« 物干し場太平記 | トップページ | 今日から5月でっけど、なかなか皮算用通りにはいきまへんな »

2015年4月30日 (木曜日)

仕事して、幸福の木の剪定と植え替えをしたら、土用なのを失念していた

 まず、戴き物のご紹介を。

Hijiri

道具屋才蔵からくり絵解き/大名時計の謎」(徳間文庫)
神田連雀町の呉服屋の主が殺された。岡っ引きの佐吉は事件の解明に乗り出すが、殺された宗右衛門の娘お多紀によると、「時計が殺した」とわけのわからぬことを言う。以前は長崎に留学しており、なにやら不思議な探索の才を持つという偏屈な道具職人才蔵に、佐吉が事件のあらましを語ると、「大名時計の中の幽霊を調べる」と言いだした……。奇妙堂才蔵からくり絵解きの始まり始まり!(裏表紙の惹句より)

時代小説に新機軸!なんだかヴァン・ダインかクロフツを彷彿とさせる本格推理の世界が展開されるようでワクワクします。人気作家・聖さんの「勝負作」(ご本人談)です!

------------------------------------------------------------------

 6時30分起床。

 今日もいい天気。なんとも気持ちがいい。梅雨に入る前の今の時期はとても清々しくて素晴らしい気候ですねえ。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。徳間新作の「第1章」。

 予定としては、なんとしても今日中に第1章を終わらせたいが……第1章はいろいろ難しいので、無理は禁物。納得いくカタチで書き進まなければ。

 途中、アサメシを挟む。4枚切りの厚切りトースト、ゆで卵、コーンフレーク。

 で……。

 ずーっと懸案だった、幸福の木の剪定を、やる。

 この木との付き合いも15年以上になる。順調に育って、花が咲くこと3回。今や枝が天井まで伸びて苦しそうだ。

 いろいろ調べると、この時期が剪定にもってこいらしい。新芽が出る時期だから。

 この木は、元々は真っ直ぐに生えていたのだが、前回の引っ越しで陽当たりの悪いキッチンしか置くところがなかった。そうしたら、陽の光を求めて木の幹がナナメに延びてしまった。それもきっちり真っ直ぐに補正してやりたい。

 ということで、剪定するのと鉢の植え替えをセットに考えている。そのためには、新しい鉢を買ってこなければ……。

 長らく行方不明だった「ノコギリ」が出てきたので、とにかく生い茂った枝と葉をすっぱりと切断。明日は生ゴミの日なので、ゴミ置き場に出す。

 で、午前中は仕事。

 お昼を過ぎると、西日が入ってきて、今日も暑い!

 エアコンを入れる。

 遅い午後、14時過ぎに外出。マルイにある東急ハンズに行けばガーデニング関係のあれこれもあるだろう……。

 その前に、富士そばでカレーを食う。

 で、ハンズに行ったら、ガーデニング関係のモノはまったく無い。以前はあったと思ったけど……記憶違いか。

 iPhoneで調べると、ダイエー系のトポスにあると。

 そうだ、トポスだった!

 と、トポスに向かう。

 直径30センチ以上の鉢でなければならないので、メジャーで測る。デザインがスッキリして美しいのは30センチ。テラコッタ風の妙な模様が入ったものは34センチ。大きさで言えば大きな方を買うべきだが……シンプルな鉢に惹かれるなあ……。

 ということで、デザイン優先で買って帰る。底石や腐葉土も買う。

 屋上に持っていって、植え替え作業。10年くらい植え替えをしていないので、根がびっしり張っている上に土が硬くなっていて、全然動かない。しかも屋上は風がキツくていろんなモノが飛んでいく。

 四苦八苦してなんとか新しい鉢に新しい「底石」を敷いて、幸福の木を古い鉢から取りだして移したら……。

 小さい!鉢が小さい!

 これはいかん。素人目に見ても、これじゃダメ。シャツの丈が足りなくてお臍が見えているような状態。

 う~ん。

 しかし今日はもう、これ以上の作業はしたくないなあ……。

 と、思って一度は撤収。屋上にまき散らしてしまった土を掻き集めて新しい鉢に入れ、大きな石は拾い集めたが、細かな砂はホウキで集めて排水口へ。雨で流れるだろう。

 もう、汗びっしょり。

 で……。

 ここまで汗をかいてしまったんだから、もう一度トポスに行って一番大きな鉢を買い、今日すべてをやってしまうべきではないか?その方がスッキリするし。

 と、思い直して、再度トポスへ出撃。スッキリデザインの鉢は、一度土を入れただけだがさすがに返品は出来ない。誰か使ってくれる人はいないかな?

 新しい鉢を買って、帰宅。

 また屋上に行くよりも、今度は風呂場で作業しよう。零れた土は水で流してしまえばいいのだ。

 

 というわけで、再度の植え替え作業。

 改めて買ってきた鉢も、充分な大きさとは言えない。深さが足りない。だけどまあ、これでヨシとする。

 ナナメになった木の姿勢を補正するのに、新しい腐葉土を入れる。土の香りがとても宜しい。

 で、なんとか収まった。

Img_1980

 これで新芽が出れば大成功。

 風呂場の排水口が詰まったので、風呂場の掃除もする。固くて開かなかった排水口のいろいろを、ニッパーを使って抉じ開けて掃除をしたら、これまで詰まり気味で流れが悪かった排水が、ざあざあと流れるようになった。

 これで気の流れも良くなればいいなあ。

 汗だくになったので、夕方だが風呂に入ることにする。

 で、お湯が貯まったのでさあ入ろうとしたときに、相方から電話。打ち合わせもして少し喋っていると、「土用なのに土いじりしちゃダメなんじゃないの?」と。

 あ。

 そういや気学の師匠・聖さんに、そう教わったっけ。

 ヤバいなあ。今日に限って、普段やらない「土いじり」をどうしてやったんだろう?

 まあしかし、やってしまったことは仕方がない。

 風呂に入る。

 何か悪い事が起きなければいいけど……と思いつつ髭を剃ったら2箇所切って血が出た。これが「土用の土いじりの報い」か?この程度で済めばいいんだけど。

 風呂から上がって、聖さんに相談を書き、ネットで「土用 土いじり」で検索してみる。

 その謂れについては詳しいが、具体的にどんな悪い事が起きるのかは、書いていない。ま、そりゃそうだろうな。個人差が大きいだろうし。

 で、「土用の間日」というのを知った。土用だからと言って土がいじれないと、農家は困ってしまう。工事関係者も困ってしまう。なので、土をいじっても良い「間日」が設けられていて、暦的に算出出来ると。

 で、今年の春の土用の間日は今日の前後だと、4月27日と5月5日らしい。とにかく今日ではなかった。

 う~む。

 夕食は、ご飯を炊いて、「コンビーフご飯」をやってみる。炊きたてご飯の温度で缶詰のコンビーフの脂を溶かして食う。

 出来立てコンビーフで有名なあるお店(どこの店だったか失念。たしか日暮里だったはず)のコンビーフでこれをやると絶品らしいが……。

 炊きたてご飯にコンビーフを載せて醤油を垂らして混ぜて食う。

 実にシンプルで簡単で、料理とは言えない。で、味は、まあ、美味い。

 しかしこれは自炊に慣れない学生の手料理ですな。

 明日は残ったコンビーフを炒めてご飯に載せてみよう。この方が美味いんじゃないか?

 メシと言うには簡単すぎるメシで、夕食は終了。

 しかし、疲れた。

 ほとんど夏だし、肉体労働もしたし、気落ちもしたし……。

 聖さんから「庭を掘り返したんじゃないんだからそんなに心配しなくていい」とお返事を戴いて、多少はホッとした。しばらくは大人しくしていよう。

 仕事したりテレビを観たり。

 ソファに寝転がっていると、寝てしまう。

 TBSの新ドラマ「ヤメゴク」は面白い。絶対笑わない片目だけ見せている大島優子が魅力的じゃん。しかも物凄く強い。

 最近悪役をやらなくなっていた遠藤憲一や宇梶剛士がノリノリで悪役をやってるぞ。北村一輝は腰抜けのダメ刑事だし。しかも大阪弁丸出し。

 かなりマンガチックだが、時間帯を考えたら、お気楽に見られる。ドンデン返しもあるし。

 その流れで「櫻井有吉アブナイ夜会」も見る。国分太一が下ネタを喋るのを初めて観た。相川七瀬が神社オタクだったとは!

 鹿児島で季節外れの集中豪雨。ネパールは機能麻痺で医療も食料もきちんと行き渡っていない。アベってカリフォルニアに留学していたはずなのに、英語の発音は下手くそだなあ。内容は国内でやっている自画自賛パターン。アメリカの議員が何度もスタンディング・オベーションをするほどのないようとは思えない。まあ、中国との兼合いで、ここは日本に肩入れしておこうという判断なのがミエミエ。

 東京女子医大と群馬大学医学部付属病院は特定機能病院の指定解除。そりゃそうだろう。この2つの病院はひどすぎる。

 眠い。

 しかし、少なくとも今書いているブロックは終わらせないとマズい。

 すごく眠いが、コーヒーを飲み、柿ピーを食べて頑張る。

 しかし、演出的に工夫しなければいけないところなので、流れを整理して、中断。

 0時30分、就寝。

今朝の体重:89.05キロ

本日の摂取カロリー:1853kcal

本日の消費カロリー:日常生活+140kcal/3555歩+78kcal(自転車)

« 物干し場太平記 | トップページ | 今日から5月でっけど、なかなか皮算用通りにはいきまへんな »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61521055

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事して、幸福の木の剪定と植え替えをしたら、土用なのを失念していた:

« 物干し場太平記 | トップページ | 今日から5月でっけど、なかなか皮算用通りにはいきまへんな »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト