« 10月5日/アサイチで木更津&エアコン・クリーニング | トップページ | 10月6日/決死の覚悟で歯を抜いた »

2015年10月 6日 (火曜日)

(番外2)またしても、嘘偽りデマ捏造を正す

 節度を保った書き方をしようと思ったが、そういう上品なものでは当該人物の知能を考えると伝わらない可能性があるので、以下、はっきりと書かせて戴く。

 ある下衆な唾棄すべきクソ野郎(ツイッターで「イルカごはん」と名乗ってるイルカ猟賛成派。こういう手合いが混じってると、イルカ猟賛成派諸君はみんな同類だと誤解されると思うんだけどねえ)がツイッターで騒いでいるところによれば、おれはウィキペディアに8年前から自作リストを自分でアップするという「犯行」を続けているらしい。(なんだか昨日見たときより書き込みが減っている気がするが……)

https://twitter.com/irukahagohan/status/650841514126372865

https://twitter.com/irukahagohan/status/650992336319569923

 自作リストをアップしたのはほんの少し前のことだと、ウィキペディアの更新履歴を見れば一目瞭然だ。いちおう、ここにリンクを貼っておく。(一行まるまるコピペしないとリンクされません)

https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=安達瑶&action=history

 これによれば、おれが自作リストをアップロードしたのは今年の9月15日。

 そして、2003年に「安達瑶」の項目を立てたのは、おれとは別人の知らない人だ。

 「8年前」って、ナニ?

 過去に数回、おれ自身が更新しているが、それは明らかな間違い(安達Oと安達Bを取り違えた記述など)の訂正だ。ウィキペディアによって取り消されたものもあるが、それはおれと関係者だけが知っていること(新聞記事やネットの書き込みで検証できない)を書き込んだからで、その取消しについては納得している。

 真っ赤な嘘デタラメ捏造を書きまくっているのは極めて愚かしい行為で、この「イルカごはん」という人物の下劣さと低脳さ、そして「構ってちゃん」ぶりを示すものであるが、こういう嘘偽りデマ捏造を信じてしまうバカも世の中にはいる。ウラも取らずに容易に信じ込んでしまうそういうバカのために、故意の嘘は正しておく必要がある。スルーするのが大人の態度とは思わない。

 真っ当な批判なら受けるが、こういう嘘偽りに関しては、前回8月に「某氏」に対して行ったのと同じく、徹底して反撃する。

 で。

 ウィキペディアに自分の記事を作らない、というガイドラインに反しておれ自身が自作リストを作成してアップロードしたと糾弾されている件を検討したが、ウィキペディアのガイドラインを再三再四熟読したが、どう考えても、自作リストを自作したことがガイドラインに反するとは思えない。

 ちなみにこれが「自分自身の記事をつくらない」というガイドライン。(これも一行まるまるコピペしないとリンクされません)

https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:自分自身の記事をつくらない

以下、その理由を記す。

・中立的な観点に関する問題

自作リストは、主観が入る余地はない。すべて事実だから。

・検証可能性に関する問題

自作リストは容易に検証可能。誰でもアマゾンなり国会図書館の蔵書検索なりで本当に出版されているかどうか、調べることが出来る。

・独自研究に関する問題

自作リストに「独自研究(オリジナル・リサーチ)」が入る余地はまったくない。故意に著作物をリストから除外したり存在しない架空の著作を捏造して、事実と異なる印象を与えようとしていないのだから。

 以上をもって、自作リストを削除する理由はない。ガイドラインに反していないのであるから、現状のままとする。

 異論があるなら、当方(安達O)に直接、メールを使って抗議なり反論なりをしなさい。

 おれはツイッターをやっていないし、今後もやるつもりもない(見ることは出来るが)ので、こちらから接触するつもりはまったくないし、ツイッターで泥試合を演るつもりもまったくない。悪しからず。

 ところで、ウィキペディアの自作リストが、誰にどんな迷惑をかけてるんでしょうね?

 なんか、このリストを相方が作ったとか邪推してる妙な人がいるけど、あれを書いたのは、おれ。ウィキペディアでのAdachiyoというアカウントは、おれ。文句あるならおれに直接メールを送りなさい。そのメールはここで晒してやるけどな。

 

 また、以下のことも主張しておく。これは相方の文章だが、おれも同意見である。

「イルカ狂作家」

 イルカ狂との批判は全く当たらない。レッテル貼りはやめていただきたい。

「不始末」

 「不始末」とは「人に迷惑がかかるような不都合な行いをすること」。

 イルカごはん氏は、「誰に」「どのような」迷惑がかかったのかを示す義務がある。

「『言論弾圧』と罵倒」

 罵倒と言われるのは心外である。反論と言っていただきたい。さらに反論の対象が「助けた利用者」ではなくイルカごはん氏本人であることを、氏が理解できていないことは遺憾である。

 非常識な要求をすれば激烈な反論が返ってくることもままあることを、氏は理解する必要がある。

「mixiで晒し者」 

 イルカごはん氏が安達のかかわるブログやSNSを監視し、スクリーンショットを収集し公表している以上、氏が同じことをされてもその不愉快は甘受すべきである。

「威力業務妨害」

 「職業その他社会生活上の地位にもとづいて継続して行う事務」が「業務」の謂いであるところから、「社会生活上の地位」を一切あきらかにしていないイルカごはん氏が「業務」を妨害されたと主張することには無理がある。

 (以下、おれの書き足し)そして、イルカごはん氏が、このような嘘偽りを流布することこそ、こちらの業務を妨害する行為であるので、「威力業務妨害」の咎を受けるのは、イルカごはん本人である。(書き足し終わり)

 わずか4行のツイートに6個もの!事実誤認が含まれることはきわめて遺憾であり、常識では考えられない。捏造体質もここにきわまれりと申し上げても過言ではなかろう。

 今後も太地町関係者による捏造を粛々と指摘し続けるのみである。

 訂正には全力で取り組んでいく。

 また、必要があれば、それなりの法的手段を選択肢に加える用意があることも付記しておく。

« 10月5日/アサイチで木更津&エアコン・クリーニング | トップページ | 10月6日/決死の覚悟で歯を抜いた »

コメント

「安達瑶」の項目、ビブリオグラフィに国会図書館の蔵書検索の結果をエビデンスとして張っておきました。ここまでしてる他の作家は居ないけど、まあ、妙な与太者に絡まれたと思って諦めるけど。

結局、「イルカごはん」というゲス野郎は、ツイッターの匿名性という隠れ蓑から出てくる気はないらしい。匿名でなければモノが言えないチキンなんだね〜。
自分で自分の言ってることが嘘偽りのデタラメだと言うことを白状したね〜。
その上、腰抜けのチキンであることも。
情けないダメ野郎だね〜。
まともに相手をする価値もないゲスなクソ野郎だと自白したね〜。しかも他人を脅迫してるクセにこっちを犯罪者呼ばわりするし。
救いようのない最低のカス野郎だね〜。

「イルカごはん」はウィキペディアを自分の宣伝に使った謝罪として自分の写真を貼れ!と言い出した。
完全に意味不明。
自分の写真を貼ったらどうして謝罪になるのか?
それ以上に、ビブリオグラフィを張ることがどうして宣伝になるんだ?
他の多くの作家の項目にもビブリオグラフィはあるではないか。それは他人が張ったからいいのか?どうしても本人が張るのは許されないことなのか?
と言っても、「イルカごはん」が許すかどうかなんて、まーったく何の関係もないんだけどね。
「イルカごはん」がウィキペディアを所有してるんならまた別な話だが。その場合はもう、ウィキペディアは一切使わないことにするけどな。
しかし、ツイッターにおれが書かないからってウィキペディアを巻き込むなんて、もう、キチガイ以外の何者でもないだろう!

証拠保存しました 10/9のイルカごはん (画像投稿を強要)

https://twitter.com/irukahagohan/status/652284441054699520

@adachib 安達揺bさん。卑怯者、臆病者とは20年も読者に顔出ししない作家を言います。bは違うなら、#jawp に顔と体が鮮明な写真の投稿を。WPで自作を宣伝し乍ら、WPに協力しないのは言語道断。詫びに自筆サイン画像の投稿を。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89 …
-------

こんなことツイートすると、著しくウィキペディアの評価を下げると思うんだけど。
キチガイが大きな顔をしてるオンライン百科事典とか思われても良いのかしら。

安達の自作リスト投稿を「犯行」と決めつけたイルカごはんのツイートは消されてた。

さすがに「善意」で情報提供した書き手を「犯罪者呼ばわり」のツイートはマズいと正気に返った模様。

絶対通報してやるw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/62420602

この記事へのトラックバック一覧です: (番外2)またしても、嘘偽りデマ捏造を正す:

« 10月5日/アサイチで木更津&エアコン・クリーニング | トップページ | 10月6日/決死の覚悟で歯を抜いた »

安達瑶の本

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト