« 2015年6月7日 - 2015年6月13日 | トップページ | 2015年6月21日 - 2015年6月27日 »

2015年6月14日 - 2015年6月20日

2015年6月20日 (土曜日)

6月20日/「大人の学校」を聴講

 7時ごろ起床。

 薄曇り~晴れ。

 洗濯日和だが、午後に雨になるかも、と言う予報なので、洗濯はしない。

 朝のモロモロを済ませて、トースト1枚にゆで卵のアサメシ。

 本日は、加藤文果さんのトークイベントに行く。それまで仕事……と思うが、時間がハンパになってしまって、まとまった事が出来なかった。

 

 少し早めに外出して、会場の新宿三丁目駅でランチ。

 前回、ブラ坊さんの毒演会に行ったときに見つけたハンバーガーとステーキの店「キャッスル・ロック」に入りたかったが、ちょっと気後れしてしまって、通りを挟んで向かい側の「元氣餃子」で、「炒飯と今日の定食」(だっけ?)を食べる。今日の料理は、豚バラとピーマン、タマネギの炒め物カレー風味。なかなか美味かった。

 今日は暑くもなく寒くもなく、初夏の爽やかな風が吹いて、なんとなく気分が自由な感じ。それに合わせたように、この店も開けっ放しでとても自由。土曜と言う事もあってみんな昼間からビール飲んでるし、なんか、いいなあ。自由だなあ。

 隣の客はあちこちの高級自転車店に電話を入れて丁寧な口調でなんとかという自転車の在庫はあるかと聞いているが、どこにもない。「自転車屋でアレがないって、信じられねえよ!」と電話とはまるで違う口調で喋っていたのが、なんだかいいねえ。これが逆だと嫌な奴なんだが。

 今まで新宿は好きじゃなくて(とにかく人が多い)、学生時代はともかく、あんまり来たくない場所だった(ガキの天下になる前の渋谷がとても心地好かった)のだが……それは新宿駅前とか紀伊国屋の当たりとか歌舞伎町のイメージでの話だったのね。三丁目方面はあんまり足を向けなかったので、この解放区みたいな自由で雑多で平和な雰囲気を知らなかった。

 面白そうな店も多いし……ちょっとこの界隈が好きになった。

 で、iPhoneのマップを頼りに会場の「Cafe Live Wire新宿」へ。

 ここは筒井さんが講演したり、いろんな作家さんもイベントを開く場所だったのね。この前のブラ坊さんの会があった「道楽亭」(この日、快楽亭も鈴木邦男さんと落語会をやっていたんだが……)もそうだし、ユニークな場所が多いのも気に入った。東京に住んで38年。やっとこの界隈の魅力を知ったんだなあ。

Otona_2
Img_2083
 芦川さん、聖さん、hanaさんとナラビの席。相方は所用で1時間ほど遅れてくると言うが、席はもう埋まっているので、取っておくというのは反社会的行為に思えたので、取らず。相方が来たら席を替わってやろう。

 で、前半はFumikaさんの話。いろんなローションを試してみた、とか、セックスを愉しむには減点法で相手を評価しちゃダメ!とか、実践的データ(綿密なフィールドワーク……今、本当に一番多くの人に会ってインタビューして具体的な話を聞きだしているのが加藤文果さんではなかろうか)に基づくお話を。

 そういう貴重な話は、男性誌では発表できない事が多いと。何故なら「男の夢を壊すから」。つまり、女の本音と男の夢想は大きく乖離しているのですなあ。例えば「勃起は男の責任である」。風俗嬢じゃないんだから女が勃たせてやる責任も義務もないぞ、と。そりゃそうだよねえ。

 もっといろんな話題が出たが、これが一番インパクトがあった。

 ドリンク引き替えコインを2つ貰ったので、早々にビールを飲み、休憩時間にジンのソーダ割りを飲んだが、イベントの最中は酔わず。

 後半は官能作家・深志美由紀(みゆきみゆき)さん。

 話を聞いていて、新人・新進時代のあれこれを思い出した。

 おれは、出が映画屋だから、官能小説はピンク映画であると思っていた。官能場面があれば、あとはかなり自由な事が出来ると。実際、ピンク映画にはエロじゃない場面が実に面白い作品が多数あった。私立探偵が、残された手掛かり「ET」を元に、犯人は富山(ト山)にいることを見破る爆笑サスペンスとか、温泉の大浴場を掃除していた女将を、完全装備したダイバーが浴槽からざばあっと出てきて襲うとか、これは「ジョーズ」級の完全なショッカーだった。

 まあ、自分の趣向を盛り込んで書いていたら、編集者に「そう言うところを削って濡れ場をもっと書き込め」「もっときちんとした官能小説を書け」という指摘がどんどん強くなってきて……。

 官能小説の本道から外れたことをしているのは承知だから、これは方向を変えるしかない、と思うようになって……。

 短い文章で書くと無用な誤解を招くのでこれ以上は省くが、それと、体力的に中年を過ぎてくると、長編官能小説を書くのが辛くなってきたのも事実。官能に対する志も低かったのだろうし、探究心や執着心も低かったのだろう。官能小説を書いていくにはノーマルすぎたのだろう。

 小学6年生の時、SFマガジンの隣にあったSMマガジンを手に取って以来、官能というかSMは熱心に読み続けていたとはいえ、それを仕事にするには「業」のようなものがなきゃダメなんじゃないかと思うようになっていた。

 好きなモノを仕事にするのは逃げ場がなくなることなんだぞと思いつつ、持ち込み原稿をきちんと読んでくれるのは官能小説の編集者だけだ、という話も聞いて、この世界に潜り込んだのだが……。

 ま、モノカキが100人居れば100通りの考え方があるのだから、これはあくまでおれの場合。

 で、今は、幸いにも、自分の書きたいものを書かせて戴けて、なんとか生活出来る状態になっている。これは極めて有り難いことだし、今までお世話になった編集各位には感謝の言葉あるのみだ。

 お二人は話し慣れていて、実に興味深く楽しいトーク・イベントだった。

 久々に会った編集のM氏や特選小説のH氏に名刺を渡す。

 M氏には以前、とてもお世話になったのだが、我々が上記のように路線変更をして、ここしばらくはご無沙汰してしまった。

 相方が、猫が心配なので帰るというので、それに合わせておれも、懇親会を辞退して、辞去。

 メシぐらい食って帰ろうと、昼間は入りそびれた「キャッスル・ロック」に入る。入ってみれば、そんな身構える店では全然ない、カジュアルなお店だった。

 相方は「フィッシュ・チーズバーガー」、おれはデンバーカット・ステーキを食べる。赤身の180グラムだが、この赤身が実に美味しかった。

 この店は、美味い。また行きたい。

 帰りの車内で、酔いと疲れがどっと出て……成城石井で買い物をして、帰宅。

 テレ東「ローカル路線バスの旅」を途中から見る。録画してあるので前半は後から見よう。

 この番組も有名になってしまって、道行く人の認知度が上がってきた分、旅する3人の扱いも良くなってきて、特別な便宜を図られる事も多くなってきたのは、危険だぞ。以前のように、無茶な行軍を気の毒に思ったトラック・ドライバーが冷えたお茶を差し入れしてくれたり、食事に寄った食堂のおばあちゃんが良くしてくれるのとはちょっと違う。ああいう素朴な人情が後ろに回ってしまうと、この企画はヤバいぞ。まあ、聡明な太川さんだから、そのへんの機微は敏感に感じているだろうけど。

 腹が減ったので、買ってきたドーナツ1個と食パンを1枚食べる。

 「アド街ック天国」は青物横丁。モーレツに眠くなって、ソファでは暑いので床に転がって見る。

 風呂に入って、「ローカル路線バスの旅」前半をちょっと見て、23時30分、就寝。

 4時頃、右足が痙って目が覚めた。うわ~久々。幸い、すぐに収まったので、二度寝。

今朝の体重:88.35キロ

本日の摂取カロリー:2789kcal

本日の消費カロリー:158kcal/3609歩+29kcal(自転車)

2015年6月19日 (金曜日)

6月19日/「第4章」の構想を練るが……

 7時ごろ起床。

 曇りだが雨模様。

 例によって朝のモロモロを済ませる。

 今日は1日、雨模様。合間を縫って外に出ることもない。家でじっくり仕事に集中しよう……と思った時に集中出来ないんだよなあ、これが。

 また少しずつ睡眠不足が堪ってきたのか、雨だからなのか、眠い!

 アタマがすっきりしない。

 「第4章」の構成を立ててしまおうと思うのだが、全然アタマが回らない。

 アサメシは、セブンイレブンで買ったセブンイレブン印のパンをトースト。いやこのパン、甘すぎる!バター風味って、こんなに甘いことを指すのか?

 それとゆで卵。

 昼は日清焼そばUFOを。カップ焼きそばはいたずらに高カロリーなので避けるべきなのだが、たまにどうしても食いたくなる。

 おれは特に「ペヤング」のファンではない。むしろペヤングはあんまり食べない。理由は、ソースが薄いから。たまに食べるカップ焼きそばはUFOみたいにギトギトに濃いソースの方が「食った感じ」がある。その分、体調が悪いと胸焼けするのだが。

 いたずらにカロリーばかり摂ったが、依然として頭は冴えず、やる気も起きず、気持ちはダウン。

 こういう時、ゲラがあればやれるのになあと思ったが、いや、なーんにもする気が起きないときはゲラも見ないだろう。見ても目の前をスルーするだけ。

 録音したNHK-FM「きらクラ!」を聞く。

 午後の「ミヤネ屋」もドラマの再放送も見る気が起きず。雑用はあるのだが……それもせず。こういう時に、洗濯機の下の掃除とかをすればいいんだけどな。やる気があるときは雑用も仕事もなんでも一気にやってしまうのになあ。

 昨日頑張った分、今日のエネルギーを前倒しで使ったんだなと思うことにする。

 読売の発言小町をいろいろ読む。

「クルーザー・ウェディングに憧れた友人の結婚式で、海が荒れてクルーザーは大揺れで出席者は新郎新婦以外全員船酔いして船上は阿鼻叫喚」というのを読んで、すげえなあと。新郎は海が荒れているのを見て中止しようとしたのだが、新婦が頑として応じなかった結果の大惨事で、新婚旅行先で大喧嘩になったと。

「40代で会社を辞めて小説家になろうと書き始めて6年。最初は労ってくれた会社員の妻の態度が変わってきたのが許せない」という勘違いバカ野郎のトピもある。このバカ野郎は妻の稼ぎで生活しているのに家事は一切遣らず娘に料理を作らせて不味いとか言っている。当然袋だたき状態なのだが……。今でも賞を取って小説家になれば一生安泰で別荘買ったりして優雅な生活が送れると思ってる幸せな人は少なくないんだなあ……。医者や弁護士だって安泰じゃないというこのご時世なのに。ま、当たればデカい(らしい)んですけどね。

 

 結局、構成を少し立てて、「第3章」を書き足した方がいいと思い立ったが、書き足せず。

 夕食はソーセージを焼き、キャベツの千切りで。半分に切ったキャベツなら、ピーラーでいい感じに千切り状態に出来る事を発見。いや半切りじゃなくても1/4切りでも出来そうだけど。

 それとご飯にインスタント味噌汁。

 TBSのあのヒトは今的番組をついつい見てしまった。こういうの、実にまったく女性週刊誌的発想で、趣味悪いよなあ。「金スマ」もこの路線だし、TBSの低迷が判る気がする。

 一方、フジテレビ。「とくダネ!」で、子連れ出社を取材された会社が、悪意を持って編集・放送されたと激怒している。テレビはねえ、スタッフによって実にいい加減な、やったモン勝ちなスタッフがいるから要注意なんだよねえ。編集されたものを観て放送を拒否できる契約書を交わした上で取材に応じないと、自分を守れないだろうなあ。

 風呂に入って、ゴミ出し。外は寒いほど。

 NHKの「NHKスペシャル・戦後70年ニッポンの肖像-世界の中で-」の第1回を見る。戦後賠償がテーマ。

 第1次大戦後の苛烈な戦後賠償が第二次大戦の要員のひとつになった反省もあったろうが、アメリカは日本を反共の砦にするために日本の戦後復興を急ぎ、戦後賠償を放棄。関係国にも日本への賠償請求をガンガンやるな、と影響力を行使したと。

 朝鮮戦争後の復興を急ぐ韓国は、とにかくその資金が必要で、日韓基本条約締結を急いだと。

 そこでこぼれ落ちたのが、「個人賠償」問題。

 この戦後の流れを判りやすく整理して見せた。そして「従軍慰安婦」賠償について、インドネシアにおけるオランダ人についての国と民間が合同で立ち上げた「女性基金」による賠償は、オランダでは好意的に迎入れられて、「国だけではなく民間のお金が入っている事」が評価された。

 しかし韓国では、これが正反対の意味合いに受けとられて、今もこの問題は解決していない。どころか、拗れまくって悪化している。

 韓国とオランダに対する経緯はまったく違うのだから、単純比較は無理だと思うが……。この問題は、「条約ですべて解決済み」で終わらせる事が出来ない。戦後処理のお手本のように思われているドイツだって、今も賠償問題の訴訟は起こっている。

 戦争の完全な清算は、ほぼ不可能なのだろう。ならばどうするか。

 なんとか誠意を見せる気があっても、相手からガンガン責め続けられると、いい加減嫌になってくる気持ちも判る。

 一番いいのは、金大中政権時のように、お互いに歩み寄れる機運が盛りあがる事なんだと思うんだけどねえ……それは今、期待出来ないだろうし。それは韓国側も同じだろう。アベ政権には何も期待出来ないだろうし。じゃあどうするか。

 

 23時20分頃、就寝。さすがにエアコンもサーキュレーターも消して寝る。

 夢の中で、ものすごい「未解決問題」に追いまくられてほとほと疲れ果ててしまった。なんだ、この夢の意味は?まあ、単純には、寝る前に見たNHKの番組が自分の生活に置き換わったんだけど。

今朝の体重:87.95キロ

本日の摂取カロリー:2310kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2015年6月18日 (木曜日)

6月18日/隠れた場所の大掃除してマックを食って「第3章」直し

 7時前起床。

 曇り。

 今日は昼過ぎから雨という予報を信じて、洗濯物を干す。

 選挙権が18歳からになったんですなあ。じゃあ、当然、18歳から刑法でも成人扱いしなきゃあおかしい。少年法は改正必須。権利と義務は表裏一体だぜ。ま、選挙権があるからっていい事なんかまったくないんだけど。

 朝のモロモロを済ませていると、ふと、洗濯機の「下の部分」が気になった。というか、もうずっと前から気になっていたのだが……。

 排水ホースが外れてるんじゃないか。外れたままだと、洗濯機の「受け皿」から溢れて洪水になるんじゃないか。そうなったら階下に排水が流れ落ちて大変なことになる。それに、排水の悪臭を感じることもあるし。

 で、一念発起して、洗濯機を傾けて、下を見てみると……。

 もう、凄く汚れていて絶句。思った通り、ホースが外れていて「受け皿」に広がってから排水されていた。で、空気中の埃などがその排水で固まって、かちんかちんに「コーティング」された状態に。

 この状態を知ってしまったら、なんとかせねば。

 幸い、安物の洗濯機(ハイアールの安い奴)なので、軽い。一人でもなんとか持ち上げられる。

 洗濯機を風呂場に移動して、「受け皿」を掃除。もう、汗だくだく。朝からのチカラ仕事。

 掃除は出来たので、洗濯機の排水ホースが排水口から抜けないようにする。針金があったはずなんだが……見つからないので、ナイロンロープでフック同士を結び、上からビニールテープで厳重にぐるぐる巻く。

 これで抜けたら……どうしましょう。

 とにかく、対策は完了。

 汗ビッショリになったので、朝シャワーを浴びる。

 と、これが実に気持ちがいい。

 朝、汗をかくことをしてシャワーを浴びるって、いいかも。

 朝のジョギング?朝からへたばってしまいそうだけどなあ。

 くーたんにご飯を出して、朝のモロモロを終了。

 腹が減ったが、食い物があんまりない。

 突然、ハンバーガーが食いたくなった。

 出来れば、バーガーキングのワッパーが食いたい。でも、南千住のバーキンはマズいんだよな。マックと同じ味がする。バーキンの魅力は「直火焼き」のあの香ばしい味でしょ。秋葉原なら美味いんだけど……。

 しかしハンバーガーを食うために電車に乗るのはアホらしい。

 買い物がてら、千住大橋のマクドナルドに行く。

 モーニングが終わる時間を見計らって、10時30分過ぎに出る。

 千住大橋のマクドナルドは、広いし客が少ないからゆったり出来るのだ。北千住駅前のマクドナルドは、客離れが進んでいると言えども、いつも混んでいる。それに、スーパーのライフは品揃えがいいし。トポスとは段違い。

 で、マクドナルドで、ビッグマック・セット。ポテトのMにコーラのM。それにフィレオフィッシュを単品で。

 美味い。ビッグマックはハンバーガーではなく、「ビッグマック」という食い物なのである。ハンバーガーだと思うのがいけない。

 美味いけど、無茶苦茶カロリーが高い。4品で1500kcalほど。もう何も食えないじゃん!ま、タマのことだから。

 iPadを持っていったので、Wi-Fiを使ってメールを受信。しかし、しばらくiPadでメールを受信していなかったので、未読の山。それを解消していたら、相方からの「第3章修正メモ」を読む前に食い終わってしまった。

 

 撤収して、ライフで買い物。美味そうな「カツオのタタキ」があったので、今夜はこれ。それに肉なども買う。しかし肝心の卵を買い忘れた!

 帰宅して、相方のメモを読み、「第3章」を直し始める。

 そろそろ雨が降ってくるかな、と勘が働いたので、洗濯物を取り込みに行く。

 おお、ちょうど、ぽつぽつと降ってきた感じだった。

 手早く取り込んで部屋に帰った、直後。

 ごーっという感じで雨が降ってきた。おお、間一髪。

 

 雨はこの後、断続的に降ったり止んだり。

 「第3章」の修正を続ける。簡単に直るところもあるし、どうしようか考え込んでしまうところもある。

 夕方には終わると思ったが、休憩を挟んだりしたので、なかなか終わらない。

 というか、メチャクチャ眠い。

 メシを挟む。

 「カツオのタタキ」の付け合わせ野菜を増量する。タマネギをスライスし、大葉とミョウガ、生姜とニンニクをスライスして混ぜる。キュウリとか青ネギがないが、今回は省略。

 ポン酢も残り少なかったが、あるだけの分で食べる。

 美味い。

 18時のニュースを見ながら食べる。

 口永良部島、再噴火。ニュースが途絶えているけど、全島避難は続いていて、家畜とかペットは今どうなってるの?数日おきにでも誰かが島に入って給餌してるんだろうな?

 ペットは今も放置状態なのか?

 そういう報道、まるでなくなってしまったんだけど、心配だ。

 仕事再開。

 20時前に、なんとか終了。

 相方と徳間Y氏に送る。

 雨が止んでいるので、近所のコンビニに行って、卵とかおにぎりを買う。

 TBS「プレバト」の俳句コーナーを見つつ、シーチキンのおにぎりを食うが、これが異様に美味かった。ヤバい美味さ。

 で、番組も面白い。他の料理とか生け花よりも、この俳句コーナーが面白い。毒舌先生が有名人の俳句をばっさり酷評することよりも、鮮やかに添削して作品を蘇らせてしまう、その手腕が見事だからだ。作者の意図を汲んで、「じゃあこうした方が発想が生きる」という添削は、素晴らしいの一語。勉強になる。

 で、「俳句第1位の発表!」というところで相方から電話が入って、次の番組「ヤメゴク」最終回が終わるまで賞味1時間、打ち合わせをする。

 かねて相方が提案していた「あるアイディア」について、おれが重ねて「それは無理すぎる」と否定していたのだが、相方は熱心にプレゼン。過去の名作を例に出して、その意図を縷々説明されると、こっちも、全否定の気持ちが緩んで、「そうするなら、こうしないと説得力が無い。人物の気持ちが繋がらない」と修正案を考えているうちに……相方案を採用することに。

 熱心なプレゼンというのは効きますぞ。

 そうすれば、作品全体のテーマもハッキリするし焦点も合う。今まで背景のひとつみたいなものが、一躍前面に踊り出てきた。

 「櫻井有吉アブナイ夜会」を見る。回転寿司より高級で寿司屋よりスピーディな「立ち食い寿司」(これって寿司の原点というか元祖なスタイルだよね)に長谷川博巳がハマっていると。それと「変わり寿司」。

 松山ケンイチの「こだわり」は、まるで飾らない彼のキャラクターと相まって面白かったが、伊勢谷友介は面白くない。というか、都立大学のフツーの定食屋に30年来通っているという話で親近感は多少持ったけど……使われた尺も少なかったねえ。
 しかしこの番組、全然「アブナ」くないし、「夜会」って、意味不明。この番組自体、意味不明。

 風呂に入る。

 上がってから夕刊を読み、TBS「ニュース23」を見る。アメリカで起きた黒人教会での銃乱射事件で、現地からの中継が途中で切れてCMになったのに、CMが明けて終了するまで、この不手際について一言もない。報道が途中だったんだぞ。尻切れトンボなのにまったくスルーかよ。もうこのニュースは見ないことにする。

 その後、「アメトーク」の「読書芸人」を少し見る。紀伊國屋書店本店をウロウロする企画。

 又吉は、2作目3作目が書けるかどうか、ここが勝負の分かれ目でしょうな、とお前ナニサマな事を思うが、これはみんな思ってるだろ。誰でも1作は書ける。

 それに、芥川賞候補にもなったし、又吉はすでに芸人の余芸・芸人のシャレという領域を越えていて、本格的な純文学作家になろうとしているところ。

 ま、今のままで芸人を続けて、数年に1作、いいものを出すというペースに持って行ければ、いろんな意味で理想的だろうなあ。生活出来るしテレビで顔も売り続けられるし仕事をしていてモチーフも集められるし、数年に1作ならクオリティも維持できるだろうし。

 売り場を巡って、どう間違っても安達の本が出て来るはずもないので、寝る。

 0時30分頃、就寝。

今朝の体重:88.00キロ

本日の摂取カロリー:2022kcal

本日の消費カロリー:日常生活+52kcal/1297歩+57kcal(自転車)

2015年6月17日 (水曜日)

6月17日/やっと「第3章」をあげたぜ、ベイビー!

 6時30分頃起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませる。

 気がついたら、鳩尾の強ばりというか緊張も消えていた。これなら胃の検査に行かなくてもいいんじゃないか。

 昨夜、メシを抜いたので空腹。ダブルソフトのトーストに牛乳の朝食。卵を切らしていたが、買いに行くのが面倒。

 仕事開始。

 

 トーストだけじゃ足りないので、すぐにランチにする。

 冷蔵庫にあった大根をおろして、しらすとともに。それに、磯海苔とご飯。やっぱり、磯海苔は美味い。無茶苦茶美味い。しかしもう残り少ない。千葉まで買いに行くか。しかし木更津まで行くのは大層だなあ。もっと近いところで売ってないかなあ?千葉市とか柏とか松戸とかで売ってないかなあ?(調べたら千葉駅近くにあったけど)

 キュウリの漬け物とインスタント味噌汁も。

 仕事再開。

 15時前に、「第3章」、やっと終了。これ、いつから書き出したんだっけ?かなり時間を食ったよなあ。このペースが続いたら、超大作になってしまうぞ。後半はなんとかペースを上げないと。

 この分量だったら、昨夜、頑張れば終わったんじゃないか?いやいや、そんなことはない。今朝になって思い付いて書き直したところもあるし。

 相方に送る。

 「第3章」は、なんだか気分的にネックになっていた。やっと終わってグッタリ。

 腹が減ったので、スパゲティ・ペペロンチーノを作って食う。インスタントのペペロンチーノ・ソースを混ぜるだけだが、美味い。チーズをたっぷりかける。

 大阪取材旅行の段取りを考えてみたりする。見学ツアーがあるのでその詳細を調べたり。

 相方と行くなら一泊して新幹線で往復するのがいいか。おれ一人で行くならLCCと新幹線を駆使して日帰りで。めしは適当に済ませて。こういう時、おれはめしにはまったく拘らないのだ。

 太田出版が、「絶歌」(これ「舌禍」にかけてる?)を出版した「言い訳」を発表。正直に「売れると思ったから」と言えばいいじゃん。誰も太田出版に、出版の使命とか文化への貢献とか精神病理研究への一助とか、そんなことは求めてませんよ。他所の出版社が二の足を踏んだ原稿を、「ウチが出す。これ、売れるじゃん。叩かれるだろうけど売れればいいのよ」と思ったんでしょ?文春や新潮社や講談社あたりがそんなこと言えないし、出版を強行したら世間から猛攻撃を受けるだろうが、太田出版ならねえ。妙に納得するモノがあるのだ。

 被害者側に何の連絡もしなかったのは、出すなと言われると思ったからでしょ?

 みんなそう思っているのはミエミエなのに、この件をボカして報じるよねえ。

 昨日のW杯予選の試合結果について、論評がやっと出始めた。普通なら試合終了直後に出て来るのに、今回遅いのは何故?

 「日本代表の選手はシンガポール側が守りをガッチリ固めているのに中央突破しかアタマがなくて跳ね返された。どうしてサイドに振って揺さぶらなかったのか」という指摘に、シロウトのおれはなるほどと思ったが。選手に間違った固定概念があるのなら、それを叩き潰すのが監督の役割。日本人同士だと叩き潰せないから、外国人監督を呼んでくるんでしょ?

 まあ、監督ががんがん言ってもそれに対応できない選手がダメなのかもしれないけど……。

 と、快楽亭から電話。光文社文庫の「友喰い」の続篇はあるのかという問い合わせ。九州に行ったときに買って読んだら凄く面白かったので、「あれ?続篇は?」と思ったと。

 おれは快楽亭には新刊を欠かさず献本しているのだが、旧宅「ヒカリ荘」の2階から1階に引っ越したので、献本が届かなくなっていたと、後から知った。

「最近、本が来ませんね」と快楽亭に言われて、初めて引っ越したことを知ったのだ。

 快楽亭は記憶力が異常に優れていて、気配りも欠かさないのに、こういうところがすっぽ抜けている。

 で、きちんとした住所を出版社に伝えて、その後の新刊は届くようになり、今度引っ越した新居の住所は教わったので、もうきちんと届いているが……。

 「友喰い」は、その「新刊が届かなかった頃」の本。

「続篇は次に書く予定です」と真実を伝える。でも、師匠が自分で買ってくれて読んでくれて面白かったと言って続篇はもう出たのか言ってくれたのは嬉しい。

 で、と言うわけではないけれど、師匠の引越祝いをしましょうと言っていたのを、日取りを具体的に決めた。場所は、師匠が美味しいと思った店を希望しておいた。どこなのか判らないけど。まあ師匠のことだから、安くて美味い店に連れて行ってくれるだろう。お祝いだからこっちがセッティングして師匠をご招待するのが筋だと思うけど……師匠の方がいい店を圧倒的にたくさん知ってるし、師匠の口は厳しいからねえ。

 それと、「歌舞伎座の前に立っていたら、女子高生にエクスキューズミーと話しかけられて、もちろん日本語で応じたら、一緒に写真撮ってくださいって。なんですかねアレは」と。

 おれの目には、師匠はガイジンには映らない(若い頃の師匠はバリバリのイケメン・ハーフ!)のだが、田舎の女子高生にはそう見えるのかも。

「優しいガイジンと思われたんじゃないですか。日本文化に理解のある日本大好きな外国人に」

 と答えたけど……これも、「日本マンセー」なテレビ番組が嫌になるほど増えているのも関係してるのかもなあ。歌舞伎座の前にいるガイジン→日本大好き→日本の女子高生に無害な親切なガイジン、という思考の流れ?

 まあ……お恥ずかしい話、大阪万博の頃、日本人が一般の外国人にサインしてもらうのが流行った。芸能人でもない一般観光客(もしくは日本に住んでいる)の外国人に。おれはもらわなかったが、学校の先生に「普通のヒトにサインはもらわないように」と注意されたバカたちは「どうして?」と理解出来ない様子だった。

 芸能人のサイン(シグネチャー)とハンコの代わりのサインを完全に混同して、筆記体でさらさらっと書くアレに、無限の憧れを感じたんだろうなあ。

 1970年の日本は、まだまだ後進国だったのだ。

 あと、死んだNを偲ぶ会(墓参り&飲み会)の日取りも決まった。こういう事は一気に決まるものですな。

 なんだかんだで、時間が来た。

 雨が降ったら休もうと思っていたテニス。雨も降らないし、今日休むのはもったいないので、行く。

 北千住駅のプラットフォームでじゃこと大葉のおにぎりを食う。なんか今日は食ってばっかりだな。「第3章」を終えて、食欲が戻ってきた感じだが、大食いしていない。

 テニスは、まあまあ。というか捕球ミスが多かった。というか、早々に追うのを諦めてしまった。

 風呂に入り、右肩をマッサージ。

 夕食は、曳舟駅前の「上海菜館」で青椒肉絲の定食。何故かコーヒーが付いてくるが、それを断って、グラスビール。

 久々のビール、美味い。

 帰宅して、洗濯をし、くーたんにご飯を出し、ニュースを見る。

 党首討論。アベがもっとムキになって失言・暴言を吐くかと思ったが、そうはならなかった。辻元が党首になってアベを煽ったらポロッとやったかもね。

 録画した「笑ってコラえて」を見る。この番組、録画して毎回見ることにしよう。しかし今回の「天才コーナー」は、取り上げた天才・スプツニ子があまりに尖がりすぎていて、おれにはその天才性が理解出来なかった。光ドレスなんて、照明の具合だけで幾らでも変化するし。ゲストの唐沢寿明がずっと黙っちゃった方が面白かった。

 0時前に撃沈。就寝。

今朝の体重:88.15キロ

本日の摂取カロリー:2092kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal (テニス)+151kcal/4084歩+28kcal(自転車)

2015年6月16日 (火曜日)

6月16日/今日も頑張りましたが予定は終わらず

 7時前起床。ちょっと睡眠が足りないが、許容範囲か。

 曇り。

 体重は88キロ台に戻ってしまったが、そう簡単に87キロ台には定着しないだろうなあ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ。ハムエッグにダブルソフトのトースト。ハムエッグはフライパンからキレイに剥がれずにグジャグジャになって失敗。パック入りのハム2枚が余ったので、そのまま食べる。

 10時過ぎに仕事開始。9時に仕事を始められるとその日は快調、というジンクスがあるが、家事をしているとなかなか9時開始は難しい。というか、ネットを見たりするのを止めれば可能か。

 仕事を進める。なんとか今日中に「第3章」を終えたい。分量としてはあと20ページと考えているのだが……。

 午後遅めの時間……14時過ぎにランチ。ご飯を炊いて、冷蔵庫に残っているカレーを食べてしまう。コンビニで買ったコールスローと甘ラッキョウとともに。

 これが妙に腹に残った。大満腹。満腹感がずーっと続く。

 クロサワの「生きる」で、地獄の使者のような男(渡辺篤)が志村喬に無理矢理聞かせる「胃癌の症状」が頭に浮かんでしまうなあ。「生きる」と言えば主人公が途中で死んでしまうという大胆な構成が話題になるが、いろんな場面の演出の巧さにも感嘆する。若い頃のクロサワは笑いの感覚も豊かで、ユーモラスなようでかなりブラックなあの場面を際どく成功させている。渡辺篤の飄々とした名演技あってこそ、なのだが。

 「椿三十郎」あたりまで、クロサワの映画には笑いがあったんだけどなあ。「赤ひげ」にもかろうじてあるが、「影武者」以降は全然ダメ。脚本家が変わったせいかなあ?

 新聞折り込みに「寝台特急『北斗星』貸切りで復活!夢の鉄道旅!」というのが入っていたのでじっくり読んだら、これはとんだ食わせ者。「北斗星」の名前は使っているが、全部の編成が開放B寝台って。「北斗星」と言えば、豪華な個室あってこそだろ。なのにB寝台って。レストランも営業せず、弁当が支給されると。

 高級旅館に2泊するようだが、それで旅費が25万って、高いだろ!ぼってるぞ!こんな騙し企画に申し込むヒト……いるんだろうなあ。どうせなら、北斗星の編成のまま北海道を横断して根室まで行って帰ってくるとか、そういう特別企画ならまだしも。

 息抜きに、大阪取材について考える。

 相方は東京を離れられそうもないので一人で行くとすると……多少無理をしてでも日帰りだなあやっぱり。行きはLCCを使って4000円で。いや、LCCだけで考えたら税込み4000円ちょいだけど、成田までの電車賃を考えると……そう安いものでもないか。でも新幹線を使うと格安チケットを探しても13000円を超えるし。

 夜の大阪の街も取材して、帰りは夜行バスか……。今の時期、隣に誰か来るのは嫌だ。というか、おれが隣だと相手がイヤだろう。密室でデブは嫌われるもんね。となると、夜行バスでも高級な「2列」とかのバスを考えると……1万円を超える。

 だったらちょっと足して新幹線の最終を使っちゃった方が、家で寝られるし、いいよなあ。

 あの「味園ユニバース」が入っている「味園ビル」には「ホテル味園」がある。ここは古いので超格安。しかしホテルマンは丁寧で親切と評判はいい。ロケーションもいい。しかも格安カプセルホテル並みの料金。だから、ずいぶん先まで満室が続いている。どうせならここに泊まって……とか思ったけど、ダメか。

 じゃあ、日帰りだなあ。

 いかにして安く行くか、というゲーム感覚であれこれ調べてみたり。

 仕事に戻る。

 書いていると、なかなか終わらない。

 詰まったり壁にぶつかったりしているのではなく、書くべき内容が盛りだくさんで、その交通整理をしつつ内容を書き込んでいくと、なかなか進まないから。

 量だけ見ると、今日も10ページそこそこしか進んでいないが、内容はぎゅっと詰まっている(と思うのは書いている本人だけか?)。だからその分、疲れてしまう。

 一晩で原稿用紙換算で100枚書いた、なんてのはデビュー直後のことだもんなあ。文庫本の書式で10ページというと、原稿用紙に換算すれば20枚くらい?自分としては根を詰めて結構頑張ってるんだけどなあ。

 夕方、センベイを食ったせいか、夕食の時間になっても全然腹が減らない。

 しらすを大根おろしで食おうかと思っていたのだが、腹が減らないのに無理して食うこともない。

 夕食は、抜く。

 テレビも見ずに仕事を続ける。

 22時近くになって、もうダメ。

 「報道ステーション」を見る。昨日の突風の被害はかなり凄い。屋根が飛ばされたら、工事も大変だしお金もかかるだろう。こういうの、公費補助が欲しいよねえ。

 フットボール日本代表、格下のシンガポールに引き分け。

 これ、どうなの?おれはど素人だからよく判らないが、日本代表はたるんでるの?試合のハイライトを見る限り、「あかんやん!」と思ってしまうんだけど、そういう感想は的外れなの?

 いつの間にか、ニュースを見ながら寝てしまった。

 このまま朝まで寝ていたい……が、そうも行かない。おじさんとしては風呂に入って悪臭を落とさねば。

 風呂に入り、汗が引くまで今夜録画したばかりの「サラメシ」を見る。今夜の特集は「男メシ」。

 新橋とかのサラリーマン街で美味くて安いランチを食い歩きたい。と思うのは座業で自主的自宅軟禁生活をしているから。でも、サラリーマン街のランチは目移りするほど美味そうなモノが並んでるなあ。いや、北千住だって魅力的なランチを出す店は多いのだ。

 もう少し時間とココロに余裕があれば、昼は外で……と思うけど、混んでる店で順番待ちして食うのって、好きじゃないんだよね。

 「サラメシ」を見ていると、キャットツリーの頂上から、なんだか、くーたんが恨めしそうな顔でこっちを見ている。

 遊んで欲しかったのだ。仕事もしないでテレビを観てるんだったら、遊べや!ということ。

 猫じゃらしで盛大に遊んでやりつつ、「サラメシ」を見続ける。

 で……0時を過ぎてしまったので、慌てて就寝。

 やっぱり理想は23時台に寝ることだなあ。

今朝の体重:88,20キロ

本日の摂取カロリー:1484kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2015年6月15日 (月曜日)

6月15日/仕事が進むと気分がいい!

まず、お知らせを。
J7

実業之日本社の月刊「ジェイ・ノベル」7月号に、安達の新刊「悪徳(ブラック)探偵」発刊記念架空座談会が載っております。そして、同じ内容が、同社のサイト「ジェイ・ノベル・プラス」の「新刊の舞台裏」コーナー(←リンク)にも掲載されております。無料で読めますので、是非とも、どうぞ。そして「悪徳(ブラック)探偵」も宜しくお願い致します。

 作者が新刊プロモーションするのに否定的な先生も居るようだけど、よく考えたら、昔のスターって自作の宣伝とかキャンペーンをほとんどしなかったよなあ。封切りの時に都心の大劇場に顔を出す程度。しかし今はハリウッドのスターなんか全世界を駆け回ってキャンペーンに協力するもんなあ。日本国内の作品だって、主演俳優がいろんな番組にゲストで出て、普段やらないようなドジをやって見せて宣伝にこれ勤める。

 役者がやるんだから、作家がやらない手はない。三谷幸喜みたいなタレント性・スター性がなければもう、売れない演歌歌手のように林檎箱を持ってレコード店の店先で歌うような地道なプロモーションをしなきゃあなあ、と思う。本が売れないと言われるときに、こんなに大量の新刊が書店に溢れているんだから……。

 で。

 7時起床。

 エアコン回しっぱなしで少し肌寒いが、汗ダラダラで不眠という事態は避けられた。今後は秋までこのパターンで行こう。なんせこの部屋は暑さが籠ってしまうので、快適に住むには特殊な対策が必要なのだ。

 天気は、薄曇り~晴れ。

 昨夜洗っておいた洗濯物を干しに行く。

 風はもう、真夏と同じ。

 夏の香りだ!

 夏が大好きなおれとしては、無性に嬉しい。暑いのが大嫌いな諸兄には申し訳ないが、おれだって暑いのはキライでエアコンをがんがん回すけど、夏は大好きなの。外に出たら汗をダラダラかいてしまう、そんな夏が好きなの。どこかから海の香りがしてくるような夏が好きなの。

 ようこそ、夏!

 夏はいいなあ。

 洗濯機をもう一度回して、ベッドパッドなどを洗って、干す。

 その他、朝のモロモロを済ませる。

 ずっと前からだが、朝、くーたんを抱っこして抱きしめると「きゅーっ」と赤ちゃん猫が鳴くような声を上げる。これは赤ちゃん時代を思い出しておれに甘えてるのか?そう思うことにする。

 洗濯物を干しただけで、汗はダラダラ。

 体重は87キロ台をキープ。このまま漸減してくれたら真夏には夢の85キロ台に到達するのもあながち絵に描いた餅ではないかも。

 ダブルソフトのトースト、ゆで玉子、牛乳の朝食。

 仕事開始。

 構成を変えて、書き進む。

 かなり書いているのだが、量的にはさほど多くない。しかも、相方のメモがベースにあるのに。それだけ慎重に丁寧に書き進んでいるということなんだが……。

 遅めの昼に外出。

 久々に、北千住東口の「汐屋」でランチ。塩ラーメンと半チャーハン。

 胃痙攣を起こしてから、食い物に慎重になっていたが、社会復帰第一弾、という感じ。まあ、問題なく食べられたし、美味しかった。ここの塩ラーメンは麺が細すぎる感じ。おれはやっぱり中太~太麺が好きなんだなあ。

 その後、ペット用品店に行ってくーたんのキャットフードを大量に買う。一気に品切れになったので、ドライもウェットもサプリもまとめ買いしたら1万円近くになってしまった。

 おかげで、おれ用の買い物が出来なくなったので、一度帰宅。

 休憩がてら「ヨルタモリ」を見る。甲本ヒロトがゲストということで話題になったらしいが……。

 若い頃、おれは日本の曲も外国の曲も、ロックとかフォークとか、殆ど聴いていないので、ブルーハーツとか言われてもまったくピンと来ないし感激もしない。おれの音楽体験はものすごくイビツで、偏っている。もともと楽器編成が少ないバンド音楽は好きじゃないのだ(加山雄三と寺内タケシを除く)。

 仕事再開。

 本日のノルマはあらかた終了。

 ここまで、アタマから読み返して手を入れて、まだ途中だが、相方に送る。

 しかし……仕事が順調に進むと、心身共にスッキリする。体調不良だったのは、仕事が進まなくて焦っていたのも大きな原因だった気がする。皮算用通りに量が書けなくても、進んでいるとシャッキリスッキリするもの。

 もう一度外出して、自分用の買い物をする。サラダとかニンニクとか粉チーズとか。

 帰宅して、ほうれん草とベーコンのスパゲティを作る。

 ニンニクとベーコンを炒めていると、相方から電話が入って、炒めながら打ち合わせ。おかげでベーコンは低温でしっかりと炒まって、上出来。

 打ち合わせは、この先の内容について。今書いているところで頭がいっぱいなので、先のことまで頭が回らないが、先のことも考えないとダメなのは自明の理。一生懸命考えるが……頭が切り換えられない。

 でも、なんとか打ち合わせをする。

 で、よく火が通ったベーコンとニンニクを取りだして、ほうれん草を強火で炒める。ほうれん草は強火じゃないと水が出て、えぐみが溶け出してしまってマズくなる。だからベーコンは別に炒めるべきなんだなあ。

 最後に茹で上がったスパゲティも混ぜて炒めて、完成。イタリア人はスパゲティは炒めずに、炒まったほうれん草やベーコンと混ぜるだけなのかもしれないけど。次回はそうしてみよう。

 しかし、今回は大成功。とても美味い。買ってきたサラダとともに。

 食後休憩。

 ニュースを見る。

 アベって、「必要な法律が違憲ということで通らないんだったら、やっぱり憲法改正は必要じゃないか!」という論法で、この安保諸法は捨て駒にするつもりかもしれない。どっちに転んでも所期の目的を果たせるわけだから。というか、アベの本望は憲法改正なんだから、本望を果たせるわけだ。ただし、安倍が思うような形で憲法が改正できるかどうかは判らないが。

 おれは、時代も変わったし、憲法も、時代の変化に促して改正すべきだと思っている。ただし、憲法の理念というか、国の基本である部分は変えてはいけないと思っている。戦争で負けて、平和国家として再出発した経緯を絶対に消してはいけない。いつまで敗戦国の意識を引き摺るんだと言われるかもしれないが、これは、ずっと引き擦るべき基本であると堅く思うのだ。

 橋下は「民主党と一線を画す。民主党は無責任な政党だから」というようなことをツイートしまくったようだが、まあ自分が政界引退を表明して以降、民主党の攻勢が強くなって維新の党は分裂の危機に直面しているんだから、こういう反応は当然だろうな。法律家として「正しいこと」を言うんじゃなくて、政治家として動いたわけで。(民主党がダメだからアベの暴走を許しているし、政権を失った民主党のダメさは克服されていないと思うが、それを絡めると橋下の論法の餌食になる)

 このヒトが政治的発言をするようになって、世の中は一気に右傾化したんだから、影響力は凄い。このまま政治家を辞めてテレビの世界に戻ってきてアジテーションを繰り返したら、大阪の政治家として封じ込めておくよりヤバい事になるかもしれない。一民間人なら、多少のスキャンダルがあってもスルーされるし。

 「報道ステーション」のレギュラーになって毎回古舘とやり合うのも面白いかもしれないが……面白がっているうちにヤバい事になってしまう、という実例があったことを、絶対に忘れてはいけない。

 風呂に入り、ミスチルに1年間密着したドキュメンタリーを途中から見る。曲はスタジオで作る、という意味がやっと判った。譜面はあるが、録音しながらどんどん変えていく。歌詞も変わるし曲もアレンジも変わる。何テイク録ったか記録不能なくらいテイクを重ねる。これ、NG分はどんどん消してしまうんだろうか?それとも「あんときの何回目かのあれ、あれがいいんじゃない?」とか言われて、即取り出せるようにしてあるんだろうか?

 ミスチルって、全然聞いたことがないのだが、こんなに精魂込めて曲を作り込んで録音しているのを見たら……尊敬するしかなくなる。

 

 明日回しにした分のメモを読み込んで、イメージを広げて……23時30分、就寝。

 0時前に寝る、というのが実に快適なパターンであることを発見。これなら絶対に6時間以上の連続した睡眠時間を確保できるし。

 

今朝の体重:87.55キロ

本日の摂取カロリー:1804kcal

本日の消費カロリー:日常生活+73kcal/1754歩+130kcal(自転車)

2015年6月14日 (日曜日)

6月14日/粛々と仕事を進める

 6時30分頃起床。

 雨。

 汗ビッショリで起きる。

 この部屋は暑さが籠るので、エアコンとサーキュレーターをタイマーで切ると、朝方、凄く暑くなる。かと言ってエアコンを回し続けると、今の時期はまだ、朝方は寒くなる。なかなかベストなコンディションが見つからない。しかし汗びっしょりというのも安眠できなくて困るなあ。

 ソファの足元にくーたんのウンコを発見。すぐに処理。

 と……コーヒーテーブルの下の床に、お尻を擦った跡が……。

 フン切れが悪くて困ったくーたんの仕業だろう。

 もちろん、くーたんを叱りもせず、黙々と処理。

 朝のモロモロを済ませて、久々の快便。ものすごくスッキリ!

 体重も、87キロ台に復帰。便秘中は89キロ台に戻っていたのだ。2キロ分のナニを溜め込んでいた計算になる。恐ろしきは便秘なり。

 くーたんとおれの体調は不思議と連動することが多い。密接な関係だから、いろいろとシンクロするのだろう。

 雨は止んでいる。コーヒー豆が切れたので、コンビニへ。パックの牛乳も買って帰宅。

 

 ダブルソフトのトーストにスクランブル・エッグ、牛乳の朝食を食べて、コーヒーを飲みつつ、仕事開始。

 今日はNHK-FM「きらクラ!」を聞かずに仕事するぞ!

 

 お昼過ぎにmコンビニで買った「天ぷらそば」を食う。案外美味いじゃん。

 仕事を続ける。

 場面転換に詰まる。ここを続けるには1エピソード増やせば繋がるが、増やした分、冗長になる感じがする。しかし、エピソードを足さないと上手く流れが繋がらない。

 さあ、どうするか。

 休憩して、「笑点」の後半、大喜利だけを見る。焼津での収録とあって、静岡ヨイショだらけ。お客もそのへんは判っていて、ヨイショにウケている。

 本日、アベと橋下が東京のホテルで会談。ナニを密談したんだろう?まあ、橋下の影響力を使って維新をまとめて安保諸法成立に協力してくれ、という事だろう。

 機を見るに敏な橋下が、それに素直に応じるだろうか?詭弁を弄するタイプの弁護士としては「違憲立法だからダメ」とは言わないだろうけど……しかし政界引退を控えた人間として、最後にいい事をしようとか思ったりするかも?

 晩飯は、ほうれん草とベーコンのスパゲティを食べたいが、粉チーズを買ってこなければならない。それがものすごく面倒に感じたので、やめる。

 カレーも……なんか食う気がせず。

 結局、ご飯にインスタント味噌汁、磯海苔、漬け物、ツナサラダにハム&マヨネーズという軽い布陣で。

 磯海苔ご飯が、もうなんというか、涙が出るほど美味かった。日本人に生まれてよかった、と思える味。ご飯と醤油、そして磯海苔。シート海苔では味わえない海の恵み。

 「鉄腕ダッシュ」を見ながら食べる。夜はこういう軽めの方がいいんじゃないですかねえ。

 引き続いて、「世界の果てまで行ってQ」も見る。今夜はイモト特集。というか、イモトは海外ロケをやり、登山プロジェクトの合宿もやり、別番組の司会もやり、その体力は凄いなあと思う。スタジオ収録以外の時間は海外に居るんじゃないの?

 その後、「天皇の料理番」を見る。まあ、予定調和の展開だが、その分安心して見られる……いやいや、悲恋の末に別れた妻が吉原に、というのは予想外だぞ。刮目して待て次週!

 しかし、才能があるものにとっては、実力主義の世界はいいなあ。最初は差別されても、実力でのし上がれる。実力があっても、なんだかんだでガラスの天井がある社会より、ずっと気持ちがいい。とはいえ……どんな社会にも「ガラスの天井」は存在するとは思うけど。実力社会の権化であるアメリカにも、頑としたガラスの天井は存在するんだし。日本においておや。

 風呂に入り、洗濯機を回し、ゴミ出しをして、部屋に戻ると、打開策が浮かんだ。

 構成を変えればいいんじゃないか!

 視点が変わる別場面を先に持ってくれば場面転換になって時間を飛ばせる。冗長になりかねない新エピソードを増やす必要もなくなってスピーディな展開になる。

 そうしようそうしようということで、カット&ペーストで構成を変えて、その前後を書いて……本日は終了。

 枚数的には10ページちょいだが、確実に進んでいるという手応えがある。この手応えがあれば、大丈夫。

 23時30分、就寝。

 今夜はエアコンは付けっ放し、サーキュレーターにはタイマーをかけてみる。

今朝の体重:87.40キロ

本日の摂取カロリー:1545kcal

本日の消費カロリー:日常生活+16kcal/392歩+10kcal(自転車)

« 2015年6月7日 - 2015年6月13日 | トップページ | 2015年6月21日 - 2015年6月27日 »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト