« 6月21日/仕事のみの1日 | トップページ | 6月23日/「めまい」とゲラ »

2015年6月22日 (月曜日)

6月22日/懸案、ほぼ一掃

 2時に寝て、7時ごろ目が覚めたが、30分以上二度寝しようと努力して、諦めて起きる。

 夜中に洗濯機を回して洗濯してあるのだが、雨が降ってきそう……と思ったら、降ってきた。屋上からドタバタと足音が響いてきたが、たぶん朝早くから洗濯物を干していた人が慌てて取り込みに走ったのだろう。

 雨はほどなく止んだ。

 気象レーダーを見ても、雨雲はない。

 屋上に干しに行く。

 晴れ間も見えてきた。

 残っているドーナツをカフェオレで食う。エルヴィスみたいにドーナツをカフェオレに浸して食べようとしたら、ドーナツが崩壊してしまった。エルヴィスはこんな事しなかったかもしれないけど。エルヴィスは寝る前にドーナツとコーラを食べてあんなに太って死んだんだっけ。

 

 朝のモロモロを済ませる。

 相方のMacBookのバックアップ問題。どう考えても古くなって安定性に欠く外付けHDDでバックアップを取るのは危険だし、バックアップの対象70GBに対してバックアップHDDの容量は80GB足らずというのはダメだろう。古いFireWireHDDを2台繋げば160GBの容量になるとは言え……おれならそういう使い方は出来るが、相方の使い方を考えると、システムはシンプルにしないと絶対に続かないだろう。面倒くさがっていつかバックアップを止めてしまうか、接続が不完全になるだろう。いや、その前にHDD自体に不具合が生じて駄目になるかも。

 HDDケースに入っているドライブを、もっと大容量のものに交換すればいいんじゃないか?

 秋葉館とかソフマップ、ヨドバシカメラなどで調べると、500GBの2.5インチHDDドライブが5000円ほどである。これなら……アリだろう。

 ただ、今あるHDDケースがけっこう前のモノなので、これで使える規格かどうか心許ない。

 ということで、ランチがてら、秋葉原に出発。地元のノジマとかヤマダ電機で調達することも考えたが、秋葉原の方が店が揃ってるし詳しい知識を持ったお店の人に相談できる。

 つくばエクスプレスで、秋葉原。

 まず、ヨドバシカメラの脇にある「トウッカーノ」でメシ。

 久々に行ってみたら、店がキレイになっていた!調べたら、今月アタマに改装オープンしていたのね。以前は店中、床も壁も油でドロドロで、食っていると全身が油でドロドロになったのだ。

 お昼過ぎで、店は空いていた。

 ランチを見ると、チキンのガレットと他の肉の盛り合わせがあったので、「ガレットと旨味ビーフ」の盛り合わせを頼む。1200円でライスとスープとサラダ付き。
10557285_983590908332284_2885817406

 やっぱり、ここのガレットは最高に美味い!美味いねえ。本当に美味い。他のヒトは大盛りステーキとか食べているけど、ここに来たらガレット食わなきゃ!

 しかし、「旨味ビーフ」(だっけ?正式名称忘れた)も、塩胡椒が絶妙で、分厚くて柔らかくて、赤身大好きなおれとしては、凄く美味しい。鉄板で好みまで客が焼くのは「ペッパーランチ」と同じだが、こっちの方が格段に美味い。

 久々のトウッカーノを満喫して、ヨドバシ店内へ。2階のパソコン周辺機器売り場へ。

 が……HDDドライブは結構高い。これなら少し歩いて秋葉館とか見た方がいいなあ。せっかく秋葉原に来てるんだし。

 ということで、昭和通りの電気街へ。

 しかし、電気街を歩くのは久しぶりだなあ。たまには来ないといけないなあ。

 で、「秋葉館」。

 店の人にHDDケースを見せて訊ねたら、

「これはIDEドライブじゃないと使えませんね。IDEだと容量は80GBが上限です」

と教えてくれた。じゃあダメじゃん。80GBなら現状と同じ。

 しかし手ぶらで帰るのもなあ……。

 FireWire接続の外付けHDDは500GBで11000円ちょいのが最安値だったが、LaCieの1TBのポータブルが13000円ちょい。少し高くなるが容量は2倍。
Shopping  今日の予算は6000円と考えていたんだが……その構想が崩れ去った以上、考え直さねば。

 しばし考えて、これは相方へのプレゼントとしよう。「悪徳探偵」増刷記念だ。

 ということで、予定外だったが、購入。

 帰宅してフォーマットして、早速バックアップを取ってみると……速い!驚異的に速い!ドライブは5400回転なのに、モーレツに速い。昨夜4時間かかってやっと出来たバックアップが、ものの1時間足らず……30分強で出来た。

 やっぱり、こういうモノは、新しいものに限るね。

 予定外の出費も、この驚異的性能差を見せつけられるとふっ飛んだ。FireWireケーブル1本で繋がって外部電源は不要だし、落としても大丈夫なようにゴムで覆われているし……。

 これしかないでしょ。これにして良かった。

 で……。

 今日の気功はお休みしたので、その分、仕事をしなければ。

 しかし、「第4章」を書き出すには、自分の中から湧き出るパワーが不足している。

 ならば、ゲラをやろう。

 ということで、角川新作の題未定のゲラに手をつける。

 実に細かな校正。というか、こんな不完全な原稿を渡したんだっけ?と不安になるほど。

 しかしこのゲラはやっていて楽しい。書いてからずいぶん時間が経ってしまったので、新作を読む気分。

 そうこうしていると、相方が来た。

 自信満々で、MacBookと新しいHDDを紹介して、渡す。

 そして、相方が、AppleIDをきちんと登録したので、今まで不完全だったiPhoneとMacの連携が万全になった(はず)。

 これも、以前から上手くいかなくて、澱となっておれの心に沈んでいたのだ。それが解決。

 それと、トラックパッドが敏感で、書いていると意味不明なメニューが画面上に現れて作業を妨害するという問題も、トラックパッドの機能をほとんど殺すことで解決。

 相方のマック絡みの懸案が、ほぼ一掃。実に気持ちがいい。気分爽快。便秘が治ったような気分。

 注文した弁当が届き、夕食。おれは「サバの塩焼き弁当」。出来立てを届けてくれるので焼き魚の弁当も魚臭くなく、美味しく食べられる。

 食後、相方が買ってきたクリームドーナツを食べながら、昨夜途中だった「めまい」の続き(後半)を見る。

 この映画は、後半がキモ。ヒチコックのやりたいことは、後半に詰まっている。

 で……。

 何度見てもやっぱり、ラストがあっけなさ過ぎる。ここまでやったんだから、あと3分、数カット足すだけでずいぶん違うんじゃないのかなあ。

・驚愕するジュディ

・意図不明(どっちの感情にも読める)なスコティ

・足を滑らせるジュディ

・驚くスコティ

・驚くジュディ~落下

 というカットがあれば……。

 こんな数カット、編集段階で撮り足すことは可能だったはずだし、現場でも撮ってあったに違いない。それを編集で落としたのは、ヒチコックの明確な意図が働いたからだろう。

 というか、鐘楼の階段で謎解きをして、お互いの感情を確認してしまったんだから、あとはジュディ(マデリン)が死のうが生きようが、そんなことはどうでもよかったのかもしれない。だから突然現れた尼僧が、落下したジュディの生死も確認しようとしないで十字を切って鐘を打ち鳴らすのだろう。

 このカットに、ヒチコックの意図が込められているんだろうなあ。

 後半すぐにネタを割ってしまったことで、当時の批評でヒチコックを批判したモノがあった。ジュディについてはもっと引っ張る手もあるが、後半は、スコティに正体を見破られるかもしれないけれどスコティから離れられない彼女の気持ちをキッチリ描きたいからこうしたのだ。じゃないと、他人そっくりに変身してくれと懇願されても、普通なら「ばっかじゃないの?」と相手にしないだろうに、ジュディは抵抗しつつも受け入れてマデリンに変身するのだから。

 見終わったあと、打ち合わせ。

 徳間のこの新作、かなり長くなるかもしれない。現状でも後半戦はてんこ盛りだが、もっと内容を増やしたいし。

 相方のプランを聞いて、納得。

 相方帰り、「「めまい」のメイキングとレストア」部分を見直す。ハリウッドの映画はどれもきっちり保存されているから退色とかネガの劣化はさほどでもないと思っていたんだけど……ネガの劣化はかなり進行していたのね。じゃあ他の「泥棒成金」とか「裏窓」とかは大丈夫なのか?

 風呂に入り、ちょっとテレビを観て、0時30分頃就寝。

今朝の体重:87.90キロ

本日の摂取カロリー:2291kcal

本日の消費カロリー:日常生活+174kcal/4040歩+30kcal(自転車)

« 6月21日/仕事のみの1日 | トップページ | 6月23日/「めまい」とゲラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61783041

この記事へのトラックバック一覧です: 6月22日/懸案、ほぼ一掃:

« 6月21日/仕事のみの1日 | トップページ | 6月23日/「めまい」とゲラ »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト