« 6月10日/印税入って一安心 | トップページ | 6月12日/売れ行き好調なれど体調悪し »

2015年6月11日 (木曜日)

6月11日/大朗報!……そしてまた夜のダウン

 7時30分頃起床。

 洗濯物を干しに行く。

 薄曇り。予報では夜まで降らないと。

 朝のモロモロを済ませる。

 その流れで、今日はカレーが食いたいので、仕込みを始める。昨日、食材を買っておいたのだ。

 タマネギとポークを炒めていると、電話が。

 実業之日本社F氏から。この日記に「猫なんかよんでもこない。」を読んで号泣した、という感想を書いた事へのお礼はマクラで、本題は、新刊「悪徳(ブラック)探偵」の増刷だった。

 発売後1週間の数字が落ちないので、かなりまとまった部数(電話では具体的な数字を聞いたけど、ここでは伏せます)の増刷が決まりましたと。

 いや~これは嬉しい。

 最近は旧作にぽつぽつと小幅な増刷が時折かかる程度だったので……新刊の大きな数字の増刷は嬉しいし有り難い。そして、とても熱心に動いてくれた担当F氏への面目も立った。
 買って戴いた読者の皆様、売って戴いた書店の皆様、本当に有り難うございます。心からお礼申し上げます。

 続篇も決定。来月早々に打ち合わせをすることになった。

Akutoku

 即、相方に電話して朗報を伝える。

 ネットでは、カーター・ブラウンっぽいという声があるが……不勉強で申し訳ないけど、カーター・ブラウンは名前は知っているけど読んだことがない。文学史の勉強をして作家名と作品名は知っているけど読んだことがない、という感じ。

 あの頃の作家だと、ハドリー・チェイスやチャンドラー、アイリッシュ(大好き!)は読んでいるけど、スピレイン(ミュージカルの傑作「バンド・ワゴン」でネタにされているけど)は読んだことないもんなあ。カーター・ブラウンは読んでみようかな。いや、影響を受けるのが怖いので、あえて、止めておこう。

 古い表現だが、「ルンルン気分」((C)林真理子)でカレーを作り、保温調理器に入れる。

 ブランチに食べられるのだが、ここはあえて熟成させて夜食べよう。ということで、ブランチは卵焼きにインスタント味噌汁、キュウリの漬け物で。

 朗報で勢いが付いて仕事も進む!と思ったが……。そうは問屋が卸さない。

 これまで書いた部分に手を入れて、進み始めるか、と思ったときに、時間が来た。

 予約してあるカイロプラクティック。先週の書店廻りからずっと、けっこう足が痛くて、昨日はテニスの帰りに足を引きずるほどだった。

 カイロで、足の奥の方の筋肉が張っているから、ということで、大嫌いな鍼を打つことに同意。5本くらい打ってもらって電気も流す。

 この効果は大きかった。足が凄くラクになった。

 で、先生に、先週、狭心症かと思ったらどうも胃痙攣みたいだったという話をしたら、胃を押し下げる施術をしてくれた。

 帰路、スーパーでサラダなどを買う。

 夕刊を読みつつ夕方のニュースを見る。東大阪市の自民党市議団が議会活動を報告するチラシを作ったというが全然市民に配られてなかったんじゃないか?という問題。

 地方議員って、いい加減だったりするもんなあ。そういうのが国政に出て、いい加減なままやっているケースも多いんじゃないか?

 「合憲かどうかは政治家が判断する」という暴言を誰が吐いたのか調べたが、よく判らない。さすがに最高裁を差し置いて政治家が判断するなんてバカなことをまともな政治家が口にするはずはないだろう。

 でも、学者の意見はどうでもいいというようなことを複数の自民党幹部が口にしているが、じゃあ憲法審査会に参考人として憲法学者を呼んだのは、あれは何?単なるセレモニー?形だけのこと?

 「アウトレイジ」で極悪ヤクザの國村隼が気の毒なヤクザの石橋蓮司に「形だけだからよ」を連発して石橋蓮司を窮地に追い込んでいくというか食い物にするをの思い出した。あの「形だけだからよ」というのは実に秀逸なセリフだった(こんないいセリフが書けるのに続篇は惨憺たるものだったねえ)。

 で……。

 カレーが焦げ付かないように低温でじっくり温めて、19時を過ぎて、さあ食おう!と思った時。

 また、先週の土曜日と同じ症状が。

 胸が……鳩尾当たりが苦しい。

 今回は心臓ではないと判っているので、水を飲んだら、それが全部汗になって、水を遣りすぎた鉢植えの底から水がどんどん流れ出すのと同じように、汗がダクダクと出てきた。

 Tシャツを2枚着替えてもダメ。タオルで汗を拭く。

 「クローズアップ現代」の沢村投手のまぼろしの投球映像、を見ながら苦しむ。

 今回は、歯は痛くない。胃の辺りが重苦しくて汗が山ほど出るだけ。吐き気はない。

 歩き回れるし、意識はハッキリしている。

 救急車を呼ぼうか迷ったが……くーたんを置いていくのもなあとか、歩けるんだから救急車を呼ぶのはヒンシュクものだろうなあとかいろいろ考えてしまった。

 今度同じ事が起きたら、#7119に電話しよう。

 しかし苦しいので、ベッドに横たわる。と……寝てしまった。

 くーたんが心配して、「大丈夫か」というようににゃあにゃあと鳴き続ける。そりゃ一人しか居ない飼い主に異変があったらヤバいと思うだろう。

 おれはくーたんのためにも生きなければならない。これって、「猫なんかよんでもこない。」の主人公とまったく同じ心境だよなあ。

 22時頃に、やっと収まった。

 もうこの時間にカレーを食う気はない。炊いたご飯を小分けして冷凍し、カレーは保温容器から冷蔵庫へ。

 残ったご飯にシソのふりかけをかけて、キュウリの漬け物で食べる。それだけじゃ足りないのでセンベイを食べ、食パンを1枚食べる。炭水化物ばっかりだな。

 NHKの「LIFE」を見ながら、「冷や汗」「胃痙攣」「脱水症状」でググってみると、狭心症よりも思い当たることがあれこれ書いてある。市川海老蔵は時々、胃痙攣に襲われてバファリンを飲んでいると。おれも次はバファリンを飲んでみよう。

 どうも素人診断だけど、今日は暑くなかったので、あんまり水分を摂らなかった。そのせいで脱水症状になって、副交感神経というか迷走神経を刺激してしまって胃痙攣が起きたんじゃないか?と思った。

 「LIFE」では、25年ぶりにミモー・マモーが復活!と大騒ぎしているが……おれ、このキャラにほとんど思い入れも何もないので、けっこう冷めた目で見ていた。

 この番組、せっかくムロツヨシを起用してるんだから、もっと活用しなきゃもったいない!このヒトはもっと面白いはずだ。

 今回のコントでは「嵐を呼ぶ男」のが一番面白かった。

 裕次郎が掴んで歌い出すRCAのリボン・マイクを復元していたのは、エラい!適当なマイクじゃなく、あのマイクが出て来るから意味があるのだ!

 ぬるめの風呂に入る。

 ゴミ出しをする。

 異常なし。まだ胃の辺りに緊張は残っているが。

 0時就寝。

 夜中に起きて、水を結構飲む。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:1481kcal

本日の消費カロリー:日常生活+20kcal/579歩+88kcal(自転車)

« 6月10日/印税入って一安心 | トップページ | 6月12日/売れ行き好調なれど体調悪し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61730568

この記事へのトラックバック一覧です: 6月11日/大朗報!……そしてまた夜のダウン:

« 6月10日/印税入って一安心 | トップページ | 6月12日/売れ行き好調なれど体調悪し »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト