« 頑張ってゲラをなんとか相方に渡す | トップページ | 仕事再開&突然の体の不調(なんだこれは) »

2015年3月15日 (日曜日)

本日、休養

 8時起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませる。

 風邪はいくぶん良くなってきた。どうもゲラをやっている時がピークだったようだ。

 年に1回くらい風邪を引いて熱を出して1日中とろとろと眠りこけるのもいいなあとか思ったりしたが、それはヒマな時。忙しいときに風邪を引くともう、キツい。

 しかし、いつ風邪を引いたんだろう?浅草の「まつり湯」に行って、仮眠室で90分ほど寝たのがいけなかった感じがするなあ。自宅でも昼寝すると風邪を引いちゃうことがあるし。睡眠時無呼吸症だから、口を開けて寝ると空気中のいろんな菌がそのまんま入って来ちゃうからなあ。それを思うと、鼻毛って凄いなあと思う。あんなもので目に見えない菌を防ぐんだから。もちろん鼻毛だけが防御装置ではないけれど。

 ホテルの朝食ブッフェのごく一部を再現したアサメシを食う。ごはんにじっくり焼いたベーコン、スクランブル・エッグ、海苔、お漬け物、インスタント味噌汁。この和洋折衷がおれ的には最強のメニュー。理想を言えば、第二派で干物を炙ったのや湯豆腐、第三波でクロワッサンかトーストも食べたいけど。

 ともかく、醤油を垂らしたベーコンでご飯を巻いて食うのが至福。そして、醤油を垂らしたスクランブル・エッグとご飯を食べるのも至福。これを先日の日光の朝に食べたかったのに、伏兵のフレンチ・トーストを食べてしまったので乱れてしまった。

 今日は温かいので、窓を少し開けて換気扇を回しっぱなしにする。室内の空気の入れ換え。風邪菌を追い出す。

 相方からジェイ・ノベルの連作にプラスするもう1本用のメモが届いているが、今日は休養して風邪を早く治してしまいたい。

 喉の痛みと咳は収まってきたが、くしゃみと鼻水はまだ残っている。昨日までは、全身の免疫系がフル稼働していた感じだったが。

 ネット配信のマンガ「境界のないセカイ」が連載打ち切りになった件(←リンク)。この作品は、性同一性障害をテーマにしたものだが、展開の途中で、『作中の男女の性にもとづく役割を強調している部分で、「男は男らしく女は女らしくするべき」というメッセージが断定的に読み取れ、「これに対して起こるかもしれない性的マイノリティの個人・団体からのクレームを回避したい」とのことで』単行本化する講談社が単行本化を中止(下手くそな文章で申し訳ない)したので、ネット配信だけでは原稿料が賄えないと言うことでネット連載自体も中止になってしまったと。しかし作者としては、『主人公が「すこしづつ疑問を抱いていき、最終的には多様な生き方に寛容な考えを持たせていくつもり」で、問題となった描写についても「背景世界の説明の一部であり、主人公の変化を描く過程の一部」だった』と、いずれは作中で否定していくつもり』だったらしい。

 つまり、最近、『性的マイノリティにかかわる言説が過激になって』いる……つまり、激しい抗議がくるのにビビった講談社が事前のトラブル回避に走ったのだろう。しかしねえ、話の展開の途中で登場人物が試行錯誤するというのは物語として必要なことなのに。ハナから「正解」に向かって爆走する登場人物って、魅力的か?そんな最初からネタが割れる作品って面白いか?

 ひたすらトラブルを避けることしか念頭にないってのは、本当に困る。妙な修正を加えないで最初のプラン通り、出版社を変えて続けて欲しい。この作品のことは全然知らなかったけど……。

 講談社に限らず、どこの版元も、有名な作者なら、すごく売れてる作品なら、作者と作品を守ろうとするのだろうが……。この件はとっても残念というか、情けないことだ。編集側が作者の意図をキチンと酌めていなかったって、致命的な事じゃないの?

 お昼は、冷凍のスパゲティ・ナポリタンを食う。ちょうどNHK-FMで「松尾堂」をやっていて、イタリアンのシェフがゲストで「アルデンテってのは戦後の話でね。それまではパスタのコシなんて話は出なかった」らしい。で、松尾貴史が「そういやそばやうどんのコシも、最近言われはじめた感じですね」と。

 まあ、うどんはコシがあった方が美味いが……。

 パエリアのご飯がアルデンテで、食べると芯が残っているのは、おれは美味いとは思えないんだけどねえ。

 で、「きらクラ!」を聞く。先週の「BGM選手権」のディーリアスには本当に感銘を受けたが、今週はそういう出会いはなかった。この番組を聴き始めた頃は、毎週、新鮮な出会いがあって、「うわ。こんな素晴らしい曲を知らなかったのか!」と残念&嬉しく思ったが……この番組でフランセを知り、近代フランス音楽に親しむようになって、こっちの耳も肥えてきたのかも。

 この番組の元締めである「こだまっち」のセンスと音楽的知識は素晴らしいと思う。

 楽しい2時間はあっという間に過ぎた。

 溜まっていた新聞を読んだりしていると、17時を回ったので、メシの支度。

 時間のかかる料理をする元気も戻ってきた。

 今夜はオージービーフのサーロイン・ステーキ。本当はランプとかの赤身の分厚いステーキが好きなのだが、厚切りの肉(しかも安いの)はこれしかなかったのだ。

 いつものように波形グリルでじっくり焼く。

 その間にオーブントースターで冷凍フライドポテトを焼き、レンジでミックスベジタブルを温め、カップスープ用のお湯を沸かし……電気を使いすぎてブレーカーが落ちないように気をつける。

 サラダは昨日買ったコブサラダ(コブってなんだ?)とマカロニサラダ。

 で、完成。

Img_1881

 火を通しすぎたが、脂身まできっちり火が通って香ばしく焼けた。

 

 食後、「バンキシャ」を見ていると、友人のお見舞いで横浜に行っていた相方が来て、玄関口でお土産の肉まんを貰う。明日食べよう。

 で……その後は、ずっと日テレばかり見る。日本の平均的視聴者の姿ですな。日曜最強の日テレの黄金の編成。

 「鉄腕DASH」で、鮫料理よりも春キャベツ料理の方がそそられた。美味そうだったなあ。

 「世界の果てまでイッテQ!」って、昔はクイズ番組だったの?今はその片鱗もないが。酔っ払ったベッキーの愚痴が面白かったが……。

 「行列の出来る法律相談所」は、もう弁護士軍団が並んでる必要なんかまったく無いでしょ?ただの雛壇トーク番組じゃん。

 しかし今回は橋本マナミのモロ嫉妬暴露が凄かった……。

 ここで風呂に入り、上がってからゴミ出しをして、皿を洗ったりして、「情熱大陸」を見る。アカデミー短編アニメ賞にノミネートされた堤大介氏を追う。アニメ界はなんか、アットホームな感じだなあ。ディズニーというかピクサーのというか、社風なんだろうなあ。

 「ヨルタモリ」を見るのを忘れていたことに気づいたが、自動録画がきちんと機能していたので、見る。

 大地真央が小声でボサノバを歌ったのは新鮮。それと、「徳島のヨットマン高瀬川」に扮したタモリと関西弁でミニコント。

 タモリの関西弁は巧い方だが、やっぱりちょっと違う。森繁久弥と中村勘三郎と藤田まこととミヤコ蝶々の関西弁はほぼ完璧なんだけど。

 なんだかんだで1時近くなって、慌てて寝る。

 明日からみっちり短編をやる。

今朝の体重:89.30キロ

本日の摂取カロリー:2720kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 頑張ってゲラをなんとか相方に渡す | トップページ | 仕事再開&突然の体の不調(なんだこれは) »

コメント

「本日休診」ってのがありましたね。ばんじゅんさん? もりしげさんか。

「本日休診」見てませんが、渋谷実監督の松竹映画ですね。鶴田浩二、三國連太郎、佐田啓二が出ていて、バンジュンも森繁も出てません。
バンジュン、森繁というと……「駅前シリーズ」が浮かびますが、松竹で「伴淳森繁の糞尿譚」という作品もあるんですね。

( ;∀;) 疎くて、すんまへーん(*≧∀≦*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61289522

この記事へのトラックバック一覧です: 本日、休養:

« 頑張ってゲラをなんとか相方に渡す | トップページ | 仕事再開&突然の体の不調(なんだこれは) »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト