« 眼底検査異常なし・古紙回収ナシ・シンナー臭消えた・仕事進んだ | トップページ | 仕事して「地獄でなぜ悪い」を観た »

2015年1月24日 (土曜日)

耳鼻科・アジフライ・仕事・ラーメン

 7時過ぎ起床。

 晴れ。

 朝のモロモロを済ませると、10時を回った。

 先週、唾液の腺が詰まって膨らむ病気というかなんというか状態になったので近所の耳鼻科に行ったが、その翌日にはケロッと直ってしまった。

 一応、1週間、様子を見たが、悪化はしていないので、報告がてら、耳鼻科へ。

「大丈夫そうですね」

 ということで、終了。待合室に流れていた日テレのドキュメンタリーがとても気になったが、「NNNドキュメント’14 マザーズ 特別養子縁組と真実告知」だった。性被害を受けて妊娠してしまった子供を特別養子に出そうとしている女性と、別件で特別養子に出された「元子供」の女性が生みの母親を突き止めて、家のすぐ前まで行くが……というところまで見た。

 親子というのは、人間が一生背負う一番大きな問題だと思う。

 北海道の、鬼祖母とクソ母親を殺した女子高生には、医療少年院への入院という審判がくだった。そしてその姉は殺人幇助ということで書類送検された。この事件は、犯人の少女に深い同情をする。時間を掛けて、ゆっくりと心を癒して欲しいと思う。

 で。11時になったので、昨日も行った「キッチンエッグス」でブランチ。今日はアラカルトで「アジフライ定食」を食べるが、口開けの客だったので、油が温まっていないのでちょっと待ってくれとのこと。黒板を見たらスパニッシュ・オムレツが290円というので、それも頼む。

 トマトソースのかかった中身ぎっしりのしっかりしたスパニッシュ・オムレツだった。

 ほどなくアジフライも出来上がった。

 美味い。

 食べていると他の客も入ってきて、アジフライを注文していた。

 この店はメニューが豊富なので、また来て他のも食べてみよう。

 帰宅。

 相方から、「悪漢刑事13」のプロローグと第1章にチェックが入ったファイルが届いたので、読んでみる。

 直すより先に進みたいと思ったが、この直しなら、先に直して、この修正を踏まえた上で先に進む方がいいと判断。先に直すことにする。

 思うに、自分が考えていたのとかなり違う直しが何度も出ると調子が狂う。こっちもいろいろ先のことを考えて書いているので、その足元がすくわれる感じになって0から考え直さなければならなくなって、まったく先に進めなくなるのは、困る。そういうことを回避するために章割りを作っているのだし。

 しかし、考えている延長線上にある直しなら大歓迎。話が膨らむし登場人物にもモノトーンだったのがいろいろと色彩豊かになっていって、キャラクターが生きてくる。プロットや章割りがどんどん膨らんで豊かになっていくのは、書いていて楽しいし、小説を書く醍醐味を味わえる。

 ということで、午後はまるまる「第1章」の直し。これをやっておかないと「第2章」にも影響が出る。

 今回、作中に映画関係者が出て来るので、彼らが関った架空の作品を考える。で、我が師・市川崑の作品群のタイトルを参考に出来ないかとネットで調べていたら……「崑プロ」のサイトが見つかった。2012年から存在したのね。市川さんの重要なスタッフ、録音の大橋さん・撮影の五十畑さん・そしてプロデューサーの藤井さんへの突っ込んだインタビューがなかなかスゴイ(←リンク)

 映画については、そのへんの評論家が書いたものなんか読む価値ないが(ごく一部の、小林信彦さんや渡辺武信さんなどの鋭い人はもちろん除く)、現場のスタッフの体験談・回顧談は抜群に面白い。

 我々にとって、市川崑と和田夏十の創作法はお手本だ。藤井さんの話の中にある「だからやっぱり、お二人で作ったものは、どちらかが発想したものを気に入らない場合は、反論していって、それが最初の発想より良かった場合は、こっちでいこうということになっちゃうけれども」というのは、合作の基本だ。

 映画の場合、脚本は共同で書くのはデフォなのに、小説の場合は邪道のように言われたりするのが気にくわないし理解出来ない。まあこれはおれが映画出身だからかもしれないけど。

 名コンビと言われたワイルダー/ダイヤモンド、ワイルダー/ブラケットも、議論が沸騰すると喧嘩同然になったそうだが……。

 違う人間が違うアタマでやっているからぶつかるし、その結果、いいものになる。要は、メンツとか感情よりも「どっちがいいか」「どっちが面白いか」だけで判断できるかどうか、だ。

 で……。日本映画で撮影が素晴らしい作品ってなんだろう?と考えた。市川崑の作品はすべて素晴らしいし。黒澤明の作品も素晴らしい。仙元誠三さんが撮った映像は素晴らしいし、鈴木達夫さんも、宮川一夫さんも、川上皓市さんも……とずらずら名前が浮かぶが、強烈に記憶に残っているのは、「切腹」の宮島義勇さん、「約束」の坂本典隆さん、「砂の器」の川又昂さん。望遠レンズを使って距離感を圧縮した映像(「約束」)や自然を鮮烈に切り取った映像(「砂の器」)、そして、人間の極限を白黒のシャープな画面にこれでもかと刻み込んだ映像(「切腹」)……。

 いろんなことを考えていたら、いやあもう、映画屋の血が騒いで騒いで……。

 この思いを、「悪漢刑事13」にぶち込んでやろう。

 映画を扱った小説は売れないとよく言われるが、拙作「ざ・だぶる」は売れたんだよねえ。

 17時頃に直しは完了。これで、基本線で相方との意思統一は出来たんじゃないかと思う。これからは、先に進もう!

 腹が減った。

 自炊するにしてもおかずがない。

 最近、太麺のラーメンがモーレツに好きになったので、夜はラーメンにする。たしか北海道ラーメンの「ひむろ」が太麺だったはず。

 で、「ひむろ」へ。旭川ラーメンにする。それと餃子と半ライスも。

 美味い!

 やっぱりおれは太麺が好きだ!

 スーパーで明日の分の買い物をして、帰宅。

 

 相方に直した第1章と、書きかけの第2章を送る。

 で……今日はもう終了。かなり疲れた。

 テレ東の温泉巡り旅(2組が回りきれるか競う)を見て、「アド街ック天国」。広島・竹原。あの名作「時をかける少女」って、全編、尾道で撮ったと思い込んでいたが、かなりの部分を竹原でも撮ってたのね。

 しかし本当に、あの映画は素晴らしかったよねえ。思い出しても涙ぐんじゃうねえ。

 瀬戸内海に面した穏やかな街。いいねえ。いいところだねえ。こういうところで穏やかに年を取りたいねえ。(これはネットで拾った、竹原の静謐な街並みの画像)

01

 TBS「新情報7デイズ」も見る。たけしの滑舌、相変わらず悪い。

 後半はネットを見ながら。

 と、2ちゃんねるに妙な画像が幾つか出てきたが……後藤さん・湯川さん画像は、ネタが多くてどれがコラのニセモノなのかニワカには判らない状態。

 「ケータイ大喜利」を見ようとNHKにすると、臨時ニュースみたいなかたちで、「湯川さん殺害か」と報じている。TBSの番組でも、23時前から官邸に慌ただしい動きがあると報じていたが……。

 巨額の身代金を撤回して、ヨルダンが捕らえている囚人の解放を条件にしてきた。だから安倍はヨルダン国王と電話会談をしたのか……。

 この件、ネットでは「身代金なんか払うな」「払うなら自腹で払え」という声が多くて嫌になる。それに悪趣味なコラに、マネ画像。こういう画像にイスラム国の連中が呆れているらしいと言う情報もあるが……いっそ「イワンの馬鹿作戦」を発動してもいいかもしれない、とか思ってしまった。日本人を捕まえて脅迫しても、ボケカスアホンダラな反応しか返ってこないので、「コイツらを相手にするのが間違っていた」と思わせる……。

 もしくは、「アラビアン・ナイト作戦」とか。女性不信の王様が、若い女性と一夜を過ごしては殺していたのを止めさせるため、シェヘラザードが自ら王の元に嫁いで毎夜、王に興味深い物語を語る。王は続きの話を聞きたいがために二百数十夜に渡ってシェヘラザードを生かし続け、ついに殺すのを止めさせるというのを、今……って、不謹慎ですよね。申し訳ない。

 1時就寝。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2540kcal

本日の消費カロリー:日常生活+44kcal/1142歩+71kcal(自転車)

« 眼底検査異常なし・古紙回収ナシ・シンナー臭消えた・仕事進んだ | トップページ | 仕事して「地獄でなぜ悪い」を観た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61029637

この記事へのトラックバック一覧です: 耳鼻科・アジフライ・仕事・ラーメン:

« 眼底検査異常なし・古紙回収ナシ・シンナー臭消えた・仕事進んだ | トップページ | 仕事して「地獄でなぜ悪い」を観た »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト