« 2015年3月22日 - 2015年3月28日 | トップページ | 2015年4月5日 - 2015年4月11日 »

2015年3月29日 - 2015年4月4日

2015年4月 4日 (土曜日)

振替テニス

 8時前起床。

 曇り。

 くーたんのトイレを掃除して、ご飯を出し、昨日分の日記を書く。

 最近、朝と夜がくーたんの「暴れるタイム」になって、猫じゃらしで遊べとリクエストが凄い。日記を書いていても応じるまで鳴き続けるので、中断して遊んでやらねば。

 ネコも犬みたいにこっちの顔色を窺う。その様子がいじらしいのよね~。

 パイロットが故意に旅客機を墜落させるなんて、絶対にあってはならないことだ。アンドレアス・ルビッツは911テロで旅客機を世界貿易センタービルやペンタゴン(こっちは手前に墜ちたが)に突っ込ませたテロ犯人と一緒に、永遠に地獄の劫火に焼かれ続けろ!

 つんくが喉頭癌で声帯を取った、というのはショックだった。つんくもシャ乱Qもファンではなかったけれど、歌手が声帯を取って声を奪われるというのは……近畿大学入学式でのスピーチも感動的だった。喉にマイクを当てれば話は出来るようになるとはいえ、この決断は相当なものだったと思う。でも、声を捨てて命を採った訳だから……。

 アサメシは厚切りトースト2枚にベーコンエッグにポテトサラダ。

 相方とスケジュールがお互いに合わず、新作の参考に観る予定の映画に行けず、「悪漢刑事13/闇の狙撃手」のPOPも作れず、ぽっかり空いてしまった。

 こういう時に、読まなければならない本を読んだり見なければいけない映画やドラマを見ればいいんだけど……。天の邪鬼なので、こういう時はなにもしたくなくなる。困った性分だと自分でも思う。

 新刊挨拶の書店廻りのリストを作り直す。ほとんど固定化して、挨拶廻りにお邪魔した店だから売れるのか、そもそも売れている店に挨拶に行っているのか。営業から貰ったデータを参考にして行き先を決めているんだから後者が正しいんだけど……。

 かなりの軒数を回っているので、現状で限界だ。

 

 ネットであれこれ調べ物など。

 机廻りに積み重なっている書類の整理をする。不要なものが溜まってるなあ。

 てなことをしていると、夕方。支度をしてテニスへ。休んだ分をなんとか取り戻そうと振替を取っているが、結局、半分くらいしか消化出来なかった。

 でも、週2回やると上手くなった気が……気のせいか。

 ちょっと腹が減ったので、北千住駅プラットフォームにある「小諸そば」でかき揚げそばを食べるが、多かった。腹具合的にもカロリー的にも。おれもずいぶん小食になってきたなあ。ジジイになってきたなあ。

 で、テニスは、レッスンは可も無く不可も無く。

 試合では、横っ飛びして1発だけ鮮やかなボレーを決めることが出来た。今日はこの1発があったことだけが成果だ。

 風呂に入り、晩メシをどうするか考える。一番いいのは、このまま何も食べずに寝てしまうことだが、それじゃあ寂しい。

 イトーヨーカドーのフードコートにある「鮪市場」でマグロ丼を食べる。

 21時前に帰宅。

 日テレの「天才!志村どうぶつ園」の終わりの部分を見る。猿は人間に近いから、赤ちゃんの時から懐かれると、別れが辛い。瀧本美織の涙に貰い泣き。

 「アド街ック天国」を見たら、今日からイノッチが「二代目宣伝部長」なのね。ナレーターも一人増えて、ちょっと模様替え。でも基本フォーマットは変わらず。この番組は、ずっと変わらないで続いて欲しい。おっさんおばさんがワイワイやってるのが楽しい番組なんだから。

 22時になって、アマゾンから届いていた、ドラマ「デート」のサウンドトラックCDを聞く。音がなんかオーバーレベル気味で荒れている感じがするんだけど……。聞きたかったBGMが入っていて、買ってよかった。このドラマは奇跡のような仕上がりで、本当に愛すべき作品だったなあ。

 同じスタッフが作った映画「エイプリルフールズ」も公開中だけど、なんかこっちはあんまり見たい気が起きないのは、何故なんだろう?あんまり宣伝もしてなかった感じだし。キャストの顔ぶれは豪華だし、古沢良太の脚本なんだけど。

 明日の遅い回に映画に行くことになったが、雨が上がればいいなあ。

 睡魔に襲われて、もう寝ちゃえばいいのに、NHK「ケータイ大喜利」を見る。23時50分までやっていたTBSの生特番を終えた今田がNHKに移動するのが間に合わず。って、赤坂から渋谷まで10分で移動出来るはずがない。

「こんなスケジュール組んだんは誰や!」

と言っていたが、まあ番組的には面白がっていた(面白がらなきゃ仕方がない)が。

 以前は全然面白くないと思っていたのに、最近ハマったのは、ゲストが投稿を読む後半が面白いから。今回は新幹線の車内アナウンスを担当している女優・ナレーターの脇坂京子さん。この方が上品にネタを読むのが実に面白いのだ。

 1時前就寝。

今朝の体重:89.60キロ

本日の摂取カロリー:2378kcal

本日の消費カロリー:702kcal(テニス)+130kcal/3587歩+23kcal(自転車)

2015年4月 3日 (金曜日)

章割り、なんとかまとまる

 8時過ぎ起床。

 最近、寝る時間が遅くなった分、起きる時間も遅くなってる。早寝早起きに戻そう。23時就寝の6時起床が理想。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませるが、急に「AVALON」のサウンドトラックが聴きたくなったので、CDを探し出して、再生。

 CDやレコードがいいのは、ライナーノートが読めること。データを買うのは簡便だけど、ライナーノートが付いてこないでしょ?クラシックやジャズみたいに曲を聴ければいいものとは違ってサウンドトラックとか作曲者・歌手が一言書いておきたい楽曲は、ライナーノートが読みたい。

 この「AVALON」に記された川井憲次の文章は軽妙で、かつメイキングにもなっていて、実に面白い。

 今日、何度も繰り返して聞いた。ちょっと編曲すれば立派なコンサート・ピースになるよなあ。難曲だけど。

 アサメシは例によって厚切りトーストに薄切りトースト&マーマレード。

 で、徳間新作の章割りに関して、設定を相方と詰めておきたいので、ワーキング・ランチをすることに。

 それまでに相方のメモをプリントしておれのメモを書き込み、おれの作った章割りをプリントして、こっちにもメモを書き込む。

 相方の案も生かせるアイディアが生まれたので、書き込んでおく。

 ATMに寄って記帳して500円玉貯金を入金したりしたいので、相方の連絡を待たずに外出。

 ATMに着いたときに、待ち合わせ場所のファミレスに向かうとメッセージが入ったが、記帳と入金を済ませる。が、通帳が繰り越しになってしまい、「新しい通帳を作る」を選択したのに繰り越せなかった。月曜に銀行の窓口に行くのは面倒だなあ。

 で、ファミレス。

 おれのアイディアを話したら、それで即、話がまとまった。

 いくつか確認をしたら、仕事の打ち合わせは終了。日替りランチの「チーズハンバーグとメンチカツ」を食べ、スープをお代わりしてドリンクもお代わりしつつ、あれこれ喋る。

 「アメリカン・スナイパー」を見に行かないかと誘われたが、どうも気が進まない。封切りから時間が経って、だんだん見たくなくなってきた。最初の頃は、イーストウッドの映画だし絶対見たいと思っていたのだが……。

 とにかく今日は、章割りを書き直して確定させてしまいたい。

 スーパーで買い物。

 今夜は魚でも、と思ったら、お総菜コーナーにスコッチエッグがあった。「ビルマの竪琴」の音ロケ(ダビングの際に使うバックグラウンド・ノイズの録音)に行った稲城の米軍専用ゴルフ場(多摩サービス補助施設)にあるレストランで食って以来、大好きになったのだが、普通の食い物屋でメニューにあることは滅多にない。揚げ物を自分で作るのは面倒(油の処理があるし)だし。

 で、美味そうなカツオのタタキもあったが、スコッチエッグにする。これだけでは足りなさそうなので、アジフライも買い、サラダも買う。

 一度帰宅して食料を冷蔵庫に入れて、また外出。銀行の支店のATMで通帳の繰り越しをしようとしたら、機械では出来なかった。どうして?窓口でやれと表示されたが、月曜にまた来るのは面倒。

 ATM脇のインターフォンで交渉して、店内で記帳して貰った。

 帰宅すると、徳間Y氏から「章割りを送って貰ってもすぐには読めない」とメールがあったので、ちょっと気が抜けてしまった。しかし、やっておかないと先に進まない。

 章割りの改訂をやる。

 今回は、キャラクター造形や話の展開・構成を結果的にはみっちり出来たと思うので、本文は書き出せば早く書けるんじゃないかと思う。我々はこういう事を先にやっておいて「先が読めている安心感」がないと不安に陥ってしまうのだ。見切り発車で章割りがきちんと出来る前に書き始めて、書いている途中で壁にぶち当たってとてもヤバくなった事数回。人によると思うが、とにかくおれは、きちんと章割りをしておかないとダメ。

 やっていて、眠くなったので、ソファで寝ると……くーたんがやって来て、例によっておれの足を枕にして寝始めたので、動けなくなる。

 先週の「タモリ倶楽部」をまた見る。大型船の接岸。これはやっぱり面白い。タモリの解説も的確だし。

 しかし、そうもしてられない。

 くーたんを移動させて、起き上がり、仕事再開。

 しかしすぐに中断。

 晩メシを食う。

 ご飯を炊き、アジフライはオーブントースターで温めるが、スコッチエッグは醒めた状態で食べるのが一般的だというので、そのように。

 美味いが、スコッチエッグってけっこう食べ応えがあるのね。アジフライが余計だった。炊きたてご飯が美味しくてお代わりしてしまったのだが。

 食後休憩。

 またしても、くーたんがやって来て、おれの上で寝る。

 ニュースを見た後、「ぴったんこカン・カン」を少し見るが、この番組、やっぱりスタジオ部分は全然不要じゃん!と思う。というか、安住さんはいろんな番組で美味しいものをたくさん食べているのに太らないのはエラい!まあ、食べたフリをして映ったときだけ少量食べているだけなんだろうけど。人形町日山(一度入ってみたい店!)で、すき焼きの肉が半分残った状態で「場所を変えましょう!」とかやっていたし。しかし、ここのすき焼きは美味そうだったなあ。今半とどっちが美味いんだろう?

 その後、フジテレビの「過去のスクープ特集」みたいな番組の終わりの部分を見る。フジのスクープと言えば、何と言っても、日航ジャンボ墜落で、いち早く現場から生中継をして生存者の救出を生中継したことだろう。

 いかんいかんと仕事に戻り、なんとか章割りを終えて、担当Y氏と相方に送る。

 相方は一人で「アメリカン・スナイパー」を見に行ったようだ。いい映画だったと。まあ、イーストウッドだし、映画の出来に間違いはないはずだけど……今の気分は、完全なフィクションの世界に遊びたい気分なんだよねえ。見たかった「ゴーン・ガール」は東京じゃもう終わってしまったし、特に見たいものがない。いや、アラン・チューニングを描いた「イミテーション・ゲーム」は見たい。って、これは『完全なフィクション』じゃないけどなあ。

 映画なんか、もっと気軽に見に行くべきなんだけどね。なんか、億劫なんだよなあ。行き出せば弾みが付いて何本も見てしまうんだけど。

 風呂に入って、資源ゴミを出して、テレビを消して、ネットを見る。

 「報道ステーション」の件、追い詰められた(と感じた)古賀さんの「最後っ屁」については、これをやることで「報道ステーション」自体を窮地に追い込む結果になると古賀さんは思い至らなかったようだ。自分は『ハチの一刺し』をやったつもりだろうけど、それをやる場を破壊してしまっては意味がないと思わなかったのだろう。

 というか、ヤツらは『報道ステーション」を潰そうと画策しているのに、結果としてそれに荷担するカタチになって敵の思う壺になる可能性があると想像出来なかったようだ。

 この騒動で視聴率が下がって敵に番組を終了させる口実を与えてしまったら、これは、古賀さんの責任だよ。

 番組の中で一言言っておくことに意味があるのか、番組を存続させて応援するのに意味があるのか。

 おれは後者の方に意味があると思う。おれも「I’m not ABE」だけど。

 追い詰められると、どんな利口な人もバランスを失うものなんでしょうかねえ。

 体制批判をする場合は、もっと戦略を考えて上手くやらないと……ゲリラみたいなことをしていたんじゃ絶対に負けるのに。昔も今も、反体制側って、いまいち知恵が足りないから、いつまでもダメなんだ。いや、そういう立場に安住していたいのかもしれないけど。旧社会党の本音はそうだった。戦後すぐ片山内閣で政権を取ったとき社会党の面々は政権運営をする自信がなくて真っ青になったらしいし、その後も、何度もチャンスはあったのに、ビビってしまって政権を取りに行かなかった。

 まあ、民主党の大失敗を見た今となっては、当時の旧社会党がビビった理由は判らないでもないけど。批判勢力が与党になって政権を取ったら、今までの批判に見合う政治をしなければならないのに、民主党政権も強行採決はやったし大臣を短期間で代えたし首相をくるくる代えたし……自民党と同じ事をやった上に官僚を使いこなせなかった分、政治が進まなかったし、それに東日本大震災が襲って、もうメロメロになってしまったわけだし。自民党出身で閣僚経験者が何人もいたのに、あのテイタラクだったんだから(と言いつつ、そうボロクソに言われるほど民主党政権はひどくはなかったんじゃないの?と思うのだが)。

 その結果、今のアベ政権があるわけで……。

 テレ朝の次の深夜ドラマが始まる合間にやるバラエティを見た。マイケル富岡がいかにして女を落とすか、その手管を大公開!いや、ご苦労さん。

 で、「タモリ倶楽部」。日本人ならキリストの誕生を祝うよりお釈迦様の誕生を祝う「花祭り」をやろう!というのは誠に正しい。正しいのだが……。

 クリスマスがイベントとして如何に巧妙に構築されているかよく判るなあ。「花祭り」も、商売人の知恵と工夫が入れば、また変わるんじゃないかと思うけど……本質は大きく崩れてしまうだろうけど。

 やっぱりこういうイベントは、楽しくなければねえ。

 いや。

 日本人はクリスマス・イブとクリスマスを混同しているからイカンのだ。クリスマスはあくまでも、真面目にキリストの生誕を祝う日で、どんちゃん騒ぎとは無縁。教会に行く日なんだから。

 だから「花祭りイブ」を設けておおいに騒いで、「花祭り」当日は、お寺に行って敬虔に、お釈迦様の像に甘茶をかけて……。

 

 クリスマス・イブがこんなに派手になったのは、アメリカが大々的にショウ・アップしたからでしょ?アメリカの商業主義が発達する以前のクリスマス・イブなんか、家庭でご馳走を食べてプレゼントを交換する程度の慎ましい地味なものだったはず。

 だから番組内で出た「ブッディストの有名アーティストに何かやって貰おう」という案は大正解。リチャード・ギアなんか、寅さんのマネしないで、仏教徒としてアメリカ的にショウアップする知恵を出してくれ!

 1時前、就寝。

今朝の体重:89.35キロ

本日の摂取カロリー:2510kcal

本日の消費カロリー:日常生活+32kcal/864歩+159kcal(自転車) 

2015年4月 2日 (木曜日)

章割りやって千住の花見

 8時起床。

 晴れ。

 洗濯物を干したり朝のモロモロを済ませて、仕事開始。

 徳間新作のプロットを修正……と言うより、章割りにしてしまう。その方が具体的で実際的な構成を考えられる。

 途中、アサメシ。厚切りトーストにゆで卵。

 仕事再開。

 昼を過ぎて、腹が減ったし、雑用もあるので、ちょっと外出。

 郵便局で税金を払ったり、入ったことのない中華屋さんで「香港チャーハン」(普通のチャーハンよりスパイスが効いているものらしい。たしかにスパイシーだった)と餃子を食べたり。

 春爛漫の桜満開なので、自転車でぐるぐる回って、千住東側(「東側」というとワルシャワ条約機構を連想してしまうなあ)の桜をあちこち写真に撮る。

Img_1916
Img_1917_2
Img_1918
Img_1919

 大事な用件を1つ忘れたまま帰宅。まあいいや。明日やろう。

 仕事再開。

 

 夕方になって、一応終了。昨日、穴になっていた部分はうまく埋まって、これでいけると思いつつ、相方に送る。

 相方からの返事待ち。

 洗濯物を取り込み、青汁の宅配を受け取ったり。

 相方から電話。「敵キャラ」の設定で、おれと相方の意見が異なる。相方の案も判るし、それでもいいとは思うが、それはそれで問題があると思う。

 相方はメモを送るというので、それを読んで判断することにする。

 晩メシは、今から作るのは、冷蔵庫にロクなモノがないので、どっちにしても買い物に出なければならず、じゃあ外食しちゃおうと。

 冬の間は、夜になって外に出たくないのでアリモノで自炊していたが、暖かくなってくると外に出たくなりますなあ。これじゃあ財布が減って体重が増える以前のパターンに逆戻りだぞ。

 と思いつつ、北千住駅前を歩き回って、ナニを食おうか思案。すき家に入りかけたが、ほぼ満席だったので止めて、結局は松屋で「豚バラニンニク味噌炒め定食」を食べる。まあ美味かったがカロリーを知ってビックリ。

 帰宅したら20時前。

 ネットを見たりして、21時からNHKのニュースを見て、日テレ「秘密のケンミンSHOW」2時間スペシャルをつまみ食いする。和歌山のワサビ寿司が美味そうだった。

 見ているうちに寝てしまった。

 相方からメモ第1弾が届いたので、読む。

 風呂に入ろうかと思ったら相方から電話が入ったので、打ち合わせ。

 熊本大学医学部付属病院の「殺人医師」の件、テレビ・ニュースにはこの医師についてまるで取材の成果が登場しない(あのいやらしい週刊文春も週刊新潮はさすがに記事にしている)が、ネットでは実名が出ている。

 この医師、病院側に「過失ではなかった」という上申書を出して先月末に辞表を出したらしい。テレビ、この医師をどうして追わないの?いや、追ってるけど、いろいろ問題があって番組で流せないんだろうなあ。

 その後、風呂に入り、ゴミ出しをして、世田谷美術館で買った「東宝スタジオ展図録」を読み返し、録画した「AVALON」を飛ばし見する。

 この作品は、試写で観た。たしか、東宝本社の試写室だったはず。

 押井守が作った外国映画。全編ポーランドで撮影されてポーランド人しか出て来ないしポーランド語の映画だから、ポーランド映画と言ってもいい。

 とにかく、スケールがデカくて、しかも、しんしんと凍えるような孤独感が伝わってきて、おれは大好きな映画だ。世評はあまりよくなかったと記憶しているが、おれは偏愛している。ヒロインのような生活を(ネットゲームを仕事のようにして生活している、と言う部分は真似たくないが)ヨーロッパの片隅でしてみたい、と初めて観たとき強く想い、今もそう思うときがある。

 そして、川井憲次の音楽!アニメ音楽のクセはあるが、壮大なオーケストラ曲で、圧倒的。

 公開当時、サントラを買ったんだよなあ。今でも「衝撃映像」の番組によく使われているが。

 0時を過ぎて、相方からメモ第2弾が来たが、もう眠いので明日見ることにして、ベッドへ。

 しかし、「AVALON」と久々に再会した興奮で、iPhoneであれこれ調べてしまい、コンサートでこの映画のメインテーマである「Log in」を生オケ生コーラスで演奏するのをYouTubeで見たり、いろんな感想文を読んだり。「尻すぼみ」という感想には、そうかもしれないなあとは思った。この手のハナシは膨らませるだけ膨らませると、どう収拾するか、極めて難しいのだ。もう夢オチでいいや!とか「2001年宇宙の旅」オチでいくしかないとか、自暴自棄になったり。

 

 1時過ぎ就寝。

今朝の体重:89.40キロ

本日の摂取カロリー:2327kcal

本日の消費カロリー:日常生活+151kcal/3557歩+114kcal(自転車) 

2015年4月 1日 (水曜日)

仕事して、テニスして

 珍しく、くーたんが布団に入ってきたと思ったら、「ねえねえ」と言った。

 寝ぼけていると、ネコと会話が出来る。正確には「ネコの言っていることが判る」。以前にも、故ウズラが「ご飯食べようよ~」と言ったのが判った。半覚醒の状態だとテレパシーが利くんだろう。

 6時43分。もっと寝たかったが、起こされたら仕方がない。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませる。砧公園でいっぱい写真を撮ったので、日記に時間がかかってしまった。

 マイミクF氏の日記を読み返すと、「東宝スタジオ展」の最後のコーナーで、東宝スタジオの変遷がビデオにまとめたものを流していたらしい。おれが見たときは、セットが組み上がるまでの様子を流していたので、見なかったのだが……。

 なんか、見逃して物凄く残念な気がする。

 これだけのために、もう一度見に行くか?いやしかし、戦前の状態は図録に収録された絵で判ったし、建て替え寸前の様子は知っているし、建て代わったあとは東宝スタジオのサイトやGoogleマップで判るし……。それに、展示の間違いを正したのが修正されていないと腹が立つので、やっぱり、行かない方がいいか。迷ってるなら行っちゃえばいいんだけど。

 で、朝風呂に入ってから、厚切りトーストに薄切りトースト&マーマレード、ゆで卵にハム&マヨネーズのいつものメニューのアサメシを食べて、仕事開始。

 原稿を渡してから刊行時期が決まらず宙ぶらりん状態だった角川の新作、具体的な刊行時期の呈示があったので、ホッとした。

 アベ首相の下手くそな俳句が話題になっている(←リンク)。太田光の言うように、アベ首相はアメリカの子ブッシュと同じくバカが政治家になってトップにまでなってしまった最悪な例だと思うが……この俳句だけは勘弁して欲しい。

 調べたら、去年も下手くそな一句を詠んで笑われていた(←リンク)のだ。批判に堪えないというか、取り巻きが「御上手ですね!さすが総理!」とか持ち上げまくってるんだろうか。常識人のはずの菅官房長官までアベの下僕に成りはててしまったしなあ。閣僚で内閣の番頭だから首相に盲従しなきゃいかんわけではない。中曽根内閣における後藤田官房長官を見よ!

 で、テレビでこの俳句についてアベにインタビューしたら激怒して、

「私より下手な俳句を詠む人は大勢居るじゃありませんか!殊更に私の俳句を悪く言うのはどういう意図があるんですか?偏向報道でしょう!私がこうして怒ると報道への弾圧になる?私にも言論の自由はありますよ!」

 とか興奮してしまうかもしれんなあ。この男にはなにか強烈なコンプレックスがあるのかもしれないなあ。まあ、ホイチョイの同窓生だからなあ(って、ホイチョイを罵倒する意図はありません。「気まぐれコンセプト」の連載初回から、ホイチョイは大好きです。でも、おれは「I’m not ABE」です)。

 徳間新作のプロット。

 いろいろ迷っていて難航している。資料を読めば読むほど、どう料理しようか迷いが深まる。どうすれば面白くなるか。悩みは、その一点。

 「悪漢刑事13」の見本が出来たと。書店に並ぶのは4月9日。打ち上げをどうしましょうかと担当M氏から打診が。

 昼は、スーパーで買った「ウズラの卵のスコッチエッグ(餡が絡めてあるから中華風ですな)」をおかずに、ご飯を温めて。

 何故か、これを食ってから数回トイレへ。

 プロットは、途中に大きな穴を残した(どう事件が大きく展開して主人公が窮地に陥るか)ままだが、流れ的にはこういうカタチだろうと言うものは出来たので、相方に送る。

 そのあと、相方と電話で打ち合わせ。プロットに関して、2つの案を結合させるいいアイディアが相方から出た。ちょっと考えることにする。

 小雨が降ってきたが、時間が来た。

 テニスの用意をして、外出。

 テニスは、まあまあ。前衛で、胸元に飛んでくるボールにはどうしても対処出来ない。これがなんとかなればなあ。しかし、スマッシュを打つときに右腕が痛いぞ。

 試合もまあまあ。いいショットもあるしダメなショットもあるし……。

 風呂に入りつつ、晩メシをどうしようか考える。

 今日こそ、美味いチャーハンを食べたい。しかし曳舟には美味いチャーハンは無いかもしれない。雨も降っているし、駅から遠くまで行くのはイヤだし……。

 ということで、駅前の「上海菜館」で、五目炒飯と餃子を食べる。餃子は巨大でジューシーでなかなか美味かったが、肝心の炒飯が、ごく普通、としか言いようがない。不味くはないが美味くもない。

 ネギの風味が効いた炒飯が食いたい!あれはどこで食べたんだっけなあ、すごく記憶に残る美味いチャーハンがあったんだけどなあ。

 テニスの間もチャーハンを食う間もプロットについて考えていたが、相方と電話で話していたときに「2案を合体させたもの」がどう考えても一番面白くなると思うに至ったので、相方にその旨メッセージを送る。

 22時近くに帰宅。

 くーたんにご飯を出し、どうせテニスの後は仕事は出来ないので、3月分の税金書類の整理をする。

 半分やって寝ようと思ったが、レシートの整理まで全部やってしまった。

 「マツコ&有吉の怒り新党」は、「新三大○○」だけを見る。

 只見線の絶景ポイント。これ、教えちゃったらバカな撮り鉄が押しかけて荒らしてしまうんじゃないか?いや、こんな到達するのが困難で私有の山には入って来れないか。いや、キチガイの撮り鉄どもは、そんなことを平気で無視するからな。

 只見線はまだ一部区間が運休のままで復旧していないのね。一度は乗りたい只見線。それも冬に。

 0時45分、就寝。

 あ、今日は嘘をつかなかった。笑える嘘をつくのって、すごく難しいのよね。

今朝の体重:89.55キロ

本日の摂取カロリー:2032kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal(テニス)+139kcal/3511歩+28kcal(自転車)

2015年3月31日 (火曜日)

砧公園と世田谷美術館「東宝スタジオ展」に行った!

 7時過ぎ起床。

 快晴。

 今日は予定を変更して、世田谷美術館に「東宝スタジオ展」を見に行く。世田谷美術館のある砧公園も散策したい。

 で、朝のモロモロを済ませて、猫の病院と自分の病院に行っている相方からの電話を待つが、相方から「黒い報告書」の原稿が戻ってきていたので、チェックして担当U氏に送る。

 その後、厚切りトースト・薄切りトーストにマーマレード・ベーコンエッグのアサメシ。

 あんまり遅くなると時間がなくなるとヤキモキしていると、ほぼ予定時間の正午過ぎに相方から「今終わった」と連絡が。

 相方は病院から一番近い駅から電車に乗るというので、一番前の車両で落ち合う手筈にしてあったのだが、何故かおれが「一番後ろの車両」だと勘違いしてしまって、一番後ろの車両へ移動。

 しかし待ち合わせ場所の駅に到着する寸前に「一番前の車両」だったことを思い出し、駅に着いて、プラットフォームを走る。あいにくこの駅はプラットフォームがカーブしているので車両の先頭が見渡せない。

 しかし、なんとか間に合って、相方と乗ってきた電車に乗り直せた。ラッキー。

 ウチから用賀まで半蔵門線で1本。乗り換えなしでいける。しかし1時間かかる。東京を突っ切る形になるもんね。

 渋谷を過ぎて、池尻大橋・三軒茶屋と、昔、中目黒に住んでいた頃は馴染みだった駅を過ぎる。あの頃は中目を含めて「イケテナイ」街だったのに、おれが引っ越した途端にオシャレな店がたくさん出来て、芸能人とかがいっぱい来る街に変身してしまった。当時はバブル末期~崩壊直後で、渋谷から押し出される格好で周辺地域が再開発されたんだよね。

 昨夜から、モーレツに美味いチャーハンが食いたくて堪らなかったので、用賀で店を探しつつ砧公園方面に歩くが、店がない。すぐに住宅街になってしまった。

 

 それでも、第三京浜の高架近くにおにぎり屋さんを発見。他に店はないので、ここでおにぎりを買って公園で食べようかと思ったが、今日は風が強いなあと思ったら、店内にちょっとしたカウンターがあって食べられるので、店内で済ます。店内だと「セット」(味噌汁とちょっとしたおかず)とともに出される。おれはシャケと葉唐辛子のおにぎりをチョイス。実に美味しかった。ここは隠れた名店か。

 で、その店から少し歩くと環八。それを渡って、砧公園。

 平日だというのに、もの凄い人出。お父さんもたくさんいるけど、東京中の自由業のおとうさんが大集結してるのか?

Img_1894

Img_1895
Img_1897

 ここにはたしか、映画「YAWARA!」のロケで来て以来。それ以前にも来たけど、あの頃は何にも無かった気がするなあ。いや、今日は桜が満開で圧倒的なので、そう感じたのかも。

 広大な公園には桜と人だらけ。

 ここの桜は地面まで枝が伸びているので、桜に包まれて花見が出来る。

 いや~凄い。桜並木は多いけど、こういう「圧倒的な桜」はそうそう無いと思う。

Img_1900
Img_1901
Img_1903
Img_1907

 けっこう歩いたが、今日のテーマは「東宝スタジオ展」。

 もう15時近くなったので、少し焦って入る。
Img_1908

 場内は写真撮影禁止だが、入口にはミニチュアセットとゴジラが。しかしおれは、「東宝が誇る大送風機」に目がいってしまう。セスナのエンジンを使った超強力送風機もあるんだけどね。
Img_1912
Img_1910

 で、場内へ。

 「ゴジラ」と「七人の侍」をキーにした展示だが、PCL創立からの資料が集められているので、おれのようなモノにはもう、宝の山。当時の製作日報が残っているのが凄い。

 映画が斜陽になって、他社の撮影所がどんどん閉鎖されたり縮小される中、東宝だけはほぼ全盛期の規模を維持していた。所外にあったオープンセット用地は東宝ビルトになり閉鎖されたり、近隣にあった東京映画撮影所(元は技術研究所)もないし新東宝は日大商学部と東京メディアシティになっているが、本体だけは、円谷さん専用ステージがボウリング場になり日曜大工センターになった(今は他の会社のモノになっている)けれど、仙川の向こうは昔のまま。

 しかし、100億円をかけた大改造計画が終了して、特大ステージの8と9以外はすべて建て替えられた。まあ、第1や第2は昭和7年に建てられたものだし、他のステージも戦前に建ったものをそのまま使っていたんだからねえ。

 ステージの吸音材に畳が使われていたのは驚いたけど。

 ビデオで、昭和38年頃に作られた「東宝友の会の撮影所見学会」のPR映画がとても興味深かった。かなり編集されているので、成瀬組や岡本組、そして黒澤が「天国と地獄」を撮っていたりと10組くらいが平行して撮影中!みたいに紹介されていたけど。しかし当時の撮影所の様子が窺えて、実に面白い。

 同じ頃、大船には松竹、調布には大映と日活、大泉には東映の撮影所があってフル回転してたんだよねえ。今や松竹は東宝を使って撮影しているし、大映も日活も東映も縮小されてしまった。

 しかし撮影所の食堂(サロン)は美味しかったねえ。ニュートーキョー系のレストランで今も同じ味が楽しめるけど。

 三船さんの葬儀の際の黒澤さんの弔辞の直筆も展示されていたが、その字が市川さんに似ていて丸っこかったのは驚いた。黒澤さんはもっと角張ったゴツイ字を書く人だと思い込んでいたのだ。

 写真を撮っていいのなら山ほど撮っただろうが、禁止だから記憶に焼き付けるしかない……と思ったら分厚い目録のような本が出されていると知ったので、売店で買う。

 映画全盛期を過ぎ、退潮期を迎えて、東宝撮影所は閑散としていた。

 おれが市川さんの弟子になって東宝撮影時に出入りするようになった頃は、ほぼCMだけが撮影されていた。あと、アメリカ映画の「ミシマ」とかも撮ってたねえ。

 こんな凄い設備をどうして遊ばせておくのか疑問だった。日活の撮影所は角川映画や他の映画でごった返していたのに。

「東宝は使用料が高いから使えない」

「東宝のスタッフを使うと人件費が大変」

 ということで、安い日活ばかり使われていたのだ。

 東宝撮影所は新規採用がなくなって久しくて、「社員が定年になっていなくなるのを待っている。いなくなったら撮影所は取り壊す予定なので、設備も新しくしないで昔のマンマで使っている」と言われていたのだ。

 たぶん、そうなんだろうなあと思った。とは言え、みんなロートルだとチカラ仕事が必要な美術や照明部は仕事にならないので、若手がアルバイトや契約として少数雇われていたし、おれのようなフリーも作品ごとに出入りしていたが。でも、東宝のスタッフは総じて高齢だった。特に照明部。みんなおじいさんばっかり(25歳の若造からすればみんなそう見えたのだ)で、ついついライトを運んでしまって「お前は助監督だぞ」と怒られたりした。

 まあ、そんなこんなを思い出しつつ見入っていたら、当然、相方はそんな思い入れはないので、どんどん先に行ってしまい、予告編上映コーナーで座っていたが……。

 しかし、おれは、だからと言って見学を切り上げられない。

 見たいモノだらけだもんねえ。

 予告編も、最近の映画は見たくないが、「生きる」から「エレキの若大将」「日本沈没」あたりまでは見たいので、二度目になる相方と、予告編鑑賞。イーストマンカラーの「宮本武蔵」や「日本誕生」の映像は瑞々しくて驚く。

 というか、自動現像機を使うようになって画質は安定した。東宝はもともと技術の会社だったから、戦前の作品も技術的にはしっかりしていたけれど、手現像時代はやっぱり不安定なのよね。

 で、予告編を見ていて、しみじみ思ったのは、「ニッポン無責任時代」で颯爽と登場した植木等扮する「平均」(たいら・ひとし)のキャラクターが空前絶後のウルトラ画期的な、前代未聞だということ。サラリーマン映画が持ち味の東宝だからこそ、以前からのサラリーマン映画を根底からひっくり返す無責任男の登場は、ショッキングというか、大事件。こんな強烈なキャラクター、その後登場していないと思うが。平然と遅刻して「いいからいいから」とヘラヘラしている「C調男」は、青島幸男が作り出したらしいが、いやあ、考えれば考えるほどに、超弩級に物凄くユニークな唯一無二なキャラクターだよなあ!

 昼休みに社員たちが屋上でバレーボールをやっていて、自分のところに飛んできたボールを返してやらないで道路に投げ落すギャグの鮮烈さは一生忘れられない。

 しかしまあ、このキャラも、「無責任時代」「無責任野郎」の2本だけで、ここから始まる「日本一の**男」シリーズになるとすっかりルーティーン化してしまい、新味のないマンネリ男となってしまったのだ。と言いつつ、おれはずいぶん封切りで見てるんだよね。クレージーモノもかなり封切りで見たし。

 思えば……東宝の映画は「社長」も「駅前」も「若大将」も「怪獣」も「8.15シリーズ」も、ずいぶん見たよねえ。松竹は殆ど見なかったし、東映は「まんがまつり」だけ。大映はエロ成分が増えてきた頃だったし(「でんきくらげ」「しびれくらげ」はこっそり観たぞ)日活はまだ興味外だったし。

 だから、子供の頃は映画と言えば東宝、だったので、その東宝撮影所で働けることになって、本当に嬉しかったねえ。広い撮影所で作られているのは市川組1本だけだったりしたけど……。

 とても充実した素晴らしい展示だったのに、残念なことが1つ。

 最後のコーナーの展示で、昔の機材が並んでいた。NCミッチェルについてはもっと詳しい説明が欲しかったが、まあいい。

 しかし編集機材にはガックリした。

 どうせならムビオラを展示して欲しかったのだが、35ミリの横駆動のサウンドヘッド付きビュワーと6連シンクロナイザーが並んでいたが、だれがセットしたのか、ビュワーの受光部にラッシュ・プリントが通らずにサウンドヘッド上にあった。で、磁気を塗った「サウンドフィルム」は遊んでいた。

 これじゃあまるで意味がない。

 あまりにひどいというか、ここまでキチッとした展示が並んでいたのに、残念至極。

 近くに居た係の人を呼んで、このセッティングは間違っていると説明をしたのだが、伝わったかどうか……。

 というか、東宝関係者も見に来たと思うのに、誰もこの間違いを指摘しなかったのか?それとも最初はキチンとセットしてあったのに、誰かが悪戯してしまったのか?

 2階の「東宝スタジオに関った画家たちの展示」も見ていると、「そろそろ閉館の時間です」というアナウンスが流れたので、慌てて売店へ急ぎ、この展示の分厚くて立派な目録を買う。

 この本には、1941年頃の砧撮影所の見取り図のような絵が載っていて、なるほど戦前はこういう姿だったのか、ととても興味深い。戦後の昭和30年代初頭に特大ステージとダビングルームが出来る前は、仙川の向こうはオープンセット用地だったのね。

 黒澤が「こんなダビングルームじゃ仕事が出来ない」とステージを使ってダビングしたという、旧ダビングルームは旧正門のスタッフルームの裏にあったのか~。

 こういう撮影所の昔の姿を知りたいのだ、おれは。京都の撮影所に関しては、立命館大学がいろいろ資料を収集していて、大映京都撮影所の偉容については知る事が出来るが、東京に点在していた撮影所に関しては、誰か学術的に研究してるんだろうか?古くは向島や巣鴨にも撮影所はあったのだ。

 1回じゃ足りなくて、おれだけでも日を改めてまた来ようかと思ったが、ほぼ全部を見学出来たので、まあこれでいいか。

 堪能した。

 大満足。

 やっぱり、おれは、映画が大好きなんだよなあ。

 砧公園から、石畳というか瓦を敷き詰めた「いらか道」をゆっくり歩く。カッコイイ住宅が建ち並び、桜も満開で、実にいいところですなあ。以前とはまったく様変わり。

Img_1914
Img_1915

 用賀駅近くのビルにある「とんかつ茶漬けのすずや」に入り、相方はトンカツ茶漬けを、おれは海老フライ・メンチカツ・ヒレカツの盛り合わせ定食に豚汁を食べ、ジャーマンポテトをサイドで取る。

 いろいろ喋って、けっこう長居してしまった。

 半蔵門線で帰宅。

 帰り着いたら21時を過ぎていた。

 くーたんにご飯を出し、機嫌を取って、録画した「サラメシ」を見たりしていると、風呂もシャワーも面倒になったので、1時頃就寝。

今朝の体重:89.15キロ

本日の摂取カロリー:2132kcal

本日の消費カロリー:414kcal/9865歩+27kcal(自転車)

2015年3月30日 (月曜日)

近所でお花見

 珍しく布団の中にくーたんが入ってきて、起こされた。

 時計を見ると9時前。

 ベッドは、夜から朝はおれ。昼間はくーたん、という暗黙の使い分けルールが出来ている。だから、くーたんはルール違反だぞ、と入ってきたのか?それともアサメシが遅いぞと言いに来たのか?遅くまで寝ているのを心配したのか?

 たっぷり寝たのか寝不足なのかよく判らない状態で起きる。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませると、もうお昼近い。

 薄切りトースト2枚にゆで玉子のアサメシ。

 昨日録音したNHK-FM「きらクラ!」を聞きながら調べ物をしていると、相方から「花見をしない?」とのお誘いが。

 南千住というか山谷にあるコーヒーの名店「バッハ」に行こうと言うけど、その方面に桜はあるのか?隅田川沿いにありそうだけど。

 しかしウチの近所の公園の桜は満開。この公園でお弁当を食べることにする。

Img_1889_2
Img_1890
Img_1891
Img_1892

 相方がお弁当を買ってきてくれて、ベンチに座って、お花見。

 親子連れがシートを広げてお弁当を食べている。ガキが鳩を追い回しているが、石を投げたり捕まえたりはしないので、まあ許容範囲。鳩も図々しいから、いい勝負。

 今日は暖かくて、絶好のお花見日和。

 明日、予定があったのだが、急遽変更して、世田谷の砧公園にある世田谷美術館に行くことにする。ここで開催中の「東宝スタジオ展」を是非見たいのだ。

 お弁当を食べて解散。

 部屋に戻って、調べ物再開。

 しかし、ふと気づいたのだが、花粉症が始まった頃は目が痒くて堪らなかったのだが、最近は収まった。目薬を処方して貰ったんだけど……。

 調べ物はだいたい終了。

 暗くなる前に、と買い物に出る。

 北千住東口に行って、くーたんの好物のキャットフードを買い、「定食かあちゃん」で、さんまの塩焼き定食とネギぬたを食べる。店内は満席で、隣のじいさんがえんえんメニューを見ているので、「いい加減に注文しろ!」と思っていたら、暇つぶしにメニューを眺めていたのね。

 競輪マニアの客が盛りあがっている。

 食後、スーパーに寄ってヤマザキの食パンなどを買って帰宅。

 日テレ「月曜から夜ふかしSP」を見る。

 この番組、取材部分が面白いしかなり毒がある(ナレーターが平気で悪口を言ったりするし)ので面白い。マツコじゃなくても面白いと思うけど、毒気のある取材に対するマツコのツッコミでバランスが取れてるんだろうな。

 微妙な地域感情を刺激する(世田谷区民は自分たちを「リッチピープル」だと言うが、港区民からすれば「世田谷なんて田舎」と言い捨てられるし、京都人の優越感と意地の悪さを強調してみたり)のは、あちこちからクレームがついて「審議入り」みたいなことにならなければいいなあとは思うが。

 とは言え、「カボス」と「すだち」は違うぞ!と元徳島県民としては主張したい。大きさが違うし、絞り汁の香りと味も違う。一見すれば似たようなものだけど、違うんですよ。ライムとの差ほど違わないけどさぁ。好みと慣れがあるから、すだちの方が美味いのだ、とは言わない。カボス党がいるのは充分に判るから。

 しかしこの番組は、放送作家とディレクターの腕がハッキリ判る。素人をいじっていろんな事を言わせて笑いを取る、その作りが上手いのだ。

 昨日の日記で「世界の果てまでイッテQ」が面白くないようなことを書いてしまったが、よく思い出すと、フィンランドでベッキーが躰を張った「人間射的」も女芸人が八景島シーパラダイスで調教ショーやイルカと戯れるショーはよく頑張ったし面白いし感動的だった。しかしラストの出川とデビ夫人の「QTube」がなあ。わざわざ海外ロケをして撮るようなモノでもなかったし(もとの映像を作った方に敬意を表しての海外ロケだけど)。

 で、テレビを眺めながら、頭の中では徳間新作のプロットを捻っているが、なかなか考えがまとまらない。というか、アイディアが出ない。

 と、言いつつ、Macに向かうと多少は進んだ。

 0時まで仕事をして、あとは明日。

 0時30分就寝。

今朝の体重:89.30キロ

本日の摂取カロリー:2127kcal

本日の消費カロリー:33kcal/908歩+81kcal(自転車)

2015年3月29日 (日曜日)

頭スッキリ仕事もスッキリ

頭 7時30分起床。

 爆睡したので気分爽快。やっぱりきっちり寝ないといけません。

 昨夜洗っておいた洗濯物を干す。

 晴れ。

 しかしだんだん曇ってきた。

 朝のモロモロを済ませて仕事……と思うが、なかなかスイッチ入らず。

 アサメシは厚切りトーストに薄切りトースト&マーマレード、ゆで卵にコーヒー。

 1週間分の新聞を読む。土曜版の映画特集は、黒澤の「生きる」だったのね。この作品は映画史に永遠に残る超名作だと思うけどなあ。脚本が素晴らしい。主人公が途中で死んでしまって、後半の「生まれ変わった」主人公の獅子奮闘ぶりが周囲の人物の口で語られるというのは、凄い脚本だと思う。それに晩年とは違ってまだ柔軟な黒澤演出は、ユーモアも醸し出す。役所の連中のアンサンブルが絶妙で、おかしいやら哀しいやら腹が立つやら。御通夜の席でみんなが意気投合して「渡辺さんに続きましょう!」と気勢を上げる一連の流れは見事と言うしかない。超大作ばかり作らずにこういう小品佳作も作っていれば、黒澤さんも映画人生はもっと楽だったんじゃないのだろうか?「世界の黒澤」「日本で無理して超大作を作り続けられる唯一の男」というセルフイメージが災いしたんじゃないのか?

 この作品、寝ぼけたプリントでしか見た事がないので、もっとピシッとした画調で再見したい。

 でもねえ、こんな名作を貶すヤツもいるからねえ。まあ、おれも小津を貶すから人のことを悪く言えないんだけど。

 日曜の紙面には、小津安二郎に関る人々を追った最終回が載っていた。小津は、自信作「東京暮色」がキネ旬ベストテンで19位だったのに憤慨していたらしい。「東京物語」以上の、「娘の結婚」以外のものだって撮れるんだぞ!と、死の間際まで新たな方向の作品を構想していたらしい。

 「東京物語」は脚本で読めば号泣するものだし、NHKがリメイク(主演:辰巳柳太郎)したドラマには泣けて泣けて困ったのに、映画を観るとイライラするのは、やっぱり小津の演出が生理的にどうしても合わないのだ。こんなに拒絶反応を起こすのはどうしてだろうと不思議になるほど、小津の演出はダメなのだ。

 ウダウダしていると、あっという間に昼が過ぎて、「きらクラ!」の時間になってしまった。しかし今日の分は録音してあとで聞こう。14時から16時は仕事的にはゴールデン・タイムだ。

 と思ったら、なんだか雨がパラパラし始めた模様。

 屋上に上がって洗濯物を取り込む。他のヒトもやってきて慌てて取り込んでいる。

 これが絶妙のタイミングで、この直後、小雨になった。せっかく乾いた洗濯物が濡れてしまうところだったぜ。

 というわけで、やっと仕事開始。「黒い報告書」を書く。

 しかし、始めると猛烈に筆が進む。

 木更津で買ってきたピーナッツを食べながら、続ける。相方のメモをアレンジ。週刊新潮に、どこまでエロを書いていいのか迷うが、あんまり直接的な描写より回りくどい方がいいんじゃないかと判断。

 行数を調整しつつ、ゲラで削らないで済むように前半や中盤を刈り込みつつオチの行数を確保。

Dscf1146

 夕方、曇り空が一部晴れて夕焼けが。しかしこの夕焼け、西の方で核爆発があったみたいな夕陽で、気味が悪い。「生きものの記録」の三船が「燃えちょる燃えちょる」と言った気分。

 18時頃、終了。相方に送る。

 懸案の1つが終了。

 夕食は、昨日コンビニで買っておいた「木須肉(ムースーロー)」を温めて。それとご飯にインスタントのしじみ汁、漬け物。

 これじゃ足りなかったので、厚切りトーストも。

 ここんとこ食べ過ぎで体重も増えていたので、今日から締める。小食に慣れると、たくさん食べなくても満足出来るのだ。もうトシだし、エンゲル係数的にもメシは減らしたい。

 日テレ「世界の果てまでイッテQ」スペシャルを見るが……毎週見てると、なんか、つまらないなあ。所さんの「笑ってコラえて!」は毎回面白いのになあ。

 定期購読している「MacFan」の最新号を読む。新しいMacBookを褒めちぎり、今の3パターンあるMacBookシリーズを「適材適所の最高のラインナップ」とか書いているが、そうかなあ?MacBookAirの立ち位置が微妙になってないか?現状だとMacBookAirは要らないんじゃないの?というか、軽量で機能限定のAirと重いけどデスクトップ並みの機能があるProの2路線でいいんじゃないの?と思う。

 しかし、こういうのを見ると、MacBookが欲しくなってくるけど……やっぱり外でみっちり仕事は出来ないから、iPadで充分だな。

 「情熱大陸」を半分見て、風呂。

 その後、なんだかんだしていると1時になったので慌てて寝る。

 が……。

 3時近くになって何故か目がパッチリ開いてしまい、しばらく眠れなくなってしまった。ベッドでiPhoneでニュースを読んだりしていると、ますます眠気が去ってしまった。

 腹も減ってきたし、思い切って起きちゃうか?と思ったが、やっぱり寝ることにする。

 おれが起きていると、くーたんも起き出して猫じゃらしでバタバタ遊んでいる。

 おれがまた寝ると、くーたんも静かになった。

今朝の体重:90.25キロ

本日の摂取カロリー:1663kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 2015年3月22日 - 2015年3月28日 | トップページ | 2015年4月5日 - 2015年4月11日 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト