« 12月28日/忘年会&「赤めだか」 | トップページ | 12月30日/急遽、東京近郊区間プチ遠回りの旅 »

2015年12月29日 (火曜日)

12月29日/猫の墓参り&圧力鍋破壊&旧友の愚痴聞き&深夜の警官隊

 7時過ぎ起床。

 晴れ。

 洗濯をして、干す。

 朝のモロモロも済ませる。

 アサメシは、ご飯をレンジで温めて、卵かけ御飯にインスタントの赤だし、青菜の漬物。

 アベ首相の「大英断」。これはコイズミの「北朝鮮電撃訪問と拉致された人の一部の奪還」に匹敵する英断かもしれない。ま、日韓関係を強硬姿勢でこじらせたのもコイズミとアベだけど。

 ネットではライトな人たちがすごく批判をしている。要するに、日本政府や旧軍に責任がないことなのになぜ謝った、すでに1965年に話がついてることに何故また金を出すんだ、と。

 しかしねえ、日本の従軍慰安婦は、他の国(他国の軍隊だって似たようなものはあった)と違って、前線にまで連れて行って、最後は慰安婦も一緒に戦ったり敗走したりしたんだから。そんなの「軍営」じゃなくても業者と軍の間には阿吽の合意・阿吽の約束はあっただろう。文書には残っていなくても。じゃなければ、前線で営業なんかできるはずがない。

 その事実は、昭和30~40年代に作られた日本の戦争映画(「独立愚連隊」シリーズや「兵隊やくざ」シリーズなど)に普通に出てくる。戦争に行った人たちが、自分の記憶や経験で戦場を再現しているのだから、映画では、軍隊と慰安婦の関係は事実に基づいて自然に描かれていたはずだ。それに水木しげる先生の生々しい証言もある。

 1965年の日韓条約で、日本と韓国の間の話はついたのだろうが、日本が支払った金は、韓国の国策に使われて、戦争で被害を受けた個々人にまで回っていない現実がある。それを、豊かになった日本が後から追加で補償するのは当然だと思うが。

 日本に比べてはるかにきちんと戦後処理をしていたはずのドイツだって、未だにポーランドなどから訴訟を起こされて、新たに賠償金を支払っている。日本においておや、だと思う。

 今回の件は、強硬なアベだからこそできた、という面はあると思う。共産党の志位さんがその点は評価しているのは正直だと思う。アメリカの強い意向があったであろうことは簡単に想像がつくが。

 しかしこの件、記者発表はしたが、文書が作成できなかったのが、今後の問題にならなければいいと思う。

 普通の日本人が韓国に対して悪感情を持つのは、「話がついたはずなのに、何かあるとすぐに話をぶり返してきた」積み重ねがあるからだ。これが最終決着になればいいなあと願う。

 数年経って、また同じことが繰り返されるのは、うんざりだ。そういう気持ちも強くある。

 残った超VIPの年賀状9枚を書く。

 あとはゲラをやるだけ……だが、猫の墓参りに行かねば。

 夜食べるシチューを仕込んで行こうと、ブロック肉を切り、野菜を切り、仕込みをしたところで、バターもケチャップもないことを発見。肉や野菜はバターで炒める方がコクが出て美味いので、作業を中断。

 ちょっとゲラを見て、13時過ぎに外出。

 郵便局で年賀状を投函し、書き損じ1枚を5円で交換してもらう。

 北千住から東武線で「とうきょうスカイツリー駅」。ここから動物慰霊堂まで歩く。

 スカイツリー周辺には観光客がたくさん。外国人観光客は駅のエスカレーターのところで立ち止まるから、歩きにくくて仕方がない。まあ仕方がないんだけど。「May I help you?」とかいっていきたいところを教えてあげれば……と思ったが、知らないところだったら困るしなあ。東京スカイツリーで「日光に行きたい」というなら「東武線に乗りなさい」と言えばいいんだけど、「雷門に歩いていきたい」と言われたら困る。歩いて行ける距離だけに。

Img_2369


 で、動物慰霊堂は、とうきょうスカイツリー駅と錦糸町駅のちょうど中間にある。

 お供えのキャットフードを買って、慰霊堂へ。

 今日でおしまいだと思ったら、大晦日は開けるのね。でも、年内の行事は今日済ませてしまいたい。

 元気だったら、浅草の「ラーメン弁慶」に行くところだが、そこまでの元気も時間もない。少しでもゲラをやらないと。

 錦糸町まで歩いて、駅前のバーガーキングで、久々のワッパーを食べる。

 マクドナルドはどこで食べても同じ味だが、バーガーキングは店によって味が違う。南千住はマズイが、秋葉原と錦糸町は美味い。

 帰路、スーパーで買い物。

 帰宅して、シチューの仕込みを再開。

 いつもは保温鍋を使って長時間調理をするのだが、できれば夜食べたいので、久々に圧力鍋を使うことにする。

 フライパンで肉を焼き、野菜にも火を通して、圧力鍋に赤ワインと水を入れて蓋を閉めようとしたら……。

 何かに引っかかったのか、蓋がうまく閉まらない。と、戻そうとしても動かなくなってしまった。

 しばらく手で開けようと試みたが、動かない。

 困った。

 鍋の中にある肉と野菜は食えるのに、鍋ごと捨てるしかないのか?

 いやもう鍋は諦めても、中身はもったいないから何とかレスキューしたい。

 しかし、鍋の蓋は開かない。

 ドライバーの柄でガンガン叩いても、ほとんど動かない。

 こうなったらナグリだ。

 イケアの家具を組み立てるときに使った硬質ゴムのトンカチがあった。

 それでガンガン叩いていると、ようやく蓋が外れた。

 中身を救出して、保温鍋に移す。

 圧力鍋も、きちんとセットし直したらきちんとはまるのだが……絶対に歪みが生じただろうから、この圧力鍋はもう捨てる。

 もったいないけど仕方がない。しかしまあ、ディノスで「3点1万円」で買ったやつだから。もっと高い圧力鍋なら、こんな馬鹿なトラブルにもならなかっただろう。

 アマゾンでみたら、同型の物が3700円だった。しかし買わないぞ。どうせならティファールかなんかのいいやつにしよう。

 保温鍋に火を入れて、しばらく煮込んで、保温容器に移す。

 しかしこのシチュー、今夜は我慢して、明日食うほうがいいな。

 と思っていたら、電話。

 映画時代から関係が続いている数少ない友人Kから。今夜、年1回の飯を食う約束をしていたことを完全に忘れていた!

 いや、昨日までは覚えていたのだ。しかし今日になったら記憶から消えていた。

 万事ちょうどよかった。晩飯はシチュー以外の何かを食べなきゃいけなかったんだし。

 しかしKと会うと話が長くなって、今夜は仕事にならないな。

 19時前にKが迎えに来た車に乗り込む。

 Kは愛車の古いボルボを追突されて、愛車は修理中。新しいボルボが代車だが、車と畳は新しい方がいいと思うなあ。しかしKはヴィンテージが好き。

 その古ボルボ、シャーシが歪んでしまって修理するのに200万近くかかってしまうと。しかしもう古い車なので、保険でカバーされるのは「時価」。今その車を買うとしたら70万くらいしか寝がつかないから、保険は70万くらいしか出ないんだと。追突されて弁償されるより高い金を自腹で払わないといけないという不条理。

 しかし、Kがそのボルボを諦めたら話は違う。保証される70万に少し足せば、国産のもっと新しい車が買える。

 しかしKは古ボルボに執着。

 この男は才能と能力に恵まれた優秀な人物なのに、妙に偏屈なので人生を大いに損している。世が世なら金と名声に満たされて何不自由ない暮らしをしているだろうに……。

 竹ノ塚のロイヤルホストに入って、彼はジャンバラヤ、俺はステーキ丼を食いながら、ひたすらKの愚痴を聞く。 これが年1回の恒例。
04

 ロイホに来たら絶対にステーキを食べなきゃ!と思っているが、昼に食ったワッパーがまだ腹に残っているので、240グラムのステーキは多すぎるので、ステーキ丼。美味い。

 Kは愚痴るけど他人の意見を全く聞かない。金がないならもっと家賃の安い部屋に引っ越すとか、ヴィンテージの車や大型バイクを売るとかして生活を縮小すればいいのに、いろいろ理由をつけて全て現状維持。腰痛とか関節痛だというからいいカイロの先生を紹介したのに1回も行かないし。なのに愚痴だけは言う。田舎の偏屈ばあさん(爺さんにもいるけど)の典型みたいな性格。

 要するに彼は「相談」してるのではないのだ。ただ「愚痴ってるだけ」なのだ。愚痴だから吐けば満足して相手の言うことなんか聞く気はない。

 漢文とか日本の古典に凝っているとか、アメリカのミステリーを原書で読んでいてわからない単語が増えてきたからボキャブラリーを増やすノート付けを習慣にしているとか、尊敬すべき教養人なのに、生活力がない。自分で「高等遊民」を自称している。まあそれで暮らしが立つのなら大変結構なことだけど。

 おれなんか、仕事の資料本を読むので精一杯で、楽しみの読書なんかほとんどできないのに。

 食後、竹ノ塚から越谷まで、意味もなくドライブして、日光街道バイパスから旧日光街道に入ってタラタラ走って帰ってくる。

 23時過ぎに帰宅。

 エレベーターに乗ろうとしたら、制服警官がドヤドヤと走ってきてエレベーターに乗り込んできた。

 思わず「何か起きたんですか?」と聞いたら、「不審者がいるかもしれない、という情報がありまして」と。

 警官3人は4階で降りた。おれもちょっと降りて4階の廊下を覗き込んだら、奥の方から何やら呻き声というか喧嘩している声というか、そんな声が聞こえてきたので、慌ててアレベーターに戻って、自室に入る。

 ゴミ出ししようかと思ったが、怖いので、もう外に出ず。ドアチャイムが鳴っても絶対に開けないぞ。

 

 部屋の中はシチューの匂いで充満していた。保温調理器に4時間入れてあったから、もう「食べ頃でっせ」とシチューが教えてくれているのだろう。

 ちょっとゲラを見るが、全然頭に入ってこないので、諦める。

 テレ東の、たけしと鶴瓶の大放談(よくまあ放送したな、という内容。TBSなら全部カットするだろう)を途中までみる。たけしはネタで「足立区のひどさ」をこれでもかと言い立てたが、知らない人が聞いたら本気にするぞ。

「かっぱらい日本一は足立区」

「東京で停電が起きたら真っ先に電気が消えるのは足立区」

「東京で一番税金を払っていない奴が多い足立区」

「そのくせ生活保護をもらってる奴が一番多いのも足立区」

 半分は当たってるけど。

 しかしま、荒川のこっちと向こうじゃ世界は違うんだけど。北千住は足立区のビバリーヒルズだぜ。足立区の田園調布だぜ。足立区のマンハッタン(隅田川と荒川に囲まれてるし)だぜ。

 ずっと見たかったが、眠くなってきたし、明日は仕事しなきゃいけないので、0時40分ごろ、就寝。

 夜中にくーたんが妙な声で鳴いていたが、多分、便秘で苦しいんだろう。そういう鳴き方。まあこれは、こっちが神経質になると余計に悪いので、見守るしかない。整腸作用のあるサプリは増量してるんだけど。

今朝の体重:87.20キロ

本日の摂取カロリー:2737kcal

本日の消費カロリー:220kcal/5667歩+49kcal(自転車)

« 12月28日/忘年会&「赤めだか」 | トップページ | 12月30日/急遽、東京近郊区間プチ遠回りの旅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/62966232

この記事へのトラックバック一覧です: 12月29日/猫の墓参り&圧力鍋破壊&旧友の愚痴聞き&深夜の警官隊:

« 12月28日/忘年会&「赤めだか」 | トップページ | 12月30日/急遽、東京近郊区間プチ遠回りの旅 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト