« 5月30日/今度の震度4って、ほんとに震度4? | トップページ | 6月1日/やっと「第3章」進み始めた »

2015年5月31日 (日曜日)

5月31日/ぶらり千葉歩き&POP作り

 7時前起床。

 晴れ。

 数ヵ所にくーたんが吐いたあとがあった。まあすぐには直らないだろう。

 でも、くーたんの顔はいつもの優しい表情に戻っていたし、抱っこもされたので、たぶん大丈夫だろう。本当に調子が悪いときは顔が強ばっているし抱っこもされない。

 朝のモロモロを済ませる。

 くーたんは待ち兼ねたようにアサメシ(いつもよりかなり少ない量を出した)を食べた。

 アサメシは、ご飯、目玉焼き、昨日のカツオのタタキに付いてきた大根の千切り、インスタント味噌汁、キュウリの漬け物。

 醤油に浸した千切り大根をホカホカご飯にのっけて書き込むのは、美味い。ヨーロッパ旅行をしていてごくたまに食べる日本食でナニが一番美味かったかって、どんな高級な料理よりも、この「千切り大根ご飯のっけ」。ただし、炊きたてご飯に限る。これはたぶん、醤油とごはんの相性が最高だからだろう。

 NHK-FM「きらクラ!」先週放送分の残り30分を聞きながら、ネットでニュースを見たりしていると、あっという間に12時が迫ってきた。

 ちょっと外出。

 千葉の検見川へ。

 しかしもう、空気と日差しは完全に夏。それも、真夏。暑い!

 京成の検見川駅からすぐの検見川神社に寄って、境内をしばし散策。ここは久しぶりだが、改めて、いい神社だなあと思う。涼しくて穏やかな風が境内を吹き抜けていく。

Img_2070

 境内を抜けて、JR新検見川駅方面へ歩く。

 このへんは、なんか独特な雰囲気があって、好き。

 南側にロータリーがあって開けているようなのに、食い物屋は北側に多い(って事もないか)。

 「餃子の王将」でランチ。迷った末に「焼きめしセット」を食べる。

 以前ここに来たとき、店員さんが間違えて、先客のおじさん(何度も書くが、おれも立派なおじさんではある)より後から頼んだおれに「焼きめし」を運んで来た(同じオーダーだったのね)のに激怒したおじさんは「もう要らん!」と席を蹴って出ていったのを思い出すなあ。おれにも責任があるように思えてバツが悪かったもんなあ。だけど同じ注文をしていたなんて、おれ、知らないもんなあ。6年くらい前の話だけど。

 ゆっくり食べて、14時30分の総武線で錦糸町まで。車内で、iPhoneに入れた「第3章」の構成をじっくりと読み直してイメージを広げる。このイメージが映像として脳内に広がらないと、書けないのだ。

「映画を観ているように書く」とスティーブン・キングは言ったそうだが、まさにその通り。

 しかし……ウトウト。冷房の効いた車内は気持ちがいいので、寝てしまった。

 このまま中野まで行ってしまいたかったが、そうもいかん。

 錦糸町で降りて、半蔵門線に乗り換えて、北千住。

 北千住駅構内で「本日最終日!」という伊勢崎のドーナツ屋のドーナツを買う。時々、甘いモノが無性に食いたくなる。

 そのまま帰宅。

 部屋に戻ったら、iMacのスピーカーから音楽がかなりの音量で鳴っている。「きらクラ!」を自動で録音していたのだが、スピーカーの音量を上げたままだった。

 シェードを下ろして、遮温していったのだが、やっぱりエアコン1台では充分に冷えない。

 キッチンのエアコンを付けて、真夏と同じ体制。

 疲れてしまって、しばし寝る。だったら「餃子の王将」でビールを飲んでも同じ事だったな。

 「焼きめしセット」のボリュームがあったので、夕方になっても全然腹が減らない。

 日テレ「バンキシャ」を見て、NHKの19時のニュースを見て、「鉄腕ダッシュ」を見る。長瀬が沖縄のアグー豚の養豚場を訪ねる。この養豚場は清潔そのもので、1日2回、清潔好きの豚を水洗いして、養豚場の床も水洗いする。一般的な養豚場は臭くて不衛生だが、清潔好きな豚は、あの環境ではおおいにストレスになっているだろう……。

 前足を柵にかけて、長瀬の手から餌を食べる豚は……可愛い。凄く可愛い。こういう映像を見てしまうと、豚を食べられなくなってしまう。養豚場から出荷される豚を見たときもそう思ったんだよなあ。だから、那須の牧場に行って、牛にエサをあげたりした後にステーキを食べるというのは、出来ない。

 本当のことを言うなら、江戸時代の人のように、基本的に四つ足の動物は食べない、というのが正しい気がする。いや、ニワトリだって可愛いんだけど。(江戸時代、鯨は魚扱いだった)

 「世界の果てまで行ってQ!」が終わる頃に、相方来訪。

 まず、タイミングよく淹れ終わったコーヒーとドーナツを食べる。なかなか美味い。表面に白い砂糖がコーティングされたような「メープルメープル」というのが一番美味しかった。

 で、「架空対談」のゲラをやってから、新刊「悪徳探偵」のPOP作り。

 おれは、なかなか案が浮かばず、ゲラをPDFにして担当F氏に送ったり、新刊の献本リストを送ったりしてから、ようやくPOPの文面を考え始める。

 相方は先にPOPを書き終えて、帰る。

 その後、おれはMacで考えた文面を手書きして、完成。

 出来たモノをPDFにして担当F氏に送る。

 風呂に入る。

 ちょっと足が痛い。

 風呂から出ると、くーたんがまた妙な声を上げて、吐いた。まあ、これで明日も吐いたらまた病院だ。

 涼みがてらゴミ出しをしに外に出たら、ムワッと暑い。真夏の夜だ。「in the heat of the night」(「夜の大捜査線」の原題)という言葉を思い出すなあ。

 「NNNドキュメント/あいつは、ミナだ 差別と闘い 新潟水俣病50年」を一部見る。全部は見られなかった。あまりにひどい事実だから。番組としては優れていたのだが。

 水俣病も、イタイイタイ病も、一連の公害病では、こういう無知蒙昧な連中のクソのような攻撃があった。本当に腹立たしい。まったく視野狭窄で無知で品性下劣な人間どものやることは賤しくて反吐が出る。こういう事をしたヤツらはまだ生きているのだろうか?生きているとしたら、知らん顔をしてのうのうとしてるんだろうな。品性下劣なヤツらって生命力だけは強いからな。そして何より問題なのは、こういう悪しき日本人のメンタリティは昔とまるで変わっていないということ。まったく進歩がない。賠償とか慰謝料を貰ったら匿名の嫌がらせがたくさんあるという現実。なんとかならんのかね?こういう妬み嫉み体質。

 録画しておいた「ヨルタモリ」を見る。この番組は特にタイアップでゲストが来るわけではないのが気持ちいい。タイアップだと、いろいろ宣伝が入ってシラケるのだ。

 今夜のゲストは松本幸四郎。ギタリストが「松本さん」と呼びかけたら「松本さんと言われると引越センターみたいだから幸四郎と呼んでください」と切り返したのは、さすが。歌舞伎の重鎮というか大看板が、市井なことを口にするだけでもなんだか嬉しくなってしまう。テレビに出まくっている中堅・若手ならいざ知らず、このクラスがテレビネタを軽く口にするのは、なんだか、いいねえ。まあ、幸四郎だってテレビと縁が薄いわけじゃないんだけど。

 TBS「芸能人(秘)ヒキダシバラエティ★あけるなキケン★小籔&若林&E-girls」も見てしまった。矢口ちゃんが出ていたが、もう解禁?しかし彼女は小さいねえ。捕まった宇宙人みたいだよなあ。

 夜に飲んだコーヒーが効いて、全然眠くならないのだが、寝ないとマズいので、2時就寝。

 知る人ぞ知るアメリカのSF小説の名作を学生時代におれが自主映画化していたことを思いだして、なんとか上映できないかと思い立つ、という意味深な夢を見たが……。これにどういう意味が秘められているのだろう?

 おれはフロイトの学説を信じているのだが、最新の学説ではどうなんだろう?夢に意味はない、というのが定説になっていたりして?

今朝の体重:89.20キロ

本日の摂取カロリー:2168kcal

本日の消費カロリー:日常生活+203kcal/5558歩+28kcal(自転車)

« 5月30日/今度の震度4って、ほんとに震度4? | トップページ | 6月1日/やっと「第3章」進み始めた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61677723

この記事へのトラックバック一覧です: 5月31日/ぶらり千葉歩き&POP作り:

« 5月30日/今度の震度4って、ほんとに震度4? | トップページ | 6月1日/やっと「第3章」進み始めた »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト