« 10月26日/仕事して、気功 | トップページ | 10月28日/仕事してテニスに行ったが…… »

2015年10月27日 (火曜日)

10月27日/仕事して歯医者行って、寿司食って打ち合わせ

 爆睡して、7時起床。本当はもっと寝たかったが。

 今日も快晴。

 まずは戴き物のご紹介。
H1

「夜逃げ若殿捕物噺15/見えぬ敵」(二見時代文庫)

稲月藩三万五千石の若君・千太郎の許嫁で将軍家御三卿田安家ゆかりの由布姫が襲われ、腰元の志世が殺された。そして謎の刺客は千太郎にも迫った。だが、まったく姿を見せない恐るべき敵であった。

いったい誰が何のために千太郎と由布姫の命を狙うのか? 一方、千太郎は旗本どうしの抗争の探索を頼まれたのだが……。(裏表紙の惹句より)

 聖さんの人気シリーズ第15弾!風雲急を告げる波乱の展開!是非とも書店でお買い上げの上、この顛末をお読みください!

 で。

 朝のモロモロを済ませる。

 昨夜、「えいと」で控えめにしたせいか、凄く空腹。

 アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで玉子、牛乳、コーヒー。これだけでは足りなかったので、ハムサンドも作って食べる。

 相方と電話で打ち合わせしてから、仕事開始。

 昨日改訂した「第1章」を再度改訂。担当M氏に「直りきっていない」と指摘されたので、今のうちに直しておく。

 その箇所だけではなく、頭から読み返して、いろいろと加筆したりカットしたり。

 午前中かかって、再改訂。

 大阪の「保険金放火殺人」事件の再審が決定して受刑者が釈放された件、ネットでは「受刑者が疑わしい」という書き込みが多い。

 子供に保険を掛けるのが怪しいらしい。しかしおれは、親がおれに生命保険を掛けていたぞ。その理由は、若いときに入っておく方が月々の掛け金が安いから。受取人は将来、配偶者に書き換えればいい、ということで。まあ、そんなカネがあったら今欲しい、と親に言って、保険は解約してその分のお金は貰ったんだけど……。

 いろいろ疑わしい点はあっても、警察や検察の取り調べに無理はあったし、裁判所の判断も杜撰だったという点で、この裁判が再審になるのは当然だ。

 東京・日野で、10歳の少年が全裸で両手両脚を縛った状態で首吊り「自殺」していた件。これ、どう考えても、自殺とは思えない。現場の状況や遺体の状況から他者の関与が見られないから、自殺という判断はおかしいんじゃないのか?

 離れた場所から何者かに強要された可能性だってある。

 イジメがなかったか、徹底的に捜査すべきだ。

 腹が減った。

 外に出るとペースが狂うので、冷蔵庫にあるもので食う。

 卵だけのヤキメシを作る。なかなか美味く出来た。

 それに白菜の漬け物・ほうれん草の胡麻あえ・きんぴらゴボウ。

 新聞を精読する習慣がなくなった。夕刊を読むのは楽しいのだが、それは文化面とかの記事が面白いから。朝刊はほんと、読まなくなった。それは民主党政権になってから。なんか紙面に不信感が募ったのだ。

 でも、読まないままなのはもったいないので、まとめ読み。

 10月22日付の「耕論/もの申す私たち」という、自分の意見を主張することの是非について3人の談話で構成された記事の中で、「クズ芸人」「炎上芸人」を自称する「ドランクドラゴン」の鈴木拓がこういう事を言っていた。(一部抜粋)

『最近、外国の影響なんすかね、「自分の主義主張は堂々と言え」「間違っているものは間違っていると言うことが正しい」みたいな風潮があるじゃないですか。

 でもね、こんなこと言っちゃ申し訳ないですけど笑っちゃいますよ。だって、だぁ~れも、そんな正論なんか聞いてませんし、言ったとしても、会社も世の中も変わりませんから。みんなが半沢直樹になれるはずないんです。

 言っていいのは、周囲が「なるほど」って耳を傾けてくれて、失敗した時に自分でケツ拭ける人。でもそんな人ってほんのわずか、一握りでしょ。世の中のほとんどの人に異論を述べる資格なんてないんです。

 そもそもですよ、日本人は歯車になって、黙々とやってきたから、すげぇ経済成長とかもしちゃったわけでしょ。外国のやり方が正しいみたいな変な風潮ができてからですよ。GDPも中国に抜かれちゃったじゃないですか』

 まったく違うと思う。そうやってみんな黙って「沈黙の群衆」(『天空の蜂」)になった結果、妙な事になってしまった例は数知れず。GDPが中国に抜かれたのは、アメリカの政策で、日本の力を削ぐために単純工業は中国で作らせろという命令に従ったから。中国の方がコストが安いと言うこともあったし。ま、この男の言うことにまともに反論しても仕方がないけどさ。

 イマイチ大物になれない芸人は、長いモノに巻かれることも大切だと思うが……異論を述べる資格は、当然ながら、人間なら全員持っている。その資格を鈴木拓のように放棄するのは自由だが。言われるままに黙々とやってればいい、って考え方が蔓延ってるから、世の中の細々とした妙な事が是正されないのだ。

 ま、鈴木拓は「あえて違うことを言わなきゃいけない」という芸人の「自分に求められる役割」を悟って上記の事を喋ったのだろうけど。鈴木拓の持論で行けば、自分の考えを述べるよりも期待されることを言う方が大事なんだから。

 仕事再開。

 「第1章」の再改訂を終えて、ファイルを相方に送り、「第2章」に入る。

 「第1章」は毎日10ページ書けたが、その後、いろいろイベントがあって間が開いてしまった。頑張らねば。1日10ページ書ければ今月中に第3章まで行けると思っていたんだが……この分では第2章も途中までしか出来ない可能性が高い。

 午後、睡魔に襲われる。

 眠い!

 Macの前で、何度かオチてしまった。

 時間が来たので、仕事を中断して、歯医者へ。

 虫歯の治療は終わっているので、歯石取り。

 あと4回くらい通えと言われて「え~?」と思う。あと4回も?

 治療費欲しさに引き延ばしてるんじゃないの?

 あと2回くらいで終わらせてくれよ。こっちもヒマじゃないんだから!

 ユニクロでちょっと買い物したかったが、面倒になって、そのまま帰宅。

 夜、千住大橋の「はま寿司」で相方と食事。「悪徳探偵2」第2回の打ち合わせもする。マグロ赤身に中とろ、ウニ、イクラ、イカ、ネギトロ、カキフライ、ローストビーフに天ぷらうどんなど。こういう「回転寿司」はもはや、ファミレス化している。ワサビ抜きがデフォだし。いちいちワサビをトッピングするのは面倒くさいぞ!

 ブラック派遣について、相方が調べた事を聞くが、それはもう、ひどい。仕事を受けた派遣会社が儲けを出すために派遣社員に十分な説明もレクチャーもせずにそのまま現場に放り出す。労働基準法もなにも関係なしの無法状態の派遣会社。現場で一身にしわ寄せを受ける派遣された社員。しかし派遣会社の「管理する側の社員」は高給を取っている。派遣を求める側は労働基準法に則ってきちんと支払っているのに、派遣会社が儲けるためにゴソッと抜いてしまうから、現場で働く派遣社員の時給は低いし労働条件は悪いし説明も充分に受けていないから現場ではよく判らないままにタダのコマとして働かされてバカ呼ばわりされる。

 しかし現場で声を上げる人はほとんどいない。

 どうして?

 上記の鈴木拓みたいな考え方をする人ばかりだから。

 これが日本人以外なら、現場で炎上してみんな「やってられるか!」と引き揚げてしまって、ダメな派遣会社は潰れるだろう。そういう正当な淘汰の力が働くはずなのだ。

 しかし、不当な扱いを受けているのに、みんな黙って堪え忍んでしまうから、デタラメが是正されずに横行するまま。

 こんなの、おかしいだろ!

 この怒りを作品でぶちまけてやる!

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、風呂に入る。

 ゴミ出しするのに外に出たら、風が生暖かい。

 部屋の中も妙に暑い。

 アメリカと中国がきな臭い。アメリカとロシアもきな臭い。しかし今のアメリカに新たな戦争を起こす力はない。日本が代理戦争に駆り出されるのか?

 まあ、そうなったら日本中が火の玉となって「打倒中国!」ということにはならず、アベ政権が打倒されると思うし、そうでなければならないと思っているが……。

 サーキュレーターにタイマーを掛けて回して、就寝。

 明け方、蹴飛ばした布団を足の指で摘まもうとしたら、足が痙りかけた。

 早見さんがかなり重度の「こむら返し」になっていると日記に書いていたが、それに付いては、以前から「こうしたらいいですよ」とみんなで経験談を語っていたのだが……。ま、そんなこんなで久々に自分も足が痙りかけた。

今朝の体重:88.70キロ

本日の摂取カロリー:2001kcal

本日の消費カロリー:日常生活+42kcal/1082歩+130kcal(自転車)

« 10月26日/仕事して、気功 | トップページ | 10月28日/仕事してテニスに行ったが…… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/62564476

この記事へのトラックバック一覧です: 10月27日/仕事して歯医者行って、寿司食って打ち合わせ:

« 10月26日/仕事して、気功 | トップページ | 10月28日/仕事してテニスに行ったが…… »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト