« 2014年8月17日 - 2014年8月23日 | トップページ | 2014年8月31日 - 2014年9月6日 »

2014年8月24日 - 2014年8月30日

2014年8月30日 (土曜日)

「アオイホノオ」を見て青春の悶々を思い出して七顛八倒

 7時30分ごろ起床。

 驚くべきことに、8時間くらい寝た。最近は6時間寝るのが限界だったのだが、どうもエアコンの冷やしすぎが原因で、寒くて朝、早起きしていたようだ。昨夜は久々にエアコンを切って寝たもんね。

 昨日出した、執筆スケジュールについてのお詫びメールに返事が来て快諾して戴けた。

 安堵。

 朝のモロモロを済ませると、もうお昼近く。

 ブランチは、ソーセージを3本焼いて目玉焼きとキャベツの千切り、ご飯にインスタント味噌汁にキュウリの漬け物、海苔。

 けっこう満腹。

 録画した「タモリ倶楽部」を見る。北陸新幹線用の新型車両を作る企画の前篇。最後にタモリが構内をDD51ディーゼル機関車を運転して走る。この機関車はとてもポピュラーだなあ。

 で。

 芦川さんに強く勧められていたのだが、どうも見る気が起きなかった「アオイホノオ」。なんだか、古傷がぽっかり開いてしまうような、そんな予感がしていたので、本能的に回避していたのだ。

 しかし、意を決して、見た。


 ハマった。

 コロッとハマってしまった。

 しかも、あんまり面白いので2度も見てしまった。


 第7回。冒頭は自動車教習所。ガイナックスの重役が教官役で出演して「何さらしとんじゃこのボケカス!」と教習生の柳楽優弥を物凄い勢いで罵倒するが、これでハマった。

 なんせおれも、忘れはしない豊島園にある自動車教習所で怖い怖い教官にしごかれ続けて、シラフじゃダメだ酒を引っかけて行くしかないと思い詰めたからなあ。同時に受けていた日芸の同級生の倍以上時間がかかって、やっとこさ卒業したし。

 このメーターが振り切れた芝居をするガイナックスの重役・武田さんって、凄いなあ!そのへんの役者以上に、役者やの~!

 で、根拠のない自信の塊の主人公の姿がイタくてイタくて、もう正視に耐えない。それを柳楽優弥が、これまたメーターが振り切れた芝居で見せる。このヒトって、こんなにコメディにハマったんだ!寡黙でナイーブというイメージしかなかったのに。

 安田顕やムロツヨシなどの脇役も全員、メーターが振り切れているし、山本美月や黒島結菜も可愛いぞ!


 1981年。おれは日芸の学生だった。大阪と東京、アニメや特撮やマンガと映画と、微妙に違いはあるけれど、まあ、とても似たようなモノ。おれの同期にだって「当時は何者でもなかったけど、その後著名になった」ヤツは数人いるし。

 おれたちが夢中になって見ていた山田太一脚本の「ふぞろいの林檎たち」を「ひどい脚本だね!セリフが最悪。山田太一はダメだね」と切って捨てた脚本コースの先輩がいたなあ。柳田渉先輩、今何をしてるんでしょう?

 まあ、おれ自身も似たような言動で、既存の作品や映画監督をばっさばっさと切り倒していて、「その気になればおれは出来る」というまったく根拠も何もない自信があったし、親からカネを絞り出して超大作の卒業制作を作って(実際、作った)、石井聰互先輩みたいに一気に映画監督になろうという野心に燃えていたもんなあ。

 そういう日々が、イタい。

 懐かしいし、甘い思い出でもあるけれど、その反面、思い出したくない恥部でもある。

 なんておれはクソ恥ずかしいチンケなガキだったんだろう。

 今、イッパシの存在になっていれば、「そんなこともあったねえ、わはは!」と笑い飛ばせるが、今も昔も、そんなに変わっていないという現実がある。

 現に今だって、「書き出せばたちどころに原稿は進んでベストセラーになるのだ」というキチガイみたいな思い込みがあったりする。まあ、そう思ってなければこんな商売、不安で不安でやってられないのだが。

 「愛国戦隊大日本」は、助監督になってから、東宝の撮影所にある助監督室で見た。先輩の助監督がビデオの孫コピーをもっていたのだ。

 物凄く面白かった。サヨクを笑いものにしつつ右翼も茶化す、知的なアチャラカ。これが批判の対象になるとはどうしても考えられなかった。当時、筒井さんも否定的な評価を下していたが、どうしてこの作品を誤解したのか、理解出来ない。右も左もぶっ飛ばせ!なのに。

 学生時代は、大阪の動向はまったく知らなかったし、興味もなかった。おれは自主映画を作って、現場を仕切る力のなさを痛感したので、とにかくプロの現場に入って修行をしたかった。インデペンデントで食っていく選択はしなかったし。

 PCゲームの「プリンセス・メーカー」は熱心にやったんだよねえ。パラメーターを自由に変えられるツールを入手して自分のプリンセスを自在に変貌させたりしたし。

 しかし、この作品の主人公たちは、希有な出逢いをした、希有な才能の集合体だったのね。

 特撮映画は好きだったし、その気になればスタジオも機材も揃っていたから自主映画でも卒業制作でも作れたのに、何故か、特撮映画を作ろうという気が起きなかったんだよなあ。まあ、あの頃、怪獣映画というのはバカにする対象だったからなあ。もう少し時間が経たないと、怪獣映画を客観視出来なかったんだろう。まあおれは3年実習の短編映画で人類が滅亡してシェルターでたったひとり生き残った少女(原作は横田順彌氏の「かわいた風」。無断で映画化して、後からビデオを持って挨拶に伺った)の物語を映画化して、浜岡砂丘までセットを運んでロケしたんだけど。東宝撮影所でガソリン・エンジンで回す巨大送風機を借りて砂嵐を作り出したんだよねえ。この短編はとても高い評価を受けたんだから、多少はそういう気持ちはあったのだが……。

 でも、当時は、ヒチコックみたいな「きちんとした構成を持つ本格的娯楽映画」を作りたい一心だったからなあ。

 そんなこんなを思い出して、胸掻き毟り、身悶えて、七顛八倒した。

 ドラマとして面白いし、「イタさ満点の青春」を描くのに深刻にならず、かと言って笑い飛ばしもしない絶妙な匙加減に大いに感心し、役者の怪演に大笑いして、また見てしまったし。

 学生時代の延長で商売になって、暮らしが立っているというのは素晴らしいことだなあ、と思う。それは、才能が無ければ不可能なことだと判っているけれど。

 彼らと同時期に東京で青春していたおれたちは、死屍累々だ。一番の出世頭は自ら死を選んでしまったし、おれたちの代は不思議と早世している者が多い。そして、映画を学んだけど映画から離れてしまった者も多い。おれ自身がそうなんだけど。

 こういうドラマを見ると、せっかく映画の世界に潜り込めたのに、どうしてもっと頑張らなかったんだと思わないでもないが、やっぱり、無理だった。今の選択は大正解だ、とどう考えても、思う。

 映画「アマデウス」のラストで描かれるように、この世界の成功者は死屍累々の上に立っているのだ。思えば、この「アマデウス」は東京に出てきて早々に見て、大変な世界に入ろうとしてるんだぞおれは、と思ったのだった。

 と、いろんなことが膨大に思い出されて、ちょっと参ってしまった。こうなることを予感していたから、無意識的に避けていたんだろうなあ。

 でも、面白い。これはもう、遡って全部見るしかない。

 とは言え、イヤだなあ……自分と似たような青春を直視するって言うのは。

 で。

 ひとしきり悶々とした後、仕事開始。

 ずっと書き出しに迷っていたのだが、すっと書き出せた。これは幸先いいぞ。すっと書き出せると後々スムーズに展開できるのだ。

 が、まだ集中力は出て来ない。

 読売の発言小町を読み耽ったり、ネットをいろいろ漁る。

 しかし、朝日新聞は「吉田」に祟られてるのかね?福島第一原発の吉田所長の証言を最初に報じた朝日だが、一部を取り上げて全体をねじ曲げていると産経・読売に指弾されている。

 おれは朝日の読者だし、いろいろ問題はあっても、朝日が一番マシだと思って読み続けているが……ちょっとへこたれてきたぞ。長年の愛読者を離反させないで欲しい。

 18時を過ぎて、晩飯にする。

 買い物ついでに、北海道ラーメンの「ひむろ」で、塩ラーメンと餃子と半ライス。なかなか美味い。

 明日の食料を買って、帰宅。

 19時30分からのNHKスペシャルを見る。「異常気象」。進行役はタモリ。

 タモリは、引退していないし「タモリ倶楽部」や「ミュージックステーション」のレギュラーを続けているのに、「いいとも」を終えたら隠遁しているみたいな記事ばかりなのはどうしてだ?何か意図があるのか?まあ、「タモリ倶楽部」はタモリのホビーみたいな番組ではあるけれど、「『いいとも』の終了以後、公の場に姿を見せなかった……」とか書いているが、「タモリ倶楽部」はあれ、公の場所じゃないのか?公開放送じゃないから?でも「ミュージックステーション」は客を入れた生放送だよね?

 21時から「アド街ック天国」。アメ横の美味しい店。アメ横は食べ歩きしなければいけないなあ。近くに住んでるんだしなあ。

 23時からNHK教育テレビで、「伊福部昭の世界」を見る。もっと突っ込んだ分析をしてくれるのかと思ったけど。

 シャワーを浴びて、ジュースを買いに外に出たら、完全に秋の空気。なんだか寂しいねえ。9月に入ったら暑さがぶり返すらしいが、それに期待したい。まだまだ夏は終わって欲しくない!

 で……。

 寝る前にまた「アオイホノオ」を見て、今度は、出演者の大阪弁の怪しさが耳についたり、演出の巧みさに感心したり、やっぱり役者たちの怪演に爆笑したり。

 いやあ、このドラマは凄いわ!

 しかし、軟式野球の全国大会、45回までやっても決着が付かない。両チームとも同じ投手のまま。これって、投手の健康状態を考えてるの?勝てばいいの?投手の肩なんか気にしないの?

 ニュースはどれも「珍事」として伝えているが、おれは微笑ましいニュースとは思えない。

 いい加減、どうにかしろよ!高校の教師はノータッチなのか?生徒がどうなってもいいのか?本人が「いけます!やらせてください!」と直訴しても、教育的配慮で投手を交代させるべきじゃないのか?一晩寝たくらいでカラダは元に戻らないだろ?

 反論はあるだろうが、おれはそう思う。

 で、なんだかんだで2時前に就寝。

今朝の体重:91.55キロ

本日の摂取カロリー:1741kcal

本日の消費カロリー:日常生活+26kcal/619歩+38kcal(自転車)

2014年8月29日 (金曜日)

出たり入ったりの1日

 7時過ぎ起床。

 雨。

 朝のモロモロをやり、あれこれ事務整理。

 アサメシはトースト1枚にゆで玉子、牛乳。

 アサイチで、原稿を書く順番が約束を違えてしまったお詫びのメールを出す。仕事量を増やしても、書く速度は上がらないので、「年内」の約束がどうしても守れなくなったので……。

 週刊新潮「黒い報告書」の新しいネタを提案するメールも出す。

 出したところで相方から電話が来て、別のネタがあると聞いたので、それも調べて担当N氏にまたメール。

 仕事をしようと思いつつ、読売の発言小町を読み耽ったり。

 娘の同棲を快く思っていなかった母親が離婚して、行き場がなくなって同棲している彼のマンションに転がり込んだが、娘の弟2人もやって来て、2DKに5人住んでいるのだが、彼は怒っているでしょうかという、貧すれば鈍すのようなキチガイじみたトピックが立っている。

 他にも、忘れ物が多いのでサイフや携帯などすべてのものに鈴を付けた、と言う書き込み。微笑ましいとか、判る~というコメントが多いが、こういうオバハンが劇場の客席でチリンチリン騒音をまき散らしても平然としているのだ。ハッキリ言って微笑ましくも何ともない。迷惑なクソババアだ。

 カウンターでラーメンを食べていて席を1つ横にずれてくれと言われて猛反論して絶対譲らないと宣言して険悪な雰囲気になり、悔しくてラーメンを残して出てきた女性のトピ。そんなの横に移動してあげればいいじゃん。ラーメン屋だよ?レストランじゃないんだよ?なのにこのトピ主を支持する書き込みも多くてバカじゃないかと思う。女だから席をずれろと言われたとか、的外れなことを書くバカもいる。ラーメン屋を知らないで書くからこんなことになるんだなあ。ま、発言小町のレベルはこんな程度なのだ。

 夏はバカな書き込みは減っていたけど、夏の終わりとともに頭のネジが緩い奴らが湧いてきた感じ。

 雨が止んだので外出し、くーたん用のキャットフードを買い、自分用の弁当などを買って帰宅。買い物の忘れ物をしたけど、まあいいや。

 オムライスとハンバーグの弁当を食う。

 今日は涼しいけど、湿度は高いので、帰宅すると汗がダラダラ出る。

 さあ、仕事しよう!と思ったら、ツキイチで行っている病院から電話。「今月はまだのようですが」と。

 カレンダーを見て、「あ、いけね!」と。今日は金曜。今日か明日に行っておかないとマズい。

 だったらもう、今日にまとめてしまって、明日は完全フリーにして、仕事に集中しよう。

 ということで、病院の午後の診察に行く。

 患者はいないので、すぐ診てもらえた。ふ~ん。午前中より午後の方が空いてるのか。じゃあ今後は午後に来ようかな。

 薬局で薬を貰い、さっきの買い物で買い忘れた、くーたん用のサプリ(整腸作用があって人間にも効くらしい)を買い、おれの晩飯用のコロッケやスパゲティ・サラダを買って帰宅。

 で、なんだか疲れてしまった。

 角川新作のファイルは開けるが、進まず。

 週刊新潮N氏からお返事。2番目に提案したネタに決まる。

 なんだかんだで、夕食の時間。

 コロッケとメンチカツを温め直して、キャベツの千切りとスパゲティ・サラダ、インスタント味噌汁で。ご飯には浅草橋で買った佃煮を。hana師匠にも戴いたのだが、自分で買ったちりめん山椒を。

 キャベツの千切りが美味かった。という事は、カラダは生野菜を欲しているのか?

 たまっている新聞を読む。

 8月28日の「論壇時評」ページの高橋源一郎の文章に、わが意を得た思い。

 「吉田証言」のウラを取らずに掲載して32年後に記事を取り消したのにきちんと謝罪をしない朝日新聞の態度に保守系マスコミはここぞとばかりに大攻撃をしている。たしかに、そのこと自体は問題だと思うが、だからと言って、日本軍にまつわる性暴力性犯罪がなかった事にはならない。先日のTBS「ニュース23」でも中国戦線であったひどい性暴力の実例を紹介していた。この件は「性暴力」にとどまらない、極めてひどいことなのだが。

 今夜、NHK-BSでマニラ市街戦についてのドキュメンタリーが放送されるが、とても見る気にはならない。数年前にマニラ市街戦についての詳細なドキュメンタリーを見て、そのひどさ、むごさに愕然とした。

 日本軍は撤退して「無防備都市宣言」をしてマニラを戦禍から救おうとしたのだが、現地の陸軍は撤退しようとしたのだが、海軍が反対。大本営も反対で、結局、無防備都市宣言が出来ずに、マニラは焦土と化して市民10万人も犠牲になった。

 日本はアジア各地で、現地の人を巻き込んだ戦闘を繰り広げて多大な犠牲を出した。

 なにが「聖戦」だ、と思う。

 アベ首相は8月15日の戦没者追悼式の式辞で、過去、歴代の首相が必ず触れていた、アジア諸国への加害責任とそれに対する反省の言葉をカットした。という事は、アベ首相はアジア諸国への加害責任とそれに対する反省をしていない、と取られてもおかしくないぞ。控えめな書き方をしたが、アベ首相は、本音では、加害責任を感じず、当然反省する必要も感じていないのだろう。

 戦後、日本は戦争に巻き込んだアジア各国に賠償をしたし援助もしたし、責任者は処罰されたんだから、もういいだろうという思いかもしれないが……それで済むとは思えない。加害者はずっと謝罪の気持ちを失ってはならないと思う。

 ……とは言え、韓国みたいに「永久に謝罪し続けろ!」とガンガン言われると嫌になってきて、相手にしたくなくなるのだが。


 MIXIでマイミクKさんに「黒い報告書」を褒めて貰えて、とても嬉しい。

 食後、「ペケポン」を見ていたら、いつの間にか寝てしまった。

 その後もボンヤリしてしまって、これはもう寝ちゃおうということになる。

 「タモリ倶楽部」「アオイホノオ」は録画。

 風呂に入り、資源ゴミを捨てに行ったりして、0時就寝。

 くーたんは、猫じゃらしに反応しなくなったが、たぶん、飽きたんだな。新しいのを買ってくるか。それとも、オトナになって猫じゃらしで遊ぶのは卒業したか?

 昨夜は電気を消したらベッドに乗ってきてベタベタしたのに、今夜はクールにキャットタワーの上で寝ているだけ。調子が悪いのか?

今朝の体重:91.75キロ

本日の摂取カロリー:2311kcal

本日の消費カロリー:日常生活+43kcal/1200歩+166kcal(自転車)

2014年8月28日 (木曜日)

気学教室と、居酒屋「三太」

 まず、お知らせ。

安達の「黒い報告書」が載った週刊新潮、ただいま発売中です!

20140828_2

 安達は「『盛った経歴』の男が執着する『感度の良い女』」を書きました。読んでみてください。

 今週、新聞に週刊文春も週刊新潮も広告が載ってないなあ、と思って数日分の新聞をひっくり返してみたら……ウチは朝日を取っているので、広告を掲載拒否したのね!

Unknown

 それと、コスミック出版から新官能小説誌「新鮮小説」が発刊されました。そうそうたる顔ぶれです。官能小説のオールスターという感じです。安達も「忘れないで」(再録)で参加させて戴いております。

 で。

 7時前起床。

 雨。

 今年の夏は、いろいろと狂ってるなあ。後年、「荒れた夏」として記憶されるのだろう。

 朝のモロモロ。

 昨日のテニスで汗ビッショリになったウェアを洗わないと臭い。

 雨だから、コイン乾燥機を使うが、サイフには100円玉が1つしかない。10分じゃ乾かない。

 近所の店でおにぎりを買い、100円玉を作り、乾燥機にもう100円を追加。しかし……追加した100円が認識されないぞ。

 一度部屋に戻って、改めて見に行くと、やっぱり追加の100円が認識されないまま止まっている。

 ちょうど近くに管理人さんがいたので、目の前でもう100円を追加して、動かないことを証明。管理人さんはコイン乾燥機の会社に電話してくれた。200円は返して貰おう。火曜日に200円儲かったから、その分差し引き、と考えようかと思ったけど……。

 部屋に戻って生乾きの洗濯物を部屋に干してエアコンをドライにする。

 仕事開始。

 アタマもそろそろ「小説を書く脳」に戻りつつあるし、相方から構成メモも来ているし。

 ブランチのような時間に、アサメシ。サッポロ一番味噌ラーメンにネギとタマネギを投入し、買ってきたおにぎりとともに食べる。

 満腹。

 食後、録画した「孤独のグルメ」を見る。阿佐ヶ谷でハワイ料理。オックステール・スープも美味そうだったが、ガーリック・シュリンプの方に惹かれたなあ。

 今回もキャストが豪華。寺島進と堀内敬子。まあ、以前だって大杉漣とか石丸謙二郎とか石倉三郎とか出てるんだけど、小日向さんとか寺島さんが出て来ると、渋いと言うよりぐっとメジャー感が強まるんだよなあ。

 「サラメシ」再放送を見る。辻堂にあるサーフィン気象会社「波伝説」のランチを取材していたが、いいなあ、この会社。フレックスタイムで服装は自由。入社の条件はサーフィンかボディボードが好きなこと。波の具合が良ければランチタイムはビーチに繰り出す。

 もちろん、会社だからシビアなところもあるんだろうけど、いいなあ。

 なんとなく、書き出す準備段階で時間が過ぎてしまった。

 本日は気学教室。

 ちょっと早めに外出。小腹が空いたので、何か食べてから行こう。

 と、駅近くの駐輪場に着いたときに、サイフを忘れたことに気づいた。

 仕方がない。そのまま引き返して部屋に戻り、サイフをゲット。出直す。


 北千住駅前のATMでちょいと借金(印税の端境期なのだ)して、「富士そば」でカレーを食う。これを我慢できれば、ダイエットは軌道に乗るんだけどなあ。

 駅で相方と合流して、水天宮前へ。

 気学教室は、来年の「金運がいい吉方」の出し方を教わる。え~そんなの判らん!と思いつつ、順々にやっていくと……なんとか出せた。というか、来年は世間一般、景気が悪いトシになるぞ!だから、手を打っておかねば。そう思って今年は意識して仕事を増やしているのだが……なかなか生産性は上がらない。

 教室の後、いつもの「三太」へ。

 ここで出される日本酒は、本当に驚くほど美味い。どうしてこんなに美味いんだろう。

 ぐびぐび飲むと数日間調子が悪くなる(それだけ肝臓が悪いんだよねえ)ので、味見程度に受け皿の「おこぼれ」を頂戴する。これだといろんなお酒が味見できて案配が宜しい。それでも、いろいろ飲むとコップ半分くらいにはなった。

 古い映画の話、特にミュージカルの話になって、ステージ・ミュージカルにも話が広がった。

 突然、ミュージカル大好きな血が騒いで、熱くなった。やっぱりねえ、ミュージカルは小難しいものより、歌とダンスを堪能できる明るいものがいいねえ。となると、MGMミュージカルになるんだよなあ。「雨に唄えば」と「バンド・ワゴン」。これがやっぱり双璧だなあ。「ウエストサイド物語」は舞台も映画も観たけど、映画版のダイナミックさがやっぱり素晴らしい。これはもう、ロバート・ワイズの手腕だよねえ。

 23時前に解散して、帰路につく。

 人形町では雨が降っていたが、北千住は止んでいた。

 帰宅して郵便受けを見ると、コイン乾燥機の200円が入っていた。

 くーたんにご飯を出し、シャワーを浴びてゴミ出し。

 夜はもう、寒いほど。一気に秋になったけど、9月に入るとまた夏が戻ってくるぞ!今年はまだ海に行き足りていないもんね。

 1時過ぎ、就寝。

今朝の体重:91.55キロ

本日の摂取カロリー:2183kcal

本日の消費カロリー:日常生活+238kcal/5348歩+66kcal(自転車) 

2014年8月27日 (水曜日)

メシの配分を間違えて大食い。そしてテニス

 6時30分頃起床。

 雨模様の曇り。今年の夏は8月に入って雨が多いなあ。それも集中豪雨が多発。

 朝のモロモロを済ませる。

 体重が増えているので、カロリー制限をしなければ。まずはアサメシのトーストを1枚にしてコーンフレークも食べないでいるのだが……あんまり効果は無い。アサメシをどかっと食ってもカロリーは消費されてしまうけど、夜食ったモノはモロに体重に反映するからなあ。

 と言いつつ、トースト1枚にゆで玉子のアサメシ。

 仕事開始。

 ずっと光文社新作のゲラと苦闘していて、アタマが「ゲラ脳」になっている。リハビリして「小説を書く脳」に切り替えなければ。

 そのリハビリがてら、Jノベル連載第1回の直しをやる。担当F氏からゲラ前のチェックが来たので、それに沿って直して、連載第1回の景気づけに、濡れ場も増強する。

 相方から電話が入って、角川新作の打ち合わせ。頭が角川になっていないので、内容を思い出しつつ打ち合わせるのに一苦労。複数の仕事をこなすのに慣れていないもんで。

 しかし、話しているうちに見えてきて、あーでもないこーでもないと検討して、合意。って、安倍・石破会談みたいだね。

 Jノベルの直しに戻る。

 昼めしは遅めに取れば、テニスの後の晩飯を軽く済ませることが出来る。

 と、思いつつ……12時過ぎに買い物に出て、近くの弁当屋でアジの開き弁当を買ってきて、すぐに食べてしまった。トースト1枚じゃ遅い午後まで保たないのよ……。

 しかし普通のお昼にランチを食べてしまうと、テニスまでに絶対腹が減る。そしてテニスの後も何か食べないと寝るまでひもじい。

 しかし、短パンTシャツで外に出たら、寒い。急に秋になってしまった。まあ、もう一度暑さはぶり返すだろうが、急激な気候の変化は困るなあ。

 仕事をしつつ、仕事とは関係の無いことをネットで調べる。

 広島の土石流の大惨事、以前にも同様の大事故があって多くの死傷者を出していたのに、広島市は何もしていなかったのか?

 調べると、広島市は詳細な調査をして再発防止策を取りまとめ、発表する寸前だったらしい。発表しても、そこから実施に移すわけで、発表寸前というのはあんまり意味がないのだが。

 地価が下がる、土地の資産価値が下がるから、危険地域の姉弟に反対する意見もあった、というのは既に報道されているが、そういう反対があっても、危険な地域にはそういう指定をして開発を制限すべきだったのだ。無関係なヤツが勝手なことを言うな、と叱られそうだが。

 で、ネトウヨたちが、「各地で水害が発生しているのは公共事業を抑制してきたツケだ」「公共事業に反対していたヤツは出て来い!」とか言いだしているが、まったくアホだねえ。

 公共事業抑制の声が強まったのは、財源難で国家財政が逼迫しているのに、選挙対策で無駄な道路や無駄なハコモノ(なんとかホールとか、作ればいいというものではない建物)や、自然破壊のダムをどんどん作って建設族の議員と土建屋が儲かるのが許せない、ということになったからだ。

 治水にしても、ダム一辺倒ではなくて他の対策でやれることがあるだろう、という考えもあったし。

 しかし、だからと言って、すべての公共事業を止めろという事ではなかったし、必要な工事は続いていた。

 無駄な道路や計画時から状況が変わってしまったダムのような無駄な公共事業は止めろ(官僚は一度決まった計画は無駄になろうが機械的に遂行しようとする)ということだったのだ。これが間違っているとはまったく思わない。

 ただ、近年、急速に気象が変わってきて、以前にはなかった「猛烈な集中豪雨」が多発しているから、治水や土砂崩れなどの対策には今まで以上に力を入れなければならなくなったのは事実。

 お役所仕事で時間を掛けてやっていると、また大雨が降ってまた大惨事が発生する。既に危険な箇所は判っているのだから、迅速な工事が望まれる。って、ヘタな新聞の論説みたいになってしまったが。

 無駄な公共事業と必要な公共事業はきっちり分けて考えないとダメだ。モノゴトをあまりに単純化して批判するのはバカのすること。

 ま、本当の専門家から見れば、自分たち以外はみんなバカに見えてるんだろうけど。

 時間が来たが、まだ直しは終わっていない。というか、濡れ場の加筆でアイディアが全然浮かばないので、気分転換が必要。

 テニスに行く。久々にジーンズを穿いたら窮屈。夏の間は、どこに行くにも短パンだったからなあ。それにウィンドブレーカーを羽織る。

 で。

 北千住駅構内の「小諸そば」で、盛りそばとミニかき揚げ丼のセットを食べてしまった。せめてソバだけにしておけば……。と後から後悔。後悔とは常にそういうものだ。

 あんまり腹にものを入れると、テニスに差し支えるからなあ。

 その不安は的中。腹が重くて、動いていると苦しい。思うように動けない。一週間休んだこともあるし、カラダがボディボードになっていたこともあるし……。

 レッスンは極めて思わしくなかったが、試合になると急に好調になって、コーチ2人の間にスマッシュやボレーを鮮やかに決めたり、なかなかいい感じ。腹の中の盛りそばとミニかき揚げ丼が消化されたからか。

 今夜は帰った後も仕事しなきゃ行けないので、プールはカットして、風呂に直行。

 回転系のボールを打つと痛くなる右腕を冷水シャワーで冷やす。

 このまま帰宅して仕事して寝てしまえば満点だったのだが、やっぱり、何も食べずに帰宅するのは寂しい。

 誘惑に負けて(おれの場合、酒の誘惑ではなく、メシの誘惑)、曳舟駅前の「上海菜館」で、レタスチャーハンと蒸し餃子を食べる。蒸し餃子にしたのは2個だから。焼き餃子は6つ出てくる。

 しかし、その蒸し餃子は1つが凄くデカかった。

 レタスチャーハンはまあまあ。

 大きな丸テーブルでは、2組が宴会。おれが食べていると、別の2組が入ってきて、同時に4組が宴会を始めたから、うるさいのなんの。最近のオッサンも、笑いながら手を叩く「さんま笑い」をするから余計にうるさい。しかしこれ、すっかり定着してしまったね。若い女の子がやるなら、まあ我慢できる(だってバカだし)が、酔っ払いのオッサンがやるのは許しがたい。

 モーレツに早食いして、早々に店を出る。宴会4組というのは、騒音の中にいるようなものだ。

 この界隈で飲んで騒げる店って他にないのか?

 電車に乗って、食い過ぎたことを大後悔。

 帰宅して、くーたんにご飯を出して、仕事再開。

 行き帰りの電車の中で、名案を思い付いたので、それを書く。

 全体をざっと見直して、相方に送る。

 もうニュースとかを見たくなくなったが、仕事で興奮した頭を冷やそうと、録画したTBS「世界衝撃映像100連発」を途中まで見る。英国での列車正面衝突って、先進国では信じ難い事故……日本でも信楽鉄道事故があったが。

 ここまで見て、23時30分、就寝。

今朝の体重:91.65キロ

本日の摂取カロリー:2772kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal(テニス)+169kcal/4424歩+28kcal(自転車)

2014年8月26日 (火曜日)

一日中だらだら&ぐったり

 7時20分頃起床。

 物凄い寝相で爆睡していた。

 曇り。

 雨だけど、洗濯。コイン乾燥機を使う。

 100円入れても作動しないので、コインを入れる辺りをドンと叩いたら作動し始めた。それはいいのだが、表示時間が300分!

 誤動作はすぐに直るだろうと思って、30分後に取りに行ったら、時間表示は270分になっていた。

 ……これは、少なくとももう1回は使えるんじゃないか?

 予定外の洗濯をもう1回やって、乾燥機に持っていく。他の誰かに使われていたら仕方がないし、正常に戻って時間切れになっていたら、それも仕方がない。

 しかし、時間表示は240分。タイマーは作動していて洗濯している間、蓋を開けておいたので作動はしていなかったが時は刻んでいたのね。

 バスタオルなど大きなものを乾燥させて、無事に回収。

 これが本日のラッキーなことだった。

 後から見に行ったら、この乾燥機、エラー表示が出ていたが……。後はコインランドリーの管理人が適切に処理すべきこと。わしゃ知らん。

 で。

 なんだか一仕事終えた感じになって、ダラダラ。

 アサメシは、トースト1枚にゆで玉子。

 ダラダラしていると、昼。

 急に、故郷のラーメン(その味は他店では味わえないし、その店が売っているインスタントでもダメ)を食いたくてたまらなくなったが、ラーメンを食いに徳島まで行くのは無理。

 なので、その代用品として、北千住駅前の「翔竜」で翔竜麺を食べ、ちょっと買い物をして帰宅。

 録画した「モンティ・パイソン40周年記念ショー」(正式なタイトルではない)を見る。みんな爺さんになってしまったなあ。グレアム・チャップマンは亡くなってしまったけど、他のメンバーは矍鑠としている。「わしらの若い頃は……」というホラ自慢や「中国人が好き!なんでもコピーしまくる中国人が好き!」というミュージカル風のショーなど。

 日本では1976年からの放送だったのか。第1回から見たもんなあ。日本版ではタモリ(これが事実上のテレビ・デビュー)の珍芸にも触れたし。画期的な番組だったよなあ。

 「シリー・ウォーク」みたいなネタよりも、「上流階級バカ・レース」とか「笑い殺し兵器」とか「ブラック・メイル」の方が好きだったが……まあ、大差は無いか。

 高校時代に夢中になったものだから、ひたすら懐かしい。

 映画版では「ホーリー・グレイル」が傑作だと思った。吹き替え版は画質が悪かったが、オリジナル版は渋い「英国映画」の画質に壮麗な音楽で、だからこそ余計に笑えた。

 テリー・ギリアム以外の彼らはオックスブリッジ出身者だが、みんな中産階級の出。だからこそ、イギリスのスノビッシュなところを徹底的に揶揄して笑いものにしている。でも、彼らの「英国紳士のスタイル」(山高帽にダーク・スーツ)姿は、とても似合ってるんだよねえ。

 70年代のイギリスと言えば、「斜陽」が合言葉のようになっていたから、自虐や戯画も簡単だったんだろう。というか、共通言語になっていて、ツボが共有されていたから、自虐ギャグが大ウケした。同じようなことを日本でやると……共通認識というか共通言語化されていないから、マジで怒り狂う人が続出して産経新聞やネトウヨに叩かれて炎上してしまうだろうな。いや、その前に、笑えるネタに昇華できるかどうか、と言う問題があるけど。

 と、モーレツな雨が降ってきた。窓外が真っ白になって何も見えないほどの雨。広島では、こんな雨が数時間にわたって降り続いたんだな……。

 こちらの雨はすぐにピークは過ぎたが。

 見終わって、これも録画したままだった「アメリカ大陸鉄道の旅」(これも正式なタイトルではない)も見る。シカゴからグランド・キャニオンを経てサンディエゴまで。もう日本国内では寝台列車の旅は望むべくもない形勢なのだ、外国に乗りに行くしかないのだろうなあ。

 まあ、寝台列車の旅というものは、実用的ではなくなっているから、旅情を求めるとかテッチャンとか郷愁を求める人たち御用達、ということになるんだろうなあ……。日本人はせっかちすぎる。まあソロバン勘定は無視出来ないけど。

 東北各県が寝台列車の存続を陳情したそうだが、だったら各県が補助金を出して存続させてよ、と思う。

 そう言えば、盲導犬を傷つける事件が頻発しているのだとか。

 盲導犬は、吠えない、人間に危害を加えない訓練を受けている。それにつけ込む、卑劣極まりない犯行だ。刃物を刺される以外にも、フォークを刺されたり、タバコの火を押しつけられたり、蹴られたりすることは頻繁に起きているらしい。

 こういう事をする奴らは、死んでしまえ!まったく、生きている値打ちもないクソどもだ。死ね死ね死んでしまえ。

 本当に腹が立つ。

 この辺で、意識は朦朧として、モーレツに眠くなった。というか、「モンティ・パイソン40周年記念ショー」を見ているときから眠くて、何度も戻して見直したほど。

 「5時に夢中!」を見て、ご飯を炊く。

 体重が増えてしまったので、しばらくは、粗食。肉を食ってご飯を食べるから太る。ご飯だけなら太らない。それも、早い時間に食べれば。

 というわけで、今夜は昨日買ってきた昆布の佃煮と漬け物、笹かまぼことインスタント味噌汁。

 これはこれで、美味いのだ。

 「踊るさんま御殿」をボンヤリと見て、風呂に入り、各局のニュースをボンヤリ見て、くーたんと遊んで、23時30分、就寝。

 電気を消したら、くーたんがベッドに飛び乗ってくる。以前はそれに気づかずに危うく敷いてしまいそうになったが、今は「想定内」なので、暗闇の中でしばらく抱っこして撫でてやる。

 ああ、なんて可愛いんだろう。

 で、寝る。

 今日は洗濯以外、ボンヤリした日だったなあ。

 明日から、仕事だ!

今朝の体重:91.45キロ

本日の摂取カロリー:1657kcal

本日の消費カロリー:22kcal/615歩+54kcal(自転車) 

2014年8月25日 (月曜日)

気功&納涼屋形船を大いに堪能しまくり!

 大爆睡して、7時過ぎ起床。

 7時間寝たのは久しぶり。懸案のゲラが終わって、心身共に解放されたからだろうなあ。

 朝のモロモロを済ませ、朝風呂に入り、アサメシ。ご飯に玉子焼、あさりの味噌汁、キュウリの漬け物。

 「孤独のグルメ」のサウンドトラックを買おうと思ったら、3枚もあるのね。

 iTunes Storeでバラバラで買うことにして、4曲購入してiPhoneに入れる。7秒のも2分のも等しく250円。だったらまとめて買う方が安かった。

 「空腹のテーマ」というか「店を探そうのテーマ」が欲しかったのだが、聞けば他の曲も欲しくなって「荒野のグルメ」とかも買ってしまった。

 なんだかんだとやっていると、すぐに外出の時間。

 今日は気功の納涼屋形船。それに伴って、気功は14時30分から。

 相方は膝が痛くなったので気功は休んで納涼船からという事になる。

 ちょっと小腹が空いたので、駅で立ち食いそばでも……と思ったが、電車がすぐに来たので断念。

 その代わり、水天宮前駅に繋がるTCATにあるマクドナルドでビッグマックを食べる。食べてから後悔。チーズバーガーにしておけばよかった。

 で、気功。

 汗がどっと出る。タオルがぐっしょり。

 17時過ぎに終了し、着替えて、たらたら歩いて浅草橋にある船宿「三浦屋」へ。

 出港までまだ時間があるので、近くの公園でたらたら。

 相方、無事合流。

 船も出航。

 今日はいつもより波がある感じ。

 船内では、早見さんが弾けまくって「ひとり『仁義なき戦い』」。早見さんの「ひとり『寅さん』」は定番だったが、それに勝る強力なレパートリーが加わったぞ!複数の場面を完全に記憶して再現するのはもちろん凄いが、拳銃を乱射されて悶え苦しむところまで再現するのはマルセ太郎というかコドモというか。

 しかし、この芸は凄い!タダで見せて貰うのはもったいないほど。

 しかし早見さんはそれだけでは止まらない。落語の名人の高座の一節までやってしまう。

 凄い!

 船がお台場に到着したので、用意してきた食パンをカモメ(ウミネコ?)にやると、どんどん集まってきて、にゃあにゃあと鳴く。という事は、ウミネコ?

 相方と二人で厚切り食パン2枚をやりまくる。

 来年はもっと持ってきて、みんなに分けて、みんなでやろう!

 ヤキトリに刺身、天ぷらがまた次から次にやって来て、食い切れない。でまた、用意されたお漬け物がご飯に合うんだよなあ。小さな茶碗に2膳。

 ちなみに芦川さんは3膳食べました。

 それにあさりの味噌汁。お代わりできたので、お代わりする。

 

 21時前に帰港。近くのカラオケへ。

 一番広い部屋に案内される。

 ここでのクライマックスは、hana師匠とFumikaさんによる「タンバリン・ショー」!これはもう、見事なレヴューだった。密かに、かなり練習を重ねていたらしい。さもありなんの、見事なショーだった!衣裳まで用意して!

 みんな、芸達者だなあ。

 23時の定刻に終了。新宿に流れる面々とお別れして、店の前の前にある都営地下鉄浅草橋から押上経由で帰る。

 いやあ、大満腹。船で生ビール、カラオケでジントニック。あんまり飲んでいないけど、酔ったぞ~!

 0時頃帰宅。

 ただいまーと声を掛けると、待ち兼ねたくーたんがお出迎え。

 ご飯を用意して、おれは風呂。

 くーたんとちょっと遊んで、1時過ぎに就寝。

 さあ、明日からは角川の新作に掛からねば。

今朝の体重:90.65キロ

本日の摂取カロリー:4601kcal(ぎゃ~)

本日の消費カロリー:249kcal/5651歩+50kcal(自転車)+702kcal(気功)

2014年8月24日 (日曜日)

ゲラ終えて 持参する間の プチ旅行

 ゲラが心配で、5時過ぎに起きてしまった。

 薄曇り。スッキリしない天気が戻ってきた感じ。

 朝のモロモロを済ませて、8時過ぎに仕事開始。光文社新作の再校。

 資料と格闘しながら直して行く。昨日はモーレツに面倒だったが、思考回路が出来たのか、今日はスムーズに進む。

 しかし、初校はほとんど白紙で、再校で真っ赤になるほど直すというのは、絶対におかしい!これでは2度校正する意味がないではないか!

 アサメシを挟む。ご飯に目玉焼き、しらす干し、磯海苔、あさりの味噌汁、キュウリの漬け物。アジの干物が簡単に美味しく焼けるなら、毎日でも食べるんだけどなあ。

 仕事再開。

 予定では明日の早朝に光文社に持参して、担当T氏とゲラを挟んで最終打ち合わせをしようかと思ったが、その必要もないようだし、今日中に出来上がる目算もついたので、今夜にでも持参してしまおう。

 昼は、ソーメン。ミョウガと生姜とネギで。美味い。胡麻ダレで食いたかったが、品切れだった。

 14時からは、NHK-FM「きらクラ!」を聴きながら。途中からソファに寝転がって、「きらクラ!」だけを聞く。デュトワ/モントリオールの「軽騎兵序曲」は弦の厚みが素晴らしいなあ!このコンビが消滅してしまって(それと同時にDECCAがほとんど大規模な新録音をしなくなった)、とても残念でならない。

 デュトワに去られたモントリオールはまた元のカナダのローカルオケに戻ってしまったし。練習が嫌いになってデュトワと喧嘩して繁栄を失うなんて、モントリオールも大馬鹿だったね!

 ほどなく、ゲラも終了。

 ざっと読み返したが、これ以上やっても同じだと判断。イジリ壊してしまう危険も感じたので、持っていくことにする。

 千代田線~有楽町線で護国寺。池袋経由の方が早いのだが、JRのプラットフォームが暑いので、地下鉄で行く。

 光文社の守衛室にゲラを預ける。

 しかし、腹が減った。頭の中で、「孤独のグルメ」の例の音楽(←ファンの耳コピー演奏)が鳴る。

 これはもう、メシを食わねば。

 池袋で食うか、乗り換えの有楽町で地上に上がって食うかと考えていたが、それまで持たない!

 護国寺寄りになにか店があったな。

 歩いて行くと、講談社の反対側にありました。「陳麻家・音羽店」。

 早速入って、木須肉(ムースーロー)の餃子セットを頼む。

 水を飲んだら汗が噴き出してきた。

 光文社まで歩いていると、なんか体調がヘンだなと思ったのだが、原因はコレだったのか。

 エアコンの効いている室内にいると水をさほど飲まない。

 そのまま外出すると、水分不足で汗が出ず、体温調整が出来ず、暑さがカラダに籠ってしまう。これはいかん。

 料理が出てきて、食う。食うと汗がどんどん出て来る。

 やっぱり汗をかかないとね。

 で、どうするか。

 やっとゲラが終わって、開放的な気分になったので、用もないのに、遠回りして帰ることにする。

 有楽町線で池袋に出て、副都心線に乗る。

 副都心線が出来てから、池袋の乗り換えがよく判らなくなった。有楽町線と副都心線は繋がっているけど、相互乗り入れはしていないから、駅を移動しなきゃいけないのね。だったら、西武線か東上線に乗り越して、そこから副都心線に戻ってくれば歩かなくて済んだのだ。

 しかし、駅チカにはいろいろ美味そうな店が並んでいるのを発見。しまった、ここで食えばよかった。「陳麻家」も美味かったけど。

 で、副都心線の明治神宮前で千代田線に乗り換えようと思ったが、乗っていればそのまま東横線に入るので、中目黒まで行って、日比谷線に乗り換えることにする。

 実にまったく、無駄な遠回り。

 しかし、中目黒から直通で池袋を越えて石神井公園とか東武森林公園に行ける時代になったんだねえ。おれが住んでいた頃は、渋谷か日比谷線のどこかにしか行けなかったのに。

 で、日比谷線で北千住。

 19時40分頃帰宅。「軍師官兵衛」に間に合った。

 久々の安国寺恵瓊、登場。この人、好きだなあ。以前から好きだったが、ますます好きになった。安国寺恵瓊を主人公に大河ドラマを作らないかなあ。直江兼続が主人公になるんだから、安国寺恵瓊だってなれるだろ!

 蜂須賀小六の死。今まで荒くれ者扱いだった小六を、やっとまともに描いてくれて、嬉しい限り。小六は秀吉の参謀だったんだもんなあ。

 風呂に入って、「Mr.サンデー」を見る。古館の後任に宮根、という説が流れているが、どうなんですかね。広島の悲惨な現場を丹念に取材していたが。

 「新・堂本兄弟」は面白い番組で、大好きなのだが、本当に終わってしまうの?残念だなあ。今夜は総集篇みたいなものをやっていたけど。

 風呂上がりにビールかモヒートを飲もうと思っていたが、明日は宴会だから、麦茶で。

 ゴミ出しをする。ホンの数日前まで、夜もセミが大合唱していて光を求めてブンブン飛んでいたのに、今夜はぴったり鳴き止んで、飛ばなくなった。秋が迫ってるのね。

 夏の終わりは、悲しい。

 久々に、猫じゃらしでくーたんと遊ぶが、くーたんの関心は、どこからか部屋に入ってきた虫に集中。

 どこから入ってきたんだろう?ゴキブリでもないし鈴虫でもないし、よく判らないがきれいではない虫。

 放置するのもイヤなので、新聞を丸めてたたき落とし、ティッシュにくるんでトイレに流す。お盆の夜の虫は殺すなと聞いたことがあるが、もうお盆じゃないし。

 寝ようかと思ったら、急に腹が痛くなって、何度かトイレへ。別に妙なものを食った覚えはないのだが。疲れているところに中華を食ったからか?

 

 0時過ぎ、就寝。

 ベッドに入って、ふと、ゲラを直しすぎて、伏線であるべき事を直してしまったんじゃないかと気になってしまった。

 しかし……また元に戻すのを電話やメールで説明するのは難しいし大変だし……致命的ミスでもないし、解釈の違いという幅に収まるだろうし……。

 そのままにする。

 夜明け前に目が覚めたが、トイレに行って、今夜は二度寝に成功。大爆睡。

今朝の体重:92.10キロ

本日の摂取カロリー:1401kcal

本日の消費カロリー:日常生活+166kcal/3482歩+31kcal(自転車)

« 2014年8月17日 - 2014年8月23日 | トップページ | 2014年8月31日 - 2014年9月6日 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト