で、アサメシ。これまた例によってトースト1枚にコーンフレークにゆで玉子。なんだかんだでこれが一番調子がいい感じ。ベーコンエッグやスクランブルエッグにするとちょっと重いし。それか、ご飯なら卵かけご飯か目玉焼きですなあ。

 で、9時前に仕事開始。昨日終わらせることが出来なかった「第4章」。あと少しで終わるのに~状態だったので、ガリガリ進める。

 で、お昼前の11時頃になんとか終了。読み返してから、相方に送る。

 う~。かなり遅れたし、まだ最終が残っているが、「第4章」はかなり手こずったし、途中、2度も中断したので、「難航した」印象が強い。

 グッタリ。

 休憩して、録画した「タモリ倶楽部」を見る。錦糸町の東欧美女が揃うお店で東欧のお酒と名物料理の飲み比べ&食べ比べ。

 お酒はどれもキョーレツにキツそう。しかし食べ物はジャガイモを使った料理が多くて、どれも美味しそう。

 錦糸町方面のオヤジは、「ルーマニア」というと「コマネチ」となって、ビートたけしの例のギャグをやるのがお約束と化しているらしい。さすが錦糸町。ルーマニアのお姉さんは呆れ果てていたが。そりゃそうだろうなあ。未だにガイコクでは日本人というと「ハラキリ!」と叫ぶ現地人は少なくないらしい。おれは遭遇した事はないが。

 見終わって、そのまま「生活笑百科」を見ていたら、眠ってしまった。相当疲れている。寝不足が溜まってきたこともあるが。

 気がつくと「軍師官兵衛」の再放送が始まったので、起きる。

 岡田准一は「土牢での幽閉」前後で芝居を変えたと言っているが、今はもう「ダーク官兵衛」「ブラック黒田」そのもの。本人が「大河史上最高にワルい顔」と言っているし。

「一途で真っ直ぐな官兵衛は土牢の中で死んだのです」

 で。

 腹が減った。

 天気予報では今日はずっと雨だが、降っていない。

 突然、東中野の「大盛軒」で「鉄板麺」を食いたくなった。いや、ずっと食いたいなあと思い続けていたのだが、北千住から東中野は遠いので、もう何年も行っていない。

 「大盛軒」は昔、江古田にも店があって、おれはここと「カルチェ」と日芸正門前にあった「長寿庵」の三箇所で昼飯を食っていたのだ。学食は殆ど行かなかった。安いのは安いけど、不味かったし、食うモノがカレーとそばしかなかった(あ、正体不明のフライ盛り合わせの定食もあったが)。

 その中でも、一番ガッツリ系なのが「大盛軒」の「鉄板麺」だった。だから、我が青春の味。

 

 東中野へ行く。

 北千住駅前で済ましちゃおうかなあとか誘惑もあったが、ここは毅然として初志を貫徹しよう。

 ということで、45分かけて、東中野。

 腰痛が出てからあんまり歩いていなかったので、歩いてリハビリも兼ねて。

 店内は混み合っているが、カウンターに席はあって、勇んで座り「鉄板麺!」。

 30年前とは多少グレードアップしている。ニンニクチップや生卵は昔は付いてこなかったし、もっと安かった。しかし今は880円。

 しかし……美味い!もっと近所なら週1で通いたいなあ。

Img_0569

(この写真は数年前に行ったときに撮ったものだが、状態は以前も今もまったく変わっていない)

 見た目は凄いが、実は、ラーメンは魚介系のあっさり味だし半ラーメンで具は海苔だけ。

 ご飯もドンブリだが、さほど大きくない。

 鉄板焼きは、殆どがキャベツ。

 だから、絵的にはインパクトはあるが、カロリー的にはさほどでもない(はず)。学生時代はこれの「ご飯大盛り」とか食べてたもんなあ。

 大満足して、店を出て、帰りは大江戸線経由にする。JR東中野駅を挟んで正反対の位置にあるので、歩く。

 オシャレなマンションや美味そうな肉料理の店が並んでるなあ!北千住も徐々に変わりつつあるけど、こっち方面とはやっぱり違うもんなあ。分断当時の東ベルリンみたいな感じだもんなあ。

 で、北千住に戻る車中で、Jノベルに連載する連作短編の第1回の構成が頭の中で出来た。

 ノッてる時ってこうなるのね。

 ルミネで崎陽軒のシウマイ弁当を買って帰宅。

 車中で考えがまとまったプロットを書いてしまう。

 それも相方に送る。

 この勢いで「最終章」の構成も、と思ったが、さすがに疲れた。

 その後は、ダラダラ。何をしたか、記憶が無い。たぶん何もしていないのだろう。と思っているのは本人だけ、という可能性もあるが。「青空レストラン」を見逃したのは覚えている。

 あ、思い出した。

 溜まった新聞に目を通したのだ。

 先週の土曜日から、土曜版で「武士の家計簿」の磯田先生が連載しているコラムで、「徳島の津波」についての記述が始まった。磯田先生のご母堂が、徳島・牟岐の人だとは!おれの親父も牟岐出身。

 1946年の南海道地震(正式な名称は違うかも)は、母親があっていて、その事はよく聞かされたが、母親は津波のことは言っていなかった。

 しかし牟岐は大きな津波に襲われたらしい。

 今日の土曜版にはその第2回が載っている。

 「鉄板麺」を食ってさほど時間が経っていないが、また腹が減ったので、シウマイ弁当を食う。これも無性に食べたくてたまらなかったもの。

 美味しく戴きました。

 テレ東の「悪条件の旅」は、路線バスの旅に勝るものはない。これを見たり、日テレのぜんじろう先生の実験を見たり、「めちゃイケ」の沖縄トンデモ・リゾートの旅を見たり。

 相方から電話で、今週の「フラッシュ」に興味深い記事が載っているというので、近所のコンビニへ急ぐ。

 で、お目当ての「フラッシュ」の他、上野浅草のグルメ本とかオリーブオイルとかアイスクリームとかいろいろ買ってしまった。

 会計してくじ引きを引いたら、発泡酒とかモンスター・エナジーも当たってしまった。

 帰宅して、21時からは「アド街ック天国・築地場外」を見る。

 美味そうな店が多いねえ。しかし築地場外は人も多いから。押し合いへし合いというのは嫌だ。

 明日は晴れるので、洗濯。朝の物干し場戦争に打ち克つのだ!

 その後、「情報7デイズ」で、野々村議員の「アレ」をまた見て、大笑い。これほど笑われる議員も史上希有だろうなあ。この人は高校時代から感情の起伏が激しかったらしいが。

 で、橋下市長が記者会見で、「(会見で)どうしてこの人にもっと突っ込まないんですか?」と記者に問い「それは、泣いちゃうから」と言われて、「じゃあ僕も泣いちゃったら突っ込まれないの?」と言っていた。それと「ワン西宮とか言ってたそうだけど、西宮は元々一つじゃないですか」とも。そりゃ橋下市長も呆れるよなあ。

 モーレツに眠くなったので、23時すぎ、就寝。

今朝の体重:90.15キロ

本日の摂取カロリー:2131kcal

本日の消費カロリー:日常生活+242kcal/5715歩

2014年7月 4日 (金曜日)

書いても書いても終わらない PART2

 4時過ぎにトイレに行ってまた寝て、珍しく8時過ぎ起床。

 雨。

 朝のモロモロ(くーたんのご飯、くーたんのトイレ掃除、前日の日記書き)を済ませて、アサメシは例によってトースト1枚、コーンフレーク、ゆで玉子、ハム&マヨネーズ。

 仕事開始。

 昨日の勢いで、今日の午前中に「第4章」を終わらせるぞ!

 という意気込みは充分あるのだが……何故かかき入れ時であるはずの午前中は、まるで乗れないまま。なんでやろ?

 兵庫県議・野々村竜太郎の「号泣絶叫記者会見」は世界中に反響を呼んでいるし、お笑い界にも大いなる刺激を与えたようだ。「県議を辞めてもサンジャポのゲストに呼べる」とか。野々村氏だったらその気になるかも。でも、「絶叫号泣芸」は一発ネタでしょ。コウメ太夫の「ちくしょー!」ほども保たないだろうねえ。

 快楽亭から電話。19日の高座録音の確認。雑談の中で、しきりに寄席を懐かしがるので、名古屋・大須演芸場の状況を伺うと、大家さんに金が集まらないので大須演芸場の再開場はまだ先だとのこと。さよなら公演で元席亭の手にはかなりのカネが入ったけど、滞納したままの家賃はまったく払う気がないらしいと。

 今月の師匠のアバウトな予定を伺って、お中元に小田原・菜の花の「夏柑ゼリー」を送る事を約束する。

 しかし、これだけ師匠の大好物だと知られているはずなのに、「誰も送ってきませんよ」だって。ホント?

 まあ、破門された某お弟子さんも、これを買ってきて進呈すれば破門は解けたのに……師匠についてのリサーチ不足は弟子にとっては致命傷。

 電話を切って、「菜の花」に注文を出す。これは本当に美味しいので、ついでに自分用にも買う。

 で、高座録音用の客席用マイクの1本が不調でノイズが出ているので買い換えようと思いつつ買っていないことも思い出した。

 もう何年もノイズが出ていて、苦心しながらカバーしていたのだが、買い換えよう。

 アマゾンで同じマイクを探して注文を出す。

 そんなこんなで昼を過ぎると、ようやくエンジンが掛かって進み出す。

 始まりが遅かった分、これは終わるのは夜になるなと覚悟を決める。予定より2日遅れだぜ。

 が……。

 まだ書いていない分、必要な分量は目算より多く書かなければならない内容であると判明。というのは妙な表現だが……。構成表にある内容をきちんと本文として書くと、思った以上の分量がなければ小説にはならないということが書いていて判った、ということで……。まだまだ未熟でありんす。

 午後というか夕方、ランチ。挽肉ピーマンの炒飯を応用して、それのスパゲティ版を作る。が、彩り的にトマトを入れた方がいいだろうと思ったのだが、トマトを入れてから炒めすぎた。水分がかなり出て、その分塩胡椒を多めにしたのだが、味としては水っぽくなってしまった。粉チーズを大量にかけてもダメ。見てくれはなかなかのモノになったのだが。

Img_1619

 トマトは強火でさっと炒めなければいけないのね。

 ちなみに、この皿は白いけど、山崎春のパン祭で貰ったものではありません。やたらデカくてやたら重い。たしか、アマゾンで探して買ったモノ。

 ま、見た目はカフェで出て来る「小洒落たパスタ」みたいでしょ。

 仕事再開。

 ガリガリ書く。

 「5時に夢中!」を見る。が、例によって途中で意識不明に。しかし、ミッツ・マングローブのナレーションはアナウンサー並に上手い。声の出し方がアナウンサー。凄く頭のいいヒトだしね。

 東MAXが欽ちゃんファミリーの内情を暴露!と言いつつ、おおいに笑わせてくれたが、一番笑ったのは視聴者のクレーム「汗を拭いた万札(が巡り巡って自分に回ってきたの)を使いたくない。万札で汗を拭くのは止めてくれ」に対して、「ほんとに拭いてないから!万札とおでこの間には指があるんだから!」とモーレツに釈明したところ。

 仕事再開。

 「第4章」を終えるまで、めし抜き!

 途中で食べると眠くなるし、明らかにペースが落ちる。

 ガリガリやる。かなり書いたはずだが、まだ終わらない。うひ~。

 予定枚数はとっくに超えているから、長くなっている。

 空腹に耐えかねて、メシにする。しかし20時を過ぎたし、外に出ると、もうその時点で本日閉店状態になるし、自炊しても本日閉店になるし……。

 ということで、お茶漬けにする。これなら仕事を再開出来るだろう。

 で、お茶漬け。さらさら食べて、仕事再開。

 続けるが、22時を過ぎて、頭がモーローとしてくる。低血糖か?そんなバカな。

 しかし、低血糖による交通事故も、続くねえ……。妙に続くのは飛行機事故だけかと思ったが。しかし、どうして同じような事故って続くのだろう?

 あと1,2ページ書けばあがる、というところで、ギブアップ。

 大事なところだし、ここはじっくり書いた方がいい。

 ということで、ノルマを果たせず、23時30分、ぶっ倒れるように寝る。

 くーたんが遊べとさかんにアピールしているが、もうダメ。

今朝の体重:90.65キロ

本日の摂取カロリー:1918kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ(外出せず)

2014年7月 3日 (木曜日)

書いても書いても終わらない……

 まず、戴き物のご紹介を。

Photo

「抱かずにはいられない」(イーストプレス/悦文庫)

東京・江古田――三つの大学が集まっている学生の街。喫茶『カルチェ』はそんな街の片隅にある小さな店だ。かつてシンガーソングライターを目指していたマスター、朝倉のいれる美味いコーヒーと居心地のいい空間を求めて集う学生たちや編集者、昔のバンド仲間たち。そこには切ない別れや予想外の出会い、そして熱い想いがつまった一晩限りのセックスがあった…。70年代終わり。学生街の喫茶店を舞台に繰り広げられるノスタルジック官能の最高傑作!

 牧村さんに、発売前の御本を頂戴しました。8話からなる連作短編集です。

 この連作短編に登場する「江古田のカルチェ」は、偶然にも、おれが学生時代、毎日のように通って昼飯(スパゲティが美味かった)を食っていた喫茶店。設定はまったく違うので、名前だけ同じでモデルにはなっていないのですが、「江古田のカルチェ」というキーワードでノスタルジーのスイッチが入ってしまいました。今はもう無い、というのも「もののあはれ」を誘うし……。

 7月10日発売予定。是非、書店にて。

 で。

 6時過ぎに目が覚めて、7時ごろまでベッドでゴロゴロしていたが、起きる。

 腰痛はほぼよくなったが、まだ完全ではない。

 朝のモロモロを済ませて、ご飯を炊く。

 昨日はバリバリ進んだ「第4章」なのに、今日は止まってしまった。書く気運が盛りあがるまで、ひたすら待つしかない。

 号泣錯乱議員・野々村竜太郎の話題は、英タイムズも報じたほど、世界中でイジられる存在になった。早速アンガールズ田中がモノマネしたし、多くの芸人がネタにしているらしい。

 で、当人は取材拒否。まあ、あんなに錯乱した記者会見をやったんだから、どの面下げて公衆の面前に現れるのか、ってところだけど。

 やがてご飯が炊けたので、アサメシ。卵かけご飯。ご飯をお代わりして、磯海苔で。かなり湿ってきたので磯海苔をフライパンで炙ると、香りが復活。ちりめんじゃこもパラパラとかけて食う。美味い!

 そんなこんなで、すぐ昼になってしまった。

 NHKの「サラメシ」を見ようと思ったら、ニュースの時間がズレてお休み。残念!

 

 このところ「ユニークな番組作り」が評価されているテレ東だが、昼にやっているヒルメシを見せて貰う「昼めし旅」というっ番組は、「サラメシ」の劣化パクリ。やっぱりパクリはダメだ。「サラメシ」は取材が丁寧だし、仕事や人生についての面白い話を引き出せているから、食を通した優れたドキュメンタリーになっている。なにより中井貴一のハイテンションなナレーションがいい。

 フジテレビ「バイキング」を見ると、浅香唯がアイドル時代にスクープ写真を撮られた現場を案内していたが、浅香唯が当時住んでいたのは、助監督をしていた当時のおれが住んでいたところから目と鼻の先だった!目黒区上目黒の蛇崩川交差点。へ~。こんな近くに住んでたんだ!歩いて3分の距離。

 番組では「主演映画『YAWARA!』が大ヒット」と紹介していたが、全然ヒットしなかったんだけど。ヒットしてたら多くの人の運命が変わっていただろう。

 で、あの頃の浅香唯は、現場の態度が最悪だったんだよねえ。マネージャーたちの態度の方がひどくて、チヤホヤされすぎた結果だと思ったが。

 午後になっても書く機運は盛りあがらず……と悠長な事を言っている場合ではない。とにかく書き進めなければ。昨日の予定では、今日の午前中にあげてしまうつもりだったのに。

 と思いつつ、ずっと書きあぐねて後回しにしてきた濡れ場に手をつける。

 とにかく、やっつけるか、とやっと手をつけたら……おかしなもので、エンジンが掛かった。

 興に乗るというのはこういう事なのね。あれほど書きあぐねていた本作最大の濡れ場、なかなかイヤらしく書けた。

 あ~よかった!

 その勢いを駆って、他の部分も書く。

 ここで時間。カイロプラクティックへ。本当は明日の予約を入れてあったのだが、明日は雨模様だし、夕方には「第4章」も終わってキリがいいと思って予約を変更したのだが……。

 「第4章」はまだまだ終わらないし、雨も明日の夕方には止んでいるらしい。

 また変更するのも悪いので、仕事を中断して、カイロへ。

 施術して貰い、来週のテニスはやっていい、と許可を貰う。

 その足でスーパーに寄って、洗濯洗剤や夕食のおかずなどを買い込んで、帰宅。

 「5時に夢中!」に間に合った。

 W杯ドイツ代表の監督は、集中すると鼻くそをほじって食ってしまうと中瀬親方が先週発言したので、「あなたは鼻くそを食べますか」とバカなインタビューを表参道で敢行。よくやるね……。

 その上、ドイツ料理を出すバーのドイツ人オーナーに「ドイツ人は鼻くそを食べるのが好きなのか」とケンカを売るようなインタビューをしていた。この番組はヒドイね!

 「私はもうドイツに行けない!」と中瀬親方はこのいじられようにガックリしていたが。

 その後、TBSの夕方のニュースを見ていると、神戸のイノシシ騒動について取材していて……。

 神戸の住宅街にイノシシが出没し始めたのは21世紀初頭だったと記憶するが、当時から、イノシシにエサをやる人が問題になっていた。最近はすっかり人をナメきったイノシシが増えて、「人間は食べ物補給係」と思い込んで、襲ってくるようになった。

 で、怪我人も出ているのに、今もイノシシにエサをやっている人がいる。

 そういう人は、自分がいけないことをしていると判っている。だからカメラを向けられたオバハンは逃げ出すし、執拗に追ってくる取材に「あんたらが無茶苦茶するから」と訳の判らないことを口走り、「イノシシが可哀想やないの!エサあげないと死んでしまう」と言い放った。

 おれも野良猫にエサをやったことは多々あるからイノシシにエサをやるオバハンを批難する資格はないかもしれないが……しかしイノシシの場合は、怪我人が出ているのだ。

 「イノシシにエサをやるのを禁止する」条例が出来たが、罰則がない。しかし、今後はエサをやる人の名前は公表するらしい。しかし、この程度じゃあイノシシにエサをやる奴らはビクともしないだろう。

 同じ神戸市民が襲われて怪我をするのは、エサをやって人間を恐れなくなったイノシシが増えているからだ。なのに、エサをやる連中は、無視。

 他の市民が襲われて怪我をしているのに、エサやりオバハンとエサやりオッサン(以前の取材ではオッサンが「なんでイノシシにエサやっていかんのや!」と逆ギレしていた)はその事実を一切無視している。

 神戸市民は民度が高いと思ってきたけど、これを見ると、全然ダメじゃないか。神戸市民が自覚を持って、自分たちが被害に合うかもしれないのだから、警察や行政に頼らず、自分たちでエサやりジジババに対決しなきゃイカンだろ。市民意識もない自分勝手なジジババは、同じ市民が撲滅しなきゃ、人を襲うイノシシは増えるだけなのに。

 ま、神戸市の対応も生ぬるいのはもちろんなのだが。エサやり禁止の条例に罰則規定を設けて、何がいけないの?

 死人でも出なきゃ、どうにも出来ないの?

 このままだと、近々、足腰の弱った高齢者が襲われて死人が出るぞ。それでやっとエサやりジジババも反省するんだろうけど、遅いだろ!

 ま、神戸のことは神戸の人が何とかしてください。

 夜は、挽肉ピーマンのチャーハンを作り、買ってきたお総菜の、ミニ・メンチカツ、ピーマン肉付けフライ、椎茸肉付けフライを温め、サラダとともに。

 美味い美味い。

 「とんねるずのみなさんのおかげでした」をついつい見てしまった。軽井沢でタレントを水に落とすの、実に馬鹿馬鹿しいけど、笑っちゃうねえ。みんな騙されてると言うけど、薄々気づいてるでしょ。それを逆手に取ってる訳だけど。

「細かすぎて判らないモノマネ」は、B級インド映画を再現したチームが優勝。いやこれは優れていた。

 

 あ、そうか。もう「続・最後から二番目の恋」は終わっちゃったのね。あのラスト、思い返すと妙に切ないねえ……。

 仕事に戻る。

 夜食に、食パン1枚と牛乳。

 元AKBで、女優としていい仕事をしていたえれぴょんこと小野恵令奈が芸能界から引退するんだって!

 惜しいだろ!おれはアイドル系のタレントが引退してもあんまり惜しいとは思わないのだが、この人は「無邪気な小悪魔」が抜群に上手い逸材だと思っていたので、もったいなくてたまらないぞ!映画「さんかく」で見せた、同棲カップルの彼女側の15才の妹役「桃」(無邪気に彼にチョッカイを出す)が抜群だった。無防備なタンクトップ姿がチョー刺激的だったし。

 惜しいなあ。実に惜しい。でもまあえれぴょんも二十歳を超えて、いつまでも「無邪気な小悪魔」でもないしなあ……。

 くそ~あと少しで終わるんだけどなあ。でも後、2場面残ってるしなあ。

 もう眠くなってモーローとし始めたので諦めて、シャワーを浴びて、くーたんと遊んで、寝る。

 1時30分、就寝。

今朝の体重:90.95キロ

本日の摂取カロリー:1970kcal

本日の消費カロリー:日常生活+17kcal/396歩+72kcal(自転車)

2014年7月 2日 (水曜日)

洗濯物干しまくって仕事もバリバリ

 6時前起床。というか、目が覚めてしまった。

 晴れ。

 昨夜洗濯しておいた洗濯物を干す!

 この時間に先を越されていたらおれの負けだ(もちろんその洗濯物は移動させるが)と思いつつ屋上に行くと、こんなこと思ってるバカはおれだけだったようだ。

 部屋に戻って、どうせならと、タオルケットや枕カバーも洗う。

 その間に、朝のモロモロを済ませる。

 朝日新聞もさあ、「閣議決定」をしてしまってから大きく取り上げるのって、バカじゃないの?どうして「与党協議」の最中からこれくらい大きく扱って危機感を煽らなかったの?

 こういう段取りが出来ていたように思われても仕方がない。閣議決定してからだったら何を書いてもいいからって。たぶん、そういう段取りが出来てたんでしょ?

 ネットで「野々村竜太郎」という名前が頻出して、記者会見での発言を再録したもの、という文章がWikipediaに貼られていた。

『2014年、前年度の政務調査費として約300万円を支出していたことが発覚し、同年7月1日に記者会見を開いた。しかし、会見中に感情的になり、涙ながらに語る異例の記者会見となった。会見では「誰ガデー! ダデニ投票シデモ! オンナジオンナジヤオモデェー!」「ンァッ! ハッハッハッハー! この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! アゥッアゥオゥウアアアアアアアアアアアアアアーゥアン! コノヒホンァゥァゥ……アー! 世の中を……ウッ……ガエダイ!」と述べ、選挙での投票により日本の世の中を変えたいとの思いを語るなど、政治に対する志を涙ながらに主張した。また、高齢化問題についても「高齢者問題はぁ……グズッ……我が県のみンドゥッハッハッハッハッハアアアアァァ! 我が県のみンゥッハー! グズッ我が県のみならずぅう! 西宮……日本人の問題やないですかぁ……命がけでッヘッヘエエェエェエエイ! アァアン! アダダニハワカラナイデショウネエ……」と述べ、高齢化問題は県だけでなく国全体での取り組みが必要と指摘するとともに、この問題に対する意気込みを涙ながらに主張した』

 

 なんじゃこれは、と思っていたが、実際の記者会見の映像が貼られて、もう爆笑。なんだこの男。

 ここ数年、ちょっと涙ぐんだだけで「号泣」とか書かれる「言葉のインフレーション」が激しいが、これはもう、文字通り、正真正銘の「号泣」。というか、錯乱か。

 泣き顔がイノッチに似てるんだけど……。

 まあ好意的に解釈すれば、4回落選して、やっと県議会議員に当選したのに、という思いが溢れたということか。いや、やっと議員になれたのにクビかという思いが溢れたと言うべきか。

 そんなに議員になりたくて議員になって、バリバリ政治をやりたいと思っているなら、ウソ視察旅行とかするなよ。「領収書の取り方が判らなかった」って、アンタ小学生か?市の職員をやっていたんだったら、キップを買って領収書を貰う方法とか知ってるだろ。

 城崎温泉の観光関係の人は、「議員さんが来たら名刺交換させて貰って記録に残すけど……来てないですよ」と言ってたし。

 3年間で800万のカネ、たぶん借金返済に使ったんじゃないの?

 いつものトースト1枚、コーンフレーク、ゆで玉子のアサメシを食べてから、仕事仕事。

 

 「第4章」。今日は捗る。捗らないと困る。

 どんどんやる。

 仕事が進むと、心に平安が訪れるなあ。詰まっているとカリカリしてしまうけど。


 小保方さんは、今日は理研に出勤したのね。再現実験に成功するのか?


 途中、ベッドパッドも洗濯して、最初に干したTシャツなどが乾いたので入れ替わりに干す。洗濯物の二毛作みたいな感じ。

 昼は外に出たくなかったので、買っておいたセブンイレブンの「担々麺」(中身はエースコック)と、近所で買ってきたおにぎり2つ。このカップ担々麺は美味い。しかし、匂いがキツくて、残ったスープをシンクに流すと、いつまでもキツい匂いが残るぞ。

 仕事再開。


 15時ごろ、洗濯物を回収。きっちり乾いてくれた。おてんとさんに感謝!


 16時を過ぎて、「プライスレス」が気になって再放送を見る。予定調和の極み!登場人物すら予測してしまう主人公の「意表を突く行動」。そしてそれが上手く行きそうで失敗、という定番の展開。キムタクのドラマという大きな制約があると、こういう展開になってしまうのは仕方ないんだろうけど……。

 キムタクは俳優じゃないもんね。キムタクだから。

 って、2年前のドラマにあれこれ言っても仕方ないけど。

 その分、中井貴一がいいんだよねえ。

 今日のテニスは、腰痛のためにお休み。

 「5時に夢中!」。水曜日のふかわは余裕の進行。同じナベプロの後輩・アレキサンダーをイジリ倒す。

 しかし、美保純の可愛さは奇跡というか驚異というか、恐怖に近いねえ。年齢を考えると、まさに美魔女。

 モテない男にモテる秘術を授けるコーナーの講師に、中村うさぎが突っ込みまくり。「そんなことねーよ!」と全面否定。こういう展開が出来るのはこの番組ならではだよなあ。

 フジテレビの夕方のニュースが、上記の「野々村竜太郎の号泣錯乱絶叫記者会見」が気に入ったのか、17時前と18時に流す。まあ、何度見ても大爆笑なんだが。

 夜は、北千住東口の「定食かあちゃん」で、相方と打ち合わせしつつ、サンマの開き定食に、茄子味噌とネギぬたをシェア。

 隣に座ったハゲオヤジが無駄にデカい声で携帯で電話している。こういうクソオヤジがいるから「店内での携帯電話のご使用はご遠慮ください」って店ばかりになるんだよな。

 その上、くしゃみを10連発。しかもオヤジらしくハンカチで口を押さえることはせず、「ハックショーイ!」とデカいくしゃみをするのが男らしいとでも思ってる不作法ぶり。

 隣のオッサンにデカい声で「北千住の酒場に関する考察」をさも得意げに伝授していたが、とにかく、声がデカい!市場で競りをしてるんじゃねえんだぞ!

 よっぽど注意しようかと思ったが、こういう不作法なオヤジは厚顔無恥で社会常識に欠けていて「おれがルールだ」みたいに思い込んでいるバカが多いので、我慢した。

 ほんと、こういうオヤジは社会の害毒。

 ま、声がデカくてくしゃみをしまくっただけで、喧嘩をふっかけられたりこっちの会話に割り込んできてイチャモンをつけられた訳じゃないんだけどね。

 おれも立派なオヤジだが、こういうクソオヤジは心底、好かん。この辺だから棲息してるんだろうけど。

 資料をコピーして相方に渡し、帰宅。

 シャワーを浴びる。

 腰はだいぶよくなった。80%くらいか。

 ニュースで、W杯ベスト8の試合をダイジェストで観たが、このレベルはもう、芸術ですな。それを思えば、日本はやっぱり、まだまだ発展途上。マスコミの無責任な煽りを信じてしまったおれがバカだった。

 というか、日本代表は体調管理に失敗したの?主力の本田や香川は体調不良だったの?

 日本本来の力が出せなかった、というなら、どうして出せなかったのか、その原因をハッキリさせなければいけないのは当然。

 ブラジルでのキャンプ地選定ミスという説が出ているが。

 夜のニュースでも、野々村議員の号泣錯乱絶叫記者会見は大人気。こんな醜態を曝して、どうするの?

 TBSの「ニュース23」で、子宮頸がんワクチン接種で被害を受けた女性を追っていて、国の対応の及び腰ぶりに激怒。

 で、今でも「ごく一部の副作用が出た症例を持ってこのワクチンを接種しない風潮が出来てしまったのは大変遺憾」とか「先進国でワクチン接種が伸びないのは日本だけ」とか、製薬会社にいくら貰ったんだと胸ぐらを掴みたくなるようなことを書くヤツがいる。自分の娘がこんな被害を受けても、同じ事を書くんだな?え?と詰め寄りたい気分。

 この件については、週刊新潮の担当N氏が本当に怒っていて、「あ、この人は本物だな」と思った。何かに本気で怒れる人は本物だと思っているので。で、N氏から、この件について、詳しい裏事情などを聞いて、猛烈に腹が立った。インフルエンザのワクチンで製薬会社に損をさせた埋め合わせに子宮頸がんワクチン接種のキャンペーンを張ったと。それで被害が出たので、国としては正面切った対策がし難いのだと。

 なんとひどい話!厚生労働省は、国民に目が向いていないのだ。

 くーたんと遊んで、23時30分、就寝。

今朝の体重:90.65キロ

本日の摂取カロリー:2053kcal

本日の消費カロリー:日常生活+33kcal/894歩+67kcal(自転車)

2014年7月 1日 (火曜日)

こんな日に恐縮ですが、美味い肉を食った

 6時過ぎ起床。でも昨夜は早寝したのでたっぷり寝ることが出来た。

 薄曇り。

 朝のモロモロを済ませるが……昨日から腰が痛い。ごく軽い腰痛だが、これを放置していると「本当の腰痛」になるのは経験的に判っている。

 9時になるのを待って、カイロプラクティックに電話。お昼の12時なら空いているというので、急遽予約を入れる。

 アサメシは、先日コンビニで買ったソーセージエッグマフィン。マクドナルドのアレを真似た味。まあまあでんな。

 では午前中は、先月分の税金関係の書類をまとめてしまう。

 その税金関係の書類をゆうパックで送ったり、お稲荷さんにお参りしたりして、カイロ。

 いつもの「腰椎5番」。久々に運転したせいか?デスクワークは、なんだかんだで椅子に座りっぱなしじゃないが、車の運転だと同じ姿勢を続けるもんね。

 明日のテニスは駄目、と先生に言われる。まあそれはそうでしょうね。

 帰路、北千住東口に回ってくーたんの好物を買い、駅前のラーメン屋で念願のランチを食べる。いつの間にかメニューが増えていて、パイコー麺があるぞ。ランチセットで半チャーハン。

 肝心のパイコーは肉が極薄。もうちょっと厚く出来ないのかねえ?美味しいんだけど。

 しかし、チャーハンの方が美味かった。ふっくらして絶妙。美味いぞ!

 資料になる雑誌記事を読むために区立中央図書館に行く。

 しかし借り出されていて12人待ちなので、諦めてバックナンバーを買うことにする。

 13時過ぎに帰宅して、雑誌のバックナンバーを注文。

 仕事開始。

 光文社「第4章」。なんだかんだで中断が続いていた。しかしもう尻に火が付いている。ヤバいぞ!

 しかしこれまで書いた分を読み返して、いろいろ思い出してペースを掴まなければ。

 16時になって、再放送の「プライスレス」を見る。一応、危機というか難関はあるが、キムタクのドラマだから結局上手く行くんでしょ、という大前提で見てしまうので、多少の危機があってもハラハラしない。救いの神になるだろう香川照之も登場したし。「嵐を呼ぶ男・キムタク」というコンセプトはもう使いすぎて擦り切れてしまったと思うなあ。だからキムタクのドラマは視聴率を取れなくなってきたんでしょ?

 「5時に夢中!」。火曜日以降は安心して見られる。ふかわも余裕で猛獣たちを操っている。そうか、やっぱり月曜のマツコが「浅いインテリもどき野郎であるふかわ」を食いちぎらないといけないんだな。

 特集で、東京ー徳島を走る、今日本でいちばんデラックスな夜行バスを紹介。1台のバスに12室の個室(殆ど個室)があるだけ。風呂こそないが、シートは155度傾いて殆どベッド。う~ん、これなら乗ってもいいかな。個室だからカーテンを開けて外を見ても迷惑にならないだろうし。でもまあ、基本的にシートはシートで、デブおじさんには厳しい環境ではある。熟睡は出来ないし。

 寝たような寝てないような状態で早朝、バスを降りるのはとても惨めな感じがするんだよなあ。寝台車だとそんなこと感じないのに。

 夜は、分厚いヒレステーキを焼く。

Img_1616

 油を使わずフライパンで焼くと、この前の「波状グリルパン」より早く焼けたし中までいい案配で火が通った。これくらい分厚い肉なら普通のフライパンの方がいいのかな。

 温野菜にサラダ。フライドポテトはオーブントースターで。ご飯はヌキ。

Img_1617

 ミディアムレアで、肉はとても柔らかくて赤身の滋味が溢れて、きわめて美味しかった。

 スーパーのライフは、こんな分厚いヒレ肉(160グラムだけど)を500円くらいで売っている。他のスーパーでは売っていない。ライフ、優秀じゃん!と思う。

 夕方に「憲法解釈の変更」を閣議決定して、あのぶよぶよ顔のアベが記者会見。ゴタクを聞きたくないので、見ないで食事に専念。

 食後、調理の際に肉を焼く煙を全身に浴びて気持ちが悪いのでシャワーを浴びる。腰痛の関係で、風呂は数日ダメ。

 その後、ニュースを見ないで、仕事再開。

 何度も繰り返して書くけれど、閣議決定で憲法解釈の変更をするのは法的に有効なの?

 憲法って、すべてに優先する国の最高法規じゃないの?

 それを、国民の判断も経ないで内閣(選挙に勝って国民の支持を得ているということになっているが、憲法改正や憲法解釈の変更について積極的な支持を得たのではないぞ!)が解釈の変更という事実上の「一時的改憲」(内閣が変わればまた希釈の変更が出来る)をしてしまえるのか?

 これって、やっぱり、法的根拠がないんじゃないのか?

 これが出来るなら、「象徴天皇制」だってなんだって解釈の変更をして違う規定にしてしまえるということになる。

 これって、憲法の停止、つまりクーデターってことになるんじゃないの?

 どう考えても、「解釈改憲」というワンテーマ・ワンイシューで総選挙をして国民の審判を仰ぐべきだ。

 「(日本人を乗せた)アメリカの船を日本が守れるようになるんです!」とアベは胸を張ったが、そもそも緊急事態が発生したとき、アメリカの艦船は日本人を乗せないという説が有力らしいぞ。紛争地域から日本人を脱出させたいなら日本は自分の船を出せと。

 アベは無茶苦茶な屁理屈を使って「集団的自衛権」を主張しているのに、野党もマスコミも公明党も、ツッコミが浅すぎる。かなり鼻薬を嗅がされたんだな、と言われても、このていたらくでは仕方がないぞ。

 どうしてもっときちんとした議論が出来ないんだ?

 というか、野党から、倒閣とか総選挙の声がまったく、全然出て来ない。タテマエでもいいから、「安倍内閣は解散総選挙をやれ!」とどうして言えないの?今総選挙をやったらもっと負けるのがミエミエだからだろうけど。

 野党は総崩れだもんね。小選挙区の政権交代が可能な二大政党制じゃないもんね。

 これも、民主党がグダグダで、集団自衛権について党がまとまれないという致命的な状況にあるからだ。

 維新の会も同様にグダグダだし、みんなの党はもっとグダグダ。

 最悪。

 ネトウヨは元気満々で無知蒙昧なことばかり書き散らしているし。

 もう、最悪。

 と思ったら、腹が下った。

 何度もトイレに行く。

 「報道ステーション」を見ると、22時を過ぎても首相官邸を取り巻くデモは続いている。

 原発反対デモの時より警官隊は厳しく対応しているようだ。

 なんか、凄く嫌な雰囲気。

 

 アベの祖父・岸信介が推し進めた日米安保改定は、冷静に中身を見れば、改定前の物よりマシになっているのに、大反対を受けて物凄いデモになった。60年安保って、どうしてあんな大変なことになったのか、おれはよく理解できない。

 しかし「昭和の妖怪」と言われた岸信介よりも孫のアベの方がずーっと無茶なことをしているのは明白。ここまで憲法をバカにした総理大臣はいなかった。

 取り巻きが最悪。岡崎久彦みたいな「特殊な人」を取り巻きに入れたら不味いだろう。この人が現役外交官の時代に書いた本は幾つか読んでいるし、その後の活動も知っているけど、この人はとても「特殊」だよ。取扱注意だよ。

 くーたんと遊んで、23時、就寝。

今朝の体重:90.80キロ

本日の摂取カロリー:2669kcal(昼が重すぎた)

本日の消費カロリー:日常生活+11kcal/360歩+152kcal(自転車)

2014年6月30日 (月曜日)

午前中でエネルギーを使い果たした

 6時ごろ起床。

 やっぱり何時に寝ても6時ごろ目が覚めてしまうようになった。もう、早寝するしか睡眠時間を確保する方法はない。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませ、アサメシ。トースト1枚、コーンフレーク、ゆで玉子にハム&マヨネーズ。

 10時になって相方から「黒い報告書」の原稿が戻ってきたので、最終確認。

 午前中かけて、みっちりやる。

 お昼前に、週刊新潮N氏に送稿。

 外出して、ATMで金を下ろして松屋で牛丼(お新香セット)。

 帰路、郵便局に寄ってスピード違反の罰金を納付。

 帰宅したら、もう、暑い!晴れ間も見えて、完全に夏の空気になっていた。無性に嬉しい。

 多くのオトナには申し訳ないが、おれは、夏が大好きなのだ!

 デブだけど、汗っかきだけど、夏が好きだ!

 で。

 午後は「第4章」に戻って、原稿ファイルを広げたが……。

 バッテリーを使い切ってしまった。

 眠い。

 グッタリ。

 しばらく格闘したが、敗れ去る。

 ソファにごろんとして、再放送ドラマを幾つか見る。渡瀬恒彦のテレ朝の、「警視庁捜査一課9係」を見る。設定自体はこのチームだけ単独で動いて解決してしまうリアリティ無視なドラマだが、話は練られていて、なかなか巧いなあ。泣かせるし。

 フジテレビのキムタクもの「プライスレス」も見る。キムタクはいつものキムタクだが、その分、脇がいい。香里奈もいいけど、やっぱり中井貴一!真面目で小心だけど、引かないところは頑として引かないというカッコイイおじさんが持ち役になってしまった感があるけど、この人くらい上品な二枚目がやると、まったく嫌味が無くて、いいんだよなあ。若い頃の中井貴一は「ふぞろいの林檎たち」以外はそうでもなかったが(東映でヤクザもやったし)、中年以降は、ぐんと魅力が増して、とてもファンになった。コミカルな役もやるようになったせいか?若い頃は二の線でやってたからなあ。でも、素顔も真面目で真っ直ぐな好青年だったんだよねえ。

 再放送で見るドラマはどれも面白くて、力を入れて作っているのが判るし、レベルも高い。でも、なにかが時代に合わなくて視聴率が取れないこともある。なかなか厳しすぎる世界だなあと思う。

 「5時に夢中!」を見る。火曜日以降はふかわの「猛獣曲芸」「猛獣の調教師」な面白さがあるが、月曜だけはマツコという猛獣に毎回食いちぎられている。もしかしてこれって、打ち合わせや台本があって、芸として見せてるの?

 いやしかし、マツコの嬉々としてふかわに食いつくあの感じは完全なアドリブというか、マツコの天衣無縫な振る舞いだよなあ。

 今回は「フランス政府が書店を保護するために補助金を出す」とニュースで、うっかりマツコに振ったら食いつかれてしまった。しかし今回は、と言うか毎回そうなんだが、マツコの言い分が正しいし論理的。ふかわは「フランスのエスプリ」という魔法の言葉で逃げようとして逆に墓穴を掘った。

 まあ、月曜は、この「調教師ふかわがマツコという猛獣に食いちぎられる」姿を眺めるのが面白いんだよなあ。

 夜は、町屋の「ときわ食堂」で相方と打ち合わせを兼ねて。

 サバの塩焼き定食、にゴーヤチャンプルーとアスパラガスとほうれん草胡麻あえをシェア。

 帰路、千住大橋の「ライフ」で買い物。欠乏していた物資を補給したので、かなり買い込んだ。分厚いステーキ肉もあったので、買う。これ、焼くのに10分以上掛かるんだよなあ。

 帰宅すると、くーたんが死にそうな声を出してお出迎え。ネコって寂しいときとか腹が減っているときに、死にそうな声を出す。芝居が巧いのだ。

 で、くーたんにご飯を出し、風呂に入り、くーたんと遊ぶ。

 しかし……。

 どう考えても、事実上、憲法を大幅にねじ曲げる「憲法解釈の変更」つまり、憲法の運用の変更という大きな事を、閣議決定という簡便な手段でやれてしまうのかどうかが納得出来ない。

 というか、そもそも、閣議決定で、憲法解釈の変更ができるの?

 第六十五条に「行政権は、内閣に属する」という規定があるのを根拠にしているようだが、これって、有効なの?行政権って、そんなに強いの?行政を行うために憲法の規定が邪魔になったら解釈変更して切り抜けるとしたら、内閣は拳法の上位にきてしまうんじゃないの?

 自民党の高村副総裁は、自民党の中で一番アタマがいい人らしい。今回の法律的支柱として大活躍しているが、この人の言い分はかなりおかしい。というか、詭弁だ。

「閣議決定について、こんなに議論したことは私の知る限り、ない」からと言って、その議論の中身が正しいわけではない。えんえんと議論すれば間違った議論は正当化されるのか?

 地方議会で集団的自衛権について反対の決議が沢山出されているが、高村サンはそれを「不勉強」と一蹴した。そうか?その根拠は「長時間議論してるから」だって。

 この人、そんなにアタマがいいとは思えないんだけどねえ。

 で、こんなに大きな憲法解釈の変更をするなら、解散して、この問題をテーマにして総選挙すべきだ。前にも書いたが、郵政民営化の是非で総選挙をしたんだから、憲法解釈の変更の是非を問う総選挙は、絶対にすべきではないか。

 もっというなら、憲法改正を発議すべき事だ。

 おれは、集団的自衛権については、全面的に出来ないと言い続けるのはかなり厳しいと思っている。しかし、法治国家として、憲法がある以上、憲法の制約の下に政治を行うのは当然というか必然だ。それで不具合が起きるなら、憲法改正をすべきだ。

 閣議決定という手段で、実質的な憲法改正をしてしまう、と言う方法は、絶対に間違っている。

 実際には関係法令を改正しなきゃ実行できないから、それぞれ国会審議を経なければいけないのだから、「閣議決定」というのは内閣の方針でしかない、というけれど……与党が多数を握っている現状では、関連法案は全部可決されるでしょ。

 だけど、というか、なのにというか、野党は全然、解散だ総選挙だ内閣不信任だ、と言わないね。まるで力が無いからなあ。民主党もダメ出し維新の会もダメだし……これも、アベ政権の工作で野党が完全に弱体化してしまったのか?

 大手マスコミも、特に、アベが大嫌いな朝日新聞ですら弱腰だもんね。第一次安倍内閣を倒したときのような舌鋒鋭い「アンチアベ・キャンペーン」も張らないし。まったく、ガッカリだよ!

 今夜はモーレツに眠いので、22時30分ごろ就寝。

今朝の体重:90.50キロ

本日の摂取カロリー:2240kcal

本日の消費カロリー:日常生活+144kcal/3082歩+77kcal(自転車)

2014年6月29日 (日曜日)

一日中、仕事のみ(ちょっとFM)

 6時ごろ起床。

 雨。

 この雨はまもなく止んだが、昨日の予報とは違って、強い雨雲が接近中。

 洗濯物は乾燥機に入れて乾かす。

 その間にレーダーを見ると、雨雲は消えていた……。

 しかし。10時ごろだったか、モーレツな雨が。

 その後は晴れ間も出たので、ちょっと待てば屋上に干せたかと思ったが、午後になってまた豪雨。今日は乾燥機を使って正解だった。いちいち天気にビクビクするのは宜しくない。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ。ご飯、磯海苔、目玉焼き、しじみ汁。

 キュウリの漬け物を食べようと容器を開けたら……じいさんになった浦島太郎みたいな真っ白のキュウリがあったので、慌ててフタを閉める。カビって一気に増殖するのか。先週末は何ともなかったのに。

 仕事開始。今日は週刊新潮「黒い報告書」をやる。明日が〆切。

 相方のメモが届いているので、それに準拠してやり始める。夕方には出来るだろうと楽観していたが、モデルにする事件について、追加で調べてみると、いろいろ「新情報」が出てきたし、担当N氏からの注文もあるので、いろいろ工夫しなければならない。最初に参考にした記事では、「二人いる犯人の一方」の情報しか書かれていなかったので、もう一方については想像というか創作で埋めなければならない。創作と言ってもこの事件に沿った線で考えないと話が脱線転覆してしまう。

 

 熟慮しつつ、仕事を進める。

 昼を過ぎて、ランチ。那古船形で買ってきた「あさりのオリーブオイル漬け」を使ってスパゲティ・ボンゴレを作る。が、あさりに火を通しすぎてしまって、なんだか妙な物になってしまった。次作るときは茹でたスパゲティに絡める程度にしてみよう。

 14時からは「きらクラ!」。放送100回記念と言うことで、今回はふかわが好きな曲ばかり流す。が、原曲はクラシックでポピュラー音楽に編曲されたものを流す「はじまりはクラシック」コーナーで流れたアル・ジョルスンの歌声に、妙にハマってしまった。いつの録音だろう?SP原盤からノイズを取り去ったのだろうか?う~ん、いいねえ。

 途中からソファでウトウトしながら聞く。日曜の午後の正しい過ごし方、と言う気がする。

 16時になって起き上がり、仕事再開。

 雑誌の仕事は字数制限が厳しいので、行数を確認しつつ進める。

 新宿南口の甲州街道を跨ぐブリッジの上によじ登った男が焼身自殺を図った。なかなかニュースサイトで報じられなかったが、ネットにはいろんな人がいろんなアングルから撮った画像がある。この男、火傷で済んだようだが。

 18時前に外出。北千住駅前の「富士そば」で盛りそばとミニかき揚げ丼を食べて、コンビニに寄って帰宅。

 買ってきたシュークリームと食べ、コーヒーを飲んで、仕事再開。字数を確認しつつ書いたところを削りながら書き進むので、なかなか終わらない。

 「鉄腕DASH」のダッシュ島開拓、よくやるよなあ。しかしこの無人島、入り江がとてもいい形だよなあ。しかし無人島って、怖いよね。

 20時からは「軍師官兵衛」。土牢から生還した官兵衛は「ブラック官兵衛」に変身して、ニヒルになっている。

 しかし毛利って、ほんと、援軍を出さないで見殺しにしてばかりだよなあ。これじゃあ信用を失うのに……ってそれも想定内の生き残り戦略か。

 旧体制と信長の板挟みになった光秀の苦悩、察するに余りある。って、おれはナニサマだ?

 見終わって、仕事再開。

 しかし……そろそろバッテリーが尽きかけ。しかし今夜中に書き上げて相方に送らねば。

 くーたんが「遊べ!」とうるさい。

 「今忙しいんだから、ちょっと待て!」と言うと、30秒は静かになるが、すぐまたにゃあにゃあと激しいアピール。

 無視して仕事を進める。

 頑張って、なんとか23時過ぎに終了。削りすぎて数行足りなくなったが、それは相方が書き足すスペースにしておこう。

 読み返して確認して、相方に送る。

 風呂に入り、くーたんと遊び、ゴミ捨てをして、夜中の「サッカー番組」を見てセルジオ越後の「日本代表への提言」を見ながら、またくーたんと遊び、1時就寝。

今朝の体重:90.90キロ(ま~そーだろーねー)

本日の摂取カロリー:2093kcal

本日の消費カロリー:日常生活+27kcal/793歩+20kcal(自転車) 

« 2014年6月22日 - 2014年6月28日 | トップページ | 2014年7月6日 - 2014年7月12日 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト