« 2014年1月5日 - 2014年1月11日 | トップページ | 2014年1月19日 - 2014年1月25日 »

2014年1月12日 - 2014年1月18日

2014年1月18日 (土曜日)

仕事して、快楽亭の独演会録音

 8時起床。

 薄曇り。

 お腹の具合は、直った感じ。逆に、ガスだけ出る状態。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。「第二章」の続き。

 途中、ブランチ。玉子かけご飯に梅干し、しらす、漬け物。今日は徐行運転をしておこう。

 仕事再開の前に、今夜の快楽亭の独演会録音に備えて、押し入れから機材を引っ張りだし、録音専用になったPowerBookG4も起動させて、きちんと作動することを確認。しかしこのPowerBookも年代モノになったな……重いし。iPadに代行できれば助かるんだけど……。ああ、それもあったからiPadじゃなくてMacBookAirにすべきじゃないかと迷ってたんだよな。この事をすっかり忘れていた。

 でもiPadで録音できるなら最高だ。今日持っていってテストしてみよう。

 午後遅く、きつねうどんを食う。足りなかったので餅を焼いて入れる。

 そろそろこういう食い物にも飽きてきたぞ。

 16時になって、キリは悪いが、仕事を中断。ここまで書いた分をiPadに送り、上野に出発。

 

 いつもはキャリーカートに機材バッグを載せてゴロゴロ引いていくのだが、なんだかホームレスの移動みたいだし自転車に乗れないから、リュックとバッグにして、自転車で京成千住大橋まで。

 京成上野駅から上野広小路亭まで、荷物が重いと遠いなあ。広小路亭のすぐ前に銀座線の駅があったっけ。今後はこの駅を利用……するには遠回りになるか。

 17時チョイ過ぎに楽屋に顔を出すと、快楽亭が既にいて、本日の香盤というか演目を貰った。

1.一文笛

2.まめだ

---------------仲入り-------------

3.よかちょろ

4.山崎屋

仲入り前の二席は「はぐれ落語家人情派」として、仲入り後の二席は「名人宣言5」としてCDにする。

 で、師匠に「以前戴いた本を遅ればせながら読んだら……『上野広小路亭に出ている落語家の訳の判らない落語』というのにウケました」と全然ウケていない調子で言われて、どうしたものかと一瞬焦った。原文と、どういう文脈で書いたものなのかすっかり忘れていたので。

 快楽亭をモデルにした落語家は自作に何度か登場させているのは確かだが、落語家・快楽亭ブラックを尊敬しているおれがギャグにしたり茶化すことはあれ批判的に描くことはあり得ないし、そのへんは快楽亭も判っているはず……。

「イヤイヤ、ウケましたんで」

って。それと、以前に誘われた「奥飛騨温泉ご招待の件」、なんだか申し訳ないから謹んで辞退しようかと思ったら、「イヤイヤ本当に安く行けるので」と。

 録音機材をiPadに繋いでみたら……「電源が足りない」との表示が。電力供給式のUSBハブを噛ませないとダメなのね。

 開口一番は、業務連絡兼「大須が大変なことになっている!」情報。連日満席で取材も押しかけて、一部では有名な怪芸人「ひとみちゃん」に密着した番組まで放送されたりして、と。

 ブラ坊さんは「やかん」を好演。

 で、師匠本日の前半は、泣かせる演目。

 「一文笛」は、米朝師匠のオリジナルだったのか!

『腕利きのスリの秀(ひで)がおもちゃの笛を買えない貧しい男の子を見て、勝手に盗んで子どもの懐に入れる。泥棒と決めつけられた子は井戸に身を投げた。思わぬ結果を兄貴分に聞かされた秀は右手の指2本を匕首(あいくち)で切り落とし、堅気になると誓う。子の意識は戻らず、入院する金も払えない。秀は医者から財布をすり、子のために使ってくれと差し出す。右手の指を落として、もうスリは出来ないはずなのに……』(朝日新聞の紹介記事を一部改変)

 初めて聴いた。ええハナシですなあ。

 

 続いて、これは作家の三田純市氏が米朝師匠のために書いた「まめだ」。

 以前、文化放送の落語会で米朝師匠の孫弟子の吉坊さんの高座を聞いて、激しく感動した。こんなに泣ける落語も珍しい。まめだ(子狸)のいじらしさを、風貌がまめだのような吉坊さんが見事に表現していて、哀切極まりない口演だった。特にサゲが秀逸で、ドーンと来た。

 これを快楽亭がどう料理するか。

 是非、CDでご確認ください。

 後半は打って変わって陽気な爆笑編。

 快楽亭も元気いっぱいに。

 いつも後片付けは時間がかかっていたのに、今日はテキパキと捗った。

 と、閉じた幕を開けて、ファンの方がアタシをご指名。

「いつもブログ読んでます。体調如何ですか」

 と、アオヤマ・ティー・ファクトリーの紅茶を戴いた。いや~こういうこともあるんですねえ。有り難いことです。今(翌朝)飲みながらこれを書いております。美味しいです。お名前を伺えなかったので、ここでお礼を申し上げます。

 で、晩飯をどうしようか考える。

 ラーメンはダメだろう。チャーハンとかもダメだろう。かき揚げそばも寿司も止めとく方がいい……。となると、食うモノがない。

 千住大橋で、吉野家に入って、牛丼並を食う。この前は「牛すき鍋膳」が腹に来たけど、牛丼ならいいだろうと。

 美味い。

 帰宅して、録音データをiMacに移す。

 その後、iPadにUSBハブを噛ませてみたが……ダメだった。別のタイプの電源内蔵タイプのD/Aコンバーターを使えば出来るのだろうが……その前にマイクを更新すべきだろうなあ。

 快楽亭の高座録音を始めてすぐに一式を買いそろえ、そのまま使い続けているので、メインマイクも客席用マイクもガタが来ている。ミキサーはまだまだ大丈夫だけど。

 喉が渇いたので牛乳をごくごく飲む。これがいけなかった。

 で、最新情報満載の快楽亭のポッドキャスト用のファイルを切り出した。開口一番の最後で、「本当に口が軽いブラ坊」と振っているので、これは前座のブラ坊さんの一席も入れろという暗黙のアレだなと思って、開口一番とブラ坊さんの「やかん」を収録したら、28分になってしまった。

 このデカいファイルを、ケロログにアップロードしようとしたら、夜だから混んでいるのか、全然アップロードできない。ファイルがデカいせいかと思ってレートを下げて小さくしてみても、ダメ。

 仕方がない、翌朝やろう。

(*しかし実際にはアップロード出来ていた。「アップロード成功」という表示が出なかっただけなのだ……「快楽亭ブラックのポッドキャスト」はこちら!

 くーたんのご機嫌を取って、NHKのケータイ大喜利をちょっと見て(おれはこの番組の感覚はあんまり合わない)、1時過ぎ就寝。

本日の体重:89.55キロ

本日の摂取カロリー:1921kcal

本日の消費カロリー:日常生活+88kcal/2366歩+42kcal(自転車) 

2014年1月17日 (金曜日)

なんとか回復

 たぶん早朝に、地震が来た夢を見た。

 そういや今日は、阪神淡路大震災の日だったんだな……。

 

 8時過ぎ起床。

 晴れ。

 あの日、朝、テレビをつけたときに映し出された光景には腰を抜かした。神戸が壊滅状態なんて、信じられなかった。なのに、各自治体から被害状況の報告が上がってこないからと、当時の国土庁の担当者は動かなかった。役人根性の典型。被害を受けて報告しようにも報告できない、被害が甚大で数字を算出できないと言うことが想像も出来ないという役人の頭。もちろん役人のすべてがこんな木偶の坊だとは言わないが、この担当者は本当にダメなヤツだった。この人物、まだ役人の地位にあるのだろうか?

 神戸は急速に復興したが、東北はまだまだだ。広範囲に甚大な被害が出たこともあるし、防潮堤をどうするか、高台移転という大規模な対策をどうするかとか、単なる復興ではない都市の大改造を含むから時間がかかるとは言え……原発事故も復興の大きな障害になっているし。

 阪神の大地震の時は、「人間は一生のうちに一度は、こんな大災害に出会う」と思ったが、まさか二度も出会うとは……。

 で。極私的な大災害の件。

 トイレに行く間隔は広がってきて、良くなる傾向にはあったが、まだまだ。

 朝はホットミルク。砂糖を入れて甘くしたヤツをゆっくり飲む。

 朝のモロモロをやって、10時を回ったので、薬局に行って、下痢止めを買う。正露丸にしようかと思ったが、このクスリはキツ過ぎるので、ビオフェルミン下痢止めにする。

 薬剤師さんに相談したが、ビオフェルミンでいいでしょうとのこと。

 帰宅して早速飲む。が、すぐにトイレ。

 ネットで調べてみると「体内から毒素を流し出しているのだから、クスリで下痢を止めないほうがいい」という記述が多い。う~んしかしなあ、もう昨日一日でずいぶん毒素は流し出した気がするけどなあ。というか、身体が弱っていたせいだと思うので、別に毒素が体内に入ったのでも無いと思うし。

 買ってきた「おかゆ」を食べる。梅干しとキュウリの漬け物も。

 すぐクスリを飲む。何か食べたり飲んだりすると、すぐにトイレに行きたくなる。

 が……それもだんだんと収まってきた。

 下痢はけっこう体力を消耗する。座業であるおれでもそう感じるんだから、兵隊さんなんか、下痢が止まらなければそのまま死に直結するというのも本当にそうだろうなあと思う。

 仕事をする。

 「第二章」の前に、「プロローグ」と「第一章」を修正。それを相方と祥伝社M氏に送ってから、「第二章」に戻る。

 16時近くになったので、カイロに行く。今朝から腰痛が出始めているような感じもあったのだ。

 若先生に見て貰うと、食べ過ぎ飲み過ぎの時のように肝臓や膵臓や胆嚢が疲れていると。それで腰にも影響していると。

 思えば、年末年始は結構食ったし、書店廻りの時も「凄く歩くから」と弁当を二つも食ったりして、肝臓に負担を掛けていた。それが水曜の夜というか木曜の朝にドーンと来た(限界を超えた)のかもしれない。

 ツボを刺激するように、と言われる。

 帰路、讃岐うどんの麺と、味付け油揚げなどを買う。今夜はきつねうどんだ!

 帰宅して「5時に夢中!」を見る。ああそうか、金曜はふかわりょうはお休みなのね。淡路恵子追悼。たしかに淡路恵子はカッコよくタバコを吸っていた。あの吸い方は優雅というかいなせというか、キマッていたよねえ。

 うどんを茹でて、「ヒガシマルうどんスープ」で。餅も焼いて投入。「ちからうどん的きつねうどん」に。

 考えてみれば、きょうはほとんど炭水化物しか食べてないな。

 ソファでニュースを見る。リストラとか病気とか離婚で家のローンが払えなくなり「任意売却」を選ぶケースが増えていると。先のことなんか判らない世の中だもんなあ。

 見ながら、そのまま寝てしまった。

 目が覚めると、NHK「特報首都圏」で、日光猿軍団解散までのドキュメンタリーをやっていた。どうして止めてしまうんだろうと思っていたのだが……猿の高齢化というけど、今までも代替わりはしてきたはず。大勢の韓国人の調教師が原発事故の放射能問題で全員が帰国してしまったことが直接的かつ最大の原因としているけれど……調教師を育てるのも時間がかかるから……。

 楽しみにしていた子供たちも多かったはず。なんでも終わりになるのは寂しい。


 テレビを消して、仕事。

 きつねうどんだけでは空腹。しかし、ここで食ってしまうとまた下痢が再発しそう。しかし腹は減った。

 いつもより量を減らしてコーンフレークを食べる。

 「報道ステーション」を見て、風呂に入る。

 あがったら、新番組のドラマをやっていた。剛力と玉木宏の探偵モノ。案外面白い。玉木宏が「トリック」の上田教授的キャラクター。で、この探偵事務所のインテリアがいいなあ。こういう仕事場、いいなあ。

 「タモリ倶楽部」は、「各地で行われている『A1グランプリ』のグランプリ」。

 モールス信号のグランプリってものがあるのね。で、タモリが「高校時代以来」というモールス信号の腕前を披露。今はもうほとんど使われていないというモールス信号、なかなかいいねえ。

 で、なんのA1グランプリが1位になったのかよく判らないまま終了。この回は意外に面白かった。

 くーたんを新しい猫じゃらしで遊ばせながら、そのまま「ぷっすま」も見てしまった。イカ釣り大会。草彅が、自前のヴィンテージのジーンズのままやっていて、釣り上げたイカに墨を掛けられて、ずーっと怒っていた。「だから合羽の下も履けって言ったじゃないか」とユースケが何度も言ってるのに、ずーっと怒っていた。いや~ガキですな。でも、そんなところをそのまま放送してしまうからこの番組は面白いし長続きしているのだ。

 イカ釣りのところまで見て、1時20分、就寝。

 明日は快楽亭の高座録音。

本日の体重:89.25キロ(まさに下痢ダイエット)

本日の摂取カロリー:936kcal

本日の消費カロリー:日常生活+45kcal/1106歩+141kcal(自転車)

2014年1月16日 (木曜日)

ビロウな話で恐縮ですが

 7時過ぎ起床。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませて、外出。

 少し早めのランチというかブランチを、吉野家で。最近始めた「牛すき鍋膳」を食べたかった。

 思った以上に肉が入っていて、なかなかお得。580円ですき焼きを食えるわけだし。しかも美味かったしボリューム満点。

 その後、図書館にリクエストしていた資料が揃ったので受け取りにいったりして、帰宅。

 が……。

 ひどい下痢になってしまった。浜松でノロウィルス、というニュースがあったので、もしかしてと思ったが、これはもうおれの体調の問題だろう。昨日のテニスで疲労困憊していたのが抜けないままで、内臓も弱っていたところに、濃厚なすき焼きを食い、ご飯も丼一杯食べたから、腸がやられてしまったのだろう。昨夜はネギトロ丼だったから、ギリギリ助かったのだ。

 1時間に1回トイレに行く感じ。太平洋戦争末期、敗走する日本軍は、栄養失調で下痢をしてそれが重症化して衰弱死してしまった例が膨大だったらしい。そんなことを思ったりした。

 しかし、トイレに行く以外は元気なので、仕事をする。

 「第二章」。演出を考えながら書き進める。

 S氏から新刊「盗撮」の読後感をハガキで頂戴する。いつも「ここを判って欲しい」というポイントを適確に読み込んで戴けて嬉しい。そして励みになる。有り難いことだと思う。

 MXテレビ「5時に夢中!」を見る。

 館さんのコラム「いろ艶筆」の内容がまたも話題になっていた。「パンティは死語か?」と言うテーマ。

 やっぱり日常的には死語になってしまったが、夜の世界というかセックス方面では現役。官能小説でも「ショーツ」「パンツ」と書くとまるで気分が盛りあがらないもんね。今や「パンティ」はセックスに直結するアイコンのようなモノになったのだ。

 じゃあ「スキャンティ」は?

 で……。

 あんまり食欲もなかったので、夕食は抜いて胃腸を休ませてやれば下痢も止まっただろうに、朝、冷凍庫から出して自然解凍していたヒレステーキ肉を再冷凍するのがイヤだったので、焼いて食うことにしたのがいけなかった。

 きちんと火が通ったミディアムレアで、焼き方はバッチリで実に美味い。580円でこんな美味いヒレステーキが食えるんだから、いい時代だと思いつつ、サラダと付け合わせの野菜も食う。

 サーロインとか脂の多い肉じゃないから、大丈夫じゃないかと思ったら……ダメだった。

 ということで、本日は下痢に終始してしまった。

 きちんと後始末をしているのに、なんか匂ってくるのは何故?全身からそういう匂いがしてくる感じがイヤ。

 こういう流れで話題に出すのは本当に失敬な感じがするが、時系列的にはこの順序なのでお許しを戴きたい。

 直木賞発表。姫野カオルコさん、おめでとうございます!

 昔々、館さんに誘われて姫野さんのお宅にお邪魔して、OS9時代のMacに親指シフトのキーボード「Rボード」を接続して使えるようにセッティングしたことがある。姫野さんはお忘れだろうけど……。編集者控え室があったりして、第一線の作家ってこういうことなんだなあと感じ入った記憶がある。その頃、すでに原稿はメールやフロッピーで送るのが主流になっていて、おれは編集者に原稿を手渡しした記憶は無いので(プリントアウトを郵送していたか)。

 姫野さんの小説家のスタートはSM小説だと思っていたのだが、経歴を見てみると、そういう本はない事になってる……それは短編で、1冊の本にはなっていないってこと?記憶違いなのかなあ?いや、官能からスタートして一般小説の第一人者になったパイオニアだと、ずっと思っていたんだけど……。

 都知事選で、小泉とのタッグを華々しくぶち上げた細川だが、出馬の正式表明に手間どっている。公約の調整がなかなか出来ないらしい。過去に「オリンピック返上」とか言ったのがネックになっているとか。そんなの「あの時はそう思ったが、状況は変わった」と言えば済むことじゃないの?しかしまあ、この人は首相の時に短期間で「反自民連立政権」を投げ出して、日本では政権交代は至難の業であるという風潮を作り出してしまった張本人だからなあ。政治手腕だってあるとは思えないし、自民党が多数を取る議会をうまく操縦できるのかどうかはなはだ疑問だし。

 後ろに控える小泉は、反原発に目覚めたのはいい事だが、アメリカの紐付きだから……。

 たもやんは既に泡沫候補扱いで、本田のデビュー戦でNHKが12分も流したことに怒っていたのに初ゴールでは大喜びという無節操で一貫性のないところを露呈したし。

 舛添は優秀な感じはするけど、ねえ。

 となると宇都宮先生しかいないけど、当選するかと言えば……。それに弁護士って日本では政治家には向かない気もするしなあ。

 「公式ホームページ」を止めてFacebookの「Facebookページ」に移行した方が新刊の宣伝とかいろいろ効果があるのかなと思って、「Facebookページの作り方」みたいな本を買ってみたが、なんだかひどく面倒くさそう。ネットには、作成を請け負いますという会社の宣伝もあるけど……。これ以上、あれこれ新しいことは覚えたくないと思うのは、老化の証拠だろうなあ。ジジイになってきたんだなあ。

 0時過ぎ、就寝。

 1時に目を覚ましてトイレへ。

 こんな感じで何度もトイレに行くしかないのかと思ったが、次は4時。そしてそのまま安眠できた。夕食後、ずっと断食しているようなものだから……。明日はほぼ断食で行こう。つーか、正露丸を買ってこよう。

本日の体重:89.75キロ(90を切ったぜ!)

本日の摂取カロリー:1814kcal

本日の消費カロリー:日常生活+7kcal/235歩+119kcal(自転車)

2014年1月15日 (水曜日)

雪は降らなかったが、モーレツに寒いっ!

 7時30分頃起床。

 曇り。

 今日は雪が降るらしい。

 厚切りトーストとゆで玉子の朝食を済ませて、仕事開始。

 今日から「第二章」。

 相方から届いたメモを熟読。複数のメモがあるので、照らし合わせて確認。

 イメージを作る。が、「第一章」で結構時間を掛けてイメージを作ったので、この章はすんなりいけそうだ。

 ということで……。

 宿題にしてあったことをやることにする。

 去年の暮れに、詩集を戴いた。おれは、詩が苦手だ。もちろんいい詩を読めば感動するが、自分から読むことはない。

 日頃から敬意を抱いている方が編纂した詩集なので、心して読まなければイカンと思っていて……正月に読んでお礼を書き送ろうと思っていたが、なんだか気後れしてしまって、なんだかんだと理由をつけて後回しにしていたのだ。しかしこれは失礼な行為だ。

 ちょうど時間もあるし、読もう!と気合いを入れて本を開くと……。

 最初の一篇で心が動いてしまった。

 山奥の湖畔に独居する詩人、というと人嫌いで気難しい扱いにくいインテリのような先入観があったのに、人恋しさに溢れた優しい言葉が連なっていて、すべての命を優しく見つめるその目差しに感動してしまった。

 おれの先入観や敬遠したい気持ちってなんだったんだろう?

 解説を読むと、この詩人は人と隔絶した暮らしをしていたわけではなく、近隣の村人と親しく交わっていたらしい。

 山奥に住んだのは自然と交わるためであって、人を拒絶したわけではない。その詩には、むしろ人恋しくて溜まらない心情に溢れている。

 いや、おれの読み方が間違っているのかもしれないが、とにかくおれにはその感情がダイレクトに伝わってきた感があって、涙ぐんで、感動した。

 いい本は、素直に読むべきだ。

「森の詩人~日本のソロー・野澤一の詩と人生」(坂脇秀治編・解説/彩流社)

 あらためてご紹介致します。

 上記のような読後感を、この本を置くってくださった坂脇氏に書き送る。と言ってもメールだが。手紙にするとまた億劫になってしまうかもしれなかったので。

 遅い昼食は、冷凍ポルチーニのフィットチーネ。美味い。

 その後、これも宿題だった、「公式ホームページ」を更新。新刊が出るたびに、というか、新刊が出たときだけ更新している。

 だからなのか、更新の仕方がいつも戸惑う。もっと簡単に出来るソフトはないのかねえ。

 アマゾンと連動させるあれこれがよく判らなくて、何度もやり直す。

 この日記ブログの右に表示されるアマゾンのナニも、新刊を追加するやり方を忘れてしまって試行錯誤。

 てなことをしていると、時間。

 結局、雪は降らずに青空になったので、予定通りテニスに行く。

 しかし外は寒そうだなあ。でも、だからと言って休んじゃうとズルズルサボり癖が付いてしまうしなあ。

 頑張って行く。

 曳舟駅前で肉まんを買って頬張りながら歩くが、これが意外に腹にもたれてしまった。

 久々のテニスは、ハードだった。もう、ヘロヘロ。書店廻りで歩いてはいたけど、もう疲労困憊。立っているのがやっと。

 それでも、年末にコーチから伝授されたバックハンド・ボレーの極意をなんとかやることが出来て、コーチに褒められたぞ。

 しかし試合はボロボロに近かった。横に来る球を追えないんだよねえ。

 来期の予定を貰ったが、信頼するIコーチが抜けて一人コーチ体制になってしまった。みんなが「え~っ!」と抗議の声を上げる。Iコーチは丁寧に教えてくれて、とても素晴らしい人なのだ。残るMコーチもいい人なんだけど。まあ、ここんとこレッスンに出て来る生徒の数が減っているので、コーチが減員になってしまうのは仕方がないのかもしれないが……。

 ヘロヘロになって、風呂。お湯の中で足や腕を揉む。肉離れした右足が、寒いと妙に引き攣ったように痛いのだ。

 風呂に入りながら、これから何を食おうと考えるのが恒例なのだが、今夜は何も食べたくない。肉まんがまだ残っている感じ。これは実に異例なことだ。疲れすぎたのだろう。

 

 それでも、イトーヨーカドーのフードコートで、ネギトロ丼と小そばのセットを食べる。ネギトロ丼単独でも良かったんだけど……なんか寂しい気がして。

 何とか帰宅。寒い!

 くーたんにご飯を出してご機嫌を伺う。

 部屋の中は暖房をギンギンに効かせているが、それでも寒くて毛布にくるまってニュースを見る。

 ヘリ空母と呼ぶべき輸送艦と釣り船の衝突事故。生還した人は「輸送艦には気がつかなかった」と言っていたが、あんな巨大な船に気がつかないはずがない。この時点では、釣り船が無茶な操船をした結果の事故のように思える。乗り込んだ4人とも救命胴衣をつけていなかったらしいから、船長はそんな程度の安全意識の持ち主だった、と思われても仕方がない。巨大な輸送艦は小回りが利かないんだし。過去の自衛艦と民間の船との衝突事故とは違うんじゃないかと思えるのだが。

 JR北海道の「ドン」が自殺したらしい。この流れで考えると、保線を怠ったりデータの改竄を指示したのはこのドンだったんじゃないかという感じになってしまう。すべての責任を背負っての自殺だったのか?

 相模原の女児、無事発見。何も覚えていないと。外傷はないらしいから、頭を打って記憶が飛んだのはない感じ。恐怖のせいか、強く秘密を守れと強要されているのか。とにかく4日間飲まず食わずというわけでもなかったようだから、誰かが関与していたんじゃないかと思うのだが……SF的オカルト的解釈も出来るかもしれないけど。

 毛布から出てトイレに行くと、モーレツに寒い。寒いと言うより、悪寒がする。風邪を引いた時みたいな悪寒。

 

 なので、23時に寝る。

 疲れすぎていると寝相が悪いのはどうしてだろう?寝苦しかったのか、かなり暴れながら寝ていた。

 夢の中で不作法な若者を叱り飛ばしたりしたし。現実じゃあ出来ないもんね~。

本日の体重:90.95キロ

本日の摂取カロリー:1847kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+164kcal/4021歩+30kcal(自転車)

2014年1月14日 (火曜日)

「第一章」あげて、最後の新刊挨拶書店廻り

 8時ごろ起床。

 薄曇り。

 明日は雪になるというので、今日中にシーツとかを洗って干してしまおうと、洗濯。

 干しに行ったら、またしてもおれの「領土」に誰かの布団が。

 もちろん撤去。他の場所に(明らかに布団の持ち主と同一人物が干したであろう洗濯物のそばに)移す。

 その後、9時になるのを待って管理人に電話して「屋上の物干しのルールの確立と徹底」を求めるが、留守電だった。

 朝風呂に入って、サッパリする。やっぱり気功で汗をかいた後はお風呂に入るべき。

 仕事開始。「第一章」を分割したが、やっぱりの頃の分は「第二章」に回すと収まりが悪いので、「第一章」として書く。

 途中、ブランチとして厚切りトースト、コーンフレーク、スクランブル・エッグを食う。かなり満腹。

 ネットで読んだ毎日新聞の記事「若年性認知症になった患者の手記」(←リンク)を読んで、怖ろしくなった。記憶が消えていくということは、人生を失うことだ。「愛する妻も判らなくなってしまうのか」という言葉は悲痛だ。

 渡辺謙が主演した「明日の記憶」も見ていて恐ろしかったし、自分の父親も晩年は脳梗塞の後遺症が悪化して記憶がどんどん消えていって、「生きているけど死んだも同然」な状態になってしまった。

 自分のことを考えると、そうなったらいっそ、死んでしまいたいなあ。誰かに迷惑をかけてまで生きていたくない、という思いと同時に、記憶を失った自分はもう自分ではない誰かになってしまうのだから。

 最近とみに記憶力の減退を意識せざるを得なくなっているので、本当に身近な問題だ。「明日の恐怖」と言ってもいい。ガンにもならず脳内出血や脳梗塞にもならずに健康でいられても、若年性認知症になったら……。

 政治家(政治家すべてがそうだとは言えないけど)みたいに死ぬ寸前まで頭脳明晰で記憶力抜群な老人というのは希有な存在なんだろうな……。

 仕事を続ける。

 しかし小泉は、「反原発」を標榜するなら、宇都宮先生を支持すればいい話ではないのか?細川みたいな問題アリな「使用済み」で引退していた元首相を引っ張り出す意味があるのか?

 宇都宮先生は共産党と社民党が支持しているからダメなのか?

 おれは、宇都宮先生の著作で勇気づけられたので、ここは宇都宮先生を支持するか。

 東京都は東京電力の大株主なんだから、原発について発言する権利もあるし意味もある。甘利とか森とか菅官房長官が都知事選挙に原発問題を持ち出すのは卑怯だとか何とか言っているが、それだけ原発問題が大きな争点となって自民党にとっては不利になると恐れている証拠だろう。

 夕方、書き上がった。19ページを4時間くらいで。ひどいときにはこの分量を書くのに1週間かかるときもある。これからスピードアップしていければいいなあ。いや、しなければ。

 しばし休憩して、MXテレビ「5時に夢中!」を見る。ふかわりょうはマツコには口答えしないが、他の出演者にはがんがん突っ込んで、実に面白い。暴言の裁き方もうまい。これだけのことが出来るなら、別の番組でも名司会ぶりを発揮できるのでは?と思うけど、MXの夕方だからリラックスしていいのかもね。

 おれはこういうふかわりょうが好きなんだけど。

 で。

 1軒だけ行きそびれていた書店さんに挨拶に行く。

 外は寒そうだけど……行く。晩飯がてらだし。

 というわけで、最後の1軒に挨拶に行き、POPを渡して、今回の書店廻りは完全に終了。

 いつも気功に行くのに横目で見ていた美味そうな店に入って晩飯にしようということで、水天宮前に行く。

 この界隈は美味そうなラーメン屋も多いし、酒落た外国料理の店も多い。

 しかし、最初に行こうと決めていた「博多ラーメン・しばらく」へ行く。初志貫徹。

 ここはかなり前に来たっきりだが、本格的純正博多ラーメンを食わせてくれる。他の店の「えせ博多ラーメン」ではない。

 というか、おれは「本当の博多ラーメン」がどういうものか知らないので、識者の言う事をうのみにしているだけなんだけど。

 味玉ラーメンに餃子、高菜ご飯を食べる。

 おお、この獣臭さ!思えば、おれが子供の頃、四国・徳島のラーメン屋ではこういう匂いがしていたし、ラーメンというのはこういう匂いがするもんだと思っていたんだよなあ。

 徳島ラーメンは変質してしまって、以前とはまったく別の違うモノになってしまったが、博多ラーメンはアイデンティティを確立しているからぶれたりしないのがさすが。

 しばらくのラーメンを満喫して、半蔵門線で帰宅。

 寒い。

 明日は雪か……。

 20時過ぎに帰宅して、くーたんにご飯を出し、ニュースを見ていると、寝てしまった。そんなに疲れてはいないはずなのに、なんだか泥のように眠くなって仕方がない。

 お風呂に入って温まって寝ようと思ったが、睡魔に負けて、0時過ぎに就寝。

 遊んでやらなかったので、くーたんは一人でバタバタ走り回っていた。

 ある要人がおれと会食後、何者かに殺されたというニュースを知って驚くという夢を見た。しかしおれには事情聴取も何も来ないのは不思議だし嫌な感じだなあと思っていたら目が覚めた。

 なんじゃ、この夢の意味は?

本日の体重:90.40キロ

本日の摂取カロリー:2094kcal

本日の消費カロリー:日常生活+208kcal/4732歩 

2014年1月13日 (月曜日)

極私的領土紛争

 7時ごろ起床。

 快晴。

 世間は、今日もお休みか。

 こんないい天気に洗濯しないと損だぞ!

 と思って洗濯して干す。うちはベランダがないので、室内干しにするか有料の乾燥機を使うか屋上に干すことになる。天気もいいし、お日様で乾いた洗濯物はいい香りがするし、何よりタダなので、おれは屋上に干す。天気が怪しい日は洗濯しない。

 ご飯を食べに来たくーたんが、異様に可愛い。この子は時々「可愛い光線」を発するが、だいたいはおれが外出するときに「行くな!」という事で発するので、朝飯の時に発するのは珍しい。しかし可愛い。

 で、仕事開始。

 昨日終えた「第一章」だが、読み返すと、「第二章」に回した分は構成的にはやっぱり「第一章」に入れるべきだと思い直し、書く。

 

 途中、厚切りトーストとゆで玉子の朝飯。

 仕事を続けるが、外出中の相方が、突然の予定変更で時間が空いてしまったのでウチに来ると。

 それまで仕事。

 15時ごろに相方来訪。wowowで録画した野田秀樹の「NODA MAP」公演「MIWA」を時間まで見ることにする。

 が、その前に、洗濯物を取り込みに屋上へ。

 すると、何処かの誰かが、おれの物干し竿に布団を干していた。おまけに、その煽りを食ったのか、おれの洗濯物が床に落ちていた。

 こういう事は以前からあって、勝手に干してある洗濯ハンガーを他所の場所に移動して、警告してきた。度重なる場合は「この物干し竿は私物だから勝手に使わないように!」という紙も貼ったりした。で、ここしばらくは「物干し竿の不正利用」はなかったのだが……。

 こういうのがすべての「領土紛争」の原点なんだろうなあ。

 野田秀樹の芝居は、とにかく早口で言葉遊びが多いので、セリフが聞き取れないと置いてけぼりを食ってしまう。

 それと、展開が目まぐるしいので、食い入るように見ていないと、これまた置いてけぼりを食ってしまう。

 古田新太が怪演かつ名演を披露して、おふざけからシリアスまで一瞬でスイッチするのは見事。それは役者全員に言えるし、芝居全体もコメディからシリアスに一瞬で変わるのは凄い。しかし……。

 前半まで見たところで、時間。

 今夜は、気功。今年の第1回。

 相方と一緒に行く。

 今回は仕事やインフルエンザなどの諸事情で、欠席者多数で、hana師匠を含めて4人。

 それでも20時20分ごろまでしっかり汗をかく。

 浜町界隈はお休みで閑散としていて、お店も閉まっている。

 お目当ての店が閉まっていたので、これ以上歩くのは寒い、と近くにあった「紅虎餃子房」に入る。

 ビールを飲んだら、寒い!紹興酒のお燗に切り替える。

 焼き餃子、水餃子、豚バラのニンニクだれ、青菜炒め、木須肉、チキンのトマト煮、トリカラのネギソースを食べ、〆は塩焼きそば。美味しかった。

 聖さんに「半兵衛と官兵衛、どっちがエラい?どっちが優秀?」など、いろいろ質問。

 もっと食えると思ったが、帰路、急激に腹が膨らんできた。というか、ここ数日の書店廻りで、かなり食いまくって体重も絶賛増量中なので、ダイエットしなきゃなあ。

 帰宅して、くーたんの機嫌を取りご飯を出し、しばらく遊んで、風呂もシャワーも面倒になって、そのまま1時ごろ就寝。

 と、寝ていると暑い。やっぱり風呂に入ってサッパリしてから寝るべきだったと後悔するが、酔っていたし面倒だった。

 そういう生理を反映した夢を見たが、内容は忘れた。

本日の体重:91.35キロ

本日の摂取カロリー:2139kcal(あれ?意外に少ない)

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+210kcal/4381歩+61kcal(自転車)

2014年1月12日 (日曜日)

日常生活に復帰して仕事のみ

 7時過ぎ起床。

 薄曇り。

 たっぷり寝たけど、まだ疲れが取れず。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。

 昨日の深夜に届いた徳間Y氏からの「決定稿に対しての問い合わせメール」に返事を書くことからスタート。

 中身について、その根拠を明示しなければならないので、読んだはずの資料本をひっくり返すが、該当箇所が見つからない。相方のところにある本かもしれない。引用はしていないが参考にした箇所の記憶は絶対に間違っていないはずだけど……原文が見つからないから「絶対」とは言えない。もしかすると、おれの思い違いという可能性もある、とだんだん気弱になってきた。まあ、間違っていてもゲラで直せるものだけど。

 表現の「揺れ」についても、ある程度は許容してくれるが、読者が戸惑うかも、と指摘された分については統一を図るべく返事を書く。

 アサメシは、数日前に作ったお雑煮のお汁が残っているので、それに餅を2個焼いて投入。

 食後、仕事開始。「第一章」、今日は絶対終わらせたい。

 ずっと仕事するが、疲れが抜けず。午前中は低調なまま。

 14時からはNHK-FM「きらクラ!」を聴く。今回はBGM選手権特集なので、冷凍ボロネーゼ・スパゲティを食べたりしつつ、ちょっと気を抜いて、ながら仕事。

 しかし、あっという間の120分だよなあ。

 腹が減ったので、コーンフレークを食べる。

 仕事を続ける。

 晩飯をどうするか。ご飯を炊くのが面倒。外に出るのは寒そう。エースコックのワンタンメンを作るか、それとも宅配でなにか取るか。

 一番安易な、宅配を選択。南千住の「大阪王将」から、木須肉とチャーハンを取ることにする。他の店だと1500円分の出前にすれば出前代が無料になるが、ここは幾ら取っても出前代300円を払わなければならない。

 出前が来るまで仕事。

 約束より10分ほど遅れて到着。木須肉はちょっと甘すぎるがチャーハンは美味い。

 食後、19時のニュースを見ていたら、そのまま寝てしまった。

 目が覚めると「ダーウィンが来た」をやっていたので、そのまま見る。ケニアのマントヒヒ。ケンカに弱くてボスになれないオス(今回の主人公)が優しさを発揮してメスを獲得。別のメスが寄って来るが、そのメスに惚れているオスは主人公の友人なので、友情を重んじてそのメスを相手にしない。人間より律儀じゃないか!

 

 その後、「軍師官兵衛」。今回の大河は珍しく第1回から見ている。前回は子供時代で、今回から岡田准一にスイッチして、大人時代が早くも始まる。これはいい。子供時代をえんえん見せられてもダレるだけ。歴代の大河ドラマの主人公の幼年時代には興味深いエピソードもあるだろうけど、やっぱり見たいのは「全盛期」の大活躍する姿だもの。大活躍時代をたっぷり描いて欲しい。

 敵役も登場して、面白いじゃん!これはずっと見るぞ。

 終了後、仕事再開。

 あれ?捗るなあと思ったらどんどん書ける。

 どうも最近は夜の方が集中力が出て、仕事が進む。いっそのこと夜型にしようかな。しかし夜型は健康に悪いからなあ……。

 21時からの2時間で15ページくらい一気に書いて、一応「第一章」は終了。長くなったので予定の1/3は第二章にまわすことにしたが、その分を第二章にくっつけると構成上のバランスが悪い。この部分、書いてから予定通り第一章に入れるかどうか考えよう。

 相方に送って、ゴミ出しをして、風呂に入る。

 どうも頭が冴えてしまったので、明日の分のファイルを見直して、いつもは翌日の朝に書くこの日記を書いて、くーたんと遊んで、寝ようと思ったが、テレ朝の南原のやっているスポーツ番組の元ヤクルト宮本との対談が面白くて見てしまった。この人は指導者として最適任だと思うけど、野球評論家になったのは、一度外から野球を見て、監督として戻ってくるためなんだね。

 1時30分就寝。

 週刊プレイボーイにライターとして記事を書くことになってその打ち合わせに行ったら、打ち合わせの席で爆睡してしまって編集者に大いに呆れられてしまうという夢を見て、飛び起きた。

 いや~夢で良かった!しかし夢の中でも爆睡してしまうなんて、よっぽど爆睡したんだろうなあ。実際、爆睡したけど。

本日の体重:91.80キロ(うわ。来たぞ!)

本日の摂取カロリー:2557kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 2014年1月5日 - 2014年1月11日 | トップページ | 2014年1月19日 - 2014年1月25日 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト