« 人に左右されない心を養うべきか、集団本能に身をまかせるべきか?GWに考えた | トップページ | 本日はまるで仕事になりませんでした »

2015年5月 6日 (水曜日)

仕事して、千住の「旧赤線跡」を歩いてみた

 7時前起床。

 快晴。

 昨夜洗っておいた洗濯物を干しに行く。

 と、朝の7時から布団を干す人がいた。布団を干すには早すぎるだろ?朝の湿気を吸ってしまうんじゃないの?

 赤ちゃんかペットがおねしょしたので、一刻も早く干したかったのかな?

 朝のモロモロを済ませる。

 日記を書いていて、「世間が休みだからと言って、どうしておれまでもが気持ちが浮き足立ってしまうのか?」という事について考察する。まあ、基本的に今年のGWは好天に恵まれたから、どこかに行きたい外に出たいという本能が刺激されたんだろうなあ。

 相方から届いている「対談形式のエッセイ」、おれの部分も相方が想定して書いてくれたが、それに補足。我々の『創作の秘密』をかなり明かした内容になったと思う。

 お昼過ぎに出来たので、相方に戻して、ブランチ。

 昨日作ってみたキャベツの千切りに炒めたソーセージ、ご飯、インスタントのしじみ汁。

 午後は、徳間新作の「第2章」に入る。

 まず、相方から来ている第2章のメモを頭に入れなければ。

 しかし、なかなか入らない。

 トーストを1枚食べる。

 天気がいいなあ。

 夕方、また千住のシマの中をぶらつこうと相方を誘う。

 それまで、「積ん読」状態だった定期購読の雑誌を整理。と言っても「ねこのきもち」なのだが。

 この「ねこのきもち」は、写真のセレクトが秀逸なのと、付録がこれまた極めて優秀なので、記事の内容に特別代わり映えはしないけど、創刊号から定期購読を続けている。と言うか、この雑誌は定期購読しか出来ないのだ。

 まあ、猫が喜ぶナデナデの仕方とかは、もう熟知してるんだけど、病気の早期発見とかの記事は参考になる。

 で、17時を過ぎて、相方から「合流地点に向かっている」とメッセージが入ったので、おれも出発。

 自転車で走っていると、前方に相方発見。

 本日は、千住の旧赤線地帯を散策してみる。

 この辺で有名なのは、永井荷風も通った「玉の井」(ここは私娼街) だが、宿場町の千住にも遊郭はあった。

 新宿二丁目とか浅草千束とか大阪の飛田とか、多くの「旧赤線」は売春街こそなくなったものの、かたちを変えて性風俗産業が続いている。しかし、千住の遊郭は、売春防止法施行でキッパリと止めてしまって、すべての店がアパートや旅館に転業したらしい。ここまですっぱり辞めてしまった例は珍しかったらしい。

 調べてみると、経営者は農家のヒトが多かったので、オカミに従順だったのだろうという記述があったが……。

 以前にもなんどか自転車で走ったことはあったが、まるで痕跡はない。玉の井は、あの曲がりくねった道は区画整理されることもなくくねくねしていて、それが妖しさを残しているが、千住は碁盤目に道が走っていて、そういう雰囲気もまるで残っていない。

 信用金庫の支店の前に自転車を止めて、歩く。

 千住大門商店街は、店が揃っていてこじんまりとまとまった、なかなか雰囲気のいい商店街だ。商店街とは名ばかりで、ほとんどシャッターを下ろしっぱなしとか普通の家になってしまった通りは多いけど、ここは違う。

 いい商店街のある街は、街が生きている感じがするんだよね。

 数軒の家に、昔の痕跡を感じたけど、こういう家も、あと数年で、平凡なマンションに建て代わるのだろう。

 本気で「旧赤線の痕跡を辿る」つもりなら、もっと事前準備をして「この辺を歩く」と決めて臨むべきだが、今日はそんな気はない。ただ、街をボンヤリ歩きたいだけ。

 今は普通の街だし、古い建物にも人が住んでいるので、写真は一切撮らず。

 小1時間歩くと、もう日が暮れかかった。スタートが17時過ぎだったからねえ。

 腹が減ったし、陽も落ちてきたので、街歩きは終了して、メシにする。

 この界隈の店に入ろうかと思ったが、みんな飲み屋さんで、食事をする雰囲気ではないので、敬遠。

 この方面には美味しいと評判だった洋食屋さんが2軒あったのだが、一昨年相次いで閉店してしまった。残念だが仕方がない。

 で、入ったことのある店にする。

 日光街道沿いに「キッチンエッグス」という店があって、ここは2度ほど来て、美味い事は検証済み。

 自転車を飛ばして行ってみると、GW期間中はお休みだった。

 極めて残念。

 また千住大橋の「ポンタポルテ」(ん?「ポルテポンタ」だったっけ?)に行こうかと相方が言ったが、連休最終日だから、「はま寿司」は混んでいるだろうし……。

 ということで、千住の商店街の路地にあって、前からチェックしていたのだが入ったことがなかった、お好み焼き家さんに決めた。

 大阪や広島のお好み焼き屋は、お店の人が、つまりプロが焼いてくれて、客は食べるだけだが、東京のお好み焼き屋は、何故か客が焼くのがデフォ。店は具を用意するだけだから、こんなラクな商売はない。マズくてもそれは客の焼き方が悪かったんだと言えるし。

 ウチの田舎では、自宅でお好み焼きを焼いたから、自分でも焼けるとはいえ……。大阪人も、デートで男が焼いてみせるとモテるという都市伝説が(以前は)あったが……。

 プロが焼いた「美味しいお好み焼き」を食いたい。客に焼かせる店って、店の人が焼けないんじゃないか?という強い疑いを持っているのだが。

 客が焼くと、全身脂まみれになってしまうのも嫌なのだ。

 で、初めて入る「もぐらんぽ」という店は「お店が焼くお好み焼き」がウリ。それだけ、自信があるのだろう。

 で、二人で入り、おれはビールを頼む。

 牛すじにネギたくさんの「大阪焼き」に「豚玉」、新タマネギを焼いてその上にシーチキン・マヨネーズを載せた「新たまステーキ」を頼んで、食う。

 美味い。が、ちょっと冷めている。おれは猫舌だけど、お好み焼きはもっと熱くてはふはふ言いながら食べたいとは思ったんだけど……。

 ヤキソバか焼きめし系で〆たかったが、相方が反対したので、ジャガイモ・ベーコン・チーズをピザみたいに焼いたもので〆る。これも美味かった。

 ビールが入ってしまうと仕事の打ち合わせは出来ないので、仕事以外のアレコレを喋って、20時過ぎに解散。

 帰宅して、「笑ってコラえて!」を見る。

 この番組、やっぱり好きだなあ。普通の水曜はテニスで見られないけど、毎週録画して、キチンと見ようかなあ。

 途中でくーたんにご飯を出す。

 寡黙でくそ真面目な柔道家が多い中で、篠原信一ほど当意即妙なオモロイひとは珍しい。このヒトは実にいい!

 しかし、ビールをジョッキ1杯飲んだだけなのに、物凄く酔っ払って、ソファに寝るとそのまま眠りに落ちてしまう状態。

 まあ、とても経済的だけど。

 その後、風呂に入り、眠くて堪らないので、23時30分、就寝。

今朝の体重:89.30キロ

本日の摂取カロリー:2249kcal

本日の消費カロリー:日常生活+116kcal/2617歩+118kcal(自転車)

« 人に左右されない心を養うべきか、集団本能に身をまかせるべきか?GWに考えた | トップページ | 本日はまるで仕事になりませんでした »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61552229

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事して、千住の「旧赤線跡」を歩いてみた:

« 人に左右されない心を養うべきか、集団本能に身をまかせるべきか?GWに考えた | トップページ | 本日はまるで仕事になりませんでした »

安達瑶の本

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト