« 12月30日/急遽、東京近郊区間プチ遠回りの旅 | トップページ | 新年のご挨拶を申し上げます »

2015年12月31日 (木曜日)

12月31日/ゲラに専念するはずが……

 7時起床。

 咳はだいぶ良くなってきたが、まだ残っている。早く治ってくれないと困るんだけど……。

 朝のモロモロを済ませる。

 ついでにジーンズも2本洗濯して干す。新年は洗いたてのジーンズを履きたい。

 今日は、年末年始の買い物以外は、ゲラに集中専念するつもり。……なのだが。

 午前中は、なんだかんだと気が散って、ゲラに手がつかない。困ったね。これは気持ちが逃げてるな。なぜ逃げてるかといえば、相当いろいろと直しが必要で、それがものすごく面倒に感じてしまうから。ゲラ直しは作品を良くするためのものなのに。

 ビーフシチューを温めて、ダブルソフトのトーストと、一昨日買ってあった「サラダ盛り合わせ」(ポテト、卵マカロニ、スパゲティ)と共に食べる。シチューの肉、もっとほろほろになっていて欲しかったが……脂身のないもも肉だから、こんなものか?

 レストランで食べるシチューは、ほとんど「赤ワイン煮」で肉を食べるものだけど、家庭で食べるシチューは、ご飯にかけたらハヤシライスになるような感じの、カレーと具が同じ感じ。もうちょっとつくり方を工夫して、レストランのシチューみたいに仕上げたい。それには野菜の具を減らして、肉のカットを大きくして、「汁」をもっと煮詰めるべきなんだな。

 で。

 午後になって、やっとゲラに手をつける。

 と、何のことはない、するすると進む。プロットを考えるのに中断する前の部分も見直して、進む。

 ちょっと厄介な部分も簡単に乗り越えられた。

 いけるじゃないの。

 しかし、キリのいいところで中断。

 お雑煮の材料と、おせち代わりのオードブル、そしてシチューに合うバゲットを買わねば。

 ということで、マルイ地下の食料品売り場へ。

 しかしここは激混み。品定めしながら歩くから、全然進まない。こっちはどこにどんな店があるか判っているので、どんどん先に進んでぱっぱと買い物をしてさっさと帰りたいのだ。

 しかし、こういう買い物を楽しんでいる人たちもいるんだよね。そういう人たちの楽しみを奪ったり邪魔したりするのはよくないよね。年末なのに。

 おれはつい、イライラしてきて立ち止まってる人を追い越したり、後ろから押したりしてしまった。

 反省しております。

 和風の古典的おせち系折り詰めにはやっぱり触手は動かず、ローゼンハイムの洋風オードブル(1000円だ!)にする。ローストビーフやハムとかの盛り合わせで、一人なんだし、これで充分。元旦も仕事するんだし。

 ポールでバゲットを買い、いつものスーパー、トポスに移動して、野菜や餅、ウルトラミニサイズの鏡餅を買い、帰宅。

 通気性がほとんどゼロのインナーを着て行ったら、モーレツに暑くて汗をかいた。思えば、これを着て12月17日に春日部に行って神社にお参りしてラーメンを食って、結構歩いたら風邪を引いたのだ。それはこのインナーのせいだ。この忌むべきインナーを捨ててしまおうかと思ったが、それだけ暖かいということだから……取っておくことにする。薄くて暖かいというのは貴重だし。

 Tシャツを着替えて、洗濯物を取り込んで、昼飯代わりのハムチーズ・サンドを食べて薬を飲む。

 仕事再開。

 しかし、眠い!

 あまりに眠いので、ソファでしばし寝る。股座にはくーたんがはまり込んで、一緒にうとうと。これが実に至福の時間ですなあ。

 17時ごろ起きだして、仕事再開。

 テレビをつけると、日テレで、過去の「おもしろ荘」(「笑ってはいけない……」が終わった後に始まる新人芸人紹介番組。ここで注目されて売れた芸人は多い)をやっていて、オードリーやハライチの漫才はやっぱり腕があって面白いと、ついつい見てしまったら、「笑ってはいけない名探偵24時」が始まってしまった。

 今年はなんと、レギュラーメンバーに中居くんが加わる?

「紅白とか大丈夫なの?バッティングしないの?」

 と、しきりに心配しながらメンバーに加わってバスに乗ると、堀北真希(綺麗だね!)とかが乗り込んできて、散々中居くんのお尻を叩いてズボンを破った末に、バスから連行してしまった。

 ここで中居くん終了。

 ここまでがすごく面白くて、ここからは「いつもの」パターンになってしまったので、つまらなくなった。

 バゲットを1/3食いながら、見る。

 仕事をしながらチャンネルを変える。

 BS日テレで三船/稲垣浩の「宮本武蔵」三部作を放送していた。1954~1955年の、東宝初のイーストマンカラー。

 この、色彩が極めて美しい。テレビ放送するのにかなりの補正をしたのかもしれないが、色彩に退色は全く感じられず(古いカラーフィルムだからコントラスト的に「?」と思えるカットもあったが)、しかもネガ傷もないので、水も滴る新鮮で美しい状態。

 この保存状態は極めて素晴らしい。

 しかも、今よりも色彩設計に凝っていて、夜の場面のバックにスモークを焚いて青い照明をしているから、画面に奥行きがあってとても美しいのだ。(撮影:安本淳)

 八千草薫が極めて可憐で美しく、これまた魅力的。いや~八千草薫は美しいなあ。

 イカンイカンと仕事に戻る。

 しばらくやって、半分まできたところで、結構大きな直しポイントが来たので、挫折。

 仕事を中断して、NHKの教育テレビ(別にイーテレとか呼ばなくてもいいんでしょ?)の第九演奏会を見る。第4楽章後半。

 おれは、終わり近くの、合唱もオケも急にスローになって崩れかけるところがスリリングでとても好き。今回のパーヴォ・ヤルビィはそこをなかなか魅力的にやったし、ラストの「一気にスピードアップして走りこむように終わる」ところもいい感じ。この部分をもっちゃりゆっくりやる指揮者もいるが、それは好きじゃないのよね。

 これが終わった後、引き続き、2015年クラシック界の回顧、も見る。

 食べようと思っていたシチューだが、お腹いっぱいなので、持ち越し。その代わりに、年越し蕎麦を食べる。レンジで温めればOKの、海老天そば。なかなか美味い。

 テレ東のジルヴェスタ・コンサートに切り替える。今年は、引退をひかえたシリヴィー・ギエムの「ボレロ」でカウントダウン。大友直人指揮の東フィル。

 0時ちょうどに曲が終わって、あけおめことよろ。

 近所の神社では初詣が始まった。去年は列の長さに恐れをなして部屋に帰ってきたのだが……。

 今年は、0時40分頃まで「おもしろ荘」を見て、外に出て、列に並ぶ。
Img_2370

 そう待たず、15分ほどで参拝できた。

 先着800人にもらえる「御福銭」をいただく。財布には数年前の「御福銭」があったので、それはお返しする。

 おみくじは、「末吉」。

 2015年は、気学的には最悪の年で、実にヤバかったのだが、吉方取りをしていたせいか、そう悪くもなく、新たな版元からお話をいただいたり、久々に増刷されたり、初版が大台に戻ったりと、仕事的には、いいことの方が多かった気がする。2016年は良い年らしいので……期待しちゃうなあ。しかしこればかりは、当人の頑張りが如実に現れるので……精進せねば。

 境内で甘酒をいただき、帰ってくる。

 まだ「おもしろ荘」はやっていて、優勝者が決まった。彼らは売れるのか?

 NHKにすると、「生さだ」をやっていた。

 2時過ぎまで見て、ベッドに入ってネットニュースを見て、2時30分、就寝。

 元旦は文字どおり、ゲラに専念せねば。去年も同じようなことをしてたんだよね。

今朝の体重:87.40キロ

本日の摂取カロリー:2025kcal

本日の消費カロリー:日常生活+111kcal/2720歩+46kcal(自転車)

« 12月30日/急遽、東京近郊区間プチ遠回りの旅 | トップページ | 新年のご挨拶を申し上げます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/62980839

この記事へのトラックバック一覧です: 12月31日/ゲラに専念するはずが……:

« 12月30日/急遽、東京近郊区間プチ遠回りの旅 | トップページ | 新年のご挨拶を申し上げます »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト