« 2015年4月12日 - 2015年4月18日 | トップページ | 2015年4月26日 - 2015年5月2日 »

2015年4月19日 - 2015年4月25日

2015年4月25日 (土曜日)

外房電車の旅1日目

 6時30分起床。

 晴れ。

 10時過ぎに出発するまで、通常業務。朝のモロモロを済ませて、相方が送ってくる予定の「黒い報告書」の原稿ファイルを待つ。チェックをして送稿してしまう予定。

 コーンフレークとゆで卵を食べて、待つ。

 だが……10時が近づいても送られてこない。そろそろタイムリミット。

 原稿が遅れたぶん、旅程を変更しようか、その場合はどうすると変更プランを考えていると、相方から電話が来て、旅行から帰ってきてでいいかと。別に今日が〆切ではないので、いいよと答える。この場合、昨日綿密に組み立てた旅行プランを守る方が大事。

 で、駅でシーチキンのおにぎりを食べて、相方と合流して、予定より早い11時の京成線で京成船橋へ。

 ここでJRに乗り換えて、千葉から外房線で勝浦へ。

 勝浦と言えば那智勝浦というか南紀勝浦というか、和歌山の勝浦が本家だと思うが、駅名は「安房勝浦」とは言わないのね。和歌山の勝浦は「紀伊勝浦」だった。たぶん千葉の勝浦の方が駅が早く出来たんだろう。

(駅の開業は「紀伊勝浦」のほうが1年早い1912年だが、この時は私鉄の新宮鉄道のえきだった。で、1934年に国有化されて「紀伊勝浦」に改称されたのね)

 13時36分、勝浦着。

 駅にはお雛さまが飾ってあった。勝浦の遠見岬神社は石段にお雛さまを飾るので有名。

Img_1955

 この遠見岬神社はお水取りの出来る神社だが、有名すぎてもの凄い人が来るだろうから、敬遠。同じ理由で上総一ノ宮の玉前神社も敬遠。以前、日曜日にお水取りに行ったモーレツな人出で懲りた。後ろを気にせずデカいポリタンクに水を取っている大馬鹿者も多数いたし。

 駅から10分ほど歩いてNPOの事務所(目の前には「ホテル三日月」がある)へ。ここがやっているレンタサイクルを借りて、勝浦を走る。NPOの人に聞いたら、ランチは14時で終わってしまうので……と。かりたときはもう14時だったので、半ば諦めて、しかし案内パンフには夜までやってる店も書いてあるが……。

 勝浦漁港に行ってみる。

 みんなノンビリと釣りをしている。

 水は美しい。

 天気は最高で、暑い。ほとんど夏。ああ、早く夏が来ないかな。

Img_1956

 と、漁港の近くに、まだ営業している焼き肉屋発見。カツオやマグロも出していると。「焼きハマグリ」に惹かれて、この店にする。

 こういう場合、迷っていたらどんどん店は閉まってしまうので、即決即断したほうがいい。

 で、相方はカツオの刺身定食、おれは車中でパンを食べていたので、焼きハマグリに半ライス、卵スープ。

 相方のカツオを2切れ、ハマグリ1個と交換。

 ハマグリは、美味い!おツユが最高。

 グラスビールも飲む。やっぱり焼きハマグリにはビールでしょ!

 すっかり気分をよくして、ランチを済ませ、自転車に乗る。

 勝浦中央海水浴場方面まで走る。(左端に映っているのは「ホテル三日月」)

Img_1958

 波はないが海は極めて美しい。明るい色の砂だから、きれいな海が余計にキレイに見える。でも、波はないんだよね。もう少し南に下るとサーフィンの名所が並ぶのだが。

Img_1961

 で、この辺には気軽に入れそうな食堂が数軒あって、どこも営業していた。

 ううっ。早まった!こっちで食った方が安く上がったのは確実。でもなあ、案内パンフには書いてなかったしNPOの人も言ってなかったしなあ。

 16時22分の電車に乗るために、16時前に自転車を返す。もともと今の時期はレンタサイクルは16時までだった。

 

 駅に戻って、まだ残っていたパンを食べながら不動産屋の掲示を眺めていると、すごく可愛い猫がすごく可愛い声で鳴きながらやって来た。パンの匂いに誘われたのだろうか。でも、コロッケパンだからあげても食べないだろうなあ。

 警戒して顔を見せるが寄っては来ない。

 まだ小さい猫。一番可愛い盛りのころ。

 しばらく眺めているが、こちらを気にしつつ、逃げてしまった。

 で、予定通りの電車に乗って、引き返す形になって、茂原。

 17時13分着。バスで旅館まで行こうと思ったが、バスの便がない。いや、あるけれど40分くらい待たなければならない。

 待つのも面倒なので、タクシーに乗って、今夜の宿「鈴木屋」へ。

 天然ガスが出て工場も多い茂原の駅前には、ビジネスホテルはたくさんあるが、市役所に近い旅館にしたのは、明日のお水取りに便利なところにあるからだ。

 この付近には昔からの老舗旅館が並んでいる。昔はこの辺りが街の中心だったのかも、近くには市役所もあるし。今は駅から離れた住宅街だが。

 部屋は一番広いタイプの角部屋。Wi-Fiが使えると言うことだったが、なんか、使えないんですけど。

 一休みして荷物の整理をしたりしていると、18時すぎの夕食の時間。

 高砂の間の3,と言われたので、もしかしたら個室?と思ったら、ここが泊まり客のお食事会場だった。

 隣の宴会場では、この近辺の自治会の会合が開かれている(らしい)。

 泊まり客は、何かの工事の関係者らしい。全国に出向いてかなりの期間の出張ということか。大変だなあと思う。

 でも、工事関係者、というと、なんか昔ながらの飯場で寝泊まり、というイメージがあったのだが、大浴場があって豪華な夕食が食べられる旅館に泊まれるんだったら、いいなあ。というか、彼らは特殊な専門技術者で、だからこういう厚遇をされるのだろう。

 

 メニューは豪華。お造り盛り合わせ、ローストビーフ、野菜天ぷら、煮物、カニグラタン、タケノコご飯に、お汁。もう1品あったかも。とにかく食べきれないくらいで、部屋のグレードいい、予約したときにハッキリ金額を確認しなかったのがなんだか怖ろしくなってきた。凄い予算オーバー?

 しかし、料理はとても美味しくて、上品な味だった。ここは料理だけの宴会客も多いのかもしれない。

 食べ終わったのが19時すぎ。

 夜はヒマなので(仕事をする用意はしてきたけど)、自転車を借りて駅方面にあるカラオケに行くことに。10分くらいのところに「カラオケ本舗まねきねこ」がある。

 一度部屋に戻って、明日のお水取りの準備をする。

 その後、外出。

 自転車で知らない街を夜、走るのは怖い。この辺は20時を過ぎると暗くなって人通りもない。住宅街だからねえ。土曜の夜なんだけど。

 で、カラオケ到着。会員証を作らされて、90分歌う。

 セルフサービスの飲み放題コースだが、カラオケルームは2階でドリンクバーは1階。いちいち取りに来ねえよ。若いグループなら取りに来るんだろうなあ。

 和田アキ子の「古い日記」などを歌う。

 このへん、もう少しで駅なのに、やっぱり暗いし人通りもない。でも、飲み食いする店はけっこうあるんだけど。

 22時過ぎに旅館に戻る。

 宴会は終わっていて、泊まり客も寝てしまったのか、館内は静か。

 で、風呂は貸し切り状態。ノンビリ浸かる。ここは人工トロン温泉、というのがウリ。

 ゆっくり浸かって部屋に戻り、明日の予定を立てていると、すごく眠くなったので、そのまま0時就寝。

今朝の体重:89.85キロ

本日の摂取カロリー:3334kcal

本日の消費カロリー:177kcal/4344歩+224kcal(自転車)

2015年4月24日 (金曜日)

原稿直したり病院行ったり予定調べたり

 7時過ぎ起床。

 薄曇り。

 今日はツキイチの病院に行く。

 朝のモロもを済ませても、まだ時間的に早い(病院の後、買い物をしてブランチを食って帰ってきたい)ので、週刊新潮「黒い報告書」の直しを始める。

 すぐ出来てしまうかと思ったが、字数の制限内で書き足してその分を削るのは、けっこう時間がかかる。

 そうこうしていると、10時を過ぎたので、外出。

 病院は、待合室に誰もいない。ラッキー!

 すぐに診てもらえて、採血もして、すぐに終了。しかし金曜だから空いているわけではない。

 薬局で薬を出して貰い、北千住東口商店街に回って、くーたんのキャットフードを買う。特定のシリーズしか食べないが、このシリーズはどこでも売っているものではないので、結構面倒。もっと美味そうなキャットフードも出してるんだけどねえ。

 その後、ランチが始まった「定食かあちゃん」で、さんまの塩焼き定食を食べる。昨日、いろいろ食べて体重が増えてしまったので、食べる量を抑えなければ。

 帰宅して、「黒い報告書」の直しを続ける。

 ゲラで直せばいいんじゃない?という直しの指摘だが、ゲラよりも原稿段階で直す方がやり易いので、こっちのほうがいいか。いつもゲラで細かく直しているので……。

 14時過ぎに直し終えて、相方に送る。一緒に、徳間新作の「プロローグ」も。

 が、相方から電話で、iPhoneで「プロローグ」は読めるが「黒い報告書」が読めないと。

 いろいろ原因を探るが、どうもファイルの拡張子に「.txt」が付いていないとバイナリ・ファイルと解釈されてしまうようだ。いつも「.txt」は付けているのだが、今回だけ、何故か付かなかった。

 まあ、Macだっていろいろとややこしい事はある。

 で……。

 明日からまた千葉方面にミニ旅行に出るのだが、今回は車を使わない分、観光との組み合わせの組み立てが難しい。

 あんまり早く出発したくない。でも、どうせなら観光よりアクティビティ(ウォーキングするとかサイクリングするとか)したい。

 相方の要望も踏まえて、いろいろ電車やバスの時間を調べるが、房総半島の鉄道は、特急でなければ各停で、快速がないのが不便。東海道線とか、凄いのに。

 それを補完するのがバスなのだが、バスだって通いところに手が届くような路線網でもないし頻繁に走っているわけでもない。

 しかし魅力的なポイントはたくさんあるので……車を使うのが一番便利な選択になる。でも今回は使わない。

 ということで、乗り換えソフトを駆使して、けっこう時間を掛けてスケジュールを2案組んでみる。

 出来たのが、もう18時。

 腹が減ったので外出。

 「伝説のすた丼」で生姜焼きライスを食べる。

 隣のサラリーマンが、モーレツな勢いですた丼を掻き込んでいるのだが、なかなか食い終わらない。

 芝居で、本当に食べるとセリフが喋れなくなるし、かと言って少しは食べないと、食べている感じが出ない。だから少なく食べているのに見た目は大食いしているという芝居が欲しいときがあるのだが……これはなかなか難しい。しかし隣のサラリーマンはそれをやっている。もしかして、役者?

 半ば感心しつつ横目でチラチラ。掻き込む音は立てるが口入れる量は少ない、というのがミソなんだな。

 店が混んできたのに、テーブル席で一人、食べ終わってもiPhoneに見入っているガイジン客。こういう場合、どう注意すればいいんだろう?ま、おれは店員じゃないし。

 帰宅して、相方と明日のスケジュールについて詰める。

 サイクリングする時間を大幅にカットして、なんとかすべての帳尻を合わせることに成功。

 お昼前の出発になったので、前日に旅支度することもない。

 仕事をすべきだが、なんだか妙に眠い。昨夜のお酒がまだ残っているのか?冷や酒をコップに1杯だけなんだけどな。ビールも飲んだけど……。

 千葉で若い女性が拉致されて殺されて埋められた事件が発覚。

 どうしてこんな犯罪を犯すかね?

 NHKの21時のニュースを見ていると睡魔に襲われて、寝てしまった。もう泥のように眠い。

 目が覚めると「ファミリー・ヒストリー」をやっていた。小倉久寛のお父さんは弁護士を目指していたが、司法試験に失敗し続けて……。

 23時になったので、もう、寝る。お風呂は明日の朝入る。

 首相官邸にドローンを落としたと自首した男。反原発を主張していると言うけど、こういうヤツは反原発運動の邪魔だ。かえって逆効果になると思わないのかね?むしろ、原発推進派の仕込みか?

 23時過ぎに就寝。

今朝の体重:89.90キロ

本日の摂取カロリー:1997kcal

本日の消費カロリー:日常生活+73kcal/1861歩+140kcal(自転車)

2015年4月23日 (木曜日)

仕事して、気学教室

 8時前起床。

 晴れ。

 昨日洗っておいた洗濯物を干す。ついでにもう一回洗濯機を回して、キッチンマットなども洗って干す。

 風もないし洗濯日和なのに、おれ以外誰も干さないなあ。

 と思ったら、足立区方面には雷注意報が出ていたのか。でも気象レーダーにはそういう雲は映っていないんだけど。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始……するが、なかなかスイッチが入らず。昨日はあんなにノリノリだったのに。

 アサメシは薄切りトースト2枚にゆで玉子、コーンフレーク。

 先週、「ハッピーフライト」を見てから、航空パニック映画大好きの血が騒いで収まらない。

 「大空港」のサントラ盤やゲルハルトが指揮したオリジナル・スコア盤を聞きながら仕事をしていたのだが、この名作、ブルーレイで買っておこうと、アマゾンでポチッと押しかけたが……。

 まてよ、これは既に買ってあるんじゃないか?

 と思って捜したら、ありました。洋画、それも古い作品はブルーレイが安いので、以前にけっこう買い漁ったのだ。

 メロドラマのところは飛ばして、メインタイトルと傷を負ったボーイング707が雪のリンカーン空港(架空)に戻り無事着陸するところを見る。

 やっぱりこの映画は、このジャンルの古典的名作だなあ。要所を押さえて外すところがない。奇をてらうことなくオーソドックスに淡々と描いていくのは、人生しみじみモノが多かったジョージ・シートンならではか。下手にサスペンスを盛り上げようとしていないところが、オールスターキャストの映画に風格を与えている。アルフレッド・ニューマンの音楽もこれまたオーソドックスだが、盛りあがるんだよねえ!この音楽を聴くともう、ドキドキワクワクしてくる。

 我々安達ズは、この「大空港」に敬意を表して、本邦初の航空パニック官能小説を書いているのだ。

 「エアポート98 特攻!両国国技館」という作品で、官能作家が自由に書いたアンソロジー「「日曜官能家EX」(イースト・プレス)に載せて貰い、今はこの作品は単独で電子出版されているが、久々に読み返すと、我ながらよく出来てるわ。よく書けていると自画自賛。太平洋上で燃料投棄したジャンボ機を京葉道路に緊急着陸させるあたりの描写は、我ながらゾクゾクする。

 これを読んでくれた大原まり子先生に声をかけて戴いて、「SFバカ本」シリーズに書かせて貰えたのだ。

 それでもまあ、これが刺激になったのか、お昼を過ぎてなんとかスイッチが入って、進み始めた。

 嶽本野ばらが、また捕まった。買った危険ドラッグに覚醒剤の成分が入っていたらしい。

 貴重な才能を、こういうカタチで潰して欲しくないんだけどなあ。それだけクスリには魔力があるんだろうなあ。

 週刊新潮「黒い報告書」、再びダメが出た。また直そう。

 15時頃、カップ麺の担々麺を食う。意外に美味い。

 その後、シャワーを浴びて髭を剃る。

 外出するまで、「第1章」の、その後の流れを整理して、出発。今夜はツキイチの気学教室。

 駅まで自転車を飛ばし、駅でおにぎりを食って相方を待つ。

 で、相方と合流して半蔵門線で水天宮前へ。

 気学教室はこれまでの復習と、5月の吉方について。

 終了後、いつものように日本酒の美味い「三太」へ。

 特別に入ったという「番外編」というお酒を飲んだら、これがまた、美味しいの!何とも言えない爽やかで柔らかで新鮮な風味。飲みやすくて美味しいからどんどん飲んでしまいそう。

 以前は、日本酒は苦手だったのだが、この店で美味しい日本酒を知ると、印象がまるで変わった。以前飲んだ尖がったキツい味の酒は、あれはなんだったんだろう?

 この店で出す日本酒は、辛口でもキツくない。尖っていない。

 コップ1杯で酔っ払ってしまった。で、調子に乗っておれの独断で料理をどんどん注文してしまった。済みませんの1。

 で、2皿とったうちの「あじのなめろう」一皿をおれ一人で殆ど全部食べてしまった。済みませんの2。

 熱々ご飯になめろうを載せて、醤油を少し垂らして食べると、これはもう美味いのなんの。他の人が手を出さないので、残ったら勿体ないと、食べてしまったのだ。

 あとからガクちゃんに「僕は全然食べてない……」と言われてハッとした。いやもう、穴があったら入りたい。読売の発言小町に書かれたら袋だたきになる行為をしでかしてしまった。

 猛反省。食い意地を張るのは恥ずべき行為である。

 でもその時は、酔っていてヘラヘラしてしまった。済みませんの3。

 で、もう1軒(2軒?)行くみんなと別れて、我々は帰宅の途につく。

 23時頃に帰宅。

 くーたんにご飯を出し、シャワーを浴びて、1時前に就寝。

 脱糞する夢を見て慌てて飛び起きたが、無事だった。なぜかその夢には篠原涼子が出てきて、その美しさに見惚れていたのだが……この夢にはどんな意味があるんだろう?

今朝の体重:89.60キロ

本日の摂取カロリー:2014kcal

本日の消費カロリー:日常生活+118kcal/2753歩+58kcal(自転車)

2015年4月22日 (水曜日)

仕事して、テニス

 7時過ぎ起床。

 晴れ。

 昨夜洗っておいた洗濯物を干す。

 朝のモロモロを済ませる。やっぱり日記に費やす時間が増えるばかり。正確な記録を残そうと、リンクを張るのに時間がかかってるのかも。最近は、くーたんも日記を書いているときに「遊んで!」と言ってこなくなったぞ。

 くーたんと言えば、今までに「ねえねえ」と言ったのがはっきり聞こえたし、その前には「そうなの?」と言ったのも聞こえた気がした。あの可愛い瞳で、小首を傾げて「そうなの?」とか言われたら、おれはもうメロメロだよ。アニメにはまったく萌えないが、ネコには萌えまくり。

 で、Facebookにまったくログイン出来なくなって久しい。日記は自動で転載されているだろうけど、自分のページが読めないので、他の皆様がどんなことを書いているのかまるで判らない。まあ、判らなくても何の支障もないんだけど……。おれにはミクシィで充分。ミクシィの範囲で手一杯ということもある。

 アサメシは厚切りトーストに薄切りトースト&マーマレード、それにコーンフレークにゆで卵。

 千葉真一が女子大生と?というゲスな記事を読んだら、世界の千葉真一は木更津にマンションを持っていると知った。

 で、木更津だったら家賃が安くていい部屋があるんじゃないか……いや、だったら館山とかのほうが南国リゾートっぽくていいぞと夢が膨らんで、物件検索サイトでいろいろ調べてしまった。

 館山は、中心部を外れるといきなり田舎になるから、あんまり外れた場所だと寂しいだろうとか考えて探すと、やっぱり予算的にもこれだという物件はないですな。鴨川も調べたが、館山より高いし。

 そんなこんなで、仕事開始。徳間新作の第1章。

 徳間のシリーズは前作に引き続いて大阪が舞台。先日、映画「味園ユニバース」を見て、いっそう大阪が身近に感じるなあ。親戚が多数住んでいるし、子供の頃から頻繁に遊びに行っていたし、学生時代も徳島に帰省するときは必ず寄っていた大阪だけど、社会に出てからは足が遠のいてしまった。帰省すらしなかったし。田舎に実家がないと、「帰省」とは言わないか。親戚の家に厄介になりに行くと言うべきか。

 で、大阪の情報はテレビで得ていたが、大阪芸人が話す大阪弁はテレビ用にかなり誇張された「人工的大阪弁」で、江戸落語で話される江戸弁に通じる。今どき「てやんでぇべらぼうめ」とか言って音も高らかにそばを啜り込む江戸っ子はいない。それと同じく、大阪のうどん屋で5000万円請求されることもない(暴力うどん屋はあるかもしれないけど)し、「儲かりまっか」という言葉が飛び交うこともないし、吉本の芸人が話す言葉を若い大阪人は喋っていない。

 しかし、そういうステレオタイプを出すと、簡単に雰囲気が出せるのだが、大阪の人が読んだら不愉快だろう。「秘密のケンミンSHOW」で地元のことが取り上げられると「こんな事するのはごく一部のヒトだ!」と憤慨するように。

 なので、もっと頻繁に大阪に通って、今の大阪を吸収しなければね。

 首相官邸にドローンが墜落して、そのドローンから微量の放射能が検出されたと。

 ドローンが騒がれるようになってから、一般人に対するテロに使われる恐怖を感じていた。ドローンにサリンを搭載されてしまったら……と思うと怖ろしいし、サリンじゃなくても硫酸でも充分に怖い。いや、汚物でも充分に怖い。

 まるで規制がない、というのがもっと怖い。完全にオモチャで、自分が飛ぶ以上の搭載力はないものならいいけど、高級な「プロ用」なら、改造しちゃえばかなりの兵器になるはずだ。

 おれはアベも現政権も嫌いだが、だからと言ってテロに遭えばいいとは思わない。

 ドローンはきっちりと規制すべきだし、すでに市中に出回ってしまったものとかモグリで組み立てられたモノに対しては、コントロール電波を無効にする対策を取るとか、いろいろやって欲しい。

 まあ、ラジコンだって同じだけど。

 仕事は、快調に進む。「プロローグ」で時間がかかった分、作品世界にきっちり馴染むことが出来た感じ。

 昼は、コンビニで買ってきた「ロコモコ弁当」。まあ、こんなもんでしょ。

 食べてから洗濯物を取り込む。ちょっと雨がぱらついたので。

 仕事を続ける。

 今週の予定を勘違いしていて、金曜日が使えないと、勘違いしていた。今週末も千葉方面に旅行するのだが、その出発が金曜日だと勘違いしていたのだ。最近、こういう勘違いとか思い込みが多い。ボケてきたんだなあ。

 クソジジイが間違った思い込みをして強硬に言い張って絶対に間違いを認めないのを昔から激しく嫌悪していたのだが、そういうクソジジイになってしまいそうだ。これは自戒したい。というか、勘違いや思い込みをしないで済むいい方法はないものか?

 まあとにかく、金曜はまるまる仕事に使える(午前中に病院には行く予定だが)ので、ホッとした。今週中に第1章をあげられるかもしれない。

 快調に進み、この勢いを中断するのが惜しい。テニスを休んで仕事がしたい。しかしなあ。今期は祝祭日で2日もレッスンが飛ぶ。あんまり振替したくないから、やっぱり行こう。

 という事で、仕事を泣く泣く中断して、支度して外出。

 レッスンはまあまあ。

 試合も、いいショットも打てるが、絶好球を捕球出来なかったり、巧くカバー出来なかったりして、悔しい。

 なんか今日は先週より足の疲れが激しいし。

 風呂に入って、晩メシをどうするか考える。

 が、雨が降っている。

 今日は気持ちのいい晴天が続くと言ってたじゃないか!

 まあ、小雨だけど。

 考えた末に、東武曳舟駅前の「あずま」でアジフライ定食を食べる。美味い。

 イトーヨーカドーのビル1階に入っていたイタメシ屋、いつの間にかオシャレ系ハンバーガー屋に変わっていた。一度食べてみるか。

 北千住まで戻ったら、雨は殆ど止んでいた。

 

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、NHK「歴史ヒストリア」を見ていたら……寝てしまった。「マツコ&有吉の怒り新党」も途中で寝てしまった。

 歩くのが苦痛なほど、足が疲れて、痛い。

 それにしても、加瀬邦彦が自ら命を絶ったというのもショックだが、萩原流行がバイクで事故死というのもショックだ。ずっと鬱を患っていると聞いていたが……。

 合掌。

 0時20分頃、就寝。

今朝の体重:89.30キロ

本日の摂取カロリー:2376kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal(テニス)+139kcal/3960歩+28kcal(自転車)

2015年4月21日 (火曜日)

プロローグ、あがりっ!

 6時30分頃起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませるが、日に日に日記に費やす時間が増えている。そもそもこの長い日記は、仕事を始める勢いを付けるために朝書いているのであって、日記を書くのに朝の貴重な時間とエネルギーを費やしてしまうのは本末転倒だなあ。

 ツキイチの病院行き、今日行っておくべきかどうか迷ったが、行かないことにしてアサメシ。たしか医者とは血液検査をする約束をしているので、メシ抜きで行かなければならない。しかし、物凄く空腹で、これを我慢して病院に行きたくない。

 で、ごはん・インスタント味噌汁・目玉焼き・磯海苔・しらす・漬け物のゴールデン献立。

 仕事開始。予定より大幅に遅れている。前作の「悪漢刑事/闇の狙撃手」はプロローグを12月中に書いて第1章にも入っていたのに、完成するのに3月までこぼれてしまって、担当M氏に悪いことをした(2月いっぱいという〆切は既に2度延ばして貰っていたので)。

 そのペースで行くと、今回も約束した〆切は守れないぞ。しかし、頑張らねば。

 朝風呂に入って、カラダとアタマに気合いを入れるが……なかなか仕事のスイッチが入らない。

 なのに、目移りするクソニュースは多い。湯河原で老女の額に包丁を突き刺して殺害して家に火をつけて逃走したキチガイみたいな犯人の事件も怖いが、和歌山県知事のバカさ加減も怖ろしい(←リンク)。

「生存権のリスクをゼロにしろと言うのなら(より死亡事故の確率が高い)自動車の差し止め請求ができてしまう。なぜ原発だけ絶対になるのか」

 って、福島第一原発事故直後にTBS「報道7デイズ」でバカを晒したビートたけしが言った大暴言と同じじゃないか!たけしは、「車の事故で毎年凄い数の人が死んでるのに、誰も車を規制(禁止?廃止?)しようとは言わないよね」と、正確な引用ではないが、こういう趣旨の発言をしたのだ。

 車は事故っても、大型バスでも100人が死ぬ程度だが、原発が事故を起こしたらどうなるか、目の当たりにしてるというのに……。

 福島第一原発の事故にしても、最悪の場合、東日本が壊滅していたんだぞ。このバカ知事は経産省の元官僚らしいが、経産省の連中は、そういう事実をまったく知らないらしい。

 ビートたけしも、本当はあんまり利口じゃない(まあ、それまで電力会社の広告に出ていたから、その関係で一言言っておく義理があったのかもしれないし、「言うならこう言ってくれ」という指示もあったのかもしれないが、言ってしまったらアウトだ)ことが露見してしまったし(テレビで本当のことは言えないと最近も言ってたな)……。

「原発のリスクをあんなに極大化するなら、別のリスクはもっとある。電気代がかさんで企業が倒れたら誰が責任をとってくれるのか」とも言っているが、じゃあ、原発の事故で日本が滅んだら、お前や電力会社が責任を取れるのか?電気屋のせいで日本という国が滅ぶ可能性は大いにあるんだぞ。日本列島周辺の地殻活動は活発になっていることもこのバカ知事は知らないらしい。

 この人物は原子力行政にも関っていたらしいが……こんなヤツが関ってるから、日本の原子力行政は妙な方向にねじ曲がったんだろ、と言いたい。

 そんなに原発に信頼を寄せていて必要だと思うなら、和歌山市内に原発を建てろよ。

 この件に関連して、マイミクの方が、武田鉄矢のバカ発言(←リンク)を発掘してくれた。武田鉄矢は、「たとえば、私どもはテレビ局で仕事しておりますけど、テレビ局にやっぱり電力を消費しないために1日6時間、放送をやめるとかっていう覚悟が各局にあるかとか、そういうことまでも込みで考えて原発再稼働を認めずというような決心をすべきであって、国は間違ったことやってるぞ、はんたーい!という、そういう単純な話ではもうなくなったような」と言ったが、それはテレビに出てるタレントが生活に困るかもって話だろ!

 おれは、福島第一原発事故の後の「輪番停電」が始まったときに、どうしてテレビ局も「輪番停波」しないのか疑問だった。その事は、当時のこの日記にも書いたはずだ。

 どうせ各局、似たような事しか流せなかったんだし、CMが飛んでACの「ぽぽぽぽ~ん」とか「こだまでしょうか」ばかり流れてんだし。

 それに今だって、24時間放送なんかしなくていいんですよ。深夜はお休みすればいいじゃないの。武田鉄矢に説教されるようなことじゃない。

 まあ、「輪番停波」をテレビ局が言い出すと、それは自殺行為というか、自己否定になるのは判る。「停波しても別にいいじゃん」と言われてしまうことを恐れているのだろう。会社を休むと自分が不要な人間だと判ってしまうから休めない、というブラックジョークと同じ。
 とにかく、武田鉄矢のような、テレビに出る側やテレビ局の都合をまことしやかに正論みたいに言うな!と叫びたい。

 おれは、既存の原発をすべて廃棄しろとは思わない。安全性が確認されたモノは再稼働するのは仕方がないと思う。ただし、40年の寿命が来たら停止して廃炉。そして新規の原発は作らない。

 人気が無くなって寂れた温泉場もあるんだから、その温泉を利用した地熱発電をどうしてもっとやらないのか?いろいろ問題があるのは判るが、それは克服出来るはずだ。

 地熱発電などの自然エネルギー発電利権が、原発利権よりオイシイものなら、世の中は雪崩をうってそっちに流れるだろうに。

 とか、朝から憤慨しつつ、午前中はあまり進まず。しかしコーヒーをたらふく飲んだので、眠気は解消。

 昼は、8枚切り食パンにハムとマヨネーズを挟んだ簡易サンドウィッチを作って食う。

 昨日分の「サラメシ」を見る。小松左京が愛した市ヶ谷のうな重……。

 見終わって、「日本のSF御三家」をググったら……筒井さんがもう80歳だとは!

 なんか、ショック。

 大好きだった人が、みんな80歳を超えていく……。

 いやまあ、それは当然のことなんであって、おれだって立派なオッサンになったんだから……。

 おれが中学生や高校生の頃、眩いばかりの存在だった人たちは、みんな40代50代で凄い仕事をやっていたのだ。

 それを考えると……頑張らなきゃね!

 しかしスイッチが入らないなあ……と思っていたら、夕方、なんの拍子か、スイッチが入った。

 で、どどど、と進み始めた。

 こうなると、晩飯を食うのが面倒になる。しかし腹は減る。

 出前を取るのはもったいない。雨も降ってないのに。しかし今から自炊するのも……おかずがないし。

 しかしここで外出したら調子が狂うし、メシを食って腹が膨れたら、もう仕事は止まってしまう……。

 あれこれ考えたが、空腹には勝てず、外出。

 松屋の牛丼で簡単に済ますか、とも思ったが、松屋の近くにある「すた丼」に入ってみる。

 しかし、看板メニューのすた丼は食わず、炒飯と半餃子にする。

 餃子はあんまり美味くなかったが、炒飯はいける。

 食後、急いで帰宅。

 仕事再開。

 途中、断続的にテレビを観たりしつつ、仕事。

 なんとか23時過ぎに、プロローグ10ページをあげる。

 新作の世界の雰囲気をなんとか掴めた気がする。

 で、ネットを見たら……大阪のあの大ベストセラー作家がまた放言(←リンク)。このオッサンは、そのへんの飲んだくれと同レベルだと思いつつ……。

 天下の村上春樹に、大阪のオッサンがゲスな事を言っても、世の中なんにも変われへんよ。村上さんが言えば変わる可能性はあるけどな。

「そんなこと言うてもノーベル賞はもらわれへんと思うよ」って……。ハイハイ、あんたは賞が欲しいんだよな。オナニーしたことをツイートするくらいだから、アンタは自分のゲスさに正直だよな。

 ゲスと言えば、マイミクの日記をそのまんまコピペして自分の日記としている異常者の存在が発覚。他人の日記を自分のモノとして公開するのって、どんな意味がある?

 自分には語ることはないから、他人の日記をコピペして空虚な自分を埋めているのだろうか?

 どっちにしても、異常な行為だ。

 で、1時過ぎに就寝。

今朝の体重:89.20キロ

本日の摂取カロリー:1810kcal

本日の消費カロリー:日常生活+17kcal/477歩+46kcal(自転車)

2015年4月20日 (月曜日)

ミスが露見しつつ、仕事

 7時過ぎ起床。

 もう少し寝たかったが、二度寝出来ないので、起きる。

 曇り。今日は午後から大雨になるらしい。

 朝のモロモロを済ませる。くーたんはキレイにしたトイレで大をするのが好きなようで、二度手間だけど、生理現象なんだから仕方がない。便通がないと心配だし。

 先日、「元気が出るテレビでたけしが来ていたニットはドン小西がデザインしたモノだった」という記事を読んで、「ニットってなんだ?」と。

 いつからセーターを「ニット」と呼ぶようになったのだろう?

 ジーンズをデニムとか、こういう名称の変更ってどんな意味があるんだろう?ファッション業界は、常に新鮮なことが大事なんだろうから、定期的に呼び名を変えているのか?

 で、考えたんだが、最近の名称は、範囲を広く取る傾向にあるのね。スパゲティをパスタと呼ぶのも同じ。ニットって「編み物」全体を指す言葉だし、デニムだって「綿の生地」って事だし。素材の名称を代用するのが「新しい」の?

 同じことにムカついているヒトは多いようで、ちょっと検索しただけで面白いサイトが見つかった。ここ (←リンク)とかここ(←リンク)とか。しかし文芸の世界は逆で、ジャンルを細分化して呼ぼうとしてる……。

 おれは、古いと言われても、セーターはセーターと呼ぶし、ジーンズはジーンズと呼ぶしスパゲティはスパゲティ、マカロニはマカロニと呼ぶぞ!さすがに「デート」を「ランデブー」、「カップル」を「アベック」とは言わないけど(「アベック」は咄嗟に使ってしまうことがある……これはフランス語を英語に言い換えただけで場合が違うが……どうして昔はフランス語を使ったんだろう?)。

 相方から、6月に出る実業之日本社の文庫、参考文献を付けて欲しいとメッセージが入った。まだ校了ではないので間に合うが、前作の「悪漢刑事/闇の狙撃手」でも同じようにメッセージで参考文献を送ったのに反映されていなかった、と指摘されてビックリ。

 言われてみれば、そういうメッセージを受けた記憶も……。電話で言われたのかもしれないが……。

 その時は書いている最中で、今回は本当に時間がなくて死に物狂いで書いていたので、忘れてしまったのかもしれない。たぶんそうだ。

 メールと違ってメッセージは、容量が決まっているのか、全部が残っているわけではないようで、慌てて遡ってみても、そのやり取りは残っていなかった。いつもなら「参考文献リスト」を作っているのに、前作ではそれも作っていない。たしかに相方からそういうメッセージを貰った記憶もあるので、いろんな事に紛れてしまって忘れてしまったのだろう。初校の時にも思い出さなかったし、再校の時にも思い出さなかった……。

 そう言えば、おれも参考文献として載せたかったものがあったのを、思い出した。まあ、どちらも直接の引用はしていないから問題になることはないはずだが、参考にしたことは事実だし、これまでそういう資料は本のキチンと記載してきた。

 実業之日本社の文庫の件は、速攻で担当F氏にメールして巻末に乗せて貰うよう連絡したが……。

 今後、同じミスを繰り返さないようにしなければ。

 参考にした資料があった場合は、その都度リストに書き記しておけば、忘れることはない。

 それを励行しよう。

 日記を書くのに、だいたい30分程度かかるのだが、最近は何故か1時間とか90分とかかかるようになってきた。記述に間違いが無いか調べて書くことが多くなってきたせいだろう。昨日分では、小林信彦氏が愛川欽也氏のことを悪く書いていたことの裏付けを取りたいのでネットで検索して、あれこれ読み耽ってしまったし、「ハッピーフライト」について、管制の分担を確認したり。

 一般に「管制」というと、空港の管制塔の管制官を連想すると思うが、それ以外に、空港周辺の空域をレーダーで監視している「デパーチャー」と「アプローチ」の部署があり、そういう空港付近の空域を過ぎると、今度は所沢にある東京航空交通管制部が日本の広い空域をレーダー監視しているので、こちらに交信が移る。レーダーの監視ができない国際線では、無線交信を「東京ラジオ」と交わして位置確認などをする。

 そのへんを確認したり。おれは以前、けっこうな飛行機オタクだったので、資料は各種取りそろえていたのだが……最近はとんとご無沙汰なので、知識もあやふやになっていた。

 アサメシは、厚切りトーストとゆで玉子。

 そんなこんなで午前中が消えた。

 雨が降り出す前に買い物に行かなきゃと思っていたら、雨が降ってきた。しかし、止んだ。

 この隙を狙え!と外出。

 スーパーで晩メシのオカズやくーたんのカニカマなどを買って急いで帰宅。

 ヒルメシは、スーパーで買った「ミニカツ丼」。

 昨日放送した「きらクラ!」はソフトの不調で最後の部分が途切れてしまったので、今朝の再放送を録音して、聞けなかった最後の30分くらいを聴き直した。

 武満徹が自作の映画音楽を元に書いた武満徹の「3つの映画音楽から“訓練と休息の音楽”“ワルツ”」を放送していて、その音楽がとても素晴らしかった。特に「ワルツ」が非常に美しくて心が震えた。これは勅使河原宏監督の映画「他人の顔」のための映画音楽。この映画を観ていないので、この曲も知らなかった。

 武満徹の映画音楽は、これまであんまり印象に残ったモノがなかった。担当した映画自体が強烈なモノが多かったので、映画自体の印象が強くて、音楽の記憶が飛んでいたのだ。

 しかし、改めて聞くと……素晴らしい。美しいし物悲しいし、怖ろしい。これはハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」の「ワルツ」に通じる怖さと美しさがある。マイミクさんが捜してくれたYouTubeにある音源がこれ(←リンク)。

 「きらクラ!」で流れたのは、ジョン・アダムス指揮のロンドン・シンフォニエッタの録音で、これも素晴らしいのだが、YouTubeのこの録音も素晴らしい。もしかして同じモノ?

 そうこうしながら、那古船形で買ってきた海苔巻アラレを食べながら、仕事。

 ようやくイメージが具体的に見えてきたので、書き始める。こうなると、脳裏に浮かんでいる映像をそのまま文章にしていくだけなので、早いぞ。

 が、雨が強くなってくるのに比例して、睡魔も強くなってきた。

 濃いめの日本茶を淹れて飲む。

 いくぶん、睡魔が薄れたようだ。

 仕事を続ける。重い歯車が動き始めたら、こっちのもんだ。止まらないように書き続ければいい。しかし、時々止まってしまうんだよね……。

 最近、「5時に夢中!」を見なくなってしまった。以前は中毒のように毎日熱心に見ていたのに……。

 18時になって、夕食の支度。買ってきたあじフライやイワシフライを温める。ご飯も温める。お湯を沸かしてインスタント味噌汁を作る。買ってきたキャベツの千切りを皿に盛りつける。

 キャベツの千切りが、出来ない。洋食屋とかスーパーで売ってるような細かく刻めない。どうしても太めになって、食べても固くて美味しくない。

 キャベツの千切りが出来るフードプロセッサーを買うか?と思って検索してみたら……ウチにある安物のフードプロセッサーでも出来るんじゃないか?と思えてきた。今度やってみよう。

 で。

 食後休憩のつもりで、テレ朝の「しくじり先生ゴールデン進出SP」を見たが、作り方が巧いので、最後まで3時間、見てしまった。

 ホリエモンでたっぷり1時間。彼は一躍有名になって逮捕されるまで2年間だったのね。激動だなあ。証券取引法違反というけど、これは「国策捜査」「国策判決」というか、世間の彼への憎悪に近い反撥が反映されたものではないかと思う。ただ、人が死んでいる以上、軽々な事は言えないが。

 ただ、きちんとやれば「この世で買えないモノはあんまりない」ことを証明した意味は大きいと思う。

 あと、「モーニング娘。。に負けてしまったグランプリ優勝歌手」「メンタルがボロボロになったメンタリスト」。メンタリストDaiGoには、いかがわしさを感じて反感を持っていたのだが、これを見て、訳も無くそう思っていた事に申し訳なさを感じてしまった。テレビで有名になると言うことは、失うことも多いんだなあ。芸人ではなくても芸人的な事を求められる以上、芸人たる適正がないと、テレビの世界で生きていくのはとても大変なんだね。

 そして「前園真聖」。泥酔してタクシーの運転手を殴ったのって、つい最近のことだったのか。

 そのまんま、「報道ステーション」を見る。トップニュースは、BSフジでアベ首相が話した「過去の首相談話を継承すると言ってるんだから、同じ言葉を書かなくてもいいでしょう」発言。

 こういう事は、繰り返し表明することに意味がある。それが判らない人物が首相をやってはいけない。

 なんだかんだ言って、アベは、日本の戦争責任を認めたくないんだろ?アメリカに潰されるまでこの線を貫くんだろ?

 早く辞めてくれないかなあ。アベは怖いよ。ほんと。

 風呂は省略して、0時就寝。

今朝の体重:89.45キロ

本日の摂取カロリー:1901kcal

本日の消費カロリー:日常生活+18kcal/448歩+35kcal(自転車)

2015年4月19日 (日曜日)

「ハッピーフライト」の面白さに仰天!

 7時ごろ起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、ブランチ。

 厚切りトーストに薄切りトースト&マーマレード、スクランブル・エッグにミルクティ。

 そのあと、1週間分の溜まった新聞に目を通し、これまた読まずに溜まった雑誌(定期購読している「ねこのきもち」やクレカの会報など)も封を切って目を通して整理などしていると、昼を過ぎてしまった。

 NHK-FM「松尾堂」の後半を聞き、そのまま「きらクラ!」。

 最近復活したBluetoothで飛ばせるスピーカーを使ってキッチンで聞きながら、テーブルに溜まったあれこれを整理。かなり片付いた。

 その後、Macの前に戻ったので、Bluetoothスピーカーを切っていつものデスクトップのスピーカーに戻したら、Macの挙動がヘンになった。カーソルがキチンと動かずにカクカクなってしまう。こういう場合はリセットするのが一番だが、今は「きらクラ!」の録音中なので、出来ない。

 この時間帯は仕事に集中出来ないので、「きらクラ!」を聞きながら読売の「発言小町」を読んだり。驚くべき図々しい人物のゲスな発言があるが、袋だたき状態。もっともな書き込みなのに、書き方がカンに障る人が多いのか、これも袋だたき状態になったり。じつにまったく「小町」は「世間」の縮図だねえ。だから、なかなか参考になる。

 しかし、ながらでラジオを聞くと、頭に入ってこない。ホント、中高生の頃は深夜放送聞きながらよくまあ勉強出来たモノだ。いやあれはやっぱり、「勉強してるフリ」でしかなかったのかなあ。

 腹が減ったので、ご飯を炊き、17時過ぎだが早々と夕食にする。今夜はセブンイレブンの「黄金ハンバーグ」に、少量残っている冷凍フライドポテトにミックスベジタブルを解凍し、ポテトサラダとキャベツを千切りして……と思ったら、キャベツにかけるソースが品切れ。

 近所のコンビニに買いに行く。

 で、インスタントのオニオンスープとともに。

 美味かった。

 食いながら日テレ「バンキシャ」を見る。

 愛川欽也追悼。大橋巨泉が喋りまくって、森山周一郎に喋らせなかったのが邪魔だったが……。

 やっぱり、愛川欽也と言えば、ジャック・レモンでしょう!司会とか「トラック野郎」も大事だろうけど、ジャック・レモンの名吹き替えを忘れては困る。あと、「かわいい魔女ジニー」のロジャー。

 小林信彦は何故か愛川欽也が嫌いだったようで、何度も「だって、ロバくんだぜ!」と書いている。「お早うこどもショー」は当時見ていて、ロバくんは好きだったので、どうして小林さんは愛川欽也を攻撃するんだろうと不思議で仕方がなかった。「パックインミュージック」のDJで人気が出て(おれはその前の「愛川欽也一生懸命」から聞いていたが……この頃の愛川欽也は、売れなかった時代の怨みつらみを吐き出していたのをハッキリ覚えている。『ジャック・レモンのひと』の内面を垣間見てちょっと怖かった)「トラック野郎」が大ヒットしたからって調子に乗るな、という事だったのか?

 テレビの司会で売れて金持ちになっても、銀座で豪遊したりすることもなく、自主製作の映画や芝居に金を使っていたのは、偉いと思う。売れない頃に苦労をともにした奥さんと離婚しちゃったとは言え。

 で、うつみ宮土理の言葉が、やっぱり悲しいんだよねえ。

「 キンキン、よく頑張ったね。いろいろ楽しかったね。本当に本当にありがとう」

 という言葉には、泣いてしまった。死後、最愛の人にこう言われたいものだ。

 今夜は「鉄腕DASH」はお休みで「行列の出来る法律相談所」のSPなので、見ない。この番組、もうタイトル変えたらどうなの?

 大河ドラマはもう見る気が起きないし……。

 録画してあって相方と一緒には見ないだろう映画を観てしまおう。

2950a645

 以前、ごく一部だけ見た「ハッピーフライト」。ドジなスッチー・綾瀬はるかのおちゃらけた話だろうと思っていたのだが……。

 これは、傑作だった。航空パニック映画には目がない(といいつつ最近の作品はかなり見落としているが)おれのチェックは厳しいぞ~と思いつつ見ていたが、感心した。

 日本でも、ここまでキチンとした航空映画が作れるようになったんだね!

 以前は、旅客機のセットがイマイチだったり、撮り方がヘンで違和感があったり、脚本家や監督が航空機について無理解だったり、映画の都合でリアリティを無視したり、予算が足りなくてチャッチかったりして、見終わってガッカリしたモノだが……この作品は違った。

 全日空の全面協力を得て、実機を15日間提供されて存分に撮影に使われている。それにプラスして管制塔や羽田レーダー(デパーチャーやアプローチ)も出てきたし、全日空のオペレーション・センターも出てきて、そのスタッフの奮闘ぶりも活写されていて、もう、航空パニック映画ファンとしてはゾクゾクした。

 つまり、勘所をキッチリ押さえている。

 しかも、矢口史靖監督(脚本も)独特のユーモアやギャグがシリアスな場面にぽんと挟み込まれる、この見事な呼吸!

 「ウォーターボーイズ」は見ていないが「スウィングガールズ」で見せた群像劇の交通整理の巧さにバラバラに見えたいろんな登場人物が、最後は1つのことに心がまとまって行く構成の見事さ!巧いねえ!

 ネットには「散漫」とか書いているバカがいたが、判ってないねえ。こういう事を書くヤツは、この映画のどこを観ていたんだろうと思う。

 綾瀬はるかのドジなスッチーに、機長昇格試験中のコパイ・田辺誠一がジャンボの軸。それにカウンターの田畑智子、整備士の田中哲司、全日空オペレーション・センターのベテラン・岸部一徳、管制塔や羽田レーダーの面々のプロな仕事ぶりが、これまた要所を巧くピックアップして的確に描かれる。

 特に、岸部一徳はオイシイ役だった。普段はデジタルの波について行けないアナログオヤジなのだが、落雷でコンピューターが不調になると、昔鍛えたアナログの腕で、テキパキと状況を切り分けて判断を下していく。カッコイイ!こういう映画には、こういうヒーローが必要なんだよ!岸部一徳の活躍を、もっと見たかった。

 田辺誠一はドジすぎる気がするが、時任三郎の厳しいようで包容力のある教官がいいキャラクターなので、まあいいかと許せる。

 綾瀬はるかもドジを踏み続けるが、寺島しのぶの凜としたチーフパーサーの存在で、これまた気分は回復。

 とにかく、登場人物が物凄く多い。スタッフ側でさえ全員のキャラが立っているのに、乗客もまた抜かりがない。

 温厚そうに見えたのに怒鳴りまくって我を通そうとする菅原大吉(このヒト、こんな芝居もするんだ!)や、カツラがいつもズレているハゲの乗客・笹野高史とか、画面に映る登場人物のほぼ全員のキャラが立っている。だから「散漫」とか思う人も出て来るんだろうなあ。おれは、ただただ感心したけど。こんな膨大な人物を捌くだけでも大変なのに、猛烈に巧くまとめているのだぞ!

 バードストライクを防止するためにカモメを追い払っている係員の仕事の邪魔をする「野鳥を愛する会」の妨害の結果、ホノルル行きのジャンボにバードストライクが発生。速度を測るピトー管が壊れてしまったので、機は羽田に引き返すことに。

 しかし折悪しく、台風が急接近していて着陸時には暴風が通過するかどうか。

 これが、本作品のクライマックスになる。

 最初は「航空パニック映画」にするつもりだったが、取材をしていくと「飛行機はそうそう落ちるものではない」事が判ったので方向転換したとWikipediaには書いてあったが、どうも嘘くさい。航空会社の協力を得るためには、航空機事故を扱うのは御法度。だから苦肉の策を取ったのだろう(だけど、それが上手くいっている)。
 この映画は、全部自力で作ると超大作になって製作費も何十億とかかってしまう(実機をどうしてもチャーターしなきゃいけないだろうし。すべてをセットとCGだけでは撮れない)から、航空会社とのタイアップは絶対に必要だったんだから……。

 それに、アクシデントを扱った航空映画は山ほどあって、そういうのなら、航空パニック映画の本家本元「大空港」を見ればいいんだし……。

 なので、バードストライクでピトー管が折れてしまったのと、悪天候の中、緊急着陸、という選択をしたのは、仕方がないというか、逆に、全体にホンワカしてユーモアで描いている作品の雰囲気にも合っている。急に深刻なアクシデントが発生するのもねえ……。

 とは言え、台風の雲の隙間を突いての緊急着陸の場面のサスペンスの盛り上げは、巧い。もう、矢口監督に激しく嫉妬しちゃうね!巧すぎる!

 観客が判らなくても無関係に、専門用語が飛び交うのも臨場感を盛り上げて、もう、本当にゾクゾクする!航空映画で、ゾクゾクしない映画は、犬に食われればいい。

 ただ、一点。

 こういう場面には、アルフレッド・ニューマン調のフルオーケストラをバーンと流して、音楽的にもサスペンスを盛り上げて欲しい。見ている最中、おれの耳には「大空港」の「緊急着陸の場面」の音楽が鳴り響いていたぜ!

 ワンカットの出演だけの小日向さんや竹中さんとか、実に贅沢なキャスティングだが、脇役端役の隅々まで巧い役者を揃えていて、このキャスティングも凄い。

 いや~しかし、日本映画も、こういう作品を作れるようになったんだねえ。ハリウッド映画の専売特許だと思っていたけど。

 久々に、航空パニック映画好きの血が騒いだ。航空無線が聞けるラジオを持って羽田に行くか!

 その後、「NHKスペシャル 戦後70年 ニッポンの肖像 日本人と象徴天皇第2回」を見る。

 昭和天皇は、戦争のケジメとして世界を回りたかったけれど、「戦争の当事者」だから、なかなか難しく、発表する「お言葉」の表現も難しかったと。しかし今の天皇はもっと自由に、昭和天皇の意志を継いで明確に平和を指向していると。それは天皇皇后の行動を見ていればよく判る。

 おれは、天皇を心から尊敬する。こんないい人はいないんじゃないかと思う。

 「Mr.サンデー」で、広島空港着陸失敗事故の「再現ビデオ」を見る。この事故については、ビオスレコーダーもフライトレコーダーも回収されていて、地上に事故機があるんだから、中間発表とかしないの?ジャーマンウィングス機事故はすぐに概要が出たじゃないか。韓国の航空会社だから、いろいろとあるのか?

 パイロットの責任か管制の責任かで裏側で綱引きがあるんだろうか?航空会社としては、壊した空港の設備を弁償するとしたら巨額の出費だしねえ。

 函館で起きた「歩いていた親子を後ろから跳ね飛ばして父親に馬乗りになって暴行を加えたキチガイ野郎」の詳細も見た。

 この事件はひどい。ひどすぎる。この犯人は、薬物は使っていなかったらしいが、人間って、キレるとここまでキレまくって暴走してしまうのか?

 風呂に入って、ゴミ出し。

 今日は1日、遊んでしまった。早々に寝て明日頑張ろうと思ったが……なんだかんだで1時就寝。まあ、「大空港」のサントラを聴いたりしたからなあ。

今朝の体重:89.95キロ

本日の摂取カロリー:2232kcal

本日の消費カロリー:日常生活+19kcal/456歩

« 2015年4月12日 - 2015年4月18日 | トップページ | 2015年4月26日 - 2015年5月2日 »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト