« 7月25日/大いなる助走(明日から頑張る!) | トップページ | 7月27日/仕事&気功&屋形船&カラオケ »

2015年7月26日 (日曜日)

7月26日/去年の日記を読み返すと……

 8時前起床。

 晴れだが霞がかかってる感じ。

 今日も暑いぞ。

 朝のモロモロを済ませる。

 昨日知ったのだが、ツイッター上で東京メトロの北千住駅の「北千住」の表示が「北干住」(千と干が間違っている)になっているとごく一部で話題になっている件。
Ckriywaukaeta1w

 ツイッターでブー垂れていても仕方がないので、この画像を添えて東京メトロの「お客様センター」にクレームを入れたら、夜になって以下のような返事が来た。全文を転載する。

『平素より、東京メトロをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

また、この度は貴重なご意見をいただきまして、重ねてお礼申し上げます。

千代田線北千住駅をご利用の際、駅名の表示が誤解を招くような表記になっておりご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。

また、上記内容について早期にご連絡をいただきましたこと、厚く御礼申し上げます。

さっそく、お申し出の事象について担当部署に確認いたしましたところ、他の駅にて使用している「千」という文体が北千住駅については異なる仕様となっていることが確認できました。

今後、お申し出の表記につきましては順次、改修を実施してまいりますので、施工が完了するまでの期間、ご不便をおかけいたしますが、何卒、ご了承賜りますようお願い申し上げます。

お客様の貴重なお時間を割き、ご意見ご要望をいただきましたことに深く感謝申し上げます。

お問い合わせいただきまして、誠にありがとうございました。』

 ま、東京メトロはミスを認めて修正すると。おれのクレームで事態が発覚したんじゃないとは思うが……しかし、既にミスが判っていて動いていたのなら、そのような返答になるのかな?

 仕事開始。徳間の最終章。しかし、何故か、書き出せない。どういう感じで書き出そうか、まだイメージが固まっていないからだ。

 って……。もう最終章なんだから、イメージもクソもないもんだ、と思うのだが。ここはもう、ここまでの流れで怒濤のように最後まで押し進むべき、でしょう。

 お昼のニュースで、調布飛行場で小型機が離陸に失敗して民家に墜落、炎上したことを知る。

 調布飛行場周辺は、住宅街だもんなあ。怖いよねえ。飛行場の際まで住宅が建ち並んでいるけど……でも、飛行場と住宅の間には野球場やサッカー場があるんだよなあ。

 気持ち的にウダウダしてしまって、ついつい「村上さんのところ」を手に取って少し読む。

 しかしこの本は機知に富んでいろいろと示唆されることが多いなあ。

 昨日も書いたが、国際的文化人・現代を代表する知識人である村上さんが、我々一般レベルの芸人やギャグを知っている、というか、同じ空気を吸って同じ世界に生きている、ということに素朴に感動する。こういうエライ人って、書くモノからしてエラそうな感じになったりするじゃないですか。妙に小難しいことしか取り上げなくなったりして。いや、村上さんもそういうエッセイも書いているのだが、でも、村上さんのエッセイというと、我々と同じレベルの親しみやすいユーモアに満ちたものなんだよなあ。

 というか、自分の生活のグレードや社会的ステータスがあがると、それを誇示するような言動をするスノッブが多い中で、村上さんはそんな俗物じゃあない、という事なんですね。

 体重が戻って仕舞いつつある。ここしばらくの減少は夢か幻だったのか?

 考えられるのは、自炊して少ないカロリーの食生活にカラダが慣れてしまって以前ほどの効果が得られなくなってしまったこと? いや、そうではなく、「仕事のストレスは食い気で紛らわせるしかない」と自分を甘やかした結果なのだ。

 欲望のままに食って腹がくちると、眠くなる。仕事に身が入らなくなる。仕事が進まない。焦る。ストレスになる。食いものに走る。

 この悪循環が発生する。

 仕事モードになっているときは、食い気を忘れている。あまり食わないから頭が冴える。仕事が進む。仕事をするのが快感になっている。ストレスを感じない。食い気に走る必要がない。

 その結果、仕事は進んで体重も減る。そしてエンゲル係数も下がって家計に寄与する。

 なんと素晴らしい好循環!

 この悪循環と好循環は、景気の波のように(「コンドラチェフの波」とか習ったなあ)交互に訪れる。常に好循環ならいい事尽くめだけど、世の中、いいときもあれば悪いときもある。悪いときがあるから、いいときがとても素晴らしく輝かしく感じるのだ。

 しかし、現実に、体重は増えて元の木阿弥状態に近づいているし、仕事も進まないし、危機的状況だぞ!早く好循環に戻さなければ!

 夏が来て、少しでもスレンダーなカラダになりたいのに。

 日記を読み返すと、去年の今頃は光文社文庫「友喰い」をやっていて、8月中旬の伊豆旅行にはゲラを持って行ってるんだよなあ。まあ、毎年同じダンドリで進行するわけもないのだが……それにしても、時間がかかりすぎている。

 去年は7月下旬に「私的海開き・BBはじめ」を江ノ島でして、鴨川に行って伊豆に行って、9月に鴨川に行って、10月に江ノ島に行って「BBおわり」。今年は、今月中は海に行けないねえ。

 去年の日記を読み返すと、去年は日曜に江ノ島に行っているが、以前のような「芋洗い」状態は遠い昔の話で、海の家は混んでいても海に入る人は少ない。それはたぶん、今年も同じだろう。

 ということで、8月アタマに江ノ島に出撃するとこを決定。8月の土日は小田急ロマンスカーの臨時便が北千住から片瀬江ノ島まで走る。これにも乗りたいし。北千住から乗り換えなしで江ノ島まで行けるなんて、夢のようではないか!

 アサメシは、ご飯、目玉焼き、インスタントのしじみ汁、漬け物、磯海苔。

 昨日仕込んだ「シソの大葉を醤油とゴマ油とニンニクに漬けたもの」をご飯に載せて食べると……美味い!もの凄く美味い!ニンニクが匂っちゃうけど、美味い!

 ご飯を食べ過ぎちゃうのが問題だが、美味い。

 これはソーメンの具にも使えるし、いろいろ応用が利く。

 シソの大葉なんて安いんだから、大量に漬けておくのがいいな。

 

 で……ウダウダしていても時間は容赦なく経つ。

 村上さんは、エッセイのような仕事なら〆切はありだろうが、小説は特に〆切は無くて「自分で完成したと思った時が完成」なんだから、焦りも何もない……のかな?今度、村上さんが読者とのやり取りをするときに、是非伺ってみたい。

 まあ、〆切がないと、モロに自分との戦いになるから、「書けない」プレッシャーはもの凄いモノがあるかもしれない。でも、村上さんなら、「次は大傑作を書いてやるぞ!」「また大ヒットを飛ばしてやるぞ!」「儲けるぞウハハハ」というような俗な欲望はないだろうから、書けなきゃ書けないで、エッセイを書いたり翻訳したりして、「書く気になるのを待つ」事が出来るんだろうなあ。自転車操業のおれたちには無理なことだけど。

 腹が減ったので、ソーメンを食べる。このクソ暑いのにお湯を沸かして茹でるのは、イヤ。電子レンジで茹でられないかと、手持ちの「レンジ対応の調理器具」を捜したら、使えそうなものがあったので、レンジでソーメンを茹でてみる。12分かかったが、茹でられた。

 具は、万能ネギ、ミョウガ、錦糸卵、刻みハムにおろし生姜。

 茹でたソーメンは冷水で洗い、氷に載せる。

 美味い。

 1日の気温のピークは15時頃らしいが、ウチの部屋のピークは16時から18時。何故なら、この時間に太陽は完全に西側に来て、ウチの窓を直撃するから。

 外気温が34度を超えた夕方は、もう、為す術がない。

 それまで機嫌良く冷やしていたエアコンは、こうなるとダメ。

 16時過ぎまで29度を死守していたが、17時になると30度になった。

 室温が30度というのは、ヤバい。

 おれはまあ、なんとか凌げるが、心配なのはくーたん。

 しかし……部屋の中で一番涼しいところを捜して、別に機嫌が悪い感じでもなく、寝ている。

 くーたんだけが心配だ。

 まる1日部屋を空けるのが心配だなあ。ギンギンに冷やす設定にしておくと、朝方が寒いし……。

 去年の日記を読み返すと、特に暑いという記述が出て来ない。という事は、エアコンは効いていて、部屋の中は暑くなかった、という事なんだろうか?

 去年はキッチンのエアコンが冷えなくなって、新品に交換して貰ったんだよなあ。

 今年は冷えてるんだけど、夕方のピーク時にはどうしたって負けてしまう。メインのエアコンはもう、勝負を放棄している。

 管理会社に「ウチも金を出すからもっと強力なエアコンに交換して貰えないか?」と交渉してみるかな?

 しかし、同じ階の同じ西側の部屋に住んでいる人たちは、どうなんだろう?暑くないのか?

 その後、17時に外出。

 北千住ルミネの中にある小田急トラベルでネットで予約したロマンスカーの指定券を発券して貰ったが、座席を車両最後尾に替えて貰う。ボディボードの収納のため。ロマンスカーには大きな荷物を置ける荷物置き場がないから。窓の上の棚には収まらないし、足元に置くのはかさばるし。

 その後、JRのみどりの窓口にも寄って、来月の伊豆旅行の、特急踊り子の特急指定券を発券して貰う。

 行列に並んで待っていると、爺さんが窓口に割り込んだが、係の人に「列に並んでください」といなされた。この爺さんは素直に行列に並んだが……爺さんって、行列があるのが目に入らないのか?ジジイになったらそんなにボケるものか?

 ああ、こんなジジイにはなりたくない。

 帰路、スーパーに寄る。

 簡単で低カロリーの弁当かなにかを買おうと思ったが、カツオのタタキがあったので、それと、アジフライを買って帰る。

 で、夕食は、野菜を足して、カツオのタタキ(ハーフサイズ)とアジフライ、昨日買ってあったシーザーサラダにご飯。

 今日はなんとかカロリー制限の範疇に収まったはず。1日1800kcal以下で収めていると、間違いなく体重は減っていくのだ。

 「世界の果てまでイッテQ」を途中まで見ていて、テレ東の池上さんの番組に替える。松岡洋右は、日独伊にソ連を加えた4カ国で米英に対抗しようと考えていた、と。まあ、当時はスペインもドイツ側だったし、この計略が上手くいっていれば、歴史も変わったのだろうけど……。

 で、ヒトラーについて。かなりのカラー映像が残っているのがすごい。

 で、ドイツとドイツ人の「戦争責任」についての感覚は日本人と大きく違っていて……だけど、単純にドイツと日本を比較して、「日本人はダメだ」と言うのは難しいところもあるだろう。

 もちろん、日本人は何故か「原爆も空襲も受けて戦争で日本人はひどい目に遭った」ことばかり強調して、日本が外国に攻めていって戦争をしたことは二の次状態なのは以前からおかしいと思っているが……。

 日本とドイツを、もっときっちりと比較して分析する必要があると思うが、その時思うのは、「じゃあ、イタリアは?」という事。

 イタリアは、自分たちの手でムッソリーニを吊るしたから免責されるの?そんなことはないと思うのだが。

 この辺で、風呂に入る。

 風呂から上がってゴミ出し。外はムワッとして、熱帯夜。

 スイカを食べる。やっぱり風呂上がりのスイカは美味いねえ。

 部屋に戻って、仕事再開。

 このまま1日が終わったら、ダメだろ。

 きちんと書けなきゃメモでも書いて流れをきちんと作っておく。

 いろいろ解決しなければならないポイントが見えてきたが、考えれば解決する。

 明日の光が見えたところで、本日は終了。

 調布の事故、小型機を管理している会社は「整備不良ではない」とか言っているけど、目撃証言や偶然撮られた映像を見る限り、機体に不良があって離陸したけど高度が上げられずに墜落したとしか思えない。

 小型機って、フライトレコーダーとか付いてないの?

 調布飛行場には管制塔はないらしいが、無線交信は残っているはず。それを聞けば判るはず。まさか無線交信もなく離発着しているとは思えない。

 0時30分、就寝。

今朝の体重:89.75キロ

本日の摂取カロリー:1867kcal

本日の消費カロリー:日常生活+68kcal/1612歩+39kcal(自転車)

« 7月25日/大いなる助走(明日から頑張る!) | トップページ | 7月27日/仕事&気功&屋形船&カラオケ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61965807

この記事へのトラックバック一覧です: 7月26日/去年の日記を読み返すと……:

« 7月25日/大いなる助走(明日から頑張る!) | トップページ | 7月27日/仕事&気功&屋形船&カラオケ »

安達瑶の本

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト