« 黙祷。そして、構想練りつつ、テニス | トップページ | 4日間で、ゲラ! »

2015年3月12日 (木曜日)

快楽亭を北千住でご接待

 まず、戴き物のご紹介を。

Photo

「葦笛の鳴るところ」(福永十津/眞人堂)

 作家・丸山健二氏自らがすべての応募作品を読み、募集期間を設けず受賞に値する作品が出た時点で発表する「丸山健二文学賞」の第1回受賞作品。

 著者の福永さんはペンネームで、某社の編集者。仕事でご一緒したことはないのだが、親しくさせて戴いている。本名は明かせないということなので、こういうご紹介しか出来ないのが残念。

 祈祷師と弟子の少年が、諸国放浪の果てに、東京・隅田川の中洲に定住を始める。自然を食いつぶしながら繁栄する都市と、都会の人間は、野生の小島で暮らしはじめた二人の目に、いったいどう映るのか。常識を前提とせず、あらゆるものの再定義を試み、この国で生きるとはどういうことか、を問いかける純文学作品です。

 なお、この本は、版元「眞人堂」の「書籍ネット直販」(←リンク)でしか買えません。

 是非とも、お読みください。

 で。 

 8時前起床。

 快晴。雲一つ無し。

 昨夜洗濯して置いた洗濯物を干す。

 朝のアレコレを済ませる。

 ここ数日来、喉が痛くてセキとくしゃみが出ていて、直らない。これは風邪ですな。今週末はゲラがあるから寝込んでは居られない。早めに手を打っておかねば。

 行きつけの病院は、かかりつけの医者が本日は午後の診察。

 明日予約を入れてあったカイロを今日の午後に変更したので、まとめてしまえるが……風邪は半日でも早く治療した方がいいだろう。

 ということで、近所の病院へ。

 混んでいたのでしばらく待つ。

 喉が腫れているが気管支炎ではないし肺炎でもない、と。

 処方箋を貰うが、もう11時。腹が減ったので、先にメシにする。

 病院の近くのそば屋・柏屋でカツ丼を食う。

 

 食後、薬局に行って、クスリを貰う。

 日本の医者はクスリを過剰投与するとよく言われるが、これは患者にも責任がある。日本人は、クスリをたくさん貰わないと、医者に行った気がしないんじゃないか?以前は何でもかんでも注射を打って貰わないと医者に行った気がしない、という人が多かった記憶があるが、それはさすがになくなった。

 顆粒の漢方薬と錠剤2種類。

 帰宅して、飲む。

 徳間書店Y氏に、現状報告のメールを書く。

 軽い気持ちではじめた、バックアップ用の外付けHDDのフラグメンテーション作業、3日目になっても終わらない。ここまで待ったんだからやり遂げようかとも思うが、これってあんまり意味ないんじゃないかと思うし、iMacをもう3日連続で動かしているほうが宜しくないんじゃないかと思い、中断。

 iMacを再起動。

 ロールパンを2つ食べる。

 時間が来たので、カイロへ。

 先週のテニスの後は、右足がピリピリしてけっこうヤバい感じがしたが、昨日のテニスを終えても、さほど痛みが増した様子はない。

 足の具合は徐々にだが良くなってきた。「内転筋」が炎症を起こしているらしい。

 「せんねん灸」を薦められたので、やってみよう。

 医者とかカイロとかを今日済ませてしまったので、明日以降はゲラに専念出来るぞ。

 一度帰宅。

 今夜は、快楽亭を北千住の「ハノイ☆デラックス」というベトナム居酒屋にお連れする予定。ここは、快楽亭の贔屓筋だった(最近とんとご無沙汰)N氏が経営する店。

 それまで時間があるので、懸案の、Bluetoothペアリングの外部スピーカーをもう一度試してみる。昨日、修理も出来ないし代替え品もない、と返答されて、「オタクではもう買わない!」と悪態をついたサンワサプライの製品。

 で……。

 これまで何度も試してみてダメだったのに、どういう風の吹き回しか、今日はペアリング出来た。iPhoneだけではなく、iPadでも、そしてiMacでも。

 ってことは、故障ではなかった。不安定だとは思うが、ペアリングは出来た。

 これは……悪態をついてしまったサンワサプライのサポートN氏にお詫びしなければならない。

 ペアリング出来ました、悪態をついて申し訳ありませんでした、今後も貴社を利用します、とお詫びのメールを出す。

 

 で、時間が来たので、北千住駅に行って快楽亭を出迎え。

 時間に正確な師匠だからと、15分前に行ったら、コンコースでバタピーとか柿の種を売っていたので買っていると、師匠登場。

 北千住の飲み屋街を抜けて、千住仲町の「ハノイ☆デラックス」へ。

 この店はウチの近所で、駅から帰宅するときにだいたい前を通ることになるのだが、いつもお客さんで賑わっている。

「ご繁昌で」と言うと、いやいや波が大きくて、とN氏。

 快楽亭とN氏が下ネタ系の話で盛りあがっていると、若い女性の独り客が来店。しかしN氏と師匠は下ネタ系の話を続行するので、まあいいか、とおれも参戦。

 話は競馬の話題になって、「ゴマスリオトコ」という名前が面白いので買ったら当たった、という馬券を見せて貰う。うわ。ホンマや!

Img_1880

 しかし話はやがて、歌舞伎の話題に。

 勘三郎を舞台で最後に見た形になってしまったコクーン歌舞伎の「盟三五大切」を思い出すと、泣いてしまった。あの芝居は本当に良かった。しかし、快楽亭に寄れば「すべて源五兵衛の幻想だったことにしてしまったのがダメ。南北の最大の狙いを切ってしまったんだから」と。殺人鬼と化してしまった源五兵衛が、シレッとして吉良の仇討ちに加わるという武家社会への皮肉を無視してしまった、と。

 それはそれでよく判るけど、コクーン版は、極めて悲しい芝居で、完全に孤立してしまった源五兵衛の孤独にあえぐ寒々しい心を抉り出していた。橋之助も名演だったし、芝居の出来に勘三郎も嫉妬していたという言葉が伝わっているけれども。

 で、勘三郎も逝き、三津五郎も逝ってしまい、福助さんも復帰はほぼ絶望的。

 師匠は、「要するに、我々の世代の役者が一気に消えてしまったって事ですよ。上と下しかいなくなって、真ん中がいない」と。

 21時前に、急に師匠が帰ると言い出して、店を出る。

 ベトナム風の油淋鶏、ベトナム風のトマトソースで煮込んだシュウマイが美味しかった。ライスペーパーで包むヤツは、ライスペーパーがいまいちおいしくないのが残念。生春巻きにした方がいいんじゃないか?

 食事だけでもいいとのことなので、また行くことを約束。

 快楽亭を駅で見送って、帰宅。

 ベトナムの焼酎と日本酒をグラスに半分飲んだら、もう、酔っ払ってしまって、しんどい。

 風呂も省略して、23時過ぎに就寝。

今朝の体重:88.75キロ

本日の摂取カロリー:2067kcal

本日の消費カロリー:日常生活+179kcal/4606歩+163kcal(自転車)

« 黙祷。そして、構想練りつつ、テニス | トップページ | 4日間で、ゲラ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61273680

この記事へのトラックバック一覧です: 快楽亭を北千住でご接待:

« 黙祷。そして、構想練りつつ、テニス | トップページ | 4日間で、ゲラ! »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト