« 仕事・夜の日光・大食い・きらクラ!・旧友の問題 | トップページ | 書いても書いても終わらないぞ〜! »

2015年2月16日 (月曜日)

仕事して壁ゴンして「デート」見て

 7時過ぎに目が覚めて、二度寝しようとしたが、失敗。

 8時前起床。

 寝不足。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。「第4章」の構成を考える。と同時に、「第3章」の書き足すべき事も考える。

 相方と電話で打ち合わせて、今日の夜、打ち合わせをしようということになる。今日1日、考える。

 このところ、妙に腹が減る。そして、食っても体重が増えない。しかし油断していると、ドーンとくるので自重。

 お昼前にブランチ。サッポロ一番醤油ラーメンにネギとゆで玉子を入れて。それと、近所で買ってきた「五目寿司」。

 仕事再開。相方のメモを並び替えて、構成を検討。

 ウチで使っているサーキュレーター、リサイクルショップで1000円で買ったのだが、モーターがきゅるきゅる言い始めて、うるさい。そろそろ寿命か。

 アイリスオーヤマのものが安くて良品らしい。買うかな?

 11時になったので、昨日の一件でOに電話するが、出ない。まだ電話に出られる状態ではないのかと思って、受信履歴に残っていた番号に電話すると、昨日の詳しい状況が判り、往診をした医師とも話ができた。

 しばらく経って、Oから電話。いろいろと事情を聞き、はっきりと「もしものことがあった場合」の持ち物の処分方法とか遺体をどうするかとか、そういうことを書いておくように言う。そういう不吉なことを言うなと言われるかもしれないが、充分可能性のあることだから、頭がハッキリしているウチに決めておくべきだと思う。

 そう言えば、数日前に読んだネット記事がいまだに腹立たしい。匿名でネットに煽りを書き散らして炎上させるのが好きな「愉快犯」の記事(←リンク)。

 当人に政治意識は皆無だがネットではネトウヨを装って煽って喜んでいる。こういうバカは山ほどいると思うが、記事ではその一人を取り上げていて、その男(大学生らしい)は調子に乗りすぎて訴えられた、と。で、このバカの言い分に大笑い。「モノ言えない社会は息苦しい」って。匿名で書き散らしている愉快犯が何を言ってるんだ?表現の自由っていうのは、こういうヤツらも守ってやらなければならないのか?表現の自由を主張するなら、その反動も覚悟すべきだし甘受すべきだろう。名誉毀損で訴えられたら、裁判で受けて立つか金を払え。

 匿名だからって無傷で好き勝手書き散らせるわけじゃない。こういうバカは実名を晒されて、応分の責任を問われて当然。コイツは就活に影響が出ているらしいが、当然の結果だろう!世の中に潜んでいるコイツと同じ連中も実名を晒されて、自分の発言に責任を問われるべきなのだ。

 匿名な連中を守ってやる必要も義理も道理も、何もない。何か主張したければ、実名でやれ。まあ、コイツのような手合いは、放火魔なんだから、主張したいこともないクズなんだけどね。そういや少し前に2ちゃんねるに匿名をいい事に好き勝手な事を書き込んでいたバカどもが実名がバレて窮地に追い込まれていたっけなあ。当然の結果であって、同情の余地は一切無い。この記事に登場したバカも同様だ。

 それと、佐世保の「同級生バラバラ殺人事件」で父親をバットで殴った時点で精神科医が児童相談所に通報したのに無視した幹部たちに処分がくだったが、一番責任がある幹部でも「戒告」だって。こんな職務怠慢と失策をして、この野郎は職場でパワハラもしていたというのに、戒告だけ。

 え~?それでいいの?クビとか刑事責任を問われすらしないの?問えないの?

 公務員って、お気楽でいいね。重大な職務上のミスをしても、「戒告」で済むんだから。もう昇進が出来ないだろうけど、この野郎はもうじき定年だし、別に痛くないよな。呆れ返るね。

 磯部団子・こしあんの団子・みたらし団子を食べる。

 こんな感じだろう、と構成の修正が出来たので、少々休憩。

 ソファでぐったり。

 18時頃、歯医者の治療を終えた相方から電話。北千住東口のガストで会うことに。

 明日は雨か雪らしいので、図書館に返す本を今日返してしまおう。幸い、ガストの隣は東京電機大学で、その構内に足立区立図書館の出張所があるのだ。

 必要なところをコピーして、図書館出張所に向かう。

 で……。

 おれとしたことが、自分でも信じられない愚行をしてしまった。

 自動のガラスの扉、開く部分だと思い込んでガラスに顔から激突。ごーんという鈍い音が響いた。もちろん、おれの顔面と頭部にも衝撃が響いた。

 「壁ドン」ならぬ、「壁ゴン」。

 2ちゃんねるにたまに貼られている「強盗が焦って開かない方のガラスに激突してガラス粉々、強盗昏倒」というバカ映像とまったく同じ事をやってしまった。もちろん強盗はしていないけど。

 まるで下手くそなコント。 自分でも信じられない愚挙。

 顔が痛いことより、この痛恨の失策に驚愕。

 大丈夫か?おれ。

 本は無事に返して、ガストへ。

 ミックスフライ和膳の夕食とフレッシュ苺パフェを食べつつ、打ち合わせ。「第3章」を大幅に書き足せばツジツマも合うということで、決着。

 しかし、ガラスに激突したメガネが眉毛付近に当たって、コブが出来た。

 しかし……どうしてこんな失策を犯してしまったんだろう。魔が差した、と言うにはアホすぎる。ボケ老人でもやらないような愚行。

 まあ、以前、仕事が詰まっていた時にコーヒーサーバーを置かずにコーヒーメーカーを作動させて床一面コーヒーにしてしまったこともあったなあ。それと同じようなことか?

 20時すぎに解散。

 スーパーで買い物をして、21時からの「デート」第5回に間に合う。

 前回・前々回とおとなしめだったが、今回は大爆発!

 初キスから一気にベッドインまで済ませてしまおうとする依子の効率最優先の事務的段取りに巧が引いてしまって逃げてしまう……。

 こういう時の、依子に扮する杏の追い詰められたような切ない表情が、物凄くいい!美しい!

 そして、パニックになる巧に扮する長谷川博巳の芝居がこれまた、ああこんな表現もするんだ!と嬉しくなってしまうほど引き出しが多くて素晴らしい。

 で、何故かクローゼットの中にいて泣いてしまう鷲尾もいい。

 というか、このドタバタな展開は、まさに「神回」!

 素晴らしい。

 信じられないほど素晴らしい。このおかしみは、往年のビリー・ワイルダーの大傑作「お熱いのがお好き」に通じるぞ!

 そして……「サイボーグ009」のコスプレまで。

 この時の杏が、可愛い。元々美人出しスタイルも抜群だから似合うんだけど……似合いすぎ!

1d9a7bac

 あんまり凄いので、録画をすぐに見直してしまった。

 演出は武内英樹。おとなしかった前2回は別の人だった。やっぱり武内さんの演出だと、弾けるのか?それとも弾ける回の演出をやっているのか?それともローテーションでたまたま弾ける回の担当になって、見事に弾けさせたのか?

 とにかく、面白すぎる。

 大爆笑だけではない。一生懸命なのにピント外れな依子が「ABC一挙処理デート」の準備を生真面目に熱心にきっちり滞りなく行う、そのいじらしさ! そして巧に拒絶されてしまった時の切ない気持ちもきっちり描かれていて、涙ぐんでしまう。

 いやあ、このドラマは凄い。舌を巻く。脚本も凄いし演出も素晴らしいし、杏と長谷川博巳と国仲涼子(これまた魅力的なのだ!)と鷲尾君(と呼んでしまうけど中島裕翔)と松重豊と風吹ジュンと和久井映見と松尾諭と……って、メインキャスト全員じゃないか!

 しかし、松尾諭扮する島田宗太郎は妻帯者なのに、いつも妹と一緒に居て奥さんが登場しないね。これは後半戦でなにかあるんだろうな……。

 次回は「お正月」。いや~また凄そうなだなあ。

 で、このドラマのオンエアを見ている時に、くーたんがテレビの前で暴れ始めて、テレビの音声に関するボタンをどこか押してしまったらしくて、音がおかしくなってしまった。

 熱心に見ていたので、くーたんを叱った。もしかすると叱ったのははじめてかも。

 と……。

 くーたんはおれに向いてキチンと座って、抗議というか弁解というか言い訳というか、自己主張をはじめた。たぶん、おれが「デート」を見るのに夢中だったから、気を引こうとしたんだろう。

 しかし、くーたんがこんなに正面切っておれに「物申す」のははじめて。

 というか、この姿はもう、ネコではない。人間のようだ。

 いや~ネコって面白いなあ。というか、不思議だなあ。

 録画を見直しながら猫じゃらしで遊んで、抱っこして撫でてやると、機嫌を直して、いつものくーたんに戻ったが。

 相方からファイルが来たが、もう眠いので、0時前就寝。

今朝の体重:88.65キロ

本日の摂取カロリー:2261kcal

本日の消費カロリー:日常生活+96kcal/2388歩+90kcal(自転車)

« 仕事・夜の日光・大食い・きらクラ!・旧友の問題 | トップページ | 書いても書いても終わらないぞ〜! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61151838

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事して壁ゴンして「デート」見て:

« 仕事・夜の日光・大食い・きらクラ!・旧友の問題 | トップページ | 書いても書いても終わらないぞ〜! »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト