« POP作り | トップページ | 新刊「悪漢刑事/闇の狙撃手」本日発売! »

2015年4月 8日 (水曜日)

雪の日光より東京の方が寒い!中、オペラ鑑賞

 6時18分、目覚まし時計が鳴ったので、起床。

 雨。

 今日は寒いらしいので、覚悟する。

 本日は、年に数回しかない「大吉方」。朝9時に日光に行ってお水取りをする。出来れば一泊したかったが、今夜は新国立劇場の「運命の力」のチケットを買ってある。出来るだけ長く日光に滞在して、東武日光線からJRに乗り入れる新宿行き直通特急に乗ることにする。

 ということで、朝のモロモロを手短に済ませる。一番時間がかかる日記は昨夜のうちに書いてしまったので、くーたんの世話だけ。

 行っちゃダメと止めるくーたんを宥め賺して、7時過ぎに外出。

 雨なので、歩いて北千住駅へ。

 駅弁を買って、日光行き「けごん1号」のチケットを買い、待合室でしばし待つ。

 で、「けごん1号」に乗り込んで、さっそく駅弁を広げる。フツーの幕の内が一番好き。

 食べてしまって、車内で願掛けを書いたり、居眠りしたりしていると、車窓の外は雪景色。埼玉県内はみぞれだったが、群馬に入ると雪になり、栃木も山の方に来ると完全に雪景色。

 本日の作戦を考える。

 本日が大吉日であることは広く知られているので、お水取りの名所である、日光二荒山神社はすごく混むだろう。平日の朝早くと言えども、日光二荒山神社のブランドは強力だ。南関東中から人が集まってくるはず。

 ならば……東武日光駅から歩いてしばしの所にある、日光の地下水を飲める場所で戴く方がイイ。というか、間違いない。お水が採れればいいのだ。

 一度、バスで二荒山神社に行って様子を観てから、とも思ったが……。

 東武日光に到着して、どんどん歩き出した。いったん二荒山神社まで行って引き返すのが面倒になったのだ。

 日光消防署近くで、お水を戴く。ここには行列はゼロ。

 ここまで来たら、駅に引きまえしてバスに乗るのが面倒。二荒山神社まで歩いてしまおう。

 雪が降っているのに、案外、寒くない。というか、歩いていると汗ばんできた。湿気が多いのね。

 で、地方発送分のPOPを持ってきていて、初台の東京オペラシティ郵便局から発送しようと思ったが、大吉方の日光から出した方がいいことがあるかもしれないと思い直して、途中にあった日光郵便局から、発送。旧冊子扱いより普通郵便の方が安かった。

Img_1922
Img_1924

 10時前に二荒山神社、到着。

 案の定、霊泉入口には長い行列が出来ていて、全然進まない。先に別の場所でお水を取っておいてよかった。

 お参りして、おみくじを引くと、「吉」。

 で……。

 このあとは、日帰り温泉に行って午後まで滞在しようと思っているが、そこへのバスはあと1時間以上待たなければならない。

 雪だし……。

 タクシーに乗ってしまった。

 そんなに遠くないだろうと思ったら、結構遠かった。1700円くらいかかった。

 で、日光市営の「やしおの湯」到着。

 ポンプの故障で、露天風呂は13時からと。

 とにかく、一ふろ浴びる。

 アルカリ性のお湯はかなり濃厚で、ぬるぬる。あ~気持ちいい!

 風呂から上がって、休憩所というかロビーというか、ソファや座卓が並ぶ場所で、持ってきたゲラを見る。

 11時30分になって、レストランと言うには質素すぎる「お食事処」が営業開始したので、行く。

 と……。

 食券の自動販売機の前に、マイミクのFumikaさんが!

 声をかけたら5秒ほど気がつかず、やっとおれを認識してくれて、「あ!」。

 そういや以前、筑波山温泉の「江戸屋」のロビーで、おれの顔をやたら覗き込む無遠慮なオバハンがいるなあと思ったら、マイミクのみーやさんだった。その反対の立場になったのね。

 予想外のヒトが出現すると、認識するまで時間がかかるのだ。

 で、Fumikaさんと一緒にランチ。期間限定メニューの「そば・舞茸天ぷら・なめこ・湯葉」のセットにする。おれはざるそば、Fumikaさんはかけそば。

 舞茸天ぷらが肉厚で、美味い。

 いろいろ話し込んで、車で来ているFumikaさんに駅まで送って貰えることになった。

 彼女はお風呂はまだだったので、ゆっくり入って貰うことにして、14時30分に集合ということになる。なんだか申し訳ない。

 おれは、休憩所とは別の「交流場」という小上がりのあるところで、ゲラを再開。

 面倒なところはスルーして、だいたい見終わったが、まだ13時。

 露天風呂が始まったので、もう一度風呂へ。

 おお!露天風呂に行くと、思いがけない雪見風呂!

 これは有り難い。というか、なんとも贅沢な気分。4月に雪見風呂が出来るとは!今期は諦めていたのに。

 ゆっくり浸かっても、30分が限界。お湯が結構熱いので長風呂が出来ない。

 また「交流場」に戻って、もう一度ゲラを見ようとするが、飽きてしまったし、眠くなってきた。しかしここで寝ると絶対に風邪を引くので、我慢。

 iPhoneでネットをあれこれ。

 ふと、新宿直通の特急、満席なんて事はないだろうな?と不安になってきた。しかしiPhoneから特急の予約は出来ない(東武線内の特急は出来る)。駅に問い合わせたら、空席は100以上あるとのこと。まあ、大丈夫か。

 14時を過ぎて、そろそろfumikaさんとの待ち合わせ場所に行っておこうと思い、撤収。

 で、時間前にFumikaさん登場。

 駅まで送って戴く。

 14時50分に東武日光駅到着。

 帰りの車中で食べる駅弁(またも幕の内)を買い、下今市までの連絡電車に乗る。

 で、下今市で鬼怒川温泉から来る特急に乗り換えて、新宿へ。

 車中で駅弁を食べ、東武からJRに乗り移る「栗橋」駅を観察。

 なるほど、渡り線に入ると、ここがデッドセクションになっていて、電気が消えるのね。

 東武のスペーシアがJR宇都宮線を走るのは、なかなか奇妙な気分。って、気分だけの話だけど。

 埼京線を通って新宿に行くのかと思ったがそうでもなく(浦和に停車した)、赤羽から旧赤羽線に入るのかと思ったらそうでもなく、駒込付近にある東北本線と山手線の連絡線を経由して山手貨物線に入った。この線区を走るのは初めてだったので、ワクワク。

 で、定刻に新宿に到着。電車を降りたら、刺すような冷気。
 日光より寒いじゃん!
 そして、南口から京王新線の駅までは、けっこう遠かった。

 初台到着。成城石井でおやつを物色していると、相方からメッセージが。もう新国にいると。

 クッキーとコーヒーを買って、新国へ。

 ホワイエで相方と合流して、コーヒーを飲み、客席へ。右サイドだがなかなか良い席だった。

Destino

 しかし……。

 ヴェルディの「運命の力」って、トンデモ・オペラというか……。

 いや、有名な序曲は素晴らしいし、歌手はみんなレベルは高いし音楽は素晴らしい。東フィルもいいし、音楽は素晴らしいのだ。しかし……お話が……。

 インカ帝国の末裔というアルヴァーロ(テノール)がもう。登場すると災いを起こす「嵐を呼ぶ男」というか「ドジ男」というか「不運な男」。コイツさえいなければ、悲劇は起きなかったのに……。

 しかも、登場人物に「葛藤」がない。ヒロイン・レオノーラの兄はアルヴァーロの戦友だが、手紙の束を託されて、「見ようか見るまいか」激しく迷うが、見てしまうと、それまでの固い友情は吹き飛んで、一瞬にして「おのれ親の仇」な気持ち一色になってしまう。「親の仇だけど戦友だし友情を誓ったんだよなあ」という葛藤は皆無。

 アルヴァーロはレオノーラと駆け落ちに失敗して離ればなれになってからは軍隊に入ったり修道院に入ったりして「死に場所」を求めるが、その都度、災いを呼び込んでしまうし……。

 レオノーラもレオノーラで、もっと他にいい方法があるだろうと思うのだが……。

 そんな登場人物ばかりで、感情移入が出来ない。

 だけど……新国の以前の公演を観て、激しく感動して、また観たい!と思ったんだけどなあ……。

 以前の演出がハマったのかもしれないが……。

 終幕は、アルヴァーロは愛するレオノーラと再会出来たと思ったら兄に刺し殺されてしまうのに、「これでいいのだ」みたいなことを言う……。なんだかねえ。

 とは言え、序曲はやっぱり名曲だし、終盤のレオノーラのアリアは絶品。これを聴くだけでも、奇妙なストーリーを我慢する価値はある。

 だけど……前回の公演では、「本当に運命に翻弄された可哀想な二人であることだなあ」と思って感動したんだけどなあ。

 レオノーラの兄の芝居が問題だったのかねえ?歌は素晴らしかったんだけど。

 終演後、そのまま帰宅。しかしおれは腹が減って、北千住駅の「富士そば」でコロッケそばを食べる。

 23時近くになったが、風呂に入り、相方から戻っていた「黒い報告書」の原稿をチェックして、担当U氏に送り、POPを大量生産する。

 かなり働いて、1時過ぎ就寝。

今朝の体重:89.75キロ

本日の摂取カロリー:2111kcal

本日の消費カロリー:514kcal/12724歩

« POP作り | トップページ | 新刊「悪漢刑事/闇の狙撃手」本日発売! »

コメント

わはははは‼
お水とり、ご無事に済んで何よりです。
フミさんにお会いするとは偶然ですね。
因みに私は、オバハンではなくて、オネエサンでございます。σ(≧ω≦*)

みーやおねえさま:不適切な発言がありましたことをお詫び致します。

It's a mammoth playground built of mountains, hills, lakes, agedbbdfdcda

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61412390

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の日光より東京の方が寒い!中、オペラ鑑賞:

« POP作り | トップページ | 新刊「悪漢刑事/闇の狙撃手」本日発売! »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト