« 8月25日/伊豆下田旅行2日目 | トップページ | 8月27日/雑用すませて、気学教室へ »

2015年8月26日 (水曜日)

8月26日/伊豆下田旅行3日目

 6時過ぎ起床。

 朝の散歩に出る。

Img_2220
Img_2221

 波は昨日よりはおさまってきた感じではあるけれど、もう車を借りてしまったし、ドライブする気分になっているので、海には入らず。

 

 しかし……千葉の鴨川も、今度の台風でビーチがかなりえぐられてしまったらしい。今年はボディボードには運がないのかもしれない。まだ夏は終わっていないけど。

 とはいえ、今日の東京は23度らしい。エアコンを2台回していると、くーたんが寒いかも。キャットシッターさんに「エアコンを1台切っておいて」とお願いしておく。

 朝食は、ハムエッグ、というのはハムが分厚いのでハムステーキと言うべきか。それにスクランブルエッグ。
Img_2222

 美味しい。顔が綻ぶ。

 夜とか朝に子供がバタバタしているのも笑って許しちゃおうという気になる。うるさい子供は、初日はおとなしかったのに、2日目3日目と場慣れしてきてドタバタうるさくなってきた。

 もう一組の親子連れは静かで、チェックアウトするときにペンションのオーナーに「お世話になりました!」ときちんと挨拶していた。腕にタトゥーが入ったお父さんだったが、とてもいい教育をしてるんだなあと感心した。

 で、我々もチェックアウトの支度をして、清算。

 陽が射してきたぞ……。なんだか悔しいが、まあ、こんなときもある。自然が相手だから仕方がない。
Img_2223

 ペンションの駐車場の隣は廃屋(じゃないかもしれないが、庭の様相を見ると、廃屋にしか見えない)で、凄くカッコイイ車が雑草の中に埋もれている。ここを買い取って朝食と夕食を出す店を出せば……各民宿から等距離だし、夏限定でやれば営業妨害にもならず、いいんじゃないの?と思ったが、こういう廃屋って権利関係が凄くややこしくなってる場合が多いから、そう簡単にはいかないのだろう。

 アタシにはそんなカネはないし、多々戸の雰囲気として、そういうのは嫌がられるのかもしれない。

 9時過ぎに部屋のキーを返して、完全チェックアウト。

 車に乗って、伊豆急の車窓から見える「小高い山の中腹にあるこじんまりしたお堂」を見に行く。伊豆急の「稲梓」近く。

 下田に向かう道はいつも混むので、覚悟していったら……全然混まない。昼間の方が混むのね。

 で、20分ほどで、稲梓近くの「お堂」。高根白山神社というところだった。

 格調ある時代劇映画に出てくるような、気品溢れるいいお社。
Img_2235
Img_2229

 そこから下田駅に戻る途中にあるお寺も、風情があった。
Img_2236
Img_2237

 下田漁港にある「道の駅」に寄って、ここで回転寿司でも、と思ったら、本日休業。下の階にある食堂で、ネギトロ・ウニ・イクラの「三食丼」を食べたが、これが極めて美味かった。すべて地のものではない(鰺とかがなかったのは台風のせいで出漁できなかったのか?)けど、美味いモノは美味い。

 晴天になったが、風がキツい。この状態で海に入るとかなりキツいだろう。まあ今回はドライブで正解だった。

Img_2238

 その後、12時過ぎに給油して、車を返す。

 今回は、海に入ったのは15分くらいだったが、その分、吉佐美大浜のボードウォークをゆっくり歩けたし、いろんな店のチェックも出来たし、ずっと気になっていた稲梓の神社にも行くことが出来た。

 これはこれで、いい旅だった。それに、今日はえんえんとバスに乗って海沿いを走るのだ。

 下田から堂ヶ島まで「マーガレット・ライン」経由のバスで行く。山を抜けていくバス便は1時間に数本あるのだが、このマーガレット・ライン(南回り)は1日1本。

 長距離で小銭を用意するのも面倒なので、駅前の東海バスの営業所でチケットを買う。

 堂ヶ島から乗り換えて、修善寺に抜け、伊豆箱根鉄道で三島。そこから東海道線で上野まで、というルート。

 路線バスでガタガタえんえんと1時間40分。こんな狭い道をバスが走るのかと思うほど、断崖絶壁の道を進んでいく。左側には西伊豆の海!

 絶景!

 砂浜が多い東伊豆に比べて、西伊豆は磯が多い。波が穏やかな西伊豆だが、今日は違う。港や浜の向きによって、凄い波が入ってきて防波堤やテトラポッドに当たって高い飛沫を上げる。

 乗ってるだけでもかなり疲れるルート。

 しかし時間ピッタリに堂ヶ島着。

 ここのセブンイレブンでトイレを借り、お茶とアイスクリームを買い、堂ヶ島観光ホテル前というか観光船の浮き桟橋のところにある公園で食べる。

 ここにも波が押し寄せて、高い飛沫を上げる。その瞬間を撮ろうとしても、なかなか決定的チャンスが撮れない。
Img_2241
Img_2242

 定刻に、修善寺行きのバスが到着し、乗り込む。

 このバスは土肥まで海沿いを走り、そこから東に山を抜けて修善寺へ。

 またまた断崖絶壁の「下は海」の道をひた走る。集落はこの旧道沿いにあるので、もっと広くて直進する道もあるのだが、バスは通らない。旧道を縫って走って行く。

 道中、この先をどうするか思案。

 三島で50分待って、その間に駅前でメシを食って三島発の東海道線に乗るか、三島で駅弁を買ってすぐ来る熱海行きに乗って、熱海で乗り換えるか……。

 しかし、腹が減らないんだよなあ。

 

 ロング・アンド・ワインディング・ロードを走ったのに、これまた定刻ピッタリに、バスは修善寺着。運転手さん、凄い。
Img_2243

 三島行きの伊豆箱根鉄道に乗る。伊豆急とは違って、SuicaもPASMOも使えない。

 ここで、いくつかのメールが来ているのに気がついた。

 某人物とその取り巻きが、嘘と曲解てんこ盛りでおれの陰口を盛大に叩いている、という複数の通報。

 クローズドな場所のつもりで陰口を叩いていても、そういうものは必ず露見するもの。こんなおれにだって、それなりの情報源は複数あるのだ。

 この件は、楽しい旅行日記にはまるでそぐわないので、この件だけ別立てにして、書く。

 で、そういや旅行中に光文社T氏と今週の後半に打ち合わせするダンドリをメールか電話で決めましょうという話になっていたんだよなあと思い出したので、車中からメッセージを送ったらすぐに返事が来て、打ち合わせの日取りが決まった。

 三島で、なんなく駅弁が買えてしまったので、そのまま熱海行きに乗り、熱海で乗り換える。弁当を食べるのでグリーン車にのって、上野まで。

 上野東京ラインは、凄く便利になった。しかし東京や上野が始発ではなくなったので、席取りが大変ということについては、ご同情申し上げる。

 大船辺りで、弁当を広げる。桃中軒製の「ぶたのみそ仕込み弁当」。なかなか美味い。

 東京を出て、秋葉原付近で緊急停車。山手線の電車から緊急信号が出た、と。しかしほどなく安全が確認出来た、とのことで運転再開。

 上野着。

 京成に乗り換え、駅で自転車をピックアップして、帰宅。

 小雨が降っている。

 部屋に戻ると、くーたんが出迎えてくれた。二泊三日の旅に出ると、怒っているのかしばらく素っ気なかったりするが、今回は違う。

 室温は23度だった。

 留守番をさせて悪かったので、しばらく抱っこしたり遊んだり。

 風呂に入る。

 

 出てから、iPadでやった原稿を、そのままiMacに移す。同じネットワークにつながっていれば自動で同期して最新のファイルになるはずなのに……iMacからiPadへの同期はすぐできるのに、その逆は時間がかかる。なにかコツがあるのかな。

 いろいろあるが、それは明日にして、0時就寝。

今朝の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2000kcalくらい

本日の消費カロリー:292kcal/7398歩+19kcal(自転車) 

« 8月25日/伊豆下田旅行2日目 | トップページ | 8月27日/雑用すませて、気学教室へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/62165195

この記事へのトラックバック一覧です: 8月26日/伊豆下田旅行3日目:

« 8月25日/伊豆下田旅行2日目 | トップページ | 8月27日/雑用すませて、気学教室へ »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト