« 2015年3月29日 - 2015年4月4日 | トップページ | 2015年4月12日 - 2015年4月18日 »

2015年4月5日 - 2015年4月11日

2015年4月11日 (土曜日)

新刊書店挨拶回り3日目

 7時過ぎ起床。

 雨。

 朝のモロモロを済ませ、雨が上がるのを待つ。

 本日は、新刊挨拶の実質的な最終日。千葉方面に行く。

 天気予報ではお昼ごろには上がるらしい。日曜は晴れるけど、出来れば今日、行ってしまってスッキリしたい。

 アサメシは、冷蔵庫に残っていたご飯を温めて、目玉焼きとインスタント味噌汁で。

 Macの純正写真管理ソフトは「iPhoto」だったが、これがiOSっぽくリニューアルされて「写真」になった。

 今後「iPhoto」はバージョンアップされないので、これに切り替えるしかない。ということで、iPhotoのライブラリーを読み込ませて、移行。

 移行は自動で問題なくできたが、なんか使い勝手が違うので、使いにくい。でもまあこれは、慣れなんだろう。

 風呂に入り、久々に風呂掃除。

 12時近くになって気象レーダー画像を見ると、雨雲が切れた。

 出発。

 成田スカイアクセス特急で、成田空港へ。

 ここへは、何度も来ているが、本来の利用をしたのは5回しかない。あ~もっと海外旅行したいなあ。

 しかし成田はなんとなく、垢抜けないねえ。羽田が華やかな演出をしているのに、なんか冴えない。

 レストラン街だって、なんだか中途半端だし。大きな荷物を持っている人も多いんだから、もっとフロアを広く取ればいいのに。

 土曜の昼過ぎで、凄く混んでいたので、成田でランチは止めて、移動。

 京成船橋で1軒行って、終了!

 で、京成船橋駅から続くビルにあるパン屋さんが、「山崎春のパン祭」のお皿チケットを出しているのを知っているので、ここでパンを買う。ガーリックのバゲットにメンチカツ・ロールにポテトサラダ・ロール。

 で、チケットを貰ったのだが、それはこの店でしか通用しない独自のもので、ヤマザキのポイントに流用出来ない。

 残念!あと6ポイントなのに……。

 その後、同じビルの地下にある魚料理の店で「サバの塩焼き定食」を食べる。ここはビアホールと繋がっていて、両方の店のメニューが頼める。

 サバは美味かった。

 JR船橋駅前にある中華料理屋が前から気になっていたのだが……店の前まで行って急に気が変わった。でも、一度は入ってみようかな。

 で、京成に乗って帰宅。帰りはエラく時間がかかった。成田アクセス特急が凄く速いことを実感。

 帰路、くーたんのキャットフードを買う。レトルトのものでも、くーたんの口に合って食べてくれるものがあるのを発見したので、レトルトも幾つか買う。

 帰宅。

 あ~、疲れた!今日は電車に乗っている時間の方が長かったが、疲れた!

 買ってきたパンを食べて、これが夕食。

 ソファでウトウトしながら、テレビを観る。

 TBS「報道特集」で、死刑囚の側から、その事件と刑の執行を待つ心境を追ったものを見て、考え込む。宮崎で自分の赤ん坊と妻、そして妻の母親を殺して死刑が確定した犯人というか死刑囚。妻の母親というのがかなり激烈な性格だったようで、犯人の出身地を故もなく罵り続けたことに、故郷を愛する犯人はその侮辱に耐えられず……しかも義母と妻は一体で、離婚もできない状況のようだった、と(事件を詳しく追ったサイトはここ)。

 一審では、遺族を代表した人物が「死刑にして欲しい」と意見陳述をしたが、その後彼は考えを変えて、最高裁に上申書を出しているが、上告は棄却されて死刑が確定してしまった。

 こうして見ると、3人を殺したという罪は重いけれど、犯人が一方的に断罪されて死刑になってしまうことに、疑問を感じる。

 いや……すべての事件は、加害者側にも「何らかの理由」はあって、それが理解されれば死刑に値する事件は少なくなるのかもしれないが……。

 一審の裁判は6日で結審したが、裁判が短すぎて、はんにんが自分の気持ちをキチンと整理して上手く説明できなかった、と。

 裁判は、一審が覆るケースはそんなに多くないから、一審には時間を掛けるほうが……と思うが、迅速な裁判は求められていることでもあるし……。

 もっと優秀な弁護士だったら……と思ったりもするが、裁判記録を熟読したわけではないのに、迂闊なことは書けない。

 ここ数日はニュースをキチンとチェックする余裕がなかったが、韓国で集団万引きをしたバカ高校生の通う学校が判った。いやまあ、教師たちも、まさかこんなことをと思ったろうけど。

 ロンドン近郊の地下に「大油田」があるらしい。調査によっては「そんなにはない」という報告もあるが……。

 ロンドン近郊と言えば、緑の田園が広がる美しいところ。そこに、石油を汲み上げる無骨なやぐらとかが林立するんだろうか?

 もし東京の地下に油田が見つかったらどうなる?

 住民の大反対で採掘は不可能?まあ、世田谷とか目黒とか杉並方面の「意識が高い」ヒトタチが住んでる地域はだめかもね。なんせ保育園や幼稚園さえジジババの反対運動があって作れないんだから(なのにジジババは少子化を憂えてるって、大矛盾だろ!)。でも、足立区なら諸手を挙げて大賛成で「油田採掘誘致運動」が起きるに違いない。そこから生じる税収で足立区は一気にリッチになるのだ!税収が使い切れず、足立区民には分配金も交付されたりして。いや、そうなると日本中から貧乏人が集まってきて大変なことになるか……。

 いわゆる「ブームタウン」って、犯罪も増えて殺伐とした街が多いからなあ。

 風呂に入って、疲れを癒す。

 「アド街ック天国」は、春の江ノ島。いいねえ。江ノ島には毎年何度も行くが、江ノ島の島にはあんまり渡らない。エスカーにも乗ったことがない(コドモの頃乗ったんだろうけど)。ボディボード以外で江ノ島をノンビリ散策するのもいいなあ。

 22時を過ぎて、いよいよ眠くなってきたので、「ケータイ大喜利」まで我慢できず、23時就寝。

今朝の体重:89.75キロ

本日の摂取カロリー:2176kcal

本日の消費カロリー:206kcal/5034歩+89kcal(自転車)

2015年4月10日 (金曜日)

新刊書店挨拶廻り2日目

 7時起床。

 疲れているけど、なんかアドレナリンが出ている感じ。

 曇り。

 本日は挨拶廻り2日目。午後は雨になるから、早めに出て早めに帰ってきたいが……降り出したら仕方がないので、足の具合が許す限りどんどん回るか。

 ということで、朝のモロモロを済ませて、薄切りトーストを2枚食べ、風呂に入ったりして、10時過ぎに出発。

 本日は、昨日回れなかった「東京駅周辺」から羽田~横浜方面。

 順調に進む。靴を代えて、少しサイズが大きいのであまり穿かないけど「ちょっと高いヤツ」にしたら、今日は足は痛くない。という事は、靴にも問題があったという事か?まあ、愛用していたのは、軽くて履きやすいけど安物だったからなあ。今後は靴にも気を遣わなければなあ。

 八重洲地下商店街にあった「東春堂書店」が、ない。道を間違えたか?と思って案内図を見たら……ない。「東春堂」があったはずのところに行ってみると、オシャレ雑貨の店になっていて「オープニングセール!」とか書いてあった。という事は……昨日の神田の「いずみ書店」みたいに、つい最近書店を止めてしまったのか……。

 またしても。

 出版業界は縮小の方向に向かってるなあ、と実感。

 それに、書店には本が溢れていて、文庫新刊のコーナーにも新刊が山ほどある。この中から読者諸兄諸姉に選んで貰うのは、本当に大変だ。

 しみじみ、そう思う。

 八重洲地下街の、夜は居酒屋の、ランチを食べる。こういう店のランチって、美味いんだよね。牛肉のおろし炒め定食にする。牛肉と野菜を炒めたものに大根おろしが載っている。なかなか美味い。こういう店の朝食とかランチは、美味いなあ。

 品川から京急に乗り換えて、羽田空港。

 国際線ターミナルに「はねだ日本橋」という意味不明なモノが出来ていた。まあキレイだけど……渡っても何もないし、意味がないのよね。どうせなら、渡った先に何かを作っておけばいいのに。

Img_1925

 今日は何故か、モーレツに腹が減る。第1ターミナルのフードコートで、ヨシカミのオムライスを食う。

 その後、川崎~横浜方面へ。

 以前は「悪漢刑事コーナー」を作ってくれていた書店さんは多数あったけど、さすがに13作ともなると……。しかし、まだまだプッシュしていただける書店さんもある。

 祥伝社の全作を面陳してくれているのは有り難い。ド迫力だし。

Img_1928  

 本日の予定は一応すべて消化したが、可能なら成田空港にも行ってしまえば、完全制覇というかミッション・コンプリートになる。

 まだ時間は15時過ぎなので、行けないことはない。しかし……やっぱり足が痛いし、成田は遠いから結構遅くなってしまうし。

 成田方面は明日に回すことにして、横浜から東海道線で上野まで行ってしまう。上野東京ラインは、やっぱり便利だわ。

 

 が、いろいろ考えて、西船橋だけは行っておくことにする。駅ナカだし。

 ということで、上野から秋葉原を経由して、西船橋。

 トンボ返りして、錦糸町まで。ここで半蔵門線に乗り換えて、北千住。

 西船橋から武蔵野線・常磐線で北千住という手もあったのだが、東武北千住駅構内にある東武ブックストアにも寄りたいので、こういうルートにした。

 で……。

 西船橋でソバでも食べようと思ったが、混んでいたので、錦糸町で何か食べることにする。

 迷った末に、「つばめグリル」で、ハンバーグを。

 イヤしかし、今日は物凄く食ったなあ!

 で、北千住。

 足は痛いが、頑張って、3ヵ所にある東武ブックスを上がったり降りたりして全店回る。

 本日の予定は達成。

 外は雨だが、小雨。雨の中を自転車で突っ走って、19時頃帰宅。

 服を着替えてひと心地ついたところに、徳間Y氏から電話。

 徳間新作の章割りについて、曖昧だった部分について質問というか確認を受ける。

 やり取りして、「これで進めてください」という事になって、安堵。返事がなかなか貰えなかったので、大きな問題があるとか、似た作品があって筋立てを変えなければいけないとか、そういう事態も考えていたので。

 風呂に入り、ネットでニュースを確認して、テレビをボンヤリ観る。

 韓国で集団万引きをしたバカ高校生。どんなバカ高校なんだ?

 ふかわりょうが妙なヤツに脅迫されているというのは以前から何度か当人が明かしていたが、ついに逮捕されたと。どうやらキチガイのタグイらしい。

 ここしばらく精神的に参っているというようなことを漏らしていたが、それは「5時に夢中」の中村うさぎ降板問題(ブログにプロデューサーと美保純、中村うさぎそれぞれを庇うことを書いたら中村うさぎに攻撃されてしまった)かと思っていたら、こっちの問題だったのね。

 とにかく、犯人が逮捕されて、よかった。

 BSで、「70年代にフォークソングはメロディ重視の『メロディ・フォーク』に変わった」という番組を見る。あの頃の曲はイイねえと思うのはオッサンになった証拠だな。

 「タモリ倶楽部」が始まるのを待つので、テレ朝の深夜ドラマを見たが……剛力彩芽が、うるさい。うるさい役柄なんだけど、芝居のやり方でずいぶん変わると思うんだけどなあ。とにかくギャンギャン吠えるばかりで、うるさいのよ。

 で、「タモリ倶楽部」ナッツ工場で出来立てのナッツを食ってウィスキーを飲む企画。今回は外しましたな。途中で意識不明になってしまった。

 で、1時就寝。

 

今朝の体重:89.95キロ

本日の摂取カロリー:3147kcal

本日の消費カロリー:458kcal/12321歩+29kcal(自転車)

2015年4月 9日 (木曜日)

新刊挨拶書店廻り1日目

 7時起床。

 晴れ。

 昨日の疲れがまだ残っている。

 朝のモロモロを済ませて、POPの枚数などをもう一度確認していると、出かける時間。

 自転車を飛ばして、駅へ。

 時間通りに相方も姿を見せて、まずは上野へ。

 駅構内のヘルシーな食堂「みどりのキッチン」でブランチ。和風竜田揚げ(鶏)と春野菜のサラダの定食を食べる。美味しいけど女性向きのヘルシーな献立なので、足りないなあ……。と思ったら、案外大丈夫。

 上野で相方と二手に分かれ、手分けして書店廻り。

 山手線の主要駅にある書店さんを巡る。

  我々の本は、駅ナカ・駅ソバの書店さんでよく売れる。その半面、正直なところ、神保町では芳しくない。しかし神保町は「本の銀座」みたいな感じだから、スルーは出来ない。

 が、地下鉄から地上に上がったところにあった「中華一番」のワンコインランチに惹かれてしまって、「チャーハンと半ラーメンのセット」を食べる。う~ん、まあまあ。

 書泉グランデの文庫売り場は、半分がラノベやゲームノベライズで占められていた。この勢いは凄いなあ。文庫は時代小説とラノベに分化されつつあるのか?

 御茶ノ水から神田に出たが、ショック。神田駅南口にあった「いずみ書店」さんが、3月31日をもって閉店していた……。

 この書店さんにはよくして戴いていたし、実際、よく売れていたのに……。

 神田駅北口にあった大きな書店さん「啓文堂書店神田店」も数年前に閉店して、神田駅前にはエンタテインメント文庫をきっちり売ってくださる書店さんが消えてしまった……。

 かなりのショックだった。

 足もだんだん痛くなってきて、いつもなら東京駅構内とその周辺も回るのだが、今日はもうダメ。構内は回って挨拶をして手製のPOPをお渡ししたが、これが限界。

 相方と連絡を取り合って、上野で落ち合うことにする。

 おれは御徒町の1軒に寄ってから、上野の「3153会館」へ。ここのペッパーランチで夕食。

 1階のフードコートでウーロン茶を飲んで、埼玉方面を回っていた相方の到着を待ち、ペッパーランチへ。

 アメ横を歩いたが、露天の食い物屋が一気に増えてビックリ。ケバブに海鮮丼に中華。ほとんど屋台の感覚で、お客はアジアの人(それも家族連れ。観光客?いや、日本に住んでる人だろうなあ)が多いので、気分はアジア。いや~ほんと、アジア気分。

 ステーキとご飯と小ビールとサラダ2皿が付いたセットを頼み、サラダを相方とシェア。

 デザートにパンケーキを頼んで、これもシェア。

 いやあもう、クタクタ。しかし明日も回らねば。

 くーたんのご飯が品切れで、いつものペット用品店は閉まる時間なので、スーパーに行って買ったが、たぶん食べないだろうな。

 21時前に帰宅。

 くーたんに買ってきたレトルトのウェットフードを出すが、案の定、見向きもしない。野良出身なのに、ネコは好き嫌いが激しい。

 

 風呂に入り、着るモノがなくなったので洗濯し、1階にある乾燥機に持っていったが……。

 ずいぶん前に乾燥が終了している洗濯物が放置されている。乾燥機には余熱がないので、終了して結構時間が経過している。

 こういう風に放置してある洗濯物が多い。ウチは家賃が安い分、マナーの悪い住人がいるのが玉に瑕。

 男物なので、乾燥機から取りだして、横にある自動洗濯機の上に出し、自分の洗濯物を入れて30分乾燥。

 一度部屋に戻って、「安達瑶公式サイト」の更新をする。ここは、新刊が出ないと更新しないので、たぶん誰も見ていないと思うけど……一応更新。

 30分きっかり経過したので、洗濯物を回収。エレベーターを待っていると、洗濯籠を持った若いヤツが降りてきた。はは~ん、彼が放置された洗濯物の持ち主だな。

 勝手に乾燥機から出されて怒ったかもしれない。おれの顔は見られたが、おれが洗濯物を取りだしたと断定する証拠はない。この日記を彼が読んだら判ってしまうが。

 しかし、乾燥が終わった洗濯物を30分以上(いや、あの感じでは1時間くらい)放置しているのが悪いのだ。

 地方発送を追加するPOPを刷り増したりして、1時前就寝。

 有名俳優を集めて、遊びで8ミリ映画を撮るということになってしまったが、絶対未完成で終わってしまうのはミエミエ(だって、最初はノリノリでも、忙しかったりするとスケジュールが合わなくなってバラバラになってしまうのは世の常)の計画に徒労感を覚えつつ参加せざるを得ないという不条理をしみじみと感じる夢を見た。

 映画は好きだし、映画を撮るのはもっと面白いが……こういう苦労も山ほど経験しているからなあ。

今朝の体重:89.55キロ

本日の摂取カロリー:2640kcal

本日の消費カロリー:849kcal/18951歩+59kcal(自転車)

新刊「悪漢刑事/闇の狙撃手」本日発売!

Yami

祥伝社文庫「悪漢刑事/闇の狙撃手」(680円+税)が出ました!

「自分で引き龍ってるの。外に出るのが怖いから……」

風俗嬢の奇妙な告白に戸惑う悪漢刑事佐脇。彼は若き市長の収賄容疑捜査のため、北関東の田舎町・眞神市にいた。

一方的な逮捕に地元有力者と県警の癒着を疑う佐脇。

だが、風俗嬢の言葉が切っ掛けのように、産廃処理場予定地で白骨死体が見つかり、女性の連続失掠事件も浮上する。

若き市長がバックアップして撮影が進むホラー映画の主役は、佐脇の協力者・警察庁のエリート官僚入江の娘。反市長派によって激しく妨害される撮影を、成り行き上協力することになってしまったりしつつ捜査を進める佐脇も標的にされ、秘密を知る風俗嬢ともども、絶体絶命の危機に!

どうなる?佐脇!(裏表紙の惹句に加筆)

 本日発売です。

 ご期待に添える作品に仕上ったと自負しております。

 是非ともお読みください!

2015年4月 8日 (水曜日)

雪の日光より東京の方が寒い!中、オペラ鑑賞

 6時18分、目覚まし時計が鳴ったので、起床。

 雨。

 今日は寒いらしいので、覚悟する。

 本日は、年に数回しかない「大吉方」。朝9時に日光に行ってお水取りをする。出来れば一泊したかったが、今夜は新国立劇場の「運命の力」のチケットを買ってある。出来るだけ長く日光に滞在して、東武日光線からJRに乗り入れる新宿行き直通特急に乗ることにする。

 ということで、朝のモロモロを手短に済ませる。一番時間がかかる日記は昨夜のうちに書いてしまったので、くーたんの世話だけ。

 行っちゃダメと止めるくーたんを宥め賺して、7時過ぎに外出。

 雨なので、歩いて北千住駅へ。

 駅弁を買って、日光行き「けごん1号」のチケットを買い、待合室でしばし待つ。

 で、「けごん1号」に乗り込んで、さっそく駅弁を広げる。フツーの幕の内が一番好き。

 食べてしまって、車内で願掛けを書いたり、居眠りしたりしていると、車窓の外は雪景色。埼玉県内はみぞれだったが、群馬に入ると雪になり、栃木も山の方に来ると完全に雪景色。

 本日の作戦を考える。

 本日が大吉日であることは広く知られているので、お水取りの名所である、日光二荒山神社はすごく混むだろう。平日の朝早くと言えども、日光二荒山神社のブランドは強力だ。南関東中から人が集まってくるはず。

 ならば……東武日光駅から歩いてしばしの所にある、日光の地下水を飲める場所で戴く方がイイ。というか、間違いない。お水が採れればいいのだ。

 一度、バスで二荒山神社に行って様子を観てから、とも思ったが……。

 東武日光に到着して、どんどん歩き出した。いったん二荒山神社まで行って引き返すのが面倒になったのだ。

 日光消防署近くで、お水を戴く。ここには行列はゼロ。

 ここまで来たら、駅に引きまえしてバスに乗るのが面倒。二荒山神社まで歩いてしまおう。

 雪が降っているのに、案外、寒くない。というか、歩いていると汗ばんできた。湿気が多いのね。

 で、地方発送分のPOPを持ってきていて、初台の東京オペラシティ郵便局から発送しようと思ったが、大吉方の日光から出した方がいいことがあるかもしれないと思い直して、途中にあった日光郵便局から、発送。旧冊子扱いより普通郵便の方が安かった。

Img_1922
Img_1924

 10時前に二荒山神社、到着。

 案の定、霊泉入口には長い行列が出来ていて、全然進まない。先に別の場所でお水を取っておいてよかった。

 お参りして、おみくじを引くと、「吉」。

 で……。

 このあとは、日帰り温泉に行って午後まで滞在しようと思っているが、そこへのバスはあと1時間以上待たなければならない。

 雪だし……。

 タクシーに乗ってしまった。

 そんなに遠くないだろうと思ったら、結構遠かった。1700円くらいかかった。

 で、日光市営の「やしおの湯」到着。

 ポンプの故障で、露天風呂は13時からと。

 とにかく、一ふろ浴びる。

 アルカリ性のお湯はかなり濃厚で、ぬるぬる。あ~気持ちいい!

 風呂から上がって、休憩所というかロビーというか、ソファや座卓が並ぶ場所で、持ってきたゲラを見る。

 11時30分になって、レストランと言うには質素すぎる「お食事処」が営業開始したので、行く。

 と……。

 食券の自動販売機の前に、マイミクのFumikaさんが!

 声をかけたら5秒ほど気がつかず、やっとおれを認識してくれて、「あ!」。

 そういや以前、筑波山温泉の「江戸屋」のロビーで、おれの顔をやたら覗き込む無遠慮なオバハンがいるなあと思ったら、マイミクのみーやさんだった。その反対の立場になったのね。

 予想外のヒトが出現すると、認識するまで時間がかかるのだ。

 で、Fumikaさんと一緒にランチ。期間限定メニューの「そば・舞茸天ぷら・なめこ・湯葉」のセットにする。おれはざるそば、Fumikaさんはかけそば。

 舞茸天ぷらが肉厚で、美味い。

 いろいろ話し込んで、車で来ているFumikaさんに駅まで送って貰えることになった。

 彼女はお風呂はまだだったので、ゆっくり入って貰うことにして、14時30分に集合ということになる。なんだか申し訳ない。

 おれは、休憩所とは別の「交流場」という小上がりのあるところで、ゲラを再開。

 面倒なところはスルーして、だいたい見終わったが、まだ13時。

 露天風呂が始まったので、もう一度風呂へ。

 おお!露天風呂に行くと、思いがけない雪見風呂!

 これは有り難い。というか、なんとも贅沢な気分。4月に雪見風呂が出来るとは!今期は諦めていたのに。

 ゆっくり浸かっても、30分が限界。お湯が結構熱いので長風呂が出来ない。

 また「交流場」に戻って、もう一度ゲラを見ようとするが、飽きてしまったし、眠くなってきた。しかしここで寝ると絶対に風邪を引くので、我慢。

 iPhoneでネットをあれこれ。

 ふと、新宿直通の特急、満席なんて事はないだろうな?と不安になってきた。しかしiPhoneから特急の予約は出来ない(東武線内の特急は出来る)。駅に問い合わせたら、空席は100以上あるとのこと。まあ、大丈夫か。

 14時を過ぎて、そろそろfumikaさんとの待ち合わせ場所に行っておこうと思い、撤収。

 で、時間前にFumikaさん登場。

 駅まで送って戴く。

 14時50分に東武日光駅到着。

 帰りの車中で食べる駅弁(またも幕の内)を買い、下今市までの連絡電車に乗る。

 で、下今市で鬼怒川温泉から来る特急に乗り換えて、新宿へ。

 車中で駅弁を食べ、東武からJRに乗り移る「栗橋」駅を観察。

 なるほど、渡り線に入ると、ここがデッドセクションになっていて、電気が消えるのね。

 東武のスペーシアがJR宇都宮線を走るのは、なかなか奇妙な気分。って、気分だけの話だけど。

 埼京線を通って新宿に行くのかと思ったがそうでもなく(浦和に停車した)、赤羽から旧赤羽線に入るのかと思ったらそうでもなく、駒込付近にある東北本線と山手線の連絡線を経由して山手貨物線に入った。この線区を走るのは初めてだったので、ワクワク。

 で、定刻に新宿に到着。電車を降りたら、刺すような冷気。
 日光より寒いじゃん!
 そして、南口から京王新線の駅までは、けっこう遠かった。

 初台到着。成城石井でおやつを物色していると、相方からメッセージが。もう新国にいると。

 クッキーとコーヒーを買って、新国へ。

 ホワイエで相方と合流して、コーヒーを飲み、客席へ。右サイドだがなかなか良い席だった。

Destino

 しかし……。

 ヴェルディの「運命の力」って、トンデモ・オペラというか……。

 いや、有名な序曲は素晴らしいし、歌手はみんなレベルは高いし音楽は素晴らしい。東フィルもいいし、音楽は素晴らしいのだ。しかし……お話が……。

 インカ帝国の末裔というアルヴァーロ(テノール)がもう。登場すると災いを起こす「嵐を呼ぶ男」というか「ドジ男」というか「不運な男」。コイツさえいなければ、悲劇は起きなかったのに……。

 しかも、登場人物に「葛藤」がない。ヒロイン・レオノーラの兄はアルヴァーロの戦友だが、手紙の束を託されて、「見ようか見るまいか」激しく迷うが、見てしまうと、それまでの固い友情は吹き飛んで、一瞬にして「おのれ親の仇」な気持ち一色になってしまう。「親の仇だけど戦友だし友情を誓ったんだよなあ」という葛藤は皆無。

 アルヴァーロはレオノーラと駆け落ちに失敗して離ればなれになってからは軍隊に入ったり修道院に入ったりして「死に場所」を求めるが、その都度、災いを呼び込んでしまうし……。

 レオノーラもレオノーラで、もっと他にいい方法があるだろうと思うのだが……。

 そんな登場人物ばかりで、感情移入が出来ない。

 だけど……新国の以前の公演を観て、激しく感動して、また観たい!と思ったんだけどなあ……。

 以前の演出がハマったのかもしれないが……。

 終幕は、アルヴァーロは愛するレオノーラと再会出来たと思ったら兄に刺し殺されてしまうのに、「これでいいのだ」みたいなことを言う……。なんだかねえ。

 とは言え、序曲はやっぱり名曲だし、終盤のレオノーラのアリアは絶品。これを聴くだけでも、奇妙なストーリーを我慢する価値はある。

 だけど……前回の公演では、「本当に運命に翻弄された可哀想な二人であることだなあ」と思って感動したんだけどなあ。

 レオノーラの兄の芝居が問題だったのかねえ?歌は素晴らしかったんだけど。

 終演後、そのまま帰宅。しかしおれは腹が減って、北千住駅の「富士そば」でコロッケそばを食べる。

 23時近くになったが、風呂に入り、相方から戻っていた「黒い報告書」の原稿をチェックして、担当U氏に送り、POPを大量生産する。

 かなり働いて、1時過ぎ就寝。

今朝の体重:89.75キロ

本日の摂取カロリー:2111kcal

本日の消費カロリー:514kcal/12724歩

2015年4月 7日 (火曜日)

POP作り

 7時前起床。

 雨。

 例によって、朝のモロモロを済ませる。

 

 91キロ目前まで増えてしまった体重は、なんとか90キロジャストまで戻せた。

 アサメシは、厚切りトースト2枚にゆで玉子、ミルクティ。

 その後、昨夜電話でチェックが入った週刊新潮「黒い報告書」を手直し。行数は決まっているので、まず先に数ヵ所をカットしてスペースを作り、その分、濡れ場を書き足す。

 思ったより早く出来た。

 Mac唯一の宛名ソフト「宛名職人」で、ラベル印字が出来なくなって、サポートに問い合わせていたのだが、返事が来た。

「以下のようにやってください」

 と、手順が細かく書いてあるが、この通りにやってるけど出来ねえからサポートに訊いたんじゃねえか……と思いつつ、やってみたら、出来た。

 ……どうも、いけませんね。手順の中の1つを、間違えていた。いかんなあ。老いが迫っている感じがするなあ。

 そんなこんなで、昨日発見したプリントミスをやり直し。

 プリント用紙が足りないが、これは夜にでも届くだろう。しかし……昼間ヒマだから、やれることはやっておきたい。

 昼を過ぎて、雨が上がったので、外出。

 千住大橋駅前のラーメン店「波(シー)」で、塩ラーメンの中盛りを食べるが、多かった。普通盛りで充分だった。ああ、おれはもう小食になっていくんだなあ。そのほうが健康的だし体重も減るんだけど……なんだか寂しい。

 残すのは悪いので、頑張って全部食べる。

 その後、「ポンタポルテ」の中にある「ヤマダ電機」に寄ってプリント用紙を買い、帰宅。

 相方を待つ間にゲラをやればよかったのだが、なんだかそういう気にならず、ソファに寝転んでうたた寝。

 相方は19時前に来訪。まず、お弁当を注文。

 予定より早く届いたので、まず弁当を食べてから、POP製作開始。

 以前は半日仕事だったが、最近はもう短時間で完了。おれは下書き2つの本番は一発で決めた。相方も下書き1回本番1回。

 相方が「デート」最終回を観る間に、プリントして、地方の書店さんに発送する分を袋詰めして封をして、準備完了。

 「デート」の最終回は、何度観ても笑えるし、泣けて感動する。これはやっぱり近年希にみる奇跡的ドラマであると思う。

 相方帰り、おれは風呂に入り、明日の準備をして、0時就寝。

今朝の体重:90.00キロ

本日の摂取カロリー:2306kcal

本日の消費カロリー:日常生活+15kcal/394歩+50kcal(自転車)

2015年4月 6日 (月曜日)

ゲラ打ち合わせをして、新刊打ち上げ

 7時40分頃起床。

 雨~曇り。

 例によって、朝のモロモロを済ませる。

 今朝は、昨日観た「味園ユニバース」の感想を丁寧に書いたので、それで午前中が潰れてしまった感じ。

 昨夜届いていた封筒に、地方書店さん宛の住所ラベルを貼ったり、「悪漢刑事シリーズ」のPOPをプリントしたり。

 しかし昨夜は遅い時間に串カツを食べてビールを飲んだら、一夜にして体重が1.5キロも増えてしまった。あ~体重はすぐ増えるのに口座残高はすぐ減るんだよな~。

 アサメシは例によって厚切りトースト2枚にゆで玉子、ハム&マヨネーズ、コーヒー。

 風呂に入ったり、なんだかんだしていると、すぐに午後。

 本日は16時から実業之日本社ゲラ打ち合わせ、そしてその後、祥伝社の打ち上げがある。

 少し早めに出て、北千住駅前の「富士そば」でカレーを食って、東口へ。

 打ち合わせの定番場所、昭和の香りがする巨大喫茶店・サンローゼで、実業之日本社F氏と打ち合わせ。「月刊ジェイノベル」に連載した連作短編(と言っても1本70枚以上)に1本書き下ろしを加えて、1冊にまとめて戴く。そのゲラ。

 特に大きな直しはない、ということで、安心。

 次のお話も有り難いことに頂戴した。

 打ち上げ会場は西口の商店街の中にある。

 場所を移動するが、喫茶店とかに入るには時間が中途半端になってしまったので、スーパーの店頭のベンチに座って徳間新作の打ち合わせを相方とする。

 で、18時前に「じとっこ組合」に入り、喉が渇いたのでノーアルコールの「日向夏みかんソーダ」を頼んだところに、祥伝社のS編集長とM氏が到着。

 S編集長は体重を10キロ落としたらしい。10キロ減るとハッキリ判る。2キロ3キロ減って喜んでいる場合ではないなあ。

 次の「悪漢刑事」について、漠然とした大まかな話をする。その場の思いつきでも、あれこれ話し合っているとしっかりとまとまるものですな。基本設定以外なにも決まっていないけど、面白くなりそう。むふふふ。

 その最中に電話が入る。週刊新潮「黒い報告書」の直し。濡れ場を足して欲しいとのこと。理由に納得したので直すことに。

 20時40分ごろに解散。駅までお見送り。

 帰宅して、ふと、準備万端済ませた、地方書店さんに送る予定の2Lサイズにプリントした「悪漢刑事シリーズ既刊12作勢揃い」のPOPが見切れている(右端がケラれている)事を発見。おかしいなあ。1枚テストプリントして、問題ないと思って量産したのに……。

 不良品を送るわけにはいかない。やり直そう。

 しかし、酔っ払ってしまった。しばしソファに横になる。

 くーたんが、遊べというのかメシを出せというのか、しきりに鳴くので、起き上がってご飯を用意して出す。

 ニュースも含めてテレビを観る気が起きず、ぼんやり。

 それでも23時前からの「サラメシ」は観るが……途中で寝てしまった。

 お風呂は省略して、顔だけ洗って、0時前に就寝。

今朝の体重:90.65キロ

本日の摂取カロリー:2361kcal

本日の消費カロリー:日常生活+136kcal/3568歩+32kcal(自転車)

味園ユニバース(の感想)

監督:山下敦弘/脚本:菅野友恵

大森キネカにて

Misono

 実に不思議な映画で、見終わってしばらく経ってからじわじわと得体の知れない感動(というのも妙な表現だが)が込み上げてくる。

 和田アキ子の往年の名曲「古い日記」がキーになる曲として使われていて、その歌詞を読み返していると……。

 この作品は「幸せって、なに?」と問いかける映画ではないか、と思えてきた。監督の言葉にはそういう表現はなくて「カラッポのダメ男を見守る母性の話」と言っているけれども。

 関ジャニって、もっと若い、まだコドモのグループだと思っていた。その中でも一番人相が悪くて目がキツい印象なのが、渋谷すばる。でも彼は33で、おじさんだ。ジャニーズのアイドルはみんな高齢化が進んでいるんだなあ。

 で、その渋谷すばるのガラを生かして短髪にしたら、余計に凄みが出て、世をすねた「行き場のないパワーの使い道に困った男」を物凄くリアルに表現している。根っこは真面目で優しい男、というのがニクい。

 そして驚いたのは、その歌唱力。のっけにアカペラで「古い日記」をドスの効いた声で歌った瞬間、おおお~っと思った。そして、この映画の世界に引き込まれた。

 この男は刑務所を出てすぐに襲われて記憶を無くす。映画は、この男の記憶の回復を追っていくのだが……いきなり血みどろ。

 うわ~と思っていると、暴行を受けて記憶を失ってしまった男は、バンド「赤犬」の屋外イベントに乱入して「古い日記」をアカペラで歌ってぶっ倒れる。この「赤犬」のマネージャー兼歌詞スタジオの経営者・カスミは、放っておけなくて家に連れて帰って知り合いの女医に治療して貰い、自分の家に住まわせるが……。

 大阪ミナミの外れ付近らしい街の暮らしが、なんだか、懐かしい。カネはないけど楽しく暮らせる所、という感じで、妙にユートピアみたいに感じる。玉子焼のご飯を食べていれば、とりあえず生きていけるし、玉子焼だって美味しいし、みたいな。

 無風でぬるま湯みたいだが、それなりに平穏で、平和な日々。

 妙なオッサンの集団「赤犬」は、半分趣味で音楽パフォーマンスをやっている仲良しグループで、この感じも、なんだか、イイ。こんな生活、いいよねえ。

 カスミが急死した親から引き継いで経営している音楽スタジオが、これまた不思議な空間で、近所のおばちゃんがカラオケしに来るかと思えば、アマチュアバンドの練習場になったり。設備も不思議で、プロの録音スタジオに備え付けられている豪華な32チャンネルか48チャンネルはあるミキシング・コンソールがあったり、放送局放出品みたいな古くて頑丈そうなミキサーがあったりと、録音機材の博物館みたいな感じ。やたらゴツいコネクターとぶっといケーブルで接続された古い古い機材もあって、なんかすごく興味津々。

 男は、音楽に触れる毎日の中で、音楽の才能を開花させていく。

 

 しかし、「ポチ男」と名付けられた男は、次第に記憶が戻ってくるが、その「過去」は思い出さない方が幸せなものばかり。

 根は悪い男じゃないのに、どうしてそうなったんだろうとカスミとともに観客も思うが、それについての答えはない。ヤンキーになってそのままやさぐれてしまう男って、本人もうまく説明出来ない葛藤とか衝動とかがあるのだろう。ヤンキー経験の無いおれには判らない世界だが。

 しかし、ヤクザの世界の方がスリリングで、おっさんバンドで歌っているより自分の性分に合っていると思ったポチ男こと茂雄は、元のヤクザの世界に戻っていくが、ボスに裏切られて……。

 ほんと、幸せって、なんだろうね。

 見ている最中は、激動の展開(でもお話自体は波瀾万丈でもなんでもないけど、一個人としてみたら、おおいにジェットコースター的展開だ)と渋谷すばると二階堂ふみの魅力、そして「赤犬」のオモロさに目を奪われるばかりだったが、時間を置くと、じわじわと、このテーマ(あくまでおれの想定したテーマでしかないけど)が頭の中で点滅して、それを考えていると、妙に涙が湧いてくる。

 この映画に出てくるのは、ヤクザのボス(お笑いコンビ「天竺鼠」の川原。凄みがあった)以外は上昇志向も無く、マイペースで、いい意味での個人主義。他人はどうあれ自分が幸せだと思える生活が出来ればエエやんか、という生活は、それはそれで素晴らしいし憧れる。余計な事を考えなければ、とてもラクでストレスのない生活だろうなあと思う。

 いやしかし、大阪ミナミに行けばそんな暮らしが出来るというわけでもなく、この映画のマジックに引っかかっているだけなのだが。

 でも、そう思ってしまうほど、この映画に描かれる大阪は、不思議な街だ。ワンダーランドだ。日本じゃない異国のようだ。アジアのどこか、という感じもする。

 明治以来、日本は「奪亜入欧」で頑張ってきたけど、日本はアジアなんだから妙な無理しないでアジアであることを受け入れればもっとラクになるのに、という「悪魔の囁き」(?)が聞こえる気もしたが、この映画は、そこまでのことを描くつもりはないはずだ。これは勝手なおれの思いでしか無いけど。

 山下敦弘の演出は、役者の持ち味をナチュラルに引き出していると思う。奇をてらわず作為も感じさせず、とても自然体。だから、登場人物が全員、とてもリアルで、本当にあの街に行けば居るんじゃないかと思わせる存在感を見せている。

 脚本も、とても自然な展開で(ラストの窮地をどうやって脱したのか?というギャグのような疑問もあるけど)好感が持てる。なんか、暖かい感じが伝わるのがいいのよね。

 録音は、ライブ音源を駆使して、なかなか大変なことをやってるんじゃないかと思った。サラッと見てしまうが、この映画は裏方が相当苦心惨憺して結果を出したのではないかと思う。こういう「音楽映画」は、音の処理が難しい。昔みたいにプレスコをしてしまえば簡単だけど、それじゃあライブ感が薄まってしまう。映っている歌う姿が発する歌声が使えれば一番いいけれど、いろんな条件的にそれを使うのはなかなか難しい。しかし今回は、本番の音声をそのまま使っている部分が多いと思う。もし使っていないなら、ダビングの際の音の処理がとてもうまくいった結果だと思う。

 こういう「意欲的な小品」がたくさん出てくると、日本映画の底上げにもなるしスタッフの力も付いて日本映画界の体力も付く。ほんと、一時の衰退ぶりが嘘のように、今の日本映画は元気があると思う(と言ったら、「ホントにそう思う?」と編集技師のA氏に言われてしまったけど)。

 インディーズ出身の監督の活躍ぶりは、とても眩しい。

2015年4月 5日 (日曜日)

POPの準備をして大森で映画を観た

 7時40分頃起床。

 雨。

 今日は、夜に映画を見に行く予定。

 徳間の章割りについては担当Y氏の返答待ちなので、出来る事をやっておく。

 という事で、朝のモロモロのあと、新刊挨拶廻りとPOP郵送の準備をする。

 これが案外時間がかかってしまった。いつもはもっと短時間でやれたはずなんだけどなあ。

 封筒が足りなくなったが、外は雨。買いに出るのは面倒なので、ついついアマゾンで注文してしまう。値段を調べたら、100均で安い封筒を買うより安かったりするので。今日中に届くらしい。

 アサメシというかブランチは、ご飯、卵焼き、インスタント味噌汁、漬け物、磯海苔。

 NHK-FM「きらクラ!」を聞きながら作業。プリンター2台を同時に使ってプリント。って、ウチは何なんだ?まあ、好きでやってることだけど。

 「きらクラ!」は、ここしばらくは聞き流している感じ。以前はもっと真剣に聞き込んでいたんだけどなあ。イントロ当てクイズもBGM当ても歯が立たない。

 16時になって、外出の支度。ちょっと早めに行って駅の立ち食いそばを食いたい。

 幸い、雨も上がった。

 で、駅まで行ってかき揚げそばを食べたが、相方との待ち合わせまでエラく時間が余ってしまった。30分も。

 仕方がないので、駅で待つ。

 相方は時間通りにやって来て、合流。大森へ。

 大森と言えば、以前は、何度かニフティの本社に行った事があったなあ。それと、歌舞伎と江戸文化に関するワークショップがあって参加した記憶があるけど、それっきり。大井町とか大森とか蒲田は縁が薄い。

 ……けど、大森は良い街だなあ。地元にキネカ大森といういい映画館があるというのが点が高い。ここで上映する映画って、おれが見たい映画ばっかりなんだよね。こんな映画館が地元にあれば、通うけどなあ。ど派手なハリウッド映画や日本映画じゃない、地味だけど尖がった映画が観たい。

 で、今夜は、渋谷すばると二階堂ふみ主演の「味園ユニバース」を見る。新作の舞台が大阪なので、参考にしたいというのもあった。

 いやあ、いい映画だった!

 ジャニーズのアイドルが、こんな汚れ役を演るのか!という驚きと、渋谷すばるの歌のうまさとリアルな芝居に驚いた。やっぱりジャニーズのタレントは「ジャニタレ」とか言っちゃいけない。才能を持った人がスカウトされて磨かれてるんだなあと思った。

 同時に、映画自体が実に不思議な魅力を湛えていて……大阪が不思議なワンダーランドというか、日本じゃない異国というか、なんだか楽園のように思えてきたぞ。カネはなくとも楽しく暮らせる町って感じ……。もちろんこれは、この映画のマジックだと判っているけど。

 東京暮らしが約40年にもなると、大阪がひどく遠く感じる。しかし、不思議な映画だなあ。なんとなく、ラビリンス、と言う言葉が浮かんできたが。

 細かい部分が凝っていて、二階堂ふみが親から受け継いで経営している音楽スタジオが、単なるカラオケではなく、立派な録音スタジオにあるような凄いミキシング・コンソールや放送局払い下げみたいな古くてゴツいコンソールを備えていたりして、なかなか凄い。このスタジオ、本物を使ったそうだけど、ここは玄人受けする凄いところなんじゃないの?

 渋谷すばるの不思議な存在感に驚く作品だった。

 そして、和田アキ子の「古い日記」(このタイトルじゃこの歌の激しさは伝わらないなあ)も、こんなに激しくていい歌だったんだ、と再認識した。

 映画の後は、こうなったら大阪で攻めようと、「串かつ でんがな」へ。

 大阪流の串カツを食べるのは、これが初めてかも。いや、そんなこともないかな?

 が、美味かった。あれこれ次々と頼んで、かなり食った。

 どて焼きがまた、美味い!

 生中とハイボールを飲み、〆は「肉吸いうどん」を相方と半分こ。これが関西流の味で、美味い。

 大阪は食い物が美味いから、ええなあ。

 そして、大森という街も、すっかり気に入ってしまった。引っ越してきたいくらい。こじんまりしていい店がぎゅっと集まっている感じ。そしてやっぱり、キネカ大森の存在がデカいねえ。

 以前は、こんな映画館は各地にあったのに……次々となくなってしまったもんなあ。

 23時過ぎに帰宅。

 酔っ払ってしまって、しばしソファで休憩。

 やっとこさ起き上がって、くーたんにご飯を出し、ゴミ出し。

 お風呂は省略。

 ベッドに入って、買ってきた「味園ユニバース」のプログラムを読み耽る。

 この映画、サラッと撮っているようで、じつはかなり技術的に凝った作りになっていると思う。

 最近のインディーズ出身の監督は、みんな凄いなあ。才能とエネルギーに満ちあふれているなあ。撮影所とは無縁のところで腕を磨いてきたからなんだろうなあ。まあ、おれとは完全に趣向が違っている(おれはもっとウェルメイドな『お話』のある映画を作りたくて監督になりたかった)から。しかし、大阪芸大のパワーは凄い。

 1時20分就寝。

今朝の体重:89.00キロ

本日の摂取カロリー:2292kcal

本日の消費カロリー:日常生活+131kcal/3506歩+24kcal(自転車)

« 2015年3月29日 - 2015年4月4日 | トップページ | 2015年4月12日 - 2015年4月18日 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト