« 2015年4月5日 - 2015年4月11日 | トップページ | 2015年4月19日 - 2015年4月25日 »

2015年4月12日 - 2015年4月18日

2015年4月18日 (土曜日)

無事帰宅して「ブルー・ジャスミン」を見た

 6時起床。目覚ましが鳴ったので起きた。放っておけばもっと寝ていただろう。もっと寝てれば良かったかな?

 朝風呂へ。

 案の定、みんな同じ事を考えているので、風呂は混んでいた。しかし露天風呂には二人しか居ないので、のんびり。

 髭を剃って、あがる。

 部屋に戻って、手早く荷造りをしてしまう。7時前には出発準備は完了。

 

 で……。仕事が出来る準備をしてきたが、やったのはメモを読み返して頭に入れてイメージを膨らませることくらい。

 で、せめてなにかと思って、昨日分の日記を書く。写真とかを貼り付けていないので、あくまで下書き。

 iPadと外付けキーボードでも長文が書ける。ただし、iOS用のATOKを入れているのに、かな漢字変換はiOSのモノしか使えていない感じ。う~んまだ操作方法がよく判っていないなあ。

 まあこれはあくまで下書きなんだけど。

 書いている途中、ふと気になって、ブルゾンのポケットに入っている鍵を確認。部屋の鍵と自転車の鍵。

 しかし!部屋の鍵はあったが、自転車の鍵が、ない!

 一応、この部屋の中を捜す。ベッドの下に落ちていないか見てみるが……ない。

 こういう知らないホテルでベッドの下を見るのって怖いんだけど……見たくないものがある可能性がある。

 しかし、鍵はなかった。

 え?どういうこと?部屋の鍵も、ポケットからシートに落ちていたのを拾ったから、自転車の鍵だって車のどこかにあるはず。いや、レンタカー屋で自転車に鍵をし忘れたのかも。その場合、盗まれてしまって、もうないだろうなあ……。もしそうだったら、この度は高いモノに付いたなあ……。

 とか思いつつ、日記を書いていると食事の時間である7時30分になった。

 しかし昨夜の「地獄絵図」を知った以上、時間をずらしてみることにする。昨夜だって、30分後には料理テーブルに並ぶ難民のような客の数は激減していたし。

 朝だからゆっくり寝ていたい人だって多いだろうし、抜いてしまう人も多いはず。それに、貸切り風呂にはひっきりなしの客が出入りしているし。

 という事は……30分くらい遅く行くのが正解だろう。

 日記の下書きを書き終えて、8時に朝食へ。

 おれの判断は正解だった。昨夜と同じ席が空いていて、料理テーブルには行列はない。もちろん品切れのものはない。

 並んでいるのは、ココスの朝食と似たり寄ったりなメニューだが、さすがにカレーやヤキソバはなかった。

 パンはウチでも食えるので、和食で攻める。プラス、牛乳。

 小さなお茶碗のご飯と味噌汁をお代わり。

 煮物とか卵料理にシシャモなどの魚に漬け物。

 夕食はひどかったが、朝食は標準というか、頑張っている感じがする。

 終わりよければ全てよし、という作戦なんだろうなあ。夜がひどくても朝がまあまあなら、悪くない印象で宿をあとに出来るわけだし。

 一通り食って、部屋に戻る。

 で、もう一度ブルゾンのポケットを探ると……自転車の鍵があった!え?

 9時にチェックアウト。これは予定通り。

 野島崎近くの公園に車を止めて、朝の海を見る。

 美しい。

 房総はいい。伊豆も素晴らしいけど、遠い。房総は近い。気軽に来られる。もっと頻繁に来るべきじゃないか?こんなに素晴らしい海があるんだぞ!

Img_1951
Img_1953
 レンタカーをじゃらんの割引を使って借りたのだが、料金を見ると、どうも割引が効いていない感じがする。予約確認のメールに記載されている金額より3000円くらい高いぞ。これは車を返して精算するときに、きっちりクレームを付けてやろう。

 そのためにも、時間に余裕を持って返したい。13時までの契約だが、途中で昼飯を食べても、12時くらいには戻れるだろう。ここ白浜から北千住まで2時間程度で着くと、各種マップにカーナビもそう言ってるんだし。

 と思うと、最短コースの、館山市内を走るより、海沿いを走る方が気持ちがいい。市内の道路には自転車に乗ったジジババがフラフラ走っていたり、暇そうなジジババが狭い道路で立ち話しているのが危なくて仕方がない。街並みを見ても面白くないし。

 という事で、カーナビの指示には従わずに、海沿いの道をハワイアンを聴きながら走る。

 これが、実に気持ちがいい!窓を開ければもっと気持ちがよかっただろうけど、砂が入ってくるのは困る。

 

 南房総の方は、繁盛しているのかどうか微妙な感じ(昔からの温泉ホテルは昔のままの古ぼけた建物のままだし)だが、館山市内の北条海岸のあたりは、まるで違う。実にオシャレな店が建ち並んで、まるで湘南のよう。この辺は、館山駅から歩いてこられる距離だし、なんか、いいねえ。「アーバン・リゾート」だねえ。海はキレイだし。

 

 どこかでトイレに入りたいので、探しながら走る。駐車場の入口が判りにくいので、たくさんあるトイレになかなか入れないが、レスキューの人たちが入念な準備体操をしている公園の駐車場に入ることが出来、トイレも済ませる。

 北条海岸は美しい。実に穏やか。ここから夕陽バックの富士山が見えるらしい。これで波が来れば、マジでワイキキみたいな雰囲気なんだけど、ここは静かなので有名なところなので、波は来ない。逗子みたいにウィンドサーフォンとかヨットなどをする場所。

 で、海沿いに走ると、また那古船形の漁港前に出た。これなら帰りにお土産を買えばよかった。

 で、もう海も充分見たし、時間も食ったので、最短コースに戻ろう。音楽もハワイアンからビートルズに切り替える。

 ETCカードを使えば、アクアライン経由の方が、京葉道路経由より200円くらい安いし30分以上速い。

 アクアラインで行く。出来れば海ほたるで軽く何か食べたい。

 が、走っていると、海ほたるに寄るのが面倒くさくなったので、通過。

 川崎に渡ったところで、カーナビが嘘を教えて、湾岸線を走るはずが、何故か新しく出来た中央環状線に入ってしまった。まあ、このトンネルは一度走ってみたかったので、いいチャンスだったんだけど……。

 渋滞を避けて、あえて迂回ルートを指示したのかと思ったが、カーナビが一時的に狂っていたことは、存在しない道を「左折しろ」「右折しろ」とうるさく言ったので判った。一本道のトンネル内で、ジャンクションでもないのに右折も左折も出来ないじゃん。

 しかしトンネルはトンネル。走っていて面白くも何ともない。空いていたけど。

 で、大橋ジャンクションまで来て、渋谷線に移る。

 ぐるぐると螺旋状の連絡道を走って渋谷線に乗ったのは面白かったが……時間的にはこのままぐるっと回って千住まで行ってしまえばよかった。というのも、都心でけっこう渋滞してしまったのだ。

 海ほたるに寄ってトイレに行かなかったことを後悔。

 尿意が迫ってきたぞ……。しかし渋滞。

 しかしなんとか進み始めて、向島線に入って、「堤通り出口」で一般道へ。

 途中に公園があるので、路上駐車をして、走る。

 で、一度帰宅して荷物を降ろすことにする。

 しかし午前中、ゴチャゴチャしているウチの近くに車を乗り入れるのはなかなか難しい。時間規制で一方通行の方向が変わったりするのだ。この時間、どっちの方向だったのか忘れたので、規制のかからないあたりに車を駐めたいが、そこに行くのも大変。

 千住界隈をぐるっと回ったが、妙な道に入り込んでしまった。

 狭い!

 バイクや自転車で走るのと、車じゃあ感覚がまったく違う。1000CCの小さい車にしておいてよかった。これより大きい車だと、またボディを擦ってしまったことだろう。

 で、もっと狭い道に迷い込みそうになって、バック。

 こういう時に事故を起こしやすいので、細心の注意を払う。

 千住の裏の狭い路地というトラップをなんとかクリアして、普通の道路に戻り、なんとか自宅近くの想定した場所に車を駐めた。

 荷物を降ろして、帰宅。

 くーたんは大歓迎してくれた。この前の日光一泊の時は、帰ってきたらしばらくブンむくれていたのに。

 抱っこして、留守番のお礼を言って、また外出。

 ガソリンを入れて車を返し、料金について談判せねば。

 おれが学生時代、ガソリン代は今より遥かに高かったし、排ガス規制が始まって直後に作った燃費が悪い中古に乗っていたので、ガソリン代が本当に大変だった。しかし今は、ガソリンは安いし燃費もいいし、有り難いことだ。

 で。

 ニッポンレンタカーに車を返し、料金についてツッコむ。

 が……「安心コース」を使ったことが原因だった。万が一事故を起こした場合、「安心コース」だとケアが手厚い。しかし「標準コース」より高い。

 で、事故を起こした場合が怖いので、おれはいつも「安心コース」を使っている。でも、事故ったら警察とニッポンレンタカーに通報しないと保険が下りない。で、数年前に西伊豆でボディを擦ったり脱輪した時は、JAFは呼んだが警察の事故証明を取らずニッポンレンタカーに通報もしなかったので、保険が使えずに実費を払う羽目になってしまった。「安心コース」の意味がないじゃん!まあ、いい勉強にはなったが。

 まあ、そう言うわけで、じゃらん割引を使っても使わなくても料金は殆ど同じという、妙な事になってしまった。

 残念!

 しかしまあ、ETC割引が大きかったけど。

 自転車に乗って、帰宅。途中、コンビニで、くーたんの好物の「猫用カニカマ」と自分用のキャベツサンドを買う。

 13時に完全に帰宅。

 くーたんにご飯を出し、荷解きして、サンドウィッチを食い、それでも足りずに、旅先で食べようと思って買ったが食べなかったポップコーンを食べつつ日記の下書きをiMacに移して、きっちり書くが……何故か妙に時間がかかってしまって、15時過ぎにアップ。下書きもあったのに、どうして?

 書いている途中、相方と電話で話したからだが。iPhoneではなく、iPhoneと連動したiMacから電話に応答してみる。iMacのマイクとスピーカーを使って通話する。相手の声はよく聞こえて、便利なのだが、こっちの声はなんか違和感があって聞き辛いらしい。

 しかし疲れた。一人旅でレンタカーを使うとエラく金がかかる。しかしまあ、年に1回あるかないかだし、道楽もしないし、いいんじゃないの?

 相方に土産を渡そうと連絡したら、夜に来るとのこと。

 それまで、休憩。「黒い報告書」の原稿は相方から戻ってきているので、それを確認して送稿したいのだが、今は頭が働かない。

 しばし休息。ふだんほとんど運転しないから、3時間ほとんどぶっ続けで走らせると疲れる。頻繁に運転していたら、そんなに疲れないのかもしれないけど。

 録画した「タモリ倶楽部」を見る。「邦楽ジャーナル編集部に潜入」。せっかく「エレキ三味線」の発明者が登場したのに、時間切れみたいな構成になってしまったのはもったいなかった。

 くーたんがやって来て、一緒に少しウトウトするが、18時になったので、外出。適当に何か食おう。

 ということで、北千住駅前の「富士そば」で、盛りそばとミニカレー。

 帰宅して、「黒い報告書」をチェックして、担当U氏に送る。

 そうこうしていると相方が来訪。

 お土産の磯海苔などを渡す。

 で、録画して溜まっている映画を観る。

 ウディ・アレンの「ブルー・ジャスミン」。ケイト・ブランシェットがアカデミー主演女優賞を取った作品。

Cover

 最近のアレンはコメディばかり撮っている……と思ったが、シリアスな作品は数本しかなく、今も昔もほとんどコメディだ。「インテリア」とかの印象が強烈で、アレンはベルイマンの世界に移ったというイメージが焼き付いてしまったのね。でも、コメディといっても、最近の作品は恋とかセックスとかが主題で、人生を語るようではない。いやまあ、恋とかセックスを描くと人生を語ることになるんだけど……「艶笑コメディ」の色彩が強いのよね。

 で、この作品は、アレン版「欲望という名の電車」。ケイト・ブランシェットの演技は鬼気迫るモノがあって怖いが、基本的にコメディなのが救われる。映画の「欲望という名の電車」のヴィヴィアン・リーの芝居は、可哀想で居たたまれなかった。

 お互い里子で外見もキャラクターも全然違う姉妹というのがミソ。エレガントで上流階級の臭いもするケイト・ブランシェットに対して妹はもう、下層階級もいいところで、付き合う男も粗暴で野卑。

 しかし姉はセレブ生活が破綻。リッチな夫は詐欺師で逮捕されて自殺。妻の姉も全財産を没収されて失意のまま妹を頼るしかない。

 この姉のキャラクターが強烈。誰に対しても「自分語り」が止まらない。この描き方がなかなか毒たっぷりで、アレンは残酷に描き込むが、笑えるので救われる。このへんの匙加減は絶妙で、名人芸。失敗すると後味の悪い、いや~な感じになってしまう。空虚なセレブを笑いものにするのって、なんか虚しいし。でも、そうならないところがアレンの凄いところだ。

 セレブに対する、という形で出て来る下層階級の人たちだが、こっちもフラット・キャラクターではない。カネはないけど心は豊か、みたいな一昔前のサヨク映画ではもちろんないし、貧乏人はみんなゲスだ、という描き方もしていない。でも、セレブはお金がなくなったらアウトだけど、下層階級はもともとカネがないんだからしぶとく楽しく生きていくんだぜ、という見せ方をする。

 どっちが幸せかと言ったら……おれなら下層階級の、というか、妹の住む世界の方を取るね。って、この映画を観た人はみんなそうだろうけど。

 おまけに、妹の元ダンナが当てた宝くじの20万ドルも、姉の亡夫が全額スッてしまってゼロにしてしまい、妹夫婦は離婚したのに、妹は「極悪な姉」を受け入れて居候させてやる。姉の方は妹夫婦がニューヨークに遊びに来たときに相手をするのをすごく嫌がったのに。

 そんな根性の悪い姉はセレブな世界への未練たらたらなので、すぐにバレる嘘をついて、下院議員になろうとしている国務省職員と結婚すべくフル回転するが……そんな嘘はすぐに露見する。

 夫の浮気に腹を立てて夫の犯罪を明るみに出し、夫を自殺させ、全財産もスッカラカンになってすべてを失った「悲劇」の引き金を引いたのは、姉自身だった、という事が判るが……。

 70年代後半のアレンなら、「インテリア」みたいに深刻でインテリ受けする重いドラマに仕立てたかもしれないが、79歳のアレンは違う。そういうことを引っくるめて笑いでまとめる神業のような事が出来る。

 要するに、これは、アレンの超成熟だ。若気の至りでベルイマンみたいなインテリ趣味に走ったりしたが、それじゃ救われない。登場人物は救われなくても観客は救いたい。救って映画を終わらせたい。そういう気持ちが伝わってくる。

 そして、それが出来るテクニックが、今のアレンにはある。

 この技は、物凄いモノだ。人間観察の鋭さと、皮肉な精神。しかもそれは一筋縄ではいかず、裏の裏まで読む意地悪さがある。

 う~ん。ウディ・アレン、凄い。

 「欲望という名の電車」より、人間を美味く捉えてるんじゃないかとさえ思える。

 相方帰り、睡魔でぶっ倒れそうになりつつ 風呂に入り、0時30分頃、就寝。

今朝の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2315kcal

本日の消費カロリー:85kcal/2085歩+63kcal(自転車)

2015年4月17日 (金曜日)

南房総ドライブの旅1日目

 5時起床。

 曇り。

 慌ただしく支度をして、くーたんに1.5日分のごはんも出して、5時40分出発。

 自転車でニッポンレンタカー北千住へ。久々に、思いっきり車を運転したくなったのだ。

 じゃらんの割引を使って車を借りて、一路、館山へ。運勢的に、交通事故には特に気をつけろと言われているので、細心の注意を払いつつ運転する。

 しかし。

 カーナビの音が小さくて、指示が聞こえない。iPadから「デート」のサウンドトラックを流しているので、全然聞こえない。なんじゃこりゃ。最近のカーナビって、こんな事になってるの?

 首都高の分岐を間違えて、湾岸線を走るべきだったのに、横浜線に入ってしまった。

 で、川崎大師のあたりの出口で降りろいう指示を見て、なんとか降りたが、それが帰って良くて、コンビニに寄れてトイレを済ませてパンやおにぎりも買えた。事前の下調べでは、千葉側に渡って一般道になるまでコンビニに出会えない(「海ほたる」にコンビニはあるとは言え)はずだったので、助かった。 なぜか今日はトイレが近いので。

 コンビニの駐車場でカーナビの設定を確認すると、案内音が小さく絞ってあった。前に使ったヤツがこういう風に設定したんだな。

 

 で、アクアライン経由で木更津。前回車で来たときはスピードを出しすぎてパトカーに捕まってしまったので、今回は慎重に制限速度を遵守。しかし通行量が多かったのか、パトカーの影もない。

 PAやコンビニを見るたびに寄って小用を済ませる。

 南房総に行くときはいつも寄る「ハイウェイオアシス富楽里(ふらり)」の売店はすでに開いていて、美味しそうなおにぎりを売っていた。コンビニのおにぎりよりこっちの方が絶対美味しいんだよなあ。つぎはここで食べよう。

 無事に8時30分、館山の安房神社に到着。予定通り。

 今回のドライブ旅行は、この安房神社でお水取りをすることが最大の目的なのだ。朝9時にここに到着するには、車で来るのが一番便利。まあ、高速バスや電車、そして路線バスで来られないこともないけど。

 車内でおにぎりやパンを食べてから、お水取りの受付を済ませてしばし待つ。

Img_1932
Img_1933

 9時頃に呼ばれて、社殿へ。

 いつものようにご祈祷をしてもらって、社殿の裏側でお水を戴く。

 すべて終了したのが9時30分。

 作法では11時までここにとどまるべき、と教わっているので、ぶらぶらして10時に神社直営のカフェが開くのを待つ。

 車で来たジジババ夫婦が「水の入れ物隠しなさいよ。見つかったらお金取られるんだから!いつも来てるんだからいいでしょ」とがめつそうなババがジジに行っていた。家庭内の様子が見えるようですな。しかし、神様に対してそういうズルをすると天罰が当たるんじゃないの?

 10時過ぎに、カフェが開店。ゆず茶とシフォンケーキのセットをお願いする。

 食べていると、続々とお客さんが入ってきて満席になったので、長居できない。

 隣接する「野鳥の森」を歩こうかと思ったが、坂道だし、足も痛いので、敬遠。

 10時30分だが、車を出す。

 那古船形の向こうにある「崖の観音」として有名な大福寺に向かったが、工事中で入れない。天気も急に悪くなって雨が降ってきた。

Img_1936

 そのへんをブラブラして12時前に、那古船形漁港にある「ふれあい市場」に行く。ここには漁協直営の食堂もあって、美味そうな昼メシが食えるのだ。何度も行っているが、旅館でたらふくアサメシを食べた後だったりして、食事する機会に恵まれなかったのだが、今回は食べられるぞ!

 あじのなめろうか、アジフライを食べたかったが、アジの不漁は続いていて、高級なアジは穫れるけど、なめろうにするようなアジは上がらないと。

 残念だが、いろんな魚の刺身定食を食べ、焼きハマグリも食べる。これが、美味かった。ビールが飲みたいけど、我慢。

 後から来た熟年夫婦が、店のおばさんにいろいろ聞いていたので、耳を大きくして盗聴。

 東日本大震災のとき、津波が4メートル来たらしいが、なんとか大丈夫だったと。かえって去年の台風の方が被害は大きかったらしい。店の外に出してあったモノがゴッソリ流されてしまったと。

 この熟年夫婦、夫の方がこの辺でのんびり住みたいらしくて、「空き家が多いみたいだけど」とか、いろいろ聞いていた。俺も同感で、この辺の落ち着いた雰囲気がとても好きなのだ。館山の南の方は妙にオシャレ化が進行中で、湘南みたいになりつつある。しかし那古船形のあたりは「鄙びて」いる。

「でも、地震と津波が怖いよねえ」

「みんな一緒に流されて一緒にあの世に行けるんならいいんだけど……バラバラになると寂しいからねえ」

 地元の連帯感は強いんだろうなあ。

 穏やかなこの辺の雰囲気は本当にいいんだけど……でも、その分不便だから、やっぱり住むのは無理かな。

 食事をして海産物(といっても磯海苔関係)を買っていると12時を過ぎた。

 せっかく車で来ているし、ホテルは15時チェックインだから、それまでドライブしまくろう。

 海沿いに走る。なるべく海に近い道を選んで走る。

 天候は急速に回復。

 海上自衛隊館山基地の裏にある「沖ノ島」(←リンク)に行ってみる。ここは関東大震災で隆起して砂浜が繋がったので歩いて渡れる島で、島の森を探検できる。

 しかし、風が強くてなんだか怖い感じがしたので、少し歩いて引き上げる。

Img_1943

 トイレに入ると、ウンコ色の水が溜まっていたので「バカが流さないで……」と腹を立てて水を流したら、流れてくる水もウンコ色。再生水を使っているらしい。

 その後は、えんえん走る。

 交通事故に気をつける。というか、制限速度遵守。千葉の人はスピードを出さない。これって昔からそうだった。警察が厳しいのだろうか。それとものんびりした気性で急がないのだろうか?

 昔の「南房パラダイス」は一時閉鎖されていたが、今はリニューアルされていた。入ろうかと思ったが、入場料が1300円もするので、止める。もっと安くすれば入場者も増えるだろうに。
Img_1944

 ここの「ハワイアンカフェ」でソフトクリームを舐めたが、実に美味しかった。

 ついでにあれこれハワイの模様の入った食器を買おうかと思ったが、ハワイ関係の店は都内にも多いからなあ。

 海沿いに走る。カーナビにはホテルを目的地に入れてあるのだが、幹線を案内したがるので、「左折して」を連発するが、まったく従わないので、心なしかカーナビの声が怒ってきたように感じたが……。

 千倉まで行く。以前行った「ローズマリー公園」に行ってみる。

 ここは何故か、シェイクスピアにちなんだ「シェイクスピア・カントリー・パーク」があったのだが、昔の英国風建築のあたりには人はいなくて、「道の駅」にはわんさかいた。まあ、シェイクスピアにちなんだ建築って、あんまり興味をひかないんだろうなあ。
Img_1946
Img_1947
Img_1948
 後から調べたら、「シェイクスピア・カントリー・パーク」は営業不振なので、経営を民間委託して、つい最近、「はなまる市場」になったんだとか。で、以前の建物は残っているけど、シェイクスピアはもう関係なくなったらしい。それを嘆く人もたくさんいる。このサイト(←リンク)とか、南房総市の回答(←リンク)とか。

 そもそも、どうして千倉にシェイクスピア?と思ったんだけど……。一気に俗っぽい施設になってしまうのも、寂しいね。

 もう少し走って、鴨川の手前まで行こうかと思ったが、時間は14時30分になったし、ずっと運転して疲れてきたので、引き返して、白浜にある「南国ホテル」にチェックインすることにする。

Img_1950  

 で、「南国ホテル」。ここは激安で有名な伊東園ホテルのチェーン。

 野島崎に近い「ホテル南海荘」が安いので予約したのだが、もっと安かったのが、ここ。

 伊東園のチェーンは以前泊まったことがあって、あんまり期待しちゃいけないと思いつつ……。

 

 狭い駐車場は、すでにほぼ満杯。しかしスペースを見つけて、なんとか駐めて、15時チェックイン。格安プランで、眺望無し、という条件。

 部屋は別館の1階。

 入ってみたら、裏口の駐車場に面している。たぶん以前は、団体ツアーの添乗員が泊まる部屋だったんじゃないか?

 窓の正面には、別棟の貸し切り露天風呂があって、通行人から覗かれるが、別に覗かれて困るようなことはしないけど。

 メシは18時から。まず、風呂。今日はけっこう汗をかいた。暑かったし。

 眺望無しの露天風呂だが、湯加減最高で気持ちがいい。

 と、一緒に入浴中の若者の先輩が後輩に「お前は酒が入ると乱れるのをなんとかしろ。みんなのいる場ではキチンとするのが大人だ」ととても真っ当な説教をしているので感心して聞いていると、後輩は「いいじゃないですか。酒の席なんだから」とか「それが難しいんですよねえテヘヘ」とかテキトーに返事している。最初は「そういうのよくないぞ」と真っ当に対応していた先輩が「改めないなら、付き合いやめるぞ」とまで言っていた。後輩の酒癖は相当悪いんだろう。

 部屋に戻ってベッドにひっくり返って、iPadでいろいろ。仕事する用意はしてきたのだが、出来ませんねえ。頭が働かない。

 で、18時前になったので、レストランというか、メシを食う場所へ。

 15分前なのだが、ものすごい行列ができていた。

 出直そうかと思ったが、並んで待つことにする。なんせ「夕食券」には「お席がご用意出来ない場合があります」と書いてあるのがコワい。定数以上の客を取っているってことか。

 食事の席数が限られているなら、「*時から」と客を分ければいいし、バイキング(食べ放題飲み放題)も2時間制限とかにすれば、客も安心出来るのに……。

 そういう客を管理する手間と人員が惜しいのだろう。少人数でホテル側の負担が軽い運営を心がけている……その皺寄せは客に来る。

 待っている客の間には、なんだか殺気が漂ってきたぞ。なんで観光に来てメシのことで殺気立たないとイカンのだ。食い物の恨みは怖いとはいえ。

 

 しばし待って、18時になって「食事解禁」。

 待っていた客は「お食事処」になだれ込んで、もう大変。

 難民キャンプより酷いんじゃないかと思われる争奪戦。食物も、食べる席も。

 後からどんどん客が入ってくるから、席を確保するのが必死。

 そしてバイキング用の皿を持って料理の並んでいるテーブルの前には、バーゲン会場もかくやというような必死な客が。

 なんか、料理がなくなった時点で夕食終了というタイムレースみたいな雰囲気を醸し出してるのよね。

 実際は、料理は補充されるし、席だって捜せばあるのだが、ホテル全体に漂うセコい雰囲気が、そういう「欠乏感」と「危機感」を煽ってしまって、殺伐さを盛り上げているのだろう。

 晩飯が食えなきゃ困るもんね。

 この時点で、ゲンナリ。

 以前に、西伊豆・松崎のこの系列のホテルに止まった時も、夕食の内容にはガッカリしたが、こんな殺気だった光景はなかったぞ。今回も同じ。

 男性客の殆どは「飲み放題」がお目当てのようだ。だから、時間いっぱい居座って、思い切り飲もうという算段なんだろう。

 おれは、ビールをグラスに1杯飲んだら、もう酔いが回って、お酒は終了。

 しかし料理は、案の定……。

 カツオのタタキがあるのに、付け合わせの野菜がない。ニンニクもない。これじゃダメでしょ。

 バイキングの目玉がないんだよねえ。安っぽいおかずばっかり。

 で、ついつい、ヤキソバとかかけそばとかカレーライスとかポテトサラダを食べてしまって、腹は膨らんでしまったが……。

 残さず食べるのが俺の主義だが、今回は残してしまった。

 と言いつつ、結構食べたんだけど。

 見ていると、早々に席を立つ客はあんまりいない。ということは、やっぱり、早く来て席を確保するのが大切なんだなあ。

 温泉に来たのに、この殺伐とした雰囲気は嫌だなあ。

 ここは、朝食のみか素泊まりがいいのかも。しかしこの辺は、近くにレストランがないんだよねえ。

 食後、休憩。

 酔いが醒めたので、もう一度風呂に入る。

 みんな考えていることは同じだねえ。風呂はすごく混んでいた。

 温まっただけで部屋に戻る。

 テレビを観る気にならず、ネットを見たりしていると、いつまでもうるさい。部屋に隣接して、裏の「貸し切り露天風呂」への出入り口があるので、その客が喋りながら出入りするからだ。

 それでも、寝不足と疲れで、22時過ぎに就寝。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2792kcal

本日の消費カロリー:281kcal/7085步+20kcal(自転車)

2015年4月16日 (木曜日)

カイロ行って、ゲラ発送

 まず、戴き物のご紹介から。

Hijiri

「殿さま浪人幸四郎~湯けむりの殺意」(コスミック時代文庫)

 悪党どもには手加減なしl捕り物騒ぎに隠された卑劣なたくらみを、見事打ち破った謎の浪人、青葉山幸四郎。

 さる藩の大名が、退屈な武家暮らしに飽きて、浪人になりかわった仮の姿である。

 そんな幸四郎が、捕り物の途中で、腰を痛めてしまった。

 むしろこれはよい機会と、従妹の三佳姫や御用聞きの六助を引き連れ、箱根へと湯治の旅に出かけたまではよかったものの、そこでも不可解な殺人事件に巻き込まれてしまう……。

 振りかかる火の粉を涼しげな顔でさらりと払う、一風変わったお殿さまが、さまざまな事件の裏側に、正義の光をあてる!(裏表紙の惹句より)

 人気シリーズ、ますますの盛り上がり!作者自ら「二時間サスペンスみたいなタイトルでしょ!」とおっしゃってましたが、時代小説に新感覚のエピソード!どうぞお読みください。

 で。

 7時30分頃起床。溜りかけていた寝不足を一気に解消……とはいかない。まだ眠いが、目が覚めてしまった。というか、くーたんに起こされた。

 晴れ。

 昨夜洗濯しておいた洗い物を干し、その間にもう一度洗濯機を回して洗ったシーツ類も干す。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは久々に松屋に出かけて「W目玉焼きとソーセージの朝食」にとろろを付ける。

 帰宅して、仕事開始。徳間の新作。

 しかし、まだ新しい世界に馴染まない。舞台になる街にロケハンしておくべきだったかと思うが、時間がなかった。前作同様、最後まで書き上げてから確認のロケハンというか取材旅行をして、修正するしかない。まったく知らないところでもなし、大筋では間違わないはずだし。

 今日は16日。

 ヤバい!15日〆切の原稿があったではないか!と一瞬焦ったが、15日は15日でも5月15日だったので、安堵。

 16時にカイロの予約を入れてあるので、その前に相方に会って、実業之日本社の文庫のゲラを受け取る手筈を整える。

 それまで仕事、と思うが、ノラない。まあ仕方がないか。

 厚切りトーストを1枚食べる。これがヒルメシ。

 なんだかんだですぐに15時。

 洗濯物を取り込んで、外出。

 相方と会って、ゲラを受け取るが、相方からバッグを貰う。なかなかカッコイイがヘヴィーデューティなデザイン。これがあるなら新しいバッグを買うことはなかったな……。

 で、カイロへ。何故か左足の膨ら脛がすごく張っていて、施術されるとすごく痛い。右足を庇ったのか?

 終了後、一度帰宅して、ゲラを見る。

 1箇所拘りたいところがあるのだが、そこは相方も拘りがあって、前回編集F氏の前でちょっと揉めた。ギャグを1つ書き足して、相方を尊重しつつ、おれとしての拘りを解消させてみた。

 全部、アカの入った箇所や編集や校閲のチェックの入った箇所を確認して、終了。

 荷造りして、ヤマト運輸の営業所に持ち込んで、発送。これで明日には届くだろう。

 その足で「ラーメン翔竜」に行き、翔竜麺(卵+海苔)と小ライスを食べる。う~ん。トンコツラーメンはカロリーが高いなあ。

 明日は5時起きして南房総・館山に行くので、早く寝ようと思いつつ、いろいろやることがあって、それを済ませているとあっという間に22時。

 風呂に入り、涼みがてら外出して、近所の郵便ポストに郵便物を入れて帰ってきて、お礼のメールや日記を書いていると23時。

 明日は車の運転があるので、6時間は寝たい。

 ということで、23時過ぎに就寝。

今朝の体重:89.20キロ

本日の摂取カロリー:2367kcal

本日の消費カロリー:日常生活+61kcal/1600歩+179kcal(自転車)

2015年4月15日 (水曜日)

戴きました!☆4つです!

 7時起床。

 晴れ。

 今日はお昼過ぎまで晴れて、その後雨だというので、溜まった洗濯をする。昼過ぎには乾くだろう。

 朝のモロモロも済ませる。

 例によって、日記を書いているとくーたんが遊べと猛烈アピール。ネコの、猫じゃらしを追う真剣な表情は実に可愛い。一生懸命遊んで一生懸命寝る。

 アサメシはご飯にカリカリに焼いたベーコン、目玉焼き、インスタントのシジミ汁。

 その後、郵便局に行ったりしてから、仕事開始。

 徳間の新作。が、なかなか書き出せない。どう始めようか、書き出しに迷う。

 舞台となる場所について調べ直したりしていると、腹が減った。

 厚切りトーストを食べ、牛乳を飲む。

 牛乳は健康によくないという説があるが、おれは牛乳が大好きなので骨は丈夫。乳製品を生理的に受け付けない快楽亭は骨粗鬆症で一時、しょっちゅう骨折していたぞ。

 世の中に溢れ返る「食品と健康に関する諸説紛々」は話半分に聞き流すに限る。昨日まで正しいと言われていた説がコロッとひっくり返るのが常なんだから。

 Macの前にへばりついていたが、あまり進まず。

 

 おれは仕事でワープロソフトは使わない。あれは重いだけで文章作成に不要な機能が多すぎる。プレーン・テキストで送れば先方が業務上一番便利なソフトで読み込めるんだし。

 で、「LightWayText」を長年愛用しているのだが、このエディター、2009年からバージョンアップしていない。でも問題なく動いている。

 このソフトの作者は「iText」を代わりのモノとして開発して、こちらは順調にバージョンアップしている。

 そろそろ乗り換えた方がいいのかな?と思って試用してみるが、やっぱり、細かなところでしっくりこない。不要なツールバーが画面上から消えないとか、毎日使うものだから目障りで不要なモノは消して、シンプルな表示にしたいのに。

 機能的には「Jedit」のほうが便利なのだが、書式設定(*字詰めの*行)がやりにくい。これが簡単に出来るソフトって意外に少ないのだ。2つの文書ファイルを比較するとか、とても便利な機能もあるのだが。

 やっぱり、使えなくなるまで、「LightWayText」を使い倒そう!

 テなことをやっていると、お昼を過ぎた。

 気象レーダーを見ると、雲がかかってきそうで、かからない。

 しかしまあもう14時だし、乾いているだろうと洗濯物を取り込む。

 だが、夕方になっても雨は降らず、晴れのまま。しっかりせえよ、天気予報!TBSの森田さんとかは外したら謝るけど、ネットの天気予報は知らん顔をして予報を変えてしまう。

 一言ないのか?誠意ミセエや!と言うと、ヤクザになってしまうが。

 靴を磨きたかったのにな。

 夕方になったので、テニスの支度をして外出。

 無性に駅の立ち食いそばが食べたくなったので、少し早めに出て、駅そば。

 スポーツクラブに入る寸前に雨がパラパラ来た。

 で、テニス。

 イマイチなようでボレーを決めることが出来たり、逆に絶好の球を空振りしたり。嬉しいやら悔しいやら。

 まあしかし、健康でテニスが出来る歓びは噛みしめなきゃあね。

 風呂に行く。露天風呂に入ると、先に入っていたおじさんたち(おれも立派なオジサンだけどさあ)が、「さっきヒョウが降った」「いっときは凄かった」と言っていたけど……たしかに風は冷たい。寒冷前線が通過したのね。

 帰り道、すごく降ったにしては路面は濡れてないぞ。水たまりも殆どないし。ほんとに降ったの?

 駅前の「上海菜館」で晩メシ。週替わりスペシャルの「油淋鶏定食」にする。

 隣の席では学校の先生らしい若手の一団が盛りあがっているが、話は生徒のことが中心。「アイツ、突っ張ってるけど話せば判るんですよ」「アイツが合宿に来るとは思わなかったなあ」とか、やっぱり先生は生徒のことが頭から離れないのね。元生徒としては有り難いことだなあと思う。

 帰宅してメールをチェックすると、祥伝社M氏から、「日経夕刊に『闇の狙撃手』の書評が載りました。シリーズ物が取り上げられるのも日経に取り上げられるのも珍しいです」と紙面の画像を送ってくれた。

____

 今回の「闇の狙撃手」は、前作より初速もいいらしい。量産出来ない我々安達ズとしては、売れて欲しい!と心から請い願うものであります。

 しかし、デニス・ルヘインやサキと同じ☆4つを獲得したのは凄いではないか。

 以前は、こういう事があっても周囲を気にして自己宣伝みたいなことは止めておこうとか思ったけど、今はもう誰憚ることもない。おおいに宣伝しちゃいます。

 ちょっと足りなかったので、食パン1枚に牛乳。

 ニュースは、取手市で起きた「ボウガン発射で矢が足を貫通。別件で逮捕した男が事件に関与した疑い」の件と、広島空港に着陸失敗したアシアナ航空の件が要チェック。

 ボウガン(日テレは「クロスボウ」と表現)を人に撃つなんて言語道断。殺傷能力のある「武器」がなんの規制もなく市販されているのも絶対に問題だ。それを言えば「包丁だって武器になるぞ」と言い出すヤツもいるだろうが、ボウガンは飛び道具ですぜ。

 アシアナ航空機事故は、当初はパイロットの操縦ミスと言われていた。視界不良なら着陸を強行すべきではなかったので、判断ミスであると。しかし、気象条件的にダウンバーストが発生した可能性も出てきたと。

 ジャーマンウィングスの事故ではボイスレコーダーの内容がいち早く公表されたのに、今回はすぐ回収されたはずなのに、どうしてなんの発表もないの?いろいろ「配慮」しなきゃいけないのか?

 しかし、キャビンアテンダントたちがパニックになって乗客をキチンと誘導しなかった、もしくはまったく誘導しなかった、という話も伝わっている。これも大問題だ。スッチーたちが泣き叫んでいたら、アカンやろ!

 まあ、今後アシアナ航空に乗ることはないと思うが。

 「マツコ&有吉の怒り新党」をなんとなく見ているうちに寝てしまい、0時50分に慌ててベッドに移動して、キチンと就寝。

今朝の体重:89.50キロ

本日の摂取カロリー:2558kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal(テニス)+149kcal/3968歩+52kcal(自転車)

2015年4月14日 (火曜日)

仕事して、METライブビューイングでロッシーニ

 まずは戴き物のご紹介から。

Ashikawa

「虹の別れ~同心七之助ふたり捕物帳」(ハルキ文庫)

火事に見舞われて死んでしまった春吉は、妹のおはなが気掛かりで成仏できないでいた。妹が奉公先の若旦那に悪さをされそうだからだ。事情を知った同じ幽霊の志保は、弟の定町廻り同心樫原七之助に、おはなを助けるように頼むのだが……(「雲雀鳴く」)。

新月の深夜、組屋敷への帰り道で七之助は黒ずくめの一団に襲われる。志保の協力でかろうじて退けるが、彼らの目的は七之助が検死した死体の印寵に隠された文だった。それはある藩の行く末を左右するのだが……(「紫陽花の庭」)。

独り立ちした若き同心の活躍に、姉の霊はついに成仏できるか。人気シリーズいよいよ完結!!(裏表紙の惹句より)

鳴呼、ついに志保は……?惹句にすべて書かれてしまっているので、これ以上はネタバレになるので書けません。是非、お読みください。

 で。

 7時過ぎ起床。

 雨。

 朝のモロモロを済ませるが、例によってくーたんが「遊べ」と猛烈にアピールするので、日記を書く手を止めて、しばし遊ぶ。くーたんもヒマだもんなあ。遊んでやらなきゃなあ。

 大阪の書店さんに郵送したPOPが返ってきた。駅そばの書店さんだったが、改めてネットで調べると、このチェーンは丸ごと転業したようだ。しかし新大阪には新たな書店が出来たので、POPを刷り増しして送り直すことにする。

 で、郵便局で発送していたら、相方から、今夜、METライブビューイングに行かないかと誘われた。仕事の進み方次第、と返事する。

 コンビニに寄って麻婆豆腐と炒飯の弁当と野菜ビーフンを買って、帰宅して食う。これがブランチ。

 で、仕事。

 昨日難渋した「黒い報告書」の直しだが、一夜明けると踏ん切りが付いたのか、すいすい進んで、午後の早い時間に終了。行数もバッチリ合わせた。

 これを相方に送り、今夜のMETに行こうと返事。

 で、徳間新作に手をつける。今回はかなり綿密に構成を練ったし、既に第1章の詳細なメモが相方から来ているので、速いテンポで書き進められるだろう……油断は禁物だが。

 Facebookは、もう完全にダメ。まったくログイン出来ない。ヘルプを見ても判らないというか、該当する項目がない。個別の質問には答えてくれないみたいだし。この日記は自動で半日遅れで転載されるけど、それ以外の事がまったく出来なくなってしまった。もう、塩漬け状態。

 そうこうしていると、もう夕方。

 雨は依然として降っているが、外出。

 18時過ぎに歌舞伎座の地下広場で相方とは合流することになっている。ここで弁当を買って、東劇に行くダンドリ。

 しかし、お弁当売り場はもう閉まっていた。歌舞伎が始まったからか、売り切れたからか。セブンイレブンで買うしかないか。

 で、相方登場。

 セブンイレブンで弁当を買って温めて貰い、雨の中、東劇へ。しかし考えてみたら、東劇ビルの中にファミマがあったんだよね。

 で、同じビルにある山下書店にPOPを渡してご挨拶。

 これで手持ちのPOPはすべてなくなった。

 東劇のロビーで弁当を食べてしまい、ポップコーンを買う。

 今夜はロッシーニの「湖上の美人」。相方に訊けばどんなオペラか判るだろうと予備知識ナシで来たが、相方も知らなかったので、予備知識ゼロの状態で鑑賞。

 今回の司会進行はパトリシア・ラセット。美しいヒトですな。特に目が美しい。オペラ歌手だから太いけど。

Met

『16世紀。狩人に扮したスコットランド王ジャコモ5世(フアン・ディエゴ・フローレス)は、カトリン湖のほとりで出会った美女エレナを見初める。しかし彼女は国王に背くドゥグラス(オレン・グラドゥス)の娘で、マルコム(ダニエラ・バルチェッローナ)という恋人がいるにも関わらずドゥグラスは反乱軍のリーダー、ロドリーゴ(ジョン・オズボーン)と結婚させようとしていた。愛を告げても断るエレナに、ジャコモは心の証として指輪を渡す。やがて反乱軍は国王軍に制圧され、ドゥグラスもマルコムも捕まってしまう。エレナは二人を助けようと、指輪を手に国王のもとへ向かう……』

 という作品らしい。しかし入場して貰ったチラシにはあらすじは書いていなかった。

 イタリア・オペラに登場するスコットランドって、内乱とか王位継承でイングランドと戦うとか、そういう話ばっかりだなあ。静かで美しいところなのに……昔だってそんなに戦乱に明け暮れていたのではないはずだけど。

 で、マルコムとかダグラスとかいう登場人物の中に突然、ロドリーゴとかジャコモとか出て来ると、混乱するのよね。

 ファン・ディエゴ・フローレスは美声を維持しているのが嬉しい。

 このオペラは、なんとも優雅で、ゆっくりと進行する。歌詞はくどいほど同じ事を3度くらい歌い上げる(そのくどさはワーグナーみたい)。けどそれは、歌を聴かせるためだからねえ(って、それもワーグナーみたいだが、ワーグナーがロッシーニをパクったと言うべきだろう)。時代が移り変わってロッシーニからドニゼッティ、そしてヴェルディとくると、ドラマは現代の感覚に近づいてきてテンポが速くなり劇的な展開がこれでもかと続くようになるのね。

 で、このオペラは、ベルカントを心ゆくまで愉しむもので、後半には二人のテノールの「ハイC合戦」という物凄い場面がある。

 歌手はみんな名手で、素晴らしい。フローレスはもちろん、ヒロイン・エレナのジョイス・ディドナート、ロドリーゴのジョン・オズボーン、エレナの父で叛乱宮の主導者ダグラス(オレン・ドゥグラス)も、ズボン役のメゾソプラノ、マルコム役のダニエラ・バルチェローナもみんな素晴らしかった。

 ずっと無言の芝居を続けていたエレナの従者役の女性は、歌わない女優さんなんだと思っていたら、突然歌い出したのには驚いた。

 相方の見立てでは、このオペラ、と言うか、ロッシーニのオペラは演出で工夫しないと「紅白歌合戦」みたいに出番の歌手が舞台中央に出てきて歌うと脇に捌けるという感じになってしまうと。だから、本来は出番のない役に芝居を振って登場させて、舞台にメリハリを付けているんじゃないかと。

 なるほど。たしかにそうだと思う。

 ウィーンやミラノの演出は、歌手は突っ立って歌うだけに近い演出が多いが、その点、METは演出に凝って、歌手にかなり芝居をさせる。これが面白いし、ドラマを理解する助けになる。脇役も小芝居するし、合唱もかなり細かな芝居をするのが楽しい。特にコミカルなオペラだと、みんな小芝居を繰り出すので、本当に楽しいのだ。

 その事はフローレスもインタビューで語っていた。

 展開はゆっくりして、正直「たるさ」も感じたが、その分、歌を堪能出来て、至福の3時間20分だった。

 23時頃、帰宅。

 玄関先のキャットツリーでくーたんがお出迎え。

 くーたんのご飯を用意して、風呂に入ったりしていたら、1時を回って2時近くになったので、慌てて就寝。

 故郷・徳島に、「近くにあるのに行ったことがなかった不思議な町」があって、そこは1970年代そのままで、なんとも懐かしい町だけど、そこに行くと帰ってこられない、というブリガドーンみたいなどこかで聞いたような内容の夢を見た。そこでは昔懐かしで今は絶滅寸前の「徳島の白系ラーメン」がふんだんに食べられて、懐かしいモノが溢れているのだ。これ、「モーレツ大人帝国」ではないか。

 ここにいるとヤバいと思ったところで目が覚めた。

今朝の体重:89.85キロ

本日の摂取カロリー:2073kcal

本日の消費カロリー:日常生活+235kcal/5846歩

2015年4月13日 (月曜日)

仕事して、気功

 7時30分頃起床。

 雨。

 昨夜、牛肉とキャベツのオイル焼きを食べたせいで、体重が一気に増えてしまった。かなり油を使ったからなあ。いかんいかん。

 朝のモロモロを済ませる。日記を書いていると、くーたんが「遊べ」とさかんにアピールするので、猫じゃらしを使ったりネズミのオモチャを放り投げたりして遊んでやる。

 アサメシは厚切りトーストに薄切りトースト&マーマレード、ゆで卵に牛乳、コーヒー。

 昨日まで全然アクセス出来なかったFacebook、パスワードを設定し直したらすんなり入れて、まったく問題なく閲覧出来た。

 しかし、どうもアクセスが不安定なので、明日以降も問題なく使えるとは限らない(実際、13日の時点ではこのように問題なかったが、これを書いている14日朝は、またダメで全然アクセス出来ないというか、ログインが出来ない)。やっぱりFacebookはおれには使えない。

 「黒い報告書」の書き直しをやってしまおうと手をつけるが、かなりの大改造なので手を焼く。というか、考え過ぎちゃったというか、肩に力が入ってしまった感アリ。

 それでもやるしかない。

 祥伝社M氏より、新刊「悪漢刑事/闇の狙撃手」を献本した快楽亭ブラック師匠の住所が宛先不明で、本が返ってきてしまったと連絡が。

 快楽亭は同じアパートで1階と2階を入れ替えて引っ越した(どっちかを倉庫代わりに使っていたのを、倉庫の部屋を引き払った)ので住所が変わったと聞いていた。で、住所録を見ると、アップル純正の「連絡先」と、「宛名職人」では部屋番号が異なった記載で残っている。

 う~ん。どっちが正しいんだっけ。

 快楽亭に電話したが、出ない。着信があれば返信があるが、返信が無いときもある。ええいこういう事は弟子のブラ坊くんに聞いた方が早い。

 で、ブラ坊くんにメールするが、こっちも「宛先不明」で返ってきてしまった。じゃあ仕方がないのでミクシィでメッセージを送ってみる。

 快楽亭からは電話が来ないが、ブラ坊くんからは返事が来て、師匠の住所とブラ坊くんの新しいメアドの両方が判った。

 仕事を続ける。

 ライトノベル作家が3000万円の脱税。しかしこういう場合、きっちり納付しても「脱税した悪党」みたいに報道されるのはおかしいんじゃないの?納付しないままバックレてるなら「脱税したヤツ!」と糾弾してもいいけど、指摘されて支払ったんだから。

 でも、ラノベ作家も売れてる人は売れてるのね。一度でいいからこれくらいの額を脱税してみたい。脱税するにはそれだけの収入がないと無理だもんね。

 サッポロ一番味噌ラーメンに大量のキャベツと卵を入れ、残ったお汁にご飯を少量入れておじやにする。

 「黒い報告書」の書き直しは終わらないまま、時間が来たので、外出。月2回の気功。

 メンバー諸氏に進呈する新刊を濡れないように厳重に包んでカバンに入れて出発。

 結構降っている。雨の中をえんえん歩くのは嫌なので、いつもの「水天宮前」ではなく新宿線に乗り換えて「浜町」で降りる。

 以前よく利用していた浜町駅前の喫茶店というかレストランというか洋風居酒屋、ビルごとなくなっていて、建て替えの最中。

 あの店は好きだったんだけどな。ステーキが美味かった。

 で、気功。本日は少数で、生徒は5人。

 けっこう苦しい。鈍ってますなあ。

 しかし、気功でいろんな筋肉を使うので、足の痛みは軽減している。痛いから使わないのではなく、いろんな筋肉を使う方がいいのだ、というhana師匠の教えは正しかった。

 終了後、いつものように「えいと」へ。

 「関東最古の神社ってどこ?」とか「埼玉って関東で一番早く開けたのはどうして?」などなど、いろいろ喋る。

 おにぎりを食いたかったが、いつもこの時間に炭水化物を食べるから、気功の翌日は体重が増えてしまうのだ。ということで、我慢。新タマネギのフライ、アジフライ(実に美味しかった!)、タケノコの煮物、出汁巻き玉子、カツオのタタキ、ウドの酢味噌など。グラスビールにシークァーサー・サワーを飲む。

 もう一軒行く皆様とはお別れして、帰宅。持ち金が乏しかったし、これ以上酔うとしんどいので。

 雨は殆ど止んでいたが、傘を差さないと濡れる。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、風呂に入り、髪が乾くまで「サラメシ」の録画を見ていると、2時近くになり、慌てて寝る。

今朝の体重:90.55キロ

本日の摂取カロリー:2043kcal

本日の消費カロリー:日常生活+272kcal/6363歩+562kcal(気功)

2015年4月12日 (日曜日)

本日、休業

 6時過ぎに目が覚めてしまった。

 晴れ。

 洗濯機を2度回して、干す。

 アサメシは、ご飯を炊いて卵かけご飯。お代わりして最後の磯海苔で。インスタント味噌汁に漬け物。

 昨日から、Facebookの自分のページがまったく閲覧できなくなってしまった。この日記ブログは自動転載するようにしているので、たぶん転載されているのだろうけど、メッセージなどが読めないので対応できない。

 ご用件がある方は、Facebookのメッセージではなく、直接メールをください。

 前から不調ではあったのだけど、まったく読めなくなるということはなかった。どうしちゃったんだろう?ヘルプを見ても皆目判らないというか、対処法が書いていないし、個別のサポートは一切やっていないようだし……。

 Facebookは放置するしかないかな。

 愛用している小さなショルダーバッグが壊れた。というか、ファスナーが壊れてしまった。ファスナーだけ交換すればまだ使えるのだが……もう10年以上使ったから、新調してもいいか。

 靴も買いたいんだけど。

 ということで、バッグを買いに東急ハンズへ。

 靴は、靴紐をキッチリ締めると、大きめだった靴がぴったりきて、逆に靴の中で足がラクでいい感じ。今回は靴を買うのは見送ろうか。

 しかし……カバンは、適当なモノがない。絶対条件は、iPadが入ることと分類収納できるように「クチ」が2つ以上あること。

 ハンズではこれというものがなかった。オタクのルイヴィトンと呼ばれているらしい「ポーター」のもので、まあまあなものはあったが、予定の倍以上の金額なので却下。まあ、値段だけでいうならアメ横にでも行けばいいんだけど。

 で、下の階の紳士カバン売り場に行ってみると、まあまあなものがあった。今までのものよりちょっと大きいが、その分、A4の雑誌やパンフが二つ折りにしないで入る。

 帰路、「天下一」で炒飯と餃子を食う。美味いチャーハンを求めていろんな店で食っているのだが……ネギの風味が効いた「あの味」がなかなか得られないんだよなあ。どこで食べた炒飯だったかなあ。

 スーパーで買い物。ヤマザキパンを6ポイント分買う。「ダブルソフト」が3点、8枚切りの食パンの「いい方」が2.5点。それに「あんぱん」が0.5点で、見事、総計25点をゲット!これで2枚目のお皿が貰えるぞ!

 14時前に帰宅。

 NHK-FM「きらクラ!」を聴く。番組内でふかわは例の事件に一切触れなかったが、声は明るくなって元気が戻った感じ。先週放送分の声は暗くて弱い感じがしたけど……。

 今回も知らない曲に触れて、感動。特にグラナードスの「“スペイン舞曲”から“第2番 オリエンタル” 」が心に響いた。

 番組終了後に、洗濯物を取り込む。

 図書館に返し忘れていた本を早く返せとのメールが来た。これ、読んでなかった。「絶対行けない世界99箇所」のなんとかというナショナル・ジオグラフィックの本。原著では100箇所なのだが、邦訳版は1箇所減らされている。その減らされた場所は、福島第一原子力発電所。どうせなら完訳すればよかったのに。

 ざっと目を通して、買うかどうか考えたが、まあいいか。

 再度外出。

 図書館に本を返して、大きなスーパーで入浴剤とリアップを買い、小さなスーパーでリノール油とポン酢を買って、山崎春のパン祭のお皿を貰う。

 今夜は、牛肉のオイル焼きを作るが、なんか、疲れた。書店廻りを終えて気が抜けた分、疲れがどっと出た。

 

 1週間分の溜まった新聞を読む。

 ん?祥伝社文庫新刊の広告はまだ載っていないようだけど……見落としたのかな?

 日々、いろんな事件が起きているが、すべてに対してあれこれ腹を立てたりしても仕方がない。これはどうしても我慢できないと思うもの以外、スルーするしかないでしょ。

 とは言うものの……「将棋電王戦」で人間が勝ったが、ソフト側の言わばバグにつけ込んだ、と開発者が批難したけど、これは極めて見苦しい。勝負なんだから、弱いところを攻めるのは当然。この開発者は、以前のオリンピックで山下と対戦したラシュワンが、山下が負傷している足を攻めなかったという「美談」の再現を期待していたのか?だとしたら、その美談をやってくれなかったからといって、あれこれ文句を言って相手を批判するのは、カッコ悪い。ただの開き直りではないか。バグを作ってしまったアンタが悪いんじゃん。

 飲酒がバレるからと全身ずぶ濡れの友人を放置して凍死させたバカ高校生たち。お前ら、冬に濡れたまま放置したらヤバいって判らないのか?基本的に、ガキはバカだけど……ここまでバカだとは。

 バカと言えば、函館のオヤジもバカというか、キチガイ。ムシャクシャしていたから仲が良さそうな親子連れを跳ね飛ばし、親に馬乗りになって殴り、止めに入った通行人にも殴りかかり、逃げた親子を追いかけたって、キチガイもいいところ。この犯人は普段は大人しかったそうだが、こういうヤツがいろいろ溜め込んでるんだろうなあ。言い分はあるんだろうが、被害者からすれば、面識もないのに跳ね飛ばされて暴行されるなんて、とんでもないことだ。

 あ、今日は統一地方選挙だったのね。地方議員って、何をやってるのかよく判らない、特に県議会議員ってなにやってるの?という声が大きいらしい。まあねえ。国政選挙は欠かさず投票するが、地方選挙は……区長や都知事は行くけど、区議会とか都議会の選挙は棄権しちゃうことが多いからなあ。

 19時になろうとしたので、夕食の支度。

 大根おろしを大量に作り、キャベツを大量に炒め、牛肉細切れを炒めてキャベツを合わせて、オイル焼きの完成。味付けは無し。肉とキャベツとニンニクの味で食べるが、大根おろしにはポン酢と七味を入れる。

 美味い。

 「鉄腕DASH」を見ながら食う。

 しかしTOKIOの面々は美味そうにラーメンを啜り込むね!ラーメンが食いたくなってくる。

 

 このフライパンで目玉焼きを作ると、ビーフ味がして美味いのだが……部屋中に臭いが残ってしまうので、残念だがフライパンを洗う。

 昨日録画した「ケータイ大喜利」を見て、「世界の果てまでイッテQ」の後半を見る。鈴木奈々が人間カタパルトで飛ばされていたが、この番組はアイドル系女子も平気でカラダを張らせるから凄い。

 ソファに座っていると、くーたんが横にやって来て、ぴったりくっついて丸くなる。もうね、可愛すぎて涙が出るほど。

 と、週刊新潮U氏からメール。先日送った「黒い報告書」の書き直し原稿、100行オーバーしているという驚愕の指摘。内容についてのチェックも入ったのだが、とにかく原稿の分量が突然変わったというのはゆゆしき事態。

「いつ書式が変わったんですか?全然聞いてませんけど」という返事を出すと、「カウントを間違えていました」という返事が来て、半分安堵。しかし原稿は再度直さなければならない。

 天下の週刊新潮は厳しいのです。

 しかし今夜はやらず。

 「行列の出来る法律相談所」は、最近、ただの雛壇バラエティになってしまって、肝心の「最強の弁護士軍団」がいる意味がないのだが、今夜は「日テレアナウンサー大集合」。渦中の上重アナウンサーもいたが、例の話題にはマツコも触れない。しかしまったく触れないのも不自然で、上重は「取扱注意人物」となっているので、なんとなくギクシャク。枡太一アナウンサーとかは自由にくっちゃべっていた感じだけど……上重も現状でこういう番組に出るのは辛いだろう……しばらく降板して「謹慎みたいな感じ」にする方が、いろいろいいんじゃないの?今の段階でフリーになるのは、アナウンサーを廃業するに等しいだろうし。

 炒め物をして顔中脂ぎってしまったので、風呂に入る。

 

 ゴミ出しをして、自著「悪漢刑事/闇の狙撃手」を読み返す。本は完成品。Macの画面上やゲラとは印象がまた違う。

 

 50ページくらい読んで、納得。我ながらいい感じじゃないの?と思う。

 「ヨルタモリ」を見ようかと思ったが、寝ることにして、0時前に就寝。

今朝の体重:89.65キロ

本日の摂取カロリー:2143kcal

本日の消費カロリー:168kcal/4188歩+27kcal(自転車)

« 2015年4月5日 - 2015年4月11日 | トップページ | 2015年4月19日 - 2015年4月25日 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト