« 11月29日/鼓舞といえば林家こぶ平を思い出す | トップページ | 12月1日/仕事して、「ケープタウン」を見た »

2015年11月30日 (月曜日)

11月30日/マイナンバーが来た&懸命に書き直し

 6時30分起床。

 曇り~晴れ。

 今朝の窓ガラスは結露していない。結露していると「うわ。寒い」と視覚的に実感するもんな~。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトーストにゆで卵に牛乳にコーヒーという、いつもの定番。

 仕事開始。

 まず、昨夜のうちに相方から届いていた「悪徳探偵2」第2回の原稿を最終チェックして、担当F氏に送る。同時に副題も相方と相談して送る。

 で。

 今日は11月の最終日。今日中に「悪漢刑事14」のアタマから書いてあるところまでの再改訂をして構成の変更をフィックスして、明日から先に進むぞ!そのためには、今日中に再改訂を終わらせなければ!

 その前に、昨日入らなかった風呂に入る。

 スッキリしてから、仕事開始。

 改訂メモに沿っての書き直しは、ほとんど「作業」と言ってもいい。

 昨日は、かなり大掛かりな直しになりそうでビビってしまって戦意を失った面も大きかったが、実際にアタマから見直していくと、手直ししなければいけないところは,そう多くないし小直しで対応できる。これまでの改訂でかなり直っていたのだ。もう、何度も書き直しをしているからなあ。

 昼過ぎに、ヒルメシ(当たり前か)。簡単に済ませたいので、スパゲティに絡めるだけの「インスタント・ペペロンチーノ」にするか、お茶漬けにするか、ご飯に目玉焼きを載っけるだけの「簡易ナシゴレン」にするか迷ったが、火を使いたくないので、ペペロンチーノにする。
 スパゲティを茹でるのは最近はずっと電子レンジ。アルデンテには茹で上がらないけど、おれ、あんまりアルデンテが美味いとは思わないのよね。芯が残ってる感じで。パスタではないけど、特にパエーリアのお米がアルデンテなのは,駄目。初めて食った時、「炊き不足だぞ!」とスペイン語でクレームを付けそうになった(そんなスペイン語知らないけど)。パスタのアルデンテとかイタリアで言い始めたのはつい最近らしい。と、イタリア料理のシェフが言ってたぞ。日本においてはバブル期でしょ?それまで日本人は山田うどんみたいなスパゲティを食ってたんだぞ。

 で、粉チーズをたっぷりかけて,食う。美味い美味い。

 それだけでは足りず、魚肉ソーセージにマヨネーズを付けて食う。

 仕事再開。

 14時過ぎにプロローグから第1章までを終え、15時過ぎに第2章を終える。

 改訂済みのファイルを相方に送る。

 しばし休憩。

 溜まった新聞を読む。

 朝日の土曜版「be」に、「犬と猫、どっちが好き?」という記事(←リンク)があったが、おれが犬に対して物凄く申し訳ない気持ちを抱いている、その心理を的確に書いてくれた、という感じ。

『犬は、親密な人との関係で、愛情の「等価交換」に執着してはいないらしい。

 愛情を降り注がれれば飽くことなくつき従い、過剰なほど上乗せして返そうとする。その際限のない応酬にうっとうしさを感じない人は、正統な犬派を名乗る資格がある』

 たぶん、これだ。おれの場合、「うっとうしさ」ではなく、「そんなに献身的に愛情を返してくれるけど、おれにその資格があるのか?」とどうしても考えてしまって、犬に対して後ろめたくなってしまうのだ。子供の頃のトラウマがあるのかもしれないし、犬を幸せにしてやる自信もない。

 その点、本当に猫は気楽だ。というか、猫の方が動物本来の、「自分の意志で生きる」姿を残している。犬は、どう考えても、人間が人間の都合に合わせて改造してしまった気の毒な存在のような気がする。だから、犬は粗末にしてはいけないし、一度飼ったら大切にして、絶対に保健所で処分なんかしてはいけない。いやそれは、猫だってそうだし,全ての動物に言えることだけど。

 先日、偶然に知ったBSのDlifeチャンネルでやっている「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」を録画しておいたので、見てみる。ただ単に、主人公がどんな環境で仕事をしているのか、その場面が見たいだけ。

 映画に出てくる小説家って、けっこういいところに住んでリッチに暮らしてるんだよなあ。「恋愛小説家」の主人公とか「ロマンシング・ストーン」のヒロインとか。例外はジャン=ポール・ベルモンドの「おかしなおかしな大冒険」。主人公はパッとしないペーパーバック・ライターで、パリの片隅の安アパルトマン(水道工事が円滑に進まない)で俗悪アクション小説を書いている。愛用のタイプライターが壊れたのでなけなしのカネをはたいてオリベッティの電動タイプを買ったりする。この映画が素晴らしいのは、髭面でしょぼくれたベルモンドと、小説の中で颯爽とスーパーヒーローに変身しているベルモンド(これがもう漫画的にスーパーなのだ!)の両方が楽しめるところ。窓越しに向かいの部屋に住んでいる女子大生がジャクリーン・ビセットだったりするし。
20120813_7c889c

 この作品、大好きなのだが、日本版DVDが出ないんだよね~。北米版やフランス版(PALだから普通では再生出来ない)はあるんだけど……。まあ、前に放送したものを録画してあるけど……。映画館で3回くらい見たもんな。

 で、このドラマは、お調子者のバツイチ・イケメン人気ミステリー作家がニューヨーク市警の捜査顧問になってキュートな女性刑事とともに事件を解決していくという、この世でもっともアリエネー設定のドラマ。

 で、主人公はニューヨークの広い広いアパートメントに小さな娘と住んで、摩天楼が窓から見える書斎でノートパソコンを足においてデスクに足を載せて自分が関った事件をネタに小説を書く……って、守秘義務はないんかい!

 早送りで見たが……。しかしこのチャンネルでは、あの傑作シリーズ「バーン・ノーティス」もやってるのね。これはチェックしなきゃ。

 ドアチャイムが鳴って、郵便配達。

 マイナンバーの通知が来た。

 世の中のインテリというか、「意識高い系」たる者は、マイナンバーは拒否すべき風潮があるようだけど、おれはそれが理解出来ない。今後はギャラの振り込みにはマイナンバーが必要になるらしいし,それ以外にもいろいろ便利な機能がある。どうして頭から拒否するのか、おれには理解出来ない。

 管理されるとかなんとかマイナス面があるのは承知しているが、これがあったら年金の支払いミスはもっと簡単に判ったりしたんだし、利点の方が多くないか?

 おれは悪事に荷担してないし、反政府的言動だって、当局が問題視しているならば、マイナンバー以前に既におれの個人情報は把握されているだろうし、連中は管理しようと思ったらとっくに管理してるだろう。

 ということで、きちんと受けとりました。ま、おれはインテリじゃないんだろうし、意識も高くないのかもしれないけど、別に構わない。

 おれは、マイナンバーには反対しないよ。

 今夜、相方がウチで録画してある映画を観るのはどう?と提案しているが……ここは頑張って「第3章」も改訂してしまうべきだろう。分量的に無理かもしれないが……いや、ここは踏ん張るべき。

 相方には「今夜は仕事をする」と連絡をして、予約してある歯医者へ。

 やっと治療は終わって、再来週に歯茎の状態を確認して終了。

 帰路、ペット用品店に寄って、くーたんのご飯を買い、スーパーに寄っておれのご飯を買って,帰宅。

 きっちり夕食を食べると眠くなるので、ツナギ程度に「ミニメンチカツ弁当」を食ってから、仕事再開。

 「第3章」は、かなりの分量を書き直さなければならない。

 なんだか、これを今晩中に完遂させられるかどうかで,今回の「執筆作戦」の勝敗が決する感じがする。いやもう、感覚的には戦闘状態なのだ。

 思えば、この「悪漢刑事14」は書き始めからずっと「戦闘状態」で、ことにこの1ヵ月はずっと「非常事態」宣言発令が続いている感じ。そりゃ、へたばるし、お腹の調子も悪くなるわ。非常事態なんて、〆切間際の1週間が限度でしょ。それが1ヵ月だもん。まだ今は腸がおかしいだけで済んでいるが、これが胃に来たらヤバい。胃が痛くなって食欲がなくなって血を吐いたりしたら神経性胃炎とか、ストレスで胃に穴が開いたことになるし。

 助監督時代、エキストラ300人を毎日朝7時とかに集合させて明治の上流階級に変身させて舞踏会の場面を撮った「鹿鳴館」で、毎日なにかミスをしでかして、胃に穴が開いたもんね。

 あの時は先輩諸氏がカバーしてくれて、撮影がストップすることはなかったが、今はそうはいかない。

 もう、原稿を落として刊行スケジュールに穴を開ける事態を起こしてはいけない。いけないのだ。

 ということで、懸命に仕事を進める。

 しかし、どうにも腹が減ったので、ご飯を温めて、マグロのブツというかネギトロみたいに叩いてあるものをスダチたっぷりのワサビ醤油に絡めてご飯に載せ、混ぜてかっ込む。

 これが、美味いのよ!いわゆる漁師料理だが、簡単で豪快で、美味い。

 即、仕事再開。

 が、21時30分にくーたんが横にやって来て「遊べ!」と命じる。

 しかしここは、くーたんの目を見て「あと1時間待ってくれ。そうしたら必ず遊ぶから!」とお願いしたら、くーたんは判ってくれて、キャットツリーで大人しく寝始めた。

 猫は天才である。

 で、なんとか22時40分には書き足しを完了。

 改稿チェックリストに照らしてみても、直す項目はクリアしているので、終了。相方に送る。

 猫との約束はキチンと守らないと、ウ○コ攻撃が待っているので、10分遅れだが約束を守る。

 猫じゃらしを相手に飛び跳ねるくーたんは、ここんところ便通の調子もいい。いっときの便秘は、運動不足もあったんだろう。

 しかし……遊んでいる時の猫はすこぶる無邪気で、子猫みたいに愛くるしい。真剣な目が,これまた可愛い。

 だけど、猫って、時にはひどく崇高なオーラを発する時もある。なんだか神様みたいな雰囲気を漂わせて、神々しかったりする。まあ、だいたいがむっつりして不満そうな時なんだけど。とは言え、時には本当に、神の化身じゃないのと思う時がある。

 猫は,本当に不思議だ。

 ヘトヘトに疲れたし、妙にさっぱりした感覚が残っているので、風呂は省略。

 夜のニュースは、山手線に登場した新型車両の話題を流しているが、この車両、2度もトラブルを起こして運行中止になったんだよね。その事をテレビは報じなかったけど。 

 0時頃、就寝。

今朝の体重:88.80キロ

本日の摂取カロリー:1774kcal

本日の消費カロリー:日常生活+22kcal/585歩+92kcal(自転車)

« 11月29日/鼓舞といえば林家こぶ平を思い出す | トップページ | 12月1日/仕事して、「ケープタウン」を見た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/62783938

この記事へのトラックバック一覧です: 11月30日/マイナンバーが来た&懸命に書き直し:

« 11月29日/鼓舞といえば林家こぶ平を思い出す | トップページ | 12月1日/仕事して、「ケープタウン」を見た »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト