« 仕事・カイロ・メシ | トップページ | 仕事して……ペットの幸福を考え……久々の増刷 »

2015年5月22日 (金曜日)

頭を整理するのに姉ヶ崎へ

 まず、戴き物のご紹介から。
Sinbo

「ミステリ編集道」(本の雑誌社)2000円+税

 文芸評論家の新保博久氏から戴いた、戦後の日本ミステリ界の名編集者列伝。原田裕(東都書房/鮎川哲也、松本清張、山田風太郎らとの交流)、大坪直行(宝石社/『宝石』編集長)、中田雅久(久保書店/『マンハント』編集長)、八木昇(桃源社/<大ロマン復活>の仕掛け人)、島崎博(幻影城/『幻影城』編集長)、白川充(講談社/『大衆文学館』創刊)、佐藤誠一郎(新潮社/宮部みゆき、高村薫らを日本推理サスベンス大賞から輩出)、北村一男(光文社/『EQ』のち『ジャーロ』編集長)、山田裕樹(集英社/北方謙三、逢坂剛、船戸与ーらをベストセラ一作家に)、宍戸健司(角川書店/角川ホラー文庫、日本ホラー小説大賞創設)、戸川安宣(東京創元社/<ホームズのライヴァルたち>から北村薫まで)、染田屋茂(早川書房/ポケミスと『ミステリマガジン』編集部)、藤原義也(国書刊行会/<世界探偵小説全集>刊行)の各氏がインタビューに答えている。

 とにかく逸話が満載で、いろんな作家の素顔はもちろん名作誕生・ブームの誕生の裏話など、興味津々なエピソードばかりで、ちょっとだけと思って広げたら、どんどん読んでしまって困ってしまうほど。

 こういう言い方はアレかもしれないけれど……小林信彦氏は、過去に因縁があった関係者のことを、日記や小説の中でかなりあけすけに批判・断罪する。編集者時代の常盤新平氏やこの本に登場する大坪直行氏はかなり悪く書かれていて、当然、ご当人は「そうじゃない。誤解だ」と反論している。おれは小林信彦氏を「心の師匠」だと思っているので、ずっと小林さんの主張をそのまま受け入れていたのだが……真相はどうもそうではないらしい。それだけ世の中は複雑でいろんな思惑が渦巻いて作用しているのだろうなあ。

 中田雅久氏はSM雑誌も編集していて、若き日の筒井康隆氏は原稿依頼を受けて「(掲載先がSM誌と言うことを知って)顔に出てしまったのだろう、別名を使っていいからと言われたが中田氏の人柄が好きなので書く」(大意)と筒井日記に記していた。それを先に読んでいたので、中田さんってどんな方なんだろうと思っていた。

 とにかく分厚くて読み応えがあって、しかも面白い。一気読みするのは勿体ないので、じわじわと読み進めよう。

 で。

 6時30分頃起床。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはイングリッシュ・マフィンを焼いて、スクランブル・エッグと。マフィンはパンよりカロリーが低いけど……まあ、小さいもんね。

 仕事開始。

 焦っている。

 「第2章」、あとエピソードは2つあって方向性は決まっているが、その持っていき方というか演出が決まっていない。どうすればより面白くなるか、決めあぐねている感じ。

 黒澤は、と巨匠を例に出すと実にアレだが、「用心棒」の時、宿場のオープンセットも完成して撮影準備も出来たのにいっこうにクランクインしないと。しかしセットに転がっていた軍手を見て「これだ!」ということになって撮影が開始されたと。その軍手は、タイトルが終わって三十郎が宿場に来ると野良犬が人間の手首を加えてやって来る、という鮮烈なカットになって、「クロさんはこれを捜してのか!」と納得したという。まあ、心情としてはそれなのよ。スケールはまるで違うけど。

 12時近くまで仕事。昨日までの部分を読み返して、また足りない部分を加筆。これを繰り返していくと、だんだん見えてくる。その意味では書くという作業は彫刻に通じるモノがあるのだろう。今は無限に直せるし。その意味では粘土細工か。

 で、どうにも煮詰まった(誤用の意味で)ので、iPadを持って外出。

 気分転換に、千葉は姉ヶ崎まで行く。どうして姉ヶ崎か?この前行って、とても気分が良くて清々しくなれたから。ウチから90分くらいで行けるし。

 京成で船橋乗り換え。快速君津行きに乗れたので、乗り換えなしで内房線の姉ヶ崎まで。

 車中でiPadを出して、考える。考えがまとまってきた。

 13時ちょっと過ぎに姉ヶ崎着。

 姉崎神社まで歩く。

 歩いていると、iPhoneに電話。週刊新潮U氏から。「黒い報告書」の企画を出してあったのだが、そのうちの1つを他の方に回して貰えないだろうか、という打診。全然手をつけていなかったし、以前に書いたものと似ているネタだったので、お譲りする。その代わり、3つめに出した企画が「提案が多すぎると混乱するので」とペンディングになっていたモノを、正式にOKして貰った。

 神社のふもとにある御神水が湧く場所で、ご婦人と少しお話をする。

「ここは東京からもはるばる来られるヒトがいて」

「はい」

「どちらから?」

「あの……東京から」

 こういうふれあいが、和む。
Img_2021

 お参りしておみくじを引くと、今回は「吉」。とてもいい事が書いてあるから、気分は大吉。

 境内の裏手にある休憩所のような場所でしばし休憩。

 この神社はちょっとした山の上にあるが、登ってくる道はいろいろあるんじゃないのかと捜してみたら、ありました。でも落ち葉が凄くて足を滑らしそうだったので、見るだけ。

 が、前回、iPhoneのマップ表示が不正確に思えた、自動車が通れる道を歩いて、ふもとまで降りてみた。

 結論から言えば、iPhoneのマップは正確に表示されていた。道はぐにぐに曲がりくねって、途中、通行禁止区間(土砂崩れとかではなく不動産会社が造成したままで放置されていて粗大ゴミが捨てられるのを防ぐため)があったりしたが、その分、自然が残っていて、野鳥も鳴くし子猫がのんびり寝ているし、いい感じだった。

 食べログを見ると非常に高評価な、「ラーメン天一」に入る。前回はちょうどお休みだったのだ。

 ラーメン・半チャーハン・餃子を食べる。

 普通に美味しい。特筆すべき美味しさではなかったが、常連になる「安心できる味」だった。

 店内のテレビで、宇都宮の女性の遺体を埋めた事件を流していたが……。

 15時過ぎの快速久里浜行きに乗って、錦糸町まで。

 車内で、どうにも眠くなって寝てしまったのだが、隣の女性に凭れ掛ってしまったようで、その女性が座り直したので目が覚めた。不作法をして申し訳ありませんでした。

 錦糸町で乗り換えて、北千住。

 くーたんのキャットフードを買って、帰宅。

 車中で手を入れた原稿をMacの原稿ファイルに戻す。これをきちんとしておかないと原稿のバージョンが乱れてしまう。

 昼に食ったラーメン・半チャーハン・餃子が腹に残っているので、晩飯はヌキ。しかしちょっと腹も空いたので、センベイを食べ、牛乳を飲む。

 仕事をする。

 なんとか展開を確定。これを肉付けすれば、「第2章」は出来る。土曜日中に上げてしまいたい!

 ニュースを見る。今日一番の注目は、JR長崎線肥前竜王駅での「あわや特急正面衝突」事故。要するに連絡ミスでポイント切り替えに失敗して、確認不徹底の「だろう事故」。

 長崎線って、集中管理システムじゃなかったのね。

 その後、TBS「金スマスペシャル」を見てしまった。大橋巨泉の闘病記なのかと思ったら、突然、「クイズダービー」が始まったぞ。しかし大橋巨泉は、一時は悴れていたけど、今は回復して、往年とあんまり変わらない。滑舌もハッキリしてるし。これって凄くない?

 フジの、産経新聞はこんなに凄いんだぜ再現ドラマも、ついつい見た。いや、この執念の取材は偉いと思うけど、他紙だってこれクラスの大スクープはやってるでしょ、と言いたくなってしまう。

 しかし……あの頃世間を震撼させた「爆弾テロ」って、何が目的だったのか?というか、こういうテロをやってなにかを変えられると思ったのだろうか?番組のナレーションも言っていたが、今も続くテロと同じで、こんな事をして、何が変わるのだろう?犯人たちの自己満足でしかないんじゃないのか?

 風呂に入って、ゴミ出しをして、「タモリ倶楽部」を見る。

 タモリ電車クラブは遂に、西武線にも進出!西武新宿駅から池袋線に臨時電車が直通運転!所沢駅でものすごい分岐をして池袋線に入るのが今回のクライマックス。いやこれはなかなか凄かった。

 タモリ電車クラブは、全私鉄を制覇するのかな?京急・東急・小田急に東京メトロ・JRはやったよね。京王とか京成ってどうだったっけ?ローカル私鉄も弄って欲しいなあ。流山鐵道とか……。

 寝ようと思ったら、NHKで「64」最終回の再放送をしていたので、後半だが、ついつい見てしまった。

 で、1時過ぎ就寝。

 最近は6時過ぎには目が覚めてしまうので、23時には寝ないと、睡眠不足が溜まる一方で、目がショボショボしてイカンのだがなあ……。

今朝の体重:89.60キロ

本日の摂取カロリー:2066kcal

本日の消費カロリー:日常生活+283kcal/6710歩+98kcal(自転車)

« 仕事・カイロ・メシ | トップページ | 仕事して……ペットの幸福を考え……久々の増刷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61631781

この記事へのトラックバック一覧です: 頭を整理するのに姉ヶ崎へ:

« 仕事・カイロ・メシ | トップページ | 仕事して……ペットの幸福を考え……久々の増刷 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト