« 原稿直したり病院行ったり予定調べたり | トップページ | 房総乗り鉄の旅2日目は大ドタバタ »

2015年4月25日 (土曜日)

外房電車の旅1日目

 6時30分起床。

 晴れ。

 10時過ぎに出発するまで、通常業務。朝のモロモロを済ませて、相方が送ってくる予定の「黒い報告書」の原稿ファイルを待つ。チェックをして送稿してしまう予定。

 コーンフレークとゆで卵を食べて、待つ。

 だが……10時が近づいても送られてこない。そろそろタイムリミット。

 原稿が遅れたぶん、旅程を変更しようか、その場合はどうすると変更プランを考えていると、相方から電話が来て、旅行から帰ってきてでいいかと。別に今日が〆切ではないので、いいよと答える。この場合、昨日綿密に組み立てた旅行プランを守る方が大事。

 で、駅でシーチキンのおにぎりを食べて、相方と合流して、予定より早い11時の京成線で京成船橋へ。

 ここでJRに乗り換えて、千葉から外房線で勝浦へ。

 勝浦と言えば那智勝浦というか南紀勝浦というか、和歌山の勝浦が本家だと思うが、駅名は「安房勝浦」とは言わないのね。和歌山の勝浦は「紀伊勝浦」だった。たぶん千葉の勝浦の方が駅が早く出来たんだろう。

(駅の開業は「紀伊勝浦」のほうが1年早い1912年だが、この時は私鉄の新宮鉄道のえきだった。で、1934年に国有化されて「紀伊勝浦」に改称されたのね)

 13時36分、勝浦着。

 駅にはお雛さまが飾ってあった。勝浦の遠見岬神社は石段にお雛さまを飾るので有名。

Img_1955

 この遠見岬神社はお水取りの出来る神社だが、有名すぎてもの凄い人が来るだろうから、敬遠。同じ理由で上総一ノ宮の玉前神社も敬遠。以前、日曜日にお水取りに行ったモーレツな人出で懲りた。後ろを気にせずデカいポリタンクに水を取っている大馬鹿者も多数いたし。

 駅から10分ほど歩いてNPOの事務所(目の前には「ホテル三日月」がある)へ。ここがやっているレンタサイクルを借りて、勝浦を走る。NPOの人に聞いたら、ランチは14時で終わってしまうので……と。かりたときはもう14時だったので、半ば諦めて、しかし案内パンフには夜までやってる店も書いてあるが……。

 勝浦漁港に行ってみる。

 みんなノンビリと釣りをしている。

 水は美しい。

 天気は最高で、暑い。ほとんど夏。ああ、早く夏が来ないかな。

Img_1956

 と、漁港の近くに、まだ営業している焼き肉屋発見。カツオやマグロも出していると。「焼きハマグリ」に惹かれて、この店にする。

 こういう場合、迷っていたらどんどん店は閉まってしまうので、即決即断したほうがいい。

 で、相方はカツオの刺身定食、おれは車中でパンを食べていたので、焼きハマグリに半ライス、卵スープ。

 相方のカツオを2切れ、ハマグリ1個と交換。

 ハマグリは、美味い!おツユが最高。

 グラスビールも飲む。やっぱり焼きハマグリにはビールでしょ!

 すっかり気分をよくして、ランチを済ませ、自転車に乗る。

 勝浦中央海水浴場方面まで走る。(左端に映っているのは「ホテル三日月」)

Img_1958

 波はないが海は極めて美しい。明るい色の砂だから、きれいな海が余計にキレイに見える。でも、波はないんだよね。もう少し南に下るとサーフィンの名所が並ぶのだが。

Img_1961

 で、この辺には気軽に入れそうな食堂が数軒あって、どこも営業していた。

 ううっ。早まった!こっちで食った方が安く上がったのは確実。でもなあ、案内パンフには書いてなかったしNPOの人も言ってなかったしなあ。

 16時22分の電車に乗るために、16時前に自転車を返す。もともと今の時期はレンタサイクルは16時までだった。

 

 駅に戻って、まだ残っていたパンを食べながら不動産屋の掲示を眺めていると、すごく可愛い猫がすごく可愛い声で鳴きながらやって来た。パンの匂いに誘われたのだろうか。でも、コロッケパンだからあげても食べないだろうなあ。

 警戒して顔を見せるが寄っては来ない。

 まだ小さい猫。一番可愛い盛りのころ。

 しばらく眺めているが、こちらを気にしつつ、逃げてしまった。

 で、予定通りの電車に乗って、引き返す形になって、茂原。

 17時13分着。バスで旅館まで行こうと思ったが、バスの便がない。いや、あるけれど40分くらい待たなければならない。

 待つのも面倒なので、タクシーに乗って、今夜の宿「鈴木屋」へ。

 天然ガスが出て工場も多い茂原の駅前には、ビジネスホテルはたくさんあるが、市役所に近い旅館にしたのは、明日のお水取りに便利なところにあるからだ。

 この付近には昔からの老舗旅館が並んでいる。昔はこの辺りが街の中心だったのかも、近くには市役所もあるし。今は駅から離れた住宅街だが。

 部屋は一番広いタイプの角部屋。Wi-Fiが使えると言うことだったが、なんか、使えないんですけど。

 一休みして荷物の整理をしたりしていると、18時すぎの夕食の時間。

 高砂の間の3,と言われたので、もしかしたら個室?と思ったら、ここが泊まり客のお食事会場だった。

 隣の宴会場では、この近辺の自治会の会合が開かれている(らしい)。

 泊まり客は、何かの工事の関係者らしい。全国に出向いてかなりの期間の出張ということか。大変だなあと思う。

 でも、工事関係者、というと、なんか昔ながらの飯場で寝泊まり、というイメージがあったのだが、大浴場があって豪華な夕食が食べられる旅館に泊まれるんだったら、いいなあ。というか、彼らは特殊な専門技術者で、だからこういう厚遇をされるのだろう。

 

 メニューは豪華。お造り盛り合わせ、ローストビーフ、野菜天ぷら、煮物、カニグラタン、タケノコご飯に、お汁。もう1品あったかも。とにかく食べきれないくらいで、部屋のグレードいい、予約したときにハッキリ金額を確認しなかったのがなんだか怖ろしくなってきた。凄い予算オーバー?

 しかし、料理はとても美味しくて、上品な味だった。ここは料理だけの宴会客も多いのかもしれない。

 食べ終わったのが19時すぎ。

 夜はヒマなので(仕事をする用意はしてきたけど)、自転車を借りて駅方面にあるカラオケに行くことに。10分くらいのところに「カラオケ本舗まねきねこ」がある。

 一度部屋に戻って、明日のお水取りの準備をする。

 その後、外出。

 自転車で知らない街を夜、走るのは怖い。この辺は20時を過ぎると暗くなって人通りもない。住宅街だからねえ。土曜の夜なんだけど。

 で、カラオケ到着。会員証を作らされて、90分歌う。

 セルフサービスの飲み放題コースだが、カラオケルームは2階でドリンクバーは1階。いちいち取りに来ねえよ。若いグループなら取りに来るんだろうなあ。

 和田アキ子の「古い日記」などを歌う。

 このへん、もう少しで駅なのに、やっぱり暗いし人通りもない。でも、飲み食いする店はけっこうあるんだけど。

 22時過ぎに旅館に戻る。

 宴会は終わっていて、泊まり客も寝てしまったのか、館内は静か。

 で、風呂は貸し切り状態。ノンビリ浸かる。ここは人工トロン温泉、というのがウリ。

 ゆっくり浸かって部屋に戻り、明日の予定を立てていると、すごく眠くなったので、そのまま0時就寝。

今朝の体重:89.85キロ

本日の摂取カロリー:3334kcal

本日の消費カロリー:177kcal/4344歩+224kcal(自転車)

« 原稿直したり病院行ったり予定調べたり | トップページ | 房総乗り鉄の旅2日目は大ドタバタ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61501088

この記事へのトラックバック一覧です: 外房電車の旅1日目:

« 原稿直したり病院行ったり予定調べたり | トップページ | 房総乗り鉄の旅2日目は大ドタバタ »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト