« 緊急事態発生!Macレスキュー隊緊急発進! | トップページ | 取材で秩父へ »

2015年2月10日 (火曜日)

Macレスキュー2日目……解決篇

 7時過ぎ起床。

 5時間弱の睡眠。これを続けると確実に風邪を引く。

 快晴。

 朝のモロモロを済まして、トースト1枚とハム&マヨネーズのアサメシを食べ、仕事をしつつ10時になるのを待って……正直、ほとんど仕事にはならなかったが……銀座アップルストアに電話。

 10時10分に電話を入れたのに、ジーニアス・バーの電話は五人待ち。そのまま待つと、「あと4人お待ちです」「あと3人」とだんだん減っていく。タダ待たせない、と言うのが芸が細かいね!

 で、修理は完了していることを確認。いつでも取りに行けるということで、相方に電話して、11時に待ち合わせることにした。

 と、Appleから電話。「修理が完了しています」という電話だった。こっちから焦って電話しなくても、向こうからかけてくれるのね。

 で、11時に北千住駅日比谷線プラットフォームで相方と待ち合わせて、銀座へ。

 すぐにデータ移行が済んだMacBook Pro17が手渡されたが、ジーニアス・バーのデスクでOSをYosemiteにバージョンアップしようとしたのが間違いだった。この際、最新の状態で相方にMacを渡そうと思って、おれが焦ってしまった。

 OSのバージョン・アップって、時間がかかるんだよねえ。自宅でやれば、他の事をしながらMacに作業させておけばいいのだが……。

 ダウンロードだけで20分ほど。それからインストールするのに25分で、再起動させて他のモノもバージョンアップしたりいろいろな作業が完了するのに、更に15分ほど。合計1時間以上、ジーニアス・バーにいた。

 お昼になってお客もたくさん集まって、なんだか肩身が狭い。

 しかし、やりかけた作業は途中で中断できない。

 13時近くになって、ようやく終了。

 で。

 おれは「日本式バレンタインデー」を心からバカにしている。チョコレート屋の陰謀にまんまとダマされて、どうして日本だけ「女から男にチョコレートを贈る」という本来の意味からかなり歪んだ日になったのだ?おまけに義理チョコとか……。

 外国の風習が日本に入ってくると、どうしてこんなに原義から歪んでしまうんだろう?それはチョコレート屋とかの商売人が嘘を流して善良な一般市民を騙したからだ。だから、おれはダマされないし、嘘には乗らないぞ(って、チョコを貰う側が何を威張ってるんだってことにはなるが)。

 ドラマ「デート」でガチガチ理論派女が「クリスマスイブはキリスト生誕を祝う日なのにデートをする日になっているのは日本だけです。こんなおかしな事はありません」と喝破していたが、まったくおれもそう言いたい!

 クリスマス・イブに限らす、日本独自の珍妙な風習に変質してしまったモノは多い。恵方巻のような日本国内のローカルなものすらも変質させて商売道具に使ってしまい、それにマンマとハマって嬉々として実行するバカが多いし……。

 しかし、「好きな人にプレゼントを渡す」というバレンタインデー本来の行為は、悪くない。いや、なかなかいいことだと思う。だから、「女から男」「チョコ」という儲け主義の連中が広めた日本特有の誤った部分をカットして、本来の意味に立ち返って、相方にプレゼントすることにした。

 昨日、アップルストア2階のPCスピーカー売り場で音を聴いて驚嘆した、BOSEのミニスピーカーを、相方も気に入ってその音に魅了されていたので、プレゼントした。

Bose

 いや、この音は素晴らしいよ。店の人も、「これは本当にいい音なんですよね~」と言っていたが、セールストークではない。マジに素晴らしい音だ。自分用にも欲しかったが、すでにタイムドメインのスピーカーがあるし、オラソニックのスピーカーも遊んでいる状態だから、これ以上買えない……。

 で、ランチ。

 「食べログ」によると、アップルストアの裏通り辺りに安くて美味い洋食屋が数軒あるはずなのに……ないぞ。

 結局、昨日見つけてあった、天ぷらの名店「銀座ハゲ天」の支店「小ハゲ天」に行って、天丼を食う。いや、おれは「季節の天ぷら台盛り」のご飯大盛りにした。

 しかし我々が店に入った時がちょうどランチタイムのピークで、しばし待たされた。こういう時、食い終わっているのにお茶を飲んで談笑している上品な老人たち(銀座に実に似合っているんだよなあ!)が憎らしい。ちょっとは空気を読んで食い終わったるんだから席を立てよ!と思ってしまうんだなあ。こういうところが田舎者だよねえ、おれ。

 

 と言っても、5分くらいしか待たなかったんだけど。

 隣の席にはフランス人観光客が、デカい声でくっちゃべっている。こういう店でデカい声で喋るな、日本人はマナーがなってないとか発言小町によく書かれるが、外国人のほうが声がデカいしマナーも悪いぞ。

 そういや、客の半分以上が中国人だった感じ。話す言葉が中国語だったもん。

 中国人観光客の評判は悪いが、ここで食事していた人たちはみんなキチンとしていて上品だった。スマホでピロロン!とか大きな音を立てて写真を撮っていたけれど。

Osusume025

 で……天ぷらは、美味かった!申し訳ないが「てんや」とはまるで違う。しかし、そんなに高くない。本店と違ってこの「小ハゲ天」はリーズナブル。旅行者もよく知ってるね!

 いや~久々に美味しい天ぷらを堪能。今日も相方にゴチになった。

 日比谷線で北千住に戻る。

 一度帰宅して、昨日修正した「悪漢刑事13・第2章」のファイルを相方に送り、明日行く秩父へのレッドアローなどを予約して、16時のカイロへ。

 右足、直らない。むしろ今日の方が痛い。なんとか筋が炎症を起こしてるけど、無理をしない程度に動かした方がいいかな、ということなので、来週からテニスは再開する。明日のテニスは祝日なのでレッスンがお休み。

 右足首はぐるぐるにテーピングされたが、痛みは緩和されて、いい感じ。このまま直って欲しいなあ。

 右腕も痛い。こっちは鍼を打たれてしまった。けっこう「ずーん」ときた。

 帰路、スーパーに寄って買い物。

 帰宅したら17時過ぎ。

 「5時に夢中!」を見ながら、寝てしまった。そうしたら、くーたんがやって来て、おれの腹の上で寝始めたので、身動きが出来ない。

 このまま爆睡したかったが、そうも行かない。

 しかし、起きる元気がないまま、「サラメシ」と「デート 第4回」の録画を見る。「デート」は、杏の魅力が溢れてるな。方向違いだけど懸命に生きているリケジョが、だんだん可愛らしく見えてきたから不思議。自分の理解の外にある出来事に遭遇して目を丸くしているその表情がとてもキュートだ。杏をキュートだと思った事がなかったので、かなり意外。しかしその分、長谷川博巳が押されている感じ。第2回第3回ではあんなにぶっちぎりに暴走していたのに……。

 起き出して、夕食の支度。今夜は「すき焼きうどん」。セットを火にかけるだけ。「アパートの鍵貸します」でジャック・レモンが一人寂しく食べていた「TVディナー」の日本版ですな。

 NHK「クロースアップ現代」を見ながら食ったが、コーンの缶に異物が入っていたのをメーカーに通報したが、メーカーの対応に納得がいかずツイッターで拡散させたという50代の男が登場したが、この男、かなり怪しい。というか、話し方とか態度が気味悪い。メーカーはキチンと謝罪して対応したように思えるが「誠意が感じられない」とか言っていた。この「誠意」というのは曲者で、当人の感覚でしかない。

 誠意を連呼するのって、クレーマーじゃないのか?頭に乗ってるんじゃないの?

 同じ番組では、チョコレートに異物が入っていたとツイッターに書かれたメーカーが迅速に調査して、この書き込みは完全なデマであることを解き明かし、それを書き込んだヤツはアカウントを消して逃亡したと。

 実際に異物を発見しても、その人物が正常ではない場合もあるし、そもそもデマを広めようとする悪意のある「犯罪者」である可能性もある。

 ネットというかツイッターは、やっぱりバカ製造器である、という考えは変わらない。

 で、新作のアイディアを思い付いた。

 いつか実現しよう。

 食べ終わって、仕事開始。しかし……今日中には「第3章」は上がらないなあ。相方から早速、追加メモも届いたので、これを組み込むと、今日中には終わらない……。

 カイロでしっかりテーピングして貰った(とてもラクになって痛みも大幅に減った)ので風呂はやめて、ゴミ出しして、0時就寝。

今朝の体重:89.05キロ

本日の摂取カロリー:2244kcal

本日の消費カロリー:日常生活+128kcal/3718歩+106kcal(自転車) 

« 緊急事態発生!Macレスキュー隊緊急発進! | トップページ | 取材で秩父へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61117688

この記事へのトラックバック一覧です: Macレスキュー2日目……解決篇:

« 緊急事態発生!Macレスキュー隊緊急発進! | トップページ | 取材で秩父へ »

安達瑶の本

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト