« 正月二日は思いっきりテレビ三昧 | トップページ | ずるずるとテレビを観てしまった »

2015年1月 3日 (土曜日)

初詣part2&NHKニューイヤーオペラコンサート

 8時起床。

 爆睡。

 今日はちょっと遠出して初詣PART2に行こうかと思ったが、8時に起きたんじゃあ間に合わない。筑波山神社は山道1本なので交通渋滞が心配だし、水戸の常磐神社は正月はバスが運休なので行き帰りを歩くのはしんどいのでパス。

 で、馴染みの神社、東武野田線(意地でもアーバンパークラインなんて名称は使わない)の豊四季にある駒木諏訪神社に行く。

 朝のモロモロを済ませて日記もアップして、外出。

 駅でソバでも食べたかったが、我慢。

 11時に豊四季着。

 いつもはさほど人出がないところだが、今日はやっぱり凄い。この辺では一番大きくて立派な神社だもんね。

 思えば、東日本大震災の直後にここにお参りに来たとき、参道の燈籠が倒れていて、その後何度も来たが、しばらくそのままだった。石造りだから、なかなか修復できなかったのだろう。持ち上げるだけでも大工事だもんね。

Img_1772

 すでに長い行列があって、最後尾についたが、どうも妙な感じ。

 前を覗くと、手水処への行列だった。その先に参拝の行列がある。

 まあ、時間もあるし、ゆっくりしきたりに従うのもいいか、と思ったが、年を取ってくるとせっかちになるので、手水は省略して、参拝の列に並び直す。

 およそ15分くらい待って、順番が来た。おさい銭を奮発して手を合わせる。

 その後、御神水を戴いてから、おみくじを引く。

 やったぜ!大吉だ!

 もしかすると大吉しか入ってなかったりして……でもまあ、嬉しい。正月早々、大凶を引いたらショックだよねえ。浅草寺では多くの人がショックを受けてるんじゃないか?

 広い境内を散策して行列を見ると、手水処に行く行列はなくなって、参拝待ちの列に1本化されていた。

 神社の入り口に並んでいる縁日の屋台で「大阪焼」を食べる。お好み焼とどう違うのか判らないが、美味かった。

 で。

 JR柏駅まで歩いて駅周辺でラーメンでも食って帰ろうかと思ったが、歩くと50分はかかるとiPhoneのマップが言うので、断念。いつものようにつくばエクスプレスの「流山おおたかの森」駅まで歩くことにする。

 歩くこと19分で、到着。この辺も、里山が完全に壊されてマンションが建ち並んできたなあ……可愛い里山があったのになあ。

 駅に続くフードコートにある「ラーメン花月」で。塩ラーメンと餃子を食ったが、まずかった。ラーメンはまあまあ美味かったが、餃子がいけません。

 つくばエクスプレスに乗って、14時前に帰宅。

 部屋に入ると、入り口にあるキャットツリーでくーたんがお出迎え。

Img_1773

 今夜は「NHK新春オペラコンサート」。せっかくなので風呂に入ってヒゲを剃って、身支度をしていると、すぐにでかける時間になってしまった。

 永谷園の梅茶漬けを食う。

 数年ぶりにアスコットタイを結んだが、結び方を忘れてしまったので、あれこれ試行錯誤。

 駅で相方と合流して、千代田線で明治神宮前へ。ここからNHKホールまで歩く。

 去年は代々木公園駅から歩いたら、えらく暗くて寂しい道だったので、止めた。こっちの方がいい。

 ゆっくり歩いても、すぐに到着。

Img_1774

 S席を買ったのに最後の列の左端の方だったのでがっかりしていたが、腐ってもS。全体が見渡せて、なかなか良い席じゃないの。

 生放送のためのコンサートなので、19時きっかりに始まる。

 「恋する喜び 恋する哀しみ」というテーマの演目は以下の通り。

○歌劇「ボリス・ゴドノフ」から「ボリス皇帝に栄光あれ」(ムソルグスキー作曲)合唱
○歌劇「トゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」(プッチーニ作曲)カラフ:西村悟、合唱
○喜歌劇「ジュディッタ」から「熱き口づけ」(レハール作曲)ジュディッタ:中嶋彰子、アルテ イ ソレラ舞踏団
○歌劇「ボエーム」から「冷たい手を」(プッチーニ作曲)ロドルフォ:望月哲也

○歌劇「ボエーム」から「私の名はミミ」(プッチーニ作曲)ミミ:砂川涼子
○歌劇「ファウスト」から「金の子牛の歌」(グノー作曲)メフィストフェレス:妻屋秀和、合唱
○歌劇「ファウスト」から三重唱「逃げろ、逃げろ」(グノー作曲)マルガレーテ:小川里美、ファウスト:山本耕平、 妻屋秀和、合唱
○歌劇「リナルド」から「前奏曲」(ヘンデル作曲) 鈴木雅昭指揮のバッハ・コレギウム・ジャパン

○歌劇「リナルド」から「風よ、旋風よ」(ヘンデル作曲) リナルド:藤木大地
○歌劇「リナルド」から「涙の流れるままに」(ヘンデル作曲)アルミーナ:臼木あい
○歌劇「リナルド」から「私は戦いを挑み」(ヘンデル作曲)アルミーダ:山下牧子 
○歌劇「道化師」から「鐘の合唱」(レオンカヴァルロ作曲)合唱
○歌劇「道化師」から「衣装をつけろ」(レオンカヴァルロ作曲)カニオ:村上敏明 
○歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」から乾杯の歌「酒をたたえて」(マスカーニ作曲)トゥリッドゥ:与儀巧、ローラ:鳥木弥生、合唱
○歌劇「ヴァネッサ」から「冬はすぐそこまで」(バーバー作曲)エリカ:林美智子 
○歌劇「道楽者のなりゆき」から「夜よ、静かに」(ストラヴィンスキー作曲)アン:田村麻子 
○歌劇「リゴレット」から「慕わしい人の名は」(ヴェルディ作曲)ジルダ:幸田浩子

○歌劇「リゴレット」から女心の歌「風の中の羽のように」(ヴェルディ作曲) マントヴァ公爵:福井敬
○歌劇「リゴレット」から四重唱「美しい乙女よ」(ヴェルディ作曲) ジルダ:幸田浩子、マントヴァ公爵:福井敬、リゴレット:上江隼人、マッダレーナ:鳥木弥生
○歌劇「清教徒」から「命をかけて」(ベルリーニ作曲)リッカルド:堀内康雄
○歌劇「ディノラ」から「影の歌」(マイヤベーア作曲)ディノラ:森麻季 
○歌劇「愛の妙薬」から「人知れぬ涙」(ドニゼッティ作曲)ネモリーノ:錦織健
○歌劇「ジャンヌ・ダルク」から「森よ、さようなら」(チャイコフスキー作曲)ジャンヌ:藤村実穗子
○歌劇「椿姫」から乾杯の歌「友よ、さあ飲みあかそう」(ヴェルディ作曲)合唱

広上淳一指揮/東京フィルハーモニー交響楽団

司会:石丸幹二、高橋美鈴

 で、一番凄かったのは、「道化師」の「衣装を着けろ」だった。内容も劇的だが、村上敏明の絶唱に泣いた。

 ストラヴィンスキーの「道楽者のなりゆき」は題名だけは知っていたが聞くのは初めて。これは全曲聴いてみたい。というか、オペラとして観てみたい。

 錦織健といえばジョン・健・ヌッツォ。あれだけ華々しく活躍していたのに……何かで捕まったんだっけな、と調べてみたら、クスリで捕まっていたのね。ウィーンでのキャリアもダメになってしまったのかな?だとしたら、とても残念なことだ。

 一番後ろの席でよかったことは、補助指揮者が近くにいて、ペンライトを使って指揮をしていたのが見えたこと。オケピにいる指揮者が見えない合唱とかは、この補助指揮者を見るんだね。ヘッドフォンとかない頃はどうやってタイミングとかを合わせていたんだろう?

 しかし毎年似たような演目なので、「今年のテーマは二十世紀のオペラです!不協和音とメロディのない世界をご堪能ください!」ってのをたまにはやったらどうだろう?と思ったが、やっぱりダメかなあ?正月早々「ルル」はキツイか。でも、「ルル」はむせるような濃厚な官能が音楽で表現されていて物凄いんだけどな。鼻歌では絶対歌えないが、メロディがないとは言えないし、とても美しいんだけどなあ。

 原宿に戻って、表参道の「エッグスン・シングス」に行ってみたら、オーダーストップ直後だった。

 他に店は開いていなくて、原宿まで引き返すのもナニだし、246の沿道に何かあるだろうと思ったら……なかった(実はお好み焼屋があったのだが見つけられなかった)ので、表参道から半蔵門線に乗って帰ってくる。

 が、今月13日が〆切の「ジェイノベル」連載第4回目をどうするか、打ち合わせをする必要があったので、駅前の松屋が空いていたので入る。ミニ牛丼があったので、それを食べ、しばし打ち合わせ。話しているとプロットがまとまったので、それで行くことにする。

 23時30分ごろ帰宅。

 くーたんにご飯を出し、洗濯機を回す。

 録画してあるはずの「ローカル路線バスの旅」がきちんと録画できているだろうか、と見てみたら、録画失敗!これはデッキのせいではなく、おれの操作ミスだったようだ。

 あ~楽しみにしてたのに!これは再放送は抜き打ちでやるから、見落とす公算が大だなあ。

 2015年、初ガックリ。

 くーたんは、構って欲しいポーズをよくするが、その時構ってやらないと、「なんでツッコまへんねん!」とキレる漫才のボケみたいな反応をするのが面白い。

 1時就寝。

今朝の体重:89.40キロ(1日で89キロ台に復帰)

本日の摂取カロリー:1976kcal

本日の消費カロリー:462kcal/10580歩+88kcal(自転車)

« 正月二日は思いっきりテレビ三昧 | トップページ | ずるずるとテレビを観てしまった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60919838

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣part2&NHKニューイヤーオペラコンサート:

« 正月二日は思いっきりテレビ三昧 | トップページ | ずるずるとテレビを観てしまった »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト