« 2014年7月27日 - 2014年8月2日 | トップページ | 2014年8月10日 - 2014年8月16日 »

2014年8月3日 - 2014年8月9日

2014年8月 9日 (土曜日)

とにかく泥のように眠い一日

 6時ごろ起床。

 曇り。

 寝不足がかなり貯まってきているが、どうにも5時から6時の間に尿意を催してトイレに行くと、そのまま目が覚めてしまう。

 今朝も6時前にトイレに行ってベッドに戻ったが、二度寝出来なかった。

 これはもう、早く寝るしか対策はないんだよねえ。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。腹が減らないし、光文社の新作を終えてからと言うもの、体重は増える一方だし。

 昨日、やっとの思いでJノベル67枚を書き終えた、その反動か、今日はやたらに眠い。

 缶ビール500mlを飲んで肝臓が悲鳴を上げている?

 台風が接近していて気圧が低いから?

 まあ、ここんとこ、食べたいものを食べているから肝臓が弱っているのは確かだろうけど……。

 10時前に、アサメシ。

 いわゆるホテルの朝食ブッフェでのアサメシを再現。ご飯を温め、スクランブル・エッグを作り、ベーコンを低温で焼く。これに海苔・漬け物。この和洋折衷のアサメシをホテルで食うと最高に幸せな気分になる。

 食後、録画した「タモリ倶楽部」を見る。

 古い古いカセットテープの中身公開。タモリはカセット面白術みたいな本を出していたのに、自分が作った古いカセット録音は公開しないのね。 おれはこの本を買って持ってるぞ! いや、当人は公開してもいいと思っているけど、有名人が出ていて権利関係が発生してしまうのかもしれないなあ。

 ウチにも古いカセットは保存してあるが、もうそろそろ再生出来なくなりつつあるんだろうなあ。ご多分に漏れず、ドライブ用に作ったカスタム。だいたい映画音楽を入れていたのだ。中学高校大学と、ロックは聴かなかったんだよねえ。

 しかし、眠い。アサメシを食ったら余計に眠くなってきた。

 仕事をする気が起きず、テレビの台風情報を見る。

 今年の夏は、四国が標的になって2つも直撃。しかも雨台風で速度ものろいから、大雨が長時間降って、大変なことになっている。

 徳島県海陽町、というまったく聞き慣れない地名が頻出するので調べてみたら、町村合併で旧宍喰町などが合体して出来たのね、どうせなら市になれば……市になるほどの人口がないのか?

 町村合併で徳島にも新しい市が誕生して久しい。おれが住んでいた頃はずーっと「徳島市・鳴門市・小松島市・阿南市」の4市体制だったもんね。それが、「三好市」とか「美馬市」とか、知らない市が出来た。まったく馴染めない。あ、阿波市とか吉野川市というのもあるのね。いや~まったく浦島太郎状態じゃ~。

 眠い。

 ずっと部屋にいると、なんだか自宅軟禁されているようで、精神的閉塞感が、この眠さを誘発しているのかも、という気になってきた。この季節、外に出ると暴力的暑さで体力を消耗してしまって、仕事に差し支えるので外出を控えていた。それが溜まると、なんだか精神的なダメージが来たみたいな気もする。

 雨も降っていないので、買い物がてら、外出。

 レーダーを見ると、30分くらいなら大丈夫だろう。

 スーパーに行ってサラダやティッシュペーパーなどを買う。夕食はまだ残っているカレーと思ったが、魚にしよう。鰺のタタキを売っていたので、それにする。あと、こんにゃくを煮たのとか春雨の酢の物とか。

 遅めのランチ用に、シャケとイクラの弁当を買う。どこかで食っていると大雨が降ってきそうだし。

 

 買い物を済ませて出入り口に来たら……もう雨じゃん!

 レーダーを見ると、少し待てば上がるようではある。

 しかし、待つのがかったるい。近所だし。

 雨の中を自転車を飛ばして帰る。

 帰宅したら、雨は止んだ。まあ、人生、こんなもんよ。

 眠い。

 ベッドに入って本格的に寝ることにする。

 だけど……やっぱり眠れない。

 おれは基本的に昼寝が出来ない体質なのだ。

 いや、肉体的に疲れていると昼寝しちゃうから……これは精神的なものか?

 しばらくベッドにいたが、眠れないので起きると、外は真っ白。細かい粒の雨がさーっと降っている。

 少し仕事をする気になって、ファイルを開ける。

 角川新作の章割りをちょっと触ったところで、気力が続かず、中断。その時間、30分ほど。なんという無気力。

 ご飯を炊いて、夕食の支度。買ってきたあじのタタキに生姜を増量。

 

 ご飯が炊けるまで、録画した「孤独のグルメ・特別編」を見る。五郎さんが博多に出張。小松政夫などが特別出演。どうせなら、あと数人の博多ゆかりの俳優やタレントも出せば……と思ったけど、予算の問題があるもんね。

 小松政夫は「まる天うどん」をワンカット長回し(正確には2カットに分かれているが)の中できっちり作って、五郎さんに出した。役者が作って出したのは初めてじゃないか?まあ、うどんだけど。

 地元タレントが大挙して出演してるのね。

 小料理屋の客の中で、五郎さんの向かって右隣の「OL」がなかなか美人だった。

 しかし博多の人って、こんなに「東京人」を意識するものか?

 

 18時30分になったので、「孤独のグルメ」を中断して、「青空レストラン」を見る。京都のごま油工場で、一番搾りの美味いごま油を堪能。美味そうだねえ。しかし、この美味いごま油で揚げた京野菜の天麩羅が出て来なかったねえ。凄く高いこのごま油を天麩羅の揚げ油に使うのはもったいないのかも。

 ご飯が炊けて蒸し終わったので、夕食。

 しかし……鰺のタタキは、あんまり美味くない。味が薄い。これだったら、味噌を混ぜて「なめろう」にしたほうが絶対美味かっただろうなあ。

 ほかにお総菜の「ネギ塩チキン」とあさり汁。

 食後、「孤独のグルメ」を再開。日本には、美味いモノが山ほどあるねえ。博多に行って、あえて、ラーメンではなくうどんを食うところが、この番組らしいなあ。

 TBSの「報道特集」では理研の笹井氏自殺についてやっていたが……。この件についてのマスコミの責任を自ら問うて反省する声は、まだ無い。自殺する方が悪い、という感じ。

 しかし、笹井氏の自殺は、途方もなく大きな影響があると思う。

 おれはまあ、社会的地位もないし世間を騒がせることも引き起こせないだろうから、メディアスクラムにあって死を選ぶほど追い込まれないだろうけど……もしも、そういう事態になったらということも考えておいた方がいいのかもしれない。

 なんせマスコミは無神経で無責任で無頼だから、身を守らねば。どうするかね?海外に逃げる?しかし、そんなカネはないぞ。すぐに食い詰めちゃうだろうしなあ。

 だったら逆手にとって「有料記者会見」をばんばん開いてみずから露出して、「はやく飽きられる」か。それは絶対に「面白い記者会見」にしてはいけない。オウムの上祐みたいに「面白い記者会見」をすると、余計にワイドショーや週刊誌の餌食になる。こいつら、誤報や虚報をしてもまったく謝罪もしないし訂正もしないからな!

 まあ、飽きられるかどうかは、マスコミに追われる「事件」の内容によるだろうけどなあ。

 犯罪の疑惑なら、さっさと捕まえて貰って拘置所に入るのが一番かもしれないけど。

 台風は本当にのろのろ。いつもの台風なら、とっくに四国に上陸して西日本を縦断して日本海に抜けているだろうに……。

 テレ東の「カヤックに乗ったり歩いたりして湖を一周」するのをぼんやりと見る。

 そのまま「アド街ック天国・尾瀬」を見る。番組では完全にボカしているが、尾瀬はほとんどが東京電力の私有地で、東電が維持管理してるんだよねえ。水力発電の水源に利用しようと戦前に土地を買ったけど開発出来ないまま自然保護に転じたと。

 で、福島原発事故で巨額の赤字が発生したときに、尾瀬に出す金はない、という話が出たんだよねえ。さすがに、尾瀬まで放棄してしまったら、いっそう東電に対するイメージは悪くなるということで尾瀬の維持は継続されたと。

 風呂に入って、風呂上がりに桃を食べ、まるで面白くなくなった「情報7デイズ」をちょっと見て、米村涼子の「アウトバーン」の終わりの方を見る。

 西村雅彦は最近、警察のエラい系刑事をやることが増えてきたなあ。で、このドラマで西田敏行のヤクザの親分の屋敷って、あれ、「アウトレイジ」で使われたのと同じところ(千葉の「生命の森リゾート」)じゃないの?と思ってエンドクレジットを凝視したが、どうも違ったようだ。で、西田敏行の死んだ娘役がえらく可愛い。ああ、高田里穂というのね。

 刑事ドラマは飽和状態だと言われているが、まだまだ刑事物は続く。仕事柄、やっぱり気になるので、チェックはしている。

 

 日テレの「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」は、時々見ているが、実に面白い。時間的にうっかりして見ないときがあると悔しい。日曜の夜と勘違いしちゃうのよね。落ち着いた教養系の番組だから、土曜の夜じゃない気がして。

 神田沙也加は有名な両親の七光りで順風満帆、悠悠自適に芸能活動をしているのだと思ったら、とんでもなかった。うわ〜、こんなに苦労して努力していたのか……。「母は天才型で、ろくにトレーニングとかレッスンしなくてもわーって歌えるんですけど、私はとにかく努力しないと……努力しても他の人のレベルに達しなくて」「私、全部オーディションですよ。物凄く落ちてるし」「和食の店やダイニング・バーでバイトして、2階を一人で回せるようになって、正社員になろうかなと思ったりした」と。

 なんか、色眼鏡で見ていた。申し訳ありませんでした!という感じ。

 May.Jも同じく凄く努力していて……松たか子がどうして頑なに共演を拒んでるのか判らないなあ。ディズニーとの契約問題があるのかもしれないけど。

 NHKで台風情報を見るが、同じ内容の繰り返しなので、くーたんとしばし遊んで、0時前に就寝。

今朝の体重:91.65キロ

本日の摂取カロリー:2211kcal

本日の消費カロリー:日常生活+19kcal/478歩+36kcal(自転車)

2014年8月 8日 (金曜日)

いろいろ、前進!

 5時30分頃に目が覚めた。

 目が覚めると仕方がないんだよねえ。7時くらいまで寝たいんだけど。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませ、アサメシ。小さいお茶碗でも小盛りのご飯に目玉焼きをトッピング。かき混ぜて食べる。これが美味いのよ。

 そういや、「ご飯の食べ方に病的に拘るマンガとアニメ」が話題になっているらしい。目玉焼きの黄身をいつ食べるか。

 そんなの個人の勝手でしょ?と言ってしまうと話にならないか……。

 ちなみにおれは、一番最後まで取って置いて、チュルンと食べてしまう。

 しかしハムエッグやベーコンエッグになると、黄身を壊してハムやベーコンに絡めて食う。まあ、大原則はないということで。

 仕事のメールのやり取りをしつつ、Jノベルを進める。いくらなんでも今日中に書き上げないとダメだぞ、Jノベル。そもそも、7月中に書いてしまう予定だったのだ。こんなに長引くとはなあ。

 昼は、カレーを温めて、昨日食べなかったサラダとともに。ゆっくり温めた分、肉が軟らかくなって、昨日より美味い。

 仕事を続ける。

 昨日書いた濡れ場を充実させていると、予定以上に長くなってきた。60枚ジャストくらいになると思ったら、60枚を軽く突破してしまった。

 光文社新作の再校ゲラの段取りが出来、タイトルも決まる。専門家にお願いする考証について、この週末にもう一度チェック事項を確認しよう。

 角川新作の章割り改訂は、この週末にやってしまおう。

 で、今日だけで20枚以上書いて、夕方に終了。2週間掛けて40枚、という低速だったのに、やっとスイッチが入ってスパート出来た。

 読み返して、相方に送る。

 

 やれやれ。ずっと停滞していた原稿が一気に書き上がると、本当に気分がいい。ぱかーっと晴れた感じ。

 しかし……疲れた。へろへろ。

 もう、グッタリ。

 HUBにでも行ってビール飲んでフィッシュ&チップスとか食べようかと思ったりしたが、酔っ払うと帰宅するのがシンドイ。

 割引券があるので、「餃子の王将」に行く。

 油淋鶏を定食にして貰い、餃子も3個のミニサイズを貰う。

 ビールを飲みたかったが、上記の理由で我慢。

 油淋鶏は美味かった。

 スーパーで買い物をして、帰宅。

 夕刊を読む。

 そういや、先日、「ゴジラ」を見たとき、予告編で3DCGアニメのドラえもんの予告編を見たなあ。凄く泣けるらしい。だけど、3Dアニメのドラえもんって、抵抗がある。

 泣けるドラえもんなら、藤子・F・不二雄ではない別人が同人誌に書いた「最終回」(←リンク)ほど泣けるものはないと信じている。この作品は驚くほど完成度が高くて、絵柄もそっくりで世界観も、オリジナルを完璧に熟知していて……ラストはもう、号泣してしまう。この作品を熱烈に支持する人もとても多い。

 ただ……藤子先生や小学館はこの作品を絶対に認めなかった。

 極めて残念だ。これほど素晴らしい作品もないと思うのに。

 藤子先生も「もし私が本当の最終回を書けなかったら、この作品を最終回にして貰っていい」とか言い残せばよかったのに……とか勝手な事を思ってしまう。

 でもね、このラストシーンには、万感の思いが籠っているよなあ。子供の頃に失った大切な人や思い出が甦るって、これほど素晴らしくて胸に迫る凄いことはないではないか。

 この作品を書いた人は、オリジナルでも素晴らしい作品を書けると思う(すでに書いているんだろうけど)。

 助監督時代にお世話になった、日本映画史上有数の映画プロデューサー・藤井浩明氏が6月に亡くなった。

 おれには連絡が無くて、まあ、映画から足を洗って久しいからそんなもんだろうなと思っていたら……。

 9月に、お別れの会があると正式な案内状を戴いた。

 平服で、という事だが、夏に着るそれらしい服って、持ってないんだよなあ。いくらなんでもバーミューダショーツで行くわけにはいかないし。グレーのスーツはもう10年以上前のものだから、サイズが合わないだろうし、グレーじゃダメだろう。ダークスーツを新調するか?だけどなあ、もう映画界とは縁が切れてるのに等しいしなあ。でも、懐かしい顔に会えるだろうし……う~ん。

 風呂に入って、貰い物のビールを開ける。500ml缶。

 凄くいい気分になる。家飲みするのは、酔っ払ってそのまま寝てしまえるのがいい。

 録画した「パシフィック・リム」を見始めたが、なんだかめんどくさそうな映画なので、見るのを止めて、消す。この手のモノって、昔から興味ないんだよなあ。ガンダムとかエヴァンゲリオンが好きな人には、たまらないのだろうけど……。

 NHKの「アニメーションは七色の夢を見る 宮崎吾朗と米林宏昌」を見ながら……実に気分よく、寝てしまった。

 なんというか、最高にいい気分で酔って、寝てしまった。こんないい気持ちになれるのなら、毎晩風呂上がりにビールを飲むのもいいな。

 で、後半で目が覚めて、二人の監督が必死に作品を修正していく過程を見る。今のアニメって、こうやって作るのかという驚きと、こんな風に修正していくのかという驚き。その修正が微妙だが、出来上がったものを見ると一目瞭然。ハッキリと良くなっているのが判る。

 作り手の思いが、観客にきちんと伝わるかどうか。

 これこそが、創作のキモ。いくら高邁なテーマがあっても、それが伝わらなければ何の意味もない。

 台風情報を見て、「タモリ倶楽部」は録画して、23時30分すぎ、就寝。

今朝の体重:91.40キロ

本日の摂取カロリー:2702kcal

本日の消費カロリー:日常生活+37kcal/1180歩+54kcal(自転車) 

2014年8月 7日 (木曜日)

夏バテだった

 6時前起床。

 目が覚めてしまった。しかし寝不足。

 天気は快晴。

 昨夜洗濯しておいた洗い物を干す。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ。トースト1枚、コーンフレーク、ゆで玉子、コーヒー。

 食後、早々に仕事開始……しようと思ったが、録画した「孤独のグルメ」を見る。

 大きなあさりを食べる五郎さんを見ていると、何故か、どういうわけか、素朴な感動に襲われて、落涙。どうして他人が美味そうに食ってる姿を見て感動の涙を流すんだろう?

 実に不思議。不思議だが本当だ。

 こういうシンプルな料理を美味そうに食べる姿を見ると、本当に不思議だが、感動するなあ。先週はそうでもなかったんだけど。

 で、仕事開始。

 が、お盆休みを控えて、急を要することを先に済ませておくべきだと考えて、光文社新作の「あとがき」を書き、タイトル(書名)を考える。

 「あとがき」を相方に送って意見を聞いて手直しし、担当T氏に送る。

 それをなんとか午前中に済ませて、Jノベルに戻る。

 買い物もあるしこの前食べられなかったそばも食べたいので、外出。

 外に出たら、暑さでクラクラ。

 「柏屋」で、夏限定の「おろし胡麻ダレそば」を食べる。う~ん。夏の風物詩だなあ。一口目のインパクトが絶大。

 その後、スーパーで買い物。今夜は夏野菜カレーを作るので、カボチャや茄子、トマトなど夏野菜を買い込む。

 帰宅するとグッタリ。いかんなあ。

 この週末は台風が来る。すでに江ノ島の海水浴場は遊泳禁止。片瀬東浜は遊泳注意。だけど海は荒れていてコンディションは悪い。台風の通過を待つと、お盆に入る。お盆に海に入るなと親から言われているし、混むけどなあ……。

 鴨川は海水温が下がっていて、水着だけでは寒いらしい。いつも鴨川の水は冷たい傾向にあるけど、去年はとても温かかった。それは例外だったのかも。

 なかなか海に行けないのもフラストレーションだなあ。

 お盆を過ぎたら下田に行くけど……。

 再校ゲラと毎年恒例の下田旅行が完全にバッティングしそうな模様。仕方がない。宿にゲラを送って貰おう。以前は新聞連載のゲラをファックスで宿に送って貰ったこともあったし。

 「5時に夢中!」を見る。木曜日が一番面白いかもしれないなあ。

 中瀬さんが取り上げていたが、朝日の「従軍慰安婦誤報」問題。この記事の結果、日韓関係が急速に悪化する大きな原因になっている(けど、この記事が出た後からずっと日韓関係が悪いのでも無い。時の韓国の政権がこの問題を利用したのがそもそもの原因だと思うが)が、32年経った今、どうして誤報の取消しをしたのか?やるならどうしてもっと早くやらなかったのか?

 記事の取消しが出たからと言って、アメリカでの「従軍慰安婦の像」設置問題が解決するとも思えないし、日韓関係が正常化するとも思えないから、余計にそう思う。というか、この件で、振り上げた拳はそうそう降ろせないだろう。

 映画「暁の脱走」や「独立愚連隊」などを見ると、従軍慰安婦は普通に登場して、その中には朝鮮訛りを喋る女も出て来る。

 普通に登場すると言うことは、当時の映画製作スタッフの大半を占めていた戦争経験者(それも従軍経験者)にとって、「従軍慰安婦」はごく普通にあった存在だったという傍証になるのだろうと思う。今と当時では売春の感覚が違う。他所の国でも似たようなシステム(兵隊さんを対象にした売春施設)はあっただろう。

 当時の日本のシステムが問題なのは、戦闘の前線近くにまで女を連れて行って、最後は一緒に戦わせるというメチャクチャなことをしたことだ、と思う。そもそも日本の兵隊さんには「休暇」の概念がなかったようだから、外国の兵士のように、休暇で前線から戻って安全な場所で休んで、遊ぶ、という事がなかったのだろう。いや、まだ余裕がある頃は同じようにしていたのだろうが、もろもろ切羽詰まってくると、兵士は前線に張りついたままになり、慰安施設も前線近くに移動する、ということになって言ったのではないかと思う。この辺の事情は調べればすぐに判るはずだが……。

 で、人集めに際して軍の関与があったのかなかったのかよく判らないが、民間の女衒だけが単独で人集めと運営をやっていたとは思えない。軍の動きと不可分なんだから「ツーカー」の息でやっていたのだろう。そして、日本人も朝鮮人も、危険なぶんだけ儲けも多いと判った上であの仕事を選んだので、強制的にさせられたというのは当たらないと思っている。

 強制的だったのは、オランダ領インドシナ。現地のインドネシアやオランダの女性を強制的に慰安婦にした。これは明白な事実として、戦後、関係者は罰せられているし、被害にあった方々には補償もされている。だからと言って南方で日本軍がやった蛮行の事実は永久に残るわけだが。

 この点に関しての朝日の誤報(ある人物の虚言が元だったとは言え)の罪は大きいが、どうして今まで正面切って訂正をしなかったのか、明確な弁明はない。

 だから、この件、スッキリしない。

 産経新聞などの「ほーら見ろ」的論調にも腹が立つ。じゃあ産経新聞はまったく誤報をしないのか?まあ、外交に影響を与えるほどの記事を掲載したことはないのかもしれないけど。

 それにしても、まったくスッキリしない。じゃあ朝日がずっと誤報の訂正をしない方がよかったのか?そうとも思えないし。

 この件、誰かスッキリと解説して貰えないだろうか?内田先生に教えを請いたい。

 

 番組終了後、ご飯を炊いてカレーを仕込む。

 ニンニクと生姜をみじん切りにして豚バラ肉と炒め、夏野菜を投入して一緒に炒め、コンソメスープで煮て、カレールーとピーマンを入れて煮込む。今回は「こくまろ」を使ったけど、夏野菜カレーにはスープカレーの素を使うと美味しいらしい。

 ご飯の蒸らしが完了したので、福神漬けやラッキョも用意して、戴きます。

 煮込みが足りないが、なかなか美味い。

 ご飯少なめ。ポテトサラダとともに。

 食後、テレビをダラダラ観たりしつつ、仕事。

 NHKのニュースとか「信長のシェフ」とか。

 西日本は台風が続けてきて大雨が降り続いて大変。関東は猛暑。

 おれも、これは完全に夏バテだ。昨日からアリナミンを飲んでいるが、今日はアマゾンで浅田飴が出しているサプリを注文した。これは数年前に、快楽亭の録音でお江戸日本橋亭にいたときに、快楽亭の贔屓筋のどなたか(大変失礼なことだがお名前を失念)から「これはいいですよ」と戴いたのだ。飲んでみたら確かによかったので、自分でも買うようになっていたのだが……ここ数年は飲むのをサボっていた。しかし今年はなんか、ドーンと来たので、また飲もうと思った次第。

 とにかく、Jノベルを早く書き上げて、外に出て、汗をかかなきゃ。海がダメなら上野公園を歩き回ろう。

 濡れ場を書いて、力尽きた。

 あと少しで終わるんだけどなあ。しかし、最大の難所である濡れ場を書いちゃったから、あと少しだ!

 「秘密のケンミンショー」を見る。

 大阪の寿司屋って、醬油を刷毛で塗るの?

 まあ、合理的と言えば合理的だし、ネタのエキスが醤油に溶け込んで醬油も美味くなるかもしれない(その分、衛生的には道なんだろう?)けど。

 そういや、大阪で寿司を食ったことがないなあ。

 風呂に入ったら、もう気力が無くなったので、ゴミ出しもせず、23時前に就寝。

 遊べ!とくーたんがベッドに飛び乗ってきたけど、もうワテ、フラフラでんねん。

 

今朝の体重:90.80キロ

本日の摂取カロリー:1927kcal

本日の消費カロリー:日常生活+15kcal/416歩+41kcal(自転車)

夏バテか?

 7時ごろ起床。爆睡。

 快晴。

 かなりスッキリ。

 くーたんの世話をして、日記を書き、「ゴジラ」の感想も書く。プログラムを買わなかったので、ネットでいろいろ「プロダクション・ノート」的な事を調べる。

 いろいろとツジツマが合わなかったり設定が妙だったり説明が決定的に足りなかったりしているのは、粗編集で4時間あったものを2時間に切り詰めたせいなのかも。撮影はしたがカットされた場面も多いらしい。DVDが出たら、そういう「未公開場面」も入るんだろうな。もしくは数年後に「ディレクターズ・カット版」も出るのかも。

 しかし……それにしたって、ややこしい説明が必要な設定は、それが極めて重要なモノでないのなら脚本段階でスッキリしたものに変更しておくべき。

 つーか、アメリカ人の感覚では、アメリカ人が日本の原発の中心で働いているのは不自然じゃないのかもしれないし、日本の一部をアメリカ軍の管理下に置くのも当然なことなのかもしれないけどね。

 アサメシはトースト2枚にコーンフレーク、ゆで玉子。

 仕事開始。中断したJノベルをやる。

 

 しかしどうも、夏バテっぽい。おれは夏になっても食欲不振にはならないのだと豪語していたけど、エアコンにはやられる。かと言ってエアコンを切るのは不可能。ウチは古くて建物の断熱がダメなので、エアコンを回さないと無茶苦茶暑い。壁を触ると熱いもんね。

 だけど、外気温との差が激しいので、やられてしまう。ずっと室内にいたらいたで、やっぱりエアコン病になってしまうし。

 「精がつくものを食べる」というのは医学的にはあんまり効果が無いらしい。昔の栄養不足な時代だったらウナギとかを食べる効果はあったらしいが……。でもまあ、気分の問題も大きいからねえ。

 粛々と仕事を続ける。

 今夜はビール飲んで、ヤキトリ食うぞ!

 

 遅めの昼飯は、牛肉ピーマンのチャーハンを作って食う。けっこう腹に溜まってしまった。

 仕事を続けるが、気になるところを戻って直して進むので、そんなに枚数的には進まない。

 時間が来たので、テニスの支度して、外出。

 曳舟のペット用品店で、くーたんのご飯を買う。ドライフードは健康にいいヤツだけを与えているが、時には変化があった方が喜ぶだろうと、中にチーズが入った人間から見ても美味そうなヤツを買う。これをいつものに混ぜてやろう。

 テニスでは大汗をかいて、自分でも汗が臭いので、消臭スプレーを浴びるようにスプレーしたのだが、これが完全に逆効果だった。

 この消臭スプレー、古かったので劣化していたようで、汗の成分と化合すると、あろう事か、オシッコのニオイが漂うようになってしまったぞ!

 全身からオシッコの匂いがしてきて、漏らしてもいないのにおかしいなあと思ったら……劣化した消臭スプレーのせい以外には考えられない。う~む。

 テニス自体は、キメ球を空振りしたり、宜しくない。でも、ナイスショットもあったけど。

 もっとテニスを、試合をやりたい。しかしこの暑さじゃ、屋外コートでテニスをしたら、死ぬぞ。

 しかし以前の北千住のコートは屋外のハードコートで、夏なんか照り返しがキツくて足が痛いほど熱かったもんなあ。何度も途中で早引けしたし。

 プールで泳いでクールダウンして、風呂。

 で。

 帰りに、久々に「八剣伝」に寄って、グラスビールにヤキトリ!ネギマに手羽先にベーコンチーズ巻きにベーコンアスパラ巻きにトリカワにつくね。美味い美味い。

 考えた末に、〆はお握りと味噌汁。

 ビールをお代わりしようか思案したが、これ以上酔うと、帰り道がシンドイので、我慢。


 ドラッグストアでアリナミンを買う。夏バテに有効だと相方に教わったので。

 無事、帰宅。

 くーたんにご飯を出し、ニュースを見る。

 台風11号は、モロに来るなあ。原稿が上がっても、週末は海に行けないなあ。行ってもクローズで海に入れそうもないもんなあ。

 早々に寝るつもりが、「マツコ&有吉の怒り新党」の新・三大○○を見てしまった。白竜主演のヤクザVシネマで、白竜が天文観測をしながら弟分に「ヤクザの道」を説く。が、紹介の仕方がウマいので、もう爆笑。白竜が詳しすぎる!いや、星を見るのが好きだったらこの程度の知識は普通なのかもしれないが。

 しかし、よく考えるよなあ。

 うん。このシリーズの脚本家はすごい。

 0時30分、就寝。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2613kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+158kcal+172kcal/4820歩+29kcal(自転車)

2014年8月 5日 (火曜日)

気分一新、「ゴジラ」を見たが……

 6時過ぎ起床。微妙な寝不足が溜まってきた。

 快晴。

 今日もどこかに行きたくなるが……。

 朝のモロモロを済ませて、洗濯もしたりしてから、仕事開始。

 しかし……気分は「マンネリ」。

 なんというか、刺激がないというか、楽しみがない。とにかくすべては目の前の〆切をクリアして一段落させてから、と思うと、何も出来ない。

 だけどそのフラストレーションが溜まってきて、そろそろ限界。

 アタマが回らなくなってきたのだ。書くべき事はメモにしてあるのだが、それが膨らまない。膨らまないと書いていて面白くない。これでいいのか?と思ってしまう。

 炎天下、秋葉原をブラブラして、大汗かきかきラーメンかカレーを食いたい。

 目的もなく中距離電車に乗ってどこかに行ってそのまま帰ってきたい。

 そんな程度のことでいい。

 だけど、目下の仕事を終わらせてからじゃないと、という気持ちが強い。だってプロなんだから。

 朝10時過ぎに外出。相方からゲラが出来たという連絡があったので、所用で外出する相方と駅で待ち合わることにした。

 少し前に行って、駅前のマクドナルドでモーニングを食う。パンケーキも付いた朝のセット。

 ボリュームはあるけど、あんまり満足感はない。エッグマフィンを分解しただけ、と悪く言われるが、たしかにそうだよなあ。

 

 時間が来たので待ち合わせ場所に行き、相方からゲラを受け取り、いろいろ業務連絡。

 そのまま帰宅。予定より早く上がったので、ゲラを置いておいてJノベルを続けるか、それともゲラを先にやってとにかく早く戻すか。

 今回のゲラは再校でじっくりやるという変則マッチらしい(ツジツマ・チェックとかが殆ど入っていない。それだけ完成度の高い原稿を渡したという事か?)ので、再校の時間をなるべく多く確保したほうがいい。専門的な考証もあるし。

 ゲラは、相方が丁寧に見てあるので、おれはほとんどその追認というか、確認をするだけ。

 ネットで、「理研の笹井副センター長、自殺」という衝撃的なニュースを知って、何とも言えない気持ちになった。

 この「STAP細胞にまつわる騒ぎ」については、おれは、こういう最先端の研究は間違いもあるだろうから、社会面的ワイドショー的興味で弄るのではなく、あくまで科学面というか科学の視点で冷静に見るべきだと思っていた。だから、小保方さんが再現実験で腕を振るえばいいと思ったし、その結果に期待していた。そういうふうに、最先端の研究について冷静であれば、笹井副センター長が自殺することもなかったはずだ。

 NHK特集の放送を強行したことが引き金ではないかという声もある。私信のはずのメールのやり取りが紹介されていたし。

 笹井副センター長を自殺に追い込んだ「いろんなあれこれ」が、物凄く嫌だ。反吐が出そうだ。

 そして、同じように、佐世保の事件について、不確かな報道がタレ流しになるのも不愉快極まりない。まあ、本人が言ったと弁護士が代理で発表したことが正しいとも思えない。本人が取り繕っている可能性もある。

 常人では理解出来ない心の闇を報じるのに、ワイドショー的に野次馬報道は、害毒を書き散らすだけだ。

 それは、「STAP細胞研究」についての報道と同じだ。何も知らない素人が知った風な顔をして報道するな!

 報道するなら、よく勉強して、専門家の助言も得て、冷静に報道しろ!

 心を落ち着けて、仕事に戻る。

 考証をやって貰える専門家と打ち合わせをするために、チェックすべき場所のページをメモしたりしながら、2時間ほどで確認をし終わる。あとがきや参考資料リストは後からメールすることにして、光文社担当T氏に電話してバイク便を出して貰うことにする。

 Jノベル、再開。

 相方とは、今夜、錦糸町で「ゴジラ」を見ようかと話をした。しかし調子が出て仕事が乗った場合はその限りではない。

 バイク便、予想より早くやってきてくれた。ゲラを渡す。

 で……原稿はちびちびと進む。昨日までの分、読み返すと、いい感じで書けているので自信はいくぶん回復して、おれは大丈夫だ、と思えたが、いつものように快調に進む感覚にはならない。

 やっぱり、気分がマンネリなのだ。

 昼飯を食いに外に出る。

 「柏屋」で夏限定の胡麻ダレせいろそばを食べよう!

 と思って行ったのに、明日までお休みだった。

 ガックリ。

 じゃあどうしよう?

 リンリンに行って餃子ライスを食う。

 店についているテレビでは「ミヤネ屋」を流していて、何も知らない宮根が深刻そうな顔を作ってあれこれ報じている。

 嫌だね!

 本当に嫌だ。

 彼らに取って、人の死は1つのネタでしかないのだ。

 帰宅。汗が全身から噴き出す。

 Macは完全に復調して問題はなくなったが、おれがダメだ。

 それでも原稿は書き進んだが……もうダメだ。

 

 プロなら仕事優先で、仕事をしてから遊ぶべし。というのは、無理がある。やれる人はやればいいが、そこまで勤勉ではないおれには無理。ところどころで息抜きして気分転換しなきゃ、気持ちがどんどんマンネリになって単調になって、活力が失われていく。

 今日は、仕事ヤメ!

 今日は、錦糸町でゴジラを見る!

 そう決めた。

 相方に連絡して段取りを決める。

 出来れば、ゴジラを見ながらポップコーンを食べ、ビールを飲みたい。しかし……眠い。眠いからビールを飲んだら寝てしまいそう……。

 「5時に夢中!」を見る。案の定、途中で寝てしまった。

 物凄く眠い。

 それでも、18時過ぎに外出。

 錦糸町の出口を間違えて、エラく遠回りして待ち合わせ場所へ。

 無事、相方と合流して、「ねぎし」へ。牛カルビと白タンの盛り合わせを食う。

 美味い!

 なんか、元気が出てきた。

 食事も終わったので、楽天地シネマへ。

 チケットを買おうとしたら、発売時間まで待てと。

 ファーストキッチンで桃のヨーグルト&ソフトクリームを食べる。かなり待たされたが、美味い。

 で、チケット売り場に行って、チケットを買う。レイトショー料金。

 ロビーでしばし待って、客席に入り、ポップコーンを食べながら見る。

1024_768

 感想は別に書くが、いろいろと設定やストーリーに疑問が噴出。シナリオ作りに時間を掛けたらしいが、どこに時間を掛けたのかよく判らない。日本の原発をアメリカ人が管理しているような描写はナニ?あの原発は大きな街のそばに建っているのか?

 緊急事態が起きたら、日本なのにアメリカ軍が管理していたが、これは何?日本は主権国家じゃないのか?

 これはゴジラと言うよりガメラ。それも、ガメラ対ギャオス。

 怪獣の巨大さや恐ろしさ、質感量感のリアルさ、軍事関係の描写のリアルさ、破壊されたホノルルやラスベガス、サンフランシスコの描写のリアルさは、さすがアメリカ映画だと思ったが、シナリオがねえ。

 続篇が出来るそうだが、シナリオライターは代える方がいい。平成ガメラ・シリーズを書いた伊藤和典さんを三顧の礼を尽くして招くべきだ。今、リアルな怪獣映画の脚本を書けるのは伊東さんしかいない、と強く思っている。

 相方は面白かった!とウキウキしているが、おれはどうにも首を振るばかり。

 ケン・ワタナベがゴジラ第1作アメリカ公開版のレイモンド・バーの役を踏襲する必要なんかなかったのに、とか、いろいろ不満ばかりが出て来るぞ。

 まあ、迫力はあったし、東宝が作るゴジラの数千億倍凄いものにはなってるんだけど……平成ガメラと「クローバー・フィールド」には及ばないね。

 ま、こんなふうに不平不満を吐き出せて、おれのガス抜きにはなった。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、風呂に入り、ビールを飲んで、1時前に就寝。

今朝の体重:90.75キロ

本日の摂取カロリー:3058kcal(今日はいいのだ!)

本日の消費カロリー:日常生活+130kcal/3556歩+148kcal(自転車)

GODZILLA ゴジラ

監督:ギャレス・エドワーズ/脚本:マックス・ボレンスタインフランク・ダラボンデヴィッド・キャラハムドリュー・ピアースデヴィッド・S・ゴイヤー

楽天地シネマ1にて

 本気で作っているのはよく判る。東宝のダメダメだったゴジラだってスタッフはそれなりに本気で作ってはいたのだが。とにかく、この作品は本気の超大作、という事は伝わってくる。

 しかし……。

 いろいろと設定やストーリーに疑問が噴出する。それが冒頭に集中しているので、出鼻をくじかれるのよね。

 シナリオ作りに時間を掛けて、シナリオライターにはそうそうたる顔ぶれが並んでいる(フランク・ダラボンまでいるぞ!)が、どこに時間を掛けたのかよく判らない。

 ジャンジラという日本ではないような地名にしたのは何故?好意的に解釈すれば、特定の地域を連想させないためだろうか、と思うが、アメリカのホノルルやラスべガス、サンフランシスコは実名で出しているのに……

 だいたい、富士山の麓にあって超高層ビルが林立する大都市のすぐそばに原発がある、と言うのがリアルじゃない。好意的に解釈すれば、アメリカ的なスケールで考えると福島第一原発も浜岡原発も東海村も、すぐそばに東京があるじゃないか、こんな危険なことは非常識だぞ!という猛毒な皮肉かもしれないが……。

 で、日本にはないデザインの加圧水型原発をアメリカ人が管理しているような描写はナニ?あの原発は、アメリカの企業が管理して日本の電力会社に売電しているのか?これも好意的に解釈すれば、日本人には原発を管理運営する能力が無いからアメリカ人が管理してるんだぞと言う猛毒なメッセージなのか?


 主人公フォードの両親が勤務しているのは日本の原発じゃなくして、何かの国際的研究所と言う設定にして、「最近あの原発付近で異様な振動が観測されるのだが」ということで長期的調査に出向いていたら……と言う設定じゃマズかったのか(設定の説明に時間を尺を取り過ぎる?)?


 そして、緊急事態が起きて、謎の巨大生命体が現れるが、現場を日本なのにアメリカ軍が管理していたが、これは何?日本は主権国家じゃないのか?

 まあこれも、好意的に解釈すると、こういう仰天動地な異常事態が発生した場合、日本政府は当事者能力を失ってしまったので、アメリカ軍が出ていくしかなかった。もしくは、旧来の研究のためにアメリカ軍が強引にこの地域を「接収」してしまったという、これまた猛毒な皮肉?

 しかしねえ、映画の設定をいちいち「好意的解釈」してみなきゃいけないというのは、脚本の失敗じゃないのか?

 そして、ゴジラのあり方というか、「邪悪な怪獣をやっつける(結果的に)人類の味方」なゴジラという設定は、もうやめたんじゃなかったの?

 これはもう、ゴジラじゃなくて、ガメラ。そして、この映画は、「ガメラ対ギャオス」。それも、金子修介版の「平成ガメラ2」を大いに下敷きにしている。これのリメイクと言っても絶対に間違いではない。金子修介は「ギャレス、ガメラを見たろ……」と語っているらしいし、けっこう多くの人が同じ指摘をしている。

 抵抗感があるのは、「米英仏ソの核実験は、核開発競争ではなく、怪獣退治だった」(あれ?ソ連は南太平洋で核実験をしてないよね?)という設定。「1954年でも死ななかった」とか。

 正面から、「核開発競争で核実験を繰り返したことが、怪獣への養分補給になっていた」とする方が、本来のゴジラの世界観に合致するはず。

 その意味でも、この映画の脚本は、どうも戴けない。

 それと、「電磁パルス」って、核爆弾の爆発でも生じる。これは反核戦争映画の秀作「ザ・デイ・アフター」で克明の描写されているが、電磁パルスは電気回路を破壊してしまう。一度壊れたモノは回復しない。つい最近、太陽風が間一髪、地球を外れて直撃を免れたという事実があった。直撃されていたら、地球上のすべての電子機器が破壊されて18世紀の文明に逆戻りするところだったと言われている。なのに、この映画では、停電が直るように、回復するんだよね。

 それとそれと、ラストでサンフランシスコの沖合で核爆弾が爆発するが、近くを飛んでいたヘリコプターは爆風で落とされるか、熱線を浴びて燃え上がるか、放射線をモロ浴びて、乗っていた人間はいずれ死ぬんじゃないか?

 このへんの描写は、アメリカ映画の伝統で、とても甘い。

 とは言え。

 怪獣の巨大さや恐ろしさ、質感量感のリアルさ、軍事関係の描写のリアルさ、破壊されたホノルルやラスベガス、サンフランシスコの描写のリアルさは、さすがアメリカ映画だと思った。

 そして、怪獣をやっつけるために用意された核ミサイルの起爆装置が作動していて、アレを何とかしなければサンフランシスコが核兵器によって破壊されてしまう、というタイム・サスペンスを設定したのはよかった。……あんまりイカされてなかったけどね。

 金門橋の橋の上での場面も、ワイヤーが切れかけて橋の上のバスが海に落ちそうになるというサスペンスが作れたが……粗編集で4時間になってしまったらしいから、そういう細かいサスペンスはカットなんだろうな。

 リアルさを徹底してSF味は排除する方針で臨んだようだが、ホノルルに空港と市街地を結ぶ高架鉄道(モノレール?)なんか、あったっけ?最近開通したのか?

 続篇が出来るそうだが、シナリオライターは代えた方がいい。平成ガメラ・シリーズを書いた伊藤和典さんを三顧の礼を尽くして招くべきだ。今、リアルな怪獣映画の脚本を書けるのは伊藤さんしかいない、と強く思っている。そして監督も、金子修介を招くべきだろう。

 ケン・ワタナベがゴジラ第1作アメリカ公開版のレイモンド・バーの役を踏襲する必要があったか?要所要所に登場するが、結局は無力な傍観者でしかない。あの役なら、もっと強く「あのギャオスみたいなMUTOはゴジラにやっつけさせるべきだ!」と進言して核ミサイル攻撃を阻止するべきだった。

 そのケン・ワタナベの相手役が海軍提督。この痩せたオッサンは誰だろうと思ったら、デヴィッド・ストラザーンだった!「グッドナイト&グッドラック」でエド・マローを好演して名優の域に達したストラザーンだったのか!でも、彼の含蓄を含んだ芝居を見せられる場面はなかったね。カットされたのか?


 日米共に国家の存亡に関る空前絶後な大災害なのに、政府高官がまるで出て来ない。海軍提督は1度だけ大統領から電話を受けるが。ま、下手に政治家を出すとややこしい事になるから、現場責任者の海軍提督を「政府側の代表」にしたんだろうが……。

 で……こういう映画を観ると、伊福部サウンドで育った者としては、あの「伊福部怪獣映画のテーマ」が朗々と鳴り響いて欲しい……。

 日本を意識させる尺八めいた音が鳴ったけど、ああいうのは邪魔じゃないの?

 主人公フォードがパラシュートで降下する場面に、「2001年宇宙の旅」で使われていたリゲティの混声合唱の曲によく似たモノが流れてるなと思ったら、リゲティでした。

 自然をあるべき姿に戻すために登場したゴジラ、という設定は、嫌だなあ。これって、東宝怪獣トーナメントプロレス映画の基本設定じゃないか。どんどん堕落していく伏線だ。

 怪獣は、ゴジラもガメラも、凶悪で人類の敵であるべきだ。ガメラはまあ、仕方がないが、平成ガメラがギリギリ。

 

 書いていると、いろいろ不満ばかりが出て来るぞ。

 まあ、迫力はあったし、東宝が作るゴジラの数千億倍凄いものにはなってるんだけど……。

 やっぱり、「平成ガメラ三部作」と「クローバー・フィールド」には及ばない。

 「平成ガメラ三部作」がいかに優れていたか。予算もない中で、よくぞあれほどの作品を作ったと感嘆するしかないし、とにかく、脚本がしっかりしていた。設定に無理がない。そして軍事関係の描写もリアルだったし。

 「クローバーフィールド」は、今、怪獣映画を作るなら、こういう搦め手じゃないとダメだ、と言う見本。アレは怖いよ。本当に怖い。リアルに怖い。たぶん、本当に怪獣が現れたら、ああいう風に怪獣を目撃して、パニックに巻き込まれて、必死に逃げて、そして死ぬんだろう。それを皮膚感覚で感じる。

 この作品も、津波の場面とか、目の前に巨大な怪獣がいて軍が攻撃する、という場面の迫力は物凄い。だったら、この線で推し進めるべきだったのだ。

 有能な脚本家が何人も揃って、イジリ倒した結果、焦点がぼけてしまったとしか思えない。

 次は、もっとビシッとした脚本で頼むよ!

2014年8月 4日 (月曜日)

どうもアタマが夏バテ気味……

 6時過ぎ起床。

 快晴。

 こういう天気だと、どこかに……。

 電源を落として一晩寝かせたiMac、昨日はどうしても中身を消去できなかったバックアップ用HDDの一つが、きちんと消去できた。

 トラブルの原因は、このHDDの不調にあったようだ。

 ま、なんとか復旧してよかったよかった。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはコーンフレークだけ。なんだか面倒くさい。

 仕事開始。

 やることは決まっているのに、なんというか、進まない。う~ん。

 仕事があるのは本当に有り難いし心の底から感謝しているのだが、今回はインターバル無しに次の仕事にかかってるので、ちょっと脳味噌がバテてきたか。

 ここ数年、書き下ろし長編だけを書いてきたので、次の作品の書き始めまでに少し間があった。というか、間を取った。というか、サボって自主的休みを取っていた。それがないから……。

 いや、ひ弱なことを言ってると自分でも判っているのだけど。

 それでも、昨日に引き続き、戻って直しては進む、を繰り返す。

 関係各所に業務メールを出す。

 気分転換に外出。ATMで記帳してヘソクリの五百円玉貯金を入金しようと思ったら、行列が出来ていたので、先に昼めしにする。

 銀座ライオンで、カツカレー。みんな昼ビールを飲んでいる。

 いっそビールを飲んでがーっと昼寝したら気分がスッキリするかも、と思ったが、それを実行するには肝っ玉が小さすぎるおれ。

 カツカレーだけを粛々と食べる。

 ATMはさっきより行列が長くなっていた。仕方がない。並ぶ。と、すいすい進んですぐにおれの番。

 買い物をして、帰宅。

 仕事再開。

 それでも少しずつでも進む。

 光文社T氏から電話。今回は特に専門家に原稿の考証をお願いしているのだが、なんとかやってくれそうな方が見つかったと。よかったよかった。

 週刊新潮N氏からは、原稿を渡したままだった「黒い報告書」のゲラが出る時期を知らせてくれた。ボツにならなかったのね。よかったよかった。

 仕事を進める。

 

 「5時に夢中!」を見る。マツコはふかわの指示に従わないのをウリにしているようだが、これがなんかおれには不快。他の番組ではマツコは極めて常識的な進行をしているのに、この番組だけは私語を慎まないし料理コーナーでは材料を勝手に食べてしまうし、ワガママのし放題。そうやってふかわを困らせるのをネタにしているようだけど……。他の曜日との差別化を図ってるのか?マツコがいるだけで充分に差別化は出来ていると思うんだけどねえ。

 夕食は、しらす丼に漬け物、さつま揚げ。

 食後、しばらくテレビを観る。日テレのタレントを騙す番組。日テレは昔からこういうのが好きだよね~。昔は素人を騙してたんだが。

 テレ東の健康番組で、「日の出とともに起床して山中を散歩して仕事して、1日分の食事を夜に食べて、食後すぐに寝る」という健康法を実践している医師が登場。他の医師が「一般人は真似てはいけません」と言っていた。

 NHKの21時のニュースに小澤征爾が登場。

 ふと思い出してフジの「HERO」を見る。キムタクの上司役の松重さんを見たいから。同僚たちと一杯やる場面で、松重さんだけは話し込んで、箸に挟んだ生春巻きを結局食べなかった。これ、例の番組を意識した演出でしょ?

 しかしこのドラマはキャラクター設定が巧みだなあ。こういう集団ドラマはキャラの描きわけがキモだが、それが巧いもんなあ。ドラマだと役者が演じるから色分けが強く出る、ということはあるけれど。

 水ようかんなどを食う。


 朝日夕刊に、「シュトックハウゼンの『雅楽』の封印が解かれて三七年ぶりの再演」という記事があった。

 国立劇場開場10周年を記念した委嘱で書かれた作品だが、初演の時に日本の音楽評論家や学者からは非難囂々で「二度と上演すべからず」という大批判大会となって封印されていたと。彼らは、雅楽が背負う「伝統の御紋」を傷つけたと受け取って、激しく非難したらしい。日本の雅楽をガイジンが土足で……と言う批判なんでしょ。

 しかし、この曲から発想された「リヒト」は世界中で絶賛されたと。

 いかに日本の音楽評論家や学者が、旧弊な権威に凝り固まったスカタンなオッサンの集まりだったか、実によく判る。いかに巨匠・シュトックハウゼンでも、雅楽の伝統を穢す行為は許されなかったのね。

 しかし今は、音楽評論家や学者の権威が低下して、37年前のような発言力は皆無。いや絶無。音楽大学とか「楽壇」の、狭い身内社会の中ではまだまだ威張ってるのだろうが、世間を動かすほどの力はもう無い。

 まったく先見性がないひとは、評論とかすべきじゃないと思うなあ。

 まあおれは、シュトックハウゼンのような「前衛音楽」は好きじゃないし聴かないんだけど。

 風呂に入る。で、お湯の中でまた、いろいろ考えつく。

 風呂から出ると相方から電話。いろいろ打ち合わせ。

 明日の朝、相方が先に見ているゲラを受け取ることになる。

 四国の雨はまだ降り続いている。ひどいなこりゃ……。

 今週末は台風11号が接近か……海水浴場はクローズかな?

 仕事を再開。少し進むが、眠い!

 理想は、21時か22時に寝てしまうパターン。だけどなかなか実行できない。くーたんを遊ばせなきゃいけないし。

 そのくーたんは、最近あんまり猫じゃらしにノッてこなくなったなあ。オトナになってきたのね。普通に抱っこしたり撫でてやるので満足するようになってきたようだが……。

 

 0時過ぎに就寝。電気を消すと、くーたんは例によってドタバタ走っていた。

今朝の体重:90.45キロ

本日の摂取カロリー:1902kcal

本日の消費カロリー:日常生活+45kcal/1079歩+54kcal【自転車)

2014年8月 3日 (日曜日)

Macが不調でパニック

 6時過ぎ起床。

 完全に寝不足だが、目が覚めてしまったんだから仕方がない。

 快晴。

 今日もどこかに行きたくなる。秋葉原でもいい、上野公園でもいいんだけど……。

 しかし、仕事をせねば。

 朝のモロモロをやるが、今日はあちこち掃除をしたくなった。

 ダイキンの空気清浄機、ずいぶん前からアラートを点滅させているので、フィルターを交換して綿埃を掃除する。

 その他、いろいろメンテ。

 そう言えば愛用のお仕事iMacがこのところ調子がおかしい。システムが正常に終了しないし、再起動をかけても白い画面で歯車がぐるぐる回っているだけ。コレを放置しておくと絶対にいいことはない。

 今日、仕事を終えてから夜メンテをやるのが一番だとは思うが、仕事中におかしくなっても困る。

 というわけで、iMacのメンテ。

 TechToolProをかけようと、USBメモリーに入っているe-Driveから起動させようとしたら、起動しない。で、電源を落として立ち上げ直そうとしたら……画面にMS-DOSの呪文みたいなのが表示されて、ダメ。よく読むと「カーネル・パニック」とか書いてある。

 本当ならここでOSXを再インストールすのが一番なのだが……これをやり出すと半日潰れてしまう。しかし、不調が溜まってきたので、やるべきだなあ。

 Jノベルの原稿を渡したら、やろう。

 とにかく今日は緊急メンテだ。

 

 いろいろやっているウチに、USBメモリーから起動することが出来た。しかし、メモリーだから凄く早く起動してしかるべきなのに、モーレツに遅い。これも、空いているHDDに移そうと思っていたんだよなあ。

 でも今はきちんと起動させることが先決だ。

 15分くらいかかって、やっと起動。

 一連のメンテ作業。

 作業を待つ間、定期購読している「マックピープル」を読む。あれ?いろんな連載が一斉に終了するんだな……。

 来月号の予告を見ると、「次号よりアプリ開発者をテーマとした誌面に刷新します」とあった。という事は、アプリを開発しない、利用するだけの一般ユーザーであるおれ向きの雑誌ではなくなると言うことだな。

 「マックピープル」は同人誌ノリのあるところが好きで愛読してきたのだが、その同人誌ノリだった連載が殆ど終わってしまう。

 この雑誌は迷走していた。ずっと守ってきた体裁をいきなり中折り横組みに変更して減ページを断行。この時に定期購読を解約して「MacFan」に乗り換えようと思ったが、手続きするのは面倒だなと思っていたら、以前より分厚いドーンというボリュームの体裁にまた変更されて……。

 もともと記事は「MacFan」の方がまとまっていて充実していて読みやすかったので、時々「MacFan」も買っていたのだが……。

 いろいろやった結果、なんとかなった。不調の原因はどうも、標準バックアップ・ソフトの「TimeMachine」というか、バックアップ用HDDにあるようだ。これは仕事しながらメンテが出来るので、iMacを立ち上げ直して、なんとか正常に戻す。

 バックアップは大切だからねえ。トラブって消えてしまった原稿を、バックアップ機能で一部でも救い出せたこともあるし。

 メンテがなんとか終わったので、「マックピープル」の定期購読を解約して、「MacFan」の定期購読を申し込む。さらばマクピー!名残惜しいが、宗旨替えをしたのはそっちなんだからな!

 

 アサメシは例によってトースト1枚、コーンフレーク、ゆで玉子、ロースハム1パック。

 Jノベル、とにかく今日、殆ど書いてしまわなきゃ。

 進みが悪いのには原因がある。

 何度も読み返して、リズムが悪いのと、アタマの方でやっておくべき事をやっていなかったりしているのが判ったので、遡って直す。

 三歩進んで二歩下がるという水前寺清子状態で、仕事を進める。

 昼はソーメン。スーパーで買った安いソーメンは細すぎてマズい。ソーメンと言えば「揖保乃糸」が有名だが、近年は徳島の「半田そうめん」も知られるようになってきた。普通のソーメンより少し太いのが美味いのだ。

 で、14時からは「きらクラ!」。

 この時間帯、モーレツに眠くなったので、ソファに寝転がってウトウトしながら聞く。日曜の午後の最高の過ごし方だなあと、毎回思う。まあ、おれのような生活だと、毎日が日曜日であり、毎日が平日なんだが。完全休日というのは、どこかに出かけない限り、ない。

 ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番第3楽章の「ゲネラル・パウゼ」(ドイツ語で聞くと荘厳な感じがしますな)が話題になっていて、その部分が流れたが、いや~この部分は一部だけ聞いても感動するなあ!

 16時になって、ご飯を炊く。

 なにかおかずを買いに出ようかと思ったが、暑いので面倒になり、有り物で済ます。

 オムレツのような卵焼き、賞味期限切れのパック入りクリームシチュー、昨日作った「キュウリの古漬けと生姜」で食べる。美味い美味い。おれには夏バテは無縁だな。外に出て汗をかいてジュースとかをごくごく飲んだら、簡単に夏バテになるんだけど。要するに胃液が薄まって食欲不振になって負のスパイラルが始まるのだ。

 四国の大雨。高知市は全域に避難勧告だって。収容できる避難所ってあるのか?公民館とか集会所ならいいけど、学校の体育館とか、エアコン効いてないだろ?

 神奈川・丹沢のキャンプ場の事故、痛ましい。注意を無視して中州で遊んでいて取り残されたDQNではなく、避難しようとして押し流されたんだし、このキャンプ場は違法に中州を拡張していたらしいし。結果論ならなんとでも言えるし判断ミスを指摘できるが、あの現場に居たらみんな正確な判断が出来たか?おれはまったく自信はない。

 いかに天気がよくても、中州でキャンプするのは危険だ、という事を肝に銘じておくしかない。というか、キャンプ自体しないんだけど。キャンプ場のコテージに泊まって、星空を眺めながらバーベキューしてビール飲んで、というのをやってみたいけど。

 FIFAの一員として活動している宮本さん、カッコイイ!

 フットボールの選手って、頭がいい人が多いなあ。

 新田原の女性連続殺人事件、容疑者の男は、自宅の近所で犯行を重ねていた。こういう犯人って、基本的にどうしようもないバカ。バカだからこういう粗暴な犯罪を犯すんだし、すぐ足が付きそうな犯行を重ねる。それにしても警察も逮捕までにずいぶん時間がかかったよなあ。

 この男を犯罪に駆り立てたものはなんだったのか?

 「鉄腕DASH」の尾道の坂を利用した「総延長1キロのそうめん流し」を見る。

 くっだらね~!しかし、凄い!ヒトのウチの中を貫くそうめん流しの竹の水路!よく作ったねえ。

 しかし30分も流されたソーメンはふやけてなかったのか?

 その後、「ダーウィンが来た」でジャッカルの子供たちを育てる違う種類の「犬の仲間のなんとか」の最後を見る。群れから外れたひとりぼっちの、その「犬の仲間のなんとか」。しかし、育てているジャッカルの子供たちの愛くるしいことといったら!

 で、「軍師官兵衛」。

 戦国時代には、理解しにくい人物が登場するが、荒木村重はその最たるものではないか?道糞と名乗って茶人になっていたって。どんなに身を窶しても、自ら死を選ばないというのは現代人のようでもあるが……。やっぱり理解出来ない。演じる田中哲司も「理解出来ない」と言ってたよなあ。

 今後、天下人になって変わっていく秀吉を批判する存在として千宗易とともに存在感を見せるんだろうな。

 そろそろ前田利家が出てきてもおかしくないと思うんだけどなあ。柴田勝家はあっけなく退場してしまったなあ。三谷さんの「清洲会議」を見るしかないな。あっちは柴田勝家が主役だし。

 TBS「おやじの背中」第4話を少し見るが……。なんか古色蒼然としてないか?左翼活動家だったお父さんにしては、ちょっと若すぎないか?勘九郎がなんか、ドラマとは言え、オヤジにこんな風に対決するかなあ?

 しかし、勘九郎の節回し、声だけ聞いてるともう、お父さんそっくりなんだよねえ……愛嬌が足りなくて律儀で真面目な部分がデフォルメされた勘三郎……。

 ああ、勘三郎。

 いけないと思うけど、勘三郎の存在って、とてつもなく大きかったんだなあ。おれは勘三郎を見て歌舞伎の凄さと魅力を知ったんだからなあ。

 でも、ドラマとしては、かなりキツかった。鎌田敏夫なら、もっと違う料理法があったと思うんだが、あえて正攻法で正面から書いたんだろうけど。

 風呂に入る。

 お湯の中であれこれ考える。昨夜は人生を考えたが、今夜は仕事のこと。書きながら引っかかっているJノベルについて。

 おおおお!そうか、そういうことか、と問題点がハッキリして、その解決策も閃いた。まあ、優秀な先生方なら、こんなこと、考え込むことでもなかったのかもしれないが、拙者、鈍才故、時間がかかるのでござる。

 風呂から出て、思い付いた展開をメモにする。

 「情熱大陸」で、ジブリのプロデューサー鈴木さんを見る。恵比寿にある「隠れ家」、居心地良さそうな空間だなあ。こういう仕事場があったら最高だろうなあ。

 で、「あなたのことが大好き。」というコピーは必殺だなあ。こういう全面肯定・全面受け入れって、全身が熱くなるほど嬉しいもんなあ。「思い出のマーニー」は映画館で観よう。

 その後「新堂本兄弟」で、片岡愛之助が「見栄の切り方」の練習方法を伝授。そうか、見栄って、目の左右の動きというか位置が違うんだ!うわ~凄い。

 歌舞伎もずいぶん観てないけど……また見たいなあ。でも、勘三郎が亡くなってからというもの、なんか、見に行きたいというモチベーションが……。

 寝る前に主導でバックアップを、と思ったら、出来ない。バックアップ用HDDもメンテしたんだけどなあ。

 ゴミ箱が捨てられない。

 バックアップ用HDDを初期化しようとしたら、出来ない。

 いろいろやったが、出来ない。

 くーたんは最近、おとなしくなってきたが、やっぱり夜は暴れたい。IKEAで買った大型のネズミさんを投げてやるが、咥えてこない。そろそろじゃれるのは卒業かな?

 Macに作業させている間に、ゴミ出し。

 外は夜だというのに、神社の境内でも公園でも蝉が盛大に鳴いている。

 ミンミンゼミの声を聞いていると、夏だなあ、幸せだなあとしみじみ思う。夏は暑いけど、やっぱり好きだなあ。

 で、部屋に戻っても状態に変化無し。

 1時近くになって、もうだめだとギブアップして、Macを終了させようとしたら、やっぱり終了できない。

 もう眠いので、これ以上のメンテはしたくない。書きかけのファイルが万が一を考えてもう一つの空きHDDにもコピーして、電源ボタンをして強制終了させて、寝る。

今朝の体重:90.80キロ

本日の摂取カロリー:2374kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ 

« 2014年7月27日 - 2014年8月2日 | トップページ | 2014年8月10日 - 2014年8月16日 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト