« 2014年9月21日 - 2014年9月27日 | トップページ | 2014年10月5日 - 2014年10月11日 »

2014年9月28日 - 2014年10月4日

2014年10月 4日 (土曜日)

異様に眠かったが、仕事のみの1日

 7時前に目が覚めて、しばらくベッドでゴロゴロ。

 起き出して、洗濯物を干す。

 曇りだが、雨は降らないだろう。

 一度部屋に戻って、ボディボードケースをもう一度洗う。砂はいくらでも出て来るなあ。

 裏返して念入りに洗って、干す。

 朝のモロモロを済ませる。

 極私的に夏の終わりを宣言したので、なんだか気分的に割り切れた。明日から台風だし……。もう、夏を引き擦ることはないだろう。

 机の上を整理したら、紛失したと思っていた割引券を発見!え?昨日の朝、あれだけ何度も捜して見つからなかったのに?

 こういうところが実に不思議。

 午前中は、なんだか仕事にならず。昨日の疲れか、おれの中で夏が完全に終わったからか、なんだか脱力して疲れがどっと来たような感じ。

 お昼前に、ラーメンと餃子が食いたくなって、外出。

 いろいろ迷った末に、北千住東口の「汐屋そう壱」に行って、排骨麺醤油味大盛りと半チャーハン。ランチサービスでは、餃子3つと半ライスというのがあるが、餃子3つは頼めないんですかと聞いたら、大丈夫ですとの答え。しかし食券販売機では買えない設定になっている。そう説明すると、店のマスターが券売機を操作してくれた。

 なので、豪華3点セット。

 ここの排骨麺大盛りは、あれ?これで大盛り?と思うが、ドンブリが深いので、食べても食べても麺が出て来る感じ。

 で、ここのチャーハンはやっぱり美味い。

 餃子は、以前ここでやっていた「味楽」と同じお皿で出てきたがひどく懐かしい。

 食べ過ぎた感じで、帰宅。帰路、スーパーに寄って夜のおかずを買う。マグロ切り落としやブリ照り、野菜の煮物など。

 で、「軍師官兵衛」の再放送を見る。やっぱり今回は、三成を権力志向の嫌なヤツとして描いているなあ。まあ今後、朝鮮で官兵衛と三成は激しくぶつかるわけだが。

 「タモリ倶楽部」も見る。「タモや相撲倶楽部」結成。過去の妙な四股名で笑う。いや~相撲も歌舞伎も、今のように権威が確立する前の、イカガワシサがある時代には、凄い四股名を持つ力士がいたんだねえ。

 で。

 仕事開始。

 「第2章」、今まで書いた分を読み返して手を入れる。

 そうして、先に進む。新たな場面を設定したので、また長くなったぞ。

 その分、今日も「第2章」を終えられなかった。

 洗濯物を取り込む。

 いつもより長く干したので、ボードケースもキッチリ乾いた。

 今年も開催するかな?と思った伝説的なサーフィン大会「稲村クラシック」だが、開催しないことが決まった。波が大きくてもいい形にはならず、天候も荒れるので、と。いい波が来て天候もいい、というのはなかなか難しい条件なんだよねえ。

 18時を過ぎて、休憩。

 「満天青空レストラン」を見る。今、島根産の「つや姫」というお米が一番美味しいらしい。しかし、美味そうに食うなあ。ご飯にのっけて美味しいものもいろいろご紹介。どれも美味そう!

 日本に生まれたからには、ご飯の美味さはよく判っているのだし、ご飯の美味さを引き出すように設定された和食の「おかず」の美味しさもよく判っている。残された人生は、美味しい和食を楽しむべきだろうなあ。

 19時のニュースを見ながら、夕食。

 19時30分からは、御嶽山噴火に関する特番。残された人たちの悲しみを考えると、見ていて号泣。こういう大惨事に遭遇してしまったとき、生き残るのも辛い。とても残酷なことだと思う。

 で、どうして警戒レベルが1のままだったのか、その説明があった。全国一律の基準ではなく、火山に応じて地元との取り決めがあるのだと。

 それにしても、火山性地震が起きている(起きていた)事を判りやすく知らせるシステムがあれば……とどうしても思ってしまう。

 「1」という意味は、「安全」だと普通思うし。「通常の火山活動をしている」のが「1」の意味なんて……。

 まあおれは山登りをしないから、その方面の知識がまったく無いわけだが。その代わり、海とか波に関しては事前に入念にチェックするけれども……。

 ミクシィでのマイミクKさんの書き込みを読んで、経済学者はどうして非人道的割り切りをするのかを面白おかしく解き明かした本を読んだはずだが、と本棚を探しまくる。

 ウチの本棚は分野別に整理し切れていないので、ゴチャゴチャ。使い終わった資料本とかも溜まってきたし、一度本棚の大整理をして、もう読み返さない本は処分しなきゃあなあと思う。

 肝心の本はなかなか見つからなくて、読んだ記憶はイルージョンだったのか?と思いかけたときに見つかった。

 「人でなしの経済理論」(ハロルド・ウィンター著/山形浩生訳)バジリコ刊。

 人でなしの経済学者を悪漢刑事が罵倒しまくりイジメ倒す話を書こうと思って買ったのだが、その企画はまとまらないまま。

 これはなかなか面白い本なので読み返そう。そして、企画を考え直そう。

 風呂に入り、「アド街ック天国・伊勢佐木町」の後半を見て、「有吉反省会SP」を少し見て、23時過ぎに、寝る。

 明日は雨だな~。

今朝の体重:90.85キロ

本日の摂取カロリー:2305kcal

本日の消費カロリー:日常生活+28kcal/750歩+61kcal(自転車)

2014年10月 3日 (金曜日)

勝手乍ら本日を夏の終わりとさせて戴きます

 6時30分頃起床。

 快晴。

 これはもう、海へ行くしかない。

 サーフィン情報サイトで確認すると、本日の波は片瀬西浜の新江ノ島水族館前では「ありすぎる」ほどの波。台風18号の余波。

 気温も29度になって晴れ、水温も24度。

 これはもう、今年の本当のラスト・チャンスだろう。

 先週、江ノ島に今年のお別れをしてきたのだが……本当のお別れを言いに行こう。

 ということで、江ノ島行きを決定。

 朝のモロモロを済ませた後、出発まで仕事。

 こういう時に限って、集中力が出て仕事が進んだよなあ……。この調子でいけば確実に「第2章」は終わるのに。

 と思いつつ、時間。10時前に仕事を中断し、書けたところまでを相方に送り、手早く支度をして、くーたんに留守を頼み、外出。

 駅前のコンビニでおにぎりを買い、立ち食いそばでそばをかき込んで、駅へ。

 予定通り10時30分に相方が現れて、そのまま電車に乗って、日暮里でパンを買い、東京・藤沢経由で片瀬江ノ島。

 車窓に広がる抜けるような青空!

 部屋で仕事をしていたら、たぶん、数ヵ月は後悔しただろう。

 波は今後高くなってくるようなので、13時を待たずに即、ラブホにチェックイン。

 水着に着替えて、海へ!

 先週のマイルドな笑みを浮かべた優しい海とは表情が違っていて、かなり険しい感じ。といっても「しけ」の「険しさ」とは違うが、「ちょっと、何しに来たんだよ」という感じ。

 でもまあ、そう言わずに、せっかく来たんだからちょっと遊ばせてくださいよ、と心の中で言いながら、海に入る。

 水温は、ちょっと冷たいがすぐに慣れる。

 サーファーの邪魔にならないように場所を選んで、乗る。

 今日の波は小さく見えても力はある。江ノ島にしては強い波。

 最初はタイミングが掴めずに失敗したが、すぐに要領が判って、乗れた。

1003

(写真がないと寂しいので、サーフィン情報サイトの、3日14時30分頃の映像を借用。画像が鮮明なら、我々の雄姿も写っているはずだが……)

 乗った波が盛り返して、波のトップに押し上げられて、そのまま滑り降りる。

 勢いが付いたまま、波打ち際へ!

 まあ、外房やハワイじゃないから、そこそこの波なのだが、それでも、波のトップから滑り降りる感覚は、なかなかのもの。これがあるから病みつきになるんだよなあ!

 ただ、複雑な波なので、ボードをうまく制御しないと振り落とされてしまう。

 息を詰めて波打ち際まで行くので、終わるともう、ゼイゼイ。

 先週と大違いで、今日はいい波に乗ると凄く体力を使う感じ。

 かなり波があるのに、ウィンドサーフィンをしている人も。これって、穏やかな逗子とかの方が似合う。まあ、いつもの江ノ島なら似合うんだけど。

 15時30分頃まで、やる。

 もう、かなり体力を使った。しかし相方は「力を入れなくても乗れる」と余裕。この辺が違うところなんだろうな。おれは力が入ってしまって、疲れるし、巧く乗れなかったりするし。

 なんか、剣豪の教えに通じるなあ。テニスにしても、無駄な力が入ると疲れるし腕を痛めるし、いい球が打てないのと同じか。

 で、今度こそ本当に、江ノ島さんに今年1年のお礼を言い、来年もよろしくと言い、一礼。ゴミは特に無かった(江ノ島は藤沢市の人なのか地元のボランティアの人なのかがキレイにしているし、サーファーはゴミを出さない。鴨川が汚いのは、漂着物が多いのと、清掃作業をしないからなのだろう)ので、拾い集めない。

 その代わり、切り立った岩石とかが波打ち際に幾つかあるのをビーチの奥に投げたり。

 部屋に帰って風呂に入り、簡単に水着を洗い、休憩。買ってきて残っているパンを食べたり。

 18時過ぎにチェックアウト。シーズン中でも、海の家を使うよりラブホの方がゆっくり風呂には入れるし、疲れたら横になれるし、料金的にもそんなに変わらないから……でも、みんな考えることは同じだろうから、空室なんかないんだろうな。

 エッグスン・シングスへ行く。テラス席なら待たずに座れるというので、テラスへ。しかし風が強い。

 先週は食い過ぎたので、反省をこめて、サラダをシェアして、おれはBLTバーガー。相方はパンケーキ。5枚中2枚を貰う。

 正直、エッグスン・シングスでハンバーガーを食べても感動はない。美味いけど、特に感動はない。しかし、パンケーキを食うと、感動がある。この優しい甘さは他には代えがたい。なんというか、感動がある。先週食べた料理にもそれに通じるモノがあったのだが……ハンバーガーにはなかった。まあ、他の店でもっと美味いハンバーガーが食えるからなあ。

 で、この「不思議な優しい美味しさ」を相方に言ったら、「ここのホイップクリームは空気の含有量が多いからよ」と、まるで理系男子みたいな答えが返ってきたので、「もっと形而上的というか抽象的な事を言ってるんだ!」とネタにして笑う。

 8時6分片瀬江ノ島発の電車で藤沢。ココ始発の快速急行に乗り換える。が、急に腹が痛くなってボードを相方に託してトイレに走る。

 思ったより早く折り返しの電車が到着してしまったが、トイレから走ってドアが開くにの間に合って、相方からボードを受け取って、無事、車内へ。相方一人だったら荷物が多すぎて大変で申し訳ないことになるところだった。

 席を確保して、やれやれ。

 このまま代々木上原まで。

 先週は各停を乗り継いだので3時間もかかったが、今日は速い!2時間で町屋まで辿り着いた。

 22時過ぎに帰宅。

 シャワーを浴びつつボードを洗い、洗濯機を回す。

 MXテレビで、偶然、新番組のドラマ「新解釈・日本史」を見る。ドラマと言うよりコント。ムロツヨシが信長に扮して、まるっきり潔くなく、ジタバタする姿を……ってこれ、やっぱりコントじゃん!演出は「アオイホノオ」の福田雄一だった。「アオイホノオ」ロスに陥っているので、金曜の夜はこれを見て癒されようか……しかし、癒されるような番組じゃないなあ。

 くーたんをじゃらそうとするが、イマイチ乗ってこないし、疲れ切ってフラフラなので(日焼け止めを塗らなかったので、ちょっと熱射病になったかも)、0時過ぎに就寝。

今朝の体重:90.80キロ

本日の摂取カロリー:3028kcal

本日の消費カロリー:720kcal+185kcal/4499歩+51kcal(自転車)

2014年10月 2日 (木曜日)

仕事のみ

 7時ごろ起床。

 曇り。

 昨夜洗っておいた洗濯物を干す。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。

 昨日直した「第1章」、直し漏れがあったので、まずそれを再度修正。

 これをやっていると、「第2章」でのアイディアが思い付いた。これが入ると、いろいろ巧く展開できる。ラッキー!

 朝日朝刊に載っている文春と新潮の広告を見る。

 なんか、新潮のほうに「良識」を感じる。朝日が記事の取消しをしたときの週刊新潮の猛烈ぶりはぶっちぎりで文春を凌駕していたと思うが、数週間が経過したら……新潮は我に返ったような感じがある。文春は相変わらず朝日に敵意剥き出しのイケイケだが。仕事を戴いているというシガラミ抜きで、素直にそう感じるんだけど。

 ブランチを食べに外出。

 北千住東口の「定食かあちゃん」まで行って、さんまの塩焼き定食。

 美味い。自分じゃこんなに美味しく焼けないからなあ。

 サイドにオムレツ。

 食べていると店内は満員。早く食べて席を空ける。

 ついでにATMに寄ってヘソクリ貯金を入金したりやりくりしたり記帳したり。

 帰路、自転車を走らせていると後ろのバイクから警笛を鳴らされた。他の歩行者や対抗する自転車を避けて道路の真ん中を走っていたら、邪魔だこの野郎とバイクのヌシの冴えないオヤジが言ってきたので、反射的に「うるさい、バカ野郎」と言い返したら、そのバイクおやじは聞こえないフリをしてそそくさと走り去った。

 その「こっちを完全無視」した感じが、キレた後急に弱腰になるカンニング竹山そっくりだったので、腹が立たない。

 でも、時間が経って、理不尽なことを言われた事に対して少しムカついてきた。思い出しムカつき。

 仕事再開。

 なんとか今日中に「第2章」を終わらせたい。すでにかなり遅れている。

 洗濯物を取り込みにいくと、ちょうど雨がパラついてきたところだった。なんというグッド・タイミング!

 仕事再開。

 しかし、急に眠くなってきて、ソファに寝転がってテレビをつけると、「相棒」の再放送をしていた。篠田三郎が腕のいい時計修理技師の話。プロットに無理がある(そもそもの因縁が)が、トリックのドンデン返しはさすが。ついつい最後まで見てしまった。


 で、「5時に夢中!」。木曜はやっぱり面白い。今日はなんだか時間調整が上手くいかなくて、妙に余ったり足りなくなったりしてドタバタしていた感じ。

 番組の中で、「慶大〜東大院卒で日経の元記者がAV女優だった」という週刊文春のすっぱ抜きを紹介した記事を紹介(ってW紹介か)していた。学校の先生が風俗嬢とかオペラ歌手がAV女優とか、一流出版社の社員がAV女優とか、この種の話題はもう全然珍しくなくなってしまった。以前なら「黒い報告書」のネタになる!と思ったけど、今はもう、新味はない。たしかに、セックスの探求と学校の成績は別物だから、こういうケースはたくさんあると思うけど……。元朝日の記者が……ということなら文春なんか大喜びして大騒ぎするんだろうけど。日経で残念でしたねえ。

 晩飯は、水餃子。茹でてスープを足せば完成だと思っていたら、白菜やネギを入れろと書いてある。え~今から買いに行くのは凄く面倒。

 なので、野菜を足さずに水餃子だけ食べる。まあ、美味しい。

 

 シンプルな夕食を終えて、ニュースを見る。

 御嶽山の事故、ものすごい速度で大きな噴石が多数落ちてきて、逃げる間もなく犠牲になった状態が判ってきた。

 本当に、命を落とされた方のご冥福をお祈りする。

 事故に遭わず生きていられるのは、運がいいだけなんだ、という事を実感する。

 休憩して、さあ夜の部の仕事!と思ったら……。

 週刊新潮「黒い報告書」のゲラが来た。明日の昼までに戻す。

 これは、今やってしまった方がいい。

 この仕事、原稿料はトビキリいいが、ゲラにはびっしりとチェックが入っている。なんとかチェックが少ない「完全原稿」を書こうと毎回努力しているのだが……。今回は言い回しのチェックが殆どだったので、安堵。

 しかし、根を詰めて全部やってPDFファイルにして送り返したら、エネルギーを使い果たしてしまった。

 それでも頑張って、「第2章」。

 しかし、頭がもう回りません状態になったので、本日終了。

 夕刊を読む。三谷さんの連載エッセイ、芝居の台本の完成が遅れに遅れていて、18年前の悪夢が……という内容。離婚してからこっち、三谷さんはそれ以前に比べて数倍の仕事量だった。舞台にテレビに映画。舞台は以前は演出はしなかったが今は自ら演出もしているし。以前だって仕事が早い方じゃなかったのに、大丈夫か?

 憑かれたように芝居に出まくりプロデュースもして、普通の役者の数十倍の仕事をして生き急いだ勘三郎みたいに、バッタリ倒れてしまわないかと心配だったのだが……。

 書くことは判っているのに、どうしても書けない。そういうことはままあるので、よく判る。って、おれなんぞが「三谷、よく判るぞ」みたいなことを書くのは、日芸の先輩とは言え、傲慢不遜の謗りを免れないが……。

 読売の発言小町に、勉強を頑張って地方の進学校に行き東京の一流大学に進んだのに、結婚して子育ても終わって就職しようとしたらロクな仕事がなくて底辺校出身者に顎で使われる現実が信じられない!一流大学出身なのに!というスレが立っている。まあ、気持ちは判るけど……学歴って医師免許でも司法試験合格でもない、時間が経過したら経歴の一つでしかないものだもんなあ。

 だから、自分のことに翻ると、大学の先輩後輩って殆ど意味がない。芸人の世界はもっと厳しいもんなあ。芸歴が長くても、売れてるか売れてないかが尺度の世界。落語とかは、「芸の品格」という要素が入ってくるから、ちょっと違うと思うけど……。

 日芸出身者なんかも死屍累々で、業界で生き残ってる方が数少ないんだから……おれ、誰にもエラそうに先輩ズラなんか出来ないなあ。

 「アメトーク」の後半を見て、さあ寝ようと思ったが、中村静香のセーラー服姿に引かれて、その後の「しくじり先生」も見てしまった。

 これが、面白かった!

 文字通り、しくじった経験のあるタレントが自らの「しくじり体験」を告白する番組。その第1回は、オリエンタル・ラジオ。

 デビュー直後にいきなりMCを担当するレギュラー10本を持つ売れっ子になったが、すぐにすべての番組が終了して、数年間の「雌伏」期間に。どうしてそうなってしまったかを自己分析していたが、これがなんともイタいというか怖ろしいというか。

 下積みがないと、自分たちがどれくらい舞い上がっているのか判らない、という怖さ。特別扱いが当然だと思ってしまうが、それ以外の扱いを知らないんだから……。

 いや~この番組は面白いぞ。こういう番組があるから、深夜枠は見逃せないのだ。

 1時近くになったので、慌てて就寝。

 寝るときは暑いから未だにエアコンをタイマーで回すが、明け方は毛布1枚では寒い。この寒暖差、なんとかならないか?

 夏布団を出すべきか?

今朝の体重:90.05キロ

本日の摂取カロリー:1737kcal

本日の消費カロリー:日常生活+43kcal/1017歩+86kcal(自転車)

2014年10月 1日 (水曜日)

仕事して、テニス

 今日から10月!

 う~む。

 お誕生月の割引とかクーポンとか、いろいろあったのだが、全く使わなかった。まあ、買いたいモノがなかったし、買いに行く暇もなかったんだが……なんか、損した気分。お金を使わなかったんだから損してないのにね。

 暑くて目が覚めたら、午前4時。部屋の温度を見たら27度を超えていたので、暑く感じても当然。

 エアコンを弱にしてつけたら、今度は寒い。

 ちょうどいい温度調整は出来ないかなあ。

 ヘンな夢を見て、7時過ぎ起床。

 快晴だったがすぐに曇ってきた。

 朝のモロモロを済ませて、仕事にかかろうと思いつつ、ついつい先月分の税金関係の書類の整理をする。こういう事務作業は夜とか眠いときにやればいいのに。と、自分でも思う。


 先日放送した「ナイナイアンサー」で、芸能界で嫌われているとかバッシングされているというタレントが集まっていた。品川庄司の品川は、実際に相方の庄司にキツく当たっていたとか後輩もいじめていたという『証拠』があるので、嫌われても仕方ないだろうなあとは思うが、エド・はるみは完全な「デマ」だったらしい。どうしてこういう悪意あるデマが広まるのだろう?

 まあ、過去にもたくさんの似た例はあった。パターンとしては、「役柄と本人が混同」「いじめたくなる性格・容姿・声」「特に面白くもないのに急に売れた」というのが思い付く。

 一般人の「何となく燻る反感」と「業界内でのヤッカミ」が悪意のあるデマを発生させて広まって定着させてしまうのだろう。

 で、青木さやかって、バッシングされたり嫌われたりしてたの?全然知らなかった。最近テレビに出て来ないのは子育てが忙しいからだと思っていたのだが。

 青木さやかの件は、実に不思議だ。

 同じ「キレ芸」でも、カンニング竹山は物凄く腰が低くて温厚らしくて先輩に可愛がられているらしい。そのへんなのか?

 ネットの怪情報をそのまま取り上げるメディアも多数あるから、有名人は大変だと思う。

 で、というか妙な流れになってしまうが、アマゾンに新刊「友喰い」の書評を書いてくれた方に感謝。とても有り難い。

 JRが、「秋の乗り放題キップ」を出す。類似品に「青春18キップ」がある。快楽亭はこの「青春18キップ」の愛好者で、各駅停車に乗って日本中旅しているが、おれは使ったことがない。各停と快速しか乗れないというのは、シンドイ。

 だが、改めて調べてみたら、5日分乗れて、それを5人で使ってもいいし、途中下車もOK。という事は、日帰りなら5回使えるし、二人で2回日帰り旅行をしてもまだ1日分残る。

 1日あたりの料金は2000円チョイ。これなら「秋の乗り放題キップ」より安いし、使い方の自由度も高い。「秋の……」は連続する3日間でしか使えないけど、「青春18……」は別日に使えるんだし。ただし次の発売分では、冬の寒い時にしか使えないけど。

 アサメシは、ご飯を炊いて、玉子かけご飯。お代わりして、海苔とさつま揚げと白菜の漬け物とインスタント味噌汁で。

 朝刊に、昨日の国会の論戦の詳細が載っているかと思ったら、載ってない!維新の党の江田氏は、いい質問をしたと思ったけどなあ。どうして経済分野の質問しか載せないんだ?朝日新聞よ。

 仕事。角川第2章。いくらなんでも終わらないとヤバいぞ!

 しかし、まだ20ページは書く内容が残っている。今日は無理か。まあ、無理してダメなものを書いてしまうのはもっとダメなんだが。

 15時になって、腹が減ったので、コンビニに行って「牛すき丼」を買ってくる。これはなかなか美味い。

 「5時に夢中!」を少し見る。「ヒモを認めるかどうか」。絶対ダメ!という女もいたが、「家事を全部遣ってくれるなら欲しい!」という人もいた。本来のヒモは、遊ぶカネをせびるだけにダニみたいなヤツだと思うが、主夫なら欲しいと思う仕事を持つ女性も多いだろうなあ。でも、「主夫」が務まる男って、そう多くないと思うけど。

 ちなみに、おれは務まる。子育ての経験は無いから、それ以外なら。

 で、テニス。やっぱりまとまった人数が上のクラスに上がるらしいなあ。顔ぶれが変わるのは寂しい。

 今日はさほどハードな内容ではなかったのに、かなり堪えた。

 やってる最中はそうでもなかったが、帰宅したら、スイッチが切れて、ヘロヘロ。

 今日で転任するコーチから、「打点を決めて打ったら安定してるから、前後に動いて調整して打つように」と置き土産的指導。

 試合は、ボレーの打ち合いになって、結構いい線までいったが、最後で打ち損じて(上手く球に追いつけなかった)負けた。これはけっこう悔しかった。

 スライスを打つと、やっぱり右腕というか肘の関節周辺が痛い。打ち方が悪いのだろう。けど、なかなか直らない。

 風呂に入って、晩飯をどうするか考える。軽めのものがいいとは思うのだが……かなり空腹なので、ガツンと食いたい……。

 結局、曳舟駅前の「あづま」で、ミックスフライ(アジフライ、串カツ、コロッケ)定食。ハンバーグ定食にするか迷いに迷ったんだよなあ。隣の人が食っているのを見て、少しだけ後悔。

 で、帰宅したら、グッタリ。くーたんのご飯を用意して、洗濯機にウェアを放り込むのが精一杯。

 ソファにへたり込んで、「報道ステーション」を見る。御嶽山の救助活動は、本当に大変そうで、自衛隊や警察・消防の方々には本当に頭が下がる。心から有り難いことだと思う。

 巨大な岩が飛んできて、その下敷きになっていた複数の心肺停止状態の人を救出とか、これを惨状と言わずしてどう表現できるだろう?

 生きて帰って来れたのは、奇跡的なことだったのだろう。

 もうこのまま寝ちゃおうかと思ったが、まだ22時過ぎ。

 一念発起して、領収書などの整理をして、税理士さんに送る支度をしてしまう。

 その間に、くーたんが「遊べ」と盛んにアピール。ここんとこ本格的に遊んでいない(抱っこはしてるしナデナデしてるしブラシはかけているのだが)ので、ネズミのオモチャを投げてやるが、以前のように咥えてこない。別の猫じゃらしで遊ばせる。

 テレ東の「逆向き列車」を見る。通勤途中の人を捕まえて、休ませて、会社と逆方向の電車に乗ってどこかに行きませんかと「悪魔の囁き」をして実行させる番組。

 こういう趣向の取材モノって、応じてくれる人がいなくて成立しないんじゃないの?と思ったら、案外いるのね。

 おれが見たのは、小林隆によく似た名古屋の劇場(というと限られてくるよね)の営業マン。常連になっている島の民宿のご主人に、シラフでお礼を言った事がないから言いに行きたいと。

 TKOの木下じゃない方のカッコイイ方は、こういうリポーターが上手い。出過ぎず適度に突っ込む、その間合いが絶妙。プロだなあ。

 で、この営業マン、いざ行くとなったら自販機でビールを買いたがる。お酒が好きなんだなあ。

 しかしテレ東は、こういうヒネリのある企画をうまく番組に仕立てるなあと感心する。

 1時近くになったので、もうダメ。寝る。

今朝の体重:89.70キロ(やっぱり晩飯は魚だ!)

本日の摂取カロリー:2541kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal(テニス)+106kcal/2828歩+31kcal(自転車)

2014年9月30日 (火曜日)

嫌な渡世だなあ

 7時40分起床。

 爆睡。こんなに寝たのは久しぶり。寝不足と疲れが溜まっていたのだろう。

 快晴。朝から暑い。こんな天気だと、海に行きたくなるけれど……海には「また来年」とお別れしてきたしなあ。

 朝のモロモロを済ませて、ソフトバンクに電話。不要なオプションサービスを解除するため。しかし、電話が殺到しているようで、なかなか順番が来ない。

 なので、電話での変更は止めて、ネットから手続きを取る。しかし1つだけ出来ない(よく判らない)項目が残ってしまった。これはまあ、明日やるか。

 御嶽山の悲惨な事故について、依然として「自己責任」だと言い張るバカが多いのに激怒。「自己責任」という言葉の使い方を決定的に間違えているだろ!

 火山マニアが詳細に調べて御嶽山に火山性微動や水蒸気の噴出があったことを突き止めてヤフーの質問箱(?)に質問を上げて、あとから「あなたは予言者か」と言われていたが、大多数の登山者は、気象庁や自治体の情報がハッキリ出ないと、知ることは出来ない。人命に関ることなのだから、警戒レベルを引き上げるとか、そういうことをどうしてしなかったのか、と思う。

 そういう警告を受けながらも「大丈夫だから」と事実上無視して登山するならば、それが自己責任、だ。

 しかし、今回はまったく違う。危険情報は出ていなかったんだから。それでも危険を察知できるのは、エスパーだろう。

 そういう事実をきちんと押さえずに「自己責任」と言い張るヤツは、バカでしかない。

 そういう奴の理屈で行けば、電車に乗っていて事故に遭っても自己責任(そんな電車に乗ったのが悪い)。有名レストランで食中毒に遭っても自己責任(そんな店を選んだのが悪い)。家に何かが落ちてきて怪我をしても自己責任(そんな家に住んだのが悪い)。

 もう、理屈が通じる相手ではない。

 それと、

 テレ朝の「朝まで生テレビ」で、朝日を猛攻撃していた元産経新聞関係者が、産経新聞の不祥事(編集局長がKGBのスパイだった疑惑)を指摘されると黙ってしまった件(←リンク)

 「朝生」は、始まった当初は、大の大人がエキサイトして論戦する姿が面白くて、毎回見ていた。

 しかし……。

 彼らは自己主張するばかりで、相手の言い分を理解して新たな見解を構築したり社会に提言する気なんかまるでないことが判った。

 ただの言論バトル。

 多くの政治家を生んだが、それだけ。この番組は社会に貢献したとかいい事をしたなんて、まったくない。

 大島渚だって大放言しまくったまま謝罪訂正なんかしたことなかったし(綾瀬女子高生殺人事件に関しての大島渚のひどい放言は今でも覚えているぞ!)、そういうことが積み重なって、見なくなった。

 今でもやってたの?という感じ。

 だから、こんな番組で何がどうなろうが、どうでもいいのだが……。

 「吉田証言」を記事にした記者が勤める大学に投書があって、この元記者は事実上、馘になったと。記事を書いた責任は追及されるべきだが、タダの投書だけで今の職を奪われるというのも大きな問題だ。

 物凄く嫌な空気。

 問題を起こした人物は徹底して排除しろという世の中は、実にイヤだ。まるで戦前の「滝川事件」ではないか。

 そして、天下の大手マスコミやベストセラー作家が「売国奴」という言葉を平気で使う今の世相も、本当にイヤだ。

 それをきっちり指摘した池上さんは偉い!他のリベラル系の人たちは黙ってしまってブツブツ言う程度だったのに。

 アベ首相と仲のいい大ベストセラー作家は、今が旬だと思い定めて、注目されている今のうちに言いたいことを言っておこうという魂胆なのだろう。でも……その内容は在特会のデモで声高に叫んでいるのとあんまり変わらないんだよね。言葉遣いも。

 ノブレス・オブリージュという事を知らないんだろうなあ。まあ、そこまでいかなくても、社会的地位が高いヒトは、それなりに気をつけるべきだと思うが。ご当人は、本が売れた程度でエラくも何ともないと反論するかもしれないが、NHKの経営委員でもあるヒトが、社会的地位がないとは言えないだろう。

 そう言うお前はどうだって?

 アタシは、自分の発言に節度と責任を持っているつもり。まあ大ベストセラー作家もそうおっしゃるんだろうけど……。

 アサメシはご飯を温めて、目玉焼き、インスタント味噌汁、ちりめんじゃこ、お総菜の炒り豆腐に、海苔。

 仕事開始。相方から来た修正メモに基づいて、第1章から手を入れ直す。

 昼を過ぎて、トースト1枚。

 仕事再開。

 

 iOS8にしてから調子が悪かったiPadでテレビを観るシステム、アプリの設定を初期化してやり直したら、調子が戻った。

 で、同じ事をiPhoneでもやって、iPadとiPhoneの両方できれいな画面でテレビを観ることが出来るようになった。

 テストで見た国会中継で、維新の党の江田代表が、なかなかいい質問をしていた。コストの高い原発を何故今も推進するのか?など。

 その答弁を聞いていたら時間を食うので、ニュースで見る事にする。

 「第1章」の修正を終えて「第2章」に入る。

 するする進んだが、熟慮すべき箇所にぶつかってしまった。

 考えていると、猛烈に眠くなり、ソファで休憩。そのまま「5時に夢中!」を見る。

 先週の火曜日は、アルタからの放送で、いろいろとアクシデントがあった。その反省会。最大の失敗は、天気予報を間違えたこと。「他局だったら担当者はクビよ!でもMXでは笑ってそこにいるけど」と。

 この時間帯は異様に眠いので、今日も途中で寝てしまった。

 終了後、外出。北千住東口に行って、くーたんの便秘予防のサプリを買い、来週ある「柳原音楽祭」のチケットも買う。

 去年は、ストラヴィンスキーの「春の祭典」を間近で鑑賞できて、無茶苦茶刺激的でスリリングで強烈に楽しかったが……今年は一転してポピュラー路線。

 19時に町屋で相方と合流して、「ときわ」で食事。この店、井ノ頭五郎が好きそうなんだけどなあ。でも、ロケの許可が下りないかもなあ。

 さんまの塩焼きを定食で、イワシの刺身、タマネギの天ぷら、ネギぬたをシェアして食べる。

 打ち合わせもして、帰宅。

 暑い!

 汗をかいた。涼しくなったり暑さが戻ったりするのは、しんどい。

 帰宅して仕事するか、税金関係の書類整理をしようと思っていたが、何もする気にならず、風呂に入る。

 「報道ステーション」で国会の代表質問を取り上げたが、どうでもいいような部分で、失望。

 で、今夜も23時過ぎに就寝。

 くーたんがどたばたやっていたが、寝る。

今朝の体重:90.20キロ

本日の摂取カロリー:2106kcal

本日の消費カロリー:日常生活+117kcal/2838歩+55kcal(自転車)

2014年9月29日 (月曜日)

1日ドタバタ出入りして……iPhone6に機種変更完了

 6時過ぎに目が覚めたが、例によって7時までベッドでゴロゴロ。

 7時起床。

 晴れ。今日も暑くなりそう。海だってまだまだ行けそう……だが、ケジメを付けて気分を切り替えないとイカン。

 朝のモロモロを済ませてアサメシ。薄切りトースト2枚にゆで玉子、ロースハム&マヨネーズ、ミルクティ。

 で、午前中は仕事。角川第2章をガンガン書く。

 13時になったところで、中断して外出。

 北千住西口のマクドナルドで「月見バーガー」を食べる。この季節限定のバーガーは食べるのは初めて。美味しい。

 しかし、ポテトを付けるとカロリー的には最悪。サラダにするか単品にしなきゃあなあ。でも、フライドポテトも美味いんだよねえ。

 今日の14時に、ソフトバンクに予約してある。iPhone6の引き取り。

 少し早めに行ったら、時間まで待てと。

 待っていると、トイレを催してきたので、近くのパチンコ屋のトイレを借りる。しかしパチンコはここ10年以上、やってないなあ。下手くそだから勝てないんだけど。

 で、ソフトバンクに戻ると、ほどなく名前を呼ばれて、機種変更。

 その際、料金コースをどうするか確認される。最新の料金コースに切り替えると100円弱高くなることが判明。おれの場合、ほとんど有料通話をしない。先方からかかってくることの方が多いし。データ通信も思ったほど使っていない。まあ、外で動画とか見ないからなあ。

 過去に使っていたサービスがそのまんまだと判明。明日以降解約できると教わった。留守電サービスやキャッチホンは使わないもんね。解約しよう。

 で、新しいiPhone6は、薄い。iPhone5のサイズに完全に馴染んでいるので、違和感がある。

 一度帰宅して、アプリやデータを移行させる。

 思ったより時間がかかった。会員制サービスのパスワードは移行できず、入力し直さなければならないが、「Moves」の今日の移動記録はそのまま移行できた。

 指紋認証システムはとても便利。

 しかし、RAMが1Gになってメモリーに余裕が出来たはずなのに……iPhone5と同じく余裕なんかないぞ。何故だ!

 新しいケースが間に合わなかったので、補助バッテリーなどを入れている袋に応急的に入れて、ツキイチの病院の午後の診察へ。明日午前に行ってもいいのだが、明日は仕事に集中したいので。

 午後の診察は空いていて、すぐに診てもらえた。

 処方箋を貰って、薬局へ。しかしこっちが混んでいて、しばし待つ。

 17時前に帰宅。

 夕方のニュースで、かなり克明に御嶽山の惨状が伝えられた。昨日までは詳細はほとんど伝わらなかったのだが……。

 あまりに悲惨なので、「5時に夢中!」に切り替えたが、寝てしまった。

 モーレツに眠い。そこそこ寝ているはずなのに……。

 今夜は20時ごろに相方と食事&打ち合わせの約束をしてある。それまで寝るか。

 ニュースを見ながら、寝る。

 20時になって、相方から電話。iPhone6で初めての着信。着信音が大きくて音がいいぞ。

 待ち合わせ場所のファミレス「ココス」に急ぐ。

 今、「ココス」ではローストビーフのフェアをやっていて、食いたいと思っていたのだ。

 で、ローストビーフを注文。

 料理が来るまで相方と打ち合わせ。おれが書いた第1章と相方のメモの「事件の設定」が食い違っているので、その調整。これは根本の問題なので、きっちりやっておかねばと思っていたのだが、いろいろあって進まなかったのだ。

 ローストビーフ自体は美味かったが、ホースラディッシュがほんの少ししか付いてこない。こんなの高くないものだろうに……なんでケチってるの?

 メシを食ったらモーレツに眠くなって、細かいことが考えられなくなってきた。う~む。

 でも、相方のプランの方がいいと思ったので、その線で修正することにする。

 21時過ぎに帰宅。

 NHKや「報道ステーション」などのニュースを見る。

 専門家が「東日本大震災の、マグニチュード9という巨大地震があったんですから、日本列島の地下は激変しています。火山活動も活発になるのは自然な成り行きでしょう」と言っていた。

 だったら、と思う。火山性微動とかは観測されていたのだから、どうして臨時火山情報とかを出さなかったのか?

 別の専門家は、東日本大震災と火山活動は関係はないという。だけど、2011年以降、地震も火山活動も増えているように見えるのだが……。

 専門家は、行楽シーズンではなかったら(観光業者に配慮する必要がないから)入山制限をしていたんじゃないかと言ったが、それは逆だろう。行楽シーズンで山に登る人が多いときだからこそ、関係各所は民間業者であろうとも、安全を最優先すべきだと思う。

 まったくなんのデータも無かったわけではないのだから、後から素人が知ったかぶりして騒いでるのとは違うと思うぞ!自己責任と言ったって、限度がある。


 こういう時に「自己責任論」を振りかざすヤツは、部屋から出る勇気もないくせに口だけ達者なヒッキーだろう。こういうヤツの言うことは、まるで意味がない。さすがに今回はいないと思ったら、けっこう居るのに驚く。こういうキチガイには本当に腹が立つ。

 

 とにかく、現場は凄惨で、生きて帰れた人は奇跡だったのだろう。仲間を助けられなかった、その心情を思うと、言葉が見つからない。

 風呂に入って、23時過ぎに早々に寝る。

今朝の体重:91.05キロ

本日の摂取カロリー:3365kcal

本日の消費カロリー:日常生活+43kcal/1146歩+207kcal(自転車)

2014年9月28日 (日曜日)

悲しくて仕方がない

 例によって6時台に目が覚めたが、7時までベッドでゴロゴロ。

 晴れ。

 気温も高くなりそう。

 これだと、まだ海に行けそうだな……と未練たらたら。

 しかしサーフィン情報サイトで江ノ島のライブ画像を見ると、サーファーがウジャウジャいる。江ノ島にしては大きな波が入っているし日曜日だから、これはもうサーファーの天下。フィンも使わないヘナチョコ・ボーダーが参入したら邪魔になるだけだろう。平日の人が少ない時なら……でも江ノ島は平日でも人が多いからなあ。

 朝のモロモロを済ませて、仕事に取りかかる。

 しかし……なんだろう、この悲しい気分は。

 たぶん、御嶽山でまだ救出されないまま取り残されている人たちのことを思うと、あまりに気の毒だからだろう。

 秋の休日。紅葉の名所に出かけた人たち。

 火山性微動が続いていたのなら、そういう情報を流しておくべきだったんじゃないのか?空振りでもいいと思う。まったくなんの前兆もなくて、とにかくいきなり噴火したのならともかく、前兆はあった。

 専門家はいろいろ言い訳していたが、今回の火山性微動って無視出来る程度だったのか?そのへんのことも合わせて発表しないと。

 難関に挑む登山隊が遭難したのなら、お決まりの「自己責任」という言葉が出そうになるが、今回は行楽に行った普通の人たちが大勢、犠牲になったのだから……。「活火山に登るという意識を持って」とか後から言われても。そう言うなら、火山性微動の情報を登山道入り口に大きく掲示して注意喚起しておくべきだっただろうに。

 ご飯を炊いて、アサメシ。小さなお茶碗で玉子かけご飯。お代わりして、海苔で。さつま揚げやしらす干し、インスタント味噌汁で。

 どうも関西の食文化をあげつらいたい連中が多いらしい。他人が好きで食べているものに対してあーだこーだ言うのは下品である。下衆である。

 おれは「虫食」はどうしても出来ないが、だからと言って「虫食文化」を否定しない。というか、否定できない。南氷洋の捕鯨には反対だがクジラを食う事自体には反対しない。

 それと同様に、お好み焼きや焼きそばをおかずにメシを食って、何が悪い?お前が嫌いなら食わなきゃいいだけのことだろ?

 

 とは思うが、おれ自身、お好み焼きや焼きそばをおかずにご飯は食べない。食べたことがないかと問われれば、かつて、子供の頃にあったように思うし、けっこう美味かった記憶もある。

 で、炭水化物同士という栄養学的批判については、あんまり意味がないと思う。こういう組み合わせを毎日食うわけじゃないんだし……。

 じゃあラーメンライスはどうなの?ラーメン・炒飯セットはどうなの?うどんとかやくめしセットはどうなの?立ち食いそばとオニギリセットはどうなの?「富士そば」などにあるそばとカレー、そばと丼物のセットはどうなの?

 まあ、「汁物」とそうではないものの組み合わせに抵抗感を持つ人がいるのだろう。しかし、他人の嗜好を自分の基準で批判するのは、下衆の極みである。品性下劣である。無教養の極みである。ま、ネットで「関西の炭水化物攻撃」についてアレコレ批判を書いているのはバカばかりだけどな。

 あっという間に、14時。NHK-FM「きらクラ!」の時間。

 ふかわりょうは扁桃腺が弱いらしい。で、プッチーニの「ボエーム」に「へんとうせ~ん」と歌うところがあると、まるで「空耳アワー」みたいなコーナーが出来そうな感じ。聞いて、爆笑。

 日曜の昼下がり、たわいないお喋りにクラシック。最高の2時間だなあ。

 こういう至福の時を味わえるのも、生きているから……。

 というわけで、改めて、御嶽山で犠牲になった方々に、合掌。

 「きらクラ!」終了後、仕事を進める。

 夜は、昨日に引き続き、牛肉のオイル焼き。大量の大根おろしで食う。

 美味い!

 テレ東は「元祖大食い選手権」。しかしもう、大食いは結構。食い方が汚い。ギャル曽根が良かったのは、美味しそうに、さほど汚らしくなく食べるから。顔中ソースだらけにして頬張るのは下品。

 日テレの「鉄腕DASH特番」も見たかったが、「軍師官兵衛」。

 秀吉に悪く思われないために、隠居を申し出る官兵衛。官兵衛の言うことなら聞く耳を持つ秀吉。その関係に不満な三成。

 いや~ヒリヒリする人間関係だなあ!

 来週は北条責めか!

 21時からのNHKスペシャル「老後破産の現実」を、見た。

 いやこれ、マジで一番恐れていること。国民年金と年金基金だけでは生活出来ない。それなりの貯蓄が必要だが、老後を安心して暮らせるだけの貯蓄が出来るかどうか……。

 もうね、役に立たないジジイはさっさと死ぬべきなんだろうね。これが先進国・日本の現実。「自己責任」とか得意げに言う馬鹿な連中も、自分が老後破産に直面するときが来るだろう。ネトウヨはかなりの割合でプアな連中が多いんだし。

 しかし……マジで、どうなってしまうんだろうね、おれの晩年。

 風呂に入ってから、仕事を再開。

 なんとか、ネックになっていた部分を通過。この先は相方のメモもあるし、ドドッと進むだろう。

 しかし明日は、iPhone6の引き取りと、ツキイチの病院があるぞ……。

 ゴミ出しをして、1時就寝。

今朝の体重:90.95キロ

本日の摂取カロリー:1431kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 2014年9月21日 - 2014年9月27日 | トップページ | 2014年10月5日 - 2014年10月11日 »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト