« 今日から5月でっけど、なかなか皮算用通りにはいきまへんな | トップページ | 集中力が出ないっ! »

2015年5月 2日 (土曜日)

仕事してテニスして……「64」に脱帽!

 7時過ぎ起床。

 快晴。朝から室温は28度。

 ウチの窓は上部に「風取り窓」とでも言うべき窓の中の窓があるが、それを全開にして換気扇を回す。ここにはおれ特製の網戸を取り付けている。10階だから虫は来ませんよと管理人に言われたけど、ンなこたぁない。蚊も蠅も正体不明の虫もどんどん入ってくる。

 朝からエアコンを回したいが、まあ、外の風を入れてサーキュレーターで部屋の中の空気を掻き回すと、なんとか涼しくなった。午前中はなんとかエアコンなしで頑張ろう。

 おれは暑さに弱い。冷房病にも弱いけど。

 朝のモロモロを済ませる。

 仕事開始。

 アサメシを挟む。例によって、厚切りトースト、ゆで卵、コーンフレーク。

 アイスコーヒーを作って、仕事再開。

 思えば昨日は本当に枚数的には進まなかった。『捗が行かない』。これって職人言葉だったのね。ハカってなんだろうと思っていたのだ。

 が、今日はなんとか進んで、昨日何故か進まなかった部分が終了。もう一山越えれば「第1章」は終わるのだが……。

 しかし、世間はGW。どこに行っても混んでいる。メシを食うのも順番待ちだし電車も道路も混んでいる。こんなときにどこかに行くのは愚の骨頂……。

 だから仕事。

 とは思うけど……。

 こんなに天気がよくて、世間が楽しい気分に満ちていると、ちょっとはどこかに行ったりしたい。海を見ながらメシを食うぐらいのことをしたい。したいなあ……。

 しかし、おれの考えそうなことはみんな考えるんだから、「海の見えるメシ屋」は超満員だろう。

 しかし、ウィークデイに行くと、そういう店は休みだったりするんだよなあ。

 ちょっと外に出たくなり、書類を税理士の先生に送りがてら、外出。

 北千住東口を徘徊して、昨夜見つけられなかったアップルパイの美味しい店を発見!

 物凄く地味にやっていた。味が変わっていなければ、ここのパイは日本中、どこの店にも引けをとらない味だと思う。甘さ控えめで、上品な味で、とにかく美味しいのだ。

 でも、今日は買わない。

 その近くのラーメン店「汐屋」でパイコー麺と半チャーハンを食べる。ここの炒飯はもの凄く美味いので、本当は炒飯を食いにいったのだが……パイコー麺の誘惑に負けてしまった。

 パイコー麺と言えば、新宿万世で味を覚えたのだが、新宿万世のパイコーとは違って肉はかなり薄い。最初は「なんだこれは」と戸惑ったほど。しかし、こういうパイコーもあるはず。味は美味い。他の店はカレー風味だったりするが、ここはストレートなパイコー。

 もちろん半チャーハンも美味い。

 しかしこの1食だけで、ゆうに1000kcalを越えてしまった。

 帰宅して、仕事を再開するが、午後になるともう、エアコンなしではいられない。建物が古いせいか、最上階なので屋上が熱せられて「オーブン状態」になるのか。

 各部屋がみんなエアコンを使うようになれば、建物全体が冷やされて、なんとかなるのだが……今はその「調整期」。

 しかし1台だけでは冷えないので、キッチンにある2台目のウィンドウ用エアコンも回す。今年初。

 まだ5月なのに、エアコンを2台も回すのは、気が引けるのだが……誰に対して気が引けるの?

 おれは車には乗らないし、電力を消費する以外に二酸化炭素は出さない(いや、呼吸はするけど)んだから、許してくりゃれ。節電についても、灯は蛍光灯とLEDだし、電力供給量が逼迫してきたら、エアコンを切って我慢するけど。

 仕事は、このままやれば今晩中にもう一山越えられるだろうという手応えはあった。

 しかし……。

 今月は、毎週水曜のテニスが2度も休講で、その分他の時間に振り替えしないとレッスン代が無駄になってしまう。それプラス、4月8日に休んだので、その分の振替も取らないと……。

 ということで、今日の17時30分から振替レッスンの予約がある。

 振替をキャンセルしようかと、激しく迷う。

 だけど、迷ったときはテニスに行く方がいいのだ。今までの経験上。

 ということで、行く。

 エアコン2台回したので部屋もかなり冷えたので、キッチンのエアコンは切っていく。

 で、以前数回このクラスで振替レッスンを受けたのだが、その時よりレベルが上がっているのでビックリ。レギュラーの皆さんが凄く巧い。いや、今日はおれ以外にも振替の人がいて、その人たちが上手なのだ。

 女性ばかりの中に、オッサンが二人。こうなると男は萎縮しちゃうのよね。

 レッスンはまあまあ。というか右のボレーはコーチに褒められた。しかしバックハンドのボレーは宜しくない。まるでダメ。いつもはもっとマシなのに。

 

 試合は、なかなか良かった。思ったところに弾が飛んでいったし、カバーも出来て捕球も出来た。

 気分良く終了。

 風呂に入る。

 昼間食べた「パイコー麺と半チャーハン」がまだお腹に残っている。だったら晩メシは抜いてしまうか、と思ったが、風呂に入ると腹が減ってきた。かと言ってたくさんは食えない。

 北千住まで戻って、東武北千住駅構内にある「海鮮三崎港」で寿司をつまむ。

 いつもは10皿以上食うが、今夜は5皿にしておこう……と思ったが、7皿食ってしまった。マグロ赤身、イクラ、ハマチなどの盛り合わせ3貫、ネギトロ、鮭タマネギマヨネーズ、アナゴ、甘エビ。

 昼間は真夏同様だったが、さすがに夜は涼しい。Tシャツ1枚だと冷えるほど。

 しかし、帰宅すると部屋は暑いぞ。やっぱりこの建物に問題があるんだろうなあ。まあ家賃が安いし間取りも周辺環境も気に入ってるからなあ。

 テレビをつけるとなにかの番組で「今、注目されているのは北千住!」というのをやっていた。

 さもありなん。北千住は交通が便利だし物価も安いし治安もいいし、最近は急に大学が増えて店もバラエティが増えた。

 なので地価が上昇しているらしい。という事は、もともと北千住の家賃相場は高いけど、もっと高くなっていくんだろう。

 ますます引っ越せないじゃん。夏だけなんとか凌げれば、この部屋は気にっているのだ。

 だから、夏にエアコンは使うぞ!誰に遠慮する必要があろうか。

 くーたんにご飯を出したりちょっと遊んだりして、NHKの「明治神宮の自然」を見逃してしまった。あれほど広大な「人工森林」も珍しく、その植生もかなり研究されていて、武蔵野の自然に近いらしい。この明治神宮の森は、かなり誇らしいものだ。

 で。

 昨夜、再放送を見て、「このドラマは凄い」と思った、「64」の第3回を見る。

 うわ~。これはスゴイや。凄いドラマ。

 あの名作「クライマーズ・ハイ」を作ったチームだから、こういうドラマは巧いのだが、キャストが凄い。地味だが凄い。

 まったくふざけないで笑みすら見せないピエール瀧が、己の良心に恥じないように動いて板挟みになって苦悩する県警広報官。

 やると決めて動き出すときの顔が、カッコイイのだ!

 これぞ、男の顔。カッコイイおっさんの顔!

 このドラマは、いろんな立場から攻めてくるおっさんが集結している。そしてみんなマジだ。きたろうも吉田栄作も中原丈雄も柴田恭兵も平岳大も高橋和也も、小野了(え?警視庁で右京さんをいびってなくていいんですか?)も。

Castpic_01
Castpic_11
Castpic_19
Castpic_20
Castpic_21
Castpic_17
Castpic_12
Castpic_18
 中でも異色のキャストが、県警本部長役の古今亭菊之丞。いや〜もう、ハマりすぎで気の毒なほど。この人のイヤミさには参った!巧すぎる!



Castpic_16

 民放では不可能かもしれないこの渋いキャスト!みんなもう、巧すぎる人たちばかりで、全編、ヒリヒリ。ヒリヒリの極み。

 ピエール瀧の部下になる若手も巧い!山本美月は、「アオイホノオ」のぽや〜んとしたアイドル風の上級生とは打って変わって、きりっとしていて、素晴らしい!

Castpic_04
Castpic_06
 広報官と対立する記者たちも、腹が立つほどリアルで、こんなクソ生意気な連中と付き合ってるとさぞやストレスが溜まって爆発しそうになるだろうなと思う。リーダー格の若い記者より、正義感ぶってヒステリーを起こす若い女記者のキャラクター造形が巧い!こういうの、本当の姿を知らないと設定出来ないんじゃないか?

Castpic_07
Castpic_09
 犯人に娘を殺された遺族の段田安則も、味があって……。

Castpic_26
 このドラマは、脇役が全員、「立って」いて、背景みたいな人物は誰もいない。みんな生きて、その人物を主張している。それが凄い。

 そして、ロケ場所も吟味されていて、実に味がある。前回で登場したスナックの駐車場の佇まいなんか、見事すぎて溜息が出た。


 まあ、一般人にすれば、ノンキャリのトップの座である刑事部長に誰がなろうと、警察がキチンと仕事をしてくれればいいのであるから、そういう組織内のアレコレなんか知るかい、と思うのだが……。

 これだけマジに男たちが苦悩してドタバタする姿を見せられると、もう、降参だ。脱帽だ。

 この緊迫感。テンションが張り詰めっぱなしで緩むことがない。これ以上緊張が高まったら吐いてしまいそうなくらいのキリキリ感。

 ダレたドラマが多いし、最近は「ユルいドラマ」がもてはやされたりするが、こういう冷水浴びせられまくりの厳しいドラマもあっていい。いや、なければならない。

 もう、あんまり凄くて、呆然としてしまった。

 こういう世界を描いてみたいものだ。いつか。

 その後は、仕事するにはパワーが無くなったので、「新チューボーですよ!」の最後の部分だけ見て、1時前に寝る。

 内容は覚えていないが、「64」の世界を彷彿とさせる現場に放り込まれて(ドラマの収録現場ではなく、あのドラマの中の世界)ピエール瀧みたいに苦悩する夢を見て、汗ビッショリになって目が覚めた。

 部屋が暑いのもあったが、なんとも息苦しい夢を見たモノだなあ。

今朝の体重:88.60キロ

本日の摂取カロリー:2598kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal(テニス)+163kcal/4690歩+102kcal(自転車)

« 今日から5月でっけど、なかなか皮算用通りにはいきまへんな | トップページ | 集中力が出ないっ! »

コメント

昨日日記を読んだとき、ツッコミどころがいくつかあって、コメントしようかと思いました。結局、Macのシステム構築やアプリ導入に夢中で、控えてしまいましたが。
とくに気になったポイントは、節電についてです。
私は政府と東京電力憎し、というか、原発について根本的に反対ですから、なるたけ電気を使うまいという方針をたてています。世界の国家間格差がエネルギーひとつとってみてもむしろ広がっていることに腹を立て、日本やアメリカは国家の方針として「電力資源は有限である→節電に努めよう」というスローガンを打ち立てるべきだ、と考えてます。
しかしです、矛盾しますが人間の暮らしは自由であるほうがいい、おかみが個人の趣味趣向に口出しするな、というのが持論です。
私自身で言うと、寒がりなこともあって、石油ストーブの灯油はケチりません。ガスを燃やす暖炉もあるのですが、これも多用してます。ちくりと心に痛みは感じますけど、生活の快適さを放棄しません。
シエラレオネ国民ひとりあたりの1年間の電気消費量は、自販機の缶ジュース1本に費やされる電気と同程度、という衝撃のデータを知ったとき、実に複雑な気持ちでした。しかし、だからといって私が今さらシエラレオネ国民に合わせるのもどうか、と思います。
行き着く先は結局のところ、原発です。そもそも放射能廃棄物の処理法がまったく解決できていない現状では、危険以前の厄介物以外何ものでもありません。馬鹿どもがクルマによる死者数より原発事故の死者数が少ない、などという詭弁を並べて擁護していますが、それならいっさいの物流をやめてリヤカーと自転車で運んだ食材だけで暮らし、アマゾンも楽天も即座に解散させ、生協の宅配なんぞ即刻中止させてこその論となります。そこまで考えを深化させて初めて成立します。
なんて安達さんの日記を読んでいてぼんやりと思いを馳せていました。
繰り返しますが、生活はその人にとって快適であり、その自由を保証すること! で、個人的には国が「もう少しエネルギー消費量を抑えようよ」と呼びかけること。しかし、「わかった、控えよう」という国民がいて「いやだ、暑いのは」と無視する国民がいる、というのが健全な民主主義です。
この問題以外でも思うことが多々あったのですが、このへんで。

みんなが電気を使わなければ、無理に原発を作る必要もなくなる……のか?と考えてみると、そんなことはない、と思わざるを得ません。火力発電所を閉鎖して原発に換えたい、と言うのが電力会社の本音でしょう。
節電しても、原発建設の抑止にはならない。
でも、無駄な電気を使わないようにするのは、どう考えても正しいことです。
ただ……夏のエアコンは、「電気の無駄使い」ではないのです。特にウチのように西日が直射してオーブン状態になるコンクリート建築に住んでる者としては。猫まで吐くんですから、誰に批判されようとも、エアコンは使います。
で、電気に関すること以外で、この日の日記にツッコミ処ってありましたっけ?
あとはテニスのことと「64」のことしか書いていないので……。

<捗が行かない>という言葉を目にしたのは久しぶりです。はか? がいかない……、でよかったっけ? と読み方まで一瞬、うろ覚え状態でした。
あとは、パイコー麺のことです。
私はパーコー麺と呼んでます。昔話をするのは老人っぽいですけど、かれこれ40年前、横浜でデートらしきことをした時、女の子を中華街に案内してパーコー麺を奢ったことがありました。生まれて初めて食べた「パーコー麺」です。金のない学生ですからそのくらいしか食べられなかったし、当時の女子はいまと違ってこの程度のメシで許してくれました(笑)。『香港飯店』だったかなぁ。
なお、私はですね、電気にしてもメシにしても紙の消費量にしても「無駄遣い」を否定しない。どころか、無駄遣いは好きです。時間然り、いい情報のプリントアウト然り。
ただただ原発が大嫌いなだけであります。リニアも反対ですけど。

風様:
あ、「ハカがいく」「ハカがいかない」というのはもしかして方言か?と思ったら、職人言葉だった、ということで……。
で、僕が「パーコー麺」を初めて食べたのは、新宿西口の「万世」でして、そこでは「パーコー麺」という表示でした。しかし、調べてみると「パイコー麺」という表示を採用している店の方が多い感じで……。なので「パイコー麺」という表現を使いました。
原発に関しての考え方は、すべて風さんに同意致します。まったく異論はありません。

つっこみどころ!
あります!
『64』ですが、木村佳乃の演技も素晴らしいですよ。
彼女の写真がないのが不満です(^o^;)

あしかわ様:
警察関係に目がいってしまって……。木村佳乃も、もちろんいいんです!素晴らしいです。
このドラマはキャスト全員がどんな脇役に至るまで、みんな凄いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61531034

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事してテニスして……「64」に脱帽!:

« 今日から5月でっけど、なかなか皮算用通りにはいきまへんな | トップページ | 集中力が出ないっ! »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト