« 7月4日/「ハンナ・アーレント」を観て、知性の重さとその力を、知る | トップページ | 7月6日/雨の飯田橋でランチ&打ち合わせ »

2015年7月 5日 (日曜日)

7月5日/本日は「勝手にきらクラ!ざんまい」の日

 今朝もくーたんが起こしに来て、7時過ぎ起床。

 雨。

 朝のモロモロを済ませる。

 NHK-FMの「きらクラ!」は毎週愛聴しているが、このところ録音だけして聴いていない。今日の放送分を含めると3週分溜まってしまう。あんまり溜まると聴く気がしなくなって、番組自体、聴かなくなってしまう可能性がある。

 なので、今日は、「きらクラ!の日」にする。

 アサメシを食べながら、聴く。ご飯、玉子焼、ベーコン、インスタントのしじみ汁。

 ながら仕事は出来ないので、先月分の税金関係の書類を整理しながら先々週放送分を聴く。この日記にも時々コメントを書いてくれる「BWV1000番」さんの「空耳」ネタが流れた。ブルックナーの「テ・デウム」とは!

 2時間経過。引き続き先週放送分も聴く。

 角川新作のゲラを再確認しつつ、各章副題やメインタイトルを考えながら。

 14時になったので、録音の再生を中断して、オンエアを聴く。

 「BGM選手権」で流れたメシアンの「アッシジの聖フランチェスコ」(だっけ?)の一部が凄くよかったが、一等賞には選ばれなかった。残念。

 で、16時。先週分の未聴分も聴いて、3週分、約6時間をコンプリートしたぞ!

 角川担当N氏に「明日ゲラを持参できますが」とメールして、15時にアポを取った。

 せっかくだから、モヨリ駅の飯田橋で何かランチを食おうと思って「食べログ」で調べると、ステーキやローストビーフの美味そうな店があった。しかしここは13時30分がオーダーストップ。時間的にハマらないなあ。

 いろいろ疲れてしまって、ソファに寝転がる。ちょっと寝てしまった。

 

 昨夜観た「ハンナ・アーレント」の影響というか関連で、「反ホロコースト論」について調べてみたら……「ホロコーストはなかった」と主張する連中の言い分を少し読んだだけで体調が悪くなるほど不快になった。

 極めて不愉快。いや、不快。

 で……彼らはどうしてこういう主張をするようになったのか、そのきっかけとか動機とか彼らを動かしているモノは何なのか、そっちの方に興味を持った。

 ヨーロッパ人がホロコーストを否定したくなる気持ちは判る気がする。人類文明の否定につながる蛮行だから、行われた事自体受け入れられない~なかったことにしたい、という心理があって、いろんな矛盾を突き、「ホラおかしいだろ、だからこれは嘘なんだ虚構なんだ」という証拠を掴んだ気になったのだろう。

 世の中には、いろんなことの「アンチ」が存在する。アポロ計画の月面着陸は虚構だとか、ありとあらゆる説があるが、その中でも「ホロコースト否定論者」はけっこういるし主張も過激だ。

 で……日本人がどうしてそういう主張をするのだろう?

 目立ちたいから?歴史的事実に寸分の誤差も認めないから?いわゆる「戦勝国の主張」はすべて否定したいから?

 夕食は、ご飯を炊き、コンビニで買ったレトルトの「豚ロースの生姜焼き」を温め、キャベツの千切りを作って、食う。

 食後、「鉄腕ダッシュ」「世界の果てまでイッテQ」(前半まで)を観る。

 その後、ゲラに戻って、各章副題を考え、チェック箇所をもう一度チェック。

 奈良の女児誘拐事件。悲鳴を聞いたという従業員、ただ「聞いただけ」じゃないよな?その時、動いたんだよな?この店はトイレで女性の悲鳴が時々起きるところだったのか?

 とにかく、女児の無事を祈る。

 

 今日はずっと部屋の中に「自主的軟禁状態」だったので、風呂は省略して、23時過ぎに寝る。

今朝の体重:87.90キロ

本日の摂取カロリー:1440kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 7月4日/「ハンナ・アーレント」を観て、知性の重さとその力を、知る | トップページ | 7月6日/雨の飯田橋でランチ&打ち合わせ »

コメント

お仕事をしながら6時間の「きらクラ!ざんまい」。すごい集中力だと思いました。

罰当たりにも「テ・デウム」にそらみみを感じてしまいました。
ブルックナーは大好きな作曲家です。
マーラーも好きですので、多分思考回路が男性寄りなんだと思います。

BWV1000番さま:
いえいえ、仕事というか……書類整理みたいなことで。ラジオを聞きながら文章は書けません。こんな日記でも、「ながら」では無理です。中高生の頃、よく「ながら勉強」が出来たなあと。やっぱりあれは、勉強になってなかった気がします。
で、小生、以前はブルックナー拒否症だったのですが、「きらクラ!」で9番の第2楽章を聞いて、突然、ブルックナーが判る回路が出来まして。「面白いじゃん!」と。精神性とかそういうことは置いといて、ブルックナーの交響曲が荘厳とか壮大とかいうのではなくて、けっこうヤンチャしてる感じがして、面白く感じたんです。それ以来、以前に聴いてダメだった4番も6番も7番も8番も好きになってしまって……。
でも、「テ・デウム」は未聴なので、今度聞きたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61845059

この記事へのトラックバック一覧です: 7月5日/本日は「勝手にきらクラ!ざんまい」の日:

« 7月4日/「ハンナ・アーレント」を観て、知性の重さとその力を、知る | トップページ | 7月6日/雨の飯田橋でランチ&打ち合わせ »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト