« 2014年7月20日 - 2014年7月26日 | トップページ | 2014年8月3日 - 2014年8月9日 »

2014年7月27日 - 2014年8月2日

2014年8月 2日 (土曜日)

渡辺篤史さんの思い出と、もしも映画の仕事を今もしていたら

 6時過ぎ起床。ああ、すっかり6時間睡眠に慣れてしまったな。もう老人だ。

 快晴。

 今日も、どこかに行きたい気分だが……〆切をクリアしなければ。

 朝のモロモロを済ませると、バイク便が。

 光文社新作のゲラ到着。

 ざっと見ると、アカが殆ど入っておらず、誤字脱字の指摘のみという印象。校閲や考証者に問うた部分には「?」マークが付いているだけ。これ、校閲の手を経ているのか?今までこんな白いゲラを貰ったことはないぞ。いや、ほとんど手直しの必要が無いような「完全原稿」を作りたいと願ってきたのだけど……。

 ハナシが複雑で、専門知識も必要な難物なのに、こんなにノーチェックで大丈夫なのか?と凄く不安になって、土曜日だが担当T氏にメールを書いていたら、そのT氏から電話が入った。

 どうも今回の校閲者は初校では誤字脱字を直して再校でツジツマとか事実誤認などをチェックするタイプらしいと。

 え~。大きな直しは初校でするものじゃないの?初校に時間を掛けて、再校は最終チェック、と言うのが本来の姿じゃないの?

 大丈夫か?まあ、光文社で仕事をしている校閲者だから、大丈夫なんだろうけど……。

 凄く不安。ならばこっちがしっかりしてツジツマのチェックをしなければならない。事実関係の考証は、再度、専門家にお願いするよう、担当T氏に強くお願いをした。

 とても詳しいオタクが多い分野だから、恥ずかしい間違いはしたくないのだ。かなり勉強して書いたとは言え……。

 弘兼憲史が作画した助監督哀歌「夢工場」は、原作が元助監督のやまざき十三だから話には無理はないが、画は時々、とんでもない恥ずかしい間違いがあった。相当調べて書いてあるのだが、「なんだこれは!」とこっちが赤面するようなミスがあったもんなあ。そう言うテツは踏みたくないのだ。

 アサメシを食う。トースト2枚にゆで玉子、ハム。

 ゲラは先に相方が見る段取りなので、おれはJノベルの中編を続ける。

 昨日何故か進まなかったので、今日は頑張らなければ。

 しかし……国内も国外も、悲しいことが多すぎる。ウクライナの墜落現場では遺品の盗みが横行していて、携帯電話を勝手に使う、クレジットカードを使う、とやりたい放題。親ロ派の連中って、本当に野蛮人のクソ野郎ばっかりだ!亡くなった人の尊厳とか、まるで考えていない。第二次大戦の時もソ連兵は野蛮で無茶苦茶ひどいことをしまくったが、あんまり知られていないのは憤慨する。露助どもはまったく進歩してないんだな。

 神奈川のキャンプ場の事故も悲しいし、佐世保の事件も考えれば考えるほどに、被害者になんの落ち度もないどころか、犯人と仲よくしたばかりに殺されてバラバラにされてしまうなんて……不条理極まるし。

 憤慨することを列記し始めると物凄い数になってしまう。

 ああ、オノレの無力さよ。

 相方から、「ゲラを受け取れる」と連絡が来たので、自転車に乗って届けに行く。

 上記のような事情を話して、初校は早めに戻した方がいいと思うと伝える。

 しかし外はサウナ状態。

 部屋から外に出ると、猛烈な熱気。これは部屋を冷やしすぎてるのか?と思ったが、イヤ違う。外が暑すぎるのだ。

 帰宅すると汗がドボドボ。

 仕事再開。

 連作のアタマの部分なので、うまく状況設定をして説明してしまわなければならない。その演出に苦心。ここを抜ければ、どどどと進むはず。今は我慢だ。

 昨日買ったキュウリの古漬けを、スライサーで薄くスライスして、生姜を細かく切り刻み、混ぜ合わせる。これぞ、夏の味。

 永谷園のお茶づけ海苔と一緒に食べる。う~夏だなあ!

 仕事再開。

 粛々と進める。

 しかし、ゼンショーの社長の言うことを読み返すと、矛盾に満ちていて腹が立つ。あれほど批判されたワンマンオペレーションを解消すると言いつつ、未練たらたら。要するに儲けが減るのが嫌なんだろ。まさに蟹工船。女工哀史の現代版。労働者搾取の典型。こういう時、人権団体や労働団体が声を上げないのが不思議。だから労組は無用の長物みたいに言われるのに。

 夕方、買い物がてら外出。

 松屋でプレミアム牛丼を食べてみるが……値段相応に美味いとも思えなかったなあ。もともとの牛丼の味で満足してたからなあ。

 スーパーの「トポス」でいろいろ買い物。ダノンビオの夏みかん味、やっと買えた。他にスイカの切り身(というのもヘンか)やソーメン、めんつゆ、シャンプーにリンス(最近はコンディショナーと言うのね)、入浴剤など。

 帰宅したら、またも汗がドボドボ。

 四国は大雨が降り続いているらしい。ウチの田舎は大丈夫か?

 テレ東の「川の源流探索」番組を見ると、渡辺篤史がナレーターだった。

 渡辺さんは以前、「なんとかでぃー」と語尾にクセを付けて延ばすのを「渡辺節」と自称していたが、「ビルマの竪琴」の時、市川さんに厳しく直された。おれはその場にいたが、テイク100を越えて「もう1回」「もう1回」が延々と続き、渡辺さんは最初、自分の節回しを大事にしたいと意見を言っていたが、監督のOKが出るわけもなく、最後にはマイクの前で泣き出した。

 市川さんは、黒澤さんとはまったく違って(黒澤さんの現場は知らないけど)、殆ど怒らない。激怒するのは「会社」「プロデューサー」に対してであって、スタッフやキャストには殆ど怒らない。エキストラが20人を超えると怒り出すけど、殆どの場合、現場は和気藹々として穏やかだった。

 渡辺さんだって撮影現場では衝突なんかなかった(1回だけ、本番に突如、監督の指示を無視したアドリブをやって、「今のなんや?」と苦笑させたことがあったが)。

 だから、ナレーション録りでの、この追い詰め方は鬼気迫っていて、こんな厳しい市川さんを初めて見たので、おれは、本当に怖ろしくなったのだ。そして、監督というものはここまで粘れなければならないのだ、と思った。ナアナアでは自分がイメージするモノは具現化できないのだ。

 こうして、ひたすらダメと言い続ける「溝口健二方式」「小津安二郎方式」で、市川さんは「渡辺節」をなんとか封印させてしまったのだ。

「君はエエ声しとるんやから、妙な節つけんと素直にやったほうがええんや」

 と、最終的にOKが出てから、渡辺さんに優しく言って、渡辺さんも泣きながら頭を下げていた。

 その後、他の仕事では、あれほど執着していた「渡辺節」が復活してしまうかと思ったら、復活しなかった。市川さんが亡くなっても、復活しなかった。今でも復活していない。

 渡辺さんは市川さんに叩き込まれたナレーション矯正を受け入れて、守り続けているのだ。

 そんな渡辺さんの姿勢を、とても尊敬する。だって、あんなに「自分の節回し」に執着していたんだから。

 「ビルマ……」の後、別の仕事で渡辺さんに会ったとき、「いやあ、あの時はホント……」と苦笑いして、「でも、いい事を教わったと思ってますよ」と序列最下位の助監督だったおれに気さくに話してくれたなあ。

 「アド街ック天国」を見聞きしながら、仕事。

 桃を食べる。美味いなあ。

 日テレの「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU 」を偶然見る。音響効果マン・笠原広司氏がゲストで、いろんな音響効果の実例を見せる。というか、聞かせる。

 SFだと、現実にはない音を作り出さなきゃならないから、その分、やってて楽しいだろうなあ。

 

 風呂に入って、考えた。

 おれは、助監督としてはダメで使い物にならないと自覚していたので辞めて、脚本を書こうとして挫折して現在に至っているのだが、助監督ではなく、もっと専門的な仕事をしていたら、今でも映画に関っていたんじゃないか。

 製作部は、ダメ。助監督よりいっそう段取りの才能が求められるし、金勘定をしなければならないし、トラブルの際に走り回って「アメニモマケズ」のように喧嘩を仲裁したり、スタッフやキャストを宥めすかしたりという「人間力」が必要とされる。助監督よりハードだ。

 撮影部も助監督以上にシビアな仕事だから、たぶんダメだっただろう。致命的なミスをしでかして業界から放逐されてしまったかもしれない。貧乏映画の現場ではピント送りとかをやったこともあるんだけど。

 照明部は、重いし暑いし感電するから、嫌。照明部は映画の現場で一番肉体労働で、文句も多かったし。

 特殊効果部も同じく、肉体労働だからなあ。クレーンとか移動車とか重いし。雨を降らせたりするのは楽しいけど。

 美術は、無理。その才能は無いし専門教育も受けていないし。美術スタッフのセンスは凄く高いのだ。まあ、装飾部なら、消え物を作ったりして、やれるかもしれないが。

 編集は物凄く面白いし、映画の完成度を決定づける物凄く重要な仕事だが、几帳面で正確でなければならないので、おれには厳しいなあ。今はパソコン上で編集するが、以前はフィルムで編集していて、1コマでもカットしたものは分類して保存しておかなければならなかった。直しの時、「この後、あと3コマ足して!」と言われたら即応しなければならない。市川組の厳しい編集を見てきたので、おれにはあの几帳面さと正確さは無理だと思った……。

 消去法ではないが、録音部に惹かれるものがあるなあ。現場スタッフの中で一番メカを相手にするし、録音スタジオで巨大なミキシング・コンソールを支配して「じゃじゃーん!」と音を出すのはカッコイイし。

 効果マンは、ほとんど職人だから、それも惹かれる。おれも効果アフレコに駆り出されて、その他大勢の足音とか「衣擦れ」とか、いろいろやったしねえ。

 録音部なら、職人的に凝りまくれるし、無理な注文を「仕方ねえなあ」とブーブー言いながら見事にこなしてみせるというカッコいいことも出来たかもしれないなあ。

 などと夢想。今でも、録音の真似事はしているし、子供の頃から録音には興味があったんだよなあ。

 でも……音だけの仕事じゃあ、やっぱり満足できなかっただろうなあ。録音部の仕事の傍らシナリオを書いたりして「書ける録音マン」になっていたかもなあ。

 まあ、夢想するのは勝手ですから。

 でもまあ、今の姿が「なるべくしてなった」のだと思う。

 現場は楽しいけど、自宅で静かに文章を書いている方が、いい。その方が幸せだ。

 

 スイカを食って、幸せを実感。

 ニュースが気になるが、土曜の夜って、ダメね。特に今夜は「情報7デイズ」がお休みだし。

 ネットのニュースによると、佐世保の事件で、児童相談所に通報した精神科医は、親に入院させるかひとり暮らしを止めるように話をしていたらしい。しかしそのどちらも実現出来なかったと。この医師は通報するだけだったのかと思ったが、責任を持ってなんとかしようとしていたのだ。悪く思って申し訳ありませんでした。

 親も……バットで大怪我させられた後だから、同居には躊躇したんだろうな。かと言って精神病院に入院させるのも、という思いで、先延ばしにしていたのだろうか。

 その結果が、あまりにひどいことになってしまった。

 なんだかんだで1時40分まで起きていて仕事もしたが、これ以上は無理なので、ベッドへ。

 

今朝の体重:91.40キロ

本日の摂取カロリー:1945kcal

本日の消費カロリー:日常生活+51kcal/1229歩+108kcal(自転車) 

2014年8月 1日 (金曜日)

今日は何故かあまり進まず

 5時過ぎに目が覚める。

 エアコンのタイマーが切れたのが4時。2時間で室内はサウナみたいな状態(かなりオーバーだが)に。暑くて目が覚めた。もう全身汗びっしょり。暑い暑い。

 やっぱり、熱帯夜の時は、エアコンは回し続けないとダメだ。

 室内の気温は29度だった。

 エアコンを付けて、寝直すが、1時間も眠れなかった。

 起きて、ゴミ出しをする。

 快晴。今日も、どこかに行きたい気分……。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ。例によってトースト1枚にコーンフレーク、ゆで玉子。

 その後、窓用エアコンのための「窓の隙間封じ」を実行。これは、やろうやろうと思いつつ去年からやってなかった。

 窓用エアコンは窓を開けた状態で設置されているので、本来は、窓と窓の間の隙間を塞ぐ必要がある。3年前に工事して貰った時は、かなりガチガチに隙間を埋める工事をしたのだが、夏以外のエアコンを使わないときに窓が閉められなくなってしまった。これじゃあ不便なので、必要最小限のもの以外の「隙間塞ぎ」を剥ぎ取ってしまった。そうすると、結構すきま風が入るし、夜には虫も入ってくる。外の音も聞こえる。

 で、家に残っていた「3年前の工事で余った素材」を活用して、簡単に隙間を塞いでみると、大成功。音が殆ど入ってこなくなった。ヒレみたいなのを隙間に被せただけなのに。えらいもんですな。

 さあ仕事だ!と思うが、7月分の税金関係の書類を整理してしまう。おれは「先延ばし」が嫌いなので。と言いつつ、上記の「隙間塞ぎ」は2年も先延ばししてたんだけど。他にも先延ばしにしていることもあるなあ。食器棚の耐震ストッパー設置とか。ストッパー自体は買ってあるんだが。

 1時間ほどで書類整理は完了。税理士の先生に発送するばかりになる。

 だが……。

 なんだかこれで「本日の仕事はやったぞ」的なココロモチになってしまった。これから仕事の本番だというのに。

 昨日、出だしが巧く書けたので、ホッとしてしまったか?

 机の上を整理する。いつの間にか、メモとか紙類が溜まっていくんだよなあ。光文社の作品を書くのに「座右の銘」じゃないけど傍らに置いていた資料本を片付ける。ゲラはあるけど、取りあえず傍らに置いておく必要はなくなったし。

 なーんか、ウダウダしてしまった。まあ、かの桂米朝師匠も、高座に出て、ラジオに出て、弟子に稽古を付けて、空き時間に原稿を書いて、とびっしり仕事をしていたら、参ってしまって入院したと。人間、ぼんやりする時間は必要ですわ、とおっしゃっていた。と、言い訳に使うのはよーないなあ。

 昼は、しらす丼。今回はショウガ、ミョウガ、ネギをきちんとトッピングして、大葉まで載せたぞ。美味い。

 写真を撮ったけど、たいして美味そうに映らなかったので、カット。

 愛用のビーチシューズ、底が取れかけているのを発見。口が開いてパクパクになったら用をなさない。下田駅前で買っているのだが、下田に行くまでにダメになってしまいそうだったので、ネットで探してみると、よさそうなのがあったので注文。沖縄の店だった。

 それが届いた。履いてみると、なんともいい感じ。そんなに高くないし。やっぱり土産物屋みたいなところで売ってるものは、ダメね。

 「すき家」の第三者委員会が問題点を抉り出した。アルバイトや社員から話を聞いて、文字通り聞きしに勝る「すき家」の実態が明るみに出た。

「お客様のためにやってきたが」というが、ウソを言うな。お客のタメじゃなくて、儲けのためだろ?利潤を上げるために現場の人数を絞ってキツい労働をさせてたのはもうバレてるのに、今更ナニを言ってるんだ!この偽善者どもめが!


 「ワタミ」と同じく、今は幹部となった連中(当然、社長も含む。この社長は「幹部が」「幹部が」と他人事のように言っていたが、幹部って自分も幹部だろ!)の「おれたちはやって来たんだぜ!」「おれに出来たんだからお前らにも出来るはずだ!」という『成功体験』を部下やバイトに押しつけた結果、と言うのが共通している。

 「すき家」の方がマシなのは、それを検証して公表して、改善すると明言したこと。ここまでひどい内情を明るみに出せば、改善するしかない。その点は「ワタミ」よりマシだと思う。

 しかし、ワンマンオペレーションで10時間もトイレにも行けなかったというのは、まさに奴隷。牛丼奴隷。

 幹部というのは創業メンバーとそれに準じた連中だろう。会社がどんどん大きくなれば彼らは偉くなる。それだけモチベーションも上がる。持っている株だって上がって資産は増える。しかし、充分大きくなってから入ってきた社員や、会社の成長とか関係ないバイトくんに、同じ意識を持たせるのは無理で、同じように頑張れというのは強要・強制になる。

 バイトも社員も、辞めて当然。幹部たちの成功体験の強要って、ほんと、彼らは頭が悪い。どうしようもなく頭が悪い。というか体育会系的根性論が未だに横行しているという恐怖を感じる。

 戦国武将は城持ち大名になるという野望があって、それが実現すれば家臣も偉くなれる。それと同じモデルでしょ。でも今は「切り取り次第」な状況じゃないでしょ。外食産業はかなり飽和状態なんだし、デフレは一応脱しつつあるし、蟹工船みたいな職場で頑張らなければ食えない状態でもなくなってきた。

 それも判らない経営者って、ダメだよね。社員は家族と同じ、とか、どの口が言ってるんだ、と思う。

 しかし、そんな「すき家」も、「ワタミ」より実態を公表した点においては、マシなのだ。

 いかに「ワタミ」がひどいか。裁判での「ワタミ」側の言い分を読むと吐き気がする。

 ブラックと呼ばれるには、それだけの理由があるのだ。

 オッサンの成功体験ほど、邪魔なものはない。そんな自慢は飲み屋のネーチャンにでも喋ってろ!

 腹を立てていると、もう時間。カイロの予約をしてある。

 自転車でカイロへ。

 今日は右足首が痛い。デブを支えているからなあ。

 院長先生一家が日曜に江ノ島に行ったけど、日曜なのに人が少なくて驚いたと。やっぱり海に入っている人は少なかったらしい。やっぱり福島第一原発の事故以来、そうなったんだろうか。それと、海の事故が怖い?

 音楽禁止とかビーチで酒を飲むのも自粛、というのが効いてるのかな?ビーチで酒を飲んでもいい事にすると、空き缶を砂に埋めて帰るバカが多いからなあ。

 やっぱり、この規制は続けて欲しい。海はバカのためにあるのではないのだ!

 8月に入ると、状況はまた変わるような気もするけど……。

 診て貰ったあと、北千住東口商店街に回って、キュウリの古漬けを買い、くーたんのご飯を買い、久しぶりに「珍来」で夕食。

 酢豚定食を食べながらスポーツ新聞を読む。

 新田原の「女性を標的にした連続強姦殺人鬼」、まだ容疑者段階だが、いろいろクロである証拠はあがっている。こういうヤツって、取りあえず「身に覚えがない」と言うのね。しかしコイツは、本当にやったとしたら、極悪だぞ。少なくとの2人は殺してるんだから……。

 三鷹ストーカー殺人事件、犯人の池永チャールストーマスに懲役22年だって?軽すぎないか?どうしてこんな量刑になるの?前例踏襲?マジで軽すぎると思うが。裁判員裁判が始まって厳罰化の傾向があると言われているが、これは軽いだろう!

 

 帰宅したら、暑くてグッタリ。でも、夏は暑くなければ困る。

 帰宅して、済ませる予定だった用事を済ませていないことを思い出す。税金関係の書類も、投函すればいいだけの状態にしておいたのに、持って出るのを忘れたし。

 

 窓用エアコンの窓が閉まらないようにするストッパーを設置。と言っても、長さを合わせたつっかえ棒をサッシに置くだけ。これで完璧。

 ニュースを見たりしながら、原稿のための調べ物をしてメモにする。明日は頑張るぞ!

 しかし台湾・高雄の爆発事故は凄まじい。というか、市街地に工場用のパイプラインを走らせるという発想が信じられない。コンビナートを集めて作るという発想は台湾にはなかったのか?


 窓から池袋方面が望めるのだが、物凄い稲妻が走るのがハッキリクッキリ見える。その模様は本当に怖ろしいほど。しかし不思議と雷鳴はしない。ど迫力の稲妻は見えるけど、遠いのね。レーダー画像では山梨方面で落雷と出ているし……。

 風呂に入り、ピーナッツをむさぼり食って、くーたんと遊んで、「タモリ倶楽部」は録画して23時には寝てしまおうと思いつつ、フジの「僕らの音楽」を見てしまった。アルフィーって、スターじゃなかったの?こんなにネタにされる扱いだったの?

 坂崎さんは地域猫を守る活動をしていて、それが本になっていて、偶然読んで、坂崎氏を尊敬している。命あるモノは守る、不幸な猫は増やさない。そのために自腹を切っている。

 0時就寝。

今朝の体重:91.15キロ

本日の摂取カロリー:2246kcal

本日の消費カロリー:日常生活+10kcal/355kcal+122kcal(自転車)

2014年7月31日 (木曜日)

懸案、次々に解決

 5時50分頃起床。最近、どんどん早く目が覚めるようになってきたなあ。その分、早寝しなきゃ。

 快晴!

 ほんと、どこかに行きたい気分。

 朝のモロモロも早々に、仕事開始。

 昨夜寝るのと入れ違いに相方から来た章割りメモを取り込んで、角川新作の章割りを完成させる。といっても、いくつかは筋に取り込めないままで、付記という形にする。どうせ本文を書き始めると、いろいろ筋は複雑になって行くのだ。

 9時過ぎに角川N氏に章割りと人物表を送る。

 で、Jノベル第1回に戻る。

 相方と電話で打ち合わせ。おれの言い方が不味くて、相方を怒らせてしまった。そんなつもりでは……と思うのはこっちの言い分だもんなあ。反省。

 ご飯を炊いたが、お米が終了

 で、アサメシを食べる。1膳目は卵かけご飯。貰い物の「卵かけご飯用の醬油」を使ってみたが、昆布ダシが利きすぎて、なんだか「きつい」味。普通の醬油の方がいい感じがする。

 2膳目は、磯海苔としらすで、簡易しらすごはん。美味い。

 それにあさりの味噌汁にキュウリの漬け物。

 食べ終わったら12時20分過ぎ。「サラメシ」の再放送を見なきゃ!

 と思って見始めたら……そのまま寝てしまった。

 で、「花子とアン」が始まったところで目が覚めたので、見る。ちょうど、関東大震災の回。

 録画しておいた「孤独のグルメ」を見る。八王子の小宮。この「駅前に何にも無い」感じは、八高線か?と思ったらそうでした。

 そこの焼肉屋。しかしこういう店をよくまあ発見してくるなあ!番組は原作とはまったく違う店を探してくるから、スタッフも大変だ。実際に食べてみて、いろんな条件が合格したら番組で取り上げるんだし。

 大振りな肉が美味そうだなあ。サーロインもいいけど、ロースを溶き卵で食べるのが美味そうだなあ!

 焼肉って、最近食べてないもんなあ。たまには食べてもいいよね。しかし焼肉と白いご飯って最高に合うんだよなあ。最高に太る組み合わせだけど。

 しかし、本当に、どうして松重豊が食べている姿を眺めているだけなのに、感動してしまうんだろう?実に不思議だ。でも、松重さんの食べる姿には、すでに神々しさすら感じるようになっているんだよねえ。

 実に不思議な番組だ。これは、スタッフの意図した以上の、別の次元に到達しているから故の現象、という事ではないのか?

 店員さんという「役」を演じる子が可愛い。お店には申し訳ないけど、掃き溜めに鶴という感じ。

 そのお店の子とヤンキー風の客がじゃれているのに呆れる五郎さんがカメラを見る表情が、またいいんだよなあ。

 松重さんは、「HERO」では怒鳴りまくって切れまくる上司を演じているそうだが、こっちもちょっと見てみようかな。

 Jノベルに掛かる。

 これも、書き出せば、ゆっくりと「仕事の回転軸」が回り始めた。ちょっと考えすぎたかな。それで相方への言い方がおかしなことになったんだろう。

 13時にエアコンの交換工事が来る予定だったが、アサイチで電話があって少し遅れるとのこと。

 好事は14時ごろになった。

 同じ方のものはもうないので、同じメーカーの現行機種、つまり最新型に交換となる。サイズはまったく同じなので、今までの窓枠にぴったりハマって、ものの5分で工事は完了。

 スイッチを入れたら、ぶわーっと冷える。冷える冷える。よ~冷えまんな。冷えるでしかし。めっちゃ冷えますやん。と、何故か大阪弁になってしまう。

 ちなみに、新品交換して貰ったけど、保証は終了ですよね?と確認。新品だからと言って、また3年保証期間が延長されるとは思えない。そんなことになったら、3年ごとに壊れたら、ずっと新型に交換となって永久保証になるもんね。でも、また壊れたらメーカーに相談してみてください、とのこと。

 壊れないのが一番なんだけど。

 仕事に戻る。

 快調にバリバリ進む、とまでは行かないが、ようやくこの作品におけるリズムが掴めて、登場人物が見えてきたようだ。

 「5時に夢中!」を見る。今日は中瀬さんはお休みで代打の登場。しかしこの番組は「化け物おばさん」を上手に探してくるなあ!美保純を化け物オバサンというのは申し訳ないが、あのトシであれだけキュートというのも化け物の資格があると思う。

 今日は寝ないで見た。

 18時になって、どうしても餃子と唐揚げが食べたくなったので、「餃子の王将」に行く。

 白いご飯で餃子と唐揚げを食べたかったが、そういう定食・セットがないので、「焼きめしセット」にする。ここの焼きめしは凄く美味しいんだけどね。「日高屋」の脂多すぎでベタベタのチャーハンの一千億倍美味いぞ。餃子も唐揚げも美味かった。

 食後、スーパーのライフで買い物をして、帰宅。

 仕事に戻る。

 21時過ぎまで仕事をするが、眠い。

 モーレツに眠くなってきた。

 風呂に入り、風呂上がりに、買ってきた桃を食べる。福島の桃。美味い。

 

「報道ステーション」を見る。

 検察審査会が、東電の勝俣元会長ら「三悪人」を起訴相当と議決。よくやった!これでこそ、検察審査会の存在意義があると言うもの。ある「識者」は「原発事故憎しで感情的になってはいけない」とか言っていたが、議決の文章は至極冷静で具体的。まったく感情的ではない。勝俣は事故後もしゃあしゃあと原発推進を言い捲っていた「確信犯」なのだ。四谷の自宅は要塞みたいだし(ってこれは直接関係ないが)。

 佐世保の事件、6月に精神科医が児童相談所に電話を入れていたが事件を防げなかったと。で、また、児童相談所が批判されているが……実際問題、電話の通報だけでは動けなかったのも事実だろう。ならば、電話した精神科医は、その後何かしたのか?結局、何も出来ずに終わったんじゃないのか?強い危惧というか危機感を持っていたのなら、医師として、児童相談所に電話するだけじゃなくて、もっとやれることはあったんじゃないのか?と思うのだが。

 で、加害者の弁護士が「加害者は父親の再婚に反対していなかった」「報道は間違っている」と言っているらしい。父親をバットで殴ったのは別の理由があるのだろうと。

 ますます不可解になってきた。やっぱり「親の再婚で居場所を失った」というような、今までの常識とか前例に当てはめて考えるのは間違っているのかも。

 くーたんと遊んで、23時を過ぎて、もうどうしようもなく眠いので、就寝。

 と相方から電話が来たが、申し訳ないが眠いので……。


 エアコン、起きたときに寒いことがあるので、タイマーで4時に切れるようセット。夏本番になってからは付けっ放し状態なのだが、どうなるか……?

今朝の体重:90.40キロ

本日の摂取カロリー:2073kcal

本日の消費カロリー:日常生活+37kcal/808歩+23kcal(自転車)

2014年7月30日 (水曜日)

章割りあげて、テニス

 6時過ぎ起床。

 快晴。

 昨夜出せなかったゴミを出す。

 こんなにいい天気だと、どこかに行きたくなる。冷房の効いた電車に乗って、遠出したいねえ。

 しかし、仕事が詰まっている。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。懸案と化しつつある角川新作の章割り。

 なかなか進まなかったが、今朝は一転して進み出した。具体的なエピソードと言うより流れを決めるべきだ。場合によっては具体的なあれこれも書いておく場合もあるけど、この段階では流れを考えてその是非を考えるべきだろう。

 途中、アサメシを挟む。トースト1枚、コーンフレーク、ゆで玉子にコーヒー。

 仕事再開。

 お昼ごろに出来上がったので、相方に送る。

 懸案が1つ解決したので、気持ちが物凄くラクになった。けっこうプレッシャーになっていたのね。


 少し休憩。

 Jノベル連作短編の第1回に取りかかる。

 15時ごろ、遅めの昼飯。しらす丼を作るが、今回は磯海苔としらすとワサビだけ。大葉もミョウガもネギも品切れ。

 しかしワサビ醬油で食うと、これまた格別。美味い!

 仕事再開。

 「5時に夢中!」が始まったが、のっけから寝てしまった。

 17時30分頃に目を覚まして、テニスへ。今日の放送は殆ど見ていない。美保純の口紅が鮮やかで、それをアレキサンダーが褒めたのだけは覚えている。

 で、テニス。いやもう暑いので、最初からヘロヘロ。レッスンが終わった段階で疲労困憊状態。試合は、いいショットを打てたこともあったが、レッスンで習った「横に来た球をボレーで打ち返す」のが出来ない。後衛に全部任せてしまう。

 全身、汗みどろ。

 プールでクールダウン&100メートル泳ぐ。今日も背泳ぎだけ。

 風呂に入って、帰る。

 ビールを飲んでヤキトリを食いたかったが、相方が章割りを今夜中に戻すと言っていたので、出来れば今日中に章割りを直して完成させて、明日は朝からJノベルをやりたい。そのほうが仕事にメリハリが付く。

 ということで、ビールは我慢。「喜多方ラーメン坂内小坊師」で喜多方ラーメンに餃子3つと半ライス。

 スポーツクラブで風呂に入ったのに、帰路、汗ビッショリになる。

 帰宅して、もう一度シャワーを浴びて、くーたんのご飯を用意する。

 そして、相方からのファイルを待つが、なかなか来ない。まあおれも、*時までに送ると言いつつ送れないことは多々あるので、仕方がない。

 夜のニュースで、水難事故から身を守るために「浮いて待て」を実践しようと、日本だけではなく世界的に背泳ぎ状態で浮かんで助けを待つ講習会が広がっていると。外国でも「UITEMATE」がそのまま広まっていると。伊東沖で足が痙って流されて下田の白浜で助けられた人は、精神力が凄いと思う。しかし、それだけ流されてしまうのね。

 横須賀の走水の水難事故、ニュース画面に映った走水海岸は殆ど波もなくて穏やかだったのだが……。

 佐世保の事件、加害者と被害者は親友だったと。だからそれだけ痛ましいし、ひどい。親友を欲望の対象にしてしまうんだね……殺すという意味がきちんと理解出来ていなかったんじゃないのか?永久に会えなくなってしまう、ということが実感出来ていなかった?いや、それとは違う次元での欲望が勝ったんだろうけど。

 そんなに解剖したかったら医学部に進んで、「白い巨塔」の大河内教授みたいになればよかったじゃないか!と思うけど、そう思えれば、何の問題もなかったのだ。

 殆ど同じ動機の事件があったはずなんだが、思い出せない。

 「孤独のグルメ」は録画。

 「マツコ&有吉の怒り新党」を見ながらファイルを待つ。海水浴場で飲酒も音楽もバーベキューも禁止ってひどくないか、海ってそもそもチャラチャラするところだろ、という投書に、マツコも有吉も否定的だったのに、どうして「マニフェスト採用」になるの?こういうチャラチャラしたいヤンキーもどきのガス抜きも必要、という事を言ったから?まあ、チャラチャラ可能なビーチがあってもいいと思うけど。伊豆の白浜なんか、その典型だと思うけどな。でも、江ノ島近辺では絶対止めて欲しい。行くのが嫌になる。

 で、このパターンはおれが寝るのと入れ違いに届くのだろうなと思いつつ、もう眠くて脳味噌はシャッターが下りたので、寝る。

 ベッドに入ってiPhoneでメールをチェックすると、案の定、相方から戻っていたが、もう寝る。アサイチでやろう。

今朝の体重:91.10キロ

本日の摂取カロリー:2461kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+152kcal/4005歩+27kcal(自転車)

2014年7月29日 (火曜日)

弁慶の罠に掛かり、平賀源内の陰謀に乗った

 6時過ぎ起床。

 快晴。

 洗濯物を干す。

 朝のモロモロを済ませ、ツキイチの通院まで仕事をして、角川新作の章割りを完成させようと思ったが……そんなに都合よく行くわけがない。

 章割りは、本文を書いているウチに変わるものだから、目安というか基本設計図のようなものだが、だいたいの大きな流れを考えて検証するためにある。章割りの段階で話の展開に無理があるかどうか事前にチェックできる。

 だから、それなりに時間を掛けて考えなければならないのは当然。

 もうちょっとのところまで来ているのだが……。

 時間が来たので、外出。

 病院の待合室で、相方から来たJノベル連作短編の冒頭部分のメモをiPadでじっくり読む。

 ちょっとおれのイメージと違うが、どっちの方が面白いか。それだけが判断基準。

 診察はすぐ終わり、会計も薬局もすぐ終わり、11時30分。

 ギトギトラーメンの「弁慶」(千駄ヶ谷ホープ軒の弟子筋)をどうしても食べたくなって、自転車を駆って、堀切菖蒲園のまた向こうにある店まで走る。

 バイクに乗っていた頃、というか、北千住に越してきた頃は、週1回、多いときには週2回は食べていた。深夜に食ってたこともあったなあ。今から思えば最悪な事をしていたのだが。

 その後、ここでラーメンを食べると腹を壊すようになって(多くの人が腹を壊す。これを「弁刑」という)、回数は激減し、バイクを手放したのでもっと激減して、今は年1回食べるかどうか。でも、ごくたまに、どうしても食べたくなるときがある。今がその時。今でしょ!

 お昼前でちょうど空いていた。最近は昼時に小ライスをサービスするようになったのね。

 卵入りに海苔を付けて貰う。

 以前は、一口目のインパクトが絶大で、痺れるような快感があったのだが、今日はあんまり無いなあ……。おれの味覚が変化したんだろうなあ。

 それでも、美味しく食べる。

 荒川に掛かる堀切橋を自転車で渡るのはなかなか大変。炎天下だし。

 帰宅したら汗びっしょり。

 さあ、仕事するぞ、とMacに向かったが……。

 疲れてしまって、モーレツに眠い。

 これは……どういうことだ?

 まず考えたのは、弁慶のギトギトラーメンが肝臓に作用して、一気に肝機能障害を起こした可能性。ラーメンだけでそんなに劇的な変化が起きるかどうか不明だが。

 それと、炎天下に自転車を必死に漕いだことも作用したか。

 とにかくもう、グッタリしてしまって、ダメ。

 とてもじゃないが、仕事が進まない。

 これでは、元々タイトだったスケジュールは守れない。

 Jノベル担当F氏にメールで、〆切の猶予をお願いする。もともと掲載はずっと後の11月号なので、余裕はたっぷりあると読んでのこと。

 すぐに快諾の返事を戴いて、安堵。

 ソファに倒れ込む。うむ、この疲れ具合はやっぱり肝臓だ。

 しばらく、寝る。

 くーたんがやって来て、おれの上に寝たが、暑いのが嫌だったのだろう、すぐに他の場所に行った。

 「5時に夢中!」を見るが、ほとんど寝てしまった。

 19時30分に、町屋で相方と打ち合わせ。

 頑張って、起きる。

 と、光文社T氏よりメール。ゲラ拝の確認。

 お~。8月初頭はモーレツに忙しいぞ!

 京成線で町屋。

 相方は既に待ち合わせ場所で待っていた。

 戴き物のピーナッツを相方にお裾分け。

 「ときわ」の入り口で順番を待つ。今夜は超満員。しばらく待つ感じ。

 ここで、昼の弁慶のラーメンが腹に来た。まさしく「弁刑」。

 トイレから帰ってくると、ちょうど我々の順番になったところ。

 混んでいるので相席。

 で、平賀源内発案の、日本広告史上空前絶後の大ヒットコピー「土用の鰻」。これ、日本古来の風習だと思い込んでる人はまだ多いのかもしれないが、しかし平賀源内は巧妙というか、実に巧いコピーを考えたものだ。暑い盛りには精がつくものを食べたくなる。うなぎは高いけど、年に1回なら食える。

 今日の昼間、最近は寂れている鰻屋の前には行列が出来てたもんね。

 別に今日食わなくても、明日食えばいいじゃん、と思ったが……まあ、縁起物だし、いいか。平賀源内の陰謀にのってやろう。

 ということで、鰻丼を注文。1200円の鰻丼のうなぎは「輸入品」。十中八九、中国産だろう。1900円の特上うな重は愛知県産の国産ウナギを使っているらしい。

 でもまあ、そうたびたび食うもんじゃなし、中国産を食ってもただちに健康被害が出るものでもないだろう。700円の差は大きいぞ。

 料理が出て来るまで、いろいろ打ち合わせ。〆切の件、ゲラの件、連作短編の内容の件。

 

 出てきた鰻丼は、美味かった。文句ありません。肉厚だし。

 養殖ウナギの問題点は、熟知している。親父がウナギの養殖をやっていたので、いろいろ裏側も知っている。だけどまあ、ウナギを常食にしなきゃ、まあ、大丈夫じゃないの?

 帰宅して、またトイレ。弁慶は効くなあ。弁慶の弁刑ダイエットって、アリかもしれない。

 もう今夜はだるくて、ダメ。

 風呂に入る。

 風呂から出て、「報道ステーション」を見ていると、寝てしまった。よっぽどなんだな。

 佐世保の事件、「殺してみたかった」「解剖してみたかった」って、前にも似たような事件があったはず。

 どう考えても、犯人の心の闇だ。

 いろんな「識者」がいろんな説明を試みているが、こういう識者って、前例をひいて説明することしか出来ない。だから、前例がない事が起きると、ムリヤリ前例を当てはめて解説しようとする。我々だって、理解出来る解説に飛びついてしまうし、報道もそうだ。

 犯人の動機について、正しい分析が出るのには時間がかかるんじゃないか?正しい分析など、出ないかもしれないが。

 しかし、動機がどうであれ、こんな殺され方をした被害者は堪らない。遺族だって堪らない。

 犯人の父親は自身のホームページを消してしまったらしいが、まだなんのコメントも出していない。自分の再婚が引き金のように報じられている(たぶん引き金になったのは間違いないだろう)から、出てこられないのだろうが……。

 眠くてでろんでろんになっているので、23時30分就寝。

 遊び足りないくーたんは、キッチンでゴソゴソやっていたが、無視。

 爆睡。

今朝の体重:91.25キロ

本日の摂取カロリー:2520kcal

本日の消費カロリー:日常生活+64kcal/1894歩+253kcal(自転車)

2014年7月28日 (月曜日)

エアコンの乱に勝利して、気功

まず、戴き物のご紹介を。

Fumika

「妻たちが目覚めた快楽セックス」(文庫ぎんが堂)


若い頃よりもセックスに貧欲になったみたい一一そんな30代~40代後半の人妻たちの声が多く寄せられる。性感マッサージ師との行為で初めて潮吹きを体験したという友紀さん。リモコンパイブを使った差恥プレイにハマったという彩奈さん。70代男性と口ーターセックスで陶酔の一時を得た葉子さん。ディスカウントストアの一角で夫とともに公開オナニーを披露するという愛さん。より深いオルガスムスを求めて新たな一歩を踏み出した妻たち17人の衝撃告白!(裏表紙の惹句より)


 いや~この本はマジで取材・インタビューして書かれたノンフィクションなので、スゴイデスネ~!と往年の山本晋也の口調になってしまいます。是非、書店にて!

 で。

 6時過ぎ起床。

 洗濯物を干しに行く。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはトースト1枚、コーンフレークにゆで玉子。

 仕事開始。角川新作の章割り。具体的なエピソードがなかなか思い付かず、焦る。


 Oからヘルプの電話。外出できなくなって、東大病院に通院するのに「介護タクシー」を使ったのだが、その代金分が足りないと。病状がかなり進んできた様子。入院か施設に入ることを勧めた。ヘルパーさんが来ているから、相談してみろと。

 電話を切ってから、送金する。


 送金と言えば、先日、Wikipediaに寄付したのだが、その時は「みんなが700円寄付してくれたらラクになる」という表示があったので、1000円寄付して「多めに寄付した」と日記に書いて、その金額を忘れていたのだが、相方から「私の分」と1000円預かった。3000円とか5000円寄付したつもりになっていたのよね。

 で、改めて確認したら、1000円の寄付だったので、慌ててもう1000円寄付する。

 毎日お世話になっているのだから、みなさんもWikipediaに寄付しましょう!

 仕事をなんとか進めていると、13時。

 懸案の窓用エアコンは、電源を入れてしばらくは冷えていたが、コンプレッサーがぷつんと止まって、送風状態に。冷えていたら修理の人に「問題ないですね!」と言われてしまいそうだった。

 そう言うところに、エアコンの修理の人がが来る。

 コントロールの基版を換えたりコンデンサーとかを換えてみたりした結果、「コンプレッサーが詰まっている」とのことで、無償修理というか、新品交換に決定!いや~有り難い。

 ちなみに、保証が効かない場合は、コンプレッサーだけの交換は出来ないか、やるとかなり高額の修理代になって、新品を買うのと変わらない金額になるらしい。

 この窓用エアコンは「トヨトミ」製だが、このメーカーって、おれがコドモの頃は石油ストーブのメーカーだった記憶がある。で、大手家電メーカーは窓用エアコンから撤退したらしい。

 交換の日取りは改めて連絡しますということで、サービスマンは帰った。

 いやあ、3年使ったものが新品になるというのはラッキーではないか!これでまた寿命が延びた。まあ、この交換されたものが壊れても保証が効くのかどうか判らないけど。

 遅めのランチは、「しらす丼」を作ってみる。ドンブリご飯に磯海苔を敷き、その上に釜揚げしらすを並べ、大葉とおろし生姜。ミョウガがあればトッピングしたいところ。

 ポン酢とごま油をかける人もいるようだが、おれは醬油のみ。

 ワシワシと掻き込む。

 美味い!

 こういうのはシンプルが一番。

 実に美味い!

 それで気分が高揚したのか、章割りは進む。

 おやつに、ピーナッツを食べる。けっこう腹が膨れる。

 が、時間切れ。章割りは完成できなかった。

 出かける支度をして、気功へ。

 hana師匠が出来立てのタイ焼きを買っておいてくれたので、有り難く戴く。

 美味い。

 タイ焼きと言えば、麻布十番の「浪速屋」のものを嫌と言うほど食べた(アオイスタジオに入っていると、差し入れはおしなべてこのタイ焼きか、豆源のアラレだった)が、人形町の有名店のタイ焼きは、皮が薄くてパリパリで、餡の甘さが控えめで、大変結構。

 で、気功。師匠にハッパをかけられたので、今回は間違えないよう、師匠の指導を守って、頑張ったが……。

 汗だくだく。

 終了後、いつものように「えいと」へ。

 鯛の塩焼きが美味かった。それにカツオのタタキ、青柳のネギぬた、焼き鳥盛り合わせ、トマトのなんとか、出汁巻き玉子。グラスビールのみ。〆は葉唐辛子のおにぎりと味噌汁。

 すべて美味しく戴く。健康に感謝。

 スポーツの話に花が咲いたので、かねてからの疑問「野球中継で「4・6・3のダブルプレー』と言う、あの『4・6・3』って、ナニ?」と聞いたら、Gくん(あえて名を伏す)が宇宙人でも見るような目で「それを知らないって、日本人ですか?」とモロに言い放ったぞ。

 おれ、野球は阪神はファンだけど自分ではやらないし、「巨人の星」のアニメは見たけど、野球は特に好きじゃないからな〜。テクニカル・タームは殆ど知らないし、ルールだってごく基本的なこと(右回りに進塁するとか投げられた弾を打つ、とか)しか知らないし。

 早見さんに「明日の日記が楽しみだな〜」と言われたので、きっちり書きましたぞ!

 かつて、小林信彦が、野球のことを知らないと大橋巨泉に驚かれ、面白いからと「巨泉前武ゲバゲバ90分」の生放送のコーナーに呼ばれて「野球無知ぶり」を披露させられたが、打ち合わせとまるで違うことを喋って巨泉に大いにウケた、ということをエッセイに書いていたなあ。

 その小林さんは後年、訳知りガイジンに扮して「素晴らしい日本野球」というロバート・ホワイティングの「菊とバット」のパロディ(江夏はピッチャーと力士を兼任しているとか、広島の選手のパワー源はモミジマンジュウだとか、一見してギャグだと判る、ギャグスケッチ)を書いて、それを真に受けたメジャーリーグ通の慶大教授が「外国人はこんなひどい誤解をしている!」と大真面目に新聞に書き、小林さんはそれをまたネタにしていた。

 小林さんも相当、人が悪い。こういう人の悪さは大好きだけど。

 帰路、相方と打ち合わせ。

 帰宅して、くーたんのご飯を用意するが、雑誌「猫の気持ち」の付録に入っていたシーバのレトルトを出してみたら、くーたんは臭いを嗅いでぷいと行ってしまった。ネコって食い物は保守的だからなあ。といいつつ、突然嗜好が変わったりするし。

 シャワーを浴びて、ネットでニュースをチェック。

 佐世保の事件は、頭がよすぎてちょっと違う方向に強い関心を持った思春期特有の不安定さが引き起こした、と考えるべきなのだろうか?過去に似たような事件はあったし……。

 しかし、それでは被害者が浮かばれない。

 どうせ殺されるなら、きちんとした理由があれば、まだ諦めもつくけれど、こういう形で命を失いたくない。

 この事件の報道で、加害者の身元がハッキリ判る表現(親が地元新聞に書いた文章のタイトルを明示したり)が幾つかあったが、これって、問題にならないのか?それとも、読者が自分でググって加害者の実名を割り出せ、という誘導か?

 実際、すでに2ちゃんねるには加害者とその親らしい写真が貼られているが。

 1時前、就寝。

今朝の体重:91.35キロ

本日の摂取カロリー:2185kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+181kcal/4566歩+27kcal(自転車)

2014年7月27日 (日曜日)

今日はほとんど休養状態

 6時前に目が覚めた。

 二度寝出来ないようなので、起きる。

 快晴。

 昨夜洗っておいた洗濯物を干す。

 朝のモロモロを済ませる……が、この朝のモロモロ、くーたんの世話と昨日分の日記を書くことよりも、2ちゃんねるというかピンクちゃんねるを巡回してエロ画像をチェックするほうに時間がかかる。

 というか、最近はあんまりエロ画像を見てもウヒヒと思わないんだよねえ。その代わり、各種エロ板に貼られている「エロじゃない画像」を見るのが面白い。グロ画像もたくさん貼られてるが……。

 その中に、指を真っ赤に染めた写真が数枚貼られていて、なんだこれは、と思ったら……。

 日記を書き終わって、アサメシを食いに出る。

 今日は午後から雨が降るらしいので、今のうちに買い物もしておきたいし。

 吉野家で朝食。ハムエッグに牛小鉢。焼き魚にすればよかった。

 その後、千住大橋の「ライフ」に行って、夕食の買い物。いろいろ買い込む。

 帰宅したらもう、汗びっしょり。朝から暑い!

 でも、夏は大好き。夏を愛している。

 で……。

 相方と電話で打ち合わせ。角川の新作、打ち合わせの席でキャラクターを変更したが、また元に戻す。新たな登場人物を出して、話を一層ややこしくする。

 方針は決まった。

 しかし、なんだか昨日の疲れが出てきた。

 今年初の海だったし、ボディボードを背負ってけっこう歩いたし、疲れた。腰も痛いし。

 ネットニュースで、佐世保での女子高生が同級生を殺した事件を知る。いやしかし、いろんな事が起きるなあ。撲殺、というのが凄いと思うし、また佐世保か、と思ったが……。

 お昼になって、洗濯物を取り込むが、晴れはまだ続いているので、タオルケットを洗って、干す。

 が……。

 干してから間もなく、iPhoneに雨の警告が。レーダーを見ると、物凄い雨雲が接近中。

 1時間ほど干した状態で、取り込む。まだ生乾きだが仕方がない。キッチンに広げてエアコンの風を当てる。

 と、それから30分位して雨が降ってきた。おれがタオルケットを取り込んだときには他の洗濯物はたくさん干してあったから、どうなったことやら。

 そんなこんなで、ダラダラ。そのうちに14時になって「きらクラ!」が始まったので、聞く。

 トーストを1枚食べる。

 先週の放送ではマゼールが指揮するマーラーのアダージェットをかけたのに、マゼールの死についてはスルーしていた。もうスルーするつもりかと思ったら、話題にした。先週分はカットされたのか?それとも先週分はもっと前に録音されていたのか?でも、マゼールの指揮でアダージェットだぜ?偶然と言うには狙いすぎていたと思うなあ。

 16時になって、ご飯を炊く。

 いかん。このままだと夕食を食ったらもう、営業終了のペースだ。今日中になんとか章割りをやってしまいたいが……。具体的エピソードが思い付かない。

 ご飯が炊けたので、「笑点」を見ながら、メシ。今日買って来たオージービーフのステーキを焼き、温野菜を解凍しフライドポテトをオーブントースターで焼き、買ってきた夏野菜サラダとカップスープで。

 ちょっと焼きすぎて、ウェルダンになってしまった。まあ肉が薄かったからなあ。

 「バンキシャ」では佐世保で起こった女子高生が同級生を撲殺した事件を報じていたが、あまり詳しい事は判っていなくて、まだ「第一報」に近い状態。その後、遺体の首と左手首が切断されていたと判るが。

 ネットに流れていた、指を赤く染めた写真が、犯人の女子高生が2ちゃんねるに書き込んだという「殺しちゃった……」に添付された画像だったらしい。

 しかし、どうして首を切断したりしたんだろう?遺体をバラバラにして処分してしまおうとしたのだろうか?

 そのまま「鉄腕DASH」を見る。無人島の開拓って、男の子の夢だよなあ。それをやっちゃうのがいいねえ。

 で、「軍師官兵衛」。

 今夜は中国大返しから山崎の戦いまで一気に見せる。

 合戦の模様は、一方的に負けの報告を受け続ける光秀の場面のみで描写されるので、とても物足りない。この戦は、秀吉側にしてみれば「あっけなく勝った」のかもしれないが……中国大返しを成功させても、これに負けたら意味がなくなるんだから、もうちょっと見せて欲しかった。それと、光秀の最期も、もっときちんと見せて欲しかった。

 光秀ファンとしては、光秀の無念をもっと描いて……無理か。

 だったら、明智光秀を主人公にした大河をやって欲しいなあ!

 それが無理なら、過去にやった「葵・徳川三代」みたいに、秀吉・光秀・柴田勝家の3人を主人公にするとか……。

 来週は、清洲会議か!

 そういや、三谷さんの「清洲会議」、まだ観てないんだよねえ。レンタルDVDを借りちゃうかな。

 

 それを言えば、早見さんに勧められて買った川島雄三の「しとやかな獣」も、まだ観てないまま。DVDを買ってもう何年も経ったのに。昨日の朝日土曜版にこの「しとやかな獣」が取り上げられていた。この記事も、いつもより掘り下げが浅かったなあ。

 

 カットスイカを食べる。夏はやっぱりスイカだね!

 「NHKスペシャル」は、「STAP細胞事件」について。この番組の取材で、小保方さんに強引な取材を試みて、NHKは小保方さん側から強い抗議を受けたのに、番組内ではそれに付いてはまったく触れず謝罪も釈明もなかった。途中、画面を見ないで音だけ聞いていたりしたから、そのへんで触れたのか?

 この件、若山教授の動きもなんだかヘンなのだ。小保方さんに提供したマウスじゃないマウスで実験をしたとか発表しておきながら、あとから訂正したり。なんだか若山教授がミスしたのを小保方さんが知らずに実験を進めてしまった、という構図があったりするんじゃないのか?

 番組が独自に専門家に検証を依頼した結果も見せていたが。

 なんかこの件、いろいろと不明瞭なところが依然として多い。若山教授の責任も、今言われている以上にもっともっと重いんじゃないのか?今はなんか、小保方さんばかりに批判が集中してるけど。

 眠い。しかし、このまま寝てしまったらヤバい。

 風呂に入って、いろいろ考えを整理して、ゴミ出しをしてから、とにかく人物表だけでも書いてしまおうと、やる。

 しかしそれで力尽きた。

 23時30分、就寝。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2362kcal

本日の消費カロリー:日常生活+53kcal/1094歩+31kcal(自転車)

« 2014年7月20日 - 2014年7月26日 | トップページ | 2014年8月3日 - 2014年8月9日 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト