« 仕事と雑用と健康と | トップページ | (ほぼ)仕事のみ »

2015年1月17日 (土曜日)

顎下腺唾石症&快楽亭の録音で大失敗

 7時過ぎ起床。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませて、近所の耳鼻科へ。

 病院は混んでいるけど、個人医院はさほど待つことなくて、いいなあ。

 触診の後、自分でネットで調べたのと同じ、「顎下腺唾石症」のようだった。

Gakkasen

 

 まあ大事ないので様子を見ましょうと言われて、炎症の薬を処方された。

 ネットで調べると、手術となると全身麻酔になってかなりオオゴトになる……。1週間とか入院したら、くーたんのことが心配だ。まあ、旅行したと思ってキャットシッターさんに頼めばいいんだけど。

 

 ブランチは、コンビニで買ってきた青椒肉絲丼とビーフン。

 で、仕事開始。引き続き、「悪漢刑事13」の第1章。

 今夜は快楽亭の録音があるので、録音専用に使っているPowerBookG4を取り出す。今でもこれを使ってるヒトって……たぶん居ないだろうなあ。しかし、録音マシンとしては現役で使える。余分なソフトを入れていないので、内蔵HDDは空いているから長時間録音も平気だし。

 動作テストのために電源を入れて立ち上げて、録音ソフトの「ひるの歌謡曲」(本来はラジオ番組を録音するために開発されたらしい……Mac版はすでに終了)を立ち上げたら。

 落ちてしまった。その後は、再起動もなにも、うんともすんとも言わなくなってしまった。

 PowerMacG4、ご臨終。

 仕方がない。もう10年近く使って来たのだ、いずれこの日が来る事は判っていた……。

 幸い、うちには、相方に渡すつもりのMacBookPro17がある。これにはマスタリングで使っている「GarageBand」が入っているから、これで録音すればいい。

 一応、録音セットを並べて接続して、問題なく録音できるかどうか、テスト。

 まったく問題なかったので、MacBookPro17を持っていくことにする。というか、これは「GarageBand」で録音からマスタリングまでやってしまおうというテストを兼ねている。PowerBookG4では処理速度が遅くて、「GarageBand」を使うと録音ファイルの保存にエラく時間がかかってしまう。以前、「ひるの歌謡曲」が何故か使えなくなった時に代用したら、中入り前の2席のファイルを保存するのに40分くらいかかってしまって、お客さんを物凄く待たせてしまったという大失態をしでかしたことがあった。

 しかし……このMacBookPro17はいずれ相方の手に渡ることだし……次のことを考えておかねばならない。

 iPadを使う事は以前から考えている。しかしアナデジ変換をするサウンドプロセッサーはUSBバスから給電する方式が多い。これがネックでiPadでは使えない。外部電源のものは幾つかあるし、ヤマハとかタスカムのものはミキサーと一体になっているので荷物が減るが……高い。ならばいっそ、レコーダーも一体になったヤツはどうだ?こっちはもっと高い。

 それに、今使っているヤマハのミキサーをどうする?余っちゃっても使い道がない。ヤフオクに出すか?誰かにあげるか?

 などなど考えつつ、ダメモトでもう一度PowerBookG4を起動させてみたが……思い付いて、電源アダプターを繋いで起動させてみたら……見事復活!

 起動しなかったのはバッテリーが死んでいたせいだったのだ!以前は起動テストくらいの時間は作動したのだが、ほぼ死んでしまったのね。

 しかし今回は、不安定なので、持っていかず、MacBook Pro17を持っていくことにする。

 てなことをやっていたので、仕事はあまり進まず。書き始めたら進んでいたので惜しかったのだが……。

 Mac以外の録音機材一式をリュックに詰めたので、モーレツに重い。15キロくらいあるんじゃないか?

 自転車で京成千住大橋へ。

 京成上野から歩いて、上野広小路亭。

 楽屋を覗いたら師匠もブラ坊くんもいない。

 上の階のドアを開けたら、落語をやっている。あれ?昼の部が押してるのかな?以前17時に来た時、昼の部の芸協の高座が続いていて、楽屋には笑福亭鶴光師匠がいたことがあった。

 が、高座に上がっているのはブラ坊くんで、客席には快楽亭の師匠が。「たがや」の稽古中だった。

 稽古をしている時の快楽亭は、厳しいが優しい。丁寧。まるで別人のようにキッチリしている。と、素人には感じる。以前、他所のお弟子さんが習いに来て、その稽古をちょっと見たのだが、師匠の優しいこと優しいこと。ちょっと感動してしまった。

 稽古中なので、袖で控えていた。

 もっと大きな噺をやれとブラ坊くんを叱咤していたので、それにブラ坊くんが答えたんだろう。師匠はブラ坊くんを凄く買ってるし評価してるんだから。

 と言うことをブラ坊くんに言ったら「ホントなのかなあ」と信じてくれないが、今まで見聞きした中ではブラ坊くんを師匠は一番買ってるし、愛しているのは間違いないぞ!

 録音準備はものの10分で完了。手際はどんどんよくなるなあ。

 しかし……。この後、戦慄が待っているとは、この時点では知る由もない。

 ブラ坊くんの前座が終わり、快楽亭の高座。

 本日は、

「居残り左平次」*

「五人廻し」(本寸法)

~中入り~

「突き落とし」*

「文違い」

 で、「*」のネタをCDにする。

 「居残り左平次」までは問題なく進行。

 「五人廻し」も問題なく終わると思ったら……ラスト1分のところで、何故か録音が終了してしまった!ここまでで90分を超えていたが……何故?

 「GarageBand」は90分以上を1ファイルとして扱えないのか?

 まあ、「五人廻し」はCDにしないから、まあ、いいか。

 ファイルの保存もあっけなく完了。

 で、後半。

 「突き落とし」が半分まで来た時、「ディスクがいっぱいです」みたいな警告が英語で出て、録音が途切れてしまった。

 慌ててなにかを操作したら、再開した(ように見えた)。しかし5~10秒ほどは飛んでしまったはず。

 これは……師匠に謝罪しなければ。

 引き続き、「文違い」。

 こういう事があったから言うのではないが、今夜の文違いは、とても面白かった。今まで聞いた「文違い」の中でも1,2を争う出来ではないか?

 だから、「突き落とし」の代わりにこっちを……。と思ったのだが……。

 録音がすべて終了して、保存の時にまたもトラブル発生。

 結果として「突き落とし」でトラブった箇所以降の録音は出来ていなかった。もしくは、保存は出来なかった。

 この日の録音で、使えるのは「居残り左平次」だけ。

 快楽亭にはまた奥飛騨温泉旅行に誘われたのだが、逆におれが一席設けてお詫びしなければならない。

 思い起こせば、快楽亭の高座を録音するようになって久しい(大動脈解離の前からやっているから)が、録音ミスしたことはこれまでに2回。

 一度は大黒屋での「天丼付き落語会」で、おれも天丼を戴いたのだが、なぜかPowerBookG4が作動しなくなって、録音できなかった。アレは今でも不思議で、特殊な磁場が大黒屋にはあったとしか思えない。

 そして、浅草木馬館での録音で、ファイル名を全角でつけて保存したら、何故か保存に失敗してファイルが消失してしまった。

 そしてこれは快楽亭の録音ではないのだが、頼まれて林家正雀師匠の会の録音をした時、PowerBookG4のバッテリー・トラブルが原因で、録音が出来なかった。これが今でもハッキリ覚えている三大トラブルだったのだが……それが4つになってしまった。しかも、今回は原因がよく判らない。たぶん、「GarageBand」を生録音に使うのが初めてだったことが大きな原因だろうと思うし、それしか考えつかない。

 しかし、おれのせいであることには間違いない。

 しょんぼりしてしまったが、腹は減る。

 太麺のラーメンが食いたかったので、事前に調べておいた、アメ横入口付近にある店に入って「東京トンコツ」と店のセット(餃子と半チャーハン)を食べたが、どれも美味くない。ガッカリ。まあ、もちろん、おれの心境がこうだから、ナニを食っても美味くなかったのかもしれないが。

 帰宅して、取り急ぎ、録音データをチェック。やっぱり、中入り後の2席はダメ。特に「文違い」は存在すらしない。

 あ~あ。

 しかしこれも、バックアップがあれば問題なかったんだよなあ。バックアップに使っていたMDレコーダーは壊れてしまって廃止したけど……用意しておくべきだろうなあ。その意味で、iPadでなんとかやれるように工夫してみるか……。

 「居残り左平次」は大丈夫か、チェックする気も失ってしまった(たぶんデータの分量から考えて問題ないだろうけど)。

 くーたんにご飯を出し、風呂に入って、0時就寝。

今朝の体重:88.80キロ

本日の摂取カロリー:2254kcal

本日の消費カロリー:日常生活+96kcal/2590歩+45kcal(自転車)

« 仕事と雑用と健康と | トップページ | (ほぼ)仕事のみ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60992268

この記事へのトラックバック一覧です: 顎下腺唾石症&快楽亭の録音で大失敗:

« 仕事と雑用と健康と | トップページ | (ほぼ)仕事のみ »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト