« 2014年7月6日 - 2014年7月12日 | トップページ | 2014年7月20日 - 2014年7月26日 »

2014年7月13日 - 2014年7月19日

2014年7月19日 (土曜日)

完全脱稿して、快楽亭の高座録音

 6時過ぎ起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。

 おれが寝たのと入れ違いに相方から送られてきた最終章の大部分を見ていると、相方から電話。変更点について説明を受ける。

 おれが書いた分で曖昧だったところをハッキリさせた、と。

 自分では明解に書いたつもりだったが、合作者の目にも曖昧に映ったという事は、かなり曖昧だったのだろう。こういう修正は有り難い。

 で、最終章をやっていると、ほどなく「エピローグ」が送られてきた。

 表記の統一とか、おれの段階での書き間違いなどを訂正して、11時前に担当T氏に送る。土曜日だから、連休を挟む形になってしまうかもしれないが……それは、仕方がない。

 とにかく、脱稿。

 ゲラも済ませて作品が完全に作者の手を離れることを「脱稿」というのだ、とかつてミステリー文壇の片隅で大暴れしたW氏(氏の暴れ方が凄すぎて文春ミステリーベスト10の集計方法が変更された)が言っていたが、辞書には『原稿を書き終えること。草稿ができ上がること』とある。

 なので、脱稿したのだ。

 相方の計算では、3ヵ月半かかった。途中で大きく書き直しをしたし、他の原稿も書いたりしたし、0から専門的なことを勉強することも多かったし、かなり頑張ったのだ。

 誰も言ってくれないから、自画自賛しよう。

 ブランチを食べる。ご飯に玉子焼、しじみ汁。昨日は何ともなかったキュウリの漬け物が白くなってきたが、そのまま食ってしまう。

 最近の若い母親は凄く神経質だが、そんな無菌状態みたいな環境にいると抵抗力とか免疫力が無くなると思うぞ。雑菌は山ほどいるしそれを除去することなんか出来ないんだから。

 といいつつ、くーたんの食べ物には気を遣うんだけど。

 で、今日は「足立の花火」だが、快楽亭の毒演会の録音に行く。どっちにしても雨が心配だぞ。

 足立区は早々と「決行します!」宣言を出したけど。雨が降る予報が出ているが、やりますって。

 ずーっとハッチャキになって仕事していたのが無事に終了すると、ぽっかり時間が空いてしまう。いろいろやることはあるし、やりたかったこともあるのだが、時間が中途半端だし、夜の予定があるので、例えば電車に乗って目的もなくどこかに行くとか、そういうのもねえ。だいたい、天気が悪いし。

 ということで、部屋の中でゴロゴロ~ゴロゴロ。

 あ~トム・クルーズがおれの父ちゃんだったらなあ、とは思わないけど。

 アマゾンで購入した新しいコンデンサー・マイクのテストをする。新品だから当然、良好。

 ずっとノイズが乗ってそれをカバーするのに苦心していたマイクを退役させる。修理可能なのかな?安いマイクだし、修理代が新品を買うより高くつく気がするから、新品を買ったんだが。

 ついでに、録音機材の荷造り。

 ずっと同じバッグに詰め込んでいたのだが、肩にかけるより背負った方がラクなので、登山用のリュックに機材を詰め込み、レコーダーとして使うPowerBook(まだ現役なのだ!)とミキサーをショルダーバッグに入れる。

 本当は、1台でミキサーとレコーダーを兼ねるキカイが欲しいのだが(小さくて軽い)、快楽亭の録音以外に使わないから、まあ、1日だけ我慢すればイイと、現状維持。しかしPowerBookもずっと現役で使い続けられないだろうし。

 ここが思案のしどころじゃのう。

 くーたんのごはんの在庫が少なくなってきたので、買いに出る。

 腹は減らないので、買い物だけして帰宅。

 「軍師官兵衛」の「本能寺の変」を再度見る。この回の演出は傑出している。見直せば見直すほどに、凄さが判る。

 岡田准一が「大河史上一番悪い顔をしている」と言った通り、秀吉に例のセリフを言うところなんか、ニヤリと笑って、もう、ブラック~っ!とIKKOやKABA.ちゃんみたいに叫びたくなるぞ。

 それを受ける竹中直人の驚愕の表情がこれまた鬼気迫って怖ろしい。いや、怖ろしいことを聞いてビビるのだが。

 そうして、安国寺恵瓊とのサシの会談。軍師同士、腹黒同士のギリギリの交渉。歴史上、これほど難しく困難な外交交渉・和平交渉もなかったんじゃないかと思えるなあ。

 で、今回の演出は、安国寺恵瓊に事実をバラしてしまった。信長の死を隠したままじゃ、突然の和平交渉は出来ないよねえ。安国寺恵瓊が当然のように勘ぐって疑い出して破談になる事は必定。

 しかし……それにしても、信長って判らない人物だなあ。この時代にはあり得ない考え方を持った、エイリアン的人物だよなあ。明智光秀がついていけないと思い詰めるのもとてもよく判るなあ。

 しかし、実際はどうだったんだろう?

 激しく知りたいなあ。かと言って研究者の道は歩めないし。

 ここは先達にいろいろ質問しまくろう。

 16時になったので、出発。

 幸い、まだ雨は降ってこない。

 早めに出て、上野のどこかで早めの夕飯を食う。

 迷った末に、結局、「富士そば」でちくわ天そばとカレーのセットを食べる。ああ、ジャンクの極み。

 食べていると、モーレツな雨が降ってきた。しかしここから上野広小路亭は目と鼻の先だ。

 17時に会場に入って、師匠に挨拶。

 早速、録音の準備。今回はブラ坊くんが見台を設置してくれたので、比較的快適な環境になった。

 機材がいろいろと老朽化してきたなあ。更新するかなあ。

 その一方で、上野広小路亭の目の前の中央通りでは、上野のなんとか祭が挙行される。雨が降っても決行するらしい。

 どんちゃか音が盛大に海上に漏れる中、独演会は始まった。

 ブラ坊くんの「やかん」が口開け。

「転宅」

「宿屋の仇討ち」

~中入り~

「新・皇室アルバム」

「オナニー指南」

 というラインナップ。中入り前と中入り後の2席ずつでCDを作る。

 前二席は至極真っ当で、「転宅」のお妾さんの色気が濃厚!

 休憩時間に外に出てみたら、雨がざんざん降っているのに、ほぼ全裸のサンバ・ダンサーが踊っていたぞ!なんという光景だ!

 台東区には中止という文字はないのか!

 で……中入り後、快楽亭も、弾けた!

 「新・皇室アルバム」は凄いぞ!おれなんぞの政治ネタをはるかに凌駕する、快楽亭のとてつもない発想!全編切れ目なく繰り出される新鮮な時事政治ネタ!これは一部を切り出してポッドキャストに流すことは出来ません!是非、CDで聞いてください。

 しかし……こんな発想はなかったなあ。

 「オナニー指南」は、ギャグをすべて新しいものに入れ替えて、ほぼ新作。

 上野広小路亭は防音が悪くて、救急車が通ってもマイクが拾ってしまう。だから、サンバの音はもう、がんがん入り込んで、聞きようによってはサンバ・カーニバルの現場で落語をやってるような感じになってしまうかもしれない。しかしそれも、季節の風物詩というか、その時のリアルな記録として、ご笑覧ならぬ、ご笑聴をお願いする次第でござりまする。

 後片付けが、何故かとても効率的に出来て、上野広小路亭を出ると、雨は上がっていた。

 中央通りではもう、照明やPAの片付けが始まっていた。

 京成線に乗る。

 千住大橋で降りたら、浴衣姿の人たちが電車に乗ってきた。

 時間は21時過ぎ。

 もしかして、この大雨の中、花火大会も決行したのか?

 日光街道を警察車両が帰って行く。ビニールシートを自転車に積んだお父さんが走って行く。

 こりゃ、雨の中、決行したんだな。

 腹が減ったので、マクドナルドに寄って、ビッグマックとコーラ。牛丼や炒飯などと比較して、一番カロリーが低かったのだ。

 帰宅して、扉を開けると、扉の脇に置いてあるキャットツリーに、くーたんが目をキラキラさせて待っていた。

 もうね、こういうのを見ると、デレデレになる。

 くーたんを抱っこしてブラシをかけて、ご飯を出す。

 荷物をバラシたら、汗ビッショリになったので、風呂。

 ゆっくり浸かったあと、PowerBookから録音データをiMacに移す。マスタリングは、明日。

 ネットで調べると、足立の花火は雨の中、やっぱり、やったようだ。途中少し中断はあったようだけど。

 しかし、見物する方もびしょびしょに濡れてしまったんじゃないか?

 今回、荒川の土手にペンキのスプレーで場所取りをするバカ野郎が多数発生したが、こんなの完全に無視すればよろしい。

 関係者が掃除して消していたけど。

 花見の場所取りとか、こういうのは本当に迷惑。

 バカの所業である。切腹を申しつける。


 T氏より原稿確かに受け取りましたメール。これで少しでもゲラ作業の時間に余裕が出れば……。

 脱稿と録音、という大きな事を2つ成し遂げた(いやもう、気分は天下統一ですわ)ので、ビールを飲みながら、録画した「アド街ック天国」を見る。鴨川。

 いや~知っている店がいろいろ出てきたけど、鴨川はいいねえ。下田もいいけど、鴨川は近いし、近いのに海は美しいし、ういモノは美味いし、山もあるし、天国だなあ。

 館山も穏やかでいいけど、鴨川は目の前の海には波があるもんねえ。

 マジで住みたいねえ。住まないと、鴨川のいいところは知り尽くせないはずだ。

 酔っ払って床に寝そべったら、白い床に、なにやら異様な点々が。正体不明。

 しかしまあ、今から拭き掃除するのも面倒なので、明日明日。

 0時15分のNHKニュースを見ると、倉敷で行方不明になっていた小学5年生の女の子が無事保護されたと。

 良かった~。本当に良かった。

 ウクライナでは、事故現場から親ロシア派の野蛮人どもが遺体や残骸を勝手に運び出しているらしい。

 親ロシア派の動きばかりが不審。これは報道にバイアスが掛かっているのか?だけど、マレーシア航空機撃墜以前にもウクライナ軍の輸送機を撃墜しているし、親ロシア派の犯行に間違いない気がするが。

 この野蛮人どもは、調査団が現地に入るのを妨害しているようだし、もう自分たちの組織の防衛のみに走って、事故への贖罪、犠牲者への気持ちがまるっきり感じられない。

 バックに付いているロシアは、どうする気だ?

 やっぱり、旧共産国って、中国もそうだが、違う規範で動いている気味の悪い国だ。

 小保方さんって、博士論文として「草稿」を出して、それで審査が通って博士号を貰ったの?

 ワセダの博士論文はコピペ天国と言われたし、小保方さんの博士号を取り消すと、他にも大量の取消しが出るから、取り消さないらしい。

 ワセダの博士号の価値が下がるよねえ……。それって、どう考えてるんだろう?

 0時50分就寝。

今朝の体重:90.65キロ

本日の摂取カロリー:2160kcal

本日の消費カロリー:日常生活+118kcal/3038歩+105kcal(自転車)+重い荷物を運んだ+狭いところで3時間以上ゴソゴソしていた

2014年7月18日 (金曜日)

エピローグ直して、いろいろ「待ち」状態

 7時直前起床。

 曇り。

 まずテレビでニュースを観る。

 ウクライナ上空でマレーシア航空機撃墜。

 案の定、親ロシア派とウクライナがお互いに罪をなすりつけているが、ウクライナ側はいろいろ具体的な証拠をあげている。

 とにかく、現場保存と遺体の搬出・安置をしないと。しかし親ロシア派の野蛮人(にしか見えない)どもは、遺体はともかく、現場保存とかそんなこと知ったこっちゃねえ状態なんだろう。

 もう、痛ましいなどと言う言葉では表現出来ないほど、ひどい出来事。野蛮の極み。

 日記を書いてくーたんの世話をして、アサメシ。トースト2枚にゆで玉子。

 なんだか外がうるさい。足立区か東京都か警察か判らないが、広報車が出て、なにか広報しているが、音が悪くて何を言ってるのか聞き取れない。しかしえんえんと広報している。

 聞き取れないと、ただうるさいだけ。

 

 えんえんと広報は続いているが、仕事開始。昨日の夜ダメが出た「エピローグ」の直し。

 それと、今日はエアコンの修理がくる。朝8時から夜9時まで「待機状態」を強いられる。

 が、ぴんぽん、とドアチャイムが鳴った。修理にくるなら事前に電話してから来てくださいねと言っておいたのに……と思ったら、警察だった。ウチのマンション(というかなんというか)の駐車スペースに勝手に車を止めている大宮ナンバーの運転手を捜していて、部屋を全部回っていると。ああ、あのうるさい広報はパトカーのアレだったんだね。

 当然おれは関係ない。

 しかしお巡りさんも大変だ。こういう私有地での違法駐車に警察は何もしてくれないというデマが飛んでいるが、少なくとも警視庁は、ここまできちんとやってくれる。

 その後、しばらくして広報は止んだので、ボケカス運転手は車を動かしたのだろう。

 と、電話。ノジマのなんとか部門と名乗ったが、エアコンの設置に起因する故障かどうかまず確認しに行く、それで直るかどうか判らない、となんだか妙な事を言うので、設置工事には起因していない、本体の支障である、どうしてこう話が通じないんだ、こんな事をしているとまったく先に進まないじゃないか、と少々語気強く、相手に言う。相手は、ではメーカーの修理担当者に伝えるようにしますと。

 ほどなく、ノジマの別の部署から電話が入って、故障の症状を再度聞かれて、メーカーに伝えると。

 何だか昨日と同じ事を繰り返してるぞ。怒りたいけど、今電話で話しているヒトに怒っても仕方がないし、気を悪くして妨害されるだけだと思ったので、気持ちを抑える。

 仕事を続ける。

 問題点はクリア出来た。

 お昼過ぎに直しを完了して、相方に送る。

 エアコン修理に関する電話は来ないが、腹が減った。

 マクドナルドに行って、ビッグマックとフィレオフィッシュを食べる。フライドポテトを食べると、これだけで一日分のカロリーを摂ってしまうんだよなあ。

 でも食べる。ビッグマックにフライドポテトの組み合わせは最強だ。

 帰宅。

 留守電は入っておらず、もちろんiPhoneも鳴らなかった。

 自宅で相方からファイルが戻ってくるのと、エアコン修理の電話を、待つ。

 ソファに寝転がってドラマの再放送を見ていると、くーたんがやって来て、おれにべったり。

 カイロの予約を入れてあるが、修理も来ないし電話も来ないので、再度ノジマに電話して、どうなっているのかと訊く。

 修理の依頼がスムーズに行かなくて修理が全然来ない、というのは外国映画では格好のギャグにされているし、日本人が海外に住んで書かれてエッセイを読むと、必ず出て来る。

 それだけ日本のメーカーのアフターサービスは優秀で迅速なはずなのだが……。

 この有様はナニ?

 電話の相手に怒っても仕方がない(今日の午前中に電話してきたのとは別人なので)から、怒りを抑えつつ、いろいろ念を押すように話す。

 その後、カイロに行く。

 と、その道中でiPhoneが鳴った。

 メーカーの修理担当者。若いやつでなんかシャキッとしていない。

 その男に、また同じ説明をする。わざと同じ質問を浴びせて言うことの食い違いを調べる刑事の手法か?と思ったり。

 「では修理の手配をしますが、日取りの確認の電話がいつになるか判りません。連休明けになるかも」

 とか抜けた事を言う。電話ぐらい、とっととしてくれよ!

 この時点でもう、覚悟を決める。もしかすると、エアコンは永久に修理できないのかもしれない。これはノジマのやり口で、新品を買わせようという魂胆なのかもしれない。

 だったら今後はノジマと縁を切って、千住大橋のヤマダ電機で買うぞ!ノジマには絶対行かないからな!

 で、カイロ。

 腰はもうほぼ、完治。だけど何故か、左足の筋肉を押されると遺体。テニスもしていないし、殆ど歩いてもいないのに。たぶんデブのカラダを支えるだけで筋肉は消耗してるんだろう。だったらその分、体重も減ればいいのにね。

 帰宅。

 再び、電話とファイルを待つ。

 「5時に夢中!」を見る。野沢直子は依然として面白いなあ。

 

 野々村前県議の自宅などを家宅捜索。異例なのだそうだ。自宅は不在のために鍵を壊して入ったらしい。

 で、本人は「関係者宅」にいて、ドアを開けたらマスコミがいたので「カメラマンがおんねん!」とドアを閉めてしまったと。ガキか?

 で、部屋の中で女性(たぶん、お母ちゃん)に叱咤されて、ドアを開けたと。

 バカじゃねえの?

 というか、ウクライナの事件との落差がひどすぎる。

 ウクライナの事件については、ロシア側の言い訳と責任転嫁と開き直りが不快なので、ニュースを見ない。

 相方から「あと20ページ」との連絡が来たので、その旨を光文社T氏に伝える。

 晩飯は、どうしようか迷ったが、ご飯を炊き、簡単に玉子料理でも作ろうかと思ったが、結局、牛肉とキャベツの炒め物を作る。肉は冷凍してあったが、短時間で自然解凍できた。芯はまだ凍っていたが、弱火でゆっくり炒めるとOK。

 廃棄寸前の大根、皮を剥いたらまだ大丈夫そうだったので、大根おろしにして、美味しく戴く。

 キャベツにピーマンも入れて、一緒に炒める。味付け無し。肉と野菜の旨味で食べる。

 大根おろしには大葉も入れて、ポン酢と七味。

 美味い美味い。

 食後、相方からのファイル待ちだな、と思っていると、電話。

 メーカーからの下請けの修理の人から。連絡が来るのは諦めていたので、なんだか凄く嬉しい。

 で、4度目くらいの症状の説明をしたが、適切な応対をしてくれる。やっとマトモな人が登場した、とこれまた嬉しい。しかし修理は連休明けになった。まあこの連休、雨模様でそんなに暑くならないんじゃないかと思う。

 あとは相方からのファイル待ち。

 日本のオールスター、試合終了まで放送しないのね。そんなに野球の人気は落ちてしまったのだねえ。って、試合終了まで放送しなくなって久しいんだっけ?

 覚悟を決めて、21時のNHKニュースと、「報道ステーション」を見る。

 その内容を総合すると……。

 どうも、親ロシア派武装勢力が、ウクライナ軍から奪った地対空ミサイルを、操作法がよく判らないままに動かして誤射してしまったか、「敵味方識別装置」を外して(これが作動するとウクライナ軍の航空機に発射できない)いたので、民間の旅客機を追尾して撃墜してしまったのではないかと。

 地対空ミサイルのような高度な兵器を、武装勢力というド素人が触ってしまって、とんでもないことをしでかしたのではないか?

 親ロシア派とロシア軍将校との電話記録はウクライナ政府によって公表されているが、これの真偽は不明。

 しかしフランスのAFPが伝えるところに拠れば、親ロシア派は、SNSにウクライナの航空機を撃墜したと書き込んでいたが、マレーシア航空機だと判ったあとすべて削除されたと(←リンク)。

 親ロシア派がフライトレコーダーなどを発見したとかしていないとか、事故現場は親ロシア派が占領しているので、現場保存とかがどうなっているのか不明だとか、もう、メチャクチャ。

 

 とにかく、亡くなってもきちんと扱われない犠牲者が気の毒でならない。本当に、今のところは誰だかよく判らないが、撃墜をした野蛮人どもを激しく憎むし、こいつら当人と組織を激しく糾弾したい。

 ずっと強気だったロシアとプーチンが追い詰められてるんじゃないかという見方もあるし……とにかく、イスラエルも大変なのに、ウクライナも大変なことになってきた。

 アジアも大変なことにならなければいいが……。

 風呂に入る。

 ニュースばかり見る。

 0時を過ぎて、ファイルが届きそうもないので、寝る。

 エアコンを回しているのに、暑い。

 どうしたんだろう?

 晩飯に肉を食ったから、体温が上がっているのか?

 それで目が覚めてトイレに行き、iPhoneをチェックすると、おれが寝てすぐに、ファイルが届いたらしい。しかしもう夜中だし……。

 明日の朝一番でやることにする。

 

今朝の体重:91.00キロ

本日の摂取カロリー:2951kcal

本日の消費カロリー:日常生活+28kcal/731歩+133kcal(自転車)

2014年7月17日 (木曜日)

0稿脱稿してウナギを食す

 6時過ぎ起床。

 曇り。

 朝のモロモロとは、くーたんの世話。トイレを掃除してご飯を出し、昨日分の日記を書くこと。

 今日も、すぐ腹は減らないので、仕事開始。「第5章」のクライマックス後から章の終わりまでをとにかく、書く。

 書いていると腹が減ってきたので、メシ。今は完全に仕事モードなので食うのが面倒くさい。が、食う。

 トースト2枚にベーコン・エッグ。面倒という割にはきっちり食ってるじゃないの。

 仕事再開。

 謎解き部分、なんとか説明的にならないように……と思うが、金田一さんだって誰だって「名探偵 全員集めて さてと言い」(違ったっけ?)なんだから、まあ……。

 昨日依頼したエアコンの修理、いつ来るかの確認の電話が来ないなあ。しかし今日はエアコン、効くなあ。まあ、昨日より気温が低いからだろうなあ。

 「第5章」、11ページをなんとか午前中に書き上げる。カットしてキープしてあった分を使ったりして、なんとかなった。

 読み返して、相方に送る。

 光文社T氏に進行状況の報告メールを出す。

 で、突然、故郷・徳島の昔からの伝統の「中華そば」がモーレツに食いたくなって困る。

 今や徳島ラーメンは、甘ったるい「和歌山ラーメン」の悪影響を受けて、完全に変質してしまった。昔ながらの豚骨のスープが白くて博多ラーメンに似ているけどもっとアッサリした「白系」と区分される伝統の系譜は、徳島でも数店しか残っていない。

 その「白系」のメッカ・「岡本」のラーメンを子供の頃から食べていて、これはおれのソウルフードだ。その「岡本」の中華そばを猛烈に食べたくなって、気持ちを抑えるのに困る。夜行バスに飛び乗りたい(直行の飛行機、と思わないところに微妙な自制が働いている?)ほど。

 東京にある「徳島ラーメン」はすべて和歌山系のおれが否定するものばかりで、行く価値はない。

 ならば、博多ラーメンを食べる方がずっと「白系」に近い。

 ということで、ラーメンを食いに出る。

 ちょうどお昼なので混んじゃうな、と思ったが、待たずに着席出来た。

 結局、来たのは「東京トンコツ」の「翔竜」。博多ラーメンではないけれど、ここの味は「徳島・白系」に似ているのだ。

 サービスの半ライスを貰い、トッピングした海苔をスープに漬けて、ご飯を巻いて食べる。美味い!

 ラーメンにはニンニクをどっさり入れる。誰に会わないんだからニオイなんか気にしない。

 満足して、帰宅。

 ちょっと休憩して、「エピローグ」に取りかかる。最後の踏ん張りだ!

 

 書いていると、ノジマから電話。エアコンの修理について、「温度設定を最低にして30分以上回しても冷えませんか」って。一番暑いときはそれをやっても冷えない。コンプレッサーが動いているかどうかの確認をしたかったのだろうか?

 とにかく、一日で一番暑いときに冷えないのは、エアコンの使命を果たしていない。

 修理は明日になったが、「伺う時間が判らない」とのこと。朝8時から夜9時まで待機してくれって。なんじゃそりゃ。大手メーカーだと、午前・午後・夕方・夜とだいたいの指定は出来るのに。でもまあ直って欲しいから、一日待機しますと返事する。

 「エピローグ」8ページほどを、なんとか書き上げた。

 一応、おれ的には、脱稿。

 しかし、相方から戻ってきたファイル(「第1稿」とする)を再確認して、後から気がついた軍事的な間違いとか、後で加筆することを決めていた部分をやらないと、完全に出来たとは言えないので、あくまで「0稿」の脱稿。

 映画の場合、「0号試写」というのがある。ネガ編を終えてカラータイミングもやって、とにかく一度プリントを焼いてみて、その上で綿密な最終チェックをするためのものが「0号」。これにいろいろ修正を加えた完成品が「初号」。これで最終OKが出れば、プリントが量産されて……というのは過去の話だなあ。今はデジタルだから、どうなるんだろう?大きなスクリーンでスタッフを集めて最初に見る試写を「0号試写」と呼ぶのだろうか?

 まあとにかく、おれにとっては「0号」というか「0稿」の脱稿。

 全力で書いたから、腹が減った。

 今度はモーレツに鰻が食いたくなった。近所には鰻の名店がある。しかし、そういう店で食べると高い。特に夜だと、3000円以上はする。

 元来、鰻って高いモノであって、貧乏人はなかなか食えないものだったのだ。

 とは言え……鰻を食いたい!

 なので、吉野家に行く。鰻丼のWでも1000円チョイで食えるぞ。とにかく、鰻が食いたいのだ。焼き方とか味とか産地とか、細けえ事はいいんだよ。

 で、吉野家で鰻丼。

 美味いじゃないの。おれにはこれでいいんだよ。これで充分。と、井ノ頭五郎さんのように心の中で呟きながら食う。

 が、あっという間になくなってしまった。残念。

 19時過ぎに帰宅。

 しかしゆっくりはしてられない。

 相方から戻ってきている「第1章」から「第4章」までの最終チェック&最終加筆。

 最初は頭からじっくり読んでいたが、T氏には「第4章までを21時までは送ります」とメールしてある。

 細かな文章はゲラ出直すことにして、相方がつけた「要チェックマーク」を検索して、それを潰していく。

 そして、「第2章」に加筆する「新たなアクション場面」を書く。

 それで20時。

 チェックマークの漏れがないか、もう一度確認して、校閲者さんへの問いかけ2ヵ所(これで正しいですかね?というヵ所)は残して、チェックが済んだのが21時前。

 T氏に送る。

 と、絶妙のタイミングで相方から電話が入って、「第5章」の謎解き部分をこう書き直したいと、そして「エピローグ」の大幅変更を提案される。

 う~。

 第2部への引っ張り、ということもあるし、どうしようかねえ。

 しかし、話していると、話はまとまるものだ。

 こういう線ならいいんじゃないかというアイディアが出て、それで書き直すことにする。しかしもう、今夜はダメ。20ページほど書いて、直しもやって、もうヘロヘロ。

 明日、相方が「第5章」をやっている間に直すことにする。

 とんねるずの番組を見る。木梨たちが内房の町を訪れて、貝をとにかく食いまくる企画。ハマグリが美味そうだったなあ!グリルで焼いて醬油を垂らす。これは美味いでしょ!絶対に美味い。

 別の店では、あさりラーメン。あさりの出汁がたっぷり出て、トッピングの海苔も美味そう。これも絶対に美味いでしょ!

 バカ貝の店にも行ったが、ここでの悪ふざけはちょっと不愉快。フジテレビらしい傍若無人さ。

 しかし、房総はいいねえ。食い物が美味い。房総はいいなあ。移住したくなってくる。夏だけでも住みたい。いやしかし、そんなことしたら夏は仕事しなくなる可能性があるぞ。海に行って(内房じゃボディボードは出来ないにしろ)貝や魚を食いまくり、寝る。健康的だけど、いつ仕事するの?

 まあせめて、10日くらいのバカンスを房総で……。ニースやカンヌにゃ行けそもねえが、せめて行きたや南房総(「ドント節」のメロディで)。

 館山もいいけど、外房の鴨川もいいんだよねえ。自然を求めて移り住んだ旧都会人も多そうで、その意味では住みやすそうだし(ある程度便利じゃないとシンドイ)。

 今日から始まった武井咲の監察医のドラマ。「お天気お姉さん」の路線で、武井ちゃんは笑わない。ずっと凜としている。これがいい。これがいいのだ。しかし武井ちゃんは可愛いなあ。事務所のゴリ押しとか言われるが、武井ちゃんには実力があるし、この可愛さ美しさは国宝級だと固く信じて疑わないぞ。

 しかしベネッセから顧客データを盗み出した男、今後ベネッセから一生働いても絶対に返せない金額の損害賠償を求められるだろうなあ。この男は優秀なSEなのだそうだが、優秀なら足が付くことが判らなかったんだろうか?

 名簿屋は、取材を重ねるほどに、なんだか本当にダークな存在だねえ。こういう商売は絶対になくならないのだろうけど……データを盗み出した男だけが処罰されて、売りさばいた名簿屋は「出所を知らなかったことにすれば無実」になるのっておかしいだろ!

 それと、父子に関する最高裁判決。これもおかしい。確定した関係はDNA鑑定がどうであれ現状がどうであれ変更させない、というのは杓子定規すぎて実態にまったく合っていない。「安定した関係」になんかなってないだろ!自分の子供ではないし今は実父と暮らしてるんだから、親子関係は変更すればいいのに。

 5人中3人が支持して多数決で決まったようだが、判例になる大きな問題を多数決で決めちゃっていいの?

 しかしこの3件、いろいろ事情があるんだろうが、母親がルーズすぎて腹が立ってくる。特に、四国の件は親子ではない男に養育費とかを出させたいから裁判を起こした、と読めるのだが……。

 詳しい事も判らないのあれこれ書くと語弊が生じるだろうから、止める。

 まあこの件、週刊誌が、文春や新潮がオジサン目線で母親や実夫を追及する嫌らしい記事を絶対に載せるだろう。それを待とう。

 風呂に入り、ゴミ出しして、くーたんと遊んでいると、あっという間に0時を回ってしまった。

 ベッドに入ってiPhoneで最新ニュースを見ると、ウクライナで旅客機が墜落。親ロシア派が撃墜したのではないかという情報があると。

 うわ~なんということだ。ロシア側は絶対否定して泥試合になる事は明白だが、そうなると、撃ち落とされたマレーシア航空はたまらない。補償問題もあるし。

 しかし高高度を飛行中の旅客機を撃ち落とせるほどの高性能の地対空ロケット砲がウクライナ内戦では使われていたのか?

 この件は明日確認することにして、寝る!

今朝の体重:90.75キロ

本日の摂取カロリー:2510kcal

本日の消費カロリー:日常生活+4kcal/150歩+75kcal(自転車)

2014年7月16日 (水曜日)

脱稿持ち越し

 6時前起床。

 薄曇り。

 朝からスッキリ快晴にはならない。まだ梅雨だもんね。

 朝のモロモロを早々に済ませて、一刻も早く仕事をせんと欲す。って、無茶苦茶な日本語か。

 クライマックスについては相方からメモが来るはずなので、それまで、「その後」を書くことにする。

 が……まだイメージが出来ていないので、なかなか書けない。後日談みたいになってしまうと詰まらないし、まだアイディアが足りない。

 そうこうしていると、相方からクライマックス改訂メモが届いたので、それに沿って直しを開始。改訂メモに修正を加えながら書いていく。

 アサメシは、トースト2枚にベーコンエッグ、牛乳。

 仕事を続ける。

 皮算用では、午前中にクライマックスの改稿を済ませて、午後はその続きをやって最終章を終え、夜にエピローグを書いて脱稿!

 の、つもりだったが、クライマックスの改稿が思ったより時間がかかる。説明的なセリフを極力カットしてアクションを増やすのだが、ここで喋らせておかないと、この後喋る機会が無いセリフもあるし……。

 2時間ドラマで、犯人が東尋坊で犯行の一部始終と動機、そして犯行の背景まで一切合切喋ってしまうのは、時々ギャグにされて笑いものになるが、ああいうシナリオを書いてしまう作者の気持ちは判るなあ。いろんな条件のもとで、東尋坊のような断崖絶壁に追い詰められた主人公が全部喋って身を投げる、というのは黄金のパターンというか、極めて便利だもんなあ。このパターンを創始したのは松本清張?(「ゼロの焦点」?)

 しかし、そうならないようにしなければ。

 このパターン、時代劇では、悪の張本人を追い詰めた正義の味方が形勢逆転されて完全に不利になり、殺されそうになるときに、悪の張本人が「(お前の)冥土の土産に教えてやろう」とか言い出して、犯行に関することをすべて喋ってしまう。

 このパターンも、時代劇ではよく登場するよなあ。

 だけど、今これを使うと、コントだもんなあ。

 昼は、14時を過ぎて、スパゲティを茹でて、あさりのオリーブオイル漬けの残りを全部載せ、磯海苔も散らして粉チーズをかけて食う。

 美味い!この「あさりのオリーブオイル漬け」、また買ってこなきゃ。調べたら、君津や館山、木更津や鴨川の、要するに南房総で売っているらしい。

 南房総。また行きたいねえ。夏は混むから、秋以降か。

 なんか、南房総に恋してるなあ。南伊豆の下田にも恋してるけど、下田は遠いしなあ。

 なんとか16時前に直し終わる。

 読み返して、まだまだ改良の余地はあるが、それはゲラで直す機会もあるし、とにかく先に進みたいので、相方に送る。

 で、その先に取りかかる。

 今日のテニスは、迷いに迷ったが、やっぱり休む。疲れてしまって、明日使い物にならない状態に陥るととても困ってしまう。

 「5時に夢中!」を見るが、途中で寝てしまった。しかしこの番組、なんだかんだ言ってけっこう丁寧に作ってあるんじゃないか?きっちり取材しているし。

 しかし、キッチンに取り付けた窓用エアコン、やっぱり冷えない。朝夕の外気がさほど高くないときなら冷えるが、午後から夕方の、最高に暑いときはダメ。これじゃあエアコンの役目を果たさないじゃないの。

 修理が利くか?新しいのを買うカネはないぞ。

 取りあえず、メシに出る。

 今夜も迷った末に、「富士そば」で盛りそばとミニかき揚げ丼とちくわの磯辺揚げという、最もカスなものを食ってしまって、激しく後悔。

 あああああ、どうしておれはこんなものを栄えある夕食に食ってしまったんだぁ!

 あと何回晩飯が食えるか判らない段階に近づいてきたというのに、もったいない!

 とは言え、メシを食うのがとても面倒くさかったんだよね。

 帰宅して、窓用エアコンを買ったノジマに電話して、有料でいいから修理して、と依頼する。が、修理代金と新しいのを買う代金が同じようなものだったら、新しいのにしよう。そのために、修理代金の見積もりも事前にして貰えるように頼む。

 電話を切って少しして、ノジマから電話。調べたら、長期保証契約をしていたらしい。ノジマのほうで購入した年月日をキチンと管理してくれていたので、保証が効くと。一部効かない故障もあるけど、という留保付きだが、買って2年以上経過しているエアコンだから、諦めていた。その分、嬉しい!

 ただまあ、今はエアコンのシーズンに突入したので、何時修理に来てくれるかが問題だけど。

 仕事再開。

 なんとか進める。

 あと少しで最終章があがる、というところまで肉薄したが、もう無理。

 頭がオーバーヒートした。

 それでも、テニスを休んで仕事をした甲斐はあった。レッスンして風呂に入ってメシを食って帰宅する時間を、仕事に費やしたんだから。これなら休んだ甲斐はあった。

 風呂に入る。

 先月末に、館山の安房神社にお水取りに行ったときに戴いた「御神酒」。これをお風呂に入れて「酒風呂」にしてみる。ネットで調べたら、お肌にもいいし、「気」にもいいらしい。

 ぬるめのお湯にじっくり浸かる。

 あがったら、心なしか、元気が出たような感じが。

 とっとと寝てしまおうと思ったが、なんだかカッカしてしまって、汗が引かないので、録画で見るつもりだった「孤独のグルメ」をオンエアで見る。

 銀座の、というより新橋の、飲食店が並んでいる横丁のような場所がある。以前から凄く気になっている一角だが、なかなか行く機会が無い。夜なんか、凄くいい感じの一角なんだよね。

 ここにある韓国料理屋が今回の舞台。ああ、美味そうだねえ。

 美味しく食べている、という光景は、もっとも平和で、もっとも微笑ましい光景だよなあ、と思う。だからこの番組は人気があるのだ。

 世間ではいろいろ事件があるが、おれの中では松重豊の「ひたすら食べる姿」がそれらを見事に中和してしまった。

 それにしても、共産党の中野区議が、ツイッター上で、バカを相手に集団的自衛権で言い争って「死ね」と書いてしまって議員を辞職って……。

 ツイッターでマジになっても仕方ないじゃん。相手だってマジじゃないかもしれない(今回は特にそう)のに。

 怒り損だし、暴言を吐いて議員を辞職するなんて、辞職損。だって、相手はバカなんだぜ。おれは、ツイッターで暴言を吐くのは無条件で全員バカだと思っているし、ツイッターはバカ製造器以外の何者でもないと思っているし。

 

 0時45分、就寝。

 明日こそ、脱稿だ!脱稿しなきゃ、本当にヤバいのだ。

今朝の体重:91.35キロ

本日の摂取カロリー:2423kcal

本日の消費カロリー:日常生活+4kcal/135歩+49kcal(自転車)

2014年7月15日 (火曜日)

脱稿まであと一歩

 6時30分起床。

 洗濯物を干しに行く。

 薄曇り。

 朝のモロモロを済ませるが、腹が減らないので、仕事開始。

 しかし、昨日に引き続いて、本文を書くスイッチが入らない。

 これはたぶん、展開がキッチリ見えていないからだろう。

 昨日に引き続いて詳しい展開を書き込むが、クライマックスのアクションの段取りが思い付かない。

 「使える小道具」をいろいろ調べるが、どうも条件が合わないので、最初に考えたプランは無理だなあ。違う筋道を考えるしかない。

 相方と電話で打ち合わせる。相方からアイディアが出て、その線で検討してみる。

 やがて腹が減ったので、トースト1枚とポテトサラダを食べる。

 お昼近くなる。

 お稲荷さんにお参りに行って、そのついでに立ち食いそばでかき揚げそばとおにぎりを食う。

 昨日から、蝉が鳴き始めた。ああ、夏だなあ!

 脱稿して、海に行くぞ!

 帰宅すると、お稲荷さん効果か、やっとスイッチが入って書き出せた。

 小道具の使い方の順番を変えたら上手く回転しはじめたようだ。

 午後の5時間で、クライマックスの15ページを一気に書く。


 「5時に夢中!」で休憩。岡本夏生はずっと「美女シリーズ」のメイク。


 終了後、仕事に戻り、19時過ぎに書き終わり、読み返して、相方に送る。

 ここしばらく、緊張していた糸が切れた感じ。

 なんとかクライマックスが書けた。直しは必要だろうが、形にはなった。ここまでやってあれば、直しはそう大変ではないはず。全面的に書き直しでアイディアも考え直さなければいけないとなるとオオゴトだけど。

 とりあえず、安堵。

 メシを食いに出る。

 中華はダメ、牛丼もダメ、カレーもダメ、ハンバーガーもダメ、揚げ物もダメ、寿司は昨日食った、定食は面倒……ネギをたくさん入れたラーメンにしようかと思ったが、北千住をブラブラしていると、どこかのお祭り(たぶん、勝専寺)で、屋台が並んでいて、凄い賑わいだった。

 これを見ていると元気が出てきて、天ぷらでも……と思うが、それもやっぱり重い。富士そばで「そば&かき揚げ丼」にしようかと思ったが、昼にかき揚げそばを食ったしなあ。

 ということで、考えた末に、「天下一」できくらげ玉子豚肉炒め(ムースーロー)定食にジャンボ餃子3つを頼む。

 が、ここのムースーローは大失敗。ムースーローに似て非ざるものが出てきた。なんか違うんだよなあ。タマネギが入ってるせいか、出汁が足りなくて単なる「きくらげと卵と豚肉の炒め物」でしかないのがイカン。

 とは言え、全部食べる。

 帰宅すると、相方から電話。クライマックスのダメだし。

 相方の意見はもっともで納得出来るものだったので、その線で書き直すことにする。といっても今あるものは材料に使えるので、そんなに大変なことにはならないだろう。

 

 が、今日はもうフラフラ。力尽きた。

 風呂に入り、ビールでもと思ったが、W杯を見ながら呑もうと思って買っておいたサングリアの封を切る。

 サンガリアは関西の飲料メーカー。「国破れてサンガリア。みんな一緒に飲んだりや」がキャッチフレーズ。

 サンゲリアは往年のホラー映画。

 で、サングリア。

 ほとんどブドウジュースで、甘い。これじゃ全然酔わないじゃん!と思って、大きめのグラスに2杯、ごくごく飲んだら……ぶわ~っと回ってきた。

 考えてみれば一口飲んでカーッとくるのは強烈に強い酒で、ビールでもワインでも、飲んでタイムラグがあって酔っ払う。こんなこと、生まれて初めて酒を飲むわけじゃあるまいし、どうして今ごろ……。

 ニュースでは、連日の「脱法ハーブを吸って交通事故」のニュース。どうして急に増えるの?マスコミがキッチリ報道するようになったからじゃないの?

 岡山の小学生が行方不明の件も気になる。

 なんか最近、子供を誘拐する事件(未遂も含む)が多くて嫌になる。卑劣なクソ野郎が増えたのだ。

 もうベロンベロン。久々にお酒飲んだしなあ。しかも一気に。

 しかしゴミ出しに行かねば。

 フラフラの状態でゴミ出しに行き、くーたんと遊ぶのは省略して、23時30分、就寝。

 明日、頑張って、脱稿しよう!

今朝の体重:90.45キロ

本日の摂取カロリー:2841kcal

本日の消費カロリー:日常生活+24kcal/758歩+106kcal【自転車) 

2014年7月14日 (月曜日)

オーバーヒート

 6時前起床。

 目が覚めてしまったんだから仕方がない。今日は昼寝しよう。

 薄曇り。

 夕立が来そうだというので、洗濯はしない。


 巨匠ロリン・マゼール、死去。84歳。もっと長生きして、あと5年は現役で振ると思ってたんだけどなあ……2010年暮れの、岩城宏之の後を継いだ「ベートーベン交響曲全曲一気演奏会」にまさかの登場をして、極上の、日本のオケからこんな音を引き出せるんだと驚嘆する音楽を引き出して、この人はやっぱり本当の巨匠なんだと心から思った。

 その後も、東響を振りに来たけど、これは会場の問題があったりして(ミューザが震災の被害にあって使えず、新百合ヶ丘の昭和音大のホールを使ったらデッドでひどかったらしい)演奏会の評価は低かった。

 また生演奏に触れる機会はあると思っていたのに……合掌。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。というか業務メールを。

 連作短編のプロットについて、お返事の催促と、光文社T氏に〆切のデッドラインの確認。

 仕事にかかるが、進みが悪いので、アサメシにする。

 ご飯に目玉焼き、磯海苔、残り物の味噌汁、しらす、キュウリの漬け物、お総菜のゴーヤチャンプルー。

 で、「第5章」。昨日の続きで、本編最大のクライマックスに突入。

 ちょっと肩に力が入ってしまったか、進まない。もっと上手い展開があるんじゃないかと考え込んでしまった。

 そこに、母校日芸の恩師M教授から電話。卒業生の学年幹事をやって欲しいと。名誉なことなので快諾するが、おれは映画学科を出たクセに映画から足を洗って映画ではろくな足跡を残していない。それでもいいんですかと確認したら、「作家で頑張ってるんだから、いいんだよ」と。

 ちょっと嬉しくなった。

 ……しかし、この学年幹事経験者の友人にメールで訊いたら、要するに、やってくれそうなヤツなら誰でもいいというニュアンスのものだった。名誉でもなんでもないんだね。まあ、仕事的にも人生的にもそこそこ大丈夫なヤツだということは見込んでくれたとは思うけど。

 これを機に、日芸の同窓会にきちんと登録することにした。今まで幽霊会員というか入会すらしていなかったんじゃないかと思う。同窓会に入ったからって、カネを取られることの方が多いように思うけど……。

 考えてみたら、高校の同窓会は完全にパスしてるなあ。

 昨日はなんとか頑張ったのに、今日はダメ。そういう好不調は正弦曲線のようにやってくるけど、このデッドラインギリギリのところでそんな悠長な事は言ってられない。

 以前は火事場の馬鹿力的な踏ん張りが利いて、自分でも驚くほど書けて、〆切に滑り込む力業を発揮したのに……トシですかのう。そういうパワーが出ない。

 昼めし。

 面倒くさくて、食べる気がしない。しかしこれは不味いサインだぞ。生命力が低下しているシルシだ。

 スパゲティを茹でて、あさりのオリーブオイル漬けと磯海苔をトッピングして、簡易ボンゴレを作る。

 スパゲティを茹でるときに、パスタをキッチンの床にばら撒いてしまった。もう、イライラ!

 ああ、全体にいかん傾向だなあ。早急にリセットしなきゃ。

 そうして出来たスパゲティは、美味かった。あさりがかなり甘い味付けになっていたのがアレだが、磯海苔と絶妙にマッチして、美味かった。

 これで多少元気が出て、少し進んだが、極めて低調。

 14時前から15時前まで、ソファで昼寝。ベッドにはくーたんがいて爆睡しているので、退かすのは忍びないので。

 かなりぐっすり寝て、1時間弱で起きる。

 しかし、なんというか、これは冷房病だなあ。今年初の冷房病か。エアコンを切ると暑いしなあ。

 こういう時は外に出て汗をかくのは一番なのだが、それをすると疲れちゃうんだよなあ。今日は気功を休んで仕事しようと思っているし。

 仕事を再開するも、進まず。やることは大まかに決めているのに。


 仕事メールの返事を戴く。連作短編のプロットは無事OKが出た。光文社T氏から、本当のデッドラインが指定されたが、そこまで引っ張るとゲラの時間がギリギリになってしまうので、なんとかそうならないように頑張ろう。 

 「5時に夢中!」を見る。今日のマツコは、自著の宣伝をするせいか、いつもの傍若無人さもふかわの進行を無視する態度も控えめで、実におとなしくMCに従う従順ぶり。しかし「ヤッツケ晩ご飯」のコーナーでは「これじゃ肉に火が通らないわよ!」と進行を無視してポークソテーを焼き続ける。しかしこれは完成したら美味そうだなあ。

 しかし小樽の轢き逃げはひどい。やってしまって動揺したのは判るし、遅くなったが自分で通報もしたとは言え……あんな狭い道路を酒酔い運転で突っ走る(あの道を走るドライバーはみんな凄い速度を出すらしいが……モラルの欠如を感じるね!)なんて。犠牲になった4人が可哀想でならない。

 それは川口の事故も同じ。こっちはすぐに助ければ死ななくて済んだかもしれないのに。

 おれは絶対に飲酒運転はしないから、この件に関しては正論を吐くぞ!飲酒運転の厳罰化を求めて署名運動をした母親(息子が犠牲になった)は酒飲みや居酒屋の経営者から山ほど暴言を浴びせられたそうだが、そういう暴言を浴びせたバカ野郎どもは地獄に落ちて永遠に苦しむがいい。

 晩飯。

 これは、外に出よう。

 しかしラーメンは食いたくないし餃子も食いたくないしカレーも牛丼もハンバーガーも食いたくない。要するにカラダが疲れ切っていて、脂っこいものを断固拒否している。どうやら魚が食いたいらしい。しかも、ご飯があっておかずがある「定食」も面倒くさい。

 ならば、寿司だ!回転寿司だ!

 北千住駅前の「大江戸」へ。

 本まぐろの中とろ、本まぐろの中落ち(ネギトロとどう違うのかよく判らない)、ネギトロ、ウニ、いくら、イカ、甘エビ、アジ、マグロの赤身を食べる。

 なんか、満足。

 帰路、スーパーで買い物。パンとか牛乳とか卵とか。

 帰宅して、録画した「アド街ック天国・稲村ヶ崎」を見る。

 なんだか、予想以上にカッコよくてオシャレでハイソなところだなあ。北千住くんだりからのこのこ出かけるのは恥ずかしいなあ、なんか。

 おれには湘南よりも南房総の方がいい感じだなあ。南房総は40年前の湘南みたいに、そんなにカッコつけなくても、ざっくりと暮らせそうなところだもんなあ。海だって南房総の方が断然美しいし。だけど……やっぱり、湘南って、いいよね。永遠の憧れの場所、という感じ。憧れは憧れとしてそっと大事にしておく方がいいか。

 で、と言うわけではないが、割り切った。今日は明日の準備に当てよう。

 書くべき事は章割りとして書いてあるのだが、その展開をもっと詳細に記しておく。だったら本文を書いてしまえばいいじゃないかと思うのだが、本文が書けないんだから。

 他の先生方とは違って、おれは、先が読めないと、先が判っていないと書けない。だから、プロットも無しで書くなんて、怖ろしくて絶対に出来ないし、やったこともない。まあ以前に何度かやって、まったく進まなくなって往生したことがあって、大いに懲りたので、そんな無謀なことをやらなくなった。まあ、短編ではモチーフというかアイディアがあればそれで突っ走れるけど。

 細かい動きやキーになりそうなセリフを書いていく。まあ、映画で言えば「コンテを切る」感じか。シナリオで言えば、ハコ書きで人物の動きをどんどん指定していくような感じか。

 こうしておくと、事前に矛盾とか足りないこととか、ここでやっておくべき事が見えてくるし、考えられるし、書き直しなどで変更するにしても損害は軽微で済む。何十枚も書いてしまって「あ!」と思ったら大損害だ。

 が、クライマックスで活用しようと思っていた、海上自衛隊の「あるもの」が、どうもおれの期待するようなものではない事が判ってきたので、じゃあ別の違うものを捜すしかない事が判る。

 架空の新兵器を出してしまえば簡単なのだが、それって、東宝怪獣映画で突然登場する新兵器みたいで、ズルイしご都合主義だしアンフェアだし、それがアリならなんでも出来る夢落ちに準じるひどいことになるので、現実に存在するもので使えるものを捜すしかない。

 風呂に入って気分転換。思いっきり汗を出す。

 風呂上がりにビールでも飲みたいが、我慢。

 その代わり、おはぎを2個食う。

 W杯決勝を見ながら呑もうと思って買っておいた酒があるが、W杯も終わったしなあ。今になって守備は大事だどの強豪チームも守備はカタいと岡ちゃん。それはアナタの路線の方が正しかったという事ではないのですか?実際、岡ちゃん路線でベスト16にいけたんだから、岡ちゃん路線は実績がある……と、ニワカでイッチョカミなおれがあれこれ言うべきではない。

 アタシはテニスのことにはあれこれ言うが、知らないスポーツのことには沈黙しようっと。

 

 兵器以外の事はだいたい決めて、今日はもう寝ようと、23時にMacを落とす。

 くーたんと遊んで寝ようとしたら……。

 資料にはなくてネットでも見つからないが……この前、海上自衛隊に見学に行ったときに写真に撮って案内して貰った自衛官の方に質問もした「あるもの」が頭に浮かんだ。

 ようし、アレを使おう!

 と、希望を胸に0時前に就寝するおれであった。

今朝の体重:90.00キロ

本日の摂取カロリー:2705kcal

本日の消費カロリー:日常生活+47kcal/1110歩+52kcal(自転車)

2014年7月13日 (日曜日)

追い詰められて

 加山雄三が巨額の借金を抱えて苦境のさなか発表した曲の題名。いや~自虐的ですな。って作詞は岩谷時子。

 例によって6時前に起床。もっと寝たいがトイレに立つと二度寝出来ないのはトシなのね。

 薄曇りだが、すぐに晴れてきた。

 朝のモロモロを済ませて、腹が減らないので仕事開始。「第5章」の続き。

 まだ午前中だが、本格的に暑くなってきたのでキッチンのエアコンを稼働。冷えるまで時間がかかるが、冷える。まあなんとかなるでしょう。

 10時ごろにブランチ。ご飯、目玉焼き、磯海苔、味噌汁、しらす、さつま揚げ、キュウリの漬け物。

 仕事再開。

 が、もうどうしようもなく甘いモノというか禁じ手にしてきた「太る食べ物」がどうしてもが食べたくなって、コンビニへ。シュークリーム、アーモンドチョコレートに草加センベイに6Pチーズ、日清焼そばUFOに精力剤のゼナを買ってくる。

 帰宅してシュークリームにアーモンドチョコをむさぼり食う。

 と、なんか元気が出た感じが。おれは糖尿病か?

 しかしまあ、それは一時的なものでしかなかった。

 余裕で間に合うだろうと思っていた〆切が過ぎて、デッドラインの最終〆切が迫ってきた。財政上、出版を1ヵ月遅らせたくない。後がつかえてもいるし。

 まさに気分は「追い詰められて」。加山雄三苦境の時の作品だが、この曲はベスト盤CDには入っていない(「愛はいつまでも」というアルバムには入っている)。しかし岩谷時子さんも残酷なタイトルを付けるよなあ。しかし、調べると、この詞を書いたとき、加山さんが経済的に苦境に陥っていたことはまったく知られていなかったので、詞を受け取った加山さんは「岩谷さんはどうして知ってるんだろう」と不思議に思ったし、結婚してアメリカに逃げるように渡って小さな町を歩いていると「見知らぬ町でお前と二人」という歌詞の一部が思い出されて「岩谷さんには霊感があるんだろうか」と思ったらしい。

 ホテル・パシフィックが倒産して23億の借金(のちにホテルは18億で売れたのでその分、借金は減ったはずだが)を抱えて、母・小桜葉子も亡くなって、「若大将」シリーズは終了して、歌も売れなくなって、マスコミからバッシングされて、この頃の加山さんはどん底だったよねえ。結婚もして、加山に棄てられたと称する女が女性週刊誌にヒステリックな呪いの手記(小桜葉子が亡くなったのも当然よ!みたいな)を発表して、ガキだったおれはそれを読んだ記憶がある。女って本当に怖ろしいと、その時しみじみと思ったもんねえ。

 ついでに書けば、その頃おれの母親は、小桜葉子が主催する美容体操のインストラクターになろうとして、大阪まで行ってそのレッスンを何度か受けていたのだ。そのさなかに小桜葉子が亡くなったので、その計画はなくなったのだが。

 草加センベイとチーズも食い、NHK-FM「きらクラ!」を聞きながら、焼きそばUFOも食う。

 カップ焼きそばは脂が腹にもたれて食った後に必ず後悔するのだが、今回もやっぱり後悔した。美味いんだけど、ゲップもソースの匂いがするし、口のまわりを拭いても、ソースの匂いがぷんぷんする。錯覚かもしれないけど。

 明日の気功は休んで仕事しなければいけない事がハッキリしたので、お休みの連絡をする。

 「きらクラ!」は途中からソファに寝転がって聞くが、案の定、ウトウト。しかしこれが気持ちいいんだな。フォーレのチェロとピアノの「夢のあとに」という曲が、物凄く素晴らしくて、落涙。フォーレって……いいなあ!

 この番組でフランス音楽の素晴らしさや奥深さを教わった。マイスキーのチェロのしみじみとしたチェロが、心に響くよ。

 このまま眠りに落ちてしまいたかったが、そうもいかん。

 起き出して、なんとか、仕事再開。

 今日は、なにがあっても、クライマックス直前までは書かねば。と言っても、昨日までで10ページ、今日も10ページ書いて、もう、ヘトヘト。

 それでも頑張って、クライマックス直前まで書いたところで19時。

 焼きそばUFOが腹に溜まって気持ちが悪く、食欲も出ないので、晩飯は抜き!

 ニュースを見る。

 なんだかひどい轢き逃げが連続している。川口の事故も、すぐに車を止めていれば引き擦って被害者を死に至らしめることもなかったはずなのに。犯人は本当にどうしようもないクソバカ野郎だ。酒飲み運転をしていた川口市役所の26歳の職員だった。

 小樽でも4人を跳ね飛ばして逃げたヤツが捕まった。こっちも飲酒運転。

 脱法ハーブを吸って運転して事故を起こすケースが連続しているし、どうしてこういう事故って続くんだろう?

 ニュースのあと、「軍師官兵衛本能寺直前スペシャル」。これまでの粗筋を駆け足で説明。黒田官兵衛の立ち位置を現代に置き換えて説明。名古屋の方にある新興自動車メーカーと広島の老舗自動車メーカーの間で揺れる孫請け部品メーカーが黒田製作所。っていう設定だと、なんだかやるせないね。

 で、20時から、「軍師官兵衛」。いや~今夜は圧巻だった。実に面白い。ヒリヒリするほど面白い。痺れましたな。

 信長の死を官兵衛から聞かされた秀吉の驚愕と嘆き悲しみぶりが、竹中直人、凄い。

 で、使者が本物で携えた書状が本物かどうか、もっと調べなかったのか?毛利側の諜略という可能性、いや、光秀の諜略という可能性だってあったわけだし。

 近年、新しい資料が発掘されて、光秀は四国の長宗我部(毛利と同盟関係)と組んで、信長と秀吉の両方を討つ予定だったのだが、長宗我部がビビッて動かずにその目論見は失敗したらしい、という説が登場している。また、光秀は家康を暗殺せよとの密命を信長から受けていたのだが、光秀は家康に内通。だから深夜の京の町に光秀の軍勢が迫っても信長は油断していたのだ、と言う説が登場した(昔からあったの?)。

 本能寺の変に関しては、判らないことだらけだ。

 で、官兵衛は安国寺恵瓊に信長の死を打ち明けたぞ!さあ、どうなる!中国大返しはどのようにして実行されたのか?次週が待ち遠しいぞ!

 いやあ、もう、血湧き肉躍るとはまさにこのこと。

 日本の歴史上でも有数の物凄いターニングポイント。奇跡の「中国大返し」が成功していなければ、秀吉が天下を取ることはなかったかもしれないし、その場合、戦国時代がぶり返して混沌として、家康が天下を取ったとしても違う形になっただろう。

 いやあ、戦国時代って、面白いなあ!

 で、おれも力が尽きた。

 書いたところまでを読み返して、少し手を入れて、相方に送る。

 

 くーたんにご飯を出して、風呂に入る。

 やっと腹が減ってきたが、もう21時。ここで食ったらいかん。いやもう、この際、禁を破ってしまったんだから(赤木圭一郎の名作「拳銃無頼帖/抜き打ちの竜」で拳銃の引き金は二度と引かないと誓っていた主人公が思わず三国人の西村晃を撃つが、その弾は西村晃の腕時計を掠めた。で、「この時計、カネ出せば同じもの買える。しかし一度破た誓い、二度と返ってこないね」という日本映画史上屈指の名台詞が出るのだが、それを思い出す)食ってもよかったのだが、外に出るのも面倒だし、何か作るのも面倒。だったら抜いてしまえ!

 フジの「Mr.サンデー」で千葉で起きた女子中学生拉致未遂事件の詳細の再現ドラマを見て、涙。とてもよく出来ていた。毎日擦れ違うけど名も知らない相手にもしものことがあったら、あなたは何か出来るだろうか?という問いかけは、胸を打つ。

 これと、テレ東の「ソロモン流」を見る。加山雄三が登場。生意気でワガママだったスター時代、その直後の大苦境。歌わなかった演歌も歌い、ナイトクラブでも歌った。

 人間、5年辛抱出来るかどうかが勝負、という気がするなあ。

 5年経てば、いろいろ状況にも変化が起きて、逆風も弱くなったり、逆に追い風が吹いてきたりする。

 5年間、耐えられるかどうか。

 しかし加山さんは10年で何億という借金を返してしまったんだから、やっぱりスターは凄い。 

 で、おれはもう、もうヘロヘロも極限状態。

 くーたんを遊ばせないと、夜中に叛乱を起こされるので、しばらく遊び(その姿がたまらなく可愛いのだが)、もう、これ以上はダメ、とくーたんに宣言して、23時30分、就寝。

 夜中に暑くて目が覚めて、エアコンをけっこうキツく設定し直して、寝直す。

今朝の体重:90.05キロ

本日の摂取カロリー:2624kcal

本日の消費カロリー:日常生活+4kcal/129歩+9kcal(自転車)

« 2014年7月6日 - 2014年7月12日 | トップページ | 2014年7月20日 - 2014年7月26日 »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト