« モーレツに眠い1日 | トップページ | 仕事して壁ゴンして「デート」見て »

2015年2月15日 (日曜日)

仕事・夜の日光・大食い・きらクラ!・旧友の問題

 7時前起床。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。花粉症の薬、昨夜は飲まなかったら、今日は普通の状態に戻った。ということは、やっぱり薬が効きすぎたってコト?去年まで問題なかったんだけど……体質が変わってきたのかな?

 薄切りトースト2枚にコーンフレークの朝食を済ませて、仕事再開。

 

 あと少しで「第3章」上がる!というところで相方から電話。相方は「第4章」の構成を考えているが、その打ち合わせ。

 春が近いせいか、やたら腹が減る。

 カップヌードルにおにぎりを食べて、仕事再開。

 13時過ぎに、やっと「第3章」上がった!100ページを超えた。そりゃ時間はかかるわ。

 で、あと2章ある、というのと、あと1章で終わる、というのでは気分がまったく違う。数合わせであっても。

 しかし今回は章割りに失敗したのか、各章が100ページ前後になって、そのペースだと5章構成だと500ページになってしまうし、完全に間に合わない。内容的には100ページ書けば終わってしまうので、やっぱり4章と5章は合体させるのがいいと思う。書いてしまったあとで担当M氏の意見を聞いて、章を分割するなりすればいい。

 NHK-FM「きらクラ!」の時間だが、オンエアは録音して、iPhoneにいれておいた先週放送分をヘッドフォンで聞く。

 しかしこの世には知らない曲が山ほどある。今回も初めて聞いて感銘を受けた曲がたくさんあった。

・「コンチェルト・グロッソ」 エシュパイ作曲

・「リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲からシチリア舞曲」レスピーギ作曲

・「弦楽四重奏曲 第2番“カンパニー”から 第1楽章(抜粋)」フィリップ・グラス作曲

・「交響曲 第1番 ト短調から 第2楽章(抜粋)」カリンニコフ作曲

 レスピーギはCDを持っていたかもしれないなあ。

 それと、ブラームスの室内楽もいいなあと思ったのだが、曲名が判らない。

 

 今日は、仕事的にも一段落したので、日光に行って所用を済ませる事にする。仕事的にイッパイイッパイだと諦めようと思ったが、ちょうど「第3章」が終わったし、「第4章」をどうするか考えるタイミングだし、気分転換もしたいし。

 出かける支度をしていると、相方から「第4章構成メモ」が届いたので、iPadに入れて、出かける。

 

 昨日から、とにかく腹が減って困る。

 駅の立ち食いそばを食って、東武日光行きの区間快速に乗る。

 特急並に速いが特急料金は要らない。

 幸い、座れた。

 iPadで第4章構成メモを読むが、頭に入ってこない。まあ、時間はたっぷりある。

 区間快速は6両だが2両ずつ切り離されて、それぞれ「会津田島」「鬼怒川温泉」「東武日光」行きになる。芸が細かいというかやり繰りしてるというか。上りだとその逆をやっているわけだ。

 おれは「会津田島」行きの車両に乗ってしまったので、途中で一番後ろの「東武日光」行きの車両に移動。

 と、知らない番号から電話が入った。車内だけど空いているから、まあいいか。

 応答すると、介護サービスの方から。というと、思い当たるのはOしかいない。そういやここんとこOからの連絡が無いなあ、どうしてるかなあと思ってはいたのだ。

 足が痛いから痛み止めのクスリを通常より多く飲んだらしい状態で発見された(今日は訪問介護の日だった)ので、今日は朝昼夜と3回介護に来たが、状態が良くないので救急搬送すると。意識はあると。おれが一番の親友だと言うことなので連絡したと。

 ……そう言われても、困ってしまう。こっちは日光に向かっているし、今から来いと言われたら困る(言われていないが)。

 東大病院は受け入れ準備が整わないし遠いので、近くの病院に搬送する予定であると。また連絡すると。

 

 こういう場合、どうすればいいのだ?おれ、親兄弟でも親戚でもないんだけどなあ。同じ東武沿線に住んでるだけ、なんだけど。この流れで行くと、彼にもしものことがあった場合、おれに連絡が来て、あれこれやらなきゃならなくなるんだよなあ。

 〆切間際だったら、ハッキリ言って、やってられないなあ。非情だとか人情がないのかとか言われそうだが、ハッキリ言って、おれにそこまでやる義理はないんだけどなあ。

 次の連絡があるまで、忘れることにする。

 東武日光に到着。

 風がキツい。JR宇都宮線は宇都宮~黒磯間が強風のために止まっているらしい。帰れるのか?

 駅の外に出ると、店はもう殆ど閉まっているし、風が凄い。そして寒い。無茶苦茶寒いぞ。

 所用を済ませる。

 メシを食おう。寒いし、電車に揺られたので、腹が減った。

 目についたのが、ステーキハウス。しかし高そう。

 ラーメンもなあ。

 居酒屋。酔っ払ったら帰りが辛そう。

 ガスト。日光まで来てファミレスはなあ。

 ということで、「食べログ」で調べた、東武日光駅にほど近い洋食屋さんに行くことに決めた。

 表示された道順を辿ると、「判りにくい」と口コミにあった店に無事、到着。

 店内には4組のお客さん。

 おれが座った後ろのテーブルはカップルだが、男の声がやたらデカい。話している内容はカップルらしく微笑ましい事なのだが、声がデカい。

 おれは迷った末に、ヒレステーキのセット。ハンバーグとそう値段は変わらなかったし……豚生姜焼きとかトリカラとかもあったのだが、はるばる日光まで来てメシ食ったら帰るんだから、と奮発。というか、明らかに食い過ぎだが。

 食べていると、お客が続々と帰っていく。後ろのカップルもお勘定。食後のコーヒーにはしゃいでいたカップルは意外につましいメニューだったので、なんだか好感を持ってしまった。若いカップルが5000円の高級ステーキを食っていたら、喧しかったし、反感を持っていたところだ。

 しかし……声のデカい彼の耳には補聴器があった。

 ああ、それで、か。

 ちょっと悪く思っていたのを反省。

 彼女の方は、ドライブデートを盛り上げて楽しくしようと気を遣っているのが感じられて、なんか、いい感じのカップルだった。

 というか、こっちは一人だし、急に寂しくなった。

 サラダ、スープと矢継ぎ早に出てきて(もうちょっと間を置いてほしかった)、ヒレステーキは美味かった。

 食べ終わったのが20時すぎ。電車の時間は、所要時間とかを総合的に考えると、東武線ではなくJRを使う方が速い。こっちだと、次は21時02分。

 食後のコーヒーも早々と出てきて、あんまり長居も出来ない雰囲気。店は22時までと書いてあるけど、他に客もいなくなったし、日曜の夜だから、もう締めたいのかな?

 お勘定を済ませて、駅へ。

Img_1863

 JR日光駅の向かいにある「日光ステーションホテル」が美しい。ここには以前泊まったことがある。なかなかいいホテルだ。窓越しに見るレストランの感じがいいなあ。映画のワンシーンみたい。レストランの中の音は聞こえてこないから、なんか、外国映画の1場面みたいだ。

Img_1865

 駅員さんに、上野方面のダイヤに乱れはないかと確認。東北本線というか宇都宮線が乱れていたら、新幹線を奮発しようと思ったのだ。20分早く着くが2500円高くつく。

 上野方面は定刻で運行していると言われて、待合室で大人しく待つ。暖房の入った温かな待合室もあったが、クラシックな駅舎を歩き回る。階段を利用してお雛さまを飾ってあったのが可愛いじゃないの。駅員さんの気持ちが伝わる。

Img_1867

 予定通りの電車に乗り、車内でiPadを取りだし、「第4章」の構成を読み返す。今度は頭に入った。第3章を直さなければならないが……それはいいとして、章変わりとか、どうするかな。

 あまり細かいことは考えつかない。頭がもう回らない感じ。

 ならば、とiPhoneにイヤフォンを装着して、昼間に録音した「きらクラ!」を聞く。今日は2週分を一気に聞いた。

 先週放送分で、あたかも番組打切り・ふかわ降板か?という小芝居(実際は番組もふかわも継続。それは先週の放送前に知られていたこと)をやったのだが、それにノッてくれたリスナーからの「温かい反応」がたくさん紹介されていた。

 今週分の放送で流れた曲でいいなあと思えたのは……。

・「レクイエム 作品48から 第7曲“楽園にて”」フォーレ作曲

・「2つのチェロのための協奏曲 ト短調 RV.531から第1楽章」ヴィヴァルディ作曲

・「組曲“鳥”から 第4曲“うぐいす”(抜粋)、第5曲“かっこう”(抜粋)」レスピーギ作曲

 聞いていると、電話が入った。車内は空いていたので、そのまま話す。相手はOの介護士さん。

 結果として入院はせず、医師の往診でなんとかなったと。明日の朝11時にまた来るので、その時にまた連絡しますと。

 礼を言って、電話を切る。

 Oの場合は難病指定の介護もプラスされているからだろうか、とても手厚い介護が受けられている、と思う。日曜の夜遅くまで、本当に有り難いことだ。

 日本の福祉だって、そう悪くはないじゃないか、と思うのだが……Oの例は特殊なのかもしれないが。

 それにしても……仕方がないとは言え、Oには困ったものだ。こういう事が続くのだろうか?

 宇都宮で乗り換えて、久喜で東武線の浅草行き最終の区間急行に乗り換える。

 で、定刻に、帰り着いた。

 しかし……。

 夕食はしっかり食べたというのに、腹が減った。このままだと眠れない。

 まあ、今日は仕事もしたし、出張もしたし、寒風吹きすさぶ中を歩いたし……。

 と、とことん自分に甘くなって、駅のそばの松屋に入って、ミニ牛丼を食う。カレーにしたかったが我慢したところを評価して欲しい、と思ったり。

 自転車を漕いで、帰宅。

 くーたんにご飯を出し、風呂に入っていると寝るのが遅くなると思って省略。足が痛くなって、風呂に入ってマッサージすべきだと思ったのだが。

 しかしこのまま寝てしまうのもナニだと思って、テレビをつける。

 で、録画してあるジャック・ニコルソンの「恋愛小説家」を飛ばし飛ばし見る。映画館でも観たし、放送されると見ているし、昨日も飛ばし見したのだが。

 この映画は、好きだ。というか、ジャック・ニコルソン扮する「恋愛小説家」(一世を風靡したハーレクイン・ロマンスのようなシリーズを書いている)の生活に憧れているから。マンハッタンのなかなかいいマンション(おれの感覚だと超高級マンション)に住んで、広い部屋で仕事をしている。食事は近くのレストランに食いに出て……と、よろしまんなあ、という生活。こんな生活してみたい!

 何度も見ていると、この恋愛小説家のキャラクターが好きになった。照れ屋で、その裏返しが毒舌になってしまう。「憎めないキャラ」ではなくて、その口の悪さが過ぎて、周囲からは憎まれている、と言うのが新機軸。ジャック・ニコルソンが言えば毒も猛毒になるしなあ。

 で、飛ばし見したのに、2時になった。くーたんがおれの足の上に載ってきて寝てしまったので、動けなくなったということもあるのだが。

 しかし2時になったので、くーたんを退かして、寝る。

今朝の体重:88.65キロ

本日の摂取カロリー:3314kcal

本日の消費カロリー:日常生活+253kcal/6049歩+55kcal(自転車)

« モーレツに眠い1日 | トップページ | 仕事して壁ゴンして「デート」見て »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61146763

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事・夜の日光・大食い・きらクラ!・旧友の問題:

« モーレツに眠い1日 | トップページ | 仕事して壁ゴンして「デート」見て »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト