« 10月30日/天橋立〜城崎旅行一日目 | トップページ | 11月1日/日記書いて1日が終わった感じ »

2015年10月31日 (土曜日)

10月31日/天橋立〜城崎旅行二日目

 6時前に目が覚めた。

 朝風呂に行っても、どうせみんな同じ事を考えて混むのは必至。

 なので、部屋の風呂に入って髭とか剃る。
Dscf1206

 部屋から見た、朝の天橋立の内海(阿蘇海)。

 で、このホテルはエレベーターが1基しかないので、朝はエレベーター待ちが大変だろう。

 ということで、荷物を持って朝食に行き、部屋に戻らずそのままチェックアウトしよう。

 ということで、荷造りして、7時30分に荷物を持って朝食会場へ。

 必要にして充分な和洋メニューが並んだブッフェ・スタイル。カレーとかがないのが、二流ではない証拠、だと思う。

 まずは和食メニューで。きんぴら、なます、ひじき、アジの開き、出汁巻き玉子、つみれ汁に海苔とご飯。二巡目はベーコン、スクランブル・エッグ、ポテトサラダ、湯豆腐。

 三巡目でお漬け物各種と「ワサビ昆布」。これ、昨夜も出て美味しかったのだが……わさび漬けのタグイは、旅館で食べると物凄く美味しいのだが、買って帰って自宅で食べると、全然美味しくない。だから、買わない。

 コーヒーにフルーツ。

 ゆっくり1時間掛けて食べた。

 こういうゆったりした朝食は宜しいなあ。

 しかし、覚悟した混雑はなかった。団体さんはさっさと食べてもう出発したのだろうか?それとも団体さんの朝食は別会場なのだろうか?

 エレベーターも混まなかったので、拍子抜け。
Dscf1211_2

 チェックアウトして、目の前にある駅へ。

 9時30分発「たんごリレー1号」で網野。

Dscf1215

 ここで乗り換えて、久美浜。

Dscf1216

 ここは、ちょっと前の「サライ」に載っていた写真を見て、是非とも一度訪れたいと、ずーっと思っていたのだ。
Photo_2

 町の中に川が流れている、というのは水郷の町ならありふれた景色だが、久美浜の川は実に穏やかな海に流れ込んでいる。この実に穏やかこの上ない町の佇まいに惚れ込んだのだ。

 で。

 10時28分、久美浜着。駅前の観光協会でレンタサイクルを借りて、この写真の街並みめざして、出発!

 が。

 上の写真のような街並みがずっと続いているのかと思ったら……上の写真の部分だけ。
Dscf1217

 完全なベスト・ショット。コペンハーゲンの人魚姫の像や那覇の守礼門のように、ベストポジションは1ヵ所しかない。
Dscf1219

 う~ん。この町で3時間ほど滞在して、と思っていたのだが、天橋立に似た「小天橋」に自転車で行くには遠いし、天橋立を見た後だと、もういいかなという感じになったし……。

 今シーズン最後の久美浜湾観光クルーズの出発時間に偶然、乗り場に行ったのだが、相方が近くのお寺に行ったので、乗れなかった。これに乗れば、久美浜湾と外海を繋ぐ水路とかを見ることが出来たはずだが……。
Dscf1224

 久美浜湾は静かで、海は美しい。町も静かで、穏やか。夏は海水浴で、冬はカニで賑わうのだろう。今はその端境期だった。

 それにしても、何もない。いや、この美しい海があればそれで充分だとは思うけど……。

 お昼前に、手打ちそばを食べて、12時過ぎの列車で城崎温泉に行ってしまうことにする。

 マチナカをうろうと自転車で走って、11時30分に手打ちそばの店へ。おじさん一人がやっているので客が多いとてんてこ舞い。

 店のBGMは昭和40年代のヒット歌謡。

 いろんな具の入った温かいそばは美味しかった。

 12時過ぎに駅で自転車を返して、城崎温泉までのキップを買い、乗車。
Dscf1225
Dscf1226

 豊岡でJR山陰本線に乗り換える。完全ローカルな車内には観光客はごく少数。

Dscf1228

 で、13時過ぎに城崎温泉。
Dscf1239

 この有名な温泉街を散策して……と思ったのだが、相方が、足が痛いというので、駅前のベンチで待っている間に、おれ一人が温泉街を探索。

 川を挟んで両側に温泉宿が並ぶ風情は、温泉街のスタンダード。なかなか風情がある。
Dscf1229
Dscf1232
Dscf1237

 駅前に引き返し、駅前の喫茶店に入る。

 無茶苦茶喉が渇いたので、水をがぶ飲みしたら、空腹を感じていたのに、消えてしまった。しかしカレーを頼んだしまった。

 出てきたカレーは非常に濃厚なもの。
Dscf1240

 食後、駅前の温泉施設「さとの湯」に入る。ここは風呂と休憩所しかない。食事処を設けたら、駅前の食堂の営業妨害になるだろうなあ。

 ここの風呂は熱いので、あんまり長湯が出来ない。

 しかし、お湯に浸かったら、何故かモーレツに疲れが出てしまって、ぐったり。

 脱衣場では、若者の集団が運動部のロッカールームみたいに、自分の荷物を床にぶちまけて喋りながらトロトロ着替えているのにイライラ。なんせおれのロッカーは連中のロッカーの真ん中にあるのだ。

 自分の荷物を全部違う場所に移して、着替える。

 休憩所で相方と待ち合わせる。相方が来るまで、ゴロゴロ。帰りの電車まで2時間もあるぞ。

 相方が出てきて、ゲラを見始める。ジェイノベル連載の「悪徳探偵2」の第1回。

 その間おれは、ゴロゴロ。

 時間が来たので、目の前にある駅へ。

 城崎温泉も、ここに来る目的にのんびり来ると、いいだろうなあ。しかし、意外に遠い。もっと近いのかと思った。
Dscf1241

 16時12分発「きのさき20号」に乗る。京都まで2時間30分。うへ~遠いなあ。

 車内で相方はゲラ。おれは睡眠。

 18時49分、京都着。

 本来は、改札を出て京都のおばんさいが食える店でゆっくり食事して、というつもりで京都で1時間取ったのだが、そこまで腹が減っていないので、京都駅ではお茶でもして、駅弁をかって車内で食うことにするが……。

 京都駅在来線の売り場にはまだたくさんの弁当が並んでいたのに、新幹線構内だと、軒並み売り切れ。

 え~!

 それでも、なんとか弁当を買い、「Cafe KOTO」に入り、おれは「ハイカラセット(ハイボールと唐揚げ)」を頼む。

 京都や新大阪の新幹線駅ナカは凄く充実しているが、東京駅はタダ乗るだけ。まあ在来線の駅ナカは充実しているけれど。JR東海としては品川駅を充実させようとしているのかな?

 20時2分の「のぞみ416号」に乗る。16号車ということは、満席ギリギリでやっと席が取れたって事か。

 相方はゲラ。おれはハイボールを飲んでほろ酔い気分で駅弁を食い、爆睡。

 今回の旅は移動が多くて荷物が重くて、疲れた。

 いや、旅行に行くとたいてい疲れて、最終日はヘロヘロになる。家でまったりしてるのが一番、とか思うのだが、1日経つと、またどこかに行きたくなるのだ。

 ……という事を思っていると、目の前の電光ニュースに赤文字で「線路に立ち入った人がいるので浜松~豊橋間の上下線で運転をストップ」という速報が。

 最初は東海道本線のことかと思っていたら、東海道新幹線だった。

 乗っている「のぞみ416」も次第に減速して、名古屋の手前で止まってしまった。名古屋で降りる予定だったヒトはイラついただろうなあ。

 30分ほど停車して、線路に降りたバカは捕まったとかで、運行再開。本当に、こういうバカは轢き殺して死骸を晒し者にしてやればいいと思ってしまう。それが嫌なら列車を使って自殺なんかするな!と声を大にして言いたいのでありますよ。

 なんとか東京駅に到着して、なんとか帰宅。

 新幹線の線路に侵入したのは48歳の男。自殺したかったんだと。まったくクソ迷惑な話だ。まあ30分程度の遅れで良かったが、それでも乗り換えとか予定していた人は大迷惑だろう。

 今夜はハロウィン。

 数年前からこの日記に書いているが、おれはハロウィンは嫌い。どうして古代ケルト人発祥のイベントを日本人が猿真似して……表面だけ真似して仮装のバカ騒ぎをするの?本来は子供が悪魔とかの仮装をしてお菓子を貰いに来る可愛らしいイベントだろ?それがどこをどう間違って、大人が仮装してバカ騒ぎするお祭りになったのだ?

 日本に入ってきた途端に変質してしまうことは多い。クリスマスなんて明治の頃から「プレゼントの日」「ケーキを食う日」「バカ騒ぎをする日」(これは昭和40年代までか)になってしまったし。「バレンタインデー」だって、いい加減、チョコレート会社が定着させた「女が男にチョコを贈る日」ってのを止めて、本来の、「好きな人にプレゼントを贈る日」にすればいい。ま、おれは本来の意味なら悪いことではないので、実行しているけれど。

 バカな連中の次の獲物は、「イースター」か?

 ま、東東京には、仮装をしたのがチラホラ居た程度(渋谷の帰りだったのかも)だから、まあ、勝手にやってれば?と思う程度で、渋谷に近づかなければ害はないんだけど。

 帰宅したら、くーたんが歓迎してくれた。

 で、やたらとお尻を床に擦りつけていくのは、何のデモンストレーションだ?

 荷解をして、一息ついて、録画した「タモリ倶楽部」を見る。東急の架線検査車に乗って、東急線を縦横無尽に走る、その前篇。

 0時過ぎに就寝。

 夜中に何度もくーたんがベッドに中に入ってきて、おれにぴったりくっついて寝ていた。普段もそうなのだろうか?気がつかないだけで。一泊旅行でこうなんだから、長期の旅行は出来ないなあ……。

今朝の体重:計れず

本日の摂取カロリー:かなり食ったはず

本日の消費カロリー:287kcal/7452歩+152kcal(自転車)

« 10月30日/天橋立〜城崎旅行一日目 | トップページ | 11月1日/日記書いて1日が終わった感じ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/62593556

この記事へのトラックバック一覧です: 10月31日/天橋立〜城崎旅行二日目:

« 10月30日/天橋立〜城崎旅行一日目 | トップページ | 11月1日/日記書いて1日が終わった感じ »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト