« 初午祭でお酒を飲んでダウン | トップページ | やっと65%の回復…… »

2015年2月23日 (月曜日)

煮詰まって、ツキイチの病院に行ったり「デート」第6回を見たり

 8時前起床。

 雨。

 土曜日曜と休養を取ったので、体調は多少マシになってきた。

 まあ、ラストスパートを控えて、もうゴールが見えているのに、その寸前で足踏みしてしまうことは過去にもあったので、そう深刻には考えていない。けど、予備日を使ってしまった。

 トースト2枚にゆで玉子、コーンフレークの朝食を取り、仕事開始。

 

 しかし、なんか「イッパイイッパイ感」があって……「煮詰まった感じ」(誤用の方)がして、進まない。具体的に仕事に詰まったのではなくて、気分的なことの方が大きい。

 これはもう、書き上げてしまったら一気に解消されるはず。解消されなければ病院で検査を受けなきゃ。

 おれは無理をしないし、したくても根性がないから、出来ない。体調が悪くなったらすぐ医者に行くし。

 ああ、今日はアカデミー賞の発表なのね……。以前はカレーを作って、生放送を見逃すまいとリアルタイムで食べながら見たモノだが……。殆ど観てないもんなあ。というか、全然見てない。

 ビリー・クリスタルが司会なら見逃せないけど、最近の他の司会者はイマイチ面白くないしなあ。でも、トリビュートは、過去の作品や先人への敬意に満ちていて、見るのが楽しみなのだ。

 生放送は同時通訳だが、ボロボロなので(無理もない。みんな早口だし)夜の字幕版を録画して、後日ゆっくり観よう。

 昼になる。

 ツキイチの病院にそろそろ行かなければならない。今日の午後か明日の午前か木曜日の午後か夜か。あんまり押し迫ると病院には行ってられない可能性もあるので、今日行ってしまうことにする。時間的にも昼飯を食って病院に回れば、午後の診察時間にちょうどいいし。

 外に出たら、むわっと温かい。というか、暑い。春爛漫という感じ。厚いヤツを着てきたので、脱ぐ。

 先日食べて、すっかり好きになった、千住大橋にある「波」の塩ラーメン。今日は何も増量せず、ノーマルで食べる。

 美味い。大きな角煮が美味しい。麺も太麺で噛み応えがある。

 今度来る時は「中盛」にしよう。(「食べログ」の写真を無断借用させて戴きました)

Original

Original1

 上着を脱いでトレーナー姿で、そのまま自転車で、1駅先の病院へ。

 午後は空いていて、すぐ順番が来た。

 花粉症の薬、去年までのものはキツ過ぎて体調が悪くなったので、と訴えて、別の薬を処方して貰う。

 

 薬局に寄って、薬を出して貰う。薬剤師さんと話して、まだ余っている去年の分は、「予備」として取って置いて、今年の花粉症シーズンが終わったら捨てることにする。

 帰路、スーパーに寄って夕食用の弁当などを買う。

 帰宅。

 ちょっと休憩。

 アベ首相は、ヤジの件で「反省する」と答弁。ヤジの内容が事実無根だと判ったので、と。しかし嘘のヤジを飛ばしたことについての謝罪はなかった。まったくこれほど器の小さいガキみたいな品のない総理大臣も珍しい。

 ……と、農林水産大臣が辞任。この西川って人はかなりのやり手で、「農協改革」はこのヒトがいたから出来た、前任で後任の林氏は弱くてやれなかった、という話があるが……。

 

 デッキの内蔵HDD、なにか消せるものはないかと思って、昨夜の「ヨルタモリ」を消し、過去の「タモリ倶楽部」を消そうと思ったが、手製の凝りまくった電車シミュレーターの回があまりに凄い出来なので、小田急の回とともに残しておく。

 少し、寝てしまった。今回の疲れ方は特にひどい。華麗なる加齢なんだろうなあ。

 夕食の「1日必要な野菜の半分を取れる弁当」を食べる。肉野菜炒め弁当。しかし肉は1切れだけ。

 ちょっと足りないので、「10枚切り」の食パンでハムサンドを作って食べる。

 

 Macに向かうが、遅々として進まない。

 21時になった。

 フジテレビ「デート」を見る。

 新年の挨拶に藪下家を訪れた巧。今回は地味に展開するのかと思っていたら、前回に匹敵する、いや、前回を上回るドタバタ!

 このスラプスティックの切れ味が素晴らしく、用意周到で手数も多くて、そのつるべ打ちが素晴らしい。

 まったく夢のようなコメディ。

 コメディ好きなおれとしては、全盛期のビリー・ワイルダーやアメリカの傑作コメディを見ているようで、本当に夢心地。

 どうしてペットが蛇で、巧が作ったお雑煮の鍋に落下するんだよ~!

 鷲尾君の「わ!茹だってる!」にはもう腹がよじれた。

 しかも……その後、一転してしんみりして……最後は泣かせるじゃないの!

 こんな超絶技巧を繰り出すドラマがこれまであったか?あった。あったけど、ここまでウェルメイドな感じで作り込んで、「計算通り」に笑いと涙が炸裂するドラマはあったか?

 もう、ドラマ史に残る傑作。

 しかも、杏扮する依子が、回を追うごとに可愛くていじらしくて、切なく見えてくる。これも凄い。

 巧は一貫して「コラッ!」と言いたい存在だが……。

 島田宗太郎が暗躍しているのが後半戦の味噌だな。そして来週はさらなる驚くべき展開が!

 ドラマが終わって興奮冷めやらない時に、読者の方から「『デート』今夜も良かったですよね!」というメールを戴いたので、折り返し返事を書く。

 風呂に入る。

 と、最近のパターンだが、仕事のスイッチがようやく入って、だだだと書き進んで、一山越える。

 おれ、自分でも面倒なヤツだと思う。

 川崎の中一男子殺人の件、コイツが犯人だ!という顔写真が2ちゃんねるに出回っているが……。

 いろいろ友人の話が伝わってきた。島根の島から引っ越してきて、どういう経緯でか、同級生よりも年上の高校生と「一緒に行動」するようになったのは何故か?どうも、最初は「いい先輩」だと思えたのに、だんだんと「万引きしてこい」などと命じられるようになって、それに歯向かうと暴行を受けるようになり、仲間を抜けようとしたらいっそう激しい暴行を受けるようになった……と言う展開なのか?

 だとすると、とても痛ましい。親も、引っ越してきた都会の暮らしに慣れるので必死で、子供まで手が回らなかったのかもしれないし……。

 とにかく、痛ましい限りで、犯人を絶対に捕まえて欲しい。時間の問題だと思うが。

 頻尿が治まったと思ったら、下痢気味。特に悪いモノを食った覚えもないから、一連の体調不良の一環だろう。たぶん、すべて精神的疲労とストレスによるものであると素人の見立てをしているが……。

 「デート」第6回を、録画でまた見てしまった。かいつまんで。

 今回の演出は、三番手の人だが、巧い。リズム感とテンポが素晴らしい。

 巧がスティーブ・マックィーンの話になって「何と言っても『ブリット』でしょう!それも見てないでマックィーンを語るなんて」と鼻先でお父さんを嗤うところなんぞ、映画オタクの嫌らしさ全開で素晴らしい!「大脱走」だって「荒野の七人」だって面白いんだけどね。「卒業」を見てるところは、音が無い。本編を使うと使用権が高いから無音で処理したんだろうけど……言わんとするところはよく判る。あの映画はラストの二人の不安そうな表情カットが秀逸なのだ。マイク・ニコルズの演出家としての凄さが伝わる強烈なカット!それを巧く使うんだから……古沢良太、凄いなあ。弟子入りしたい。もっと若ければ絶対に弟子入りしていた。

 ただ、この凄さは、少しトシを取らないと判らない。若い時はどうしても表面的な面白さしか見えないから……。

 お雑煮の件では、2度目だが、泣いた。

 依子が泣くのを見るのは辛い。お父さんと同じ心境になっている自分を発見して、ちょっとビックリ。

 3時前に就寝。

今朝の体重:90.00キロ

本日の摂取カロリー:2180kcal

本日の消費カロリー:日常生活+30kcal/817歩+109kcal(自転車)

« 初午祭でお酒を飲んでダウン | トップページ | やっと65%の回復…… »

コメント

新潮社さんと関係がありそうなラーメン屋さん。

ここ、「行列の出来ないラーメン屋」としてテレビで紹介されたことがあるそうですが、美味いです。

お店が広いから?

有名じゃないから。
外見の見てくれが「美味そう」じゃないから。
京成線千住大橋というマイナーな駅にあるから。

傷ついてるのかな。開き直ってるのかな。むしろ、自慢したりしてて(^-^; 「売れない作家」みたいで、レッテルは怖いけどね~ヽ( ̄▽ ̄)ノ

お店が「行列の出来ない(けど美味い)ラーメン屋」で放送されました!という張り紙をドアに貼ってあるので。
開き直ってます。
実際、美味しいし。

わはは。いーですねーo(*⌒―⌒*)o

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61187947

この記事へのトラックバック一覧です: 煮詰まって、ツキイチの病院に行ったり「デート」第6回を見たり:

« 初午祭でお酒を飲んでダウン | トップページ | やっと65%の回復…… »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト