« 2014年9月28日 - 2014年10月4日 | トップページ | 2014年10月12日 - 2014年10月18日 »

2014年10月5日 - 2014年10月11日

2014年10月11日 (土曜日)

圧力鍋でご飯を炊いてみた

 7時起床。もっと寝るべきだが、目が覚めてしまった。

 薄曇り。

 朝のモロモロを済ませる。

 MIXIがメンテナンスをして以降、外部ブログとの連携機能に支障が出て、リンクしなくなった。実害があるのかどうか判らないが、寂しい気分。

 その日起きて気になるニュースは記しておく方針なのだが、どうしてもいろいろ書き落としてしまう。

 昨日の出来事では、「町田の強姦魔」逮捕の件。テレビニュースで見た犯人の男は大人しそうで、見た目では連続強姦事件を起こすようには見えない……だから連続してやれたのかも。それが怖ろしい。まあ、「見るからに強姦魔」って男はそうそういないけど、たまにはいる。

 仕事開始。昨日までゲラで苦戦して、昨日は一気に突破したので、今日から角川新作の第3章に戻る。

 が、ゲラで中断する前の同じところでひっかかる。引っかかる理由はないし、普通に書き進めればいいだけなのだが、何故か、引っかかる。これは自分でも理由がよく判らない。たぶん、アイディアが足りないのだろう。ちょっとした何かが足りないと思って、止まってしまったのだ。それが出て来るまで、粘ろう。

 ブランチは、ご飯に、玉子焼にインスタント味噌汁、しらす、漬け物、昨日の残りの酢の物。

 仕事に戻る。

 夕方になって買い物に出る。

 くーたんのドライフード、マグロの切り落としやネギトロのネギ抜き部分、野菜の煮物など。

 帰宅したら17時だったので、そのままメシの支度にかかる。

 ずーっと使っている電気炊飯器というか炊飯ジャーがそろそろ寿命かもしれない。昨日焚いていて、突然動作が止まってしまった。すぐにまた動き出して、ご飯は無事に炊けたのだが、この挙動不審が気になる。そろそろダメかも。

 ヤマダ電機とかの折り込みで値段を調べるが、高い炊飯ジャーって10万もするのがあるのね!安いものもあるが。

 しかし、土鍋で炊いたご飯は美味い。今はIHコンロなので土鍋が使えないが、調べてみるとIHコンロでも使える土鍋風炊飯釜が安く売っている。

 これを買って、電気炊飯器は廃止するか……。

 いやいや、圧力鍋でご飯も炊けるはず。ウチには買ったけどあまり使っていない圧力鍋があるぞ。

 ということで、圧力鍋でご飯を炊いてみる。

 レシピ通り、3カップの(3合)のお米に3カップの水。

 強火で蒸気がシューシュー言い出すまで加熱して、蒸気が出始めたら弱火にして5分。蒸らしに10分。

 出来上がったご飯は、すごくモチモチしていて、いつものご飯とは違う。これを「美味しく炊けた」と表現していいものかどうか、よく判らない。

 買ってきたおかずで食う。熱々ご飯にネギトロのネギ抜きを載せてワサビ醤油。美味い!

 食後、調べてみたら、圧力鍋で炊けるご飯の食感は「もちもち」になるのが普通のようだ。おれの失敗ではなかった。芯が残ると言うこともなかったし。

 だけど……普通に炊いたご飯の方がいいなあ……。

 18時30分から日テレの「満天青空レストラン」を見る。

 グリンピースの芽である「豆苗」。中華料理で出て来る「豆苗炒め」以外知らないが、紹介された料理法で食べる豆苗は実に美味しそう。豆苗炒めは家でも作れるし。

 この番組も、「孤独のグルメ」に共通して、他人が美味そうに食うのを見るだけだが、実に感動的なんだよなあ。美味そうなモノを美味そうに食う姿を見るのは、なんだか平和で人間でよかったなあとしじみじみ思う。その感動か?

 ゲテモノ料理や珍味には興味がない。普通の美味い料理にだけ興味がある。

 しかし宮川大輔は絶対に「ウマイ!」と絶叫するが、時には美味くないと思うときもあるんじゃないの?

 しかしBGMにコルンゴルトの「シー・ホーク」か「海賊ブラッド」(似ているのでどっちだったっけ?)が突然流れたのには笑った。いや、内容にぴったりだったので、その意外な選曲に。

 19時のニュースを見る。台風19号は時速15キロで進んでいるから、沖縄は暴風圏に入ったまま。月曜には関東に来るんだよなあ……。

 TBSの「ジョブチューン」、今夜は警察特集なので、一応チェック。だいたいみんな、知っていることばかり。むしろ、元検事の若狭勝が「日本では逮捕・起訴された場合は99.1%が有罪になる」と誇らしげに言っていたのがモーレツに気になった。これでは「捕まったらほぼ有罪」「捕まるやつはイコール犯人」という邪魔な意識がはびこるばかりだ。冤罪とか、強引な取り調べや自白偏重、物証の過小評価、検察の警察追認、裁判所の検察への弱腰などは完全に無視。まあ、「日本の警察はこんなにスゴイ」というPRみたいな番組だから……。

 そのまま「アド街ック天国」。昭和の新宿特集。おれが初めてお酒を飲んだ、新宿東口の「マンションハウス」って今にして思えば妙な名前の店は、もうとっくにないんだろうなあ。歌舞伎町にあった「古城」とかいう、その名の通りの古城のような建物(あれは喫茶店だったの?飲み屋だったの?)は?

 桂花ラーメンとか三平食堂とかアカシアとかは出てきたけど。

 TBS「新情報7デイズ」、たけしの滑舌はますます悪くなってきて、1/3くらい、何を言ってるのか判らない。安住さんも同じらしく、たけしの発言に反応出来ずにスルーしていた。

 

 風呂に入る。

 どうもお腹のあたりの表面がピリピリする感じ。もしかして、帯状疱疹?

 仕事に戻るが、どうにも頭が停滞して、進まず。

 各局のスポーツニュースを見る。阪神は広島にボロ負けすると思ったら、勝っちゃった。

 今年はオリックスを応援したいけど、日ハムの試合の方が見たいんだよなあ。

 NHKの「ケータイ大喜利」、特に面白くもないネタを持ち上げる事が多くて、何が面白いんだ?と思うことが多いが、今夜の、料理家の土井善晴本人が登場してネタ朗読、これは面白かった!本人が本人の声で本人の喋り方で無茶苦茶なネタを喋るのだから、ネタの実力以上に面白くなった。「卵割るから頭貸せや」というネタには大爆笑。

 で……今夜も、用もないのに1時まで起きてテレビを観てしまった。眠くて眠くて20時台は半分寝ていたんだから、さっさと寝てしまえばいいものを。

 で、1時20分頃就寝。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:1747kcal

本日の消費カロリー:日常生活+26kcal/677歩+40kcal(自転車)

2014年10月10日 (金曜日)

ゲラ上げて、スタイラスペンの実験など

 7時ごろ起床。

 晴れ。

 しかし、台風が迫っているぞ。

 天気がいいから、ベッド・パッドを洗濯して干す。

 他、例によって朝のモロモロも済ませるが、どうも日記には書き漏らすことが多い。

 滋賀で「しつけ」と称して我が子を鎖で繋いでいたクソ親。こういうバカ親は「しつけ」と「虐待」の違いが判らないらしい。どう言う理由で我が子を鎖で繋いで、僅かな食い物とオマルを置いておくようなことをするのだ?

 この親に問題があることは、以前から学校も警察も児童相談所も知っていたのに「見守っていた」んだと。要するに、問題親と揉めたくないから先送りしていただけってことだろ?

 今回は取り返しのつかない事になる前に、友達が発見して近所のおじさんに助けを求めて助かったが……。

『逮捕を受け、市家庭児童相談室の細川顕室長は「訪問は玄関先までで、家の中の状況はわからなかった。市としてはできる範囲で対応してきた」と話した。一方、学校は7月にやけどの痕なども確認しており、市教委の清水伊佐雄副参事は「7月の時点で助けるべきだった」と語った』

 って、いつも同じ反応。全然失敗から学んで改善しているようには見えない。

 まあ、人手が足りないのも知っているし、警察みたいに強制力が無いから毒親に上手く対処出来ないのも判るし、現状でも以前よりずいぶんマシになっているのかもしれないが……。

 「出来る範囲で対応」していて、死んでしまっても、同じ事を言うんだろうなあ。

 大阪でも二歳児を虐待していた親が逮捕。この子はこれまでに二度も保護されていて、問題親だと判っていた。

 だいたい、過去に虐待をした親が、どれくらい改心するのだろう?虐待した親に子供を戻して、結局殺されてしまうケースは多いのに。

 事故と虐待の見分けは難しいだろうとは思うが、一度ならず二度も、となると、そういう親は信用出来ないと判断すべきではないのか?

 北海道で母親と祖母を刺殺した女子高生の事件は、痛ましい限りで、この子にはまったく罪はない。

 虐待されても親を殺す子はいないから、とこの子を責める「識者」もいるが、虐待親を殺さない子は、完全に洗脳されているか、極限まで我慢しているのだ。そういう子供を基準に考えてはいけない。ただの少年犯罪とはワケが違うのだ。

 アサメシは、目玉焼きに……と思ったら、卵がない。今から買いに出るのも面倒なので、ご飯にインスタント味噌汁にしらすに漬け物で済ます。

 で、仕事開始。

 ゲラがどうして進まないのだろうとつらつら考えるに、さっさと処理してしまおうという意識が先に立っていたからだと気づく。

 頭から順にきちんと読み直して、直すべき所を直すという、通常の方法を取ればいいのに。

 そう思って、改めて頭から読んでいくと、今日は内容が頭に入って、どんどん進む。昨日からこうしていればよかったのに!

 で、「ここの部分は設定を変更して直した方がいいのでは?」とチェックされた箇所に来た。

 何度も読み返すが、官能小説としての見せ場として書いた部分なので、その「キモ」をカットするのは官能小説としてどうなんだろう?と悩む。

 悩んだ末に、ここは元のままにすることにして、最後までやってしまった。

 しかし……本当に、信頼する編集のY氏の意見を無視していいのか?と悩みはじめて……。

 だったら確認した方がいいではないかと、メールを出す。

 返事が来るまで外出。

 iPadを使って、PDFファイルで届いたゲラを、外でチェック出来ないか、と。出来るのだが、iPadの画面を指でなぞって文字を書くと、細かい文字が書けないし、画面が汚れてしまう。

 画面には保護シールを貼ったが、やっぱり指で書くよりスタイラス・ペンを使うべきじゃないのか?

 調べてみると、スタイラス・ペンって高い!細い文字が書けるという、Evernoteお勧めのものは8000円超。他のものだって数千円する。買ってみて期待外れだったら高くて無駄な買い物になる。

 で、いろいろ調べていたら、100円ショップの「セリア」のみスタイラスペンを扱っていることを知った。

 ウチの近所だと、千住大橋のポルテポンタの中にある。

 ということで、千住大橋へ。

 久々に「大戸屋」でカキフライを食べてから、「セリア」へ。

 ありましたありました。100円のスタイラスペン。DS用という細いのも売っていたので、使えなくてモトモトな気分で、両方買う。

 帰宅したら、編集Y氏から確認メールの返事が届いていた。どうして直して欲しいと思ったのか、その理由が詳細に記されていた。

 それを読んで、おおいに納得したので、直しにかかる。

 けっこう大直しで分量も多いので、「差し替え」することにして、親本のテキストデータを捜して、その箇所を抜き出して、テキスト上で書き直す。ゲラに書き込むより読みやすいし、その方が早い。

 カットするだけでは弱いので、新たな要素を付け加えてみた。

 ゲラの書式にあわせてプリントアウトしてゲラに入れ、ゲラ拝終了。

 で、買ってきたスタイラス・ペンを試してみる。

 DS用のものにはiPadは無反応。もう1本の方は使えたが、線が太くて……。

Img_1699

(過去のゲラをPDFにしてテストに使ってみました)


しかし違うアプリで使ってみると、細い線が書けたが……まあ、外出時の緊急用としては使える。

Img_1700

 時間は、ちょうど夜。

 北千住東口に出て、くーたんのキャットフードを買い、「定食かあちゃん」でさんま塩焼き定食を食べる。やっぱりここは美味い。焼き魚は外で食べる方が絶対美味い。肉なら自分でも美味しく焼けるんだけど……。

 その後、ドトールで相方に会って、ゲラを渡す。そして、しばし打ち合わせと雑談。

 アメリカのクソ学生が動物園に忍び込んで雌のフラミンゴを盗み出して放置して大怪我を負わせてしまって、安楽死させることになってしまった、と。そのフラミンゴを守るために雄のフラミンゴも大怪我を負って死んでしまったと。このつがいのフラミンゴの死に涙するとともに、このクソバカ学生に同じ目に遭わせてやるべきだと思った。イラクに連れて行って放置してくるとか。イスラム国の連中がナイフで首を切ってくれるだろう。

 店が閉まる21時ごろまで居て、帰宅。

 ノーベル平和賞は、マララさんに。史上最年少。しかし、この結果には誰しも納得するだろう。イスラム原理主義者以外は。

 日本国憲法第9条が受賞するのは無理があった。人じゃないし。こう言うとアレかもしれないが、環境破壊訴訟の原告に、その森に住んでいる動物が名を連ねるような無理さを感じていたので、まあ、順当でしょう。

 というか、身体を張って、自分の命もかけて、女性が教育を受ける権利を主張するマララさん以上の受賞適任者は居るか?

 頭部を銃撃されても奇跡の回復を遂げたマララさんは、たぶん、神に選ばれた人なんだと思う。

 フットボール日本代表の対ジャマイカ戦はニュースで見た。オウンゴールで勝ったのか。ゴン中山が言う通り、あと3点くらい入れておくべき試合展開。イライラするなあ。こういう時、きっちり点を取れないと、日本はもっと上には行けないんじゃないの?本田も岡崎も、チームでは絶好調なのに……。

 絶好調なときに日本に呼び戻されて少しやって、またチームに戻る、というのは、コンディション管理とか、大変だろうと思う。本音では、チームに専念したいだろうし。絶好調なら尚更。

 でもまあ、日本代表で活躍して注目されたから外国のチームが呼んでくれたんだし……痛し痒しですな。

 たしかテレ東が「緊急特別ドラマ」として中村教授の「闘争人生」を描いたものを放送するはず……と思ったら、それは昼間に放送していたのね。完全に見逃した。

 「金スマSP」を見たり、BS-1で「的に命中させるのにお前の弓道は弓道じゃないと言われて苦悩する天皇杯の覇者」のドキュメンタリーを途中まで見る。

 おれ、中学の頃に少しだけ弓道を囓ったのだが、とにかく礼儀作法がうるさかった。日本のものは茶道もそうだが、「道」がつくものはみんな同じ。厳しい作法を会得すると、「心」が見えてくると。

 そういうものなのかもしれないが、その「心」って、人それぞれのもので、絶対的な基準はないわけでしょ?弓道の場合、的に命中させるのは「絶対的な基準」だと思うんだけど……それだけではないのだ、と言われると、そうなのかもな、とは思う。しかしおれは、そういう曖昧模糊としたものはひどく苦手だ。

 まあ、西洋のスポーツも、ある線を越えて、スーパーな領域に達すると、自ずと心も磨かれていって、最後はその差が結果に出るようにも思える。ココロとか作法とか、そういう事をまず言われると、拒絶反応を起こしてしまうだけで、行き着くところは洋の東西を問わず、同じなんだろうけど。

 風呂に入って、ゴミを出す。

 今夜はまだ生暖かい。夏の終わりという感じ。

 難航したゲラも、結果的にはするっと終わったので、今夜はビールを飲む。

 6Pチーズを囓りつつ飲んだ350ミリリットル缶1つだけで、寝てしまうほど酔っ払って、「タモリ倶楽部」を見ながら寝てしまった。

 気がつくと「ぷっすま」が始まっていたので、ベッドへ。

 1時過ぎ就寝。

今朝の体重:90.95キロ

本日の摂取カロリー:2288kcal

本日の消費カロリー:日常生活+67kcal/1741歩+111kcal(自転車)

2014年10月 9日 (木曜日)

う〜。ゲラが進まん

 8時前起床。

 毛布を夏布団に買えたので、明け方はホカホカで熟睡できた。

 曇り。

 洗濯物を干したり、朝のモロモロを済ませたり。日記は「中村教授の心情、物凄くよく判る!」ということを力説したりして、書くのに時間がかかってしまった。

 で、仕事開始!

 昨日届いたゲラを、今日中にやってしまいたい。

 が、イマイチ集中出来ない。

 ハーマンのアーロン・チェアの足に着いているローラーが床を傷めないように敷いているマットと床の間にゴミが溜まっているのを発見して掃除したり、なんか落ち着かない。

 ブランチは、ご飯、目玉焼き、酢の物、インスタント味噌汁にキュウリの漬け物、海苔。

 ゲラは、こっちをいじるとあっちも直さなければならなくなって際限が無くなって全体が崩れてしまいそうな感じがしたりして、どう手をつけようか手をこまねいている感じ。どうも肩に力が入ってるなあ。いかんなあ。

 また台風が来るのか!先週来たばっかじゃん!

 ゲラ拝は、思惑通りに進まないまま、夕方。

 今日はカイロの予約を入れてあるので、行く。

 テニスで右腕が凄く痛くて力が入らないほどだったので、診て貰って助かった。一発で痛みが消える。

 帰路、スーパーに寄って買い物。晩飯を魚にすると体重は減るので、さんまの塩焼きにする。自分で一から焼く自信がない(焼き魚の焼き加減は本当に難しい)ので、焼いてあるお総菜を買って、温めるだけで食べてみよう。他のおかずも買って、帰宅。

 「5時に夢中!」、今週はずっと、夏休みのふかわに代わって日替り代打MC。今日は元フジテレビのアナウンサー長谷川豊。新コーナー「志麻子のXXファイル」で、殺人事件報道の裏側を喋っていた。仲のいい父娘だったのに娘が父親を刺殺した事件で、取材しても「あの親子は本当に仲がよかったのに」という話しか出て来ない。なのに何故?調べてみると、偶然が重なった、極めて気の毒というか、運の悪い「事故」に近い殺人だったと判ったのだが、番組のテロップや内容紹介では短く伝えないといけないので、事件の微妙なところは素っ飛ばさなければならないと。「見出し」はないと不便だが、「見出し」だけ見てすべてを判断するのは危険なんだよねえ。週刊誌の記事でも、見出しはトンデモでも記事を読んだら穏当な内容だったりするし……。

 ご飯を炊く。

 買ってきたさんまを波形フライパンで焼くが、焼きすぎたのか、脂が盛大に出てきて、表面はパリッとしないで脂で柔らかい。しかも、さんまの匂いが部屋に充満して、消えない。

 これもあるから、自宅で魚を焼くのは敬遠したいんだよなあ。かと言って焼いたのを買ってきて、冷たい焼き魚を食う気はしないし。

 大根をおろして、自前で「さんま定食」にする。それに、野菜天ぷらも。

 美味しかったけど、換気扇をずーっと回してもさんまの匂いが抜けない。

 食後はテレビをダラダラ観てしまった。

 日テレの「ウソかホントか4択」という、本当にどーでもいい番組を、ついつい最後まで見てしまった。

 いかん。いかんぞう。仕事をしなければ。

 日本人が物理学賞を取ったから、村上春樹のノーベル文学賞はないだろうと中国のメディアが余計な予測をしていたが、おれも、そうだろうとは思っていた。でも、欧米の人はアメリカ人であれイギリス人であれドイツ人であれ、他の分野で取ったから、それで打ち止めってことはないのにね。

 でもまあ、ノーベル賞に文学賞とか平和賞があるのは、なんか異質な感じがするのだが。ノーベル賞は理系の賞でいいんじゃないの?

 ゴミ出しをして、風呂に入って、今夜はビールでも飲んで寝てしまおうと思っていたが、風呂に入る前に、何故かネットにハマって、発言小町を熟読したりエロ画像を漁ったりしていたら、あっという間に2時間ほど経ってしまった。

 風呂に入って、これからビールを飲むとドキドキしてしまって眠れなくなるので牛乳を飲み、寝る前にちょっとテレビをつけたら……先週見て面白かった「しくじり先生」をやっていた。オリエンタル・ラジオのしくじり体験の後半。ブレイクした後、急降下して仕事が激減しても、「週4日サーフィン出来る今の生活に満足してる」とか現状を肯定して小さなプライドを守るな!と説く。「夢を棄てるな」と熱く語ったのにはすごい説得力があったぞ。

 1時になったので、慌てて寝る。結局、いつもより夜更かししちゃったじゃん!

今朝の体重:90.70キロ

本日の摂取カロリー:1449kcal

本日の消費カロリー:日常生活+14kcal/357歩+77kcal(自転車)

2014年10月 8日 (水曜日)

皆既月食の夜、テニス

 7時過ぎ起床。

 毛布1枚では朝方、けっこう寒くなった。

 薄曇り。

 朝のモロモロを済ませると、9時前だというのに宅急便が。

 ゲラが届いた。

 以前にノベルスで出した官能小説を文庫に入れて貰おうと営業して、それが実現した。

 久々に仕事をする旧知の編集氏は、仕事には厳しいがきちんと評価もしてくれる人。

 なので、少々ビビりながらゲラを見ると……。

 時代感覚が古くなっている部分の指摘が殆どだったので、ホッとした。

 添付されたお手紙にはお褒めの言葉が並んでいて、これはもう、物凄く嬉しい。

 だが、「思う存分アカを入れてください」とあったので、指摘されたところだけを直すんじゃダメだよなあと、ネジを巻かれた気分。期待以上のモノにしようではないかっ!

 と思うと、肩に力が入ってしまうなあ……。

 相方と電話で打ち合わせ。

 取りあえず先にゲラを上げてしまうことにする。

 昨夜、マクドナルドでソフトバンクのWi-Fiが使えなくなった(たぶんiOS8にしたのでパスワードなどの設定がリセットされてしまったのだろう)件で、ソフトバンクに問い合わせる。

 親切な応対があって、mobilepointのIDやパスワード、WEBキーを教えて貰ってメモする。

 それを持って、マクドナルドへ。ブランチ兼、設定し直しのため。

 新聞折り込みの割引チケットを使って、ベーコンレタスバーガーのセットと単品でダブルチーズバーガーを買い、席へ。

 結局、WEBキーだけを改めて入力すれば使えるようになった。

 本日の、プチ幸せ。

 いやあしかし、青色LEDの実用化・量産化に貢献したカリフォルニア大学の中村教授は、今も怒っている。

 この心境は、とても共感出来る。苦境の時に受けた仕打ちって、一生忘れないものだ。

 日本人は、こういうハレの場では怒りや怨恨は隠したり水に流して「皆さんに感謝」とか優等生な発言をしたがる。いやそれはアメリカ人もイギリス人もイタリア人も同じか?とにかく、オトナになって謙虚になって「いいひと」になろうとする。しかし!

 中村さんは違う。そこが凄いし、偉い。日亜の社員研究員時代に「まだ辞めてないのか」とイヤミを言われてアタマに来て、創業者社長に「青色LEDをやりたい。ついてはかなりの研究費(3億円……当時小さかった日亜にとっては巨額)が必要だしアメリカに留学もさせて欲しい」と辞めさせられそうになっていたのに一発逆転の直訴がアッサリ実って、留学が実現。しかしそれまで社の方針で論文を発表出来なかったから博士号がなく、論文発表歴もないので留学先ではさんざんバカにされたらしい。

 中村教授は、創業者社長には感謝の気持ちを語ったが、会社には今も怒りを燃やしている。だって、青色LED量産化を実現した、その成果が「ボーナス2万円」じゃあ、アタマに来て当然だろう。日亜は中村教授を一気に重役にするか「フェロー」とかの地位を新設して超厚遇すべきだった。まあ、裁判に負けて8億以上の金を払わなければならなくなったのだが。

 ノーベル賞を貰い、時の人となり、「エライ人」になっても、怒りは忘れずいい人なんかになる気もない。

 偉い、と思う。共感する。

 日本人の美徳とか美意識とか、「尊敬される人間像」とか、そんなもんクソ食らえだと思う。そうやって人間を我慢させて小さく縮ぢこませておけば、会社側というか体制側はラクだし得だ。支配しやすい。

 だけど、もう、時代は完全に変わった、と思う。

 「会社あっての社員」って時代はバブルとともに終わった。

 会社に貢献しても潰れてしまったら元も子もない。会社員の会社への片思い時代は、もう終わったのだ。

 愛社精神というなら、それなりの対価を用意しなければ。終身雇用という名の「一生の保証」はなくなったんだから。

 ま、フリーランスなおれにとっては、完全な他人事ではあるのだが。「大江戸捜査網」の名言が身に染みるなあ。

 死して屍拾うものなし。

 中村教授の英語は、かなりスゴイ。学校で英語を学んだ人の英語ではないが、伝えたいことが山ほどあれば、語学なんて下手くそでもいいのだ。発音がどうとか文法がどうとか、そういうことを気にして黙ってしまうより、下手でもいいから伝えたいことをどんどん口にする。それがコトバの基本だよねえ。

 いろんな意味で、『破格の人』が、徳島大学を出て、徳島の片隅の小さな会社で怒りを爆発させながらコツコツと仕事をして、世界的な人になっても、いや、世界的な人になったから、怒りを爆発させる権利を得た、というのが、徳島県人としてはとても興味深い。

 徳島って、凄く地味で話題にならない県民性だけど、時々、飛び抜けた人(三木武夫とか後藤田正晴とか瀬戸内寂聴とか板東英二とか……)が出現するし、そういう人を育む土地柄でもある。地味な田舎なんだけどねえ……。

 若いときは、その「地味な田舎」が好きではなかったが、年を取ってくると、なんだか妙に誇らしい気にもなる。

 時々、そういう「普通じゃない人」が出現するんだもんなあ。まあ、中村さんは愛媛の生まれだけど。

 普通の人だったら、怒りを爆発させていいことはないと判っている。反感を買って生き憎くなるだけだ。でも、中村さんくらいの人になれば、それは大丈夫。

 出る杭は打たれるが、出すぎた杭は打たれない。引っこ抜かれてしまう危険はあるが。

 いろんな自由を求めてアメリカに渡り、結局はアメリカ国籍も取ってしまった中村さんは、その意味でもスゴイ。常人ではない。

 研究のためにアメリカに渡った科学者は山ほどいるし、アメリカに常駐して殆どアメリカ人な人も多いが、アメリカ人になってしまった人は少ない。その意味で、筋を通すというか筋を貫いている中村さんだからこそ、言いたいことが言えるのだ。

 とにかく、「日本人の枠」『日本人の社会的常識(しきたり)」をぶちこわす中村教授には拍手喝采したい。

 ほんと、この人を見ていると、あと2人の受賞者が「ものすごくいい人」に見える。もちろん、間違いなくいい人なんだろうけど。

 で。

 ハンバーガーを2つ食ったのが、効いたのか、全身に倦怠感。単なる寝不足とか疲れが残っているのではない感じ。朝起きたときはそうでもなかったから、マクドナルドで食ったのが悪かったとしか思えない。

 この疲れ方は肝臓から来ている感じがするなあ。

 ゲラをやるが、指摘されたところを直すのが精一杯。

 ソファに寝転んで、休憩。「ミヤネ屋」が「職務発明」についてやっていた。

 「ドクターX」や「相棒」の再放送を見ながら、ウトウトする。

 このまま寝て、テニスは休んじゃおうかと思ったが、今日から新しいコーチ。というか、前に教わっていたコーチがメインになった戻ってくる。休まない方がいい。

 頑張って、支度をして出かける。

 腹の中ではまだハンバーガーが残っているから、今日の倦怠感はやっぱり、マックの食い過ぎが原因なんだろう。

 テニスは、「腕で打たないでカラダ全体で打って。腰から打って」と。それで、意識してやっていると、下半身が疲れた。それだけ今まで下半身は「走るだけ」しか使っていなかったのね。

 もう、クタクタ。今日は生徒が3人しかいなかったこともあるし。

 iPhoneをみたら、滅多に電話してこない級友からの着信が。

 電話してみたら「フェイスブックからしつこくアンタと『友達になれ』っていうメールが来るんだけど」と。「アンタと友達になったら儲かる話とか聞けるのか?」と。

 フェイスブックの仕組みは全然判らないのだが、こういう「強引すぎる仲人」みたいな真似は止めて貰いたい。

 ずっと以前に本名名義でフェイスブックに登録したときはこんなことなかったのに。

 ユーザーを増やして儲けようという魂胆がイヤらしい。いや、ユーザーを増やしてCIAに情報を売ってるのか?

 風呂に入って、帰路は、歩くのがやっと。クタクタ。

 曳舟駅前の「喜多方ラーメン坂内小坊師」でラーメン食って帰ろうと思って店の前まで行ったら……。

 閉まっている。工事か?と思ったら、中には人がいる。

 貸切りでなにかイベントをやってるのか?しかし喜多方ラーメンの店で誕生パーティとか結婚披露パーティとか堂々会なんかやらないだろうし……。

 と思ってなかを観察したら、どうやら何かの撮影のようだ。テレビなのか低予算映画なのか知らん。

 とにかく、食いたいモノが食えないというガックリ感は相当なもの。

 来た道を戻って、リンガーハットでチャンポンを食うのも面倒くさい。

 隣の「とんかつあづま」で、ハンバーグ定食を食うことにして店に入ったら、「ハンバーグもメンチカツも終わりました」って。なんじゃあそりゃあ!

 仕方がないので、アジフライ定食にする。

 まあ、ここのアジフライは美味いんだけど。

 今夜は皆既月食。

 月食はけっこう頻繁にあるのでさほど珍しくないけれど、まあ、記念に1枚。デジカメで光学ズームしなきゃきれいに写らない。

Img_1698

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、ニュースを見ていると、くーたんがやって来て、おれの股ぐらにスッポリ入ってくつろぐ。

 ネコにこうされると、身動き出来ない。というか、ここまで信頼されて親愛の情を示されたら、可愛くて仕方がないじゃないの。

 「ナカイの窓」2時間特番を見る。そうか~。忙しいとお金を使う暇もないのか~。

 ヒロミは完全復活。中居に「お前」と言えるというか言うのはヒロミくらいだもんなあ。

 しかし所ジョージは、そう目立った活躍もしていないのに、長寿番組をたくさん持っていて、特別な存在だねえ。

 中居・所・爆笑問題の田中・ヒロミの中にいると、ロンブーの淳は「なんだか狩野英孝みたいに見えるね」と言われていたが、まさにその通り。いつもは狩野英孝をいじる側の淳がいじられまくり。

 面白いので、「NEWS ZERO」のあとの「深夜版」も途中まで見てしまった。

 それにしても、浦安の液状化訴訟で住民側全面敗訴には納得がいかない。まったくいかないぞ!裁判長は三井側からワイロでも貰ったんじゃないかと思えるほど、三井側の肩を全面的に持った判決で、他人事ながら、まったく納得出来ない。

 最大のポイントは、道を隔てた向かい側にあるURが造成した宅地には、液状化が殆ど起こっていないこと。「当時の技術では仕方がなかった」という判決に矛盾しているじゃないか!要するにURは手厚い手法で造成したが、三井不動産は「違法じゃないけど安く済む」方法で造成した結果なのは明らか。これじゃあ住民側が納得出来るわけがない。UR側も大きな被害を受けていたのなら「打つ手がなかった」と思うしかないが……。

 控訴して、高裁で三井を打ち負かして欲しい。

 0時過ぎ、就寝。

今朝の体重:90.95キロ

本日の摂取カロリー:2330kcal

本日の消費カロリー:日常生活+203kcal/5047歩+70kcal(自転車)

2014年10月 7日 (火曜日)

明暗がクッキリ分かれましたな

 7時起床。

 薄曇り~晴れ。

 朝のモロモロを済まして、仕事開始。角川の「第3章」。

 

 途中、遅めのアサメシ。トースト2枚にベーコンエッグ。出来ればこれをブランチにして昼は抜きたいが……。

 仕事を続ける。

 他の人は知らないが、おれは書いている作品の全体像が見えないと、書き出せない。長編のアタマからラストまでとは言わず、書いている章で区切っての話だが……。

 でも、書き出せないからと言って手をつけないと、何時までも書き出せないので、Macの前に座ってあーでもないこーでもないとやっていると、重い扉が開くというか、重い車輪がぎーぎー音を立てて動き出す感じ。

 なので今は、なんとか重い車体を押して車輪を動かそうとしている状態。

 明日、長編のゲラが来る。来週は中編のゲラが来る。頑張って書き進めなければ。

 小保方さんの博士号について、博士論文を書き直さないと剥奪する、と。

 おれは、天才の発想と革命的な手法というものは凡庸なものには理解出来ないから、天才は叩かれるものだ、と思ってきた。なので、小保方さんの「STAP細胞」は真の天才的革命的な発見で、それにイチャモンをつけるのは凡庸な科学者なのではないか、と思っていた。それが「そう思いたい」に変わり、「そうであって欲しい」という願望に変わってきて……ついには、「なんか、多くの人が騙されちゃったのかも」と思うしかなくなってきた感じ。一時は、ノーベル賞間違いなしと言われていたのに。

 朝日の誤報を得意になって叩いている読売も産経も文春も新潮も、小保方さんバンザイ報道をしたのを、おれは忘れないぞ。みんな誤報してるじゃないか!ま、この件ではどこも早々と訂正して謝罪したけど……。

 しかし、博士号まで剥脱される危機だとは……。

 腹が減ったが、ご飯のおかずがない。買いに出るのも面倒なので、カレーヌードルを食う。

 カップヌードル系は、食べたときは腹が膨れるが、すぐに空腹になる。これはおれだけの現象? 

 今夜は所用で鵠沼海岸に行く。そこで食事をする予定なので、アサメシもランチもいつもより遅い時間に食べているのだが、遅い夕食まで持たないぞ……。

 予定では、19時過ぎに家を出て、東海道線経由で行くつもりだったが、どうせならプチ乗り鉄でも、と思って、錦糸町から横須賀線で鎌倉、江ノ電で藤沢、小田急で鵠沼海岸というコースで行くことにする。東海道線経由より1時間余計にかかるのだが、まあいいか。夜の江ノ電って、乗ったことないし。

 腹が減ったので、錦糸町で弁当を買って横須賀線で食うか、立ち食いそばでも食うかと迷ったが、崎陽軒のシウマイ弁当を売っていたので、自ずと決定。

 鎌倉までグリーン車に乗る。

 

 予定していたのより20分ほど早い久里浜行きに乗る。

 車内はガラガラ。さっそく弁当を広げる。

 ……崎陽軒のシウマイ弁当、以前は凄く好物で、食べるたびに感動があったのだが、最近はそうでもないなあ。何度も食べちゃってるからかなあ。

 

 東京駅でどっと乗ってきて、新橋、品川でもどっと乗ってきた。

 弁当は早々に食べ終わったので、iPadで書きかけの原稿をチェック。

 ミクシィを見てみると、相方がBBCのニュースを引用して、ノーベル物理学賞に日本人3人、と。

 青色LEDの実用化の功績で。

 昨日は医学賞で日本人は取れなかったので、今年は何だか諦めムード漂う報道だったのに。完全にヤマカケを外しましたな。

 青色LEDの実用化に関しては、基礎研究も大事だろうけど、量産技術を確立して製品化した中村さんの業績と努力が飛び抜けていると思う。徳島の片隅にあった小さな会社で、会社と対立しながらコツコツと実証実験を積み重ねて、ついに、研究室の外で、一般的に、しかも安価に使えるようにしたのは、中村さんの力によるものだ。

 中村さんは、この業績に対する会社の評価が低すぎると裁判を起こし、自分もカリフォルニア大学の教授に転身してしまった。この事が一部に批判を呼んだようだが、おれは一貫して、中村さんもっとやれ!と思っていた。

 だいたい、誰も知らない四国のローカルな会社が、今や世界的大企業になったのは中村さんが頑張ったからだ。会社の金で会社の施設で会社のスタッフを使っても、他の人は中村さんみたいな凄いことをやれたのか?中村さんだから出来たんじゃないのか?

 今、企業内での特許などの権利は研究者個人のものと認める制度になっているが、これを企業のモノにしようという「改悪」がされようとしている。まあ、完全に個人のものとするのもアレだろうから、そこで話し合いがもたれるべきだとは思うが……全面的に企業のモノにしてしまうと、企業内の研究者のモチベーションが下がるんじゃないの?

 これ、大学の場合はどうなるんだろう?個人のものではなくて大学のものになってしまうの?

 乗っている電車は、何故か大船で車両交換すると。

 故障?車両のやりくり?

 ともかく、大船で乗り換える。

 鎌倉で、江ノ電を1本見送って、次の電車に乗る。夜だと運転席にカーテンが降りているので、せっかく特等席に座れたのに、見晴らしがよくない。

 軒先を掠めるように走るので、他所様を覗くような形になってしまうが……。

 いろんなドラマのおかげで、江ノ電沿線に住むのは憧れですなあ。

 「俺たちの朝」以前、江ノ電は廃止しようかという話も出ていたんだぜ。


 「最後から二番目の恋」で御馴染の、極楽寺駅は、ドラマのまんまだなあ。当たり前だけど。中井貴一とキョンキョンが立って口論しているかのようだ。

 小田急藤沢駅には、立ち食いそば屋が出現した。まだ工事中だが、もうすぐ新装開店するんだろう。以前の店はボロだったもんね。

 江ノ電の江ノ島で降りて歩いて片瀬江ノ島から小田急、というのも考えたが、それだと着くのが早すぎるので、あえて、藤沢経由。

 で、乗り換えて、予定通りに鵠沼海岸到着。

 駅前をブラブラ歩く。もう何度も来ているので、すっかり親しみを覚えて、愛着すら湧いてきた。

 小さな町が可愛らしい。海辺の町、という感じがステキ!

 商店街から一歩入ると、昔からの落ち着いたお屋敷が並んでいる。新しい家はモダンでハイセンスだし、昔からの家はお屋敷らしい風格がある。

 いいねえ。

 いつもとは違う道を歩く。

 所用を済ませて、海岸道路に面したマクドナルドまで歩く。

 いろいろ調べて、駅周辺の焼き鳥屋でヤキトリを食いつつビールでもと思ったが、初めて一人で入るのはちょっと緊張する感じの店が多い。その点、チェーン店だと気兼ねがない。でも、どこに入っても同じでつまらない。

 地元の個性的な店の方が味があっていいんだけどね……。

 マクドナルドでビッグマックのセットを食べつつ、iPadで仕事。

 MacBookAirが欲しいけれど、おれは外では仕事が出来ない。やるとしても構成のチェックとメモ書き、推敲で、まとまった文章を外では書けない。何度もトライしてみた結果、仕事は自宅でしかできないことが判明したのだ。例外は、旅館にこもる場合。でもこれは自宅とあんまり変わらない。

 朝食べて、昼はカレーヌードルを食べて、横須賀線の中でシウマイ弁当を食べて、ビッグマックセットも食べた。完全に食い過ぎ。

 iPadは、マクドナルドの店内ではwifiが使えるはずだし、今までは使えてきた。しかし、突然使えなくなってしまった。まあiPhone経由で使えるんだけど……どうして急に使えなくなってしまったのか。探求が必要だなあ。もしかして、今まで使えていたのが間違いだったのか?

 23時前まで仕事をする。文章は書けないが、集中して考えるのは外でやるのはいいかもしれない。いろいろと考えがまとまった。

 前回は片瀬江ノ島まで歩いたが、海沿いはもう完全に寂しいので、鵠沼海岸駅に戻る。

 iPhoneの乗り換え案内にしたがって、藤沢から東海道線に乗り、川崎で京浜東北線に乗り換える。

 モーレツに眠い。酒を飲んでいないが、眠い。これで飲んでいたらヤバかっただろう。

 で……、大井町の手前で、プラットフォームから誰かが転落したとかで緊急停止。

 酔っ払いか、スマホ歩きか。身体の不自由な人だったら気の毒だが、そうでなければ、こういう迷惑行為をするバカは張り倒してやりたい。

 バカと言えば、イスラム国に入りたいと言っていた北大生、就職に失敗して休学しているミリオタらしいじゃないの。イスラム教に入信はしていたらしいが……。どっちにしても迷惑な存在だと思うが。

 電車は数分止まっただけで動き出した。大井町のプラットフォームには転落したような人物の姿はなかった。逃げちゃったか救護室に入ったのか。

 日暮里で常磐線に乗り換えて、北千住。

 1時前に、無事帰宅。

 くーたんのご機嫌を取って、早々に就寝。もう眠くて眠くて風呂に入るのもシャワーを浴びるのも億劫なので、そのまま寝る。

今朝の体重:91.30キロ

本日の摂取カロリー:3335kcal

本日の消費カロリー:日常生活+301kcal/7884歩+31kcal(自転車)

2014年10月 6日 (月曜日)

台風情報聞きながら、仕事

 6時前に目が覚めた。

 関東直撃と予想されている台風が気になる。

 当然、雨。

 ご飯を炊いて、テレビの台風情報を見る。

 子供の頃は、台風情報を見るのが大好きだった。非日常だから。被害がないのが大前提で、台風が来て警報が出ると学校が休みになるから。基本的に、家でゴロゴロしているのが好きなガキだった。学校に行ったらやりたくないこと(体育とか教科書を朗読するとか)もしなきゃ行けないし……。

 接近してくるという情報を聞きながら、朝のモロモロを済ませる。

 8時台は風雨はさほどでもない。

 ご飯が炊けて、たっぷり蒸したので、アサメシ。玉子かけご飯。お代わりして海苔で。インスタント味噌汁と漬け物など。

 コーヒーを飲んで、仕事開始。

 相方と電話で打ち合わせて、送って貰った修正メモを元に、「第2章」を手直しする。

 午前中かけて修正して、角川N氏に送る。

 浜松に上陸した台風は、熱海~横浜と来て、速度を上げた感じで茨城沖に抜けた。

 雨はざんざん降ったが風はさほどでもなく、来たな、と思ったら納まった。

 重い雲がさーっと薄くなり、青空が顔を出す。

 午後は、「第3章」の構成を考える。すでにある章割りに、相方のメモ、前の章まで書いてきていろいろ変更された内容を加味して、これ以降の流れを整理。

 昨日、鵠沼海岸でサーフィンしていて行方不明になった大学生はまだ見つからない。台風の時に海に入るヤツがいるから、「だからサーファーは」とか言われてしまうのだ。殆どのサーファーは天候や海の状態に敏感で無理はしないしビーチを汚さないのに、ごく少数のヤツのために評判が落ちるのは残念なことだ。

 横須賀の野比では「度胸試し」と称して海岸を走っていた中学生が高波に飲まれたし……。

 イスラム国に参加しようとしていた北海道大の学生が警視庁公安部に捕まった。戦闘員になって欧米人の首を切る野蛮極まりない行為をしたい血に飢えた大馬鹿者なのか?それともイスラム国の主張や理念に共鳴したイスラム教徒なのか?当人の主張が報道されないから、動機がよく判らないが……どうもミリオタらしい。じゃあフランスあたりの外人部隊に入ればいいんじゃないの?

 イスラム国の求人に協力していた古書店や元大学教員もいる。彼らの主張を知りたい。

 どっちにしても、今、イスラム国に参加したいというのはろくなもんじゃない。パレスチナ支援をしたいなら別の組織があるんだし……。

 こういう連中はもっと居るだろうし、実際にすでに行ってしまったヤツもいるだろう。あちこちを経由してシリアやイラクに入ってしまったら判らないし……その逆もそうだ。

 実に面倒で厄介な世の中になってきた。

 これじゃあ、長生きしてもいいことなんかなさそうだな。

 夕方、iPhone5の下取りを申し込んでいたのだが、引き取りの佐川さんが来てくれたので、渡す。大事に使ったiPhoneで、愛着もあったのだが……。さよなら。


 その後、買い物に出て、夕食の材料を買ってくる。

 「5時に夢中!」を見るが、今週はふかわはお休みなので、見るのを止めた。

 以前は月曜日が一番面白かったのだが、マツコがふかわをやっつけすぎたり勝手気儘な進行をするのが嫌になってきた。安いギャラで出てやってる、というのは聡明なマツコのことだからポーズなんだろうが、それがギャグになってないぞ。

 18時にメシ。この前の水餃子の残りを作る。今回はきちんと白菜やネギと一緒に水餃子を焚く。ん?煮る?

 水餃子単体より、白菜やネギと一緒に作った方が、ずっと美味しい。

 それと、お総菜の「ネギ塩チキン」を温め、中華春雨スープに春雨サラダも。今夜は中華ということで。

 食後、ダラダラとテレビを観る。

 フジテレビの「バンクルワセ」という番組を偶然見る。

 新しく始まった「ディア・シスター」の予告編30秒スポットを、予告編制作のプロと、主演の石原さとみと、キングコング西野が競作。西野のものは奇をてらっているけれど、これはこれで面白い。西野はただの嫌われ者ではない、と実感。

 石原さとみのものは一番オーソドックスでウェルメイド。よくありがちなパターンを手堅く作っている。

 で、プロの手になるものは、ミステリー・タッチ。優等生の姉に恨みを持つ妹がじわじわと復讐するサイコ・スリラーみたいになっていて……凄い。実際、そう言うような気持ちをコメディ・タッチで描くドラマなんだろうが、この予告は凄いなあ。

 ニュースとか「しゃべくり007」とか「SMAP☆SMAP」とかをダラダラ観て、NHKの「サラメシ」。

 この番組は欠かさず観たいのだが、ついつい見落としてしまう。

 他人が何を食べているか、とても興味のあるところだが、「ランチ」を通していろんな人の人生の断片を見せてくれるのが、この番組のいいところだ。

 で……。

 地道に仕事に励む人たちの生活を見ていると、しみじみと反省してしまう。おれの人生、間違ってたんじゃないのか?これでいいのか?と。

 モノカキというのは浮き草稼業で、水商売や芸能人に似ている。しかし、昔の「無頼派」文士は今や殆ど絶滅している。それは芸能界も同じだろう。破天荒な人生を送るのがスターだった時代は終わって、小市民としての範疇の中で生きないと芸能マスコミに攻撃されて干されてしまう。

 浮き草稼業だけど、地道さが要求される。水商売だって、お店を経営するには地道な努力が必要だし、ホストやホステスを続けるのも地道な努力が必要だろう。芸能人も同じ。芸を磨く努力も営業する努力も必要で、それはすこぶる地道なことだ。それを見せない芸能人はカッコイイのだが。

 その意味で地道さは必要不可欠なのだが、浮き草稼業とはよく言ったもので、浮き沈みが激しいからなあ。地道にやっているからといって安定した成功が保証されるわけではないし。

 しかしまあ、この前、「アオイホノオ」最終回を見終わった後、マジにこれまでの半生というか「3/5」を振り返ってみたが、この人生しかなかったんだよなあ、とは思う。

 他人の人生はごく一部だけ切り取れば「隣の芝生は青い」んだしなあ。

 新刊を出せば注目されて売れる作家には、注目される分、厳しい目が注がれて厳しい書評や意味不明のアンチが湧いてくるだろうし、常にヒットを飛ばさなければいけないプレッシャーもあるだろうし。道尾秀介氏は「売れる売れないは関係なく、書きたいもの、納得出来るものを書きたい」と言っていたけど、それは一定量以上売れているから言えることなのであって……。

 いろいろ考えると、我々の場合、新刊を出しても書評も出ない分、それだけ自由にやれるわけで、実際、かなり自由にやらせて貰っている。

 以前、「悪漢刑事」を書く直前は、書いていた官能小説もあんまり売れないし、官能小説はジャンル小説としての厳しい条件があって、それに合うものを書くのがだんだん窮屈になっていて、悶々としていたなあと思い出す。

 ちょうどその頃読んだ「フリッカー」という恐るべき小説の恐るべきラストに戦慄して、(ネタバレになるのでこのくだりは削除)……な主人公と自分がWってしまって、夜中に身悶えしたもんなあ。

 それが、イチかバチかで書いた「悪漢刑事」が売れてくれて、一挙に自由になれた。これは本当に有り難かった。

 人生ってそういうもんなんだろうなあ(どういうもの?)としみじみ思う秋の夜であった。

 で、風呂に入って、Macの前に座り直して、「第3章」の流れを確認して頭に入れて、明日から書き出す準備をして、0時前にベッドへ。

 寝転んでiPhoneでしばらくニュースを読んで、0時過ぎに就寝。

 そろそろ毛布1枚じゃ寒いなあ……。

今朝の体重:91.00キロ

本日の摂取カロリー:1499kcal

本日の消費カロリー:日常生活+23kcal/539歩+38kcal(自転車)

2014年10月 5日 (日曜日)

雨降りなのでチケットを買ってあったがコンサートに行くのを止めて部屋で仕事したが……

 7時前起床。

 雨。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ。トースト1枚にゆで玉子、牛乳。

 コーヒーで目を覚まして、仕事開始。もう遅れまくっている「第2章」、絶対に今日中にあげるぞ!

 今日は14時から、地元で開催される「柳原音楽祭」がある。前売りを買ってあるのだが……雨がなあ。

 ここ数年、ネコの気持ちが乗り移ってきたようで、雨が凄く嫌いになった。降らないと困るのはよ~く判っているのだが、雨の日に外出したくない。雨で濡れるのが凄くイヤ。

 仕事で出かけなければいけないときは仕方がないと諦めるが、そうじゃない時は、なるべく外出を回避したい。

 で……。

 チケットも、1枚3000円とかする場合なら、頑張って出かけるが、今回は1枚700円。でも、地元の人が総出で準備する完全「手作りコンサート」だからなあ……。

 去年は桐朋学園のオケが「春の祭典」を力演して、それはそれはエキサイティングでスリリングで、大興奮の凄いコンサートだった。今年はポピュラー路線で、地元のオケが「白鳥の湖」とかの名曲を演奏する。

 会場まで自転車で行くと、びしょ濡れになってしまう。歩いて行くと結構遠いし、これまた足元がびしょ濡れになって、音楽を聴く状態ではない。

 う~ん。

 

 しかし雨は横殴りに降っているし、レーダーを見ても雨足が弱まる様子はない。

 相方に電話で相談して、今日は行くのを止めることにする。主催する人たちには申し訳ないが……。スカスカの会場を想像すると、本当に申し訳ないけど……雨に濡れてまで行きたくなかったので……。

 コンサートの前に昼飯を食う予定だったが、コンサートをキャンセルしたので、メシをどうしよう。

 ご飯を炊けばおかずはあるが……。

 ドミノ・ピザが50%引きなので、ピザを取ることにする。

 しかし割引が効くのはLサイズで3000円以上のものが対象。まあ、量が多ければ残して、夜また食えばいい。

 ということで、「クワトロ・リストランテ」のLと、コーラとサラダを注文。

 40分後に到着。早速食う。

 これは「ウルトラ・クリスピー」で、なんというか、もんじゃ焼きの端っこの「パリパリ部分」みたいに薄い生地。だから、サイズはでかいがどんどん食える。トッピングされているのはサラミとかトマトとかバジルとかチーズとか、普通のものだけど、なんせ生地が極限まで薄いので。ハンドトスの分厚いピザはカロリーも高いし食い切れないよねえ。

 一気に全部食べてしまった。美味い。

 そうこうしていると、14時。ネットを経由してNHK-FM「きらクラ!」を聴く。

 今回は公開収録。

 クラリネットの名手の音色に聞き惚れる。

 ふかわりょう作詞作曲の楽曲を、ふかわのピアノ、遠藤真理のチェロ、名手のクラリネット、ゲストのソプラノという豪華メンバー(「きらクラ!オケ」を結成して公開収録の時に演奏しようという話は前からあったが、こういう形で実現したのね!)。

 それと、おれの投稿が読まれた。これまで数回読まれたことはあるが、今回はたぶん読まれないだろうと思っていたので、凄く意外で凄く恥ずかしかった。

 

 聴いている間は、手はお休み状態になってしまった。

 16時に終了し、仕事再開。

 17時ごろにやっと、「第2章」を終える。

 見直して、相方に送る。

 やれやれ。

 しかし今月は中編と長編のゲラが来て、月末〆切の中編を書きつつ、角川長編も脱稿しなければならない。ネジを巻かねば!夏も終わったんだし!!

 とは言いつつ、休憩。

 ニュースを見るが……なんか、心が潰れることばかり。

 だんじりが神社の手水処に激突して手水処が潰れて一人が亡くなってしまった。お祭りでこういう惨事になるのはねえ……。

 佐世保の「殺人少女」の父親が自殺。この事件も、なんか、全員が気の毒で……。

 正直、香港やエボラ出血熱のことまで気が回らない。

 台風は接近中。

 どこか南の小さな島でのんびりゆったり暮らすのが夢だが、台風が来たり大地震で津波が来たら、島って逃げ場がないなあ、と思う。

 この世に、完全な楽園って、ないのね。

 まあ、「完全な楽園」があるとしても、生活するためのカネがなければ楽園は維持出来ないのだが。

 腹が減ってきて、ラーメンか何か食べたいのだが、今、出前を取ると、「軍師官兵衛」の最中に届くことになってしまう。

 「官兵衛」が終わってから食うと、時間的に遅すぎる。かと言って、この雨の中、メシを食いに出るのは、雨でコンサートをキャンセルしたのに筋が通らない。というか、やっぱり濡れるのはいや。

 食パン1枚と牛乳で凌ぐ。

 で、「軍師官兵衛」。

 いやもう、官兵衛と石田三成の対立。どっちも陰性人間同士だから、見ていて嫌になってくる。どっちかが秀吉みたいな陽性なら気分もスッキリするのだが、三成がまた陰険姑息(に、描かれている)だからもう……。

 しかし、北条氏と和議を結んだのに、あとから条件を変えるなんて、許されることなのか?このあとの戦後処理って、どうなったのだろう?

 風呂に入ってから、雨の中、ゴミ出し。明日の朝は嵐だから今夜のウチにと思ったのだが、傘を差してもかなり濡れた。

 録画してあった「先輩ROCK YOU」を見る。「人気直木賞作家・道尾秀介&辻村深月」。連載の原稿は最終回まで先渡し、〆切より早く原稿を渡す、〆切に遅れたことはない、と。ホンマかいなと思ったら、〆切を勘違いしていたり「殆ど書けてます」と言いつつその実「1行も書いていない」とかの、あるあるネタも。

 文体の違いとか、なるほどねと思う。登場人物が勝手に動き出す、というのもよく判る。

「自分の世界を書きたい。それが売れたら嬉しいけど」

 ってセリフ、言ってみたいねえ。おれたちの場合、売れるか売れないかが先決だからなあ。でも、何が売れるかって、判らないからなあ。売れる物を書こうと思っても、思惑通りには売れないし、思い切り書いたら逆にバカ売れしたりするし。

 日テレの特番などを見て、23時過ぎに就寝。冷蔵庫にあるビールとかを飲もうかと思ったが、寝る前に飲んでドキドキしちゃって眠れなくなるのがいやなので、結局、麦茶を飲んで、寝る。

今朝の体重:91.20キロ

本日の摂取カロリー:1730kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 2014年9月28日 - 2014年10月4日 | トップページ | 2014年10月12日 - 2014年10月18日 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト