« 8月13日/自主的自宅軟禁状態で、仕事のみ | トップページ | 8月15日/「日本のいちばん長い日」 »

2015年8月14日 (金曜日)

8月14日/仕事して罵倒して図書館行って大雨降って

 8時前起床。

 薄曇り。

 今日は大気が不安定で雨になるらしい。

 昨日の出来事で、書き漏らしたことが2つ。

 自分の妻の浮気相手の弁護士をノックアウトしてペニスを枝切りばさみで切り落とした大学院生の事件。

「いたかつただらうな」という言葉が浮かんだ。

 計画的犯行だったらしい。かなり凶暴な顔つきの男で、よくまあ大学院に行けたな、と思う。昨今の大学院問題がアタマを掠めるが……。

 ペニスがないとねえ……。セックスが出来なくなっても、オナニーが出来ないというのは、物凄く辛い。

 それと、佐野氏の盗作疑惑で、サントリーの景品のトートバッグのウチの幾つかが出荷停止に。

 佐野氏というより彼のスタジオのスタッフが量産したデザインのいくつかが盗作にしか見えない、ということ。だけど、佐野氏の名前で発表したのなら、彼の責任になるだろう。

 しかし……ネットで拾った画像を少し加工しただけで使ってしまうというズボラで杜撰な神経は、どうなってるの?と思うしかない。

 図書館から、リクエストしてあった本の準備ができた、というメール。雨になる前に取りに行こう。

 朝のモロモロを済ませる。

 

 仕事開始。何とか今日中に最終章を……と毎日書いてるなあ。

 マイミク(という表現も今はすっかりマイナーになってしまった)F氏は「〆切がないと書けない」とボヤいているが、おれは「〆切があっても書けない」。しかし、これではいかん。ずるずると次の仕事に影響が出てしまう。

 とは言え、昨夜書いておいたメモに従って書き進む。うまい具合にアクションを交えて、なんとか展開出来た。

 遅めの朝食は、トーストにコーンフレーク。

 と、ここで、ミクシィ上でのネットバトルに参戦してしまった。相方のスレにネトウヨが噛みついてひどい罵倒を書いてきたのだから、これは参戦せねばなるまい。これが集団的自衛権?

 まあ、ネトウヨと正面切ってぶつかるのは初めてなので、どんな風に展開するんだろうという興味もあった。

 しかし、相手は「反日」「自分の国に帰れ」と言い立てるばかりでボキャブラリーに乏しすぎるし罵倒の理屈も1つしかない。

 自分が日本人である、という一点で、相手を「非日本人」と決めつけて、「非日本人には何を言ってもいい」という、これのみ。

 これって、アメリカの貧乏な白人が、自分が白人であると言うだけで有色人種を差別する「プア・ホワイト」と全く同じ理屈。白人であることしか誇りがないし、支えになるアイデンティティがない。このバカネトウヨは、自分が日本人であると言うだけが支えになっているという点で全く同じ。

 たぶん、こいつはバカで不幸なんだろうな。お盆なのにネットに貼り付いて他人を罵倒してるんだから(こっちは仕事の合間にやってるんだが)。

 で……。
 やり合っていて、おれは、このバカの心の拠り所である「日本人」ということに、ほとんど意味を見いだしていないことに気がついた。

 コドモの頃に両親の国や文化が違うと、アイデンティティの混乱が起きるらしい。しかしおれはもうオッサンだしアイデンティティは出来上がってしまったので、今更、日本と日本人に固執する意味を見いだせない。なんなら別に国籍を変えたっていいとさえ思っている。

 だから、バカに「非日本人」と言われても、全然なんの痛痒も感じない。なのに相手は執拗に意味のない攻撃(と思い込んでいる)をしかけてくる。なんなの?これは。

 で、コイツは「25年間文章を書いて食ってる」とぽろっと自分のことを零したが……。それにしては文章が下手すぎるし論理も粗雑すぎる。てっきり背伸びした出来の悪い高校生だと思っていたら、アラフィフのオッサン(オバハンかもしれないが)だったとは。

 もしかして知り合いかも……と思ったが、今、お付き合いがある方々には当てはまりそうもない。だいいち、こんなバカはいない。

 もちろん、この設定はフェイクかもしれないし、下手くそな文章も粗雑な論理展開も、身元を隠すためのフェイクで、わざと下手くそなバカを装っているのかもしれない。

 ネット上である人物を誹謗中傷し続けていた人物が、そこそこの人物だったとバレて逮捕された実例もあったから、徹底して身元を隠そうとしているのかもしれないが……。

 とは言え、「反日」「自分の国に帰れ」としか言わないネタのなさはどういうことだ?同じ事を繰り返して相手が飽きて投げるのを待つ持久戦か?で、相手が書かなくなったら勝利宣言するのか?

 今回は、相手が「腰が痛い」という名目で退散したが。

 で、考えた。

 昔、遊郭の花魁たちが使う「ありんす言葉」は出身地を隠すために作られたものだった。

 それと同じで、彼らネトウヨが使う数少ない攻撃ネタは、彼らの身元を隠すための「ありんすフレーズ」なのではないか?

 では今日から、彼らネトウヨを「ありんす野郎」「ありんすちゃん」「あり公」と呼んでやろう。相手が罵倒しかしてこないんだから、こっちが上品かつ丁寧な対応をしてやる義理はない。

 馬鹿には馬鹿な対応をしないと、馬鹿には理解出来ないだろうし。

 言い争いになって、相手が汚い言葉やひどい表現を使うからと言って同じ事をするのは「相手と同じ土俵に上がってはいけない」と言われるが、そんなことはない。論戦ではなく中身がまったくない罵倒の応酬なら、相手と同じレベルでやらなければ。場外乱闘で相手がパイプ椅子を振り回すなら、こっちは躊躇なく折りたたみテーブルを使う。

 こういう事をしながら、仕事も進め、気象レーダーの画像を見ていた。レーダーには雨雲はないが、予報ではそろそろ雨が降る時間帯になってきた。

 足立区中央図書館へ。

 本を借りだして、最上階のレストランへ。ここのガーリック・ステーキが好きなので、営業時間にここに来ると必ず食べる。

 で、今日も美味しかった。飛び抜けて美味い、と言うほどではないが、神保町の「ランチョン」で出て来るランチのステーキに匹敵する美味さ。

 運ばれてきたステーキをiPhoneでパチリ。
Img_2196

 自分でも意外なほど、美味そうに撮れた。もう少し絞りを開けたらもっとよかったかも。しかしこういうものはいじらない方がいい。

 実際、美味かった。

 スーパーで今夜の食いものを買って、帰宅。

 例のネトウヨは退散。

 久々に他人を罵倒しまくった。自転車に乗ってちょっと汗をかいた。美味いステーキを食った。

 それらが相まって、妙にスッキリした気分。心地好い。

 ソファでしばし休憩。

 

 起き上がって、仕事再開。

 ちょうど、アベ首相が記者会見で「戦後70年の談話」を発表したが……マエセツで「どうしてこういう談話にしたか」という説明をしているのかと思ったら、それは既に本文だった。欧米列強がどうの、ということを本文に入れ込むと、言い訳にしか響かないと思うがなあ。

 肝心のキーワード「反省」「謝罪」は、どれも過去の首相の談話の引用だったり一般論的に扱ったり。

 これじゃ、「一応盛り込みましたが本心ではありません」と言ってるのに等しい。

 その意味で、アベは正直な談話を出したということになる。

 テレビを切って、仕事。

 と、物凄い雨雲が足立区方面に接近してきた……しかし降らないじゃん、と思っていたら、来たよ来ました、大豪雨。
0814

 夜だからよく判らないが、近くも見えなくなるほどの土砂降り。「降れば土砂降り」というフレーズを思い出した。

 これ、英語で習ったんだよねえ。

It never rains but it pours.

が正しいらしいが、おれは、

When it rains, it pours.

を習ったように記憶してるんだけど。

 しかしそれは30分ほどで終了。

 仕事をする。

 20時に近くなって、夕食。

 ご飯を炊いて、マグロの切り落としに高野豆腐の煮物、漬け物に手製の豆腐と油揚げの味噌汁。老人の食事みたいだな。だけど炊きたてご飯にマグロの刺身(切り落としだがきれいに設えてあるので刺身と変わらない。安いだけ)は、美味い。

 食後も少し仕事をするが、最大のクライマックスを書くにはパワーが不足。ここは、明日書こう。

 風呂に入り、資源ゴミを出しに行く。

 外は、涼しい。雨のおかげだ。

 「民王」を少し見る。まるで竹村健一(懐かしい!)みたいな大学教授に扮した六角精治に爆笑。このドラマは、役者たちの怪演が面白いのだ。

 だが、見ないでテレビを消し、0時就寝。

 駅のプラットフォームで「その場で作る美味しいお弁当」に惹かれて、カネもないのにその場で食ってしまったが、食ってからどうしようと困惑する夢を見た。腕時計を外して、「これを担保に預けるので、財布を取りに帰る」と言うのを受け入れて貰えるか?受け入れて貰えなかったら、警察に突き出されるから、このまま走って逃げるか?

 と激しく迷ったところで、CMが入る感じで次の夢に切り替わった。

 この夢の意味は?ただ食い意地が張ってるだけ?

今朝の体重:88.75キロ

本日の摂取カロリー:1983kcal

本日の消費カロリー:日常生活+55kcal/1326歩+96kcal(自転車)

« 8月13日/自主的自宅軟禁状態で、仕事のみ | トップページ | 8月15日/「日本のいちばん長い日」 »

コメント

包茎直した後でペニスを枝切りばさみで切られては
せっかく包茎を治しているところなので
このニュースにはショックです。
ご指摘のように、
>>セックスが出来なくなっても、オナニーが出来ないというのは、物凄く辛い。
これは確かに物凄く辛いですね。
オナニーは永遠の友ですか。
しかし、この弁護士は相当にアクドイことしていたのですかね。

包茎治し成功中さま:
男にとって、タマよりもサオの方が大事(生物的にはタマの方が大事だと思うのですが)らしいし、被害者はまだ40代で、枯れていないので、ずいぶん悲劇的なことになったと思います。
まあ、それだけ加害者を怒らせたんだろうと思うのですが……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/62085970

この記事へのトラックバック一覧です: 8月14日/仕事して罵倒して図書館行って大雨降って:

« 8月13日/自主的自宅軟禁状態で、仕事のみ | トップページ | 8月15日/「日本のいちばん長い日」 »

安達瑶の本

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト