« 7月23日/ようやく考えがまとまって……夜は幕張へ | トップページ | 7月25日/大いなる助走(明日から頑張る!) »

2015年7月24日 (金曜日)

7月24日/いろいろ雑用

 7時30分頃起床。

 晴れ。

 朝のモロモロを済ませる。

 徳間の最終章、書き始めようと思うが、相方からのメモを待った方が無駄がないような気もして……。

 昨日の疲れもあって、結局、ウダウダ。

 アサメシは……夏になって体重が増加傾向なので、ブランチ。

 ご飯、タナゴ焼き、最後のちくわ、インスタントのしじみ汁、漬け物。

 午後もウダウダ。このウダウダしてる間にやれることがあるだろうと思うのだが。本を読むとか。

 小林信彦の週刊文春の連載エッセイをまとめた「女優で観るか、監督を追うか」もまだ全部読んでいないのに、村上春樹の新刊「村上さんのところ」が届いた。
 おれは村上春樹の小説は苦手なのだがエッセイには目がない。最近は難しいエッセイが多かった気がするしエッセイ自体あんまり書いていない気がするが。
 この本は期間限定で開設したネット掲示板(モドキ)に集まって村上さんが答えた問答集。これまでに同じ趣向の本を何冊も出しているが、その最新刊。

 村上さんの控えめなユーモアが好きなんだよなあ。というか、海外暮らしをベースにしていて(していた?)難しいこともマジメなことも考えている国際的文学者である村上さんが、ひどく俗っぽいことに詳しかったり愛好したりしている姿を見て(見てないけど)、物凄く親近感を覚えて敬意が増す、ということを繰り返してきた。だけど……とにかく今は「最終章」をあげてしまわなければと言う強迫観念に近いものが猛烈に強いので、手に取るのも憚る気分。

 でも、ボンヤリしてるんだったら、戴き物の本を読んで勉強するとか、何かやればいいのにと自分でも思う。

 すくなくとも読売の「発言小町」を読み耽るよりマシ……でも、「発言小町」で触発されることも多いのだ。自分は善人で正しいと思い込んでいるヒトにある悪意とか差別意識とかが垣間見える、その間合いが実に勉強になってキャラクター設定に生かせたりする。特に中年女性のねじくれた心理とかの参考になる。

 常識外れにものを知らないヒトも大勢いるんだなあと言うショックもあるし。

 もちろん、「小町」にもネタはたくさんあって、わざと叩かれるようなトピが立って煽るようなコメントを付けている例もあるが……でも小町に投稿してくる「ネタ職人」の腕はいいので、皮一枚、本当かもと思わせるテクニックというか人間観察の目があると思う。

 まあ、人生、毎日が小説のネタとヒントになるってことだけど……。

 今日は昼前から雨雲が接近したり消えたりまた湧いてきたり。しかし足立区はなんだか避けるように雨雲が来ない。西東京ではすごい雨になっているようだし、遠くから雷鳴が響くのだが。

 で……16時にカイロの予約を入れてあるので、少し早めに外出。

 右腕と右足が痛い。右足は、昨日かなり歩いたからだし、右腕は寝相が悪いのとテニスのせいだ。

 そのカイロへの道を自転車で走っていると、横に伸びる東武伊勢崎線に下り団体列車が走ってきた。中には子供たちがいっぱい。日光で林間学校か何かやって来た帰りなのかな?浅草に近づいて、車内はもうエラい騒ぎになっている。が……。

 その中で、一人だけ、男の子がぽつんと車窓を見ていた。つまり、こっちを見ていた。

 別に仲間はずれにされているとかそんな感じではなかったし、特に悲しそうだとかそういう感じでもなかったのだが……なんだか凄く印象に残ってしまった。

 で、いろいろと勝手な想像を巡らせてしまった。実に本当に勝手な想像を。

 しかしまあ、子供だって、それぞれの家庭を背負っているし、人生を背負っている。子供だから手放しで幸せだったり無邪気だったりするわけがない。

 まあ、おれが子供の頃は、子供はもっと脳天気で無責任でテキトーな生き物だったと思うけど、今の子供は本当に大変だと思う。

 あの子も、これから家に帰るのか、ヤレヤレ、と思っていたのかもしれない。いや、もっと重いものがあったのかもしれない。

 そんなことを勝手に想像していたら、なんだか悲しくなってしまった。

 頑張れ!子供たち!

 で。カイロ。鍼を打って貰えば、特に腕の痛みはよくなるんじゃないかと思うけど、鍼はキライなので、なるべくなら避けたいのだ。

 一度帰宅して、出直して、東京駅へ。JR東海ツアーズで買った大阪取材用のチケットを受けとるため。ついでに、久々に東京駅で何か食べてこよう。

 北千住から常磐線の上野東京ライン乗り入れの電車に乗ると、乗り換えなしで東京駅まで行ける。本数は少ないけど、便利だねえ。上野から東京までノンストップだし。

 JR東海ツアーズの場所を忘れてしまって、しばしウロウロ。

 チケットを受けとる際に、帰路の新幹線の時間を変更できないか聞いたら、一度キャンセル扱いになるので1万円ほどかかると言われて、断念。

 チケットを受けとって、地下の東京駅一番街を歩く。

 ラーメンストリートでラーメンでも、と思ったが、コッテリしたドミグラス・ソースがかかったハンバーグが食いたくなって、「洋食一番街」という店に入る。
Img_2098

 で、ハンバーグとエビフライとライスにして、グラスビールも貰う。中ジョッキだと酔っ払ってしまう。しかしグラス1杯だけでもほろ酔い気分。料理が出て来るが遅かったせいもあるけど。

 久々に「洋食屋のハンバーグ」を堪能して、帰宅。帰路も北千住直通に乗る。常磐線は品川止まりなのが残念だなあ。東北本線から来る中距離電車は東海道線に入るんだから、常磐線の電車も何本かは運行して欲しいなあ。そうすれば、北千住から藤沢とか熱海まで直行できるのになあ。まあ、上野で乗り換えればいいんだけど。

 19時前に帰宅。

 風呂に入ったり、ゴミ出ししたり、いろいろ。

 風呂上がりのスイカを食べ、小腹が減ったのでスーパーで買った「ちょっとだけそうめん」を食う。

 早々に寝てしまおうと思ったが、今夜スタートのテレ朝のドラマ「民王」が面白そうなので、見る。

 これは、よくある「入れ替わりモノ」。しかしコワモテの総理大臣とそのバカ息子が入れ替わるのがミソ。コワモテの遠藤憲一がバカ息子の芝居をし、バカ息子の菅田将暉が上から目線のコワモテになる。

 バカ息子が漢字が読めないというのはどこかで聞いたネタだが……。

 バカだと思っていた息子の優しさと「スレていない」ところが意外にハマって内閣総理大臣として上手くいくし、バカ息子になった総理大臣もその押しの強さが功を奏する、という展開になるのはミエミエだが、このドラマは主役二人の芝居を愉しむものだろう。特に菅田将暉はかなり達者で、面白い。銀行の圧迫面接で面接官を論破するところとか、なかなかいいぞ。

 その流れで「タモリ倶楽部」も見る。南極ツアーのご紹介。船で渡る場合は「絶叫する60度」として有名な超難所のドレーク海峡を横断しなければならない。これはイヤだ。行きだけならまだしも帰りも横断しなきゃいけないんだから……。

 

 相方からファイルが届いているが、仕事は明日。

 1時前就寝。

 

今朝の体重:89.55キロ

本日の摂取カロリー:2029kcal

本日の消費カロリー:日常生活+183kcal/4310歩+153kcal(自転車)

« 7月23日/ようやく考えがまとまって……夜は幕張へ | トップページ | 7月25日/大いなる助走(明日から頑張る!) »

コメント

おおっと!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/61952839

この記事へのトラックバック一覧です: 7月24日/いろいろ雑用:

« 7月23日/ようやく考えがまとまって……夜は幕張へ | トップページ | 7月25日/大いなる助走(明日から頑張る!) »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト