« 仕事プラスワン | トップページ | 仕事して、「きらクラ!」を聴く »

2015年1月10日 (土曜日)

仕事をして、日大芸術学部校友会新年顔合わせ幹事会へ

 8時起床。

 やっぱり7時間睡眠がおれには必要。

 快晴。

 今日は、母校・日大芸術学部校友会の新年顔合わせ幹事会に行くので、それまでに連載原稿の大半を書かねばならない。

 朝のモロモロも早々に……と行きたいところだが、キッチンの幸福の木が、花が枯れて種になり、ぼろぼろと床に落ち始めた。

 これ、掃除機で吸っても吸っても際限なく落ちてくる。花は90%ほど咲き終わったので、もう花として本懐は遂げ、思い残すこともなかろうと判断して、花が咲いた枝を切り落とす。年末に蕾ができはじめてお正月に開花して、三が日で満開状態になっていた。

 ずっと強烈な香りと垂れ落ちる蜜に悩まされたが……もういいでしょう。

 一応、ゴミとは別にして単独でレジ袋に入れておいた。

 録画してある「タモリ倶楽部・空耳アワード015」をもう一度見る……と、仕事部屋兼リビングの床がざらざら。もしやと思って見ると、昨夜寝る前に掃除をした、本だしの顆粒が、リビングのコーヒーテーブルの下に!くーたんは本だしのスティックを咥えて広範囲にまき散らしたんだな。

 掃除機を広範囲にかける。

 牛乳を飲んで仕事開始。

 がしがしとやる。

 お昼にブランチ。

 餅2つを入れたお雑煮と、圧力鍋で炊いたご飯で玉子かけご飯。お雑煮のお汁だけでお代わり。キュウリの漬け物が白くなり始めていたが、構わず食ってしまった。おれはこんな程度で体調が悪くなるほどヤワじゃないぞ。

 仕事再開。

 15時過ぎに、キリのいいところまで書けた。50枚。昨日が15枚だったから、相方のメモがそのまま使えるところが多かったとは言え、今日はかなり頑張った。

 ここまでを相方に送信して、風呂に入る。

 パーティなので多少のおめかし。と言ってもアスコット・タイをする程度。普通のネクタイにしなかったのは、カッターシャツの襟廻りがキツかったから。

 普段穿かない少し大きめの靴を履いて、少し早めに外出。

 パーティってオードブルばかり並んでいるので夕食代わりにはならないだろうから、帰りに桂花に寄って、久々にターローメンを食べてやろう。

 ということで、少し早めに会場の池袋ホテル・メトロポリタンに到着。クロークにコートとカバンを預けて宴会場へ。

Img_1781

 卒業年次の幹事になっての初仕事がこれ。

 でもねえ、知ってるヒトは皆無なんだよねえ。

 学生時代に筆舌に尽くしがたいほどお世話になったM教授(当時は助手だった)が、映画学科の諸先輩のところに連れて行ってくれて、ご挨拶。

 56のおれが、ここではピカピカの新人。大先輩たちに平身低頭。マジにおれなんかペーペーもいいところ。

 しかしこれ、意外というかなんというか、とても居心地がいい。思い返せば助監督時代、その頃の東宝撮影所は新人を全然採用していなかったので、スタッフは全員中年以上。老人が重いライトを運んでいたり。そういう現場に入ると、おれは圧倒的ド新人なので、宴会の席ではもう、自分が飲み食いするヒマもなく、「お運びさん」に徹するしかなかった。

 30過ぎて官能小説でデビューした時も、周囲はベテランや巨匠ばかり。完全なペーペーだった。

 そんなこんなで、ずーっと新人か新人もどきの気分でやって来た。年齢やキャリアは追い越せないから、この序列は一生続く。

 だけど……いつのまにか中堅になっていた。映画の現場でもフォースやサードから1つ上に上がったし、小説の世界でも20年もやってれば後輩も出てきた。

 その「中堅」という位置は、中途半端でひどく居心地悪かった。というか、今でも悪い。いや、偉そうにしたいとか威張りたいというのでは決してない。新人の気持ちで腰と頭を低くしている方がいろいろと世渡り的にはラクなのだが、こっちも自我が芽生えてくるし、物理的にはいつまでも新人というトシでもないし、慣れてくればいろいろ態度もデカくなって……。

 まあしかし、大先輩(面識なし)にペコペコしていると、なんだか若返った気分で、これがヒジョーに心のリフレッシュになった。マゾってことかもしれないけど。

 最近は、先輩ばかりがいるパーティには殆ど顔を出さなくなった(乱歩賞のパーティが唯一)ので、余計にそう思うのかも。

 こういう場には定期的に顔を出して、新人の時の気持ちを忘れないようにした方がいいのですな。

 ある大先輩と親しくお話をさせて戴いた。その大先輩も日活アクションの大ファンだというので意気投合。黒澤を熱く語るより、日活アクションを熱く語る方が盛りあがるのはどうしてだろう?

 そういや朝日の土曜版に「蜘蛛巣城」が特集されていて、この作品まで黒澤組のプロデューサーを務めていた本木荘二郎の人生に焦点が当たっていた。

 黒澤明が死んで、徐々にそのダークサイドも明らかになりつつあるが、黒澤明を支えたのは本木荘二郎だった。その本木が東宝を去り、黒澤プロができて「独立採算制」となった。この部分、もっと突っ込んで研究する人は出て来ないものか?

 そういや、正月明けの朝日朝刊に、伊東四朗のインタビューが載っていて、てんぷくトリオで売れてきた1968年、三波伸介や戸塚睦夫の影に隠れていた伊東四朗を、正月の記事の中で市川崑がいち早く高く評価して、それが物凄く励みになったと。この話はあちこちで話しているから、伊東四朗をフォローする者なら誰もが知っていることだが……改めて、市川さんの慧眼というか、アンテナの広さというか、柔軟さを思い知った。まあ、黒澤さんも所ジョージを高く買っていたし……高名な映画監督はタレントの活躍をかなりチェックしているのだ。

 ビンゴの時間。おれはこういうののくじ運は極めて悪いので、ロクなモノが当たらないのだが、今回は意外に早く一列が完成してしまった。しかし……逆にバツが悪い。新参者は謙虚にしておこう。

 というわけで、高級なお酒は遠慮して、北海道の銘菓「白い恋人」を貰った。

 20時でお開き。二次会の案内があったが、おれは予定通り、池袋西口にある桂花ラーメンに向かう。

 途中で、知らない先輩に「二次会は?」とお誘いを受けたのだが丁重に辞退。

 で、西口の猥雑な飲み屋街の中にある桂花ラーメン。

 以前は柏や立川にもあって、頻繁に食べていたのだが……ここ数年はご無沙汰だった。豚の角煮と生キャベツと太麺の醸し出すハーモニーがなんとも絶品だったのだが……。

 あれ?久々に食べると、ちょっと驚き。こんなものだったっけ?

 先日のワッパーといい、久々の味には期待が大きすぎるのかな?こんな程度だったっけ?もっと圧倒的な美味さがあったはず……。

 おれの舌が肥えてしまったのか、味覚が変わってしまったのか、好みが変わってしまったのか……。

 

 21時過ぎに帰宅。

 パーティで2時間立ちっぱなしで、少し大きめの靴で歩き回ったので、疲れた。

 TBS「新情報7デイズ」を見る。

 パリのテロ事件。日本の報道で判断する限り、イスラム教指導者は、こういう過激思想に基づくテロについて何の声明も出していないとしか思えないのだが、昨日の日記にコメントがついて、「エジプトとサウジの指導者がテロを非難する声明を出しています。フランス国内でもイスラム教団体も同様の姿勢です」とご指摘を受けた。

 フランスのオランド大統領は、「イスラム教と過激思想は別」と早くから声明を出していて、イスラム教徒への攻撃をするなと言っている。国内に多くのイスラム教徒を抱えてる以上、宗教対立は防がなければならないし、本来のイスラム教はテロを奨励するような宗教ではないはずだ。

 ただ……イスラム過激派と言っても「イスラム国」「アルカイダ」「ボコ・ハラム」は微妙に違う。

 そして、スンニー派の指導層は、「イスラム国」が起こしている一連のテロについて「バカなことは止めろ」と指導力を行使しているのだろうか?エジプトはスンニー派が多数だが……「イスラム国」に影響を及ぼせるイラクのスンニー派指導者の動向は?

 日本の報道を見る限り、放置放任の状態のように思える。アルジャジーラとか海外のメディアをチェックしなければ、正しい情勢は掴めないのだとしたら、日本のマスコミってポンコツだと思う。って、今更ナニを言ってるの、と言うことだと思うけど。

 で、「まあ歴史をみると過去にキリスト教徒がどれだけ悪さをしているかわかりますし」ともご指摘を受けたが、それは同感。過去、イスラム世界に対してキリスト教世界がどんな非道を尽くしてきたか。十字軍以降は、キリスト教が、というより、英国やフランスといった列強が支配して植民地にしたわけだから……。

 で、おれのような、中東の歴史や情勢に関しての素人は、どうすれば正しい知識を得られるのだろう?勉強すればいいんだけど、世の中の森羅万象について専門知識を勉強するのは大変だし……。しかし、アメリカのマスコミだって、中立公平みたいな顔をしているが、その実、アメリカ政府の対外方針にべったりなことは、鳩山政権の時の態度でよく判ったし、BBCだって中東に関する報道にバイアスがかかっていないとは言えない(かかってるかどうかすら正しく判断できないんだけど)。やっぱり基本から勉強するしかないのだろうなあ……。

 0時頃、就寝。

今朝の体重:88.65キロ

本日の摂取カロリー:1780kcal+α(パーティでのものが算出できない)

本日の消費カロリー:日常生活+207kcal/5069歩

« 仕事プラスワン | トップページ | 仕事して、「きらクラ!」を聴く »

コメント

http://www.amazon.co.jp/%E6%B1%A0%E4%B8%8A%E5%BD%B0%E3%81%8C%E8%AA%AD%E3%82%80%E3%80%8C%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%80%8D%E4%B8%96%E7%95%8C%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E6%81%A5%E3%82%92%E3%81%8B%E3%81%8F%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%95%8F%E9%A1%8C-%E5%AD%A6%E3%81%B9%E3%82%8B%E5%9B%B3%E8%A7%A3%E7%89%88%E7%AC%AC4%E5%BC%BE-%E6%B1%A0%E4%B8%8A-%E5%BD%B0/dp/404731384X

池上さんが入門書を出しています。
彼は現地取材も行っています。テレビの解説でも公平な立場からコメントされていました。
日本のメディアは、こと海外報道について日本人が関わっていない限り大きなニュースで取り上げない傾向にあります。飛行機の墜落事故でも必ず「日本人はいない」と伝えます。
私もイスラムについて勉強しようと思っています。

ブル八さま:ご教示、有り難うございます。早速、注文しました。基本的なことすら知らないくせに、あれこれ言うのは愚の骨頂だと思いますので、少しは勉強しなければ、と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60955443

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事をして、日大芸術学部校友会新年顔合わせ幹事会へ:

« 仕事プラスワン | トップページ | 仕事して、「きらクラ!」を聴く »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト